プロフィールPROFILE

こうじさんのプロフィール

住所
札幌市
出身
函館市

いつの間にか歳をとっていましたが、それでも上を目指して頑張っている中年です。ふと思ったことや感じたことを綴りながら、北海道の良さもお伝えできれば・・・と、思っています。

ブログタイトル
こうじの徒然草
ブログURL
https://www.koji44.com/
ブログ紹介文
中年がふとした瞬間思ったことを、忘れないため思いのままに書いています。興味があるのは車、旅行、グルメ、野球、そして今は仕事です。
更新頻度(1年)

89回 / 90日(平均6.9回/週)

ブログ村参加:2019/10/21

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、こうじさんの読者になりませんか?

ハンドル名
こうじさん
ブログタイトル
こうじの徒然草
更新頻度
89回 / 90日(平均6.9回/週)
読者になる
こうじの徒然草

こうじさんの新着記事

1件〜30件

  • 「働き方改革」ってホントにできるのでしょうか?

    「働き方改革」という言葉があちこちで聞かれる世の中ですが、そんなこと"どこ吹く風"的な会社も意外と多いのではないでしょうか。 私が行っている職場もそんな感じでして、「週40時間労働」という概念が存在しておらず、まるで昭和のようです。 拾ってもらい2か月余りなので、今は何も出来ません。というか「拾ってもらった」と感じているうちは行動できないでしょう。しかし春くらいには何かしら改革していきたいと思っております。 法律ばかりが先行していますが、順守されるのか ほとんど国民的議論のないまま「70歳定年制」みたいな話が進んでいますが、有期雇用の5年ルールや、有給取得義務化など、実際に企業が守っているのか…

  • 中年以降の求職活動の現実。本当に厳しいですよね。

    つい3か月前まで仕事探しをしていて、幸いなことに仕事に就くことができました。今の職場で更に事務員を募集することになり、さっそく応募がありました。 履歴書が届いたのですが、50代前半の男性からの応募で、その履歴書を見せられながら「この人はないよね?」と言われました。 言われた私は肯定も否定もしなかったのですが、3か月ほど前に同じように応募していた身としては何とも言えない気持ちでした。 その応募者は年齢的には「バブル入社組」なのですが、これからの求職活動も困難なことが容易に想像でき、心の中で「今後の健闘とご多幸」を祈っております。 すでに見ていますが、企業と求職者の双方の「勘違い」 前の会社であっ…

  • 子供のころ抱いていた「ソ連」への恐怖感・・・を思い出しました。

    根室の漁船がロシアに連行されました。先月も同様なことがありましたが、その時と同様「違法な操業を行っていた」とロシア側は言うでしょう。 昔の記憶では、まだ"ソ連"だったころはもっと過激だったような気がします。銃撃したりとか・・・。 こういう事件を見ると、改めて国境を接しているんだと思います。 「ソ連」という怖い存在 冷戦が崩壊して30年近いのですが、昔は今のようにインターネットもなく、情報がかなり限られた中、北海道在住の身にとっては「ソ連」は何となく怖い存在でした。 「もしソ連が日本に侵攻したら、北海道が戦場になる」というのが現実的脅威として感じていましたし(個人的に)、実際日本の「仮想敵国」筆…

  • 「お酒」と「おっさん」

    通っている職場がススキノにあるのですが、朝8時半頃歩いていると「夜通し遊んでいた」だろう人たちが帰路につくのを目にします。 「ホントに元気だなぁー」と感心しますが、思い出せば私も15年ほど前はそんなこともありました。 加齢による衰えもあるのでしょうが、一番大きいのが「家で飲むお酒」なんだろうと思います。 昨日も妻から「最近、また毎日飲んでない?」と"釘"らしきものを刺されたのですが、確かに最近は飲んでいます。どうかお許しください。 家で飲むようになるきっかけ 30代半ばまではアホみたいにススキノへ行っていたのですが、ある時勤めていた会社が"あまりよろしくない"グループに乗っ取られて、私も会社を…

  • ヘンリー王子の「王室引退」というニュースに接して思ったこと

    昨日は成人式でしたが、全国で約120万人の方が新成人になられました。おめでとうございます。 随分と人数が減ってきたものですが、昨年の出生数はそれをはるかに下回っており、この国の将来が心配になってしまいます。 ところで英国ではヘンリー王子が「皇室を引退」なんてニュースがありますが、こんなこと出来るんですね。時代の変化を感じるニュースですが、その心境は一般人の私には解りません。 階級社会の中での立ち位置 よくイギリスは「階級社会」だと言われることがあります。当たり前ですが、制度としての階級は存在しないのですが、意識的にはいまだに存在しているそうです。 王室は別格なのでしょうが、もともとの貴族であっ…

  • 昨日は久しぶりに観光気分を味わいました。

    3連休の中日だった昨日は久しぶりに活動範囲を広げました。というのも妻の免許更新に付き合って、札幌の北西の端っこまで行ったからで、ついでにあちこち行きました。 札幌運転免許試験場 札幌市の手稲区にある運転免許試験場が最初の目的地だったのですが、久々に行くとやはり「遠い」と実感します。 妻はゴールド免許なので、平日に行けるなら街中の警察署でも更新できるのですが、仕事の関係で行けないため、この札幌運転免許試験場へ来ました。 9時45分ころ着いたのですが、中に入ると大勢の人でごった返していました。平日に行けない人や、違反者・初回講習などの人もいる為でしょうが、とにかく大繁盛でした。 結局免許交付の終わ…

  • 台湾総統選挙にかこつけて、中国のことを考えてみました

    台湾の総統選挙で蔡英文氏が再選されました・まずは良かったですね。 香港での抗議デモが大きく影響したようですが、それがなかったら支持率は拮抗していたようなので、今から考えると危なかったものです。 台湾が親中派に牛耳られるようなことになると、次の政治的侵略目標として沖縄県がクローズアップされちゃう状況になりそうなので、日本としては一安心です。 中国はどこへ向かっているのでしょうかね 日本をはじめ一般的な「国」では、政権が変わろうが「国」であるわけで、日本でも「民主党」と称する集団が政権につきましたが、それでも日本国でした。危なかったのですが・・・。 ところが中国を見ていると「中華人民共和国」という…

  • 「うどん県」のネトゲ等規制について・・・アホらし過ぎる

    休み前日のウキウキで夜更かしをしていた妻を横目に、昨日も早寝をして土曜日の朝を迎えました。 睡眠時間は十分です。さて3連休何をしようかと言いたいところですが、今日も半ドン勤務で仕事があります。入って2か月ほどの会社なので今はとやかく言えませんが、遠からず「働き方改革」をしたいと思っています。 香川県の「ネトゲ依存症対策条例」について 香川県に限らないのでしょうが、地方議会の議員さんって暇なんでしょうか。もっと他にやるべきことは無いのですかね? 素案は検討委のこれまでの議論などを踏まえて作成された。20条からなり、県や学校、保護者の責務などを明示し、ゲーム事業者にも協力を呼び掛ける内容。子供のス…

  • ニュースで見た「人が消えた函館駅前」

    昨日帰ってきてテレビをつけると「駅前から消えた地元民はどこへ?」と、故郷函館のことを取り上げていました。 典型的な「衰退する地方都市の駅前」なわけですが、昔を知る身としては寂しいかぎりです。 以前は「函館駅前」といえば商業の中心地だったのですが、典型的な「ドーナツ化現象」で今は買い物をする場所ではなくなった・・・みたいです。 「みたいです」というのも変なのですが、函館を離れて長いので、たまに帰省した時の印象です。 しかし人が郊外へ移っただけではなく、人口減少のペースもヤバいので、今後どうなっていくのか心配ではあります。 かつての輝きはどこへ行ってしまったのか。 住むためには仕事がなければならな…

  • 今日で「正月の残骸」とお別れし、普段通りの生活に戻ります

    年末年始に家でダラダラ過ごす「寝正月」を送っているとゴミがあり得ないくらい溜まり、今日の「ビン・缶・ペットボトル」のゴミ出しでようやくキレイになります。 このゴミの量を見ると、やはり資源を浪費している現代生活を実感しますが、それによって享受している利便性を辞められるかと問われると、正直難しいことです。 ともあれ、正月休みの"残骸"が今日で無くなり、いよいよ日常が戻った・・・と、勝手に解釈しています。 雪は無いけどやはり寒い朝です 毎朝5時に起床していますが、起きた時の室温がこの1か月ほどで2~3度ほど下がっています。さすがに凍えるような寒さではないのですが、キーボードをたたく指先が冷たくなりま…

  • 仕事にパソコンは必須なのですが、結局は人間の手にかかっているのです

    AIとまではいかなくとも、仕事上パソコンを使うのは当たり前の世の中になりました。ところが便利になったための副作用があり、ソフト任せにしていると知識を覚えられなかったりします。 昨日そのような事例がありました。 「年末調整」の提出書類 普通に会社勤めをしていると、12月に年末調整で「おっ、税金が戻ってる」くらいの感覚でしょう。 雇用主たる会社が勤務している従業員の正確な年税額を計算し、今まで控除してきた源泉所得税額を差額を調整するのが「年末調整」です・。 従業員にとってはそこで終わりなのですが、会社は翌年1月末までに税務署や、従業員の住む市町村へ報告を提出します。 昨日、別部署の事務さんから「税…

  • 令和2年、身軽になった・・・と思ったこと(年賀状が来ないだけですが)

    昨日は仕事始めでしたが、習慣とはいえ会う人と「明けましておめでとうございます。本年もよろしくお願いいたします。」と言い続けるのは軽く苦痛です。 このような「儀礼的」な行為は他にもありますが、疑問に思うよりは素直に従っていたほうが楽なんでしょうね。 年賀状、出しはしましたが・・・ いろいろ悩んだ挙句、数は大幅に減らしながらも年賀状を出しました。そんな気持ちを見透かしたわけではないのでしょうが、ことし私に届いた年賀状はほんの僅かでした。 よく「金の切れ目が縁の切れ目」と言いますが、「金」じゃなく「仕事」や「立場」も無くなると「縁の切れ目」になるのですね。知ってはいましたが。 思えば以前も同様なこと…

  • 大きなニュースが乱れ飛んでおりますが、その他のニュースも忘れないように注目しましょう

    年末年始の大型連休も終わってしまい、1月6日の朝を迎えました。この間カルロス・ゴーンが逃亡したり、またアメリカとイランの緊張が高まったりと、重大なニュースがありました。 令和2年は波乱含みのスタートですが、どうなるんでしょうか。 大ニュースの陰に隠れつつありますが、IR汚職は注目です 年末近くになり衆議院議員逮捕まで至った「IR汚職」ですが、贈賄容疑の中国企業は秋元容疑者以外にも金銭を送ったと供述しているようで、早い全貌解明を期待したいと思います。 ただこれって中国の企業による単純な贈賄活動なんでしょうか。中国では習近平主席の指示で、大々的に汚職撲滅キャンペーンを勧めているわけで、お上の意向も…

  • 「自分に甘い」今の習慣を変えることに挑戦しようと思っています

    稀に「本当の働き者」というタイプの人がいて、見ていると休日もいらないのか?と思うくらいで、周囲の人間からすると迷惑この上ない存在です。 そんな人種と比べると、私は「怠けもの」なのかもしれません。もう正月休みも終わるというのに、「飲んで食べて寝る」以外は多少の買い物くらいで、ほぼ何もしていません。 こんな私なので、恐らく「在宅ワーク」なんて出来ないだろうと思っていますし、自分で時間を管理しきって、そんなお仕事をしている人たちを尊敬しちゃいます。 「フリーランス」という憧れながら出来ない働き方 そもそも「フリー」で稼げるような特技も能力もないので、考えるだけ無駄なのかもしれませんが、ユーチューバー…

  • 新年早々、中東がきな臭くなってきましたが、勝手ながらガソリン代が心配です

    イラクのバグダッドで、イラン革命防衛隊の幹部がアメリカの攻撃で「消され」ました。 さっそく原油の先物価格が高騰しつつあり、まったくもって身勝手な話ですが、北国民には残念な情勢となっております。 ところで今回爆殺された「ソレイマーニー」という司令官ですが、イラン革命防衛隊の中でも「ヤバい仕事」を任務とする組織の責任者だということです。 予防的「防衛措置」で先制攻撃 アメリカ国防総省の主張では「ソレイマーニーがアメリカ大使館員や軍関係者への攻撃を計画していた」ので、防衛措置として「消えてもらった」とのことです。 これって結構力ずくな措置で、敵対国から見たら恐ろしい行為だと思います。しかしほおって置…

  • "ゲイ"を題材にしたドラマを見て、まあ色々と考えました

    元旦から妻が録画していた「きのう何を食べた?」というドラマを見ているのですが、なんというか抑揚のないストーリーが淡々と続く、ホント肩に力の入らない良質なドラマです。 話の内容はと言えば「ゲイ」の日常を通じ、心がオープンになっていく様を描いたドラマ・・・だと解釈しています。 私はゲイではありませんが、なかなか自分の正直な気持ちを人に見せられません。特に自分で「弱み」と認識している部分は尚更です。 どこまで「裸」になれるのか? 人間誰でも「秘密」ってあると思いますが、例えば親兄弟や配偶者、それ以外友人だったり会社の同僚にどこまで開示できるでしょうか? 少なくとも今までの私は自分の「弱み」を人に見せ…

  • 自分の身は自分で守る、そんな時代になっていくかもしれませんね。

    元旦も酒に明け暮れ、何となく1月2日の朝を迎えてしまいました。このような時間の使い方は普段の週末じゃ出来ませんので、あえて「こうしてる」といったところです。 ところで2020年ニュースランキングで「カルロス・ゴーン」逃亡の件がスタートダッシュを決めましたが、関係者におかれましては年末年始にもかかわらず大変ですね。 保釈を認めた裁判官や、あのどや顔で無罪を主張していた弘中惇一郎弁護士の心中は如何なんでしょうか? まさに「逃げるが勝ち」を体現した今回の逃亡劇ですが、未だ謎が多く、今後どこまで明らかになるのか注目です。 今年はどんな一年になるのでしょうか 令和2年になったばかりですが、今年は東京オリ…

  • 2020年の元旦を無事迎える事ができ、新たな気持ちで前に進めます

    新年あけましておめでとうございます。 ブログを書いていると、「いったい誰に向かって言って(書いて)いるんだろう」と考える瞬間があります。 今も年賀のご挨拶を書きながら思ったのですが、どなたか見てくださっていれば、まあそれで十分なんですがね。 一年の計は元旦にあり・・・と言いますが 大晦日は何とか日付が変わるまで起きていられ、そこから6時間ほどねて元旦の朝を迎えました。 ここ数日10時間くらい寝る日々が続いていたので、正直眠気が残っています。眠いながらも今日起きたのは「三井アウトレットパーク・北広島」も初売りに行くためで、9時前には出発しました。 オープン前には到着できたのですが、店舗前には長蛇…

  • 大晦日を迎えましたが、世の中は動き続けておりますね

    いよいよ12月31日になりました。晦日の王様「大晦日」です。 今年は元号も変わり、また自分を振り返っても職場を変えたり、なにかと激動の1年でした。いろいろ気づくことも多く、これからどのように上を目指していくか考えるうえで、良い試練だったと思えるようにしなければなりません。 昨日までに大体の買い物は済ませているのですが、やはりというか忘れものがあり、今日もちょっと買い物をしなければなりません。 年末年始のお休みの中間点が近づいておりますが、今日という日も大事に過ごしていきたいと思います。 来年の大河ドラマは「明智光秀」が主人公ですね 昔から明智光秀が描かれる場合、必ず織田信長と表裏一体であり、ど…

  • 自分の価値を見誤ると大変だった・・・と、当たり前の反省です

    12月30日のお昼過ぎ、いまこうしてパソコンに向かっていると2か月前の無職の日々を思い出します。 精神的には全然違うのですが、なんか時間がゆったりと、なおかつ無意味に過ぎている感じが似ています。 それでも明日の手巻き寿司の材料は午前中に買い物し、やるべきことは済ませています。 何となく「今年を振り返らなければ」と思っていますが、心のどこかで「前を向いて進んだ方がイイんじゃね?」という気持ちもあり、いまいち整理がつきません。 それでも少しは今年の経験で思ったことを振り返ろうと思います。 自分が思っているほど、自分の影響力は無いという事実 悲しいけど、これって事実なんです。職場で「俺がいなきゃ回ら…

  • 大掃除の必要性は分かりますが、どこまでやる必要があるのでしょうか

    たまに「意を決して」何もしないでダラダラ過ごすのも良いものです。散々酒を飲み、そして寝まくって今朝を迎えました。 おそらく10時間くらい寝たんだと思いますが、何と言うか"連休序盤"の余裕でしょうか、時間を無駄にしたとは微塵も感じていません。 それでも今日は少しは動こうかと思い、たったいま洗濯を開始しました。 年末の「大掃除」って、どの程度までするのでしょうか? 妻は昨夜も夜更かしをしていたようで、まだまだ寝ていると思いますが、数日前から「大掃除もしなくちゃ」と張り切っておりました。 個人的には普段から掃除はしているので、年の瀬だからって本腰を入れた掃除をしなくてもイイのでは?と思うのですが、ど…

  • 中締めの言葉・・・酔ってます

    これは心の叫びです。 「終わった~~~、仕事が」 もうすでに飲んでいて、まずまず酔っ払っているのですが、ともかく安堵しています。 いろいろあった今年は改めて振り返るとして、ともかく皆様と私自身にお疲れ様ですと言いたいです。 ブログも好き勝手なことを書いていますが、数の多寡にかかわらず見ていてくださる方がいることに感謝いたします。 なんか12月28日という中途半端な日ですが、とりあえずお疲れさまでした。

  • 一生の不覚⇐何度もやっておりますが・・・

    昨日の仕事中に妻からラインがきていたのですが、見ると「何かわすれてるよね!」と書いてあり、必死で考えたのですが分かりませんでした。その時は。 家に帰ってご飯支度をし、妻が帰ってきて驚愕の事実が発覚・・・というか、けっして心底忘れていたわけではないのですが、昨日は妻の「バースデイ」でした。 申し訳ありませんでした。数日前までは意識していたのですが、「今日は12月27日」ということを失念していたのです。トホホ。 「一生の不覚」という意外と軽く使ってしまう言葉 ホントにこの言葉、何度口から出たことか思い返すと、いかに軽く使っているかを反省してしまいます。 「一生の不覚」と言ってしまうような失敗を上書…

  • いよいよ年内最後の金曜日になり、気分も上がりつつあります

    12月27日の金曜日となり、今日で仕事納めの方が多いと思います。私は明日も「半ドン」勤務なのですが、気分的にはお休みモードに入りつつあります。 別に帰省するわけでもないので、年末年始はお家で"まったり"するのですが、そのためのお買い物の予定が明日から始まります。 北海道ならでは(?)の大晦日へむけて 大晦日を北海道で過ごしたことしかないので、正直なところ半信半疑なのですが、大晦日の夜を「豪勢なご馳走」で過ごすのは北海道だけとよく聞きます。 ホントなんでしょうか? 北海道は日本の中においては全くと言って良いほど「歴史」が足りないですし、いろんな地域から入植してきた土地なので、そんなことも影響して…

  • 冬だというのに灯油などが値上がりし続け、北国は大変です

    ほとんど雪のない札幌のクリスマスも終わってしまいました。クリスマスだというのに、昨日は業務終了後に仕事がらみの「お食事」がありました。 会社内の力学が複雑すぎてまだ全貌を把握していないのですが、昨日は「ドン」の一人も含め4人という濃密な時間を過ごし、疲れて帰宅しました。 どのように「組織」で生きていくか 今の「組織」に拾ってもらい間もなく2か月ほどですが、その中で「自分の立ち位置」をはっきりさせるのは時期尚早だと、昨日の濃密な時間を終え思いました。 しかしながら誰かに「自分の実力」を評価してもらい、待遇を上げていかなければならないので、まるで「三国志」の世界のように周囲をよく見て立ち振るまう必…

  • クリスマスイブの出来事

    昨日の仕事帰り、残り僅かとなった「お小遣い」を握りしめ最初はススキノのケーキ屋さんに寄ったのですが、もう長蛇の列で1分で諦めました。 地下鉄で帰ってきて、駅のそばにあるケーキ屋に立ち寄ったのですが、当然ですが「クリスマスケーキ御予約のお客様」がメインで、その他のケーキは残り4種類ほどしかありませんでした。 前のお客さんで「レアチーズケーキ」も売り切れ、やむなく「ふんわりイチゴ」と、不思議なくらい売れ残っていた「モンブラン」を買いました。 なんか惨めな気持ちになったケーキ購入 自業自得と言えばそれまでなのですが、自らの不始末で9月に離職し、随分と転落したような気がします。 カットケーキを買うこと…

  • クリスマスイブの朝ですが、ケーキどうしようか迷ってます

    今日は12月24日。そうクリスマスイブです。 だからといって特別な予定もないのですが、街の雰囲気を見るだけで少しテンションが上がります。 多くの日本人にとっては「イベント」の一つですし、明日が終わればあとは正月を待つのみです。 足早にクリスマスをやり過ごさないために・・・ なんというか何もせずにクリスマスが終わってしまうのも悲しいので、ケーキくらい食べても良いのかなと思っています。 私はもともと「大の甘党」で、若かりし頃はクリスマスケーキをホールで食べていたものです。さすがに胸やけを起こしましたが・・・。 今でも嫌いではないのですが、なかなか「ケーキが食べたい!」とならなくなり、クリスマスのよ…

  • いよいよ仕事納めの週が始まりました

    令和の世となり、そして今日が平日になってしまいましたが、仕事も残り1週間なのでまだ頑張れます。 普段であれば「なんのこともない、ただの月曜日」なのですが、今週を終えれば年末年始というだけで気持ちが違います。 ホントに考え方ひとつで幸せになれるものだと、こんなことで分かります。 年賀状という日本の風習について 昔と比べると随分と減ったのでしょうが、それでも年賀状は無くなったわけではありません。 今年は生活環境も大きく変わり、内心「年賀状を止めるチャンスかも」くらいに考えていたのですが、妻に促されホントに繋がりを維持しなければならないような人に絞って、年賀状を送ることにしました。 一部では未だに「…

  • 有馬記念の結果に一喜一憂し、そして静かに「グランメゾン東京」を待つ日曜日

    今日の有馬記念ですが、大本命と目されていた「アーモンドアイ」が馬群に沈み、結果的に波乱の有馬記念となりました。 久しぶりに買った馬券がどうなったかというと、ワイドで買っていた馬券が当たりましたが、夫婦で3,000円買ってリターンが2,000円と損してしまいました。 それでも全損よりはマシだったと、気を取り直しております。 今日は「冬至」でしたね スーパーで買い物をしていて、ふと「冬至」の話になったので予定外の「あんこ」を買い、カボチャとあんこで「おしるこ」を作ることにしました。 妻は「柚子!柚子!」と叫んでいたのですが、残念ながらバラ売りの柚子は売り切れていて、それは断念しました。 帰ってから…

  • 昼間から酒。そして夕方も夜も酒・・・でした

    昨日は昼に仕事を終え、妻と合流前に「年末ジャンボ宝くじ」を買ったのですが、ススキノにある売り場で待ち客なしですぐに買えました。 そこから大通りの待ち合わせ場所へ向かい、その近くにある「大通地下チャンスセンター」の様子を見たら長蛇の列でした。 係員が"最後尾はここ"というプレートを持ちながら「只今約1時間待ちとなっておりまーーす」と叫んでいました。 この「大通地下チャンスセンター」は、札幌でも一番当たりくじが出ると評判の売り場なので無理もないのですが、なぜ最終日に?と、自分も買っていながら思ってしまいました。 念願の「恵美須商店」へ行ってきました 妻と合流後、前から気になっていた"昼間から飲める…

カテゴリー一覧
商用
読者になる