プロフィールPROFILE

奇麗なジャイアンさんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

サイエンスサーチコンソールは学生個人によって設立された科学キュレーションサイトです。サイエンスサーチコンソールを使えば科学の重要事項をいち早く確認することが出来ます。本サイトは「一覧性」「視認性」を高めることを目標にしており、学習者のストレスを軽減させることを期待しております。サイト内検索を使えば重要かつ基本的なキーワードを多角的な視点で確認することが出来るため、試験対策にも活用できます。

ブログタイトル
サイエンスサーチコンソール
ブログURL
https://search-console.seesaa.net/
ブログ紹介文
サイエンスサーチコンソールは、学生個人によって設立されたサイエンスキュレーションサイトです。サイエンスサーチコンソールを使えば科学の重要事項をいち早く確認することが出来ます。
更新頻度(1年)

15回 / 121日(平均0.9回/週)

ブログ村参加:2019/09/23

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、奇麗なジャイアンさんの読者になりませんか?

ハンドル名
奇麗なジャイアンさん
ブログタイトル
サイエンスサーチコンソール
更新頻度
15回 / 121日(平均0.9回/週)
読者になる
サイエンスサーチコンソール

奇麗なジャイアンさんの新着記事

1件〜30件

  • 【対処法】お使いのコンピュータ ネットワークから通常と異なるトラフィックが検出されました。このページは、リクエストがロボットではなく実際のユーザーによって送信されたことを確かめるものです。

    [ ]私はロボットではありません[送信]このページについてお使いのコンピュータ ネットワークから通常と異なるトラフィックが検出されました。このペー…

  • デコード「%E3%80%80」全角スペースの文字化け

    デコード 符号化(エンコード)されたデータを元の状態に戻す(復元、復号)すること。そのためのソフトウェアや装置をデコーダーという。たとえば、圧縮されたデータの解凍(復元)、暗号化されたファイルの解読(復号)、デジタル変換された音声データをD/Aコンバーターを使ってアナログ信号に戻すことなど…

  • ワイルドカード検索(あいまい検索) 「*」(半角アスタリスク)

    ワイルドカード(あいまい検索) 「*」(半角アスタリスク) ワイルドカードとは、一部不明な文字の代わりに利用する代替文字。関数の引数内や、オートフィルタであいまい検索をするときに使います。

  • プロトン駆動力

    プロトン駆動力は、細胞膜を隔てた電位差(Δψ)と細胞膜内外のプロトン濃度差(ΔpH)の和として定義される生体エネルギーです。生体膜に存在する膜超分子ナノマシンはこのプロトン駆動力を使ってATPを合成し、また生体膜を越えたタンパク質などの物質輸送を行います。

  • ユビキノン(補酵素Q、コエンザイムQ10)

    ユビキノン(略号:UQ)とは、ミトコンドリア内膜や原…

  • シトクロムc

    シトクロムc(cytochrome c, cyt c)は、ミトコンドリアの内膜に弱く結合しているヘム<…

  • 糖新生

    糖新生(とうしんせい、gluconeogenesis)とは、ヒトや動物が、グルカゴンの分泌をシグナルとして、

  • Embden-Meyerhof 経路(解糖系・エムデン-マイヤーホフ経路)

     解糖(glycolysis)はほとんど全ての生物に共通に存在する糖の代謝経路で,反応は細胞質で行われる。解糖はEmbden-Meyerhof 経路とも呼ばれ,本来、D-グルコースの嫌気的分解による乳酸やエタノール生成までの過程(発酵という)を意味したが、好気的条件下でもピルビン酸までは全く同じ経路をたどる事が分…

  • ピルビン酸・クエン酸回路

    ピルビン酸(ピルビンさん、Pyruvic acid)は有機化合物で、カルボン酸の一種。IUPAC命名法で 2-オキソプロパン酸 (2-oxopropanoic acid) と表され…

  • FAD(フラビンアデニンジヌクレオチド)

    フラビンアデニンジヌクレオチド(flavin adenine dinucleotide、FAD)は、いくつかの代謝反応に必要な酸化還元反応の

  • NAD(ニコチンアミドアデニンジヌクレオチド)はレドックス反応における電子伝達体である。

    ニコチンアミドアデニンジヌクレオチド (nicotinamide adenine dinucleotide) とは、全ての真核生物と多くの古細菌、真正細菌で用いられる電子伝達体である。さまざまな脱水素酵素の補酵素として機能し、酸化型 (NAD+) および還元型 (NADH) の2つの状態を取り得る。二電子還元を受けるが、中間型は生じない。略号であるNAD+(あるいはNADでも同じ)のほうが論文や口…

  • レドックス反応(酸化還元反応)

    酸化還元反応(さんかかんげんはんのう)とは化学反応のうち、反応物から生成物が生ずる過程において、原子やイオンあるいは化合物間で電子の授受がある反応のことである。英語表記の Reduction / Oxidation から、レドックス (Redox) というかばん語も一般的に使われている。 酸化還元反応…

  • 【問題】炭水化物を摂取したときに生体に順次起こる反応を説明せよ

    アデニル酸とグアニル酸それぞれの代謝過程、及びそれらの最終代謝産物を記述し、もし最終代謝産物が血液中で高いとどのような疾病をもたらすかを詳細に記述せよ。 プリンヌクレオチドは、5’-ヌクレオチターゼの作用によってリン酸が取り除かれる経路で分解される。5’-ヌクレオチターゼによ…

  • エポニム・エポニミー・エポニミー効果 ・スティグラーの法則

    エポニム(英語: eponym)とは、 主として人物の名前に由来する言葉[1][2]。 とりわけ、発見者などの名前に因んで二次的に命名された言葉(一般的にこの意味で用いられることが多く、本項でも基本的にこの意味で記述する)[3][4][5]。

  • 【シノニムとホモニム】学名の命名について

    学名(がくめい、ラテン語: binomen)は生物学(かつては博物学)的な手続きにもとづき、世界共通で生物の種および分類に付けられる名称である。英語では二名法による名称という意味で binomial name、あるいは科学的な名称という意味で scientific name という。命名には一定の規則があり、ラテン語として表記される。この規則は、それぞれの生物分野の命名規約によ…

カテゴリー一覧
商用