searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE

tokiwaさんのプロフィール

住所
浦和区
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
テーブル茶道を普段の暮らしに
ブログURL
https://www.tokiwatablesado.com/blog/
ブログ紹介文
さいたま市の浦和にて、正座のいらない1DAYテーブル茶道体験「おもてなし茶の湯」を開催しております。普段のお茶について感じたことや考えたこと、自然や宇宙への想い、浦和の和のスポットなどを綴っていきます。
更新頻度(1年)

40回 / 365日(平均0.8回/週)

ブログ村参加:2019/10/06

本日のランキング(IN)
フォロー

ブログリーダー」を活用して、tokiwaさんをフォローしませんか?

ハンドル名
tokiwaさん
ブログタイトル
テーブル茶道を普段の暮らしに
更新頻度
40回 / 365日(平均0.8回/週)
フォロー
テーブル茶道を普段の暮らしに

tokiwaさんの新着記事

1件〜30件

  • ストロベリームーン

    夕暮れ時、月が出ていたので撮影してみました。明け方に満月を迎える月。ストロベリームーン。 スマホ用のちょっとした望遠で撮っているので本格的な写真とはまた違うけど、風情があって面白いです。撮っている間に雲がみるみる広がって、いつの間にか雲に飲まれてしまいました。

  • 水無月最初の茶道教室でした

    茶道教室には2回目の生徒様がご参加くださいました。服紗の畳み方にも慣れて、スムースに動かしていらっしゃる姿が印象的でした。 今日は棗の持ち方やお茶の取り方の説明をさせていただきました。 さらに、お菓子の取り回し方、お箸の使い方を復習いたしまして、楽しんでいただけたようで良かったです。

  • 二十四節気の芒種のおもてなし茶の湯でした

    午前は体験講座「おもてなし茶の湯」を開催いたしました。 今日は、お寺や神社によくお出かけなさるという日本文化に興味をお持ちのお客様がいらしてくださいました。総合芸術としての茶道に感心があり、体験してみたいとのことでお申込くださったそうです。 茶道体験では、1服目は加減が難しかったそうですが、2服目をとてもきれいに点てていらっしゃいました。茶道教室のお申込みを検討してくださるとのことで、楽しみです。

  • のんびりとした午後のおもてなし茶の湯

    先日のおもてなし茶の湯には、2回目のお客様がご参加くださいました。約1か月ぶりのご参加でしたが、よく覚えていてくださってきれいにお茶を点てていらっしゃいました。 お出ししたお菓子は紫陽花の練りきり「四葩の花(よひらのはな)」森八製。あちこちできれいな紫陽花が咲いていますね、そんなお話を交えながら、ゆっくりとした時間をお過ごしいただけたようです。 次回からは、テーブル茶道教室の方にお申込みいただきました。一連のお点前ができるようになるのが楽しみですね。

  • 皐月の終わりのおもてなし茶の湯でした

    今日は2名様をお迎えして、おもてなし茶の湯を開催いたしました。 お義母さまがお茶道具をお持ちになっていたことがきっかけとおっしゃるお客様は、今回で2度目のご参加となりました。前回のことを思い出しながら楽しんでくださったようです。 仏教のことを学ぶうちに茶道を体験してみたいとご参加されたお客様は、初めは少し緊張気味でしたが、和やかにお話しをするうちに徐々に打ち解けた雰囲気になりました。日常から少し離れて、リフレッシュしてくださったようでよかったです。

  • 少し晴れた午後の茶道教室

    今日の茶道教室には、初回の生徒様がご参加くださいました。1回目ですので、服紗の扱いを中心にお稽古いたしました。 高校時代、茶道部に所属していらっしゃったそうで、既に流れは習得されていらして、とてもスムーズにお点前をしてくださいました。 お稽古が終わってから、精神が浄化されましたとおっしゃってくださり、私もうれしくなりました。

  • 夏を予感しつつおもてなし茶の湯でした

    端午の節句であり、立夏でもある本日のおもてなし茶の湯には、日本文化に興味お持ちとおっしゃるお客様がご参加くださいました。 何年か前に海外にお出かけになったことがきっかけで、日本っていいなと思われたそうです。一つ一つの動作に意味があるんですねとおっしゃって、とても丁寧にお茶を点てていらっしゃいました。 物腰が柔らかでしっとりとした佇まいでいらっしゃって、私のようにチャキチャキした者からすると羨ましいなと見とれてしまいました。 お菓子は「水紋」森八製をご用意させていただきました。水紋を意識してマットや棗もブルー系にしてみました。夏が近づいて参りましたね。

  • 小雨のちらつく日のおもてなし茶の湯

    二十四節気の穀雨、そんな季節にふさわしく小雨がちらつく今日のおもてなし茶の湯は、2回目のお客様と初めてお客様の2名様での開催となりました。 2回目のお客様は、お母様が表千家茶道をなさっていたそうで、ご自身もお能の仕舞や書道にもご興味をお持ちの多彩な方、凜とした佇まいでお茶を点てていらっしゃいました。 茶道自体が初めてのお客様は、義理のお母様が裏千家の先生をされていたとのことで、ご自身も茶道に興味を持たれたそうです。一つ一つ丁寧にお点前を習得されていらっしゃいました。 お二人とも清浄な気持ちになりましたとおっしゃってくださって、私自身も心が洗われるようなひと時を共に過ごさせて頂きました。一期一会ですね。

  • 春を惜しむ季節のおもてなし茶の湯

    桜の季節が過ぎていき、青葉の美しい時季になりました。いろんなことがあっても、季節が巡ってくるんですね。そんな本日のおもてなし茶の湯には、学生の頃、茶道のお稽古をしていらしたとおっしゃる女性のお客様がご参加くださいました。 お茶の頂き方やお菓子の取り回し方のご説明をお聞きになりながら、少しずつお作法を思い出されたそうです。手の動かし方が流れるようにスムースでいらっしゃいました。お茶や日本文化の諸々のお話に花が咲きました。今度はお友達とお越し下さるそうです。うれしいですね。

  • 3か月ぶりのおもてなし茶の湯でした

    緊急事態中は開催できなかったので、今日は久しぶりのおもてなし茶の湯となりました。お二人のお客様がご参加くださいました。 着付けを習われているとおっしゃるお着物のお客様は、今年はいろいろなことにチャレンジなさりたいそうで、茶道にも興味を持ってくださったとのこと。もうお一方は、何年か前にテーブル茶道を体験されたそうで、テーブル茶道のことを思い出されて検索なさり見つけてくださったそうです。うれしいですね。 緊張なさったそうですが、和やかに時が流れました。まさに一期一会ですね。共通の興味でつながる方々との出会いに、私はいつも励まされています。

  • 春を感じつつ茶道教室でした

    3月に入ってぐっと春を感じることが増えてきましたね。月がぼんやり霞んでいたり、桃の花が咲いていたり、季節は少しずつ進んでいくんですね。そんな今日の茶道教室には4名の生徒様がご参加くださいました。 3回目のおふたりと4回目の生徒様がおふたりです。4回目の方々は少しずつ慣れていらして、始まりや終わりのご挨拶がすんなり出てくるようになってきましたよ。皆さん「次は何?」と迷いながらも少しずつ流れもわかってきました。 お菓子の取り方は全員ができるようなって、わくわくと楽しみながらお取り回しいたしました。

  • バレンタインデーの日の茶道教室

    バレンタインデーの日の茶道教室には、ご家族4名さまでご参加いただきました。お道具はどれもお一人ひとつずつお使い頂くので、私の分も入れると棗もこんなふうに5個のご用意となりました。 3回目のお二人は初めてのお盆のお点前、2回目のお二人にはマットのお点前をお稽古いたしました。棗を持つときの手のかたちなど、細かい点についてもお話しさせていただきました。でもまずは楽しみながら、少しずつ少しずつ流れを掴んでいただけると良いなぁと思います。

  • 心静かなお茶の時間に

    少しずつ春が近づいてきていますが、まだまだ冷えますね。 このところ、筒茶碗でお茶をいただいています。ほかのお茶碗に比べるとお茶の表面積が小さいので、やはり冷めにくいです。 コロナ禍で落ち着かない毎日ですが、こうしてお茶を点てて心を鎮めています。この状況になってからというもの、何かと選択を迫られることが多くなっているように思います。静かな心を保つひと時が、より大切になってきました。

  • 初回の生徒様をお迎えしてお稽古初めでした

    もうすぐ二十四節気の大寒ですね。そんなお話から始めた今日の茶道教室には、初めての生徒様がご参加くださいました。 最初にお道具の説明をさせていただいて、次に服紗さばきの練習から始めました。2回目の生徒様は、前回よりも服紗の畳み方がスムースにできるようになっていましたよ。ご自宅で復習されたそうです。 ご用意したお干菓子の一つが「辻占」森八製。星の形の中には和紙を丸めたものが入っています。それぞれ「福は内 鬼は外」とか「念ずれば 通ず」とか「山高きが故に 貴からず」という教訓的な文言も。 寒い1日でしたが、和やかなお稽古始めとなりました。

  • 新年を迎えて初めての「おもてなし茶の湯」です

    あけましておめでとうございます。 何かと騒がしい世の中ですが、茶道が確立した頃はもっと物騒で不確実な時代だったろうと思います。 たとえ混乱の中にあっても、静かにお茶を囲む時間を大切に日々を過ごしていきたいものです。 今年はそんなことを考えつつ、新年を迎えました。少しでも穏やかな良い年になると良いなぁと思います。 そんな新年のおもてなし茶の湯には、お祖母様がお茶をなさっていらしたとおっしゃる女性のお客様がご参加くださいました。 和の事に年々惹かれるようになり、おもてなし茶の湯を見つけてくださったそうです。お茶のことだけではなく、お菓子のことや着物のことなど、色々なお話に花が咲きました。

  • ポカポカ陽気のなか「おもてなし茶の湯」でした

    陽射しが暖かな今日のおもてなし茶の湯には、台湾ご出身の女性の方がご参加くださいました。 日本文化や茶道に関心を寄せていらっしゃるとのことで、お茶をゆっくりと点てるプロセスにご興味をお持ちとのことでした。 お点前の最後のご挨拶「お退屈様でした」の言葉に、『「たいくつ」というのはあの「退屈」ですか?』とのご質問をいただきました。言葉の使い方がとても面白いとおっしゃるお客様に、私自身ハッと気付かされる場面も。日本的な遜った表現って、文化の異なる方にとっては不思議ですよね。 茶道体験では、丁寧にお点前を進められ、とても綺麗なお茶を点てていらっしゃいました。

  • 明日は冬至という日の茶道教室

    明日は冬至、というだけあって寒い一日となりましたが、お教室には陽射しがさんさんと降り注いで、ポカポカと暖かく過ごしました。 今日の茶道教室には、5回目の生徒様がご参加くださいました。お点前の流れが少しずつ身に付いてこられたので、細かい所作についてもいくつか説明させていただきました。 お菓子の取り回し方についても、向かい側のお客様に菓子皿をお渡しする場合について復習しました。まぁでも、一気に習得されなくても大丈夫です。ゆっくりと少しずつ楽しみながら覚えていけたら良いですね。

  • 新たな生徒様をお迎えして茶道教室でした

    師走に入ってどことなく気忙しい週末です。 さて、今日から3名の生徒様が入室されました。ホームページをご覧になって、先月「おもてなし茶の湯」にご参加くださった皆様です。年長さんと小学2年生さんとお母様。まずは、お道具の説明をさせていただきました。 お教室では、服紗や茶巾をたたむ動作が難しかったですね。でも、すぐに覚えられなくても大丈夫です。お菓子やお茶を楽しみながら、ゆっくりと習得できたら良いですね。

  • 茶事ヌーヴォーの開き方講座へ

    今日は有結流テーブル茶道の「茶事ヌーヴォーの開き方」講座へ行って参りました。本物の茶事というのは4時間くらいかけて膨大なお道具を用いて行うそうなのですが、茶事ヌーヴォーはそのエッセンスを残しつつ現代の事情に即した新しい形式のもの。 とても興味深く、まずは器の持ち方やお箸の使い方など基本中の基本から学ばせていただきました。 いつか私も茶事ヌーヴォーができたらいいな。日常をちょっと潤すようなそんな細やかな茶事がしたいなと思いました。 今日いただいた主菓子は「初霜」でした。こまやかな霜がとてもきれいでした。

  • 満月を眺めながらお点前の復習です

    今日は自分のお稽古でした。先生のところに行くと、不思議と落ち着きます。棗飾りというお点前を教わりました。特別なお茶が入ったお棗なので丁寧に扱うという特徴があって、棗を持つときにいつもとちょっと違う動作があったり、最後に服紗を飾ったりと慣れないことが満載。1年前にもやっているはずなのに、所々忘れていましたね・・・ 今宵は満月、ビーバームーン。煌々と輝くお月さまを見ながら、お点前の手順をおさらい中です。

  • お茶を通して出逢う人達

    お茶の楽しみ方は人それぞれですね。「おもてなし茶の湯」を開催させていただくようになって、自分らしいお茶って何かなぁとか考えるようにもなりました。 静かに自然や自分と向き合う時に近くにいる人達、そういう時間を共有できる人達、とても大切に思います。それは会社の同僚とかそういう仲間意識とは異質のもので、よくわからないけどとにかく今ここで共感できている一体感というか何というか。 お茶を通して色々な人に出会える日々、とてもありがたいことです。

  • 小雪らしからぬ暖かさのなかテーブル茶道教室でした

    二十四節気の小雪。暦の上では雪がチラつくような季節ですが、全然そんな感じしないですよね。とても暖かくてちょっと汗ばむ程ですね。そんな本日のテーブル茶道教室には、4回目の生徒様がご参加くださいました。 お盆を使ったお点前の二服点てに挑戦して頂きました。同時にお茶をいただくお客様のお作法も一つ一つ確認なさりながら取り組まれておりました。お菓子をお懐紙に取り回すのは意外と難しいですよね。今日の主菓子は「残菊」花見製でした。

  • 小学生のお嬢様と親子で「おもてなし茶の湯」でした

    七十二候の地始凍。とはいえ、ぽかぽかと陽射しが暖かい昼下がりです。そんな本日の「おもてなし茶の湯」は、小学5年生のお嬢様とお母様の2名様にご参加いただきました。お嬢様はお祖母様のところでお抹茶をいただいてから、ご興味を持つようになったそうです。 お二人ともとても姿勢が良く、スムースにお茶を点てていらっしゃいました。お茶の頂き方や、お菓子の取り方も一つ一つの動作を丁寧にとてもきれいでした。また体験にいらしてくださるそうです。ご家族でお茶を楽しむって素敵ですね。

  • お盆を使ったお点前で茶道教室でした

    今日のテーブル茶道教室には3回目の生徒様がいらっしゃいました。今回から、マットではなくお盆に変わります。それだけでも大変ですが、さらに2服点てをしていただきました。 日が射して段々と暑くなってきて、途中で窓を開けて風を入れたりもしました。集中して白熱しましたね。 最後に「楽しかった〜」とおっしゃって下さり、ほっといたしました。来週も通ってくださるそうで、とても熱心な生徒様です。

  • 雲錦茶碗で野点をしてみたい願望

    雲錦(うんきん)というのは、桜と紅葉が描かれた模様のことで、うちにもいくつかお茶碗があるのですが、どういうわけか春より秋に使いたくなるお茶碗です。やはり紅葉模様の方が印象深いからでしょうか。 家の中ではなく外で、欲を言えば僅かに紅葉が始まる頃に、このお茶碗で野点をしたいなあと思っていましたが、残念ながら今年も叶いませんでした。

  • ご家族そろっておもてなし茶の湯にご参加いただきました

    霜月に入りましたね。紅葉が美しい季節、そんな本日のおもてなし茶の湯は、お嬢様お二人とお父様お母様のご家族4名様でご参加いただきました。ご家族でお茶会をなさるなど、普段からお茶に親しまれていらっしゃるそうです。皆様テーブルでのお点前に興味津々でいらっしゃいました。 小学生と年長さんのお嬢様は、とても落ち着いてお茶を召し上がっていらっしゃいました。お作法の習得にも積極的で、集中してお話を聞いていらっしゃる姿が印象的でした。皆様始めは緊張されたご様子でしたが、少しずつ場が和んで参りまして、とても良いお茶会になりました。お母様とお嬢様お二人は茶道教室にも通ってくださるそうで、次回がとても楽しみです。

  • ちょっと詫びた風情を意識して茶道教室でした

    今日は茶道教室でした。2回目の生徒様は、服紗捌きをゆっくりと思い出されながら、細かい点を注意深く確認されていました。一通りのお点前を終えられて「楽しいです」とおっしゃってくださり、私もほっといたしました。 お菓子は「茶の木」花見製です。お茶の木に咲く花をモチーフにした主菓子。お茶の世界では10月は暮れに当たり、詫びた風情を出します。そのちょっと詫びた感じを意識してお菓子を選んでみました。 昨日の「おもてなし茶の湯」に引き続き、今日もお教室でお茶を点てて楽しみました。生徒様やお客様に恵まれているなぁと感謝の気持ちに包まれる夕暮れです。

  • ハロウィンのお菓子で「おもてなし茶の湯」でした

    霜降に入りましたね。 秋が深まって実りの季節、感謝の季節ですね。 晴れて気持ちの良いお天気の今日は、体験講座「おもてなし茶の湯」でした。お二人のお客様がご参加くださいました。 お一人はお母様が茶道をなさっていて、「日日是好日」を再々読なさるなど元々ご興味をお持ちでいらしたそうです。もうお一人は高校時代に茶華道部に在籍していらしたそうで、たまたまテレビで「日日是好日」をご覧になり、またやってみようかなというお気持ちになったのがきっかけとのこと。 第一部はとても和やかな良いお茶会となりました。本当にご参加者に恵まれているなぁとしみじみ思います。第二部では、お二人ともとてもきれいにお茶を点てていらっしゃいました。「充足感がありました。」「感謝するというのがとても良かったです。」などご感想を頂きました。やはり一期一会ですね。

  • 家族でベランダ茶会

    つい先日、風がない涼しい夜に、ベランダに出てお茶を点てました。家の中にいるときとはまた違って、自然を近くに感じつつ心地よい気分です。ローズピンクのマットや棗で、カジュアルなアウトドアっぽさも出してみました。このところ、ベランダでキャンプを楽しむベランピングを少し意識しています。 家族で気軽にお茶を楽しめるのもテーブル茶道の良さですね。茶道教室や体験講座のときの説明の練習をしながらお茶を点てるので、息子は自然と覚えてしまうようで、お茶をいただく佇まいがまるで小さなお茶人のようで微笑ましいです。

  • 秋の訪れを感じつつ茶道教室でした

    やっと秋らしくなってきました。昨日は午後から茶道教室でした。ご参加されたのは、初回の生徒様。まずはお道具の説明をさせていただいてから、服紗さばきの練習をおこないました。 お菓子は「秋のおとずれ」森八製です。実際の柿も少しだけ色付いてきました。涼しくなると、しっとりと落ち着いた気分になりますね。お菓子をいただいた後は、通しのお点前です。1回目は流れをつかんでいただくのが目標ですので、ゆっくりと説明をさせていただきました。 お稽古の終わりに、「とても楽しかったです。」と仰ってくださり、ほっといたしました。楽しみながらできるのが何よりですね。

カテゴリー一覧
商用

フォローできる上限に達しました。

新規登録/ログインすることで
フォロー上限を増やすことができます。

フォローしました

リーダーで読む

フォロー