searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール
PROFILE

ヒんトぼさんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
ヒんトぼ生活日記
ブログURL
https://hinntobo.hatenablog.com/
ブログ紹介文
一応セミリタイア目指しています! 毎日てきとうに記事を書いています。
更新頻度(1年)

300回 / 349日(平均6.0回/週)

ブログ村参加:2019/10/09

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、ヒんトぼさんの読者になりませんか?

ハンドル名
ヒんトぼさん
ブログタイトル
ヒんトぼ生活日記
更新頻度
300回 / 349日(平均6.0回/週)
読者になる
ヒんトぼ生活日記

ヒんトぼさんの新着記事

1件〜30件

  • 人は何かを得るよりも何かを失うことのほうが怖い

    どうもひんとぼです。 人というのは得することよりも損をすることの方が嫌らしいですね。 だから安定志向になるらしいですね。 ほとんどの人が投資をせずに貯金を信仰しているのは、こういうところなのかもしれないですね。 正直言うと自分も何かを得るよりも失うことのほうが怖いですね。 それがダメかと言われれば決してそういう訳ではないと思いますがね。 失うことを恐れるというのは当たり前で、それも人間の良いところだと自分は思いますよ。 最近、家の中でゴキブリと遭遇する回数が増えました。 週に3匹はゴキブリが目の前に現れます。 だからと言って、倹約家である自分がゴキブリホイホイやブラックキャップを買う訳にはいか…

  • 「金は命より重い…!」とは思わないが同等の価値だとは思う

    どうもひんとぼです。 カイジのトネガワが言った「金は命より重い…!」という台詞がありますよね。 今回はそのことについて語っていきたいと思います。 自分の考えとしては「金は命よりも重い」とは思いませんが、金は命と同等の価値があるとは思います。 なぜなら金は命は労働で時間を対価としてもらっているからです。 限りある人生の大事な時間の一部を切り売りして、私達は給料を得ている訳です。 お金は自分の寿命が詰まったタイムチケットみたいな感じですね。 そう思うとお金を大事に使おうという気になりませんか? たまに1000円とかを「端した金だ」という人がいますが、全然そんなことはありません。 1000円はものす…

  • 生活に不要なものはどんどん削ぎ落とすべし

    どうもひんとぼです。 今回は身の回りから不要なものはどんどん削ぎ落としていこうということについて語りたいです。 みなさんの身の回りにも不要なものって絶対にありますよね。 不要なものは溜まっていけばいくほど、どんどん生活が不便になっていきます。 なので早めにどうにかしてしまった方が良いですよ。 自分だったら物じゃないんですけど、スマホの中に不要なデータがたくさん入っていて内部容量がパンパンですね。 例えば「おっ!これは良い記事だからスクショしとこ!」と思ってたらどんどん溜まっていって内部容量を圧迫していくといった感じですね。 こういう何となくスクショして結局スクショしたことも忘れて見ないんじゃ無…

  • 自分らしく生きるって難しいけど大切だよね

    どうもひんとぼです。 自分はとある難病の少女のドキュメンタリー動画を見ました。 その人は難病で心臓の移植手術とかもしていたみたいですね。 その人の最後は延命治療を受けずに自分で人生の終わらす選択をしていましたね。 確実に迫ってくる絶対の死はただただ恐怖だったでしょうね。 最後の方は本当に呼吸も苦しそうでしたね。 最後は両親に囲まれて亡くなってましたね。 両親も苦しかったでしょうね。 子どもの意思を尊重してあげたいけど、出来れば1秒でも長く子どもには生きていて欲しいですもんね。 自分には子どもがいませんが、もし子どもがいたならば子どもには1秒でも長く生きて欲しいと思いますし、親の自分より先に死ぬ…

  • スーパーのアルバイトの現状をスーパーでバイト勤務の自分が、みなさまにお伝えする

    どうもひんとぼです。 今回はスーパーで品出しバイトをしている自分が、自分の働いているスーパーの現状が以前と比べてどんな感じに変わったのかを伝えていきたいと思います。 まず、従業員は全員マスクと手袋を着用していますね。 まあこれはコロナ対策として当たり前のことですよね。 マスクをしないと命に関わるかもしれませんからね。 手袋は正直あっても無くてもどっちでも良いかなって感じですが、あるに越したことはないですね。 レジの人はマスクと手袋に加えて謎の透明なフェイスマスクも着けていましたね。 レジの人が1番人との関わりが多いからなんでしょうね。 自分も謎の透明なフェイスマスクを着けれるなら着けたいです。…

  • 底辺貧乏が「渡津家の動画」を見たので言いたいことがある(閲覧注意)

    どうもひんとぼです。 みなさんは渡津家という大家族を知っているでしょうか? たまたま動画があったので見てみました。 さっそく感想を言っていきたいと思います。 けっこうボロクソに言うので見たくない人はここでやめておいた方が良いかもしれませんよ。 まずお母さんがひどすぎですね。 お母さんは男の子がどうしても欲しいということで子どもをどんどん産んだらしいです。 しかし、男の子が欲しいけど女の子が続いて産まれてしまうので頑張ってさらにどんどん産んだらしいです。 何か、この家庭に産まれてきた子ども達が可哀相だなと思いました。 男の子が欲しいというだけで普通たくさん子どもを産みますか? 男の子を産みたいが…

  • 永遠の旅行者としての生き方はかなり難しそう

    どうもひんとぼです。 世の中には居住地変えながら生きている人がいます。 そのような人を永遠の旅行者(パーマネントトラベラー)と言うらしいです。 パーマネントトラベラーは、その国に定住しないことで合法的に税金を納めなくて良いらしいですね。 確かにこれだけ聞くと「税金払わないならええやん!自分もやってみたい!」と思う人もいるかもしませんね。 ただ個人的にはかなり難しい生き方なんじゃないかなと思います。 まず自分は違う国に移住しようと思わないので、この時点で自分は挫折しますね。 それに海外だと治安の面に心配もあるので、無闇矢鱈に外出も出来なさそうだなと思いますね。 なので自分は税金が多少高くても日本…

  • セミリタイアが労働向いてない人の救いであってほしい

    どうもひんとぼです。 世の中には労働が向いていないと自覚をしてはいるが、生きるために仕方なく労働をしているという人が一定数いるのではないかなと思います。 自分も労働が向いていないと自覚をしている人間の1人です。 自分は脳も無し、体力も無し、コミュ力も無しなので明らかに労働に向いていない人間です。 今も労働を無理してやっている状態になってしまっているので、本当に自分は労働に向いてないと感じています。 この働かなきゃいけないけど、労働を出来ればしたくないという現状を変えるには労働社会からリタイアをする以外に無いと思っています。 自分はこのまま労働を無理してやり続ければ、ストレスまみれの現実に耐えら…

  • 底辺は欲望に溺れて我慢が出来ないから底辺

    どうもひんとぼです。 底辺の人は欲望に振り回されている人が多いような気がしますね。 タバコを吸いたい時に吸い、酒を飲みたい時に飲み、❌❌❌をしたい時にする。 底辺はとにかく目の前の欲望を満たすことだけに生きているという感じですね。 自分は酒とタバコは絶対にしないと決めています。 酒とタバコは中毒性も割とあって、ハマるとお金をたくさん費やすようになってしまうので底辺になる近道だと思っています。 実際知り合いでタバコを1回禁煙に成功した人がいたんですが、数ヵ月後にまた会ってみるとタバコを吸ってましたからね。 いかにタバコがやめるのが難しいことが分かりますね。 こういう中毒性のあるものは、そもそも最…

  • 子供の可能性を狭めてるのは親ですよ

    どうもひんとぼです。 今回は親が子供の可能性を狭めているかもしれないということについて語っていきます。 子どもにダメ出しばかりしていませんか? あれダメこれダメと子どもにダメ出しばかりしてると子どもは何をやってもダメだと思うようになっていつしか何にもやらなくなりますよ。 ソースは自分ですw 自分は何をやっても「他の人にバレたら恥ずかしいから勝手なことをするな!」と怒られましたからね。 逆に本当にもう限界と感じて泣きながらやってた水泳は「1番上の上級者クラスを合格するまではやめさせないぞ、行け」と言われてやめさせてくれませんでしたね。 本当に進級試験の時に毎回あと数秒の差で受からなくて泣きまくっ…

  • 大学に入ったなら大学は中退しない方がいいと思うよ

    どうもひんとぼです。 今の社会情勢だと経済的に困窮していている人も多いので、大学をやめようと思っている人もいるかもしれませんね。 それでも個人的には、せっかくに大学を入ったんですからやめない方が良いと思います。 今が1年生で「大学が合わないからやめようかな」と考えていてやめるならお金の損失も少しで済んで、年齢も若いので仕事を探すなり専門学校に行くなりでも良いかなと多少は思います。 ですが、もし2、3、4年生の人が大学をやめたいと思ったら、今やめたらもったいないのでやめない方が良いと思いますね。 もし大学に行くのが辛いならとりあえず半年間休学をしてみれば良いと思います。 その休学期間中は、ゆっく…

  • 給料(2020.5月)

    どうもひんとぼです。 5月の分のバイトの給料が出ましたよ。 5月の給料はなんと、61034円でした。 うーん、何か少ないなって感じですよね。 14日間出勤してこの給料ですよ。 閉店する時間が2時間早まって深夜手当てが付かなくなったりしたので散々な1ヶ月だったなって感じです。 来月の給料も低そうです。 今月も閉店は21時ぐらいで出勤日数が先月より少なかったので今月より確実に給料が低いです。 それにですよ、6月のバイトのシフトが出たのですが、出勤日数が大幅に減ってしまったので7月分の給料はさらに低そうです。 うーん、このままだと給料がどんどん下がっていく一方だ… 給料増やそうと思ったら、掛け持ちで…

  • 訳分からん情報商材屋の詐欺師に金を払うなという話

    どうもひんとぼです。 ネットには本当は金が無いくせに金持ちアピールをして高額な情報商材を買わせようとする人間のクズがたくさんいますね。 SNSでも金持ちアピールをしている人をよく見かけますね。 そういう人って、とりあえず手当たり次第にフォローしてきますよね。 そういうのは迷惑なんでやめてほしいですね。 金持ちアピールしていて高額の情報教材を売っている人は99%詐欺師と思っても間違いない。 そもそも金持ちなら高額な情報教材をお金の無い人から買わせようとする必要がない。 最初は「自分はもう十分に稼いだので、慈善でみなさまにお金の稼ぎ方をお教えします。」とか言っておいて最終的に高額な情報商材を買わせ…

  • 貧乏人で生活が苦しくても貧乏人が束になれば支出が減って豊かな生活を送れる最強の集団になります

    どうもひんとぼです。 人間というのは1人1人の力が弱くても数が集まれば集まるほど強い力を発揮します。 これは普段の生活でも置き換えることが出来るのではないかと思います。 1人で生きていくのは大変ですが、人が束になって協力して生きていけば1人1人の出費の負担が減って手元に多くのお金を残すことが出来ます。 例えば、シェアハウスってありますよね。 他人同士が一緒に1つ屋根の下で住む、あのシェアハウスです。 あれも家賃で苦しんでいる人同士がシェアハウスをすれば、1人1人の家賃の負担が減るので手元に多くのお金を残すことが出来ますね。 今の時代は何かと払う税金が多かったり、給料が低かったりですぐに1ヶ月分…

  • 将来スモール生活を目指したい底辺

    どうもひんとぼです。 自分は将来的に全てにおいてスモールな生活を目指したいと思っています。 生活費も限りなく少なく、家も限りなく狭く、持つ物も限りなく少ないという全てがスモールな暮らしをしたいです。 そうすることによって多くのお金を手元に残すことが出来て、セミリタイアへグッと近づけられるのではないかと思います。 手元に残ったお金を資産運用に回せば「なお良し!」って感じですね。 今からでも何か将来のスモール生活に向けて出来ることがあるんじゃないかと思っています。 今住んでいる家は物で溢れかえっているので、今からでも要らない物はなるべくメルカリに出品しようかなと思っています。 自分がどんなに「これ…

  • 美容師になってはいけない理由を知った貧乏人

    どうもひんとぼです。 自分が高校生の時に日本史の授業で、とある先生が こんなことを言っていました。 「君たち、美容師になるのだけはやめておきなさい!」と。 そのあとにその先生は美容師になってはいけない理由を語り始めました。 「まず、美容室の美容師って何で若い人が多いか君たち知ってる?君たちに聞くんだけど、おじさんの美容師って見たことあるかな?」とまず語り始めた。 たしかになと思いながら黙って先生の聞きました。 「美容師っていうのは、基本ずっと立ちっぱなしの仕事だから長年やっているとね、足腰が悪くなってくるんだよ。だからみんな30代ぐらいで引退するんだよ」と言っていましたね。 「なるほどなー」と…

  • 若者の○○離れの9割はお金がないからだと思う

    どうもひんとぼです。 最近「若者の○○離れ」ってよく聞きますよね。 ん?何かおかしくないですか? あれって「お金の若者離れ」が正解だと思うんですよね。 自分も2020年の5月時点では19歳なので若者の分類に入ると思います。 その若者の自分ですが、当たり前のようにお金が無いですね。 小さい頃もお小遣いがたくさんもらえるって家庭でもないですし。 そういえば、小学生の時に友達がお年玉で10万円とかもらってる人がいましたが、うらやましかったですね。 まあその人の親は老人ホームを経営してるので、かなり儲かってたと思いますね。 家もでかいですし、家の中に地下もあって犬も4匹ぐらい飼ってましたね。 おっと、…

  • お金が無い貧乏だから華麗にウインドウショッピングをして節約を楽しむ

    どうもひんとぼです。 自分はお金がなくて買い物ができないので、よくウィンドウショッピングをしています。 ウィンドウショッピングという言葉は、お金がなかったり買い物する時間がないので商品を見て回ることを言うらしいです。 欲しいものがたくさんあるけど、節約したいという人がいたら、ウィンドウショッピングは結構お勧めですよ。 なんてったって商品を見るだけならタダですからね。 お店の商品を買ったつもりで見て回るのがウインドウショッピングでのおすすめの楽しみ方です。 商品って買うまでが1番楽しいとかよく言うじゃないですか。 ということはウインドウショッピングは商品を買わないので永遠に楽しめますよ! 花屋に…

  • 貧乏が床屋に行くのをやめた本当の理由

    どうもひんとぼです。 今回は自分が床屋に行かなくなった理由を話したいと思います。 まあ髪切るのがお金がかかるからっていうのは勿論のことなんですが、床屋に行かなくなったきっかけは切る人によって上手い下手があるからですね。 1回超絶下手くそな人に当たってから床屋へ行くのはもうやめようと思いましたね。 そのままなんやかんやで1年が経ちました。 その外れの理容師はカットが下手くそなのは勿論のこと、櫛を頭皮に血が出るかと思うほどにガリガリに削り取ってきました。 というよりも血が出てた。 自分は床屋ではいつもシャンプーをしてもらっていたのですが、その外れの人はシャンプーも頭が痛いと思うほどに引っ掻いてきま…

  • 睡眠時間を削ってネットをやらない方がいいよ

    どうもひんとぼです。 みなさんは寝る前にネットサーフィンとかしてますか? 自分はたまにやっちゃってますね。 寝る前のネットサーフィンって異様に楽しかったりするんですよね。 気が付いたらそのまま朝になってたなんてこともあったりしますよね。 自分は夜中にネットサーフィンしてたら、窓から日が射してそのまま朝になってたなんてことが何回かありましたね。 そうなると次の日、というより当日に朝から用事があるなら地獄を見ることになります。 その一日中はずっと、気分が悪くて頭が働かないという状態になります。 その日の仕事のパフォーマンスが激落ちくんになるのは確実ですね。 自分はこの経験を何度もしたからこそ、睡眠…

  • 有り金は全部使うな! お金は使えば使うほど貧しくなる

    どうもひんとぼです。 とある人の本を少し読んだのですが、有り金を全部使うと更にお金が増えるらしいとのことです。 そして貯金をするバカはどんどん貧しくなるとのことです。 うーん、「有り金を全部使え!」というのはあまりにも無責任だと思いますね。 お金をたくさん使うのが「投資」か「浪費」かなんていうのは、個人の経済状況によりますよね。 生活でお金の心配をすることがないほど、お金を持っているなら別ですが低所得の人がこれをやったら確実に永遠に底辺労働コース決定ですよね。 それを真に受けて有り金を全部使って生活が出来なくなっても、誰も助けてなんてくれませんからね。 そんなことは誰でも普通に考えたら分かるこ…

  • お金持ちは時間を金で買うからお金持ちというが、一般人がそれを真似てもお金持ちにはならないよ

    どうもひんとぼです。 金持ちはお金を時間で買って、その買った時間の間 に更にお金を増やすような仕事をするので、金持ちはどんどんお金が増えていきます。 こういう人達は時間を金で買うのは全然ありだと思います。 ただこれをよく勘違いして、自分で稼ぐ力がないのにこれを真似れば「自分も金持ちになれる!」と本気で思い込んでいる一般人がいるようです。 はっきり言います、絶対に金持ちになれませんよ。 お金の欲しい一般人(とくに金のない人)は1にも2にも、まず節約をしてその金を資産運用などに回したほうがいいですよ。 もし仕事関係とか早く実家に帰りたいなどと行った理由がないなら、長距離の移動の際は新幹線を使うので…

  • 「やる気」なんてものは最初から無いと思う 「やる」か「やらない」かだけ

    どうもひんとぼです。 みなさんは、やらなきゃいけないことがあるときにやる気が無かったらどうしますか? 自分は、やることがあってもほぼやらない人間ですね。 そんな自分ですが、最近思ったことなんですがやる気って本当に存在するのかな?ってことなんですよね。 結局はやるかやらないかの二択なんじゃないかなと思いますね。 最初はやる気が無くても始めてみたらむしろやれるってこと良くありますし。 車もエンジンをかけるのが1番エネルギーがいるみたいな話です。(今の車はそうでもないらしい…) 自分はやらなきゃいけないことを何かとやらない理由を作って逃げてきましたね。 その結果が逃げ癖のついたダメダメな自分が完成し…

  • もし帰宅部で帰ってやることがなかったら、とりあえずアルバイトをしておけ

    どうもひんとぼです。 高校生で部活に入ってない人、いわゆる帰宅部は多いんじゃないかなと思います。 自分も高校の時は帰宅部でしたね。 本当はコンピュータ部に1回入ってみたんですが、とくに活動内容も決まってなくパソコン室でみんながお喋りしてるだけという謎の部活だったので3ヶ月で退部しました。 それからはずっと帰宅部をやってましたね。 自分はホームルームが終わったら、誰よりも早くすぐに教室を飛び出して、自転車で颯爽と帰っていたので一時期は「帰宅部のエース」という謎の異名を付けられていました。 まあ早く家に帰ったからといって何か仕事があった訳じゃないんですけどね… 今思えば、家に帰ってやることがないな…

  • 満員電車は本当に体力が奪われる(2019.10)

    どうもひんとぼです。(2019.10) 夕方の満員電車の帰宅ラッシュによくぶち当たるのですが、本当に気が狂いそうになります。 満員電車は席に座れるのと座れないのとじゃ、まったくと言っていいほどストレスの感じ方が違いますね。 満員電車で立って揉みくちゃにされようものなら、肉体的にも精神的にも参ってしまいます。 満員電車って人が密集してるから暑いんですよね。 その暑いというのが更にイライラを加速させる原因です。 本当に満員電車を乗ることを想像しただけで蕁麻疹が身体中に出そうで痒くなりそうですよ。 満員電車ってなんであんなにもイライラするんですかね? 満員電車で誰も幸せになんてなりませんよ。 早く満…

  • ブログをやっていて良かったことを底辺が語る

    どうもひんとぼです。 ブログを毎日書くのはなかなか大変ですが、ブログを書いていて良かったなと思うことがあります。 それは、ブログを書くことで自分を見つめ直すことが出来るということです。 ブログを書いていると自分の脳内で考えていることを文字として視覚化することが出来るので「今後、どう生きていこうかな?」などの対策が立てやすくなります。 視覚化することによって、その時期に書いた記事を見て何に悩んでいたかということが明確になるため解決策なども立てやすいと思います。 このようにブログをするというのは何かと良いことづくめです。 脳内の考えをブログにアウトプットすれば、頭の中のゴチャゴチャした考えを整理出…

  • 誰もがみな「お金の奴隷」

    どうもひんとぼです。 今回は誰もがみな「お金の奴隷」なのではないということについて話していきたいと思います。 みんな豊かな生活を送るために汗水垂らしながら働いてお金を貰って、そのお金を使って生活しています。 豊かな生活をするために働いてお金を得て、生活を維持するためにまた働くなんてお金の奴隷じゃないですか。 自分もお金のためにバイトをしているのでお金の奴隷です。 それは仕方のないことなのです。金を持たざる者はお金の奴隷になるしかないのが世の常なのでね。 お金の奴隷にならなくてもいい人は強くてニューゲームで金持ちの家庭に生まれた人間だけです。 ほとんどの人は、生活をするために働いてお金の奴隷にな…

  • 人生も投資と同じで損切りするのが重要だ

    どうもひんとぼです。 人生も投資と同じように損切りすることがかなり重要です。 例えば、大学で1ミリも単位を取らせる気がなくて興味もない教授の授業があったとして「これを取るのが時間の無駄だな」と少しでも思ったらもう行くのはやめましょう。 行かなくなることによって単位は確実にもらえなくなりますが、難しいレポートを何度も書かされたり意味の分からない応用だらけの試験問題を出されて結局単位が取れないということにならないので無駄な時間を過ごさなくて済みます。 まあそういう授業が必修の場合は諦めてやるしかないですね。 他には、正直嫌々ながらしょうがなく仲良くしている人とかいますよね。 そういう人とは早めに縁…

  • 実家に住んで貯金をするというのは立派な生存戦略

    どうもひんとぼです。 よく一人暮らしをしたら社会人として一人前みたいなことを聞きますよね。 「果たしてそうでしょうか?」と自分は疑問に思いますね。 そして、いい年齢をして実家に住んでいると大体周りから変な目で見られますよね。 でもそんな社会の常識は気にする必要はまったくありません。 どんなに周りに笑われようが、実家に暮らしを続けられるなら続けた方が良いに決まってます。 一人暮らしをしなくてもいいという選択を出来るのに、わざわざ家賃を払うなんて金を無駄にしているだけですよ。 支出というものは少なければ少ないほど良いんですからね。 払う必要のない支出の分を貯金することが出来れば気軽に欲しいものを買…

  • 人生は嫌なことから逃げて楽な方へと流されると底辺に転落します

    どうもひんとぼです。 人生は嫌なことから逃げ続けたら自分みたいに底辺になるのでみなさん注意してください。 勉強、スポーツ、習い事と色々と嫌々ながらやっている人もいるかもしれませんが、もう少し頑張ってみませんか? 今やっていることは無駄に思えるかもしれませんが、将来的にはどこかで必ず役に立つと思います。 自分も小学生の時に親に無理矢理通わされていたスイミングスクールの練習がキツくて泣いたこともあるぐらいに何度もやめたくなりました。 ですが、結果的にはスイミングスクールに通っていたことで体力アップになったというプラスの結果に繋がっています。 けっこうキツイ日程でも身体が壊れない程度には体力を付ける…

カテゴリー一覧
商用