chevron_left

メインカテゴリーを選択しなおす

cancel
小石の眼から見た景色 あらかた50主婦のあったこと録 https://www.honsaki.com

実親の遠距離介護、相続。発達凸凹・グレーゾーンの長男の子育て他、子育て色々。認知症介護、病院受付、事務職など、諸々の仕事で体験したこと。加えて、日々のあれこれなど、体験をもとに色々なことを書く、雑記ブログです。

特別でも普通でもないアラフィフ主婦です。あれこれ体験してきたことを書いています。 詳しくは→ https://www.honsaki.com/about

ほんさき
フォロー
住所
未設定
出身
未設定
ブログ村参加

2019/10/11

1件〜100件

  • ノートパソコンの新調に悩む50代&HP(ヒューレットパッカード)納期未定は焦る

    「ノートパソコン、そろそろ買い替えた方がいいな」と思ってはいたのです。一昨年くらいから。 そして、先日ついにお知らせが届きました。「Windows 8.1サポートは 2023 年 1 月 10 日に終了します。」 support.microsoft.com 近頃、好不調の波を繰り返す我が家のノートパソコン。購入は8年前。 だましだまし使っていたのですが「サポート終了」ならばさすがに何とかしなければ。 重い腰をあげ、ノートパソコンを新調することにしたのです。 何を買ったらいいのやら 「長く使える」を意識する HP(ヒューレットパッカード)納期未定は焦る パソコンの新調は最後かも? 何を買ったらい…

  • 薬の飲み忘れ対策に「見慣れたカレンダー」がベストだった話(薬が少ない場合に限る)~義母がちょこっと認知症④

    もの忘れ外来で「認知症と年相応の境界(ボーダーライン)」と診断された義母。 社交的でお喋り上手のため、一見「ちょこっと認知症」は目立ちませんが、日々の生活で、少しずつ困ったことは出てきます。 www.honsaki.com 「あら?電話(スマホ)どこかしら?」くらいなら、まあいい(よかないけど)のですが、時々「どこかしら?」がお金だったり重要な郵便物だったりして、家族は都度大騒ぎ。 www.honsaki.com そして、そんな義母の困ったことの一つが「薬の飲み忘れ」です。 ★★★ おことわり ★★★ 我が家のイチ体験談であり、様々なケースの中の一事例であることをご了解の上、ご覧ください。 薬…

  • 自動販売機に応援されたことがある

    自分では「しっかりしているタイプ」のつもりで、小中学校では「優等生タイプ」だった私。 とは言えそれは張りぼてで、実は「危なっかしいタイプ」。思い返せば、今までで3回ほど「危うく…」という場面があったのです。 見つめ過ぎると危ないタイプ 自動販売機に応援される 視線を外すと見えるモノ 見つめ過ぎると危ないタイプ 1度目は小学6年生の頃、遠足で山道を歩いていた時のこと。 道の横は崖のようになっていて、眼下はうっそうとしています。下の木々を見つめながら歩いていたら、急に腕を掴まれて道に戻されました。 どうやら崖下の方へ身体が傾いて、落ちそうになっていた様子。下を見つめ過ぎて、平衡感覚がおかしくなって…

  • 家族の夏休みは疲れるけれど~大前提を忘れない&Mr.Children「ラララ」

    「孫は来てよし、帰ってよし。」なんて言いますが、お盆休み明けの職場(クリニック)は、お疲れモードの患者さんが増えます。(ご高齢の方が多いので。) コロナ騒ぎで、しばらくは落ち着いていましたが、行動制限のない今年は、やはり増えた印象。みなさん体調不良ながらも「孫が来ていた」と嬉しそうに話されます。 「良かったですね~」と答えるコチラは、家族の夏休みが自分の休みとかぶって、ちょっとお疲れモードのスタートです。 もしや私は猫である? 大前提を忘れがち それで良しとしようか~Mr.Children「ラララ」 もしや私は猫である? 独り立ちした長男を見送ってしんみりしたのは、ついこの間だった気がするので…

  • 「おまかせ」したい時もある~くたびれていると選択も疲れる

    選択肢は多い方がイイのだろうと思うのです。基本的には。 転職サイトで「ココしかない」よりは、「ココとアソコとアレと、どこがいいかな?」の方がイイですよ、そりゃ。この年になると、下手すると「ない」ですからね(-_-;) 子どもの頃(45年ほど前の田舎)なんて、ジュースを選べと言われても「ファン○グレープ」か「ファ○タオレンジ」の二択でしたよ。 それが今では、ジュース一つとっても選択肢に溢れていて、自動販売機の前で、迷い過ぎて固まってしまうくらい。 今はあらゆるものの選択肢が増え、より自分の好みに合ったモノ・コトを選べるように感じます。 そして、それは、望ましいことのハズなのに、何故か疲れを感じる…

  • 高齢の親へ重要な郵便物が届く時期には声をかける(2022年は保険証が2回届くので特に注意!)~離れて暮らす実親の介護7

    早いもので、来週はもう8月ですね。職場のクリニックの窓口が、いつも以上にてんやわんやする時期です。 現在、発熱の方の検査もあり、コロナワクチン4回目の接種も始まり、すでに大騒ぎ。来週からどうなることやらと、ちょっと憂うつなのです。 重要な郵便物が行方不明 2022年は保険証が2回届く 重要書類が届く時期には声をかける 重要な郵便物が行方不明 クリニックの窓口が、8月にてんやわんやする理由は、後期高齢者の保険証が、毎年8月更新(市区町村によっては2年に1回)となるから。 日に何度も、こんなやり取りを繰り返すのです。 「A田さん、新しい保険証お持ちですか?8月から新しくなったんですよ。」「え、これ…

  • ホットフラッシュ対策に「手のひらを冷やす」は割とイイという個人の感想

    暑い日が続きますね。住んでいる町でも「熱中症で救急搬送」といった心配な話が、例年より多く感じます。 そんな中、先日、熱中症対策のニュースで、基本的なコトに加え、「手のひらを冷やす」ことが取り上げられていました。 www3.nhk.or.jp もちろん、過信することなく、従来の熱中症対策は必要ですが、「確かに、手のひら冷却、いいかもな~」と思ったのです。 もっとも、私が手のひらを冷やす効果を実感しているのは、熱中症対策ではなく「ホットフラッシュ対策」。 のぼせ、ほてりが辛い時、「手のひらを冷やす」は割とイイのです。 ※注※今記事は、あくまでも私個人の感想です。 更年期だけじゃない「のぼせ・ほてり…

  • 趣味も楽しみもなくて不安なら「嬉しいことはオーバーアクション」はどうでしょう

    夏ドラマが始まりだしました。今期は「見てみよう♡」と思うドラマが多くて楽しみなのです。 趣味も楽しみもなくて不安? 嬉しいことは(ちょっとだけ)オーバーアクション 今いる場所も一つの答え 趣味も楽しみもなくて不安? 一足先に始まった日曜劇場「オールドルーキー」。 www.tbs.co.jp※私は、暴露系で金稼ぐYouTuberは好まないのだ。 第1話を、ワクワクしながら見ていたら、途中でまさかの横浜流星さん登場。もう、内心「わぉ!♡」ってなりましたよ。 翌日、イラスト(↑↑↑)のように「もう、『わーい』ってなりました~嬉しかった~。」なんて、職場でウキウキしていたら、 「ほんさきさんみたいに『…

  • 今月投票初体験の18歳と選挙の話をする

    選挙権を手にしてから、投票には欠かさず行っています。しかし、近頃「選挙公報」も「あ~配られてるな~」と思うくらい。まじまじと見ることも減っていたのです。 わざわざ読まなくても、もう、どこの政党の、誰が出馬して、ナニを言っているか、大体お決まりだし、 そもそも、選挙前に言ってるコトなんて、あんまりアテにならないし…。 しかし、今回の参議院議員選挙、そんなこと言えません。なにしろ、18歳二男、投票初体験なのです。 候補乱立でも「票を投じたい人」はいない!? 主張様々過ぎ「選びたい政党」がわからない!? 情報をほどほど参考に、じっくり考える おまけ:今回、最もショックを受けたことは… 候補乱立でも「…

  • 実母にとって「家に戻る」は「職場復帰」~離れて暮らす実親の介護6

    10年以上前に他界した実母は、2度救急搬送されたことがありました。 2回とも、「今夜がヤマでしょう。」と医師に言われ、延命治療の判断を求められ、子ども達がベッド横に集合したりしました。 www.honsaki.com しかし、幸いなことに、奇跡的に搬送前の状態に回復(医師も驚くほど)。そして、胸をなでおろす間もなく、次の課題に直面したのです。 それは「急性期の病院を退院した後、どうするか?」でした。 退院したがる男、入院したがる女 実母にとって「家に戻る」は「職場復帰」 「家が一番」は状況による 退院したがる男、入院したがる女 現在の、いわゆる「高齢者」と呼ばれる世代の皆さんは、男性は退院した…

  • 更年期(閉経)を迎えて良かったこともある~子宮腺筋症が治まり貧血が改善する

    更年期真っ只中です。 ほてったり寒く感じたり、不快な症状が多く辛い時期ですが、私にとっては良いこともあったのです。 それは、子宮腺筋症が原因の貧血が改善したことでした。 ★★★ おことわり ★★★ 私のイチ体験談であることをご了解の上、ご覧ください。気になる症状がある場合などは、病院を受診してくださいね。 更年期真っ只中 閉経で子宮腺筋症が治まり貧血が改善する 更年期は良いこともあるさ 更年期真っ只中 現在50歳とちょっと。4~5年前からぼちぼちと、そしてこの1、2年は特に、「これぞ更年期」と言われている、定番のあらゆる症状を体験しています。 絵のような、発汗・ほてり(ホットフラッシュ)、倦怠…

  • 50歳で子宮腺筋症と診断された時の話

    それは、私が50歳の時のこと。 長年悩まされていた貧血の原因を調べている中で、「子宮腺筋症」と診断された時の話です。 ★★★ おことわり ★★★ 私のイチ体験談であることをご了解の上、ご覧ください。気になる症状がある場合などは、病院を受診してくださいね。 貧血の原因は「子宮腺筋症」 思い当たる症状「月経過多」 50歳の私の選択は「経過観察」 貧血の原因は「子宮腺筋症」 血液検査というものを受け始めてから、ずっと貧血気味ではあったのです。 赤血球が小さかったり、色素が薄かったりして、意を決して(注射針が怖い)献血に行っても断られ続けてきました。 40歳を過ぎたあたりからは、年々数値が悪化。 40…

  • 「何者にもなれない」気持ちをちょっと軽くする曲~Mr.Children「進化論」

    Mr.Childrenデビュー30周年だったので、5月はミスチル三昧の日々でした。 blog.honsaki.com ブレイクしたての頃の曲は、もはや懐メロのようでもあり、 (二男が「『innocent world』?知らないな~」なんて言うので、一瞬「うそっ!信じらんない!!」と思いましたけど、確かにそうかも(;'∀')) 当時の(若かりし頃)が蘇って、切ない様な懐かしい様な気持ちになったり、 あまり繰り返し聞いていなかった曲を改めて反芻すると、じわじわと胸に沁みるな~と思ったりしています。 再び繰り返し聞き、歌詞を改めて味わい、少し気持ちが楽になる、心に響く曲の一つが「進化論」でした。 も…

  • 慣れているモノをいつものペースで~義母がちょこっと認知症③

    認知症と年相応の境界(ボーダーライン)の状態の義母。義父の入院をきっかけに、認知症が悪化したような言動が、しばしばみられました。 義母の様子を家族で注意深くみていると、おかしな言動の原因は、水分不足や低栄養である可能性も考えられました。 www.honsaki.com ★★★ おことわり ★★★ 我が家のイチ体験談であり、様々なケースの中の一事例であることをご了解の上、ご覧ください。 遠隔で食事や水分を摂ってもらうのは難しい 新たに「慣れる」ことは難しい 慣れているモノをいつものペースで 遠隔で食事や水分を摂ってもらうのは難しい 義父が入院中1人暮らし状態の義母。 水分不足や栄養不足が疑われて…

  • おかしな言動は水分不足と低栄養のせいかも?~義母がちょこっと認知症②

    もの忘れ外来では「まだそこまで深刻な認知症ではない」と診断された義母でしたが、義父の入院という「非日常」の訪れで、おかしな言動が多々みられました。 www.honsaki.com それにしても、急に認知症が悪化したように感じられる言動の数々。様子見でいいのか、もの忘れ外来を再受診するべきなのか、家族も戸惑います。 ★★★ おことわり ★★★ 我が家のイチ体験談であり、様々なケースの中の一事例であることをご了解の上、ご覧ください。 おかしな言動はいつ現れる? 水分不足の可能性 低栄養の可能性 認知症が症状の悪化につながる悪循環 おかしな言動はいつ現れる? 義父の入院当日のこと。 義母と一緒に義父…

  • 道の真ん中を歩く理由は道の端が危ないから

    小学校の遠足の時なんて、しょっちゅう最後尾の先生から声が飛んでいました。「もっと端っこを歩きなさ―い!」 みなそう教わるハズなのに、道の真ん中をゆるゆると歩いているお年寄りを見かけることはありませんか? 車で急いでいる場合は、きっと、とてつもなくイライラさせられるでしょう。 しかし、私は一人の時の移動手段が徒歩なので(車の運転をしないので)、「真ん中」を歩きたくなる気持ちも、ちょっとわかるのです。 それは、「道の端を歩くのは危ない」から。 ちなみに、ココで言う「道」は、もちろん交通量の多い道路ではありませんよ。(そりゃそうだ) 住宅地の中などの、歩道もセンターラインもないたまに住人の車が通るか…

  • 姉の歳に追いつく寂しさ~遺品と言う名のおさがりと「古着deワクチン」

    「妹に生まれるって、不公平だな」なんて、子どもの頃思っていた。(もちろん、上には上の「不公平だな」があるんですよね。) 一つ違いの姉は、仮に年齢が同じでも、かないっこない素敵な人。 せめて一つくらい、頑張れば追いつけるものがあるだろうとジタバタして、それでも、どうしても年齢だけは追いつけない。 いつも私が年下だということが、不公平な気がしていた。 姉の一周忌が終わった。そして、私は姉の歳に追いついてしまった。 まさか、こんなことなら、不公平のままで良かったのに。 www.honsaki.com 姉は、何でも器用にこなし、いつも優しく明るく楽しい人。賢くて、華やかで、美しい人。 そして私は、道端…

  • 義母がちょこっと認知症①~「いつもの生活」では気付きにくい

    義母がヘソクリを紛失したことをきっかけに、認知症を疑い、年明けには「もの忘れ外来」を受診しました。 www.honsaki.com 結果は、「認知症と年相応の境界(ボーダーライン)」。特に治療の必要もなく、経過観察。 しばらくは「いつも通りだし、年相応なのかな?」と見えたのですが、それは「いつもの生活」だったからなのです。 「いつもの生活」では問題なし? 「非日常」で認知症が露呈する ヘソクリは闇の中 「いつもの生活」では問題なし? 結局、モノを色々失くしてしまう問題は未解決のまま、ヘソクリ捜索も難航し、色々と棚上げのまま日々が過ぎていきました。 毎週末様子を見にいきますが、家事もこなしている…

  • 「自分の知っているコト」を知らない相手は立場が変われば自分自身

    「そう言えばさ、キャベツの花って、菜の花そっくりなんだよ!」 サラダのキャベツを見て、急に思い出した様子の二男。日課のランニング中に見かけたのだそう。 ランニングできるほど体調は回復して一安心ですが、今春は残念ながらサクラ散り、ただいま浪人生。 www.honsaki.com 近頃は、反抗するよりも「この際、親でもいいから会話したい!」と思うほど、人との交流に飢えている模様です。 キャベツの花を知っているのはあたり前? サリーとアンの課題 立場が変われば自分自身 キャベツの花を知っているのはあたり前? 私「そうだね~そっくりだよね~。」と言葉を選びつつ、一瞬頭をよぎったのです。 (え?それって…

  • 離層

    季節はすっかり春。良く晴れた日、道端では綿毛を飛ばそうと、タンポポが背伸びしている。 より遠く、新しい良き地へ種が届くように、心地よい風に併せて、ふ~っと息を吹きかける。 旅立つ綿毛は希望に胸膨らませているよう。そして、見送るタンポポに自分を重ねて、嬉しい様な寂しい様な思いを繰り返す。 葉や果実が植物体から離れる時、そこには「離層」ができているのだそうだ。 若い葉や実を無理にちぎれば、傷口ができるけれど、枯れ葉や熟した種子は、かすかな風にもポトリと落ちる。 どちらも無傷でいられるのは、離層がきちんと形成され、離れる準備が整っているから。 タンポポの綿毛が、軽やかに、ふわりと飛んだならば、十分に…

  • 祝卒業!希望を込めて「光」を選ぶ~back number「水平線」

    暖かくなる予報が外れてずい分肌寒かった3月1日、次男の高校の卒業式でした。 正直、どうなることかと思っていたのです。 オミクロン株の流行も、次男本人の体調面も、「無事に卒業式を迎えることができたなんて夢のよう。」と思うほど。 www.honsaki.com 簡略化された式での挨拶の中で、幾度も幾度もその言葉が出ます。 「思いもよらなかった、新型コロナウイルス感染症の流行」 学校にも慣れて、受験はちょっと先で、「高校2年生が一番楽しいかも!楽しみ!」なんて言っていた1年生の春、突然の休校。 文化祭、体育祭、修学旅行・・あらゆる学校行事が中止になり、部活も、友達と遊びに行くことも自粛を求められ、昼…

  • 過去の自分に手を差し伸べるように自分のために寄付をする

    遠い国の子どもたちへの寄付を求めるリーフレットが目に留まった。 欲しくて欲しくて迷った末、思い切って注文したCDが届き、包みを開けた中に、それは入っていた。 何かのご縁のような気がして、「今、寄付するタイミングなのかもしれない」なんて思って、その団体のホームページを見る。 とても素敵な活動だと思った。わずかながら、参加するのもイイかもしれない。 けれど、ふと、思った。 今、私が誰かに寄付するタイミングなのかもしれないけれど、ただ、まずは、もっと身近な誰かへ、私が、今心から助けたい誰かへ届く、小さな一歩から始めたい。 「寄付しよう」という気持ちを、私はどこへ届けたいだろうか。 寄付先の情報を探す…

  • 親戚の「似非セカンドオピニオン」に苦労する

    親戚というものは、時に有り難く、時に厄介。そして、私個人の独断と偏見で申しますと、特に厄介な方々は、次の3パターン。 ①何らかの宗教を熱心に信仰している②身近に教育者(教師など)がいる③身近に医者や看護師がいる 「学校の先生やお医者さんが親戚にいると、厄介なのよね~」ではありません。本人ではなく、「身近にいる人」です。 さて、出だしからピリピリしていますが、今回はほぼ愚痴を吐き出し、己のストレスを発散するための記事になります。 「そんな記事、読む気分じゃない」という方は、また次の機会にご訪問くださいね<(_ _)> もの忘れ外来受診の後 親戚の口出し1「今は認知症の薬があるハズ」 親戚の口出し…

  • 良いことをしたつもりがそうでもなくてちょっと凹みました

    良いことをしたつもりだったのです。それが裏目に出ると、何もしなかったより凹む気がします。 あるゴミの日のことでした お節介するならしまいまで おまけ:カラス対策はネットが一番 あるゴミの日のことでした たまたまその「燃えるゴミの日」は仕事が休みだったのです。 いつも、出勤前にバタバタとゴミ出しするところ、気持ちに余裕を持って、カラス避けのネットもかけました。 そして、お隣を見ると…。あぁ、アイツにやられてしまっています。 少し前まで、隣の丁目を荒らしていたカラスたち。最近この辺りを狙っているのです。 カラスがつついて破れた後、今度はネコが更に散らかします。お隣の家の前の道路はゴミだらけ。 そし…

  • 「もの忘れ外来」受診に付き添う~義母のヘソクリがありません③

    昨年末に「もの忘れ外来」を予約しようと電話をかけたのですが、年明けまで予約が取れない状況でした。きっかけは、義母のヘソクリがなくなってしまったこと。 www.honsaki.com ヘソクリなので、義父に隠れてコソコソ探すも、捜索は難航。 始めは「もしかすると、泥棒??」という思いもありましたが、どうも、義母のもの忘れが原因のようです。 www.honsaki.com 「もの忘れ外来」を探す&予約する 「もの忘れ外来」を受診する 「脳トレ」もいいけど、楽しいコトをする 「もの忘れ外来」を探す&予約する 「もの忘れ外来」の受診を勧めるのは、正直気が引けたのです。一応、義理の(いわゆる嫁の)立場で…

  • 高校生の過敏性腸症候群が落ち着く&受験生の母は落ち着かない~高校生の息子の心療内科受診3

    明日はいよいよ大学入学共通テストです。 我が家の受験生は、緊張のあまり饒舌さが増し、にぎやかさに拍車がかかっています。 それにしても、どうにか無事に受験できそう。母としては、もう、今「受験生になれた」というだけで相当感慨深いです。 なにしろ、今年の夏頃はまだ「高校を続けること」が危ぶまれる程、体調不良に悩まされていたのです。 www.honsaki.com 幸いなことに、現在通院中の心療内科のおかげで、過敏性腸症候群はずい分落ち着き、担任のT先生始め、高校側の理解もいただき、 二男は「大学受験」を決断し、いよいよ本番を迎えます。 ※我が家のイチ体験談であり、様々なケースの中の一事例であることを…

  • アレコレ試したので何が功を奏しているのかわからない~高校生の体調不良にジタバタする

    高校2年生の頃から、体調を崩してしまった二男。早いもので、現在、受験生Σ(゚д゚lll) www.honsaki.com 少しでも体調改善に効果があるならと、2021年も、そりゃもう「『藁にも縋る』とはこのことか!」と思うほど、色々試しました。 そして、あるあるですが、現在「何が功を奏しているのかわからない」状態になっています。 つまり、これは「買ってよかった」と言うよりも、試し過ぎた悪い例の記事ですね。 【注】症状の変化と商品等の因果関係など、記事内全て我が家のイチ体験談であり、個人の感想です。効果等を保証するものではありませんので、ご了解の上、ご覧ください。 BCAA(アミノ酸)とか亜鉛と…

  • 聞いてほしい話しがあるから土産話も持っていく

    この年末年始は、実家へ顔を出そうかな?と、計画されている方も多いのではないでしょうか? 久しぶりに顔を合わせる機会、「せっかくなので、気になるアレコレ話しておかなくては!」という気持ちになりますよね。 久しぶりに顔を合わせると、「親が何だかグッと老けたような気がして、焦ってしまった」というケースもあると思います。 何を隠そう、私も帰省するたびに、親の老化を突きつけられるようで、ドキドキしていました。 www.honsaki.com 今のところ、自分たちだけで何とか暮らしていられるけれど、この先、もっと年齢を重ねたらどうする? 万一の時、どうしてほしい?兄妹の誰がどうする? 大切な話、しておかな…

  • 再捜索延期&ヘソクる義母には理由があって~義母のヘソクリがありません②

    義母がコツコツ溜めたヘソクリが無くなるという、怖い事件が発生しました。 www.honsaki.com その続きです。 再捜索は一旦延期 ヘソクる義母には理由がある 作戦を練り直す 再捜索は一旦延期 前記事をUPした後の週末、再捜索のため夫と義実家へ。 押入れの布団も全部引っ張り出したけれど、見つかりません。 これは、やっぱり、義母が「絶対にココにはないわよ」と言い張るキッチンが怪しいかも!?義母を説得して、キッチンを捜索します。 それにしても、他の部屋と同じく(いや、それ以上に)キッチンはモノが多い。 作りつけの食器棚と収納庫があるのに、更に食器棚、食品庫、レンジ台(兼収納庫)おまけに電話台…

  • きつかったけれど楽でした~「台所育じい」の成果

    久々に、寝込みました。春でもないのに、目の前がぐるぐる…。 www.honsaki.com 最近、天候不順でしたよね。暑かったり、急に寒かったり、ドサッと雨が降ったり。 そんな中、ちょっと、張り切って無理し過ぎたようで…。 www.honsaki.com 朝早い夫と、夜遅い息子に付き合っているうちに、私だけ睡眠不足が積もり積もっていたのかもしれません。 仕事が終わって、ホッとしたとたん、ぐるぐるぐるぐる 常備していた薬を飲んで、休んでいても一向に改善せず。 「これは、マズい。夕飯どうしよう…」と思っていたら、二男帰宅。 「それなら、作るから。何が(材料)あるの?」 材料を確かめ、スマホでパパッ…

  • 義母のヘソクリがありません〜泥棒?認知症?どちらでも怖い

    我が家にとって色々な意味で怖い事件が起こったのです。 義母のヘソクリがありません 泥棒?認知症?どちらでも怖い 年齢を重ねたらヘソクリも考えよう 義母のヘソクリがありません 比較的近所に住んでいる義両親の様子を見に、月に1回ほど顔を出しています。 昨年は「インフルエンザワクチンの予約ができない!」と大騒ぎ(←ただの勘違いでした)していましたが、先日「どうでした?」と聞いてみると、今年は無事に接種できた様子。 「はぁ、よかった~」と思っていたら、義父が席を外した時に、義母からコッソリと衝撃の告白が! 義母「あのねぇ・・お父さん(義父)には内緒なんだけど、お金とか、通帳とか入れてた、アレ(←ポーチ…

  • 「頼れるパート」になりたいけれど「都合のいいパート」にはなりたくない

    最近、こんなことを、ふと思ってしまうのです。 「頼れるパートのおばちゃん」にはなりたいけれど、「都合のいいパートのおばちゃん」にはなりたくないな。 働くならば「頼れるパート」を目指す 「都合のいいパート」扱い疑惑 「頑張るけれど、うるさいパート」になってます 働くならば「頼れるパート」を目指す 今まで、いくつかの職場で「パートタイマー」として働いてきました。 子育てや介護、取り巻く家族の状況、自身の体調など、その時々に、パートという働き方を選択する理由がありました。 勤務形態はパートでも、仕事ができることは嬉しい。それぞれの場所で、出来る限りベストを尽くしてきたつもり。 勤務形態に関わらず、「…

  • 高校生の二男とケンカして反省中の母のつぶやき

    朝っぱらから、高校生の二男とケンカをした母です。 きっかけは些細なコトだったのですけど、ええ、もう、普段から色々とイライラが溜まっていたのです。お互いにね。 相手はデリケートな時期の受験生。朝、家を出る時は、お互い気持ちよく。 わかってはいるのです。普段気をつけていたのですが、つい。 それでも、ドラマ「空飛ぶ広報室」のセリフにもありました、「どんなにケンカしても、見送る方も、見送られる方も笑顔で」と。 だから、普段通り「いってらっしゃい」と見送ると、ブスッとしつつも、一応「いってきますっ」とちっさい声で言ってました。 は~。大体、何なのよアノ態度はさ。 家事を一通り片付けて、久々にパソコンの前…

  • 10年前のコースターを使い始める~大槌刺し子

    ちょっとしたモノも、処分するタイミングに悩みます。 貧乏性なので、決定的に「壊れる」とか「破ける」とかしない限りなかなか処分を決意できない。 そんな心情も手伝って、妙に物持ちが良いのです。 鍋もフライパンも、あのコップもお皿も、独身時代から使い続けているチープなモノが、バリバリ現役だったりします(夫より付き合いが長い)。 こんなに長く使うのなら、最初にある程度イイモノを買っておけばよかったのかな?なんて、毎度毎度思ってしまう。 毎日のようにコーヒーカップを置くコースターも然り。 布製の、ホームセンターでふと目に留まって気軽に買ったモノを、洗濯を繰り返し、何年も使い続けていました。 多分、色あせ…

  • 実家の片付けは自分の荷物の処分から~義実家はモノがあふれてる

    「実家(義実家)に行くと、いつもスッキリ片付いている。」そんな方もいらっしゃるのでしょう。あぁ、なんて羨ましい! 義実家はモノがあふれているのです。 私が結婚した25年ほど前もそうでしたが、歳を重ねるにつれ、義両親の体力も落ち、年々ひどくなっていきます。 ちなみに、義両親の名誉のために付け加えますと、私の、亡き両親の方が、数段ひどかったですけどね! モノがあふれる理由は「捨てられない」「広い」 モノを捨てられない 実家は広い 「何とかしなきゃ」と言うものの 手始めに自分の荷物を処分する モノがあふれる理由は「捨てられない」「広い」 義実家は冷蔵庫もあふれています。特に納豆!! www.hons…

  • 「10の質問」を答えて10年を思う

    重たい記事の次の記事は、何を書くか迷うのですが、そんな時、はてなブログの「お題」助かりますよね。 何と、今回は「はてなブログ10周年特別お題」そのうちの一つ「10の質問」に答えてみます。 「はてなブロガーに10の質問」 ブログ名もしくはハンドルネームの由来は? はてなブログを始めたきっかけは? 自分で書いたお気に入りの1記事はある?あるならどんな記事? ブログを書きたくなるのはどんなとき? 下書きに保存された記事は何記事? あるならどんなテーマの記事? 自分の記事を読み返すことはある? 好きなはてなブロガーは? はてなブログに一言メッセージを伝えるなら? 10年前は何してた? この10年を一言…

  • 悲しみ下手

    ※タイトルから推測されるとおり、暗い内容なのでご注意くださいね。 そんなことに上手も下手もないのだろうけれど、私は「悲しむことが下手なんじゃないか?」と、ふと思いついた。 それが、なんだかしっくりくる気がする。 他人と比べることでもないのだろうけれど、私は、その時生まれた「悲しみ」が、あまり変わらず静かに心に沈んだままだ。 悲しみに打ちひしがれ、取り乱し、やがて徐々に上向いていく人達と違って。 他の人が、「私からはそう見えるだけ」なのかもしれないし、別に「他の人より私は辛いの」なんて言いたいわけじゃなく。 私は、近頃、悲しみ下手のせいで沈んだままの「悲しみ」を、連なる思いを、懺悔のように、無性…

  • ツーブロックは「好ましい」のかと思ってた~子どもの校則に疎いのは母譲り

    高校生の二男が、ちょいとふてくされて帰ってきました。 服装点検で「ツーブロックだ!」と注意を受けたらしいです。(まあ、今回は「注意だけ」ですが。) 髪型についての高校の校則 ツーブロックは「好ましい」のかと思ってた 子どもの校則に疎いのは母譲り 髪型についての高校の校則 「あれれ?しばらく同じ髪型ですけど??」と本人も私も思ったのです。いつもの美容室で、いつもの髪型にしたのですが…?? ツーブロックを改めて調べたけれど、その定義は難しいですね。モヒカンも、某「ミサイルぶっぱなす国」の上の人もツーブロックと言えばツーブロック。 これ(二男の髪)も、「ツーブロックだ!」と言われれば、違うとは言い切…

  • 子どもの頃、月の光は青かった

    今、50代なので、もう40年ほど前、「月の光は青かった」と思うのです。 それが「良い・悪い」ではなく、「昔は良かった」なんて言いたいのではなく。 残念なお天気に中秋の名月 子どもの頃、月の光は青かった ドビュッシー「月の光」 残念なお天気に中秋の名月 今年(2021年9月21日)は、中秋の名月。その名月が「満月」ということで、ニュースにもなっていましたね。 中秋とは、旧暦(太陰太陽暦)での8月15日。つまり暦の上での「秋」の真ん中。月の軌道の関係などから、必ずしも満月とは限らないそうです。 楽しみにしていたのですが、こちらは、よりによって、夕方から生憎の雨でした。 21日は、祝日の合間というこ…

  • 発達凸凹長男の「開国」の謎について考える~漫画とバイトとレディネス(readiness)

    幼い頃から超マイペースで、自分の世界に入っていることが好きだった発達凸凹の長男(現在大学4年生)。 就活を機にその鎖国を解き、家族はびっくり!もちろん就活というきっかけがあったのですが、突然の「開国」の背景には、どうやら「漫画」と「アルバイト」があったらしいのです。 www.honsaki.com とある「漫画」のひとこと 「アルバイト」で鍛えられる 「開国」のレディネス とある「漫画」のひとこと 就活がきっかけとはいえ、あまりの変わり様。しかもリア充(彼女ができた)ではない。 そもそも、就活に積極的になったのも、親からすると「急に」という印象です。 大学3年の冬頃、周囲から何かと就活の雰囲気…

  • 何を選ぶかで自分が決まる~「幸せな人」になる選択をする

    「大きくなったら何になりたい?」 子どもの頃のお決まりの質問に、優等生の私は「教師」だの「研究者」だの、いかにも大人ウケしそうな答えで返し、やり過ごしていた。 けれど、色々としんどい思いを抱えていた私の本当の答えは、「幸せな人になりたい」だった。 ハリーの寮がグリフィンドールに決まった理由 幸せな人になれる気がしない 何を選ぶかで自分が決まる ハリーの寮がグリフィンドールに決まった理由 突然だけど、大好きなハリーポッターシリーズの第2巻「秘密の部屋」。 悪の中の悪ヴォルデモートとの対決にハラハラドキドキした後の、校長室でのやり取りに、私はハッとさせられた。(少しネタバレあり。) ダンブルドア校…

  • 髪を抜いていた子どもの頃を思い出してみる~自傷行為する側の気持ちと大人の「良くない対応」の一例

    自傷行為の一種である「抜毛症」。私が自分の髪を抜き始めたのは、小学校高学年の頃でした。 先日、ある動画を拝見し、その頃の自分と、周りの大人の対応を思い出していました。 今回は、決して恨みつらみではなく、あまり「良くない対応」の一例として、私が体験したことを書いています。 大切なのは「気付き」と「受容」と「お節介」 髪を抜いていた子どもの頃を思い出してみる 周囲の大人の対応 中学の担任の対応 母の対応 やめさせようとする前に 大切なのは「気付き」と「受容」と「お節介」 以前もご紹介した、精神科医肉qさんのYouTube。 先日アップされた「【子供の自殺】新学期前!子供を自殺から守るためにできるこ…

  • 「捨て荷」という考え方で悔しさを乗り越える~相続問題で大切にしたコト

    母が他界して3年後、父がこの世を去り、僅かではあったけれど、遺してくれた不動産と預貯金の相続問題が発生した。 相続のややこしさは、「遺産の金額よりも遺族間の人間関係によるところが大きい」と、私は実感している。 www.honsaki.com もう4年ほど前に解決済みの遺産相続では、今までの家族関係を振り返らざるを得ず、怒りや、憎しみや、悔しさが蘇る苦しいモノだった。 長兄は、第一子として、長男として、厳しくしつけられたのかもしれない。プレッシャーが辛かったのかもしれない。 それでも、妹たちを虐待し続け、貧しい中でも最優先で習い事もモノも与えられ、親の期待を受け、浪人も留年も許され、上手くいかな…

  • 「血のつながり」という理不尽~切ることのできない縁

    今記事は重い話になります。気の進まない方は、次回、また是非ご訪問くださいね。 ハートの健康のためにも「辛いニュースにばかり目を奪われないようにしよう」と思っているのだけれど、イヤなニュースが目に付く。 小学1年生の女の子は、小学校初めての夏休みに、実の兄に殴り殺されたのだという。 www.iza.ne.jp 「ネグレクトの親が悪い」とか、「兄はヤングケアラー?」とか、兄も可哀想といった風の意見もあるけれど、 この女の子は、約100カ所の皮下出血の痕があり、内臓の一部が破裂していたのだそうだ。 自分の境遇が辛いからといって、「つい暴力をふるってしまった」なんて範疇を超えている。 私は、ただひたす…

  • 父と見た景色

    その日が何年で、何日だったのかということは、正確に覚えていない。 お盆が近づく、ある暑かった日の夕方。小学生高学年くらいの私は、父と家の裏庭にいた。 父と何か庭仕事をしていたのだけど、家の中からテレビの音が聞こえてきた。 「今年で、戦後3△年になります。今年の終戦の日は・・・」 父が手を止め、立ち上がり、大きく伸びをしたので、私も一緒になって、伸びをした。 山が近かったので、小高い裏庭は既に陰っていたけれど、東側に遠く見える街並みは、まだ強い日差しを浴びて白く光っている。 そういえば、そのコントラストが妙に好きで、その時間帯のその場所からの眺めが、私は結構好きだった。 隣の父の顔を覗き込むと、…

  • 「夏休み」と言えば~憂うつな三者面談&自由研究おススメYouTube

    本格的な夏がやってきました。まだまだ先は長いのに、暑くて既にバテバテです。 夏と言うことは、やってきますね。子ども達の「夏休み」。そして、夏休みと言えば宿題(&毎日の昼ご飯(-_-;))。 親は丸つけもあってなかなか疲れたし、自由研究も付き合うのが大変だったな~(しみじみ)。 でも、今や長男は大学生。下の子は、もう高校3年生=受験生。夏休みで、真っ先に気が重いのは、三者面談でございますよ。 三者面談がちょっと憂うつ 自由研究おススメYouTube 「鬼十則」は中高生にも読ませたい 三者面談がちょっと憂うつ ずっと体調を崩していた二男。通院しながら、なんとか通常通り登校できるようになってきました…

  • 「就活生の親」初体験中~発達凸凹子育てのゴールはもうすぐ!?

    隣県で1人暮らし中の大学生の長男。 4月には、どうやら無事に4年生になった模様です。(肝心なコトは連絡してこないのですよ!) 大学4年生と言えば…そう、ついにやってきました。発達凸凹の長男について、最も心配していたコト。「就職活動」です。 発達凸凹長男が鎖国を解いた 突然のイメチェン 鎖国を解いた 就活が今どき過ぎて話が分からん 子育てに「ゴールはない」と言うけれど 発達凸凹長男が鎖国を解いた 突然のイメチェン 異変は年末年始に感じていたのです。 アルバイトも順調そうで、一安心だな~と思っていた昨年末、 www.honsaki.com 帰省してきた長男の姿を見て、父も母も弟も、思わず「え?どう…

  • 診察を2回受けて転院を決める~高校生の息子の心療内科受診2

    高校3年生になり、登校できない日が続いていた二男。 最初に受診した心療内科の医師の対応は、納得のいかないものでした。 www.honsaki.com 私は、迷った末、診察を2回受けただけで、転院を決意しました。 ※我が家のイチ体験談であり、様々なケースの中の一事例であることをご了解の上、ご覧ください。 合わないなと感じた理由 書かれている症状と現状が違う気がする 症状の聞き取りが不十分、症状の説明も不十分 転院を決意した理由 公共の相談窓口を利用する 合わないなと感じた理由 その心療内科の医師は、私の感覚では「最悪」と思われたのですが、「優しい」「いい先生だった」という意見があるのも事実です。…

  • またしても弁護士さがし~弁護士事務所の無料相談を活用するコツ

    弁護士にお願いしなければならないことが発生(相続関係)。 前回お世話になったY弁護士にお願いすることも考えましたが、Y弁護士の考え方、話の進め方は大体想像できる。 www.honsaki.com 違う視点、新しい考え方にも触れ、別の解決策も探れないかという思いもあり、またしても、弁護士さがしをすることにしたのでした。 ☆依頼目的によっては、参考にならない場合もありますので、ご了承ください。 複数の弁護士事務所をはしごする 無料相談を活用するコツ 1.事前準備しておく 2.相談時は主導権を握る 最後の決め手は「話しやすさ」 複数の弁護士事務所をはしごする 普通の主婦が弁護士に依頼するなんてのは、…

  • 高校生の息子の心療内科受診~初めての心療内科は医師との相性が最悪だった

    昨年から調子の悪かった二男も、いよいよ高校3年生。高校3年生と言えば、それまで以上に相当なストレスにさらされる時期ですよね。 進級してから、さらに体調が悪化してしまい、心療内科を受診することになりました。 www.honsaki.com 過敏性腸症候群+朝起きられない→不登校 心療内科受診は心の敷居が高い 初めての心療内科は医師との相性が最悪 医師の良し悪しは受診してみないとわからない 過敏性腸症候群+朝起きられない→不登校 過敏性腸症候群もなかなか改善しないまま、だましだまし(コロナ騒ぎで休校も多かった)何とか通学していたのですが、4月以降、今度は、頭重感や強い倦怠感に悩まされ始めました。 …

  • ありがたい念仏馬は迷惑よ~「唱える」宗教の自由「浴びない」宗教の自由

    私は、つまり「馬」なのです。 【馬の耳に念仏】 馬にありがたい念仏を聞かせても無駄である。いくら意見をしても全く効き目のないことのたとえ。 (引用:goo 辞書) 「馬の耳に念仏」を馬側で体験する 「唱える」宗教の自由「念仏を浴びない」宗教の自由 ママ友からの宗教の勧誘をようやく断る 「馬の耳に念仏」を馬側で体験する 朝は5時過ぎに起きます。(早起きは苦手です(ノД`))6時ごろになると、どこからともなく低い耳障りな音が響いてきます。 時には昼。夜の11時なんて日も。始まると、1時間近く続く不気味な音・・・ 実は、お隣のご主人が、大きな声で念仏を唱えているのでした。 低音ボイスの美声が過ぎて、…

  • コタローは1人暮らし~まず逃げて、助けを求める

    土曜よる11:30~のドラマ「コタローは一人暮らし」(テレビ朝日)を見ています。 遅い時間なので、TVer(ティーバー)を利用しています。 「コタローは1人暮らし」ドラマ版を見ています 1人で頑張るコタローと周りの大人との関係がイイ まず逃げて、助けを求める 「コタローは1人暮らし」ドラマ版を見ています 原作の漫画を少し読んだことがあり、興味深い内容だったのでスタートから楽しみにしていました。 www.tv-asahi.co.jp 30分番組、ほどよい長さ。毎回、面白いんだけど、泣かせにきます。 おばさんになると、動物と子どもは無条件に泣けるとはいえ、5歳のコタロー、訳ありすぎです。 子役の子…

  • 辛い時にSOSを出す何かがあればと思った話&おススメYouTuberのご紹介

    今記事は重い内容を含みますので、「今日はそんな気分じゃない」という方は、ハートが元気な時に、またご訪問くださいね。 知人のお子さんの自殺を知る SOSが出せなくて抜毛症を抱える YouTuberは「へっぽこ(←自称)精神科医」肉q先生 知人のお子さんの自殺を知る その知らせを聞いて、もうすぐ1年になります。 当時大学4年生。1人暮らしをしていた彼女は、長男の中学校の同級生。私は、PTAなどで、彼女のお母さんとそこそこに交流がありました。 優秀で可愛らしい彼女は、ここいらでは最難関の高校へ進学し、現役で国立大学に合格。 勉強熱心で、有意義に大学生活を送っているようだと、お会いした時に、お母さんが…

  • 実生活が慌ただし過ぎてブログ界では引きこもり中

    タイトルどおりでございます。 前記事がブルー過ぎて コロナワクチンでドタバタ 忙しいのはいいことかも 前記事がブルー過ぎて 何にもない時は何にもないのに、どうしてこうも色々重なるんでしょう。 前回の記事が、かなりブルーな内容だったので(すみません)、今ブログ界で引きこもったら 「ほんさき、ブログやめたってよ 」「もしかして、落ち込んでる?メンタルまずい??」 なんて思われやしないかと気になりつつ、私生活でパソコンに向かう余裕ゼロでした。 さすがに、5月1度も更新しないのは、自分自身のブログ継続モチベーション的に相当マズい! 久々の休みにパソコンに向かうものの、何しろ前記事ブルー過ぎて、あぁ、も…

  • 会いたい人に会うことにする

    彼女との別れは、もう少し先のことだと思っていた。 「『久しぶり~』とLINEでもしようか」と思いついたのに、「あのことも一緒に書こう」と考え直し、2日後に送ろうなんて思ってしまった。 「久しぶり~」だけでも送ればよかった。 私がLINEしたとしても、その運命が変わったわけではないのだけれど、なんとなく、そんなことをグルグルと考えている。 最近では、ごくたまに連絡するだけだったから、黒い服を脱ぐと、怖いくらい今まで通りの日常が訪れる。 いつものように仕事をして、家事をして、いつも通りモリモリ食べるし、ぐっすり眠るし、ニコニコ笑っている。 彼女がもう存在していなくて、どうしたって会えないことを、私…

  • 近頃の高齢者は承認欲求が満たされにくいと思う~義父との付き合い方を考える【後編】

    実際に「得する」こと以上に、「『得した♡』という快感」が病みつきになり、お買い得品を持て余すほど買い込んでしまう「お得依存症」。(注)私が勝手に命名しました。正確な専門的な病名ではありません。 義父の状態がコレだとすると、「結局損してません?」と説得したところで効果があるとも思えず(買わないと快感を得られませんから)、義父との付き合い方をどうしたものか、模索中なのです。 www.honsaki.com 「お得依存症」かつ「損恐怖症」? 根底にあるものは「承認欲求」かもしれない 近頃の高齢者は承認欲求が満たされにくいと思う 義父との「これから」自分たちの「これから」 「お得依存症」かつ「損恐怖症…

  • 義父は「お得依存症」だと思う~義父との付き合い方を考える【前編】

    夫よ、私は料理に大根を使うけれども、大根を消費するためにご飯を作っているのではないのよ。 ついでにこの際言わせていただくけれど、私は、納豆を食べるために生きているのでもないのよ。 「もったいない」は義父に言いたまえ 義父の「お得好き」に振り回される 「お得好き」よりむしろ「お得依存症」 「もったいない」は義父に言いたまえ 「義実家では食べきれないから」と、大量の大根を引き受けて持ち帰ったのは仕方ない。 しかーし!「もっと大根を使わないと傷むじゃん。もったいない」とか言われたくないですわ。 「義実家では食べきれないから」と、大量の賞味期限ギリギリ納豆を引き受けて持ち帰ったのも、まあ、仕方ない。 …

  • 「どうしたらいい?」の答えは「『どう』であることを『良し』とするか?」で違う~終わりの迎え方に正解はない

    医療系の資格など何もない、ただの事務職員なのだけれど、病院に務めていると、家族から医者扱いされてしまうことがよくある。 義実家に行くと、「私は往診に来たのか?」というくらい義母が話し出す。「脇腹が痛いんだけど打ったせい?病気?」とか「この変に昨日からブツブツがある」とかとか・・・ 私は医者ではないし、仮に医者でもわかりませんっ。と思いつつ、「気になるなら病院に行ってくださいね。」と返す。 この間は義父までやってきて、「コロナワクチンはどうなってる?大丈夫なのか?いつ打てるんだ?」なぜ、それを、私に問うのだーー!こっちが知りたいわ!! そして、医療や介護の仕事に就いている人アルアルだと思うけれど…

  • 認知症になることは「子どもに帰る」ことではない~さだまさし「療養所(サナトリウム)」と認知症病棟の思い出6

    ※本文中青太字は、さだまさし「療養所(サナトリウム)」の歌詩を引用しています。 私が子どもの頃(大体40年程前)は、よく言われていた。「人は歳をとると、子どもに帰る」と。 自分が年寄りになるなんてイメージできるわけもなく、近所のお年寄りや自分の祖母を思い浮かべながら、「子どもになっちゃうんだな~」と思っていた。 そんな小学生の頃、さだまさしさんの「療養所(サナトリウム)」を耳にした。彼は、こう歌っていた。 歳と共に誰もが子供に帰ってゆくと人は云うけれどそれは多分嘘だ 認知症になることは「子どもに帰る」ことではない Y子さんの笑顔 さだまさし「療養所(サナトリウム)」 認知症になることは「子ども…

  • ミッションはインポッシブル?~義実家のプレミアム付商品券を使いきれ!

    購入価格よりもお得に使えるといった特典のある「プレミアム付商品券」。今年度(2020年度)も、全国あちこちで発行されたようですね。 義実家の地域の商工会でも発行され、「お得」が大好きな義父が張り切って購入。これに、息子夫婦である我が家は巻き込まれたのでした。(半分愚痴でございます。) ミッション:義実家のプレミアム付商品券を使いきれ! 義両親のケンカの原因は「プレミアム付商品券」? かっこつけて商品券を買い取る夫 ミッションはインポッシブル? お米と本でミッションクリア! ミッション:義実家のプレミアム付商品券を使いきれ! 義両親のケンカの原因は「プレミアム付商品券」? 割と近所に住んでいる義…

  • 姓名判断に売られたケンカを買うことにする~占いの類は都合よく使う主義

    占いの類は気にしない主義です。 「信じないタイプです。」と書こうとしたのだけど、目に入ると気持ちの片隅に引っかかるあたり、「信じちゃってる人」に入るのかもな?なんて思ってしまったので「主義」ってことで。 子どもの名前は気になるもの 「大凶」の名前を持つ女 売られたケンカは買うことにした 子どもの名前は気になるもの なんだかんだ言っても気にしてしまうと嫌なので、基本的に目に入らないようにしているのです。 それが、たまたま開いたニュースアプリに、「名前の中に『〇』が入っているとイイ!」なんて記事がありまして、二男の名前の中に、その『〇』が入っているものですから、つい見てしまったのです。 「イイ!」…

  • 同じ時代を生きている人を仲間のように感じた1年

    コロナで世間が一変してしまった、この1年。実生活では、そこまで大きな変化を感じていません。 夫婦とも「在宅勤務」は不可能な仕事。もともと外食もお出かけも少なかったので、休日のステイホームもいつものこと。 高校生がしばらく休校だったことと、少しでも体調に変化があれば休まなければならないこと、 大学生がオンライン授業らしいことと、気楽に帰省させられなくなって、不安が常に頭の中にあることは、大きな変化ではありますが。 生活は変わらずとも、気持ちの面では変化を感じています。 「世間」を身近に感じた1年 さだまさし「道化師のソネット」 同じ時代を生きる仲間のよう 「世間」を身近に感じた1年 どことなく、…

  • 久しぶりにブログをアレコレする~自動広告をオフ&サブブログにチャレンジ

    久しぶりにブログをアレコレしてみよう!と思い立ったのです。いまだによく理解できていないくせに。 煩わしさが気になっていた「アドセンス自動広告」を何とかしたかったし、今より、もう少し軽く書ける場も欲しいかな~とサブブログに興味が出てしまって。 そんな風に、いつも勢いで手を付けて、「あぁ~ブログを書く時間も、読む時間もなくなったじゃんっ!」と、ドツボにはまるのです。 「アドセンス自動広告」が思いの外煩わしい 再び自動オフに&「記事内広告」を「見出し上」に設置 独自ドメインでサブブログを作ってみる 「アドセンス自動広告」が思いの外煩わしい グーグルアドセンスに合格して浮かれていた頃は、まだシリアスな…

  • 雑談用の小ネタ探しで気持ちが少し明るくなる~苦手対策の思わぬ副産物

    「雑談は苦手だわ~」と、内心では思っているのです。 保護者会とか、自治会の集まりとかでの「やらなきゃいけないコト」以外の隙間時間は、「時の経つのが、まぁなんて遅いんでしょう(-_-;)」なんて思っているのです。 とはいえ、アラフィフともなれば話のネタは積み重なり、苦手なりにも何とかこなせるようになってきました。 そう言えば、先日、数年ぶりに連絡をくれた彼女と同じ職場にいた頃、 www.honsaki.com 意識して雑談用の小ネタを集め始め、思わぬ副産物にも気付いたのでした。 ピリピリ職場とブルーな私 小ネタを探してストックする日々 苦手対策の思わぬ副産物 ピリピリ職場とブルーな私 母が他界し…

  • 高校生二男はとっくに親離れ、母は親バカ炸裂中

    来年(2022年)の春から、「成人」は18歳以上。 なんと、高校生の二男は「2022年4月1日」に成人を迎えますΣ(・ω・ノ)ノ!(2002年4月2日生まれ~2004年4月1日生まれは、皆一斉にその日に「成人」。) あらまぁ。制度上とはいえ、二男が「未成年」なのは、あと1年ちょっとなのだわ。 親からみれば、いつまでたっても子どもは子どもなので、何かと心配が絶えないのですが、何かある度に、意外と親離れしている様を見せられて、ちょっと寂しい思いをするのです。 過敏性腸症候群は一進一退で焦りが募る 二男はとっくに親離れ!? 親バカ炸裂中 過敏性腸症候群は一進一退で焦りが募る 今秋から続く二男の過敏性…

  • 引っ込み思案が顔を出す~変われなくてもよしと思う

    「私、実は『引っ込み思案』なんです。」なんて、うっかり言おうものなら、 「はぁ?誰が?ほんさきさんが??それはないでしょー(笑)」と一蹴される。 でも、意外とそうでもないのだ。そして、性格の根っこの部分は、どうしたって変われないのかな~と思う。 数年ぶりに連絡をもらう 「仲間に入れて」と言えない子ども 引っ込み思案が顔を出す 変われなくてもよしと思う 数年ぶりに連絡をもらう 懐かしい人から連絡をもらった。実に数年ぶりのLINE。 いくつか前の職場で同僚だった彼女は、協力し合える、冗談も言い合えるありがたい仲間だった。お互いに転職し、やがて交流は途絶えた。 「久しぶり(^-^)どうしてるかな~?…

  • 話の筋より話している「時間」を楽しむ~落語は楽しめても義両親相手の時は忍耐が要る

    夫は臨場感たっぷりに話す。身振り手振り添えで。 私は、結論をバンと言ってから、ちょこっと説明する。時と場合と内容によるけれど。 私は、大抵、夫の話が盛り上がっている最中に、「『結局何を伝えたいか』を先に言ってくれない(怒)!?」と、水を差してしまう。 そして、前々からわかってはいたけれど、このサービス精神旺盛な話術は、義両親から夫へ受け継がれたもの。つまり、義両親の話は長い。 「タイガー&ドラゴン」落語青春グラフィティ 話の筋より話している「時間」を楽しむ 義両親の長話はキリもなければオチもない 「タイガー&ドラゴン」落語青春グラフィティ 懐かしいドラマ「タイガー&ドラゴン」を見ている途中。こ…

  • 「流行ってるのが嫌い」は「流行ってるから好き」と似ている~流行っていてもいなくてもMr.Children

    「 大きい 」と「 小さい 」は似ている。正反対だけど、似ているのだ。 「大きい」と「赤い」よりも、それは「大きさを表している」という点で。 大学の講義で耳にして、「おぉっ!」と衝撃を受け、記憶に残った。何を学ぶ講義だったのかは、全く思い出せないけれど。 「Mr.Childrenが嫌い」と言われて 判断基準は自分 Mr.Children「SOUNDTRACKS」 「Mr.Childrenが嫌い」と言われて Mr.Childrenの人気に火がついて、街中至る所から「innocent world」が聞こえていた頃、職場は東京だった。 渋谷の大きなビルに、でっかいポスターが掲示されていて、そのほんの…

  • 「生まれ変わったら何になりたい?」と酔っ払いに問われた忘年会~生まれ変われば叶うのか?

    だから酔っ払いはさぁ。アレなのよ。 こんなご時世で、飲み会が減ったことと酔っ払いを避けられることは、むしろ喜ばしいと思ってるよ。本当は、コロナ騒ぎなんてなくても、飲めない人は飲まなくて良くて、酔っ払いにからまれずに済む世の中だったら、なおよかったわ。 生まれ変わったら何になりたい? 生まれ変わったら叶うのか? 生まれ変わったらネコになりたい 生まれ変わったら何になりたい? 今年は、感染防止対策をしっかりされたお店で、忘年会。ゆっくり食事を楽しみ、お酒を無理に勧められることもないし、大騒ぎもなし。 何度も言うけれど、コロナなんてなくても、普段からこんな風に楽しみたいのだけどヽ(`Д´)ノ! それ…

  • ブログに影響を受けてパネトーネを買う~食レポは「ぬって焼いたらカレーパン」

    ブログを始めてからというもの、皆さんのブログに影響を受けて、結構アレコレ手を出すようになりました。新しいコトにチャレンジしてみるのは、なかなかに楽しいのです。 カルディでパネトーネを購入 ブログに影響を受けて現実を楽しむ 「ぬって焼いたらカレーパン」は手軽にカレーパン風を楽しめる カルディでパネトーネを購入 「パネトーネっておいしそう♡食べてみたい!」 と興味をそそられたのは、ロサンゼルス在住のオレンジ(id:mata1)さんの、こちらの記事。 mata1.hatenablog.com ※日本とは違う日常の風景や、不器用な私にはビックリ連続の器用なモノ作りの記事などなど、いつも楽く拝読していま…

  • ラッキーを手に入れる

    頂き物の多くなる季節です。公私ともに。 先日は、夫が、職場に届いたお歳暮の分け前(ビール)を持ち帰ってくれたので、ありがた~く二人でいただきました(*´艸`*) ラッキーエビス缶はテンションが上がる わけっこする時ちょこっとモヤる ラッキーを手に入れる ラッキーエビス缶はテンションが上がる 晩酌と言っても、ほんの一口しか飲めないくせに、ビールはサッポロが好きなのです。 そして、お歳暮で頂くと言えば、YEBISU♡(≧▽≦) エビスビールってだけで嬉しいのに、今年は、お中元とお歳暮のセットに、ラッキーエビス缶入りバージョンがありました。(誕生130周年記念です。) ラッキーエビスとは・・・通常は…

  • 孤独な母親には他人の優しさが身に沁みる~宅急便のおにいさんがくれたモノ

    それは、20年程前のこと。発達凸凹長男が2歳になろうかという頃の、ある夕暮れ。 孤独な母親だった頃 車&電車好きの長男 宅急便のおにいさんがくれたモノ 孤独な母親だった頃 「お子さんが病気の時、頼れる人がいないのでは、ちょっと…」と言われ、育児休業後の復帰は叶わなかった。 近所のコンビニのアルバイトの面接に行った時も同じことを言われたけれど、「まあ、そうだよね」と、その理由に自分でも納得してしまった。 あの頃、社会から「必要ない人」と言われていると勝手に思い込んで、心の奥は落ち込んでいた。 発達凸凹の長男は、当時まだ診断前。何となく感じる違和感を、母親である自分の育て方が悪いのだと抱え込み、自…

  • 好きな本やドラマを繰り返す理由~くたびれている時は慣れた「非現実」に浸る

    新しいドラマや、買ってきたばかりの本は、熱心に見たり読んだりした後、大抵「はぁ面白かった!」で終了なのですが、時折、何度も繰り返し見たり読んだりしたくなるドラマや本に出合います。 ストーリーはわかっているのに繰り返す 慣れた「非現実」に浸る 新しい出会いにはエネルギーがいる ストーリーはわかっているのに繰り返す 「『MIU404』を好きで、同じ話を2~3回見たりする人もいるんだってさ~(笑)」 と夫が話していたのですが、 実は「そんな人」が、正に、あなたの目の前にいますよ(;'∀')(しかも、7~8回は見てるなんて、とても言えない…) 横浜流星さんのピンク頭に夢中になり、「初めて恋をした日に読…

  • 変化を受け入れ合い過ごす:いい夫婦の日によせて~米津玄師「カナリヤ」

    そろそろ「いい夫婦の日」だな~と思ったのです。夫が、やっぱり花束を買って帰ったので(半ば付き合いで買わされている)。 しかしまぁ、世の女性のことは知らんけれども、あなたの妻である私という女はあまり花束を好まないということを、そろそろ覚えてくれてもいいんじゃないのかね? 銀婚式、目の前だよ! www.honsaki.com まぁ、私もそろそろ、「花束も嬉しいもんだね」くらい言ってもいいんじゃないのかね?とも思うけれども。 一緒が好きな夫とほっといてほしい妻 夫の思う「いい夫婦」私の思う「いい夫婦」 変わることを肯定する~ 米津玄師「カナリヤ」 一緒が好きな夫とほっといてほしい妻 常々思うに、私た…

  • お土産に頂いて美味しかった「薬味」のご紹介~柚子胡椒・花良治(けらじ)胡椒・生七味

    子どもの頃、いわゆる「鍋」を食べたことがなかったのです。家族が多すぎると、「皆で一つの鍋を囲む」なんてことは難しかったのかもしれません。 「おでん」も「寄せ鍋」も「すき焼き」も、大学生になって初体験だったので、目の前でグツグツされて、一体どのタイミングで食べるんだか、結構戸惑ったものでした。 そんなこんなで、今週のお題「鍋」を語るほど鍋料理に詳しくはないのですが、今回は鍋の名脇役「薬味」について、今までお土産に頂いて美味しかったものをご紹介したいと思います。 粒柚子胡椒(川津食品) 花良治(けらじ)胡椒 生七味( 久原本家 茅乃舎) おまけ:うどんのおだし(だし蔵) 粒柚子胡椒(川津食品) 実…

  • 「なんでもハラスメント」にうんざりしている~問題なのはパワーハラスメントだと思う

    きっと私は「ハラスメント」加害者になりやすいタイプ。そして、嫌がらせを受けても、黙って被害者でいるタイプではありません。 だから、このタイトルからして記事を読んで不快に感じる(=ハラスメントを受ける)可能性のある方は、自ら嫌がらせを受けにくる必要ないですよ。読む前に記事を閉じた方がイイです。 ハラスメントばかりでうんざりする ストーカーを避けたらハラスメント? 問題なのはパワーハラスメント ハラスメントばかりでうんざりする 「セクハラ」という言葉が登場した頃は、「なんて時代は進んだのだろう♡」と感動したものでした。 女性職員がほんのちょっとだった社会人1年生の頃は、服装から髪型から化粧にいたる…

  • 初バイトがコロナ禍のスーパーマーケット~発達凸凹長男のアルバイト

    「今月からアルバイトを始めることにしたよ~。」 近県で1人暮らし中の長男(大学生)から、内容の割にの~んびりしたLINEが届いたのは、2020年3月のことでした。 アルバイトのきっかけが見つからない 初バイトがコロナ禍のスーパーマーケット!? 予想に反してまさかの契約更新 アルバイトのきっかけが見つからない 「社会に出る前に、自分の力でお金を稼ぐ経験をさせたい。」と思っていたのです。親としては。 仕送りは結構ギリギリの額。必要経費を除くと、あまり残らないハズ。「あれもこれも買いたい。」「アレコレしてみたい。」と思えば、おのずとアルバイトしたくなるだろうと思っていたのです。 しかし、私はまだまだ…

  • 当てが外れた時に怒らない姿がカッコ良かった~病院受付おばちゃんの最近

    ここんとこ、文句言われてばっかりです。クリニックの受付で直接、そしてジャンジャンかかってくるお電話で。 インフルエンザ予防接種のお申込みが例年より早く、かつ多く、既に予約をお断りしているのです。 ワクチン卸の会社からは「『前年実績』は、なんとか確保できる予定です」の口約束のみ。 「高齢者無料」だの「優先」だのと、新提案が思いつきのように急に発表され、例年になく早い時期から予約申し込みが殺到し、予約数が「確保できるワクチンの数」に達してしまいました。 当てが外れて怒る人たち 受付は結構毎日怒られている 勝手に当てにしておいて外れると怒る ちょこっと怖いKさん 登場 いろいろ当てが外れる 当てが外…

  • 「朝飯前」が多すぎて朝ごはんを忘れる~思い浮かんだアレを思い出せないことが増えてきた

    あら、イヤだ。トシを取るって、いやぁねぇ( ゚∀゚)アハハ ってくらいの話です。 晴れの平日休みの朝は忙しい 思い浮かんだアレを思い出せないことが増えてきた 朝ごはんを食べることを忘れる 晴れの平日休みの朝は忙しい 天気予報で「気持ちのイイ秋晴れになるでしょう」なんて言われたら、 やることアレコレ考えて、まだ外が暗いうちから落ち着きません。 さらに「明日からは、お天気下り坂でしょう」が加わろうものならば、朝から大忙し間違いなしです。 お弁当を作りつつ、いつもの洗濯を洗濯機にお願いし、夫と二男に朝ご飯を食べさせ、お弁当持たせて、何とか無事に送り出し、洗濯物を干す。ここまでは、いつも通り。 平日休…

  • 傷付くことを肯定された気がした~米津玄師さん「STRAY SHEEP」インタビュー記事

    「傷付くことを肯定される」と言うのは、ちょっとおかしな表現かもしれないのですが。 米津玄師さん「STRAY SHEEP」インタビュー記事 傷付くことを肯定された気がした 「傷付くこと」「傷付けること」を恐れ過ぎずに生きる 米津玄師さん「STRAY SHEEP」インタビュー記事 いまだに繰り返し見ている金曜ドラマ「MIU404」の主題歌「感電」が収録されていることがきっかけだったのです。 加えて「アンナチュラル」の主題歌「Lemon」も、 「ノーサイドゲーム」の主題歌「馬と鹿」も、菅田将暉さんに提供した「まちがいさがし」も収録されてる! 「これは買うしかない!」と、久々にCDを購入したところすっ…

  • 高校生の息子が過敏性腸症候群と診断される~ストレスを減らすのは結構難しい

    中学生までは、幸いなことに、ほとんど病院にお世話になったことのなかった高校2年生の二男。 新型コロナウイルス対策の休校が明けた6月ごろから、少しずつ体調不良の訴えが増え、9月には、激しい腹痛で学校に行けない時期がありました。 腹痛で学校に行けなくなる 診断結果は過敏性腸症候群(IBS) ストレスを減らすのは結構難しい 何とか登校できるように 腹痛で学校に行けなくなる 6月頃から、頭痛やめまいで「朝なかなか起きられない」という日が、少しずつ増えていきました。起立性障害かな?と思いつつ、夏休み前には落ち着いたので一安心していたのです。 しかし、短い夏休みが終わった頃から、今度は、早く起きてくるもの…

  • 言葉の奥の思いをさぐる~認知症病棟の思い出5

    介護保険制度の生まれる前、まだ、認知症が「痴呆」と呼ばれていた頃、精神科の「老人性痴呆病棟」に勤務していた。 精神疾患で長期入院のまま高齢になった人のうち、症状が落ち着いている人も、認知症の人も、ひとくくりに「痴呆」としてその病棟で過ごしていた。 「殺してくれー」と叫ぶ人 「殺されるっ!助けてくれー」と叫ばれて 「白いアンティークのソファー」の奥にある思い 言葉の奥の思いをさぐる 「殺してくれー」と叫ぶ人 全くの未経験で介護の仕事に飛び込んだ初日、ドキドキしながら病棟の扉を入ると、「殺してくれー!殺してくれー!」と叫ぶ男性の大声が耳に入った。 他にも色々と衝撃的な光景に「きっとやれる。頑張ろう…

  • イライラが過ぎるのは更年期のせいだと思うことにする~イライラの原因はいろいろあっても

    イライラの原因は、いろいろあるものです。そして、ちょっとイライラするくらいは、よくあること。 それにしても、私、近頃イライラが「過ぎる」のです。 あぁ…イライラする イライラが「過ぎる」のは「こちら」の問題? 更年期のせいだと思うことにする あぁ…イライラする 職場のクリニックは、インフルエンザの予防接種でドタバタしています。今年は、テレビが煽るので、特に・・ 予約開始日前と知りつつ、フライング申込みに来る高齢男性にお断りしたら「なんだよ、まったく!融通がきかないヤツだなっ(怒)!」なんて怒鳴られましたわよ。笑顔で「おととい来やがれ! 〇日以降にお越しくださいね。」と答えましたわ。あ”ーー!最…

  • 祖父は写真の中の人~記憶にない人を想う

    祖父母にとって、孫とは「無条件に愛おしい人」。何となく、そんなイメージを持っていました。 そして、「そのハズなのに、そんな記憶ないな」とも思っていたのです。 子どもの頃。 祖母の記憶 祖父は写真の中の人 記憶にない人を想う 祖母の記憶 母方の祖母は、私が物心ついた頃には、もうすっかり「シワシワのおばあちゃん」。孫の中で一番最後の私には、もうあまり興味のない様子。相手をする元気も残っていないようでした。 家族皆で会いに行くと、大抵疲れている様子。ただ、帰る時になると寂しがり、私たちの車を、いつまでもいつまでも見送っていた姿が一番記憶に残っています。 そして、他界した後、多分きっと気にかけてくれた…

  • 庭に防草シートを敷く季節~自分で敷くなら秋だと思う

    防草シートを敷く季節に決まりはありません。業者に依頼するなら、基本的にいつでも大丈夫でしょう。(豪雪地帯は別だと思います。) しかし、もし、「自分で防草シートを敷いてみよう」と思われる方は、ある程度季節を選ぶ必要があると思います。 作業するのに、冬の寒さは辛いですし、最近の夏は「命の危険」を感じる暑さ。 やはり、気候の良い、春か秋に作業するのがいいですよね。 そして、私は、作業に慣れていないならなおのこと、秋に敷くことをお勧めします。理由は、「素人が作業すると時間がかかる」から。 防草シートを敷く前後の作業 草取り・整地 資材購入 防草シートのカット 作業に手間取り時間が経過する 敷く前の草取…

  • 「所得ゼロ」の所得証明書はコンビニ交付できなかった

    あまり気が進まなかったのだけど、年始にマイナンバーカードを作っていたのです。 うっかり失くしたら大変なので、大切にしまい込んでいましたが、「せっかく作ったのだから、少しは便利さも感じたいわ」と、先日「コンビニ交付」を体験してみたのです。 ※お住まいの市区町村によって対応が異なる場合がありますので、最終的にはお住まいの市区町村にご確認ください<(_ _)> コンビニ交付で所得証明書を取得してみた 所得ゼロの所得証明書は窓口へ 所得ゼロの申告が必要 コンビニ交付で所得証明書を取得してみた コンビニ交付は、平日にあまり休みが無く、おまけに車を運転しない身としては、大変ありがたいサービスです。証明書1…

  • 台風時にペットボトルが飛んできて「お互いさま」について考えた

    そろそろ台風の影響が出始めて、風が強くなってきたな~という頃、カランコロンと、家の前の道を空のペットボトルが転がってきたのです。 家の周りの台風対策に追われる 対策する人もしない人も「お互いさま」か? 自分とは考えが違う人と共に生きている 家の周りの台風対策に追われる 今回の台風はとんでもない威力だと、遥か南の海上にいる頃から気象庁も大騒ぎだったので、「影響を受けないハズはない」と、我が家もそれなりに対策に追われていました。 いつの間にか数の増えた植木鉢を、家の中に運び入れたり、大きなものはまとめて縛り上げたり。 飛ばされる恐れが少しでもあると思ったものは、しまうか、縛るか、重しをしっかり乗せ…

  • 機嫌を直す「お約束のモノ」を持つ~なるべくお互い機嫌のイイ人でいるために

    子どもたちが幼い頃は、保育園に連れていくと毎朝のように大泣き。でも、私の姿が見えなくなると、二人とも結構あっさり泣き止んで遊んでいたらしいのです。 先生方はさすがプロフェッショナル。彼らのご機嫌が直る「お約束のモノ」をバッチリ把握してくださっていました。 長男は車のオモチャ(あるいはタイヤがついているモノ)があれば夢中で遊び出し、二男はボールがあれば、あるいはお友達がいれば、ご機嫌だったのだそうです。 なるべく機嫌のイイ人でいたい 機嫌を直すタイミングは難しい 機嫌を直す「お約束のモノ」を持つ なるべく機嫌のイイ人でいたい 先日、最終回を迎えた、TBSドラマ「MIU404」にすっかり夢中になっ…

  • 読書感想文が苦手だった理由~「持つべき感想」を強いられる気がしていた

    小中学校の頃の私は、変わった子だったけれど、学校のお勉強はできる、いわゆる「良い子」。 作文を書けば、大抵地域の入賞者を集めた文集に掲載されたし、読書は大好きで「学校も家のお手伝いもなく、1日中本を読めたら素敵だな~」なんて思っていたほど。 それなのに、私は「読書感想文」という宿題が大の苦手でした。 評価基準がわからないものが苦手 「持つべき感想」を強いられる気がした 信頼できなければ感想なんてさらけ出せない どんな感想を持ってもイイのなら 評価基準がわからないものが苦手 私は「良い子」というのは「大人の望むように答える子」なのだと思っていました。つまりは、本心は何とも可愛げのない子ども。 例…

  • 義母の愚痴を聞くのが苦痛だわという愚痴

    ブログに書く時は、できるだけ解決の目処がたってから、自分なりに道筋が見えてから、と思っていたのです。 しかし、申し訳ありませんが、今回は「ただの愚痴」以外のナニモノでもありません。「人の愚痴なんてイヤだな」と思う方はスルーしてください。<(_ _)> 全てが愚痴になる 違うことに気持ちを向けてもらいたいけれど 愚痴言う相手は選ばなきゃ 似てなきゃ共感は難しい 逃げられる相手に愚痴を吐こう とりあえず最近の避難方法 全てが愚痴になる 義実家は車で15分ほど。80代義父と70代後半の義母の二人暮らし。はい、同居の皆さまに比べれば、はるかに楽です。 以前から、悩み事がない時は、「悩む事がないことに悩…

  • パッチワークを作るように生きる~選んで縫い合わせた全部が「本当の自分」

    パッチワークに憧れて、張り切って「ユー〇ャン」のキット一式を買ったことがある。 けれど、キット一式揃っていても、不器用でお裁縫が苦手(苦痛)なことが、劇的に改善するハズもなく、キット一式の箱は、しばらく押入れの奥に陣取っていた。 パッチワークには、そんな苦い(?)思い出と、大切な思い出がある。 本当の自分はダメな人 パッチワークのようなモノ 選んで縫い合わせた全部が「本当の自分」 本当の自分はダメな人 幼い頃から「変わった子」だった私も、中高生ともなると、それなりに対人関係をこなしていた。おまけに、当時はまだ「優等生」の殻も被っていた。 あらゆる場面で、こんな時、何と言うべきか、何と答えてほし…

  • ブルーインパルスが好きな気持ちと平和を願う気持ちとは矛盾しない~空飛ぶ広報室

    私は、ブルーインパルスが好き。 小説やドラマの「空飛ぶ広報室」の影響を相当受けている、ミーハーであることも事実だし、そこまで詳しいわけではなく、熱心なファンの方の「好き」とは、多分違うのだろうけれど。 「訓練飛行ライブ配信」を楽しむ 自衛隊を「毛嫌い」することへの違和感 崇拝もしない、毛嫌いもしない ブルーインパルス好きと平和を願うことは矛盾しない 「訓練飛行ライブ配信」を楽しむ 先日の「ブルーインパルス訓練飛行ライブ配信(初の試みだったそう)」を、丁度休みだったのでライブで見て、1人で盛り上がっていた。 www.youtube.com 約2時間あるけれど、実際にブルーインパルスの飛行が見られ…

  • 見えない手に肩を掴まれた昼下がりの話~その手の主は・・・

    私は、怖い話が苦手。 おまけに、大きい音や「突然飛び出す」といったドッキリも苦手なので、お化け屋敷とか、ホラー系の映画も大の苦手。 ファンタジー系の映画を観に行ったのに、ホラー映画の予告が突然流れて「ギャァァー」となることがあるので、映画館では本編が始まるまで気が抜けません。 そんな私の、中学生の頃のちょっと怖い(?)体験です。今週のお題「怖い話」 思春期は金縛り期? 見えない手に肩を掴まれる その手の主は・・・ 思春期は金縛り期? 中学生~高校生の頃は、時々「金縛り」のような状態を経験していました。 でも、霊感なんて何にもない(と信じたい)ので、きっと、本当の金縛りではなかったのです。 多分…

  • 「介護」のしんどさと「子育て」のソレは似て非なるモノ~決定的な違いは「終わり」への思い

    ブログを始めて間もない頃、「おすすめ記事」によく掲載される人気のブログが面白くて、ドキドキしながら読者登録した。 それなのに、その方のある記事を読んで「なんだか、それは違う」と思ってしまい、登録を取り消してしまったことがある。 別に、読者登録したからと言って、全ての記事に「そうそう!」って思えなくてもいいのに、しっくり合わない意見や感想があったってちっとも構わないのに、スルーすることすら初心者で、大人気ないことをしてしまった。 その記事は「子育てと介護はそんなに変わらない」といった主旨だった。 介護と子育ての似ている部分 違いは「進んでいく向き」と「ゴール」 「いつか終わる」を思う時 介護と子…

  • 「時間の融通が利く人」は「暇な人」だと思われがち~「続けられるか?」を意識して受け入れる

    最近は、割と時間に余裕がある「時間の融通が利く人」だ。 子どもたちの義務教育も終わり、実親の介護も終わり、義両親は今のところ元気。ちょっと急なシフト変更でも、急な用事でも、何とかできる。 でも、少し前までは「融通は利く」けれど、決して余裕はなく、「何だかな~」と思うことに、しばしば遭遇した。 フリーランスは時間の融通が利くけれど 「時間の融通が利く人」は「暇な人」だと思われがち 時間の融通が利く時も「続けられるか?」を意識する フリーランスは時間の融通が利くけれど 果たしてその働き方は「フリーランス」と呼べるのか?「下請け」か?という「フリー」の働き方を選んだ時期が、1年ちょっとあった。 ww…

  • ドラマの楽しみ方に「SNSを覗く」が加わると結構楽しかった~「MIU404」を見ています

    タイトルに「SNS」と書いたものの、SNS音痴なので、「Twitter」と「Instagram」のみ。しかも、「覗いているだけ」で、発信0なのです。 金曜ドラマ「MIU404」を見ています SNS音痴がInstagramのアカウントを作ったわけ 熱い思いを共有できる楽しさ 金曜ドラマ「MIU404」を見ています 毎週、綾野剛さん&星野源さんW主演の金曜ドラマ「MIU404(みゅうよんまるよん)」を見ています。 www.tbs.co.jp 見ようと思ったきっかけは綾野剛さんでしたが(あの「シュッ」とした目元が何とも・・(*´艸`*)♡) オリジナル脚本は、すっかりハマったドラマ「空飛ぶ広報室」を…

  • 「台所育じい」続けるポイント~アラフィフ夫の趣味が「料理」になるまで

    週末の朝「今日何食べたい?」と二男に尋ねると、「タンドリーチキンかな?トンカツ!からあげもいいな~!お昼は焼きそば、いや、冷やし中華かな・・・」 挙がってくるメニューは、ほぼ夫の担当メニューで、夫はまんざらでもない様子。よしよし、今週末も料理メイン担当は夫で決まりね!(*´艸`*)ムフフ そんな夫も、2年ほど前は、料理をほとんどしたことがなく、「見習い」スタートでした。 www.honsaki.com 料理は「慣れ」の部分が大きいなと、私は思っているのです。レシピを見ながら、華やかな料理を張り切って年に数回作るより、とにかく経験を積んで、慣れることかなと。 アラフィフ夫の趣味として「料理」を勧…

  • 古い手紙の処分を迷っている~人生の終わりをいきなり身近に感じた上半期

    2020年の抱負を張り切って書いていた時、こんな上半期になるとは思ってもいなかった。 「死を想う」なんて書いたけれど、実はちっとも身近に感じてなんかいなかったのだと、読み返すと恥ずかしいくらい。 www.honsaki.com 人生の終わりを身近に感じる 捨てる・捨てないの基準が変わる 衣装ケースいっぱいの手紙 人生の終わりを身近に感じる 勤務する小さなクリニックも、ご多分に漏れず、新型コロナウイルスに関連して起こるアレコレに振り回されながらの上半期。 5月のある日、所在する市にも罹患者が出て、ますます気をつけなければと話していた矢先、来院された患者さんの一人に肺炎症状があり、新型コロナウイル…

  • バナナの消費法まで口出されたくないのよ~対処の仕方は相手に任せては?

    バナナの傷みやすい季節がやってくる。 「南国の植物だから、低温保存は向かない」と、昭和の常識にしがみついていたけれど、どうやら夏場は「ラップに包んで野菜室で保存」が、最適な保存方法と言われているらしい。 アラフィフともなると、日々更新される「新常識」に、頑張らないと置いてけぼりを食らいそう。 バナナの柄の部分が取れちゃった どう食べるかは「私の領域」だと思うんだが 相談はいいけど対処の仕方は相手に任せては? バナナの柄の部分が取れちゃった 先日の朝、半分寝ぼけた状態で、お弁当の卵焼きを作っていたら、夫が割と深刻そうな顔で「実はさぁ・・」なんて言いだした。 ナニゴトかしら?「仕事行きたくない」と…

  • 近所のおばちゃん赤ちゃんの声に癒される

    我が家は高齢化の進む古い「新興住宅地」の一角。まあまあ交通の便が良い所なので、徐々に建替えも進み、最近は、若い世帯もちらほら見かけるようになってきた。 赤ちゃんの声は癒される 長男とお隣さん 近所のおばちゃん密かにエールを送る 赤ちゃんの声は癒される 近所に、赤ちゃんのいるご家族が引っ越してこられたのは、1年ほど前。 耳をそばだてているわけではないけれど、台所の窓を開けていると、赤ちゃんの声が聞こえる時がある。 赤ちゃんの声は、たとえ泣き声でも「癒し」そのものだな~と思う。 泣かれている親御さんにしてみれば「こっちが泣きたいわ~」と言いたいくらい大変だと思うけれど、育児に責任のない近所のおばち…

ブログリーダー」を活用して、ほんさきさんをフォローしませんか?

ハンドル名
ほんさきさん
ブログタイトル
小石の眼から見た景色 あらかた50主婦のあったこと録
フォロー
小石の眼から見た景色 あらかた50主婦のあったこと録

にほんブログ村 カテゴリー一覧

商用