mimoto0925のブログ
読者になる
住所
出身
ハンドル名
月美さん
ブログタイトル
mimoto0925のブログ
ブログURL
https://mimoto0925.muragon.com/
ブログ紹介文
詩をとにかく素養がないなりに書いて練習するためのブログ
自由文
-
更新頻度(1年)

38回 / 22日(平均12.1回/週)

ブログ村参加:2019/09/24

月美さんの人気ランキング

  • IN
  • OUT
  • PV
今日 10/15 10/14 10/13 10/12 10/11 10/10 全参加数
総合ランキング(IN) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 44,547位 974,927サイト
INポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
OUTポイント 30 90 90 40 90 30 50 420/週
PVポイント 70 250 260 110 340 250 170 1,450/週
ポエムブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 189位 5,897サイト
今日書いた詩 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 12位 287サイト
恋愛詩 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 9位 518サイト
自作詩・自作ポエム 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 45位 1,807サイト
今日 10/15 10/14 10/13 10/12 10/11 10/10 全参加数
総合ランキング(OUT) 17,555位 18,222位 18,788位 19,716位 18,705位 19,328位 18,598位 974,927サイト
INポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
OUTポイント 30 90 90 40 90 30 50 420/週
PVポイント 70 250 260 110 340 250 170 1,450/週
ポエムブログ 18位 19位 20位 20位 19位 23位 21位 5,897サイト
今日書いた詩 2位 2位 2位 2位 1位 2位 1位 287サイト
恋愛詩 4位 4位 5位 4位 4位 4位 4位 518サイト
自作詩・自作ポエム 8位 9位 10位 12位 10位 11位 10位 1,807サイト
今日 10/15 10/14 10/13 10/12 10/11 10/10 全参加数
総合ランキング(PV) 7,949位 8,421位 8,329位 7,578位 7,423位 7,582位 7,603位 974,927サイト
INポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
OUTポイント 30 90 90 40 90 30 50 420/週
PVポイント 70 250 260 110 340 250 170 1,450/週
ポエムブログ 13位 15位 14位 12位 12位 12位 12位 5,897サイト
今日書いた詩 1位 1位 1位 1位 1位 1位 1位 287サイト
恋愛詩 2位 2位 2位 2位 2位 2位 2位 518サイト
自作詩・自作ポエム 6位 6位 6位 5位 5位 5位 4位 1,807サイト

月美さんのブログ記事

1件〜30件

新機能の「ブログリーダー」を活用して、月美さんの読者になりませんか?

ハンドル名
月美さん
ブログタイトル
mimoto0925のブログ
更新頻度
38回 / 22日(平均12.1回/週)
読者になる
mimoto0925のブログ
  • うまくつながらない

    まず社長が寄ってくる。 「あら、お仕事?お疲れ様」 私はただニコニコする 「嫌味がないのねえ」 数日経った夜 客がいない時を見計らって 「こいつとつきあってくれませんか?」 坂井という店員はおずおずと笑って 「あなたの笑顔、ステキです、とても」 社長の右腕の男が床に膝を追っ...

  • 面接の時 私は半分泣いていた。編入試験ができなかったから 落ちて元の大学に戻ればいじめの餌食単位もとれないバカ扱い 2年つきあっていた男に捨てられて私の中に爆弾が 有名私立大の片書きを手に入れて見返そうと 「こんな成績ではなんとも言えません」 神妙に言う教授の隣でもう一人若...

  • 子宮

    「その女、ステージの上におるで」 えっ、とステージから一番遠い席に座る。 「あんたの心わた根を軽蔑しとるねん。私だって普通の家に生まれたかったのにって」 猫のような目にニタニタと笑う。 それはあなたが思っていることでしょう。 あなたが父親や兄、叔父にまで性的虐待を受けたひと...

  • 鮫さん

    「一日が三日にも思えたことがある?」 運転しながら彼はフロントガラス越しの空に顔を上げて言う うっとりするような、夢見るような口調で 「24,5歳のころ、俺金持ってて、島に逃げた鮫さんに金送って。たまにこっちに戻ってくる鮫さんが二千円しかないんに二人分の饅頭を買って……ああ...

  • 女が病んだ日

    どうしようお母さんがくる、お母さんが来る 千代子が壁に向かって身を屈めている 耳を塞いでいる。 だめだこれは 俺はとっさに和美に電話をかけた。 「もう東京で死んでくるわ」 千代子を助手席に押し込め、ハンドルを握る 心中できなかった俺は、千代子を病院に連れていくことしかできな...

  • 辛気臭くてかなわない

    前の彼は死にたがってた 後は落ちていくだけ 死ねば終わる いつ死んでも一緒 その時は一緒に死のう 辛気臭い話を なんでもないことのように 軽く あなたには理解できない 死ぬ気ならなんでも なんでもできる そう思うなあ 私は切羽詰まって あなたは不思議そうに 軽く 危うさも儚...

  • 生かされて

    濁った川がどこまでも続く テレビ画面に記憶が蘇る 二十歳の私は夥しく死者数が 増え続けるテロップに畏れおののいた ああ「私達は毎日泣いています」 肉親の手紙を読み上げる教授の声が 無傷で生きられない残酷な夜明けを 若かった私は初めて迎えた 大切な場所大切な時大切な人 私でな...

  • 月夜

    暗赤色の生地一面に 黒い蔦の絡まる枝が絡みついている ボックス型のワンピース 細い体に 似合わぬ 夏にも似合わない 厚い唇さえ 赤く染めて 大人の女気取る あか抜けない背伸びして 機嫌よく夏の陽ざしを浴びていた 子供を手放した あなたに出会って きっとやり直せると 思いを語...

  • 安い女

    月10万で愛人になってくれ 僕は変な人間じゃないと 名刺を手渡してきた堂々と誇らしげに ネット検索すれば和解訴訟の記事 外国人労働者から搾取して 僕の会社で働かないかと私を後ろから抱く 前の愛人は君みたいな子でねと静かに 彼氏のことが忘れられなくて 飛び込もうとしたの川から...

  • 醜いアヒルの子

    悪気のない顔をして 彼の彼女が泣くのを不思議そうに 私ごときが現れて 浮気と傷つくの 「どうしてここにいるの」彼女の友達が 彼とは友達だから会いにきたと ますます不思議なふりを 泣いてる 泣いてる 別れたいと言っても まだ愛してるの アーモンドアイに緑がかった目で 彼が哂っ...

  • 死んでいくために

    言葉にするたびに 感情の記憶は美化され 安らかな死に近づいていくのだ いつかあの頃の思いは 言霊によって純化されるだろう それを私自身に伝えなければ あなたがつけた傷ではないのだ 私が私でつけた傷なんだ 生きていくために

  • あがき

    カーテン越しに部屋を照らす 陽光は私達も 痩せた肢体で倦怠を気取り 煙草を吸う かっこつけた姿も 惨めでしかないのに 映画のヒロインを気取り あなたを突き放す 浮気してもいい?なんて 互いにクールを装う あの夏の日の私が傷ついてる 擬態を信じてるの 傷つかない防御 手首の傷...

  • How would I like to do?

    雌雄眼を婚約者が哂う 顔色を伺いながら かッとなる衝動を 歯をギリギリして押さえつけた 幾度メスを入れても 跡形はあり あなたとの夢も なくなりはしない How would I like to do? 月の満ち欠けを眺めていたかった あなたの横顔を 自分から目を逸らして H...

  • 望み

      綺麗な女の人が   黄色い安物の眼鏡かけて   つけぼくろ 変装してる   権力者の愛人で   賭博で多額の借金   親から籍を抜かれ   どうして愛人の彼は   助けくれないのと   声を出さず哂う私がいるの   あいつから離れなかった私の   あなたに会いたかったわ...

  • 三日月

    オールバックの黒髪 窓には欠けた三日月 あなたの好きな歌手 壁のスクリーンに リビングの淡い光が 木漏れ日のように 気まぐれに私を思い出して 窓の向こうの月の眩しさも 真夜中あなたの眠り顔 記憶に焼き付けて 寝息さえ愛おしく あなたの眠り顔見つめてた 携帯の待ち受けの少女が...

  • 欲ばり

    袖が白く透けた絹のドレス 憎々し気に睨みつけた あなたの反応を軽蔑していた 「綺麗な服着て、顔を整形して、だって?」 ホストだった男に言われても 綺麗なものしか癒されない あなたのような搾取者 二枚舌 支離滅裂で本音を隠せない 無言で俯いてみせるポーズに調子に乗る 鞭が飴に...

  • Good-bye

    傷つきやすさを保護色にして 手を出すと悪者になる 俺だって辛いことはあるさ 卑怯な君 My good intentions were taken amiss 世間まで俺を加害者にする I can't go on like this 捨てれば死んでしまいそうな君 辛気臭いのも...

  • 夏の終わりに

    そっとしずかに 消えられなくて 薬を飲んでしゃくりあげて泣いた ものわかりよく 消えられなくて あなたにせめてひっかき傷でもと よう、と陽気な声でジムの帰りに なんとも思ってないと憎しみ湧く 私の手首に浮かんだ小さな血の玉 もうやっちゃいけないよと諭した かすかに微笑んで電...

  • 愛情に飢えた欲望の塊

    ショートカットは損なんじゃ 髪を伸ばして金髪に染めよう 豊胸もしてさ俺が金集めるから ウエストくびれてるから綺麗になるぜ You are Mass of desire 俺のこと嫌いなのは知ってるよ それでも私とつるんでる 欲望のために 二ヤリとして携帯で友人に得意げに 「や...

  • おやすみなさい、誰かといるあなた

    おやすみなさい あれから10年後のあなた あなたの傍に誰がいるの おやすみなさい あの頃の若かった私 眠りの底へ沈みましょう 啜り泣きが止まらずに 背中を擦ってくれた ゆっくりそっと優しく 理由など聞かないで 朝になれば我に返る 送ってくれた車から手を振って おやすみなさい...

  • 桜の花びらが流れている 風に散って舗道に散った 彼が白い鞄を私に預けて 口だけ笑って何処かへ去った ガリガリに痩せこけ体で マンションの階段を上る 踊り場でつまずき落とす 鞄の中の箱から割れる音が 揃いの湯呑が収められていた 派手に割れた揃いのマグカップ 彼と女が同棲してい...

  • 誰もにもわからない

    ここはね、私のお城なの やっと築いた私だけのお城なの 訴えるように 彼に繰り返す 熱にうかされたように 出会った頃はなんとも どうとも思わなかった でもあの子を見ているうちに ああ辛いことがたくさんあって この子はこんな風に やりきれない口調でつぶやいている 俺のせいじゃな...

  • 終わりの始まり

    感情を伺いしれないその黒々とした瞳が 気が付くと眠っていた私をじっと見ていた 据わった目で観察するように隣で 怯えが走るのは疚しいことがあるから 私がしたことを察しているように 枕代わりの左の腕も与えられない あなたの射ぬくような視線が怖い 瞼を伏せて眠ったふりをする 彼は...

  • 罰ゲーム

    パッチリとした目が願望が鏡に映る 物心ついた頃から醜さを認められない防衛本能 周囲の距離を置いた汚いものを見る視線に 幼すぎて違和感を感じる 孤独感につながる 拠り所は鏡に映る人形のような顔の私 十代後半になってもそんな現実逃避が鏡に映って 白い肌は免罪符にならず いつしか...

  • 色恋バーゲン

    シャワーを浴びて 出ていく彼 何処へか 彼のくれた睡眠薬を飲んで眠る あの不潔でいいかげんな彼を 歓迎する女たちがいる 出会った頃は優しかった やり口にあっさり陥落した私を置いて 薄利多売で色恋を売りに行くのだ 愛だの恋だのを信じないから、自らをバーゲンしに

  • 不安

    誰も信じるなとあなたが言う 寝そべって天井を見上げながら 親友なんていない 中学から 強い人ね 私は笑う そんな大した男じゃないよ そう言ってまた抱き寄せる 早朝にマンションを出るの 駐車場へ向かう途中 ドアの隙間から不安げに 女性が私をチェックしてる あなたの懺悔の告白を...

  • 夏の終わり

    欠けた月が闇夜に浮かぶ 空高くで輝き 秋の到来を告げる あなたは来ない 殺風景な部屋に置いた 観葉植物が赤い葉を あなたが来てくれると信じて じっとメールを待つの もう会えないという言葉が頭の中で響いて 悲鳴をあげそうになり口を塞ぎ耳を塞ぐ かつて家族と住んでいた マンショ...

  • 怖い

    「どうだっだ?」 見合いの結果をあなたは聞く 暗い照明 何もない部屋 布団の他にはあなたの好きな歌手のDVDが黒い棚に並んでいるだけ 「変わった人だったわ。お局様から電話がかかってきて、その人はいい人だから  つきあってくださいって言うの。でもあれは……典型的ないじめられっ...

  • 夢が潰えた夏

    月明りに誘われて 夜の幕をおろす空の下に 狂ったように 心が叫ぶ あなたに会わせて 躊躇い切りそこねた 手首から血が流れる ふらふらと薬でおぼつかない あなたのもとへ行くの 最後に会った日の優しい声 混乱した頭に繰り返されて 数日間眠り続けた 二度と起きないように あなたと...

  • 昇華

    ファミリー向けの部屋数のマンション 子供部屋はそのままに 子供向けの勉強机が二つ並んでいる 親権を母親に取られて三年 9歳の長男が父親のもとに戻りたいと言う 部屋から匂い立つ あなたの願いが叶うのを 胸のなかで 涙と微笑みが入り混じる感情で 悦び 悲しむ それはあなたの欠け...

カテゴリー一覧
商用