プロフィールPROFILE

sinonomeさんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
DAWN FX
ブログURL
https://dawnfx.hatenablog.com/
ブログ紹介文
FXのチャート分析ブログ。上昇の場合と下落の場合の売り買いのポイントを自分なりに分析して、振り返りではどこからエントリするのが良かったのかを図解しています。 ドル円・ポンドル・ポン円・ユロドル・ユロ円その他。
更新頻度(1年)

6回 / 20日(平均2.1回/週)

ブログ村参加:2019/10/26

sinonomeさんのプロフィール
読者になる

sinonomeさんの人気ランキング

  • IN
  • OUT
  • PV
今日 11/13 11/12 11/11 11/10 11/09 11/08 全参加数
総合ランキング(IN) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 977,855サイト
INポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
OUTポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
為替ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 16,978サイト
FX サラリーマン投資家 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 1,744サイト
FX デイトレ派 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 1,537サイト
FX テクニカルトレード派 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 407サイト
今日 11/13 11/12 11/11 11/10 11/09 11/08 全参加数
総合ランキング(OUT) 圏外 圏外 圏外 圏外 86,933位 70,272位 70,447位 977,855サイト
INポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
OUTポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
為替ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 895位 766位 765位 16,978サイト
FX サラリーマン投資家 圏外 圏外 圏外 圏外 80位 58位 60位 1,744サイト
FX デイトレ派 圏外 圏外 圏外 圏外 66位 56位 56位 1,537サイト
FX テクニカルトレード派 圏外 圏外 圏外 圏外 25位 23位 22位 407サイト
今日 11/13 11/12 11/11 11/10 11/09 11/08 全参加数
総合ランキング(PV) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 977,855サイト
INポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
OUTポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
為替ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 16,978サイト
FX サラリーマン投資家 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 1,744サイト
FX デイトレ派 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 1,537サイト
FX テクニカルトレード派 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 407サイト

新機能の「ブログリーダー」を活用して、sinonomeさんの読者になりませんか?

ハンドル名
sinonomeさん
ブログタイトル
DAWN FX
更新頻度
6回 / 20日(平均2.1回/週)
読者になる
DAWN FX

sinonomeさんの新着記事

1件〜30件

  • 【週間示唆-11/11~11/15】

    【ドル円】 日足 4H 日足は、月足のピンク三角内にあり、水色チャネル内の推移となっている。61.8%ラインの攻防に移りつつあるが、再度緑切り上げラインの底を目指すかどうかといった場面。これまでフラッグの底ラインを上値の抵抗としていたが、赤切り上げラインに変更した。4Hではこの赤切り上げライン上限にあり、MA押しが入るかどうかと言ったところ。買い方はこの三角の中の推移と、三角抜けの両面を考えたい。売り方としても直近の黒切り上げライン下抜けを意識したいところ。 従って取れる戦術は下記の通り。 ①黒切り上げライン下抜け後の戻り売り ②赤三角上限ライン上抜け後の押し目買い 【ポンドル】 日足 4H …

  • 【週間示唆-振り返り22】

    週間示唆は下記より。 dawnfx.hatenablog.com 【ドル円】 自分でも謎だけどなぜか天井タッチからの売り仕掛けの逆張りでずっと戦ってたペア。本来は買いで青丸から入るのが素直でいいはず。日足的には緑三角の中の推移で、徐々に形成が見えつつあるか。 青丸1つ目の根拠は、赤矢印の3波の押し安値のライン超えリテストであることと、MAのGCが重なるポイントでもあるから。1Hに切り替えると下ヒゲで反応しているのでその確定を待って次の陽線から入りたい場面。紫は20MAで黄色は200MAだがその数字がいいというよりも、ずっと使ってたものなので、あくまで自分の使っている物への反応の仕方をパターンと…

  • 【週間示唆-11/4~11/8】

    【ドル円】 日足 4H 日足は緑三角ラインの下限。フィボ61.8%にヒゲタッチしてからの下落という状況。4Hではwトップからの下落というイメージと平行レンジの下限紫ライン下抜けのリテストが入っているというイメージが取れる。買い方としては三角内の推移を想定して再び紫水平線内への復帰を待ちたい。売り方としては水平線メインで考えると現在のリテストから売りを仕掛けるパターンと、緑三角ライン下抜け後の戻り売りのパターンがある。緑三角下限ラインは大外のラインでもあるので抜けた場合の勢いはつきやすいか。 従って取れる戦術は下記の通り。 ①紫水平線復帰後の買い ②現在の紫MAリテスト付近からの売り ③緑三角ラ…

  • 【週間示唆-振り返り21】

    週間示唆は下記より。 dawnfx.hatenablog.com 【ドル円】 wトップからの下落が緑切り上げラインで反発してクローズ。先週からのロングは緑水平線で決済して、折り返しで紫切り上げラインの内側からショートしていたのだが、手法上は青丸がエントリーポイントとなるか。ポイントは緑丸の上ヒゲで、この赤水平線は日足で見ると8/1のヒゲ先高値のラインとなっている。4Hでは実体で残しているところなので、日足がヒゲでも4Hでなら十分狙えるかと思ってロングも本来ここの手前まで引っ張る予定だったのだけど握力が足りなかった。 【ポンドル】 先週の示唆では緑チャネルのミドルラインとその下の水平線を下抜けて…

  • 【週間示唆-10/28~11/1】

    【ドル円】 日足 4H 日足は緑チャネルの中で推移。チャネル底からの切り返しがフィボ50%~61.8%帯域にある。緑切り上げラインとフラッグ底ラインの三角が見える中で、今後の値動きに警戒したい。この三角の中で上下どちらかに3点目をつけた時の反応と、抜けた後の押し戻りを拾っていきたいところ。 4Hではレンジのような形になってきていて、先週から持ち越しているポジの位置がすこぶる悪く思えてきて困っているw レンジとしては緑水平線と紫水平線を意識したい。紫水平線の上にある緑水平線は日足のフィボ50%であることから日足の確定足の実体がサポートされるかどうかがポイントか。 売り買い共に紫切り上げラインの右…

  • 【週間示唆-振り返り20】

    週間示唆は下記より。 dawnfx.hatenablog.com 【ドル円】 緑水平線の攻防が続いている印象でクローズ。本来の戦術通り紫切下げライン上抜けと紫MAへのリテストの青丸部がエントリポイント。ここから先は上の緑水平線を越えるかがポイントか。ここだけ見ると上値が重そうに見える。ストップは水平線の下。来週にトレンドが出るかといったところ。 【ポンドル】 ウェッジからの下落パターン。緑水平線を下抜けするぐらいの下落があると劇的だと思っていたがそんなことはなかった様子。戻り売りのポイントは青丸部。本格的な下落はチャネルラインと緑水平線をしっかりと割り込んでからか。現状では緑チャネル上抜け後の…

  • 【週間示唆-10/21~10/25】

    【ドル円】 日足 4H 日足はピンク三角ライン内で赤チャンル推移。現在戻り高値付近にあり、ここを超えるか下落するかといったところ。上下のネックラインに挟まれており、慎重な判断を心がけたい。4Hでは上下の緑水平線の中で揉み合うかどうかといった場面。ここをサポートに上がる場合と下抜けしてからの戻り売りのパターンの他、上の水平線でWトップを形成するパターンも考えられる。現状の押し安値は紫水平線だが実体が小さくヒゲの位置も安定しないことから、この辺りをゾーンとして考えておきたい。 従って取れる戦術は下記の通り。 ①現在位置の緑水平線下抜け後の戻り売り ②上の緑水平線を上抜けした場合の押し目買い ③上の…

  • 【週間示唆-振り返り19】

    週間示唆は下記より。 dawnfx.hatenablog.com 【ドル円】 緑水平線上抜けかMA押しかという状況で、緑丸のMA押しがポイントとなった。再度水平線を抜けた青丸がエントリポイント。狙いは1つ上の水平線だったのだが届かず落ちてきている。この水平線を割り込むと損切りに。 【ポンドル】 MA押し+水平線への押しを確認し、切下げライン抜けの青丸がエントリポイント。窓埋めを考慮して水平線の少し下がストップ位置になる。緑チャネル上限までを狙って決済。その後さらに伸びてウエッジのような形に。 【ポン円】 こちらも水平線とMA押しから拾えるパターン。チャネル上限かその上の水平線まで狙えるところ。…

  • 【週間示唆-10/14~10/18】

    【ドル円】 日足 4H 日足は緑チャネルを上抜けし緑水平線で上値を抑えられているところ。日足、週足レベルではピンク三角持ち合いの中にいて、この戻り高値の赤水平線や緑水平線が重要なポイントか。4Hでは緑水平線に3点天井をつけている場面で、ヒゲ連発が意識されている証か。買い方はこの水平線上抜け後の押し目や、MA乖離埋めからのロングを心がけたい。売り方としては、やはりこの水平線や日足の赤水平線、緑水平線からの反発に乗りたいところ。 従って取れる戦術は下記の通り。 ①緑水平線上抜け後の押し目買い ②MA乖離埋め後の買い ③緑水平線または赤水平線で反発後の売り 【ポンドル】 日足 4H 日足は黒チャネル…

  • 【週間示唆-振り返り18】

    週間示唆は下記より。 dawnfx.hatenablog.com 【ドル円】 黒切り上げラインを引いて下抜けから売ろうというのが基本戦略だったのだが、上抜けという結果に。こういう時、ショートとロング両面の戦術を持っていると心強い。 戻り高値を超えた押しが入り、再度紫MAに乗った1つ目の青丸がチャンス。狙いは青切下げラインまで。そこを超えてアクセントをつけた2つ目の青丸もチャンス。 1つ目の青丸は、緑切下げラインから青切下げラインまでの間を取る狙い。2つ目の青丸は青切下げラインから紫水平線を取る狙い。 【ポンドル】 赤丸で弱めのリテスト入ったかなと思ったが結局赤水平線を下抜けられず、日足レベルの…

  • 【週間示唆-10/7~10/11】

    【ドル円】 日足 4H 日足は青ダウントレンドラインと緑水平線にWトップをつけたところからの下落がWボトムのネックラインで支えられている状況。日足レベルで見て戻り高値は超えていないので依然として下目線優勢とみる。4HではWトップからの下落がWボトムの紫ネックラインで支えられているところ。売り方はWトップ右肩の3波をイメージしてMA引きつけからの戻り売りを念頭に置きたい場面。買い方としては紫水平線をサポートに紫MAを上抜けしていきたいところだがネックラインが多いため安易に入りづらいか。 従って取れる戦術は下記の通り。 ①紫MA引きつけから隠線確定後の売り ②紫水平線下抜け後の戻り売り ③紫水平線…

  • 【週間示唆-振り返り17】

    週間示唆は下記より。 dawnfx.hatenablog.com 【ドル円】 Wトップの右肩の位置が紫水平線とフラッグの赤アンダーラインに接してからの下落ということで、青ダウントレンドライン抜けの押しを拾う考えは一旦捨てるのが週半ばに取るべき思考回路。黒切り上げラインの中から狙うなら青丸部なのだが、慎重に考えるとWトップの谷の水平線抜けの戻りを狙って、現在地か週明けのタイミングを見てショートを考えたい場面で決着した。 先週より前に引けているべき青ダウントレンドラインを引くタイミングが遅くて、当初の上昇波を取るイメージが崩れてしまった。この右肩のきれいな下降3波は割とよく見る形なので、ラインの中…

  • 【週間示唆-9/30~10/4】

    【ドル円】 日足 4H 日足は緑チャネルを上抜けつつも、青ダウントレンドラインに上値を抑えられている状況。先週の内に引けていたかったライン。ここで跳ね返されるか上抜けしていくかが正念場か。4Hでは黒切り上げラインを追加して、青ダウントレンドラインと黒切り上げラインの中での揉み合いをイメージ。買い方はやはりここを上抜けして欲しいし、売り方は黒切り上げラインを下抜けして、緑チャネル内に復帰しなければならない。どちらが優勢となるか見極めたい所。 従って取れる戦術は下記の通り。 ①青ダウントレンドライン上抜け後の押し目買い ②黒切り上げライン下抜け後の戻り売り 【ポンドル】 日足 4H 日足は黒チャネ…

  • 【週間示唆-振り返り16】

    週間示唆は下記より。 dawnfx.hatenablog.com 【ドル円】 週明けからの下落が紫水平線に届かず切り返し、再度上昇を見せたところでクローズ。 まず、緑丸時点ではMAサポートもあって抜けが甘いと判断、そこからの戻り売りは見送っていた。紫MAタッチからの下落が黄色200MAも下抜けしたので赤丸付近で切り返したら売ろうと思ったが、そこも上抜け。黒丸で戻り高値を抜けるもやはり抜け方が微妙と思って、黒切下げライン抜けの青丸でエントリ。 日足の緑チャネルライン上限の攻防はトレンド確認もさることながら、チャネル内に復帰した時に短期の紫MAがついてくるかが自分の中ではポイントになる。つまりライ…

  • 【週間示唆-9/23~9/27】

    【ドル円】 日足 4H 日足は緑チャネル上限、緑ネックラインで反発し日足紫MAへ下落中。4Hでは黒切り上げラインを下抜けし、ネックライン付近に位置している。チャネル内に復帰したからすぐ売りと考えるにはいかない状況で、買い方は現在地の緑ネックラインで反発を期待したいところ。その下の紫水平線付近も強く意識されるか。売り方は緑ネックライン下抜け後の戻り売りを考えたい。ポイントは大きな陽線、陰線が現れるかという点と、紫MAがついてくるかどうかと考える。 従って取れる戦術は下記の通り。 ①緑水平線下抜け後の戻り売り ②緑チャネルを再度上抜けした場合の押し目買い 【ポンドル】 日足 4H 日足は黒チャネル…

  • 【週間示唆-振り返り-15】

    習慣示唆は下記より。 dawnfx.hatenablog.com 【ドル円】 窓開けから始まった週明けは黒水平線を下回らず、窓埋めのチャンス到来。という青丸1カ所目。乗り所としては緑チャネルライン上に出てきて、20MAに乗ったあたりから紫水平線までが狙い目だった。また黒切り上げライン下抜けが若干ウェッジっぽい形でもあり、20MAに絡んできたあたりもショートの狙い目。こちらは持ち越し中。日足の緑MAまで行ってくれるかと思ったけど素直に緑水平線で指し値しとくべきだったか。 【ポンドル】 こちらは黒切り上げラインと20MAが絡んだ辺りが狙い目。ロスカラインは黒水平線の下でいいのでやりやすかったか。一…

  • 【週間示唆-9/16~9/20】

    【ドル円】 日足 4H 日足は緑チャネル上限に差し掛かったあたりで週足水色ラインともかかっている様子。4Hでも赤フラッグラインとかかっているので、上昇の目標値はひとまず達成したと見られるか。買い方は紫水平線を上抜けなければいけないし、売り方は黒アップトレンドラインを下抜けしなければいけない場面で、天井圏の揉み合いを注意したいところ。 また緑チャネル上限を抜けているが、抜け方が甘く感じられるところで、押し目買いも慎重に考慮したい場面。 従って取れる戦術は下記の通り。 ①紫水平線上抜け後、レジサポ確認してからの買い ②黒トレンドライン下抜け後の戻り売り 【ポンドル】 日足 4H 日足は黒チャネル上…

  • 【週間示唆-振り返り-14】

    週間示唆は下記より。 dawnfx.hatenablog.com 【ドル円】 月曜日からさして下がる気配もなく、ぐんぐん上昇し、チャネル天井へ到達。青丸の辺りがエントリポイントになるが、乗り損ねると乗り所がなくなってしまうような進行だった。現在はネックラインへ到達し、方向感を決めあぐねているような感じ。 【ポンドル】 こちらは月曜日の下ヒゲ陽線でリテスト完了を示唆し、橫揉みの後に上抜けして、現在はネックライン付近。1つ目の青丸で乗り損ねても2つ目の抜け辺りからでも十分値幅を狙えたと思う。ポイントは横揉み終盤で、MA下へ陰線が出た後陽線でぐいっと戻したところか。売りで考えるにしても再度陰線が出る…

  • 【週間示唆-9/9~9/13】

    【ドル円】 日足+週足ローソク 4H 日足は赤チャネルと緑チャネルの中で推移。底だまりから少し上抜けするものの、ネックラインで止められている状況。フィボ50%から61.8%戻り付近であることから切り返しの動きに注意したい。 4Hでは週足の三角水色ラインをサポートに上昇したのがわかる。買い方は青水平線をサポートに紫水平線上抜けを期待したいところではあるが、緑チャネル上限もあることから小幅なトレードが戦略になると見られる。本格的な買い場はMAのGCの状態や緑チャネル上抜けの機運を待ちたい。売り方は青水平線下抜け後のレジサポ転換を確認するのが第一条件か。下窓の場合は窓埋め後の値動きを注意したいところ…

  • 【週間示唆-振り返り-13】

    週間示唆は下記より。 dawnfx.hatenablog.com 【ドル円】 戻り売り目線だったので、まず抜け足の赤丸付近から試し玉を売ってたのだが、するすると上昇し切り上げラインも上抜けしてそのまま損切りに。 日足のEMAとSMAがGCしている状況ではあったものの、ただちに転換する物でもないと思っていたのが裏目に出た結果か。現在は水平線を上抜けして押し目をつけているような状況でクローズ。 【ポンドル】 こちらは引いていたラインについて、先々週まで引いていた黒い切り上げラインの方が効きがよかったパターン。青丸が抜け戻りの絶好のポイントだった。 赤丸は元々の戻り売り戦略上の狙い目になるところなの…

  • 【週間示唆-9/2~9/6】

    【ドル円】 日足 4H 日足は緑チャネルと赤チャネルの中で推移。赤丸の状況から徐々に下抜けへと形勢が傾いていることを示唆しているように見えるがはたして。 4Hでは青水平線(38.2%付近)を天井にレンジが続いているところ。DCを維持しているものの、どちらに抜けてもいいように準備したいところ。直近は短期的な上昇がある場面で上抜けする可能性もある場面。1Hレベルに落として短期的なトレードをするケースと、青水平線上抜け後の押し目を意識したいところ。 売り方はレンジ上限からの売りを意識したいがレンジ継続の場合、切り上げラインの調整も必要になってくるか。 従って取れる戦術は下記の通り。 ①青水平線上抜け…

  • 【週間示唆-振り返り-12】

    週間示唆は下記より。 dawnfx.hatenablog.com 【ドル円】 週初めの窓埋めが大きく上昇を絡めて、週半ばまで小幅な揉み合いを生み出した。こういう時にどこにラインを当てるかは毎回悩むが、引きづらいときは無理に引かなくていい。あらかじめ引いてあった週足の水色三角のラインが機能しているところと、MAの位置や解離具合をきちんと把握しておくと、あまりやきもきせずに眺めていられる。 水色三角ライン上で三角をイメージできた段階で黒切下げラインを引いて、その上抜け戻りの青丸でエントリ。抜け戻りのタイミングで黒切り上げラインを引く。 今度は上の黒チャネルでの反応を見てショートするという流れがリズ…

  • 【週間示唆-8/26~8/30】

    【ドル円】 日足 4H 日足は緑チャネルと赤チャネルの傾きの中で推移。38.2%の青水平線をサポートにダウントレンドの継続を念頭に置きたい場面。 4Hでは直近安値の紫水平線を窺う場面で、週明けの動きに注目したいところ。買い方は紫水平線からの反発を確認したいところで、大陰線の反発力を期待したい。売り方は紫水平線下抜けの戻り売りを考えたいところで、水平線内でレンジを組むような流れであれば切り上げラインを引いて、その抜け売りを考えたい。 従って取れる戦術は下記の通り。 ①紫水平線下抜け後の戻り売り ②紫水平線で反発した場合に、トレンド確認してからの押し目買い ③黒切下げライン天井付近で反発後の売り …

  • 【週間示唆-振り返り-11】

    週間示唆は下記より。 dawnfx.hatenablog.com 【ドル円】 週明けから横モミで焦れったい値動きの中、最終日にようやく動き出した。日足の実体付近のネックラインで止まってクローズ。 示唆時点から引いていた黒切下げラインを調整する必要があったことが1つのポイントだった。日足緑maの傾きに近似しつつ、赤切り上げライン抜けのwトップの高値のラインとも合致するのでこれが最適なラインだった様子。 戦術①の「黒切り上げライン下抜け後、リテストが黒水平線や黒切下げラインで止められた場合の売り」が近いというか、途中で色々修正したのでちょっと違う形だが、基本的には、「赤切り上げライン下抜け後の戻り…

  • リスクテイカー論① Wトップからのエントリ+環境認識

    Wトップをつけたらエントリする・・・。 Wトップの谷の水平線抜けからエントリする・・・。 Wトップの右肩に引かれる切り上げライン抜けからエントリする・・・。 どこからどういう根拠で、どういう方法でエントリするかというのは永遠のテーマみたいなものだが、エントリポイントが複数あるということはそれだけ猶予もあるということだと考える。従って、エントリが遅れるかもと焦らなくてもいいし、少しの逆行もあるべくしてあると考えれば何も怖くない。 リスクを受け入れる(リスクテイカーになる)とは、「ロスカットになった場合にその損失を完全に受け入れて、動じることなく1つの現象として捉えること」だけではなくて、エントリ…

  • 【週間示唆-8/19~8/23】

    【ドル円】 日足 4H 日足から見ると上昇と下落のシナリオを考えるに当たって、レジサポになりそうな黄色boxの上下のラインが機能するかどうかに注目したいところ。波の形はあくまで参考で抵抗になるところサポートするところの見極めをしていきたい場面。 日足38.2%、50%、61.8%の節目を考えると共に日足緑MAの存在も気にかけたいところ。 4Hでは黒切り上げラインと黒切下げラインのどちらに抜けるかに注目したい。特に黒水平線と紫水平線がレジサポラインとして有力視できるところで、日足が上ヒゲになるか実体を保つかも考慮したい。 従って取れる戦術は下記の通り。 ①黒切り上げライン下抜け後、リテストが黒水…

  • 使っているMAやラインについて①

    このブログはあくまで自分用なので、人から見て分かりやすいかどうかは全く意識していないというか、意識してしまって手が止まるのを避けたいのが本音だった。 なので線だらけのチャートを見ても、自分は各ラインについてその役割を把握しているけども、人から見たら何が何だか?? ということになっていると思う。 またMAについても同様で色々出しているのだけどこれも人から見たら何日線なの?? ということになっていると思う。 公開している以上、最低限何のことを言っているか分かるようにはしているのだけど(紫水平線がとか日足緑MAがとか・・・)、そこらへんの説明にまどろっこしさを感じているのも事実だったりする。虚しいこ…

  • 【週間示唆-振り返り-10】

    週間示唆は下記より。 dawnfx.hatenablog.com 【ドル円】 底練りからの急騰があって、黒水平線で反発。その後ネックラインで切り返して小幅な上昇をしたところでクローズ。 まず戦術②の「黒水平線付近まで戻した場合、その反発を確認後の売り」という観点から青丸のトレンドを確認しネックラインを抜けた辺りからのエントリが1つ。 底からの切り返しというところで、赤枠の中での動きを見ると、チャネル底での反応が良く、紫MA抜けの押し目が入って上昇を始めた緑丸付近も買い場だったかなと、終わってから思った。 【ポンドル】 ピンク水平線には届かず切り返しの動きがでているところでクローズ。 買い場は戦…

  • 【週間示唆-8/12~8/16】

    【ドル円】 日足 4H 日足のチャネル底というところと105.5のキリ番の辺りで底堅い状況。日足の緑MAとの乖離がある中で、一旦戻りをつけてくれると売りやすい場面だが、買い方からしてみても紫MAと紫切下げラインを上抜け+黄緑チャネルライン上抜けが必須と言えるので、黒水平線付近まで戻すにはプロセスが多そうに見える場面であり、トレードも短期足主体になりそうな地合。 従って取れる戦術は下記の通り。 ①黒水平線付近まで戻した場合、その反発を確認後の売り ②緑チャネル底ライン下抜け後の戻り売り 【ポンドル】 日足 4H いつの安値か分からないぐらいの水準まで降りてきて、直近はピンク水平線が目標値と言える…

  • 【週間示唆-振り返り-9】

    週間示唆は下記より。 dawnfx.hatenablog.com 【ドル円】 週明けから下落が続き、105.5の攻防へと変化。落ちていくのを眺めると売り時を逃したと思うのだけど、辛抱強く戻りをつことが肝要。 戦術②の「紫MA付近からの戻り売り」が採用されたパターン。上ヒゲが水平線と点線の紫SMAで反応しているのを確認してから売るのが最大のチャンスだったか。 赤丸付近でサポートラインがたまっているので、やはり節目までを狙うのが安全無事な戦略か。 【ポンドル】 底練りの中で紫チャネルのミドルラインで上値が抑えられていることを確認しながら、トレード機会を窺うのが今週の要だった様子。 オレンジ切り上げ…

カテゴリー一覧
商用