プロフィールPROFILE

モッカ夫人さんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
モッカ夫人の北欧料理レシピ集
ブログURL
https://msnokka.hatenablog.com/
ブログ紹介文
北欧在住、ずぼらなアラフォー主婦。 色々なレシピに挑戦するのが趣味。 私が作った北欧料理の数々を、ブログで淡々と紹介しています。
更新頻度(1年)

24回 / 47日(平均3.6回/週)

ブログ村参加:2019/10/20

モッカ夫人さんのプロフィール
読者になる

モッカ夫人さんの人気ランキング

  • IN
  • OUT
  • PV
今日 12/06 12/05 12/04 12/03 12/02 12/01 全参加数
総合ランキング(IN) 18,387位 20,330位 18,883位 20,329位 17,724位 19,004位 17,762位 980,005サイト
INポイント 30 10 20 10 10 0 10 90/週
OUTポイント 20 0 50 40 10 20 30 170/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
料理ブログ 332位 374位 340位 373位 326位 353位 329位 33,356サイト
おもてなし料理 6位 7位 7位 7位 5位 6位 5位 296サイト
今日 12/06 12/05 12/04 12/03 12/02 12/01 全参加数
総合ランキング(OUT) 28,213位 29,909位 25,338位 27,523位 29,207位 29,309位 29,329位 980,005サイト
INポイント 30 10 20 10 10 0 10 90/週
OUTポイント 20 0 50 40 10 20 30 170/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
料理ブログ 588位 613位 516位 568位 613位 614位 615位 33,356サイト
おもてなし料理 10位 10位 9位 10位 10位 10位 11位 296サイト
今日 12/06 12/05 12/04 12/03 12/02 12/01 全参加数
総合ランキング(PV) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 980,005サイト
INポイント 30 10 20 10 10 0 10 90/週
OUTポイント 20 0 50 40 10 20 30 170/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
料理ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 33,356サイト
おもてなし料理 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 296サイト

新機能の「ブログリーダー」を活用して、モッカ夫人さんの読者になりませんか?

ハンドル名
モッカ夫人さん
ブログタイトル
モッカ夫人の北欧料理レシピ集
更新頻度
24回 / 47日(平均3.6回/週)
読者になる
モッカ夫人の北欧料理レシピ集

モッカ夫人さんの新着記事

1件〜30件

  • ヨウルトルットゥ☆フィンランドのクリスマスペストリー

    昨日12月6日はフィンラドの102回目の独立記念日でした。 といわけで独立記念日を祝して、フィンランドのクリスマス料理を2つも作っちゃいました。 第一弾がこのJoulutorttu。 フィンランドの家庭でクリスマスシーズンによく作られるペストリーです。 joulu=クリスマス、torttu=タルト、ペストリー、パイ。 フィンランド以外でこのペストリーを作る国、スウェーデンではjultårta(ユールトータ)と呼ばれています。 ペストリーの上には甘酸っぱいプルーンジャムが乗っているのが一般的。 他にもリンゴジャムを乗せたり、スモークサーモンや生ハムなどを使ってしょっぱい味付けにすることもあります…

  • 白身魚のアーモンドクリーム焼き

    給食にも出る定番料理ですが、魚嫌いの子は全く手をつけず、好きな子は何度もお替りする、という両極端な現象が起きているようです。 ちなみにこっちの給食は、小学校から高校まで食堂で食べるセルフサービス形式。 自分で量を決められるので、嫌いな料理は豆粒程度しか取らない子もいると聞きました。 メインディッシュが置かれている場所には、動物性たんぱく質が摂れない子や、宗教上食べれない肉がある人のために、ベジタリアン向けの料理も用意されています。 肉嫌いの娘はそっちの料理を選ぶことが多いようです。 遠足の時はお弁当(大抵サンドイッチ、バナナ、ジュース)が支給されるので、親はおやつを用意するだけでお弁当を作る必…

  • スクーッフカーカ☆アイスランドのチョコレートケーキ

    溢れ出るものが、感情ではなくチョコレートケーキだったらいいのに。 ―ジム・バグ― Skúffukakaはモカチョコ味の四角いケーキ。 skúffuはオーブンに使う耐熱皿、ベーキングトレーという意味になります。 つまりベーキングトレーで焼いたケーキということですね。 ノルウェー語のsjokoladekake i langpanne(ショコラデカーケ イー ラングパンネ)も同じ意味合いです。 一方発祥の地スウェーデンは、kärleksmums(シャーレクスムムス)、kärles=愛、mumus=うんまい!、通称 love cake。 全く違いますね。 呼び方はどうであれどこも似たようなレシピ。 た…

  • 明日楽をしたい人のためのハチミツマリネチキン

    既にマリネされた状態でスーパーで売られていますが、自家製もなかなか美味しいハチミツマリネチキン。 翌日帰りが遅くなる時、夕食後に外出しなくてはいけない時など、前日の夜に仕込んでおけば次の日は焼くだけでメインのおかずができちゃいます。 この味付きチキン、このままでも美味しいのですが、色々な料理に活用できる優れもの。 いつかこのチキンを使った別の料理も紹介しますね。 今回は息子に仕込みを手伝ってもらいました。 材料(4人分) 鶏肉(お好みの部位)400g すりおろしにんにく 1片 トマトピューレ 大2 醤油 小2 オリーブオイル 大4 ハチミツ 1/4dl 塩 小1 黒胡椒 少々 作り方 鶏肉は好…

  • 一番簡単なエングラマートゥ☆天使の食べ物

    Änglamat、存在は知っていましたが初めて作りました。 スウェーデン語では"天使の食べ物"という意味ですが、ノルウェー語/デンマーク語だと"ベールをかぶった百姓の娘"(Tilslørte bondepiker/Bondepige med slør)という意味。 フィンランド語だと"牧師の有り合わせ"(Pappilanhätävara)という意味になり、個人的にはこのネーミングが一番合ってると思います。 材料はクッキー、ベリー/リンゴ、生クリーム、砂糖のみ。 北欧の人たちは夏にベリーをキロ単位で買い、寒い季節のために冷凍保存するのが一般的なので、本当に有り合わせのものでできちゃいます。 発祥…

  • ミートソースのキャセロール

    子供達も大好きなミートソースのキャセロール。 オレンジジュースを使っているので、ほんのり甘くて優しい口当たり。 うちは子供二人が好き嫌い激しいので、ごはんにしろ甘いものにしろ家族全員が好きという食べ物がほとんど無いのですが、これは全員好きです。 トマトが嫌いな夫も食べてくれるので、我が家の献立には月に何度も登場する人気メニューです。 ちなみに材料に含まれている生クリームのお話ですが、このキャセロールにはごはんものにしか使われない薄められたクリームを使用しています。 こちらはクリームの種類が豊富で、お菓子用だと普通の生クリームと、7分くらいまでしか泡立たないクリームがあり、ごはん用だとクリームが…

  • プルサ☆デンマーク風ホットドッグ

    賞味期限ぎりぎりのクッペがあったのでプルサを作りました。 プルサとはデンマーク語でホットドッグ。 あまり知られていないと思いますが、デンマーク人はホットドッグをよく食べます。 デニッシュパンばかり食べているわけではないのです。 日本でいうおにぎりみたいな感覚でしょうか。 ソーセージ、ケチャップ、マスタードの他に、フライドオニオン、レムラードソースをトッピングし、一番上にスライスしたピクルスが乗っているのが一般的。 いたるところにプルサの屋台があり、基本の具以外に自分好みのトッピングができたりします。 とっても美味しいので、デンマークを旅行中、小腹が空いたら是非立ち寄ってみてください。 【ホット…

  • サツマイモのフレンチフライ

    10年前は見かけませんでしたが、ここ数年サツマイモのフレンチフライを度々見かけるようになりました。 外食先、スーパー、フリーペーパーのレシピコーナー等々。 サツマイモ好きの私にとっては嬉しい限りです! 欧米で一般的なサツマイモは中身がオレンジ色で、日本のお芋とは違い水っぽいのが特徴。 こっちで売られているのはエジプトあたりからの輸入品です。 【サツマイモ】 アイスランド語 sætar kartöflur(サイタル カルトェフルール) デンマーク語 sød kartoffel(スゥ カアトッフェル) スウェーデン語 sötpotatis(ソットゥポターティス) ノルウェー語 søtpotet(ソ…

  • フィスクスッペ☆ノルウェー風魚のスープ

    ほったらかしにされてると感じたら、雌のサーモンのことを考えればいい。300万もの卵を産んでも、母の日に思い出してくれる子は一匹もいのだから。 ―サム・ユーイング― サーモンで有名なノルウェーは、北欧ではアイスランドと並んでが最も魚を食べる国です。 北欧で最もポピュラーな魚はやはりノルウェー産のサーモンですが、他にもタイセイヨウダラや、シロイトダラ、ニジマスが共通して一般的な魚となります。 中でもシロイトダラとニジマスは手頃な値段なので、給食にもよく使われます。 スウェーデンとフィンランドでは、その他にバルトニシンという魚を見かけることも多く、レストランのサラダバーには、このニシンの酢漬けが置い…

  • コルヴァプースティ: Korvapuusti

    オーブンから取りだしたばかりの焼き立てのシナモンロールをくれる人は、みんな生涯の友達だよ。 ―レモニー・スニケット「When did you see her last?」― 北欧のカフェで必ずと言っていいほど置いてあるシナモンロールは、それぞれの国で様々な形と個性があります。 例えば、アイスランドではチョコレートでコーティングされていることもあったり、フィンランドのものは、味こそ他のシナモンロールと変わらないものの、ネーミングと形が独特で面白かったり。 シナモンロールは、北欧では以下のように呼ばれています。 スウェーデン語: kanelbulle(カネルブッレ) ノルウェー語: kanelbo…

  • にんじんとオレンジのポタージュ

    オーソドックスなにんじんのポタージュにオレンジを加えた一品。 オレンジはお菓子に使うイメージがありますが、我が家ではごはんで使うことの方が多いです。 にんじん、トマト、鶏肉料理にすりおろした皮や果汁をかけるだけで、普段とは一味違う味わいに仕上がるので、皆様も是非お試しください。 材料(4人分) にんじん 2本 じゃがいも 1個 玉ねぎ 1個 おろし生姜 大1 オリーブオイル 大1 水 3dl 野菜コンソメキューブ 半分 ☆生クリーム 1dl ☆牛乳 1dl ☆オレンジの果汁 1/2個分 ☆オレンジの皮 1/2個分 ☆黒胡椒 小1/4 ☆塩 小1/4 作り方 1 じゃがいもは半月切り、にんじんは…

  • 手間いらず☆玉ねぎときのこのキッシュ

    玉ねぎ一個分の涙で、その悲しみは洗い流せるでしょう。 ―シェークスピア「アントニーとクレオパトラ」― なんとなくですが、こっちの玉ねぎの方が日本産のものより目に染みる気がします。 日本の玉ねぎより硫化アリルの含有量が高いのでしょうか。 それとも、単に年と共に涙腺が弱くなっているのか。 この生理現象が嫌で、若い頃はよく玉ねぎを省いたりしてました。 今では絶対しないですけどね。 このものぐさな私が、買い忘れた時は面倒でも近くの小さいスーパーに買いに行きます。 それくらい玉ねぎは、多くの料理に欠かせない円の下の力持ちですよね。 そのように大抵は裏方としてさりげなく活躍している玉ねぎですが、このパイで…

  • 鶏肉ときのこのトマト煮込み

    トマトのない世界なんて、ヴァイオリンのいない弦楽四重奏も同じ。 ーローリー・コルウィンー 小学校低学年の頃、叔母夫婦に連れて行ってもらったレストランで、トマトの煮込み料理を食べたことがあります。 父親が生以外のトマトが苦手だったので、うちで目にするトマトに火を通した料理と言えば、ミートソースかハヤシライスくらいだったのですが、その時食べたトマト煮込みがとーっても美味しくて、今でも忘れられません。 それがきっかけでトマト料理が好きになりました。 そして、自分で料理ができるようになってからは色々なトマト料理に挑戦してきました。 残念ながら夫はトマトが苦手で食べてくれませんが、子どもたちは私の血を受…

  • クラッドカーカ: Kladdkaka

    甘いものを求める夫のために、チョコレートをたっぷり使ったクラッドカーカを作りました。 クラッドカーカ、直訳するとベトベトしたケーキ。 その名の通り中はベトベトドロドロ、泥のようなケーキです。 スウェーデン版フォンダショコラとでも言いましょうか。 フォンダショコラは、中からチョコレートがとろ~りと流れ出てくるので、例えるなら緩い泥んこですが、このクラッドカーカはそれよりちょっと水分少なめの泥んこ状。 ケーキなのに例えが悪くてすみません。 これも北欧人に愛されているケーキの一つで、冷凍でも販売されています。 それを朝から職場の休憩室のテーブルに置いておくと、昼休みにはちょうど解凍されているので、そ…

  • 洋風無限キャベツ

    無限キャベツ美味しいですよね。 日本には色々レシピがあるので、我が家でもキャベツを大量消費したい時に作ってます。 キャベツって大きくて場所を取るんで早めに消費したいんですが、夫にお使い頼むと、なぜか毎回のように買ってくるんで切れることがありません。 我が家の冷蔵庫は野菜室が小さくてキャベツ入らないんで、決してキャベツが嫌いなわけではないのですが、殊更邪魔。 今週も、まだ冷蔵庫にキャベツ半分残ってるのに、夫はキャベツ1玉買ってきました。 なので急遽無限キャベツを作ることになったわけですが、今回は日本のレシピではなく、有り合わせの材料で即席洋風無限キャベツにチャレンジしてみました。 材料(4人分)…

  • バジル風味のニンジンフリッター

    欧米でよく食されるニンジンフリッター。 北欧でもそれぞれの家庭でアレンジされ、食卓に上ることの多い食べ物です。 フェタチーズとバジルを入れるのが我が家流。 フェタチーズの代わりにカッテージチーズを使う時もありますが、バジルの風味にはフェタチーズの方が合います。 また、ニンジンではなくズッキーニ版もありますが、我が家はニンジンで作るようにしてます。 というのも、保育園でも学校でも給食で生のニンジンが出されるので、子どもたちはすっかり生食派になっているからです。 しかも二人とも生野菜に味をつけるのが極端に嫌いで、サラダにはドレッシングをかけない、野菜スティックにも何もつけないのです。 生のニンジン…

  • 基本のスウェディッシュミートボール

    スウェーデンに限らず、北欧の人たちは本当にミートボールをよく食べます。 普段の食事はもちろん、保育園、学校の給食、遊園地、屋内遊技場、レストラン、いたるところで見かけます。 お察しの通り、子どもたちもミートボールが大好き。 日本の子供たちもハンバーグやミートボールは好物ですよね。 私も好きでした。 お弁当に入っているとテンション上がりました。 でも・・・ どう手繰り寄せても、母の手作りミートボールを食べた記憶がありません。 確かにハンバーグはよく作ってくれたけど、ミートボールと言えば、甘いあんがたっぷりかかった、あの有名なレトルトのでした。 まだ小学校上がる前だったのに、はないちもんめのCMさ…

  • トスカケーキ

    シンプルな生地の上に香ばしいアーモンドバターが乗った、北欧諸国で愛され続けるトスカケーキ。 北欧で生まれ育った人なら一度は口にしたことがあるでしょう。 生まれも育ちも日本の私でさえ、何度口にしたか覚えてないほど。 義母が焼いてくれたトスカケーキを初めて食べた時の感動、今でも覚えています。 それから自分でも時々焼くようになりました。 そして先日の秋休み中は、調理実習も兼ねて子供たちに作り方を伝授しました。 息子は上層のアーモンドの部分が一番おいしいと言い、ケーキよりもミニトマトが好きな娘は、一番底の茶色くなっている部分がおいしいと言って食べてました。 ケーキの底の部分が美味しいって、初めて聞く意…

  • とっても簡単!鶏ひき肉のトマトクリームチーズパスタ

    包丁いらずで、とっても簡単にパパっとできちゃんうで、急いでる時や、楽したい時に作る一品。 手抜き料理でも、ちゃんとたんぱく質も入っているし、トマトは栄養満点で様々な効能があるので、罪悪感無しというツワモノです。 トマトの赤みを作るリコピンは、強力な抗酸化作用があることは有名な話。 そのリコピンはトマトの細胞の中にあるので、砕いて熱を加え、細胞を壊してあげることで、生よりも体に吸収されやすくなります。 だから熱を加えたトマトソースは、トマトの恩恵を最大限に受けられる食べ方なのです! その上息子の好物で、肉嫌いな娘もひき肉なら食べてくれるので、特に忙しくなくても我が家では頻繁に登場します。 材料(…

  • 手作りグラノーラ

    朝食で定番のグラノーラ。ここ2ヶ月毎朝この自家製グラノーラを食べてます。それまではずっとポリッジでした。 日本に住んでるときからオートミールのポリッジが好きで、チーズを入れたり、たらこを入れたり、かなり自己流の食べ方をしてましたね。 欧米では、フルーツペーストやベリー、果物を入れて甘く味付けするのが主流ですが、私は甘いポリッジが大の苦手で、そんなもの食べるくらいなら、味のついてない白米を毎朝食べる方がマシ、と、夫がインスタントの甘いポリッジを食べてる横でひそかに思ったりしてます。世間では私が好きなしょっぱい系ポリッジの方がマイノリティですが。 グラノーラも10代の頃から大好きで、某社のものをむ…

  • 牛肉のスープ

    給食にも頻繁に登場する定番料理。 普通の家庭でも、一か月に一度以上は食卓に上る一般的な家庭料理です。 大抵牛肉の塊を使うのですが、娘が肉々しい肉が苦手で、ひき肉以外だと間食するのに1時間近くかかるので、うちは専らひき肉を使ってます。 具はそれぞれの家庭で多少の差があり、セロリやパースニップを入れる人もいれば、玉ねぎを入れない人もいたり。 我が家では基本のニンジン、ジャガイモ玉ねぎの他、こんな野菜を使っています。 ルタバガや、西洋カブと呼ばれているようですが、日本で一般的な白いカブとは全く違う味と触感です。 シュレッドした生のものをサラダに加えたりもします。 日本では手に入りにくい野菜なので、こ…

  • ほうれん草とみかんの彩りサラダ

    子供の頃は、ほうれん草と言ったらおひたしのイメージがあって、あまり好きではありませんでした。 そんな私がほうれん草に目覚めたのは社会人になってから。 新宿のとあるダイニングバーで、自らは絶対頼まないであろうがほうれん草サラダを、外国の友達が注文したことが始まりです。 ほうれん草を生で食べるなんて抵抗があったのですが、友達に促されるままに味見してみたら一瞬で虜に。 それ以降、ほうれん草は生で食べることが多いです。 普通のほうれん草だとえぐみが強く、生食には向かないので、食べやすいサラダほうれん草を使いましょう。 材料(3~4人分) サラダほうれん草 60g アボカド 1個 みかん 2個 きゅうり…

  • フィンランド風パンケーキ

    簡単に作れる世界中で定番のおやつ。 日本ではホットケーキと呼ばれてますね。 日本やアメリカだと丸くてふわふわなイメージですが、北欧のパンケーキは、生地に油分を含ませるのでしっとりしています。 ベーキングパウダーやベーキングソーダも使わないのでふわふわ感ゼロで、日本のホットケーキとは別物といった感じ。 フィンランドのパンケーキは、天板に生地を流しいれてオーブンで焼きます。 他の北欧諸国でも同じように焼く場合もありますが、一般的なパンケーキは円形。 フィンランドにも丸いパンケーキはありますが、それはどちらかというとクレープ的存在のようです。 また、ロシアのブリニのようなな小さくて丸いものあり、北欧…

  • 炒め玉ねぎとエビのスパイシーサラダ

    エビのサラダが好きで色々なバージョンをよく作るのですが、このサラダは玉ねぎのほどよいしゃきしゃき感と、チリのピリ辛がお気に入り。 ドレッシングは使いませんが、玉ねぎとエビに薄味がついているのでもりもり食べられます。 材料(4人分) 小エビ 200g 玉ねぎ 2 にんにく 3~5片 レッドチリ 1本 油 1/2dl レモン汁 1個分 塩 小1/4 粗挽き黒胡椒 少々 アボカド 1 ミニトマト 5個 レタス類 4枚 ディル、クレソン、バジルなどのハーブ 作り方 1 冷凍のエビを使用する場合は解凍しておく。玉ねぎとニンニクはみじん切り。 レッドチリは縦半分に切り、種を取り除き、小さめに刻む。 2 フ…

  • 白身魚とパスタのキャセロール

    大きいキャセロールでどんっとたくさん作れるキャセロール料理は、私のお気に入りです。 簡単で、余ったら翌日のお昼ごはんとして仕事に持っていけるからです。 この国には、見栄え良く盛りつけたお弁当の文化がないため、基本何を持っていってもOKなのです。 移民の多い国なので、職場のレンジのある部屋はいつも色んな香りがします。 時々香辛料が鼻につくこともありますが、慣れない人にとって、和食は醤油の香りがきついようなのでお互い様。 アジアやアフリカ料理に比べ、北欧料理は使うスパイスが限られているので臭いません。 カルダモンやシナモンを使うことが多いので、どちらかというとお菓子の方が独特の香りかな? というわ…

カテゴリー一覧
商用