searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール
PROFILE

yutakaさんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
本のある ゆたかな暮らし
ブログURL
https://yutaka-simple-life-booklover.hatenablog.com/
ブログ紹介文
読んだ本の記録 ときどき日常
更新頻度(1年)

128回 / 365日(平均2.5回/週)

ブログ村参加:2019/10/26

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、yutakaさんの読者になりませんか?

ハンドル名
yutakaさん
ブログタイトル
本のある ゆたかな暮らし
更新頻度
128回 / 365日(平均2.5回/週)
読者になる
本のある ゆたかな暮らし

yutakaさんの新着記事

1件〜30件

  • 辻村深月「ツナグ 想い人の心得」

    辻村深月「ツナグ 想い人の心得」 死んでしまった人間と生きている人間を会わせることができる者。それが使者「ツナグ」です。何年か経ち、高校生だった使者の歩美も社会人になりました。仕事をするかたわらで、使者の役目も行っています。ご縁でつながった相手から、様々な理由で死者に会いたいという依頼を受けるのですが… 前作からのつながりを感じさせる場面が多々あるので、順番通りに読むことをお勧めします。 *** この本を読むにあたって、前作の「ツナグ」を読み直してから、読み始めました。 前作は、どの話も涙が止まらなかったのですが、今回読んだ「ツナグ 想い人の心得」では涙が出ない物語もありました。 それでも物語…

  • J.K.ローリング「幻の動物とその生息地」「クディッチ今昔」「吟遊詩人ビードルの物語」

    J.K.ローリング「幻の動物とその生息地」「クディッチ今昔」「吟遊詩人ビードルの物語」(新装版) ハリーポッターシリーズの物語の中に登場する本を、実際に本にして出版したものです。ハリーポッターシリーズのファン以外の人が読んでもさっぱり面白くないと思われます…汗 「幻の動物とその生息地」は、ハリーが1年生の時の授業の教科書でした。著者はニュート・スキャマンダーです。(ファンタスティックビーストのニュートです。)ただひたすらに、魔法動物のことが書かれているだけの本です。本当に教科書という感じです。 「クディッチ今昔」は、クディッチという架空の魔法スポーツのルールや歴史、ほうきの選び方等が書かれてい…

  • 高濱正伸「よのなか ルールブック」

    高濱正伸「よのなか ルールブック」 大人になる前に知っておいてほしい50の大切なことをルールにしてまとめた本です。日本は今、少しずつ下り坂の道を進んでいます。経済も成長しにくくなり、人と人とのつながりも薄くなっていくという、厳しい時代です。「本当に幸せになるためには、メシが食える大人にならなくてはいけない」ということ。そのためには厳しい時代を生き抜かなくてはならない。世の中を生き抜く武器としてこの本を作ったということです。 *** この「よのなかルールブック」は、小学校4,5年生から高校生くらいの年齢向けだと思います。(もちろん大人も。大人でも結構心に響きます。) 全ての漢字にふりがなが付けら…

  • ヒュー・ロフティング「新訳 ドリトル先生シリーズ」

    ヒュー・ロフティング、訳:河合祥一郎「新訳 ドリトル先生シリーズ」 医学博士のジョン・ドリトルは、動物が大好きなお医者さんです。家では、様々な動物をたくさん飼っています。その中でも先生のお気に入りは、アヒルのダブダブ、犬のジップ、子ブタのガブガブ、オウムのポリネシア、フクロウのトートーでした。ドリトル先生は動物から大人気のお医者さんです。実は、先生は、動物と話ができるのです。(オウムのポリネシアが、動物の言葉を教える先生になってくれ、先生自身も必死に勉強し、覚えたのです!) *** 動物好きの息子(小4)のために買いました。 ドリトル先生のシリーズは、一番最初の原作版、子ども向けの簡略版など様…

  • ひとりごと

    もうすぐ子ども達の夏休みが終わります。 始まるのが遅く、終わるのが早い、夏休みでした。 実家が県外のため帰省もできず、現在暮らしている県内の観光や特別なおでかけもせず、家で普通に過ごした夏休みでした。 (毎年夏に長期帰省して、自然の中で遊ぶのを楽しみにしていた子ども達は残念がっていました。自然の中で過ごすのが好きな私も。) 夏休みが短縮されたにも関わらず、子ども達の通う小学校では、例年通りの宿題の量でした。(大変すぎますよ…) 夏休み用の問題集の冊子があるのですが、学校で授業をしていない単元の問題も含まれていました…。 夏休みを返上して、学習の遅れを取り戻す… 学習の遅れって何でしょうね。 も…

  • J.K.ローリング「カジュアル・ベイカンシ― 突然の空席」

    J.K.ローリング「カジュアル・ベイカンシ― 突然の空席」 バリー・フェアブラザーが突然病死し、地方議会の議席に1つ空きが出来てしまいました。この地域は中・上流階級の住む場所の片隅に下層階級の住宅や薬物依存を治すためのクリニックがあるような地域です。そこで、何人かが選挙に立候補することにしました。しかし、地方議会のサイトに”バリー・フェアブラザーの幽霊”を名乗る匿名の書き込みがされ、立候補者や議員のトップシークレットが暴露されていきます。 *** 光と闇で言ったら、闇の部分に焦点が当てられた話でした。 バリー・フェアブラザーという1人の死によって、周りの人々の平穏な生活が乱れ(平穏に見せかけて…

  • 寺村輝夫・永井郁子「わかったさんと おかしをつくろう」シリーズ

    寺村輝夫・永井郁子「わかったさんと おかしをつくろう」シリーズ 「わかったさんのこんがりおやつ」「わかったさんのふんわりケーキ」「わかったさんのひんやりスイーツ」の3冊です。 「わかったさんのこんがりおやつ」には、クッキー、ドーナツ、アップルパイのレシピ。 「わかったさんのふんわりケーキ」には、ホットケーキ、ショートケーキ、クレープ、マドレーヌのレシピ。 「わかったさんのひんやりスイーツ」には、シュークリーム、プリン、アイスクリームのレシピが載っています。 基本のレシピの他に、少しアレンジしたレシピも載っていますよ。 この本のよい所は、見開きで、はじめから終わりまでの工程が全てが見られるように…

  • 水野敬也「夢をかなえるゾウ4」

    水野敬也「夢をかなえるゾウ4 ガネーシャと死神」 健康診断の再検査で病院を訪れた主人公のサラリーマン。そこで医師から余命3ヶ月だと伝えられます。主人公には、病気持ちの妻と幼い娘がおり、自分が死んでしまった後のことが心配でなりません。受け入れたくても受け入れられそうにない現実に苦しむ主人公の元に、ゾウの顔をしたおかしな神様が現れます。 *** ガネーシャは、夢をかなえるゾウなので、夢をかなえるための課題(今回の場合は、死ぬときに後悔しないようにする課題)が出されていきます。 しかし、どうしてもかなわない夢も存在するため、夢を手放すための課題も出されます。 *** 人それぞれ感じたことは違うと思い…

  • 朝日新聞「しつもん!ドラえもん シリーズ」

    朝日新聞「しつもん!ドラえもん シリーズ」です。我が家にあるのは「教えて!宇宙・科学編」です。 他にも、「教えて!スポーツ編」「教えて!生物編」「教えて!国際社会編」「教えて!日本史編(近日発売)」があります。 「しつもん!ドラえもん シリーズ」は、朝日新聞に毎日載っている「しつもん!ドラえもん」と月に1度の「もっと教えて!ドラえもん」の記事を、テーマごとに分類し、1冊の本にしたものです。中身はオールカラーで、子ども達も楽しく読めますよ。 *** 新聞に載っている「しつもん!ドラえもん」はこんな感じです。新聞のどこかのページに答えが載っています。 月に一度、第一日曜日には、まるまる1ページ「も…

  • ルース・スタイルス・ガネット「エルマーのぼうけんシリーズ」

    ルース・スタイルス・ガネット「エルマーのぼうけん」「エルマーとりゅう」「エルマーと十六ぴきのりゅう」 主人公のエルマーは心優しい少年です。ある日、助けてあげた野良猫から、どうぶつ島にりゅうの子どもが囚われていることを聞かされます。話を聞いたエルマーはりゅうを助ける旅に出ることを決めます。野良猫と一緒にリュックサックに荷物を準備し、夜、船に忍び込んで、わくわくする冒険の始まりです。 *** 「エルマーのぼうけん」は有名なのでご存じの方も多いと思います。保育園や幼稚園でもよく取り上げられていますよね。どうぶつ島で様々な動物に出会うのですが、エルマーはとっさの機転でうまく切り抜けていきます。その切り…

  • スーザン・バーレイ「わすれられないおくりもの」

    スーザン・バーレイ「わすれられないおくりもの」 かしこくてやさしいアナグマさんは、いつもみんなに頼りにされています。マナぐまさんは、自分がもう年を取っていて、死ぬのがそう遠くないことに気付いていました。アナグマさんは死んでしまうことより、後に残していく森のみんなのことが気がかりでした…そんなある日、アナグマさんはとうとう寿命を迎えました。森のみんなは、やりきれないほど悲しくなってしまいます。それから間もなく冬が来て、雪が降り積もりました。悲しみはなくなりません。春になり、森のみんなは度々アナグマさんの思い出を語り合うようになりました。モグラさんの思い出、カエルさんの思い出、キツネさんの思い出……

  • 塩沼亮潤「人生生涯小僧のこころ」

    塩沼亮潤「人生生涯小僧のこころ」 生まれ育った仙台の家を出て、奈良県吉野山の金峯山寺での修行に入り、千日回峰行や四無業を行った記録や、その様な過酷な行を経て得た悟りについて書かれています。生い立ちや修行僧時代、金峯山寺を出て仙台の慈眼寺の住職になるまでの流れの中で、塩沼さん自身が考えたこと、悟られたこと等が書かれています。 *** 千日回峰行や四無業は本当に過酷な行であり、生きるか死ぬか…という極限状態の中で悟りを得るというものでした。挑戦したこと自体が凄いことだと思いました。 *** 仏教とは関係なく、生きる上で大切なことが塩沼さんの言葉で綴られています。 今の自分の心に残った言葉をまとめま…

  • ブラッドリー・トレバー・グリーヴ「地球の宝石」

    文:ブラッドリー・トレバー・グリーヴ、写真:岩合光昭「地球の宝石」 絶滅危惧種の生き物の写真集です。日本語と英語の両方で書かれています。動物たちの美しい写真と共に、その動物の説明や、これらの動物が絶滅の危機に陥っていること、自然を守ることの大切さ等が書かれています。 *** この本は何年か前にベストセラーとなった「ブルーデイブック」シリーズのうちの1つとされています。(10年以上前です…汗 時が経つのは本当に早いですね。) 私がこの本を購入した頃のことははっきりとは覚えていませんが、ブルーデイズブックシリーズの中でも、写真がカラーだったから。そして動物たちの写真がとても美しかったからだと思いま…

  • まついのりこ「とけいのほん①」「とけいのほん②」

    まついのりこ「とけいのほん①」「とけいのほん②」 時計の針の、のっぽくんとちびちゃんが、主人公のお話です。時計の読み方を学ぶことができる絵本です。 「とけいのほん①」では、何時・何時半という時計の読み方。「とけいのほん②」では、何時何分という時計の読み方を学習できます。 *** はじめて、時計の読み方を学習するお子さんにオススメの絵本です。 物語の絵本ではなく、完全に時計学習のための絵本です。 *** 時計の読み方が苦手なお子さんがいたら、読んでみてください。 わが家の息子や娘も小学校1年生の時に読んでいましたよ。

  • 末吉暁子「シルカ小学校のブキミともだち シリーズ」

    末吉暁子 シルカ小学校のブキミともだちシリーズの「カレーおばけのあかいぼうし」「理科室のがいこつボキボキ」 シルカ小学校では、不思議なことが度々起きたり、おばけの噂が絶えません。実は、子ども達が学校生活を送るかたわらで、おばけたちも活動しているのです。シルカ小学校の子ども達は怖がっていますが、この本に登場するおばけ達は全然こわくありません。むしろ面白いおばけばかり。1冊に4つずつ、おばけの短編物語があります。 *** シルカ小学校のブキミともだちシリーズは全3冊です。「カレーおばけのあかいぼうし」「理科室のがいこつボキボキ」の他に「大足くんのぴかぴかスニーカー」もあります。 (わが家の本棚には…

  • 上田一生・ペンギン飛行機製作所「世界一おもしろいペンギンのひみつ」

    上田一生(監修)・ペンギン飛行機製作所(製作)「世界一おもしろいペンギンのひみつ」 この本で取り上げられているペンギンは、皇帝ペンギンです。卵から生まれて、巣立つまでは約6カ月。この本は、皇帝ペンギンのヒナが、生まれてから巣立つまでの期間を、絵日記形式でまとめたものです。もし、ヒナ自身が絵日記を書いたらという視点で書かれています。 *** 全ての漢字にふり仮名が書かれているため、小学校低学年や幼稚園年中・年長さんくらいから読めると思います。 本の内容は、絵本のような絵日記のページと、ペンギンについての専門的な知識のページが織り交ぜられています。 皇帝ペンギンの生態がとてもわかりやすく書かれてい…

  • ロン・クラーク「みんなのための ルールブック」

    ロン・クラーク「みんなのための ルールブック」 ロン・クラークさんはアメリカの小学校の先生です。この本には、クラーク先生が担任するクラスでいつも教えている50個のルールが紹介されています。子ども達がお互いに思いやりを持って楽しく学校で勉強できるように、また、大人になってからも、毎日を大切にして充実した人生を送れるようにとの願いを込めて作られた50個のルールです。 *** 子ども向けに書かれた本なので、とても分かりやすいです。「あたりまえだけど、とても大切なこと」と副題にあるように、学校や社会で生活していく上でのルールや礼儀作法が書かれています。 例えば、「勝っても自慢しない、負けても怒ったりし…

  • 宇佐美百合子「元気を出して」

    宇佐美百合子「元気を出して」 恋にやぶれたり、友だちに裏切られたり。一生懸命がんばってもからまわりしてしまう。そんな自分の心の痛みを誰もわかってくれない… なにもかもうまくいかないんだったら、どうして生まれてきたんだろう。こんなふうに一人ぼっちになるくらいなら、どうして生まれてきたんだろう…この本を読みながら、こころの旅をはじめませんか。大切なことが見えてくるはずです。 *** 苦しい時、悲しい時、辛い時に読む本です。 自分で自分の気持ちを受け止めながら、心が前向きになれる言葉が書かれています。 全ページにキャラクターが寄り添って書かれているため、小学校高学年くらいから読めると思います。漢字さ…

  • ひとりごと

    ブログの更新がものすごく久しぶりになってしまいました。 *** 新型コロナウイルスの影響で、図書館も休館。いつも図書館で本を借りて読んでいるので、新たな本が読めなくなってしまったのです。だからといって読みたい本を片っ端から買っていたら、我が家は破産します。(読みたい本が多すぎて…汗)だからブログの更新が出来なかったのです。 *** 子ども達の小学校も休校になり、毎日欠かさず勉強の指導。わからない所は教えたり、ドリルを印刷したり、自主学習の面白そうなテーマを提供したり。付きっきりで勉強をみています。(しかも同時に2人分…これが大変なんですよね。1人なら何とかなると思います。汗)学習週間や生活リズ…

  • 朝倉かすみ「タイム屋文庫」

    朝倉かすみ「タイム屋文庫」 主人公の柊子は、不倫を辞め、仕事を辞め、亡くなった祖母ツボミが住んでいた北海道の小樽の古い家で、貸本屋を開業することにしました。しかも品揃えはタイムトラベル関係のみ。それは、初恋の彼が好きだったものだから。たった一人の人を待つために始めた貸本屋なのです。 *** タイム屋文庫に来た客は、うたた寝をし、夢を見ることがあります。それは、未来の自分の夢なのです。 自分ならどんな夢が見られるのでしょうか?見てみたいです。 穏やかな内容です。 ただただ時間が流れていくような。 ふんわりしている感じです。 好みが分かれる物語だと思いました。

  • 小川糸「つるかめ助産院」

    小川糸「つるかめ助産院」 最愛の夫が姿を消し、主人公のまりあは一人で南の島を訪れます。そこで助産院の鶴田亀子と出会い、予想外の妊娠を告げられます… *** 主人公は辛い過去を背負っています。 問題の大きさは様々でも、思い出したくない過去の思い出は誰にでもあると思います。過去の経験が邪魔してしまい、うまく心を開けなかったり、他人に心を開くのが慎重になってしまう…(まさに自分がそういうタイプです。) だけど、みんなそれぞれ何かを背負って生きているんですよね。 本を読んで改めて思いました。 *** 南の島の雰囲気を感じながら読めました。

  • 柚木麻子「伊藤くんAtoE」

    柚木麻子「伊藤くんAtoE」 物語の中心人物である伊藤は、イケメンでセンスも悪くなく、実家が資産家で裕福な男です。しかし、自己中心的で、プライドが高く、自分が傷つきたくないから何もしない、でも他人は傷つける…というありさま。粗末に扱われるデパート勤務の美人、伊藤から好意を持たれるフリーター、男を切らしたことのないケーキ店の副店長、伊藤に思いを寄せるも振られて自暴自棄になる大学職員、伊藤が熱心に通う勉強会を開いている売れない脚本家。伊藤に振り回される5人の女性たちの物語です。 *** 最初から最後まで、伊藤くんがとてもやっかいで困った人でした。汗 私なら好きにはならないと思います…笑 伊藤くんに…

  • 山崎聡一郎「こども六法」

    山崎聡一郎「こども六法」 法律について、とてもわかりやすく説明が書かれている本です。刑法、刑事訴訟法、少年法、民法、民事訴訟法、日本国憲法、いじめ防止対策推進法の法律が載っています。法律に触れる行為の簡単な具体例を載せつつ、その時に関わる法律が書かれています。 *** こども向けに書かれているため、具体例とイラスト付きで、とてもわかりやすいです。法律の知識がほとんどない大人でも活用できると思います。(私自身です。笑)

  • 瀬尾まいこ「幸福な食卓」

    瀬尾まいこ「幸福な食卓」 毎朝、家族そろって食べる朝食の席で、主人公の父親は突然宣言します。「父さんは今日で父さんを辞めようと思う。」と。主人公の佐和子は中学生で、父の発言にびっくりしてしまったのですが、6歳年上の兄は、好意的に受け入れました。主人公の家族の形は少し変わっていて、母親だけ近所の別の場所で一人暮らしをしています。家に帰ってきて夕ご飯を作ると、また一人暮らしのアパートへ戻るのです。夫婦仲も家族仲も良いのですが、このように暮らさざるを得ない事情があったのです。 *** 物語に引き込まれて、夢中で読んでしまいました。 主人公の家族は、形としては少し変かもしれませんが、素敵な家族だと思い…

  • 垣谷美雨「姑の遺品整理は、迷惑です」

    垣谷美雨「姑の遺品整理は、迷惑です」 主人公の望登子は50代のパート主婦です。姑が亡くなったため、生前姑が住んでいた家の片付けをすることになりました。姑の住まいは3DKの団地で、自宅から遠く、片付けるために90分かけて通わなくてはなりません。夫は平日仕事があるし、一人っ子のため、自分一人で片付けることになります。久しぶりに訪れた姑の家はきれいにしてはあるものの、様々な物がとにかく多いのです。いったいいつ片づけ終わるのか… *** 垣谷美雨の本は、現代社会で問題視されている内容を扱うものが多い印象があります。 今回のテーマは親が遺した物の片付けです。 汚部屋ではなく、きちんと整理整頓されていても…

  • 角田光代「くまちゃん」

    角田光代「くまちゃん」 古平苑子は23歳のお花見の時に、くまちゃんに出会いました。お花見の主なメンバーは学生時代の友人ですが、友人が友人を連れてきたり、恋人を連れてきたり、職場の同僚を連れてきたりと、知らない人も一緒に飲み食いするような会でした。モチダヒデユキと挨拶をした彼が、くまの絵のついたトレーナーを着ていたので、”くまちゃん”となったのです。 *** 7つの短編からなる本です。 1つ1つの物語が少しづつ繋がっています。 主人公は、女性、男性、職業も様々ですが、共通点は、みんな恋をしていることです。 恋をして、自分の新たな一面に気付いたり… かつての恋人を思い出し、あの時はわからなかったこ…

  • 柚木麻子「けむたい後輩」

    柚木麻子「けむたい後輩」 お嬢様女子大に通う主人公の真実子。14歳の時に詩集を出して話題になった、先輩である、栞子に出会い、心酔していきます。先輩の栞子は、自分の自尊心や優越感を満たすために、真実子をいいように振り回し、しまいには邪険に扱うようになっていきます。そんな中で、次第に明るみになっていく、真実子の才能…。 *** 過去の栄光にすがるしかない栞子。 才能を開花させる真実子。 最後の終わり方がなんだかすごかったです…。 女同士の人間関係や微妙な心情などを表現するのが本当に上手いです。 柚木麻子の作品を読むたびに思います。 *** 女同士の人間関係が書かれた作品ですが、読むのが嫌な気持ちに…

  • 三浦しをん「格闘する者に○」

    三浦しをん「格闘する者に○」 主人公の可南子は就職活動中。出版社の漫画雑誌の編集者を希望しています。しかし、熱心に活動しているかと言うと、そうではなく、マメに大学に行ったり(先生達に就職活動はしているのかと心配されたり)アルバイトをしたり、学食で友人とダラダラしたり…とてもマイペースに動いていました。「平服でおいでください」という会社側の言葉に従って、黒い服にヒョウ柄のブーツで行ったところ、自分以外は全員リクルートスーツという事態に陥ったこともあります。そして、家族はと言うと、政治家の父、義母、半分だけ血のつながった弟…父は家に寄り付かず、いびつな家族関係。お付き合いをしているのは、書道家のお…

  • 鎌田洋「ディズニーキセキの神様が教えてくれたこと」「ディズニーキズナの神様が教えてくれたこと」

    鎌田洋「ディズニーキセキの神様が教えてくれたこと」「ディズニーキズナの神様が教えてくれたこと」 ナイトカストーディアル(夜間の清掃部門)のスーパーバイザーとして、また、ディズニーの教育部門で全スタッフの育成指導に携わってきた鎌田さんの体験を元にした物語です。「キセキの神様が教えてくれたこと」では、出会いとキセキにまつわる物語が、「キズナの神様が教えてくれたこと」では、ディズニーを通して結ばれたキズナの物語が書かれています。 *** このシリーズは読み切りになっているため、順番通りに読まなくても大丈夫です。 (現にこのブログでも順番通りに紹介できていません。汗) *** 事実を元に創作された物語…

  • 鎌田洋「ディズニーそうじの神様が教えてくれたこと」

    鎌田洋「ディズニーそうじの神様が教えてくれたこと」 まだ建設中だった時期からディズニーランドで働いていた鎌田さん。当時、鎌田さんはナイトカストーディアル(閉園後の深夜の清掃員)に配属されていました。ディズニーランドで、そうじの仕事をしながら出会った、キャスト(スタッフ)の物語やゲスト(来園者)の物語が書かれています。現実と夢が織りなすファンタジーの物語です。 *** ディズニーリゾートと同じで、全ての年齢の人に向けた物語だと思います。漢字さえ読めれば、お子さんでも大丈夫です。 本家のアメリカからやってきた、ディズニーの世界でそうじの神様と言われているチャック・ボヤージンさんから直接そうじの指導…

カテゴリー一覧
商用