プロフィールPROFILE

jiho / 映像クリエイター&ライターさんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
映像&史跡 fun
ブログURL
https://kerokeronet.hatenablog.com/
ブログ紹介文
歴史や旅には人生や仕事のヒントがある!? ちょっとまじめに深掘り!テレビ番組のお話しも…
更新頻度(1年)

18回 / 47日(平均2.7回/週)

ブログ村参加:2019/09/25

jiho / 映像クリエイター&ライターさんのプロフィール
読者になる

jiho / 映像クリエイター&ライターさんの人気ランキング

  • IN
  • OUT
  • PV
今日 11/18 11/17 11/16 11/15 11/14 11/13 全参加数
総合ランキング(IN) 25,198位 26,373位 26,351位 26,348位 26,378位 26,445位 26,255位 978,334サイト
INポイント 10 10 0 10 10 10 10 60/週
OUTポイント 10 20 0 10 10 10 10 70/週
PVポイント 190 540 150 430 70 310 160 1,850/週
歴史ブログ 92位 97位 97位 97位 98位 95位 97位 4,200サイト
日本史 28位 27位 27位 26位 27位 27位 27位 592サイト
史跡・神社仏閣 29位 32位 32位 32位 33位 34位 37位 713サイト
歴史ファン 7位 8位 9位 9位 9位 9位 8位 33サイト
今日 11/18 11/17 11/16 11/15 11/14 11/13 全参加数
総合ランキング(OUT) 42,616位 43,963位 46,683位 46,536位 46,551位 46,700位 44,112位 978,334サイト
INポイント 10 10 0 10 10 10 10 60/週
OUTポイント 10 20 0 10 10 10 10 70/週
PVポイント 190 540 150 430 70 310 160 1,850/週
歴史ブログ 83位 88位 114位 114位 109位 108位 92位 4,200サイト
日本史 26位 24位 26位 27位 28位 28位 28位 592サイト
史跡・神社仏閣 38位 40位 41位 41位 41位 41位 37位 713サイト
歴史ファン 7位 8位 8位 8位 8位 9位 8位 33サイト
今日 11/18 11/17 11/16 11/15 11/14 11/13 全参加数
総合ランキング(PV) 7,140位 7,447位 7,759位 7,790位 6,751位 6,382位 5,731位 978,334サイト
INポイント 10 10 0 10 10 10 10 60/週
OUTポイント 10 20 0 10 10 10 10 70/週
PVポイント 190 540 150 430 70 310 160 1,850/週
歴史ブログ 29位 29位 33位 31位 29位 28位 26位 4,200サイト
日本史 8位 8位 8位 8位 8位 8位 8位 592サイト
史跡・神社仏閣 14位 15位 16位 16位 14位 13位 12位 713サイト
歴史ファン 1位 1位 1位 1位 1位 1位 1位 33サイト

新機能の「ブログリーダー」を活用して、jiho / 映像クリエイター&ライターさんの読者になりませんか?

ハンドル名
jiho / 映像クリエイター&ライターさん
ブログタイトル
映像&史跡 fun
更新頻度
18回 / 47日(平均2.7回/週)
読者になる
映像&史跡 fun

jiho / 映像クリエイター&ライターさんの新着記事

1件〜30件

  • 土木の日 / 1964年の日本

    土木の日 / 1964年の日本 【概要】土木の日。土木コレクション。土木界の偉人たち。1964年(昭和39年)の日本。国立代々木競技場。◇土木の日本日11月18日は「土木(どぼく)の日」です。「土木」という漢字を分解すると、「十一」と「十八」になるので、11月18日なのだそうです。よくわからない方…、ペンを手にして「土木」とゆっくり書いてみてください。そうして、その手の動きを見ていてください。「十一」と「十八」としっかり書いているはずですよ。また、この日は、「土木学会」の前身である「日本工学会」が、1879年(明治12年)11月18日に創立された日だそうです。* * *本コラム「映像&史跡fu…

  • みゆきの道(1)桜田門から日比谷公園

    みゆきの道(1)桜田門から日比谷公園 【概要】桜田門外の変。日比谷公園。桜田門・桜田通り・日比谷公会堂・日比谷花壇・松本楼・旧長銀本店ビル。◇みゆきの道へ出発コラム「御行(みゆき)の先に幸がある」の中で、「祝賀御列の儀(祝賀パレード)」のことを書きました。その中で、東京銀座の「みゆき通り」のことも簡単にご紹介しましたが、私は、今回の「祝賀パレード」の直後に、明治天皇が通った、東京銀座の「みゆき通り」を歩いてきました。「祝賀パレード」と同じ日(2019年11月10日)に、天皇の「行幸」や「御幸」に関連した「みゆき」の道を、記念に歩いて、写真撮影でもしてみようかと思ったわけです。歴史的な場所もたく…

  • 御行(みゆき)の先に幸がある

    御行(みゆき)の先に幸がある 【概要】祝賀御列の儀。祝賀パレード体験記。行幸と御幸とみゆき。最高敬語と敬称。みゆき通り。ポッキー。◇祝賀パレード体験記コラム「即位の礼・大嘗祭(だいじょうさい)」の中で、「祝賀御列の儀」の日程が延期されたことを書きましたが、昨日、2019年11月10日(日)に盛大に、華やかに行われました。天皇皇后両陛下による、東京の皇居から赤坂御所までの、30分の車列パレードで、テレビなどでは、「祝賀パレード」と呼んでいましたね。* * *今回のコラムでは、私の「祝賀パレード」体験レポートを書きたいと思います。皆さまも、忘れられない、イベント、スポーツ観戦、音楽コンサート、お祭…

  • 橋と土木のイベント

    橋と土木のイベント 【概要】東京・橋と土木展。土木コレクション2019。東京都建設局 土木技術支援・人材育成センター。◇「東京・橋と土木展」パンフレットコラム「よどみ(7)隅田と墨田・住吉の反橋・白ひげの翁」の中で、今年2019年8月に、東京 新宿で開催されました「東京・橋と土木展」のことをご紹介しましたところ、そのパンフレットを見たいというご意見を、私のところに多数 頂戴しました。東京都建設局にお聞きしましたら、下記のサイトで、そのイベントの内容や、その時のパンフレットの全内容を見ることができると教えていただきました。パンフレットは、「PDFファイル」という特殊な形式のファイルです。そのファ…

  • よどみ…(9)金次郎と酒匂川

    よどみ…(9)金次郎と酒匂川 【概要】二宮尊徳(二宮金次郎)の戦い。足柄山の金太郎。酒匂氏と秦氏。伊奈忠順と田中丘隅。飯泉取水堰の戦い。箱根山戦争と小田急。酒匂川と栢山。金時山。小田原提灯。コラム「よどみ…(8)芦ノ湖のよどみ?」では、富士山の噴火や箱根のお話しなどを書きました。今回は、相模湾に流れ込む関東南部の川について、歴史もまじえて、ご紹介いたします。◇金次郎の戦い前回コラムで、宝永4年(1707年)の富士山の大噴火の後、大雨により、酒匂川流域が洪水や泥流、土石流などで、幾度もたいへんな被害を受けたということを書きました。宝永噴火の80年後、1787年に、神奈川県小田原市の山間部の「栢山…

  • よどみ…(8)芦ノ湖のよどみ?

    よどみ…(8)芦ノ湖のよどみ? 【概要】富士山の噴火の歴史。箱根と芦ノ湖。早川と深良用水。酒匂川と黄瀬川。山中城と三島スカイウォーク。三保ダム、マジでやばい。コラム「よどみ…(7)隅田と墨田・住吉の反橋・白ひげの翁」では、隅田川の名前、白ひげの翁、住吉大社の反橋のお話しなどを書きました。さて、今年2019年の夏から秋は、全国各地で、台風や大雨による、洪水、土石流などの大災害が幾度もおこりました。いたるところで自然災害が発生し、もはや絶対に安全な場所はないとも思ってしまいます。自分が暮らす場所が、どんな地域なのか知っておくことは、無駄にはならないような気がします。この「よどみ」のシリーズでも、し…

  • よどみ…(7)隅田と墨田・住吉の反橋・白ひげの翁

    よどみ…(7)隅田と墨田・住吉の反橋・白ひげの翁 【概要】住吉大社の反橋。隅田川の珍風景。隅田川と墨田区。住吉と墨江。白鬚神社と「白鬚の翁」。信玄堤と霞堤。東京・橋と土木展。コラム「よどみ…(6)牛とヨドバシ」では、「淀橋」と「ヨドバシ」、「早牛は淀」のことわざ、「淀」や「よどみ」について書きました。この「よどみ」のシリーズは、今回で第7回ですが、ここまで、さまざまな橋が登場してきましたね。姿見ずの橋、姿見の橋、面影橋、猿橋、桜雲橋、平川門橋、淀橋、淀屋橋、常安橋、ヨドバシ。そして それらは、遠すぎた橋、運命を分けた橋、伝説の中の橋、亡き人を偲ぶ橋、歴史の中のままの橋、栄光の橋…など、みな、何…

  • 即位の礼・大嘗祭

    即位の礼・大嘗祭(だいじょうさい) 【概要】即位礼正殿の儀。祝賀御列の儀。大嘗祭。高御座と御帳台。 * * * 元号のお話しは、コラム「平成から令和へ」で書きましたが、元号は、645年の「大化」から始まり、248番目の元号が「令和」です。1375年の歳月です。紀元前の初代天皇 神武天皇から数えますと、2679年です。それ以前の皇室は神話の世界となります。コラム「神話のお話し(前・後編)」でも書きましたが、神話は架空のお話しばかりではありません。日本の天皇家の歴史は、エジプト王朝の3000年に近くなってきましたね。日本は継続中ですから、いつかは歴史の年月で越えますね。ひょっとしたら、すでに超えて…

  • 織田信長

    織田 信長(おだ のぶなが) 戦国武将 誕生:室町時代 天文3年5月12日(西暦1534年6月23日)、天文3年5月28日(西暦1534年7月9日)の二説、愛知県愛西市 死没:安土桃山時代 天正10年6月2日(西暦1582年6月21日)、享年49歳(数え年)、墓所・本能寺、大徳寺総見院 ほか 使用した別名:吉法師、三郎 関連名称:大うつけ、第六天魔王、魔王、右府様 父:織田信秀、信秀の次男 母:土田御前 兄弟・織田信秀の子:信広(兄)、信勝や永益(織田有楽斎)ほか弟は10人、全12人の男。 兄の信広は、側室の子であったため、後継者とは見なされていない。斎藤義龍と結んで、信長に攻撃を企てるが計画…

  • 上杉謙信

    上杉 謙信(うえすぎ けんしん) 戦国武将 誕生:室町時代 享禄3年年1月21日(西暦1530年2月18日)、新潟県上越市 死没:安土桃山時代 天正6年3月13日(西暦1578年4月19日)、享年49歳(数え年)、墓所・上杉家廟所、林泉寺、明静院 ほか 使用した別名:虎千代、長尾景虎、上杉政虎、上杉輝虎、宗心 関連名称:関東管領、越後国の守護、軍神、聖将、越後の龍、毘沙門天の使い *毘沙門天(四天王の中の多聞天)…甲冑に武器の姿で、邪鬼を踏みつけている。武神、勝負の神様。 父:長尾為景(越後国の守護 上杉氏の家臣) 養父:上杉憲政(関東管領、山内上杉家) 母:虎御前(青岩院 / 実名不詳) 養…

  • 武田勝頼

    武田 勝頼(たけだ かつより) 戦国武将 誕生:室町時代 天文15年(西暦1546年)、誕生日・生誕地は不明 死没:安土桃山時代 天正10年3月11日(西暦1582年4月3日)、享年37歳(数え年)、墓所・法泉寺、景徳院 ほか 使用した別名:諏訪勝頼、伊奈勝頼、諏訪四郎勝頼、伊奈四郎勝頼、武田四郎、武田四郎勝頼、四郎 父:武田信玄、信玄の四男 母:諏訪御料人(実名不詳・諏訪頼重の娘・信玄の側室) 妻:龍勝院(正室・織田信長の養女、美濃国苗木城主 遠山直廉の娘)、桂林院 (継室・北条夫人・北条氏康の六女) 子:信勝、勝親、貞姫ら 全7名。 有名な家臣ら: 武田信豊(信玄の弟 信繁の子)、長坂光堅…

  • 武田信玄

    武田 信玄(たけだ しんげん) 戦国武将 誕生:室町時代 大永元年11月3日(西暦1521年12月1日)、山梨県甲府市 死没:室町時代 元亀4年4月12日(西暦1573年5月13日)、享年53歳(数え年)、墓所・武田神社、諏訪湖、恵林寺、龍雲寺 ほか各地 使用した別名:太郎、勝千代、武田晴信、機山、徳栄軒信玄 関連名称:甲斐源氏、甲斐国・信濃国の守護、甲斐の虎 父:武田信虎(甲斐国の守護大名)、信虎の次男 母:大井夫人(甲斐源氏・信濃源氏の庶流である大井氏出身) 妻:上杉の方(正室・扇谷上杉氏の娘、出産時母子死去)、三条夫人(継室・朝廷の公卿の娘) 子:義信(長男)、竜芳(海野信親・次男・盲目…

  • 徳川秀忠

    徳川 秀忠(とくがわ ひでただ) 戦国大名、江戸幕府 第2代将軍(在位1605~1623) 誕生:安土桃山時代 天正7年4月7日(西暦1579年5月2日)、静岡県浜松市 死没:江戸時代 寛永9年1月24日(西暦1632年3月14日)、享年54歳(数え年)、墓所・増上寺 使用した別名:長松、長丸、竹千代、羽柴秀忠、豊臣秀忠、大御所 関連名称:右大将(徳川家では将軍後継者を意味する) 父:徳川家康(江戸幕府 初代将軍)、家康の三男 母:お愛(西郷局) 妻:小姫(正室・織田信長の次男である織田信雄の長女、秀吉の養女、早世)、お江(継室・浅井長政の三女、淀君の妹、秀吉の養女、お江の三度目の結婚) 子:…

  • 徳川家宣

    徳川 家宣(とくがわ いえのぶ) 江戸幕府 第6代将軍(在位1709~1712年) 甲府徳川家(今の山梨県甲府市)、2代甲府藩主 誕生:江戸時代 寛文2年4月15日(西暦1662年6月11日)、東京都 死没:江戸時代 正徳2年10月14日(西暦1712年11月12日)、享年51歳(数え年)、墓所・増上寺 使用した別名:新見左近、松平虎松、徳川綱豊 関連名称:甲府宰相 父:徳川綱重(甲府徳川家 初代甲府藩主) 養父:徳川綱吉(5代将軍)、新見正信 妻:近衛熙子(正室・天英院) 子:家継ほか全5男、1女 有名な家臣ら:間部詮房、新井白石、室鳩巣 関連史跡:江戸城、甲府城址ほか 関連歴史事項:正徳の…

  • 徳川吉宗

    徳川 吉宗(とくがわ よしむね) 江戸幕府 第8代将軍(在位1716~1745年) 5代紀州藩主、越前国葛野藩主 誕生:江戸時代 貞享元年10月21日(西暦1684年11月27日)、和歌山 死没:江戸時代 寛延4年6月20日(西暦1751年7月12日)、享年68歳(数え年)、墓所・寛永寺 使用した別名:源六、新之助、松平頼久、松平頼方 関連名称:米将軍、八木将軍、八十八将軍、大御所、暴れん坊将軍(子供時代の暴れん坊ぶりからテレビ番組で) 父:徳川光貞(2代紀州藩主) 養父:徳川頼職(4代紀州藩主)、徳川家継(7代将軍) 妻:理子女王(正室・出産により死去) 子:徳川家重(9代将軍)、田安宗武(…

  • 徳川綱吉

    徳川 綱吉(とくがわ つなよし) 江戸幕府 第5代将軍(在位1680~1709年) 館林徳川家(今の群馬県館林市)の祖、館林藩主 誕生:江戸時代 正保3年1月8日(西暦1646年2月23日)、東京都(江戸城) 死没:江戸時代 宝永6年1月10日(西暦1709年2月19日)、享年64歳(数え年)、墓所・寛永寺 使用した別名:徳松 関連名称:館林宰相、犬公方 父:徳川家光(綱吉は四男) 母:玉(桂昌院) 妻:鷹司信子(正室) 子:1男、1女、いずれも夭折 主な家臣:堀田正俊、柳沢吉保、牧野成貞、荻原重秀 関連史跡:江戸城、犬囲い跡 、六義園(柳沢吉保下屋敷跡)、昌平坂学問所跡、湯島聖堂 ほか 関連…

  • 徳川家康

    徳川 家康(とくがわ いえやす) 戦国大名、江戸幕府 初代征夷大将軍(在位1603~1605) 誕生:室町時代 天文11年12月26日(西暦1543年1月31日)、愛知県岡崎市 死没:江戸時代 元和2年4月17日(西暦1661年6月1日)、享年75歳(数え年) 使用した別名:竹千代、松平元信、松平元康、松平家康、藤原家康 関連名称:東照大権現、神君、征夷大将軍、大御所、源氏長者、三英傑 妻:築山殿(正室)、朝日姫(継室) 子:松平信康(長男)、結城秀康(次男)、徳川秀忠(三男)、忠吉 信吉 忠輝ほか全11男、5女 主な家臣:徳川四天王(酒井忠次、本多忠勝、榊原康政、井伊直政)、松平康忠、松平家…

  • 関ヶ原の戦い・プロファイル

    関ヶ原の戦い・プロファイル 昨日(2019年10月3日)、NHK-BSプレミアムで放送された「ザ・プロファイラースペシャル / 関ヶ原3つの IF 」をご覧になった歴史ファンの方々も多かったと思います。 私は、普段はこの番組を見ませんが、サブタイトルにつられて見てしまいました。 NHKのテレビ番組「ふらっとあの街 旅ラン10キロ」のメインランナーのひとりで、走りながら、おしゃべりも上手にこなすタレントの鈴木ちなみさんが、どのようなかたちで登場するのかも興味がありました。 「ちなみに…」と、親父ギャグを無理やり言わされていたのでしょうが、笑顔で元気に登場されていたのは好感が持てました。でも、たく…

  • よどみ…(6)牛とヨドバシ

    よどみ…(6)牛とヨドバシ 【概要】早牛は淀 遅牛は淀。「淀橋」のヨドバシカメラ、「淀屋橋」の淀屋。それは「定め」なのですから…。不思議「淀」パワー。東京の淀橋区。大阪の淀橋。 * * * 前回コラム「よどみ…(5)水に姿を」では、「姿見ずの橋」が「淀橋」に改名したお話しや、水車、黒船、ソバなどのお話しを書きました。今回は、「淀」の言葉が入ったことざわと、不思議な「淀パワー」のことを書いてみたいと思います。◇早い牛と遅い牛皆さん、次のような ことわざを聞いたことはありますか。「早牛(はやうし)は淀(よど)、遅牛(おそうし)は淀」「遅牛は淀、早牛は淀」用語がひっくり返っても、意味は同じです。その…

  • よどみ…(5)水に姿を

    よどみ…(5)水に姿を 【概要】姿見ずの橋と姿見の橋。淀というお名前。橋の話しを盛る。ソバと水車は江戸の華。黒船来航と水車大爆発。環状七号線地下調節池。黒船来航。面影橋から雑司ヶ谷霊園へ。四谷怪談。 * * * 前回コラム「よどみ…(4)遠すぎた橋」では、絵島の運命の「よどみ」について書きました。今回は、コラム「よどみ…(1)淀橋・内藤新宿・高遠」でご紹介しました、中野長者の鈴木九郎さんの伝説に登場する「姿見ず(すがたみず)の橋」の現在を書きたいと思います。コラム「「よどみ…(1)淀橋・内藤新宿・高遠」の、小見出し「九郎の伝説」と「嫁の出立(でだち)」を読んでおいていただけると、今回のコラムは…

  • よどみ…(4)遠すぎた橋

    よどみ…(4)遠すぎた橋 【概要】色めき立つ大奥。大胆作戦で大奥リストラ。運命の平川門と遠すぎた橋。やりすぎ高遠藩。大岡越前と赤ひげ先生の登場にはあの人が。高遠が遠いのではなく…。絵島・徳川吉宗・間部詮房・柳生新陰流 * * * 前回コラム「よどみ…(3)大奥・絵島生島事件」では、この事件が、紀州徳川家の吉宗の陰謀という仮説のもと、ストーリーを書きました。事件の内容と、吉宗から見たライバルたちの状況を書きました。吉宗は見事に将軍となりましたが、この事件により残された課題がいくつかあります。4000人の大奥の女性たちと、高遠に流罪にした絵島の件です。今回も、史実と想像を組み合わせて書いていきたい…

  • よどみ…(3)大奥・絵島生島事件

    よどみ…(3)大奥・絵島生島事件 【概要】大奥・絵島生島事件の深層と黒幕は?。天英院と月光院の女の戦い。江戸防衛ラインと御庭番。将軍への道。尾張徳川家への陰謀。暗躍には暗躍を…徳川吉宗・間部詮房 * * * 前回コラム「よどみ…(2)群馬 vs. 山梨」では、館林徳川家と甲府徳川家、いわゆる「御両典(ごりょうてん)」の政争のことを書きました。「内藤新宿」という新しい宿場の創設もそうした中で行われたと書きました。五代将軍 綱吉夫妻が不審な死をとげ、柳沢吉保は失脚し、六代将軍は家宣となり、新井白石(あらいはくせき)、間部詮房(まなべ あきふさ)らが政治の実権を握っているところまで書きました。ようす…

  • よどみ…(2)群馬 vs. 山梨

    よどみ…(2)群馬 vs. 山梨 【概要】江戸時代にあった群馬・山梨・茨城・和歌山・愛知の大抗争!。繰り返される不審死。母の戦い。新宿は暗躍の中で生まれた。元武田領の甲府徳川家。御両典と水戸黄門様。徳川吉宗は将軍をめざす。 * * * 前回コラム「よどみ…(1)/ 淀橋・内藤新宿・高遠」では、「姿見ずの橋(淀橋)」、「内藤新宿(ないとうしんじゅく)」という新しい宿場の創設、江戸城 大奥の絵島が信州の高遠(たかとう)に流罪となったことを書きました。今回は、「内藤新宿」に絡んだ「よどみ」のことを書きたいと思います。◇暗躍だらけ(1)鳥居家改易内藤新宿は、江戸時代前期の1700年頃に作られた、新しい…

  • よどみ…(1)淀橋・内藤新宿・高遠

    よどみ…(1)淀橋・内藤新宿・高遠 【概要】甲州街道と青梅街道の謎。江戸の街道と宿場。伊那谷の桃源郷 高遠。江戸東京は坂だらけ。新宿御苑は馬だらけ。猿橋で笹子餅はいかが…。さあ、よどみの世界へ。 * * * 前回コラム「長者さまと成願寺 / 東京都中野区(5)」で、中野長者 鈴木九郎(すずき くろう)さんの成功物語を書きました。その中で、恐ろしい伝説の話しをご紹介しましたが、その伝説の中に登場した「姿見ずの橋(すがたみずのはし)」は、現在でも、同じ場所で残っています。今回のコラムのテーマは、4回にわけて、その橋や、姿がなかなか見えない「よどみ」のお話しを書きたいと思います。この伝説を、ここでも…

  • 長者さまと成願寺 / 東京都中野区(5)

    長者さまと成願寺 / 東京都 中野区(5) 【概要】中野長者 鈴木九郎の成功物語。娘の小笹の悲劇。怪しい九郎伝説。南北朝時代って何?。長者様って誰?。源平藤橘と下克上組。足利尊氏と義満。成願寺散策・摂政関白・江古田沼袋原の戦い。 * * * 前回コラム「ダンボみたいに…(後編)/ 東京都中野区(4)」で、江戸でゾウが飼われていた、今の東京都中野区の公園のことを書きましたが、今回は、そこから徒歩で10分あまりのところにあります「成願寺(じょうがんじ)」という名刹(めいさつ)をご紹介いたします。◇長者さまさて、「長者さま」という言葉、現代では、単体ではあまり使われていませんね。「億万長者」、「長者…

  • ダンボみたいに… 後編 / 東京都中野区(4)

    ダンボみたいに…【後編】/ 東京都 中野区(4) 【概要】江戸時代のゾウさんの長い旅。ゾウの日は孫と…?。映画のダンボみたいに…。中野にあったゾウ園。浜離宮にもいたよ。京都御所にも行ったよ。吉宗さんにも会ったよ。宝仙寺。 * * * コラム「ダンボみたいに…(前編)/ 東京都中野区(3)」よりのつづき◇ゾウの日皆さん、「ゾウの日」という日をご存じですか?4月28日、この日が日本の「ゾウの日」です。8月12日、この日は「世界ゾウの日」です。世界の記念日です。2012年に、ゾウの保護慈善団体が制定したものです。日本では、とっくに「ゾウの日」がありました。いずれにせよ、多くの動物園で、こうした記念日…

  • ダンボみたいに… 前編 / 東京都中野区(3)

    ダンボみたいに…【前編】/ 東京都 中野区(3) 【概要】ゾウさん大フィーバー。ゾウさんと権力者。日本のゾウさんの歴史。将軍様のおかげ。すごいぞ!マンモス展。聖火トーチ。 * * * コラム「お盆に思い出す / 東京都中野区(1)」と、「おいぬさま / 東京都中野区(2)」で、今の東京都中野区で飼われていた犬のことを書きました。実は、江戸時代、中野区で飼われていたのは、犬だけではありません。なんと、ゾウも飼われていたのです。JR中野駅から、クルマで15分ほどのところに、「中野坂上(なかのさかうえ)」という場所があります。新宿駅から歩けるほどの距離です。江戸時代、ここでゾウさんが飼われていました…

  • おいぬさま / 東京都中野区(2)

    おいぬさま / 東京都 中野区(2) 【概要】中野駅前のワンちゃん。江戸時代からここにいるよ。中野セントラルパーク・中野サンプラザ・中野ブロードウェイ。 * * * ◇かつての「犬囲い」の場所前回コラム「お盆に思い出す / 東京都中野区(1)」で書きました、江戸時代の徳川綱吉(とくがわ つなよし)がつくった、かつての「犬囲い(いぬかこい)」があった場所の、今の中野区の風景の写真をご紹介します。2019年8月16日に撮影したものです。さあ、江戸時代のワンちゃんたちは、どうなっているのでしょう?* * *JR中野駅のすぐ西側にある、JR中央線の上にかかる跨線橋(こせんきょう)から写したものです。オ…

  • お盆に思い出す / 東京都中野区(1)

    お盆に思い出す / 東京都 中野区(1) 【概要】犬公方 綱吉の 生類憐みの令と犬囲い。やりすぎだワン!。犬囲いのその後。江戸城 開かずの間。中野の大盆踊り大会・盆ダンス・盆ディスコ・盆フェス・盆ジョビ。中野サンプラザ。 * * * ◇朝からワイドショーお盆の時期に入りましたね。仕事や学校がお休みの方も、お休みでない方も、お盆は平等にやってきます。体験、感動、骨休み…、いろいろあるのがお盆です。私はほとんど、朝のテレビのワイドショーは見ませんが、お盆休みだから、気分がのんびりしたのかもしれません。二日程前、何とはなしに、朝からワイドショーを見ていました。たまたま、テレビで「羽鳥慎一(はとり し…

  • B級とは言わせない / 栃木県佐野市

    B級とは言わせない / 栃木県 佐野市 * * * 【概要】葛生化石館・四十八願・さのまる・犬伏の別れ・くずう原人まつり・佐野厄除け大師・スカイベリー・真田家 * * * *読者からのご希望で、「葛生(くずう)」と「犬伏の別れ」の部分に、少し加筆しました。 ◇高校野球の「B級ニュース」2019年の夏、昨年ほどではないにせよ、今年も相変わらず熱い夏です。夏の甲子園大会も真っ盛りですね。先日、たまたまインターネットのニュース記事を見ていましたら、ある記事にくぎ付けになりました。それは「AERA dot(アエラ・ドット)」のニュース記事です。「AERA dot(アエラ・ドット)」とは、雑誌「AERA…

カテゴリー一覧
商用