searchカテゴリー選択
chevron_left

メインカテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
jazzguitariivi
フォロー
住所
未設定
出身
未設定
ブログ村参加

2019/09/26

1件〜100件

  • 「シンプルに弾くことは最も難しい。沢山のスケールを弾くことよりもずっと難しい」

    おすすめに出てきたので見てみたら素晴らしいアドバイス動画でした。 Playing simple is also the hardest thing to doIt's much harder to do that than it is to play a lot of scale type stuffI'm picky about rythm much more than most people you can talk... やっぱりマンツーマンのレクチャー動画(音声だけでも)はかなり価値がありますね。ちょっとだけ見るつもりが気がついたら最後まで見ていました。

  • DTM 左手用 USBキーのキーキャップ

    AliExpressで注文していたUSBキー用のキーキャップが届きました。 今まで結局Enterキーしか使っていなかったのですが、何のキーなのか一目瞭然になった(頭では覚えているつもりでしたが)ことで他の3つのキーも使うようになるかもしれません。実際はどうでしょうね。視認性の問題ではなかったりして。

  • Julian Lage - Auditorium (Official Video)

    ジュリアン・ラージの新しいアルバムは9/16発表。チャールズ・ロイドトリオと合わせて楽しみです。

  • チャールス・ロイド「トリオ・オブ・トリオズ」

    チャールス・ロイドが3つのトリオで3枚のアルバムを発表するらしく、私の大好きなミュージシャンがどのトリオにも入っていてとても気になっています。 1枚目、まずはビル・フリゼールとトーマス・モーガンとのトリオで6/24に発表されます。 ビル・フリゼールとのトリオ、2枚目のアンソニー・ウィルソン(g)とジェラルド・クレイトン(p)とのトリオも勿論ですが、何といっても3枚目のジュリアン・ラージ(g)とザキール・フセイン(タブラ)とのトリオがかなり楽しみです!

  • Drake「Honestly, Nevermind」

    90'sダンスミュージックブームが来ている(来る?)のでしょうか? ドレイクの突然発表になったアルバム、1回聴いてみましたが懐かしい&音数少ない感じが結構いい感じでした。夕暮れ以降のホテルのプールサイド(もしくは高級ホテルの海辺にあるプール)が合いそう(笑) 2000年くらいにちょっと流行ったニューヨークのレコードレーベルNaked MusicとかCafe Del Mar的なチルハウスを思い出しました(そういうのを聴いていた時期もあります)。

  • 調理中に指切った

    前回10-46にしたセミアコの弦を再び095-44に戻しました。10-46に慣れた状態で095-44のSGを弾いた時に、中音域の密度が高く(倍音が多く)感じたからです。 10-46と095-44の弾き易さの違い(左手)は殆どなく、音色が自分の好みに近いのが細い弦だったという感じです。 細ければ細いほど音色は好みなのかもしれませんが、今の自分にはピッキングのコントロールができる範囲が095-44までで、それ以上細いと良い音を出すためのコントロールが難しい感じです。 そういえば4日前、薬味に使うシソを細かく切っている最中でした…左人差し指を切ってしまい、丸2日ギターを弾けませんでした。 切った瞬間…

  • electro-harmonix MEMORY TOY のトリムポット調節

    独特なザラつきのあるエフェクト音が特徴的なelectro harmonixのMEMORY TOYを購入しました。 オンにすると音量が上がってしまうという既知の問題があるため敬遠していたのですが、たまたま中古でかなり安く見つけたので買ってみました。 また、このペダル、内部にトリムポットが沢山付いていて、それで色々微調整できることにも興味がありました。 中古で購入したので、もしかしたら既に調整されていたのかもしれませんが、かなりザラザラでアタックの削られたエフェクト音がとても良い感じでした。 エフェクト音が歪んで、更に薄っすらブラウンノイズが乗るような感じ?です。今までBOSSとかMXR等いくつか…

  • 「トップガン マーヴェリック」

    今話題の「トップガン マーヴェリック」を観てきました。 ここ数年で観た映画の中で一番良かったです!オジサンが頑張っている姿が肯定されるとても格好いい映画でした。といっても世界一二枚目のおじさんですが。 2時間以上ありましたが本当にあっという間でした。2時間完全に映画の世界に入り込んでしまいました。いやあトム・クルーズって本当に凄いですね。

  • LeBrock

    デフ・レパードを彷彿とさせる歌と懐かしの80'Sサウンド!80年代産業ロックとシンセウェイヴの融合みたいなサウンドですね。イギリスのデュオだそうです。 私は80年代リバイバルの音をまだ飽きずに楽しめています。10年前くらいから始まったシンセウェイヴのブームは意外と今が最高潮? 80年代風というかもろに80年代なサウンドがたくさん世に出てきていますね。 話題のトップガンを観に行く前の予習でNetflixで旧トップガンを久しぶりに観ました。”スムーズ”を卒業してしまったケニー・ロギンスが大活躍していました。

  • ジャズベ用 フィンガーランプ自作

    フィンガーランプがどんな弾き心地か興味があったので、所有するFender MIJのジャズベ用フィンガーランプを自作してみました。 フィンガーランプ自体まだそこまでメジャーではないのか、市販のものは1万円くらいします。 外観はあまり良くはありませんが、実用的なフィンガーランプができました。 作り方 ホームセンターで100*100*5のゴムシートを購入、カッターで片方の辺を72mmくらいにカットし(ジャズベの場合)、ピックアップネジの当たる部分も切り落とし、両面テープでピックガードに貼り付けただけです。 ↑ピックアップのネジに当たる部分4箇所をカッターで少しずつ切り落として、ピックアップカバーと同…

  • DTM 左手デバイス USB Keypad 4 Keys

    左手でエンターキーを押すために小さなUSBキーをAliExpressで購入しました。 キーボードの配列をソフト的に変更したりもしているのですが、どうしてもキーが足りなくなったので、とりあえず試しに4キーの簡易的なものを導入してみました。 ボタンが多くてもそんなに沢山使わないだろうと思い、まずは4ボタンです。 基本的にCUBASEでの使用を前提に、上から「*」「/」「ENTER「0」の4つを割り当てていますが、今のところほぼエンターキーしか使っていません。 右手でマウスを掴みながら左手でエンターを押したい時が結構あるので、エンターキーのためだけでも便利です。 あとは、停止「0」も左手小指でやりた…

  • 湿度とネックの反り

    東京は昨日から空気がとても乾燥(湿度40%くらい?)しています。手はカサカサだし、目が乾く感じもあります。 今日は気温も30°、歩いていると汗をかきますがすぐに乾きます。 最近忙しく、珍しく昨日は一回もギターを手に取らず(厳密にはエレガットはちょっとだけ弾きました)、さっき久しぶりにエレキギターを弾こうとしたら、どのギターもチューニングが少し低くなっていることに気付きました。 更にSGとテレキャスは普段より弦高も少し高くなっていたので、極度の乾燥によりネックが順反りしたのでしょうかね。 ロッド調整をしようかとも思ったのですが、もうすぐ梅雨入りするし、こんなに乾燥した状態が続くとも思えないのでひ…

  • ハーブの季節

    春から秋までの季節はベランダでハーブを栽培して料理に使うごとに収穫しています。 この投稿をInstagramで見る jazzguitar251blog(@jazzguitariiviblog)がシェアした投稿 もう10年以上毎年、大葉、バジル、パセリ、ディル、パクチーを栽培しますが、育て方が下手なのかもしれませんが、どうしてもパセリがうどんこ病になってしまいます。 その度に丸刈りにして、新葉が出てくるのを待つのですが、やがてまたうどんこ病になります。上の写真のパセリは一度丸刈りにして新葉が生えてきたところです。 大葉とバジルは育つのがとても早く、花を咲かせてしまうのも早いです。 種から育てるこ…

  • リッキー・ジャーヴェイスの現実主義

    リッキー・ジャーヴェイスの現実主義 リッキーの新作スタンドアップコメディが公開されていました。相変わらず際どいネタで私はかなり楽しかったのですが、観た後に色々記事を見つけました。 まあ、そうですよね…。 「デレク」や「アフター・ライフ」のようなドラマとのギャップが凄すぎます。私はどちらの彼も好きですが。 ジ・オフィスが楽しめる方におすすめです。

  • マイク・モレノも観ているらしい Curb Your Enthusiasm(邦題:ラリーのミッドライフ★クライシス)

    マイク・モレノも観ているらしいラリーのミッドライフ★クライシスのシーズン11がU-NEXTで配信されているのを見つけたので最近寝る前に見ています。 私も好きで観ていたのですが、シーズン8までしか日本では配信(Amazonプライムビデオ)されず、もう日本では観れないと思っていたのですが、何故か突然シーズン9と10をスキップして最新シーズン11の配信がAmazonではなくU-NEXTで始まりました。 展開するストーリーは殆どなく1話だけ観ても全然楽しめるコメディドラマです。 この動画(1:08:00くらいのところ)でマイクモレノがCurb Your Enthusiasmのあるエピソードについて言及…

  • ギブソンのギターは何日間で生産されるのか?

    こういう動画を見てからギターを眺めると、凄い手間がかかっているんだなと改めて思います。毎日ギターを弾いていても意外と忘れがちですね。

  • エフェクターのノブ交換(格安ノブ)

    アマゾンの安いノブが中国から届きました。 やはり格安のノブで全く問題ありませんでした。 エレハモのノブ交換におすすめです。

  • おしゃれなパンケーキ型コネクター REAN RP2RCF レビュー

    REANのRP2RCF パンケーキ型コネクターでパッチケーブルを1本作ってみました。 ハンダ付けがし難いということもなく、ネジを締めたらちゃんとがっちり固定されるし、安いのに作りもしっかりしていると思いました。 私の中でかなり不評なREANのL型プラグ(NYS207)との比較 そこまでコンパクトではなく、大きさ的にはスイッチクラフトの228とほぼ同じくらいですが、デザインは良いと思いました。 別のメーカーでこのREANのプラグを更に縮小したようなSquarePlugという製品があり、良さそうなのですが1個800円と値が張ります。 パッチケーブルは今はモガミ2549&226で統一しているのですが…

  • ジョン・スコフィールドの教則ビデオ

    ジョン・スコフィールド本人によるもの 1983年の教則ビデオ 2005年の2枚組DVD ジョンスコ研究動画集

  • デジタルノギス

    アマゾンで安いデジタルノギスを購入しました。 800円前後ですが全然問題なく使えました。 今まではシンワのポケットノギスを使っていたのですが、0.1ミリ単位の目盛りを読み取るのにコツがいるし、メモリも小さくて見辛いのです。 この格安デジタルノギスだと一目瞭然かつデジタル表示も大きいのでとても見やすいです。 ギターパーツのネジ径とか、ノブのシャフト径とか測ることがごく偶にあるのですが、その程度の使用頻度、必要精度ならこの格安デジタルノギスで十分だと思いました。

  • Hargrove, a film directed by Eliane Henri

    jazztimes.com ロイ・ハーグローブのドキュメンタリー映画、とても気になります。 www.imdb.com

  • Gilad Hekselman「Far Star」

    ギラッド・ヘクセルマンの新譜が発売されました。 全体的に凄く良かったのですが、4曲目「Far Star」が素晴らしかったです。「Do Re Mi Fa Sol」と並んで私の中のギラッド名曲になりそうです!中間部のローファイなリバーブ音はA7ですかね。 5曲目、コードが主役のフュージョン曲「Magic Chord」も格好いい!! 最後「Rebirth」も素敵!

  • 南無妙法蓮華経

    お経をイメージした時、どんなモードが頭の中に鳴っていますか? ではこれをドローンとしてギターを弾いてみましょう!! Nam-myoho-renge-kyo | improvisation by Eran Har Even ギラッドのレアーな角度からの動画

  • シンメトリック・オーギュメント / Augmented Scale

    先日、YouTubeで大人気の宇田大志さんが「シンメトリックオーギュメントが熱い!」としてオーギュメントスケールを紹介されていました。オーギュメントスケールといえば皆さんは誰をイメージしますか? ジョン・ウィリアムズ(もしくはホルスト)的な、宇宙的なミステリアス感がクールですよね。 オーギュメントスケール教則動画を色々集めてみました 関連 メシアンモード3(移調の限られた旋法第3番)

  • Jacob Mann Big Band「Greatest Hits Volume 3」

    Greatest Hits Volume 3 by Jacob Mann Big Band ジェイコブ・マンの新譜が爽やかでいい感じです。 KnowerのLouis Cole、Sam Wilkes、Pomplamooseでよくベースを弾いているNick Campbellが参加しています。

  • フレットのジョリジョリを磨く(KOYO ステンレスみがきクロス)

    FRET BUTTERではフレットのジョリジョリ感が取れなかったので、KOYO ステンレスみがきクロスで磨いたらスムーズになりました。 この磨きクロスはステンレス用で結構削れるはずなので、なるべくなら使わずにフレットバターだけでツルツルになればいいなと思っていたのですが…でもやっぱりツルツルが良いです!こういうよく触れる部分のストレスはできるだけ減らしたいですね。 格安ギターをここまでモディファイしたのは初めてでしたが、楽しみながらも色々な学びがありました。

  • EXL110 XL

    <弦交換メモ> セミアコに1年ぶりに10-46ゲージ(EXL110 XL)を張りました。 095-44(EXL120+)で満足していましたが、使わないで長らく放置していた10-46があったのでなんとなく実験的に交換してみました。 久しぶりの10-46は太く感じ、ピッキングも強くしないと鳴らない感じがします。そして音が硬いです。やっぱり左手よりも右手への影響が大きいですね。 ロッドも30°締めて弦高も変わらないようにしたので、久しぶりにこのゲージを使ってみようと思います。

  • #ギターソロ

    先日ツイッターを覗いていたら「ギターソロ」が話題になっていました。 「スキップする若者が多い」ソースが何なのか判りませんが、たしかに必然性のないギターソロが曲の途中で始まるとテンション下がる感じ、わかります。 そもそも間奏が必要ないとか、EDM的な音へのギターのマッチングとか、色んな事情がありそうですね。サックスソロも最近は滅多に聞かないですよね。 先日交換したノブの操作感がとても良かったので、追加で今度はアマゾンで安いノブを注文してみました。多分中国からなので届くのに2週間位かかりそうです。

  • エフェクターのノブ交換(エレハモのノブの軸の系は6mm)

    ケーブルのプラグを注文するついでに購入した小物を紹介します。 エレハモのノブの軸の系は6mm FREEZEのノブをフェルナンデスのFULLTONE STYLE KNOBに交換しました。 FREEZEのツマミは頻繁に調整しませんが、エレハモのノブの白い線って消えやすいし調整もしやすくはないですよね。今回実験的に交換してみたのですが、視認性もよく微調整もしやすいです。他のエレハモのノブも交換したくなってきました。 アマゾンにあるネジ式じゃない安いノブでも問題なさそうな気がします。 ストラップを留めるやつ ギターが一本増えたのでSTRAP BLOCKSを購入しました。 これで留めるとストラップがプラ…

  • ジョン・スコフィールドの新譜

    ジョン・スコフィールドの新譜が発売されました。 ジョンはインタビューでOXのステレオアウトを直接録音して、それをエンジニアがリバーブ掛けたりEQしたと語っていました。 曲によってはループを録音するところは端折っているので、ややライブ感は薄まっている印象です。 There Will Never Be Another Youはライブでは本人が歌詞を紹介しながらコードのループを録音していました(27:00~)が今回は歌なしです。 ヴィブラートエフェクト(Jam Pedals Waterfall Chorus)によるヘロヘロな音もジョンスコにはまってますよね。

  • John Scofield「John Scofield」

    ジョン・スコフィールドの新譜が今日発売です。 ルーパーペダルを使った完全ソロ(UNIVERSAL AUDIOのOXを使用して録音)全13曲、ジャケットの犬はジョンスコが飼っている犬ではなく、下の犬が愛犬のようです。 この投稿をInstagramで見る John Scofield(@oldmansco)がシェアした投稿 楽しみです。 www.ecmrecords.com

  • Antonio Sanchez Drums bandle

    インスタグラムを見ていたらAntonio Sanchezのドラムループ集の広告が出てきて、ちょうどセール(Vol.1&2セットで3200円)をしていて面白そうなので購入してみました。 デモ動画を見るにワンショットサンプルはほぼないのだろうとは思っていましたが、やはりワンショットサンプルは無いに等しく(ベロシティレイヤーも勿論なし)、ほぼループ集でした。 マルチトラックではなくステレオWAVファイルです(1.2GB、約750ファイル)。 でも、アントニオ・サンチェスのあのスプラッシュシンバルのサンプル(もちろんループもロイヤリティーフリー)が手に入っただけでも3200円の価値はあると思います。こ…

  • ギタリストにもおすすめなベース用幅広ストラップ LEVY'S ( レヴィース ) / M4-BLK

    結局ストラップの自作はやめてシンプルで幅広なベース用ストラップ(LEVY'S M4-BLK)を購入しました。 このままだとストラップピン付近の幅が必要以上に広いので、コンフォートストラップ(Pro Bass Long 97-114cm)を重ねて縁をペンでマーキングし、ハサミでカットしました。ちなみにこのストラップはコンフォートストラップの一番広い部分よりも5mmくらい幅が広いです。 ただの切りっぱなしの革なので、ハサミで切っても特に問題ない感じです。切断面がちょっと毛羽立ちましたが、毛羽立ったところだけカットしてやるだけで大丈夫そうです。 肩が当たる部分だけ幅広に等、自分の好きな形&長さにカッ…

  • モーション・イン・モーション Motian In Motion

    Motian In MotionがYouTubeで観られるようになっていました。 スティーブ・スワロウ、ビル・フリゼールが多め、チック・コリア、クリス・ポッター 等が出てきます。 ニューヨークに行きたくなる度高めです。また1ドル80円になれ!!笑 ただでさえ物価高騰が激しいニューヨークに今の為替レートで行ったら更にショックを受けそうです。安い国日本。禍が落ち着いてきているし、そろそろ外国人が押し寄せて来そうですね。 ↓本編に出てくる恒例になっていたヴィレッジ・ヴァンガードでのトリオライブは私も2008年に観ました。 ヴィレッジ・ヴァンガードがあんなに狭いヴェニューだとは思わなかったです。ほぼ同…

  • できるだけ早くスケール練習をやめる

    スケールとかポジションとかそういうフィジカルな練習はできるだけ早く終わらせ、音楽的なことに時間を割くべきということですね。 我々が弾きたいのはスケールではなく音楽だから、そういう練習をするにしても、それを音楽的にどうやって活用するのか目的をはっきりさせた上で練習するべき。というようなことを語っています。 私は演奏も語り口もジョンスコ訛りが好きです。 ↓素晴らしい講義の全編

  • 映画「ZAPPA」観てきました

    新宿で。年齢層はかなり高めで5〜60代男性がメインでしたね。 この投稿をInstagramで見る jazzguitar251blog(@jazzguitariiviblog)がシェアした投稿 私はファンなのでザッパの生涯については大体把握していますが、それでも何度かうるうるきてしまいました。129分。 生きている間に62枚のアルバムを発表しましたが(没後57枚)、あのザッパですからもし生きていたら今も精力的に作曲を続けていたと思います。いや、意外と早めに引退してたかも?とにかく52歳は早過ぎでした。 ファン必見のドキュメンタリーです。ZAPPAが本当はどういう人だったのか興味がある人にもおすす…

  • Live From Emmet's Place Vol. 90 - Gilad Hekselman & Obed Calvaire

    エメット・コーエン凄いですね。恰好良すぎ。鉄壁のカルテット。タイトなタイム感。そしてとても楽しそう!!知らぬ間に体の動いてしまう最高のライブでした。 そして我らがギラッドはやっぱり凄かった!素晴らしい!彼の滑舌の良いクリアな音色も活きていたと思いました。クリアで繊細だけど細くない音が好きです。こういう中に入ると彼がやっぱり凄かったんだなというのがとてもよくわかりました。あらためてギラッドすげー。微歪みの音も格好いい。彼はどんどん格好良くなっていきますね。最後のソロギター(I've Grown Accustomed to Her Faceのカバー?)も最高でした。 そういえばペダルボードのA7を…

  • Gerald Clayton「Bells On Sand」

    Gerald Claytonの新譜です。1曲目から素晴らしいです。5曲目「That Roy」6曲目「Rip」の流れが胸に響きます。 ↓この時のピアノが彼だったはずです。私はこの会場にいました!途中大雨が降ったりしましたがそれがまた最高な演出となり素晴らしいライブでした。人生で観た中で断トツで一番心動かされたライブです。いまのところ。 その時の写真です。 動画も見つけたのでアップしてみました それ以外にも個人的には、フェデリコ・モンポウの曲を取り上げているのが目を引きました。モンポウの「Mompou plays Mompou」が大好きで、この中の数曲のピアノを練習したことがあります。久しぶりに弾…

  • Kurt Rosenwinkel & Jean-Paul Brodbeck - The Chopin Project

    カートの新譜が発表されました。 POG2で楽をしすぎじゃないですかね(笑)でもやっぱりこの音色私は好きです。弾くのもやみつきなのでしょうけど、聴く方も癖になります。やっぱりPOG2買うかなあ… カバーもいいですが、個人的には早くカートの新曲を聴きたいです。

  • ギターストラップの自作

    先日、エフェクターを試しに行くついでに、問屋街、浅草橋の革専門店を色々見てきました。ギターストラップを1枚革で自作できないかリサーチに。 余計な装飾は必要なく、程々に薄いシンプルな1枚革を探したのですが、案外好みの質感のものがなく、結局革の価格の相場感を掴むだけで帰ってきました。一枚革で120センチくらいの寸法を取る場合、意外と値が張る事が分かりました。 自作といっても革をただ裁断してピンの穴を開けるくらいの簡素な物をと考えていました。長さは大体決まっているので、ピンの穴を3箇所くらい開ければ良いと思っています。でも好みの質感の革を探すのも大変そうだし、どうするかなぁという感じです。 革そのま…

  • トレモロペダル(ELECTRO-HARMONIX Stereo Pulsar)レビュー

    UAFXがやっぱりかなり良くて、FLINTも悪くないのですが3つもリバーブは必要なく、売却しようかと思っています。 そのFLINTで薄っすら(掛かっているか判らないくらい微妙に)トレモロを掛けた音色が好きだったので、新たにトレモロペダルを探していました。'63のポジションでしか使っていなかったので矩形波のトレモロだけあれば十分でした。 そんな時ちょうどStereo Pulsarのミニサイズ版Nano Pulsarの発表があり、発売されたら購入しようと思っていました。でも、 リニューアル版と旧版の違いはボリュームノブが新たに追加されただけで、バッファードバイパスな仕様も含めてほぼ変わらなかったの…

  • This Song Should Have Been Massive(リック・ビアート)

    たしかにこの曲いいですね。 EPを聴いてみましたが、私は3曲目(動画で取り上げている曲)と5曲目が良かったです。もう20年近く前の作品ですが、MIXにあの頃の空気を感じ懐かしい印象を受けました。 でもどこに懐かしさを感じたんだろう?ギターとドラムの音質?トータルのコンプレッションの感じ?LCR panningな定位感?ドライなボーカル? 20年前がもう既に2000年代で、その頃の音を懐かしいと感じることにハッとします。

  • Electro-Harmonix PlatformのSWELL機能レビュー

    エレハモのPLATFORMのSWELL機能を楽器店で確かめてきました。 結論は惜しい、でした。 SWELLを左に回し切ったところからひと目盛り右に回した時のアタック音は良い具合にアタックが残されていて、なおかつフェイドシフトした音ではなく、弾いた瞬間これは!と思ったのですが、割と高い位置にゲートのスレッショルドが設定されていて、切れて欲しくないところで音が消えてしまいます。ハムバッカーのギターでフルボリュームで試したのですが、弱く弾くとたまに音が出なかったりする感じです。 やっぱりあの音が欲しかったらおとなしくPOG2を買えということですね。ATTACK DCAYのMONOモードのATTACK…

  • Feel Like Making Loveのカヴァー

    Feel Like Making Loveといえば誰のバージョンを最初に思い浮かべますか? ソウル系のセッションでよく演奏される曲で、作曲はユージン・マクダニエルス、最初の録音はロバータ・フラックのバージョンです。 マリーナ・ショウ 私が最初にこの曲を聴いたのはMarlena Shawのバージョンでした。 スネアのキレとかベースと作り出すグルーブ、メロウなギターに完全にやられました。そこからハービー・メイソンのドラムとチャック・レイニーのコンビのアルバムをかなり色々漁って聴きました。 ロバータ・フラック その次がロバータ・フラックのものでした。FREE SOULのどれかに入っていたんだと思いま…

  • tc electronic HyperGravity Compressor(miniから買い替え)

    tc electronic ( ティーシーエレクトロニック )のHyperGravity Compressorを購入しました。 今までこれの小さいモデル HyperGravity Mini Compressorを使っていたのですが、ちょうど安く手に入りそうだったので利便性のために買い替えたという感じです。 基本的にはTONEPRINTしか使わないので、違いはノブが一つだけ増えただけです。 でも一つ増えたことでアタックとリリースを個別につまみに割り当てる余裕ができました。本当なら最低でも更にあと2つくらいノブが必要ですが、それでも3つよりは便利です。 ところで、Electro-Harmonixの…

  • 浅煎りコーヒー

    先日気分転換に木更津までドライブしました。 アクアラインを降りてすぐ、三井アウトレットパーク木更津の近くにマライカというエスニック雑貨を扱うお店があって、その店内のレインボーカフェで売っているコーヒー豆「モカマタリ(イエメン)焙煎1」がとても美味しく、かつ200gで1000円と超破格なのです。 このレインボーカフェでは豆を選んで、焙煎の度合いを5段階で決めて、注文後に焙煎機にかける方式です。私はかなり浅煎りのコーヒーが好みなのですが、浅煎りの豆を売っているお店って意外とないんです。好みはシナモンロースト寄りのミディアムローストなのですが、ミディアムローストの豆を購入しても苦味が強かったりするこ…

  • Epiphone SG Special VE アップグレードまとめ

    ①ペグ交換 クルーソンタイプのペグに交換してやっとストレスなく調律が出来るようになった、という感じです。快適さが全然違います。ブッシングはオリジナルを流用しました。 ②ピックアップ交換 ネックピックアップをケントアームストロングのP-90タイプ(WPU900V)に交換した事で太い音色になり、ハムバッカーからシングルコイルになった事でダイナミクスが広がりました。その代わりにハイパワーなブリッジピックアップとの音量差が目立つようになりました。ミドルポジションではよりブリッジピックアップの寄りの硬い音色です。そのうちブリッジ側もP-90タイプか、アルニコマグネットの出力の低いハムバッカーに交換したい…

  • リック・ビアートによるThe John Scofield Interview

    逆アングル気味に?ピッキングすることを練習中だそうで、その成果を弾いて見せてくれますが、それでも音色がジョンスコなのはフレージングやタイム感はもちろん、ブリッジ寄りをピッキングするからでしょうね。ワンフィンガーで弾く練習も大変参考になります。弦のゲージに関する話題もとても興味深かったです。 5/6発表予定のソロ・アルバムが楽しみです。 ソロ・アルバムの録音はUNIVERSAL AUDIOのOXを使用したようです。 ジョンスコはまだ1度しか観たことがないですが、ただ演奏するだけじゃなくて、人を楽しませるマインドに溢れているというか、そういうのを凄く感じます。とてもプロフェッショナルかつそういう性…

  • バリー マイルズ 著「フランク・ザッパ 」

    バリー マイルズ 「フランク・ザッパ」 結構なボリュームがあり、まだ読み始めたばかりですが、読みやすい翻訳で楽しめそうです。 映画『ZAPPA』は4/22からです。

  • Romain Pilon「Falling Grace」

    Romain Pilon「Falling Grace」 ジャケットが格好いいロメイン・ピロンの新作です。 ジャケットが格好いいなと思って調べたらクリフォード・スティルという抽象表現主義の第一世代の指導者的存在の画家だそうで、数年前にzozotownの前澤氏が彼の絵を23億円で購入して話題になっていたようです。 全体的にリラックスした雰囲気が良いです。ギターのトーンも減衰の長いリバーブもいいですね。

  • ソニーCFD-S70 レビュー

    実家の屋根裏から発掘されたカセットテープを聴くためにラジカセを購入しました。 Amazonで7000円くらいのラジカセなので音質は値段なり、低音は全然出ないし、高音のハイファイさも全くありませんが一応ちゃんとテープを聴けました。 テープの内容は幼稚園児の私が歌ったり朗読しているという内容でした(笑) でもちゃんと聴けてよかったです。 予想よりコンパクトで、デザインはなかなか良い感じでした。 電池(単2電池6本)でも動くので在宅避難用のラジオとしてもありかもしれません。 ライン入力端子(ステレオミニ)、ヘッドフォン端子(ステレオミニ)があります。

  • Sam Fribush Organ Trio with Charlie Hunter Spanish Joint - Live at Sharoki Hill Festival 2022

    ディアンジェロのこの曲大好きです。オルガントリオに凄く合っていますね。かっこいい!

  • フェルナンデス P-100SPA と モントルー ティア 1.00mm デルリン

    左:アイバニーズ EL14HD10 中:フェルナンデス P-100SPA 右:モントルー ティア 1.00mm デルリン 先日イケシブの近くを通ったのでぶらっと立ち寄り、最近愛用しているモントルーのピックにそっくりなピックを見つけたので購入してみました。 帰宅して利きピックしてみたのですが、プリントが違うだけでピック自体は同じものなんじゃないか?という感じです。高確率で言い当てられなかったです。 モントルーは楽器店で見ることがなく、マイナーなピックだと思うのですが、ディスコンになったりしたら嫌だな、できれば入手しやすいものの方が良いなと思っていたのでフェルナンデスなら安心です。サウンドハウスに…

  • エスコ 4.0x250mm[Hexagon]T型レンチ

    4mmの六角レンチの長いやつです。 トラスロッドの調整に今まで短いやつを使っていたのですが、この長いやつはギターのヘッドの先端よりも離れたところにT字がくるのでとても使いやすいです。安いしもっと早く買えばよかったです。 所有のギターのうち3本(COMINS、JACKSON、EpiphoneSG)はこれで合いました。 ↓このサイトでギターメーカー毎の適合サイズが判ります。

  • electro-harmonix bad stone レビュー

    electro harmonixのフェイザーbad stoneを購入しました。 先日Tame Impalaの動画を観てからフェイザーが気になっていました。 昔BOSSのフェイザーを持っていたのですが、壊れたのか紛失したのか、探しても見つからなかったので、とりあえずフェイザーをひとつ欲しいなと思いエレハモペダルファンなのでbad stoneにしました。 フェイザーのかかる度合いを調節できますが、最低にしてもフェイザーが掛かっているのかどうか判らない程度まで浅くはできません。これが少し残念ですが概ね良い感じのうねりです。一方スピード調整の幅はかなり広く、超低速から、フェイザーなのか何なのか分からな…

  • Epiphone SG Special VEレビュー

    ピックアップ ピックアップをP-90に交換する前提で購入したEpiphone SG Special VEですが、元々付いているハムバッカーピックアップはかなり出力が高く(直流抵抗12kという報告も見ました)、いつも弾くセミアコのハムバッカーでは殆ど歪まないセッティングなのにSGだと結構歪みます。 このギターはエピフォンのカタログ外のモデルなので詳細スペックが分かりませんが https://oldtimemusic.com/epiphone-sg-special-ve-review/ によるとハイパワーなセラミックマグネットのEpiphone 700Tと650Rが載せてあるようです。 弾いた感じ…

  • Wilkinson 3対3 デラックスヴィンテージキーストーンスタイルギブソン/エピフォンレスポールギター用ペグセット

    Epiphone SG Special VEのペグをクルーソンタイプのペグに交換しました。 できればGOTOH製が良かったのですが、ポストの長さが足りなかったのでウィルキンソン製のものにしました。 WILKINSONのペグは韓国製で格安なのですが私のCOMINSのセミアコにも付いていてかなり快適な使い心地です。 元から付いていたペグはサウンドハウスの8000円ギターに付いていたものと多分同じ物でペグの動きがスムーズでなく使い心地はかなり悪いです。 元のブッシュも取り外して交換しようと思ったのですが、新しいブッシュの方がほんの少し大きく、穴を広げないと入らない感じだったのでそのまま流用しました。…

  • ダイナソニックタイプのピックアップ

    購入したEpiphone SGのピックアップ(多分フロントだけ)をP-90タイプに交換しようと思っていたのですが、最近DynaSonicタイプのピックアップにも興味が湧いています。 いずれにしても高価なピックアップに交換することは考えていないので 候補としては KENT ARMSTRONGのWPU900V 格安のダイナソニックタイプ このあたりにしようと思っています。 ダイナソニックはDeArmond 2000ピックアップの別称で、よくグレッチについているピックアップです。最近ではコリングスのジュリアン・ラージモデルについているピックアップのタイプです。 そのジュリアン・ラージモデルはたしかグ…

  • Epiphone SG Special VE 購入

    P-90ピックアップを載せるギターとして最近茶色のSGが気になっていたのですが、ヘッド落ち(neck dive)が好きではないので多分私には合わないのだろうと思っていました。 でもちょうどエピフォンの安いモデルで好みなルックスのEpiphone SG Special VEを都内の楽器屋にあるのを見つけたので試奏してきました。 ナイロンストラップを付けて弾いてみたのですが、なんとヘッド落ちしなかったのです! ボルトオンネックだし、フレットのバリも酷く、いかにも安物のペグが付いていて、いかにもチープなのですが2kg代でかなり軽いにもかかわらずヘッド落ちせず、ストラップで構えた時の弾き心地も良かった…

  • ヘッド落ちは英語圏では何という?

    P-90ピックアップの軽いギターとしてSGタイプにもちょっと興味があるのですが、SGはヘッド落ちすることで有名なギターです。 いくつかのアメリカ人のSGの動画を見ていたら、ネック落ちのことをneck diveと言っているのに気付きました。 https://www.youtube.com/results?search_query=fix+neck+dive youtubeに対応策の動画が色々あります。 でも、せっかく軽いSGに重りを入れるのはもったいない気もします。 私もジャズベのペグを軽量なものに交換して、裏蓋の中に鉛テープを入れてバランスを微調整したことがありますが、SGまで行くと結構な重り…

  • State Cows - Hold On (westcoast aor / yacht rock, 2022)

    AORのどこかで聴いたことのある音を聞かせてくれるState Cowsの新曲です。彼らの新曲はAOR懐メロ的に楽しんでいます。 今回の曲は聴いてすぐ下の4曲を思い出しました。20代の頃AORにかなりはまっていた時期があり、とても懐かしいです。

  • エフェクター入れ替え

    暫くFLINTとUAFX GOLDEN Reverberatorを使ってみて、結局自分が欲しいのはリアルな空間だったということが分かりFLINTは外しました。UAFXでもknob coverは使えました。微調整を足で出来るのは便利ですよ。ディレイもリバーブもMIXノブに使っています。 それとAttack Decayはカートの音を再現しきれないフェイズシフトした音なのが気になってしまい使わなくなったのでボードから外しました。 ボードのスペースが2台分空いたのでなんとなく久しぶりにCorona Chorusを繋いでみました。 そういえば、UAD SPARKは既存プラグインのネイティブ対応という内容…

  • 渋谷区桜丘町の桜

    この投稿をInstagramで見る jazzguitar251blog(@jazzguitariiviblog)がシェアした投稿 渋谷(桜丘町)の桜も綺麗でした。 UAD SPARKの正体は?シンセ?

  • Tame Impala - InnerSpeaker (Live From Wave House)

    最高なロケーションですね。こんな場所でバンド演奏してみたい! 学生の頃、音楽サークルで春休みと夏休みにスキー場のペンションを借りて合宿とかして楽しかったのを久しぶりに思い出しました。 窓から見える景色は海ではなかったですが、機材の置き方とかこんな感じでした。 鍵盤とかドラムとかベースとかギターでいくつもバンドを掛け持ちして寝ないでスタジオ入りまくってた合宿…あの頃楽しかったなぁ。 で、この部屋はどこにあるんだろ?やっぱりオーストラリアかな?と思って調べたらここは有名アーティストにも使用されたことのあるスタジオだそうです。Tame Impalaはアルバム「Currents」をここで録音したそうで…

  • BOSS BPK-72-D88

    BOSSのBPK-72-D88です。 デザインに惹かれサウンドハウスで弦を買うついでにカートに入れました。 左:TORTEX STANDARD 中:BPK-72-D88 右:Formula Delrex RD351 右2枚はほぼ同じです。左のダンロップは右2枚よりもごく僅かに小さく、先端の丸みがが僅かに強いです。 また、個体差かもしれませんが、右2枚はどちらも購入時点で微妙に反りがありましたが左はちゃんと平らでした。さすが大手ピックメーカーという感じでしょうか。素材の感じは3枚とも同じ感じです。 特に好みではありませんが似たピックを持っていたので比べてみました。

  • Dave Stryker Trio - Live at Smalls Jazz Club - New York City - 3/26/22

    難しいことは一切なし、エフェクターもなしで十分かっこいいデイブの潔さが好きです。 私はジャズギターを初めてすぐ、教則本5冊目くらいにDave Strikerの教則本を購入したのですが、フレーズ例(付属音源の音も)が格好いいと思えることって大事なんだなと改めて気づかせてくれた教則本でした。少ないページ数で必要最低限のことが簡潔に書かれています。 私自身まだまだ初心者ですが、もしこれからジャズギターを始めようとしていて、デイブのようなプレイが格好いいと思う友人がいたら最初におすすめしたい教則本の1冊です。

  • Electro-Harmonix Nano Pulsar Stereo Tremolo Pedal

    先日購入したUAFX GOLDEN Reverberatorが良い感じなので、予定通りFLINTと入れ替えてもいいのかなと思ってきました。そうすると、ごく偶にですが使っていたFLINTのトレモロ('63 tubeが好きです)がなくなってしまうのがちょっと惜しい感じがしていて、代わりになるものがないか探してみました。 トレモロの速度を激烈に上げられて面白そうだと思っていたEHXのSTEREO PULSARのコンパクト版Nano Pulsarが最近発表されていました。現時点では日本未発売? Fender Rhodes的にステレオで左右に揺らすトレモロをギターに使うのも面白そうですね。

  • Gibson Archive Collection | First Look at the Theodore Guitar w/Joe Bonamassa

    渋い!!高い!!P-90ギターは引き続きのんびりと物色中

  • UNIVERSAL AUDIO UAFX GOLDEN Reverberator レビュー(FLINTとの比較)

    ずっと気になりつつもFLINTでそんなに不満がなかったため先延ばしになっていたUNIVERSAL AUDIOのリバーブ UAFX GOLDEN Reverberatorを購入しました。 常にONにしておくリバーブとして 現在リバーブは他にA7があり、アンビエント的に遊ぶ時の飛び道具っぽい効果はそれに任せ、常にONにしておくリバーブとしてFLINTよりもUAFXの方が良さそうであればFLINTと入れ替えるつもりで購入しました。 アンプのあるDTM部屋は吸音してかなりデッドな音なので(それはそれで良いのですが)、基本的にいつもsmall roomもしくはPLATEを模したリバーブをうっすら掛けてい…

  • RBAT361A01WH でPixel 6 proを充電してみました(非常用電池式充電器)

    この非常用電池式充電器でPixel 6 PROに61%から開始して84%まで(23%分)充電できました。 使用した電池はサウンドハウスのアルカリ単3型乾電池6本です。もっと上等な電池を使ったらもう少し充電できるのかもしれませんが、23%充電できたので一応非常用としては使えると思いました。 とりあえず電池を沢山ストックしておけば停電してもなんとかスマホが使えます。そんな時に電波が飛んでるのか分かりませんが。

  • UAFX GOLDEN Reverberator

    この投稿をInstagramで見る jazzguitar251blog(@jazzguitariiviblog)がシェアした投稿 UNIVERSAL AUDIOのUAFX GOLDEN Reverberatorを購入しました。FLINTからリバーブ買い替えのつもりだったのですが果たして…

  • 「#oneminuteradio 3」Reinier Baas

    #oneminuteradio 3 by Reinier Baas Reinier Baasの断片集(?)の新作がアップされました。1分の曲が10曲のシリーズの3作目。

  • FENDER ( フェンダー )からパーラータイプのアコギ PS-220E Parlor

    FenderからパーラータイプのアコギPS-220Eが発売されました。 私はパーラータイプのギターはRecording KingのRPS7でかじった程度なのですが、このPS-220Eはとりあえずルックスはかなり良い感じだと思いました。 ヘッドストックのデザインも渋くて良いですね。 公式サイトによると 新しいParlorシェイプ ソリッドスプルースまたはマホガニートップ、ソリッドマホガニーサイド&バック PiezoとTransducerを搭載した新しいFender/Fishman Sonitone Plusピックアップ スノーフレイクインレイ ラックまたはタイガーストライプのピックガード ハード…

  • Sweetwaterの巨大店舗

    楽しそう!スケールが凄いですね。 マンハッタンのギターセンター(ユニオンスクエア店)ですら初めて行った時はスケールのデカさに圧倒されましたが… アメリカのこういうところが好きです。

  • On Point teddy mike

    On Point by teddy mike Dynamite by Teddy Mike パキパキなギターがいいですね。

  • Listening to Kenny G

    友人宅で観せてもらったのですが、かなり面白かったです。題材の時点で既に面白い。 あそこまで成功していなければ、JAZZと言わなければ、あの天真爛漫さがなければ、一部の人達に嫌われるような事はなかったんじゃないでしょうか。 中国では、日本でいう「蛍の光」的に、閉店時の音楽に定番的に使われているというエピソードが面白かったです。 ↑ディレクターのインタビュー動画。 私自身のケニーG体験は、まだ10代の頃、やたらと流行っていたのでどんなものかとツタヤでCDを借りたことがありますが、1度聴いて終わりだったと思います。その頃はクラプトンのティアーズ・イン・ヘブンとか、ベイビーフェイスのようなフォーキーな…

  • ALTERNATIVE GUITAR SUMMIT 2022: HONORING MICK GOODRICK. A NIGHT OF GUITAR EXPLORATIONS

    www.soapboxgallery.org 日本時間の今朝配信されていた動画です。 私は告知された時点で興味があったので寄付をしていたのですが、現時点でどなたでも自由に観られるようです。私もMICK GOODRICKの教則本は1冊持っています。 見どころはやはりJulian LageとWolfgang Muthspielのデュオですね。

  • Tears of Isolation / State Cows

    Tears of Isolation by State Cows State Cowsの新曲です。コード進行が80年代ですね。若者にも新鮮に聴こえそう。 Emily by State Cows こっちは完全にPAGES風ですね。古き良きAOR万歳!

  • 『ZAPPA』予告編

    公開は4月22日。ファンなので自伝(その他)も読んだし映像も色々見てますが、それでも楽しみです。

  • TC ELECTRONIC Infinite Sample Sustainer レビュー

    エレハモのFREEZEのような効果を得られるTC ELECTRONICの新製品Infinite Sample Sustainerをお店で試させて貰いました。FREEZEの高性能版として置き換えることができるかどうか、という視点からのレビューです。 私はFREEZEは練習の時にドローンとして使ったり、ソロギターでコードチェンジのたびにピアノのサステインペダルのような使い方をして、その上でシングルラインを弾いたり、とか、シングルラインでたまに1音だけ伸ばしっぱなしにしてトリッキーにしたり等に使っています。基本的にはピアノのサステインペダルと同じ感覚で使います(スイッチもサステインペダルで操作します…

  • Acoustic Guitar-When Summer Comes(Oscar Peterson) for OP, Joe Pass, Barney Kessel, Herb Ellis.

    Ulf Wakeniusのピックで弾くエレガットのとても暖かくて優しいフレーズが好きです。 このアルバムは疲れた時に聴くと本当に癒やされます。 毎日ニュースで気分が重くなる今、こういうのを聴きたい気分です。

  • まつだ桜まつり

    小田急線の新松田駅から徒歩で20分、まつだ桜まつりに行ってきました。 この投稿をInstagramで見る jazzguitar251blog(@jazzguitariiviblog)がシェアした投稿 今年で3年連続、3回目です。今が見頃です。

  • TC ELECTRONIC Infinite Sample Sustainer

    エレハモのFREEZEのような効果を得られるTC ELECTRONICの新製品Infinite Sample Sustainer、気になっていて試奏してみたいのですが、店頭ではまだ見たことがありません。 ただ、YouTubeで沢山のデモ動画を見ていると、どうもフリーズ音(エフェクト音)のアタックが遅いように聴こえます。 ↑DECAYもFADE INもゼロに設定した状態でスイッチを押してからフリーズ音が鳴り始めるまでにちょっと間があるのが気になります。特にわかりやすいのが6:30~、TP2モードではありますが、スイッチ押してからエフェクト音が鳴るまでのラグがかなりあります。ラグがあってからアタッ…

  • 「ウクライナ・オン・ファイヤー」日本語字幕

    ウクライナ・オン・ファイヤー 日本語字幕 - YouTube 一昨日観た「ウィンター・オン・ファイヤー: ウクライナ、自由への闘い」とは逆の視点から描かれた、オリバーストーン製作総指揮によるドキュメンタリー「ウクライナ・オン・ファイヤー」を観ました。 御茶ノ水にギターを試奏しに往復の電車の中で途中まで、帰宅してから残りを観ました。一昨日「ウィンター・オン・ファイヤー」を観ている最中から、逆の視点、別の視点からはどう見えていたのか気になっていました。 いずれにしても、侵略など許されるべきではないです。この自体がどう収まるのか、収まった後も…気掛かりです。 ところで、P-90ピックアップのギターが…

  • Dave Stryker「As We Are」

    Dave Strykerの新作がとても良かったです。 ストリングスカルテットがとても自然にふわーっと入ってくるアレンジも、上品なミックスもとても良いと思いました。デイブの丸くて優しいトーンがとても心地よいです。 特にピアノを担当しているJulian Shore作の6曲目が格好いい!ストリングスのアレンジも彼がやったようです。 “Where We Started”- Julian Shore, Ben Monder, Oded Tzur

  • ドキュメンタリー「ウィンター・オン・ファイヤー: ウクライナ、自由への闘い」

    米国の俳優ショーン・ペン氏は26日、ロシアによるウクライナ侵攻のドキュメンタリー映像作品を制作するためウクライナ西部リビウを訪問している というニュースが気になって、彼のTwitterアカウントを覗いてみたところ、これまでのウクライナについてあまり良く知らないひとは観てみて下さい、と推薦されていたドキュメンタリー映画「ウィンター・オン・ファイヤー: ウクライナ、自由への闘い」を観てみました。 For those who are paying attention to Ukraine, but know little about it’s recent history or people, pl…

  • モデルナ副反応から回復

    モデルナ3回目翌日は丸一日倦怠感、寒気でダウンしていましたが、早めに寝て起きたら平常に戻っていました。久しぶりに不健康な状態を体験し健康の大事さを再確認しました。

  • モデルナ副反応が辛い

    ファイザー2回接種後6ヶ月経ち、昨日モデルナを追加接種してきました。 ファイザー2回目の時38℃くらい発熱し、解熱剤で対応して楽勝だったので、まあ今回も熱出たら下げればいいだろうとたかを括っていたのですが、24時間後くらいから倦怠感、節々の痛み、寒気が酷く(38℃)、インフルエンザに罹った時のような状態になったので、カロナールで解熱したのですが、解熱したものの倦怠感と頭痛と怠さが酷いです。 原因がワクチンの副反応と分かってはいてもやっぱり嫌ですね。ファイザーの2回目よりもかなり酷い副反応でした。

  • サテンフィニッシュをグロスに(ひとまず完了)

    結局これ以上オイルを塗って鏡面に挑戦することはせずに、いったん完了とすることにしました。現状の仕上がりをうまく写真に写すのが難しいのですが、つや消しではなくなった分、黒がより濃い感じになり、いい具合に使い古された感じの仕上がりです。 ボディに右小指が触れる時のカサカサいう音はなくなりました。あんまり弾いてないギターですが、自分で何度もオイルを塗ったり色々しているうちに少しだけ愛着も出てきました。 音に関しては、塗装する前と後で弦のゲージと素材が違うため評価が怪しいですが殆ど変わらなかったような気がします。 元張っていた弦に戻して今度再評価しようと思います。

  • Romain Pilon Trio feat. Jeff Ballard : "Lament" (J.J. Johnson)

    もはやアンビエントギターと言ってもいいくらいの残響で、1音の価値が高いというか、音と音の空白の価値も高い感じが素晴らしいですね。来月発表される新作がとても楽しみです。 学生の頃70年代、80年代のハンコックのアルバムは全てCDを買って擦り切れるほど聴いていましたが、この曲はベスト10に入るくらい好きでした。ドラム打ち込みなのに機械的じゃないグルーブが凄いと思っていました。このアルバム大好きです。

  • サテンフィニッシュをグロスに (やり直し)

    前回の時点で、結構良い感じだったのですが、更にどれくらいピカピカにできるか試そうと、SOFT99の9800で磨いてみたのですが、あまり変わらず、ということはやっぱりもっと丁寧にサンドペーパーの粗い物から順に磨いていかないと鏡面にはならないと思ったので、いったん800番のサンドペーパーまで戻って、結構全体がザラザラな感じに傷つけて、そこから2000番まで順に丁寧に磨いていって、もう一度オイル・ジェルを塗ったのですが、なんだか汚い感じ(オイルの下にムラが閉じ込められているような?)になってしまいました。余計なことをしたなと思いつつ、更に3回重ね塗りしたところで、ほぼ3日目の最後の磨きの手前くらいの…

  • サテンフィニッシュをグロスに(3日目)

    結局合計9回オイル・ジェルを塗りました。この時点で完了としてもいいくらいのいい雰囲気(かなり劣化したラッカー塗装的な)だったのですが、どこまでいけるかコンパウンドで磨いてみることにしました。 大着をしてコンパウンド(極細)をワイプオールに付けてこすってから、電動ドライバー用ポリッシャーで磨いたところ、ツヤ感が増しましたが、想像よりも艶がなかったため、中細のコンパウンドまで戻って、もう一度極細で磨いたら更に艶が出て来ました。 でも鏡面まではいきません。やっぱり鏡面にしたい場合は細目のコンパウンドから丁寧にやるべきなのでしょう。でももしCASINOを買ったらこのくらいの塩梅がちょうど良さそうだと思…

  • ズル?時短?エコ?覚えることは少ない方が良い? 色々スーパーインポージング

    マイナーペンタのスーパーインポージング マイナーペンタだけで色々なコードと戦う! △7thアルペジオをスーパーインポーズ m7の時だけじゃ勿体ない!メジャー7thアルペジオを色んなコード上でね! m7b5アルペジオのスーパーインポジション ハーフディミニッシュアルペジオを別のコード上でも弾く! Maj7(b5)アルペジオをスーパーインポーズ 君はブルー・ボッサをMaj7(b5)アルペジオだけで弾けるか?! Major b6ペンタトニックをスーパーインポーズ Major b6ペンタを色んなコードで弾いてしまえ! ジャズに近道無し!

  • サテンフィニッシュをグロスに(2日目)

    この投稿をInstagramで見る jazzguitar251blog(@jazzguitariiviblog)がシェアした投稿 6回塗りました。 この時点で、これはこれでヴィンテージ風な味わいがありますが、もう少し重ね塗りして、明日電動ドライバー用ポリッシャーが届くので、初めてバフ掛けという作業をしてみようと思います。これでどこまでグロスっぽくなるのか楽しみです。 とりあえず現時点でサテンフィニッシュによる服のカサカサいう擦れ音はほぼ気にならない状態にはなっています。 オイル・ジェルの塗布のコツも掴んできて、ムラが少なく塗布できるようになりました。マイクロファイバー的な布で素早く薄く塗るのが…

  • サテンフィニッシュをグロスに

    ギター用オイル・ジェルによるマットフィニッシュのグロスフィニッシュ化の作業を開始しました。 この投稿をInstagramで見る jazzguitar251blog(@jazzguitariiviblog)がシェアした投稿 とりあえず今日は2回塗りました。 乾燥した気候の屋外(ベランダ)で塗ったのですが、結構乾くのが早く、丁寧にゆっくり塗っていると最初塗った場所からどんどん乾いていく感じだったので、素早く全体に塗るのが良さそうです。特に理由はなくワイプオールX70で塗りましたが問題ありませんでした。 塗って4時間乾かして600番のサンドペーパーで軽くこすって均し、また塗るという作業なので時間がか…

  • TRICK ( トリック ) / TP11 Fretboard Cleaner

    先日ギターのボディをクリーニングした時にJackson JS22の指板が汚れているのに気付きました。指板に楕円のような汚れ(というか楕円の部分が汚れていない部分)がうっすら見えていたのでクリーニングしました。弾く頻度はそんなに多くないのですが、他のローズ指板のギター、テレキャス、セミアコよりも汚れが目立っていました。 指板を掃除する時はいつもこのクリーナー(TP11)を使っています。評判が良いので購入しましたが、確かに汚れがよく落ちます。数年前に中古で購入した指板の汚れたベースを綺麗にする時に購入したのですが、これで完全に落ちました。 綺麗にした後はPremium Fingerboard Oi…

  • ギターのボディを綺麗に ケンスミス PRO FORMULA POLISH

    ギター用オイル・ジェルが届きました。時間を見つけてRPS7の表板をグロスにしてみようと思います。 一緒に注文していたピックとケンスミスのPRO FORMULA POLISHも届きました。 右のPA-1.0Sは左のティア 1.00mm デルリンに比べて弦の摩擦抵抗がやや強く、デルリンのような(BlueChipも)滑りが良いものが好みなことを再認識しました。 あと、BlueChipのように先端がユーズド加工のような感じに削ってあると、巻弦をちょっと斜めに順アングルでピッキングしてもゴリッとした感触がないのが好きなので、試しにティア 1.00mm デルリンも先端をサンドペーパー(1000番&1500…

  • MONTREUX ( モントルー ) のピック

    左 PA-1.0S、右 ティア 1.00mm デルリン 注文していたモントルーのピックが届きました。 右は同じ形の別素材で、滑り止めなしです。 暫く弾いてみたところ、どちらも滑りが良く、ブライトすぎないトーンが良い感じです。 この絶妙な感じはどこから来ているのかと思い、ピックの形状を改めてよく観察してみました。 基準 左からTORTEX STANDARD、Tortex T3、TORTEX JAZZ III XL 左の普通のティアドロップだとわずかに大きすぎる感じがあって、今まで右のJAZZ XLを使っていたのですが、最近速いフレーズを弾く時に大きいピックを浅く持つ方が動きが少なく、楽にピッキン…

  • MONTREUX ( モントルー ) / Montreux PA-0.8S Black [3928]

    最近弦のゲージに合わせて薄いピックに興味が出てきて、MONTREUXのPA-0.8Sが久しぶりにヒットしました。今まで使っていたTORTEX JAZZ III XLが0.88mmだったので、それよりも更に0.08薄いです。私のピッキングだとやや全長の短いTORTEX JAZZ III XL0.88mmではピックのしなりはほぼ感じませんが、ティアドロップで厚さ0.8mmだと結構しなりを感じます。 今までピックに滑り止めが付いているのは好きではなかったのですが、このピックの先端の形と素材と厚さの組み合わせによるものなのか、滑り止めが嫌な感じがありません。ほんの少し普通のティアドロップよりも先端が尖…

ブログリーダー」を活用して、jazzguitariiviさんをフォローしませんか?

ハンドル名
jazzguitariiviさん
ブログタイトル
Jazz Guitar iiVI’s blog
フォロー
Jazz Guitar iiVI’s blog

にほんブログ村 カテゴリー一覧

商用

フォローできる上限に達しました。

新規登録/ログインすることで
フォロー上限を増やすことができます。

フォローしました

リーダーで読む

フォロー