プロフィールPROFILE

しゅんさんのプロフィール

住所
ボツワナ
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
小学校教師しゅんの青年海外協力隊ライフ
ブログURL
https://bwshun.hatenablog.com
ブログ紹介文
こどもの笑顔が世界をつくる。ボツワナの小学校で先生として活動中!2019年度1次隊、現職参加。
更新頻度(1年)

51回 / 51日(平均7.0回/週)

ブログ村参加:2019/09/22

しゅんさんのプロフィール
読者になる

しゅんさんの人気ランキング

  • IN
  • OUT
  • PV
今日 11/11 11/10 11/09 11/08 11/07 11/06 全参加数
総合ランキング(IN) 7,881位 6,778位 4,761位 4,771位 4,462位 4,975位 4,614位 977,607サイト
INポイント 0 40 60 0 70 30 50 250/週
OUTポイント 40 100 150 80 240 130 150 890/週
PVポイント 0 120 50 100 280 130 110 790/週
海外生活ブログ 294位 244位 166位 167位 160位 177位 165位 35,259サイト
青年海外協力隊 2位 2位 1位 1位 1位 1位 1位 407サイト
今日 11/11 11/10 11/09 11/08 11/07 11/06 全参加数
総合ランキング(OUT) 10,388位 10,548位 9,587位 9,787位 9,836位 10,827位 10,697位 977,607サイト
INポイント 0 40 60 0 70 30 50 250/週
OUTポイント 40 100 150 80 240 130 150 890/週
PVポイント 0 120 50 100 280 130 110 790/週
海外生活ブログ 501位 499位 458位 455位 451位 515位 510位 35,259サイト
青年海外協力隊 1位 1位 1位 1位 1位 1位 1位 407サイト
今日 11/11 11/10 11/09 11/08 11/07 11/06 全参加数
総合ランキング(PV) 10,119位 9,883位 9,638位 9,694位 9,889位 10,944位 10,447位 977,607サイト
INポイント 0 40 60 0 70 30 50 250/週
OUTポイント 40 100 150 80 240 130 150 890/週
PVポイント 0 120 50 100 280 130 110 790/週
海外生活ブログ 359位 349位 347位 345位 350位 382位 372位 35,259サイト
青年海外協力隊 2位 2位 2位 2位 2位 3位 1位 407サイト

新機能の「ブログリーダー」を活用して、しゅんさんの読者になりませんか?

ハンドル名
しゅんさん
ブログタイトル
小学校教師しゅんの青年海外協力隊ライフ
更新頻度
51回 / 51日(平均7.0回/週)
読者になる
小学校教師しゅんの青年海外協力隊ライフ

しゅんさんの新着記事

1件〜30件

  • 初めて停電した日

    ハンチは、割と電気や水が止まることの少ない町です。が、ついに今日は朝から停電しました。スマホやパソコンの充電もできず。 近所のおばちゃんに聞いたところ、夕方4時まで停電するとのこと。どうやってそういう情報知るんだろう…? 午前中は、しょーちゃんと一緒に買いに行きました。買いに行ったのは、明日のワークショップで先生たちに出すジュースやお菓子です。ボツワナではこういうものがあるかないかで、かなり先生たちのモチベーションが変わってくるそう。小学校時代、夏休みのラジオ体操にいっぱい行くともらえるジュースを思い出しました。笑 家に帰ってからは、ワークショップの準備や、総会委員の仕事などをやりました。仕事…

  • すごいボツワナ先輩隊員

    今日は、かなり良い刺激をもらいました。ボツワナの小学校教育の先輩隊員である、しょーちゃんです。月曜日にうちの学校で教員向けに算数のワークショップをやってくれるということで、ハンチに来てくれました!! しょーちゃんは、僕と同い年。そして、教員の経験年数も同じと、いろいろと共通点が多いです。僕が来るちょうど1年前にボツワナに来て活動しています。活動内容も同じで、現地の小学校で算数を子供たちに教えています。ボツワナはそれまで小学校教育隊員がいなかったので、しょーちゃんの代が初代隊員ということになります。 そんなしょーちゃんですが、子供たちや教育に対する思い、そしてそれに向けた活動実績がものすごいです…

  • 幼児クラスの卒業式

    ハンチにある市民ホールで、ハンチ小学校の幼児クラスの卒業式がありました! 朝、小学校で朝会に出たあと、音響機材や撮影用のカメラを用意し、会場へ。会場に着くと、すでにいろいろ準備されていました。 いつやったんだろ…? しばらくすると、子供たちが会場入り。 みんな可愛いなぁ。ピースを顔の前ですると表情が見えなくなるんだよ。笑 保護者の方々も入場し、いよいよ始まります。 いつものように、マーティのMCで会がスタート。どんだけイベントのMC任されてるんだこの人は。笑 最初は校長先生のお言葉と、国歌のアカペラです。校長先生に合わせて、みんなも歌います。まだうろ覚えですが僕も歌っていたら、まわりの人たちに…

  • ボランティアは「お手伝いさん」

    僕の尊敬する青年海外協力隊の先輩隊員の言葉です。この人に憧れて、青年海外協力隊を目指したと言っても過言ではありません。僕の出国前に、仕事で忙しい中都合をつけて食事に連れて行ってくれたときの写真です。僕が高校生の時に出会ったので、もうかれこれ10年以上の付き合いになります。ベネズエラで青少年活動隊員として活動し、 イギリスの大学院で開発学を学んだのち、 現在は開発コンサルタントとして国際協力業界でバリバリ働いています。 「ボランティアは『お手伝いさん』」この言葉を、僕はいつも忘れないように努めています。青年海外協力隊は、JICAの海外ボランティア事業として位置づけられています。僕たちは、ボランテ…

  • 苦手克服大作戦〜分数〜

    ハンチ小学校の子供たちは、分数の単元がものすごく苦手。特に現在僕が主に見ている5年生の子たちは、かーーーなり苦手です。笑先日のテストでも、2/5+1/5という問題を、なんと半分以上の子供たちが3/10と誤答していました。 (答えは3/5) 今週の月曜日にやっと今年の学習内容が学び終わったので、 再来週から始まる最終試験に向けて、急ピッチで分数を復習しております。 分数を学ぶには、段階を踏まないといけません。・分数の意味を理解する。 ・分母、分子の意味を理解する。 ・分母が同じの分数の大きさの比較ができる。 ・分母が同じの分数の足し算、引き算ができる。 ・仮分数、帯分数の表し方を理解する。 ・仮…

  • 美女子・美男子コンテスト

    「ビューティーコンテスト」と呼ばれる、コンテストが小学校で開催されました!出場者は、今年で0学年(幼児クラス)を卒業する子供たち。女子と男子それぞれに分かれて行われました。 事前に何も聞かされていなかったので、急に準備が始まってびっくりしました。僕も音響の設置を手伝いました。 コンテスト前の控え室です。みんな緊張ぎみ。 外では小さな観客たちが始まる前から大盛り上がりです。 タレントショーの時と同じく、カウンターパートのマーティのMCで、イベントがスタートです!マーティはこういうイベントを盛り上げるのが天才的に上手いです。 まずはみんな白いTシャツ姿を披露。男の子たちもそれに続きます。 こちらは…

  • ボツワナでの電気の使い方

    家の漏電ブレーカーが壊れてしまったので、オーナーさんに連絡して業者さんに来てもらいました。 家に帰ると、なぜか扇風機が付かず、故障かな?と思ったら、家のすべての電化製品が使えなくなっていました。業者さんに直してもらうまでは、電気が使えず。 電気が使えないって、やっぱり不便ですね。まあモバイルバッテリーもあるし懐中電灯もあるので、 しばらくは電気なしでも生きてはいけるのですが、何が一番困るって冷蔵庫が使えなくなってしまうこと。食べ物が痛んでしまったり、せっかく苦労して切って冷凍した食材が解けてしまいます。笑今回は数時間で電気が通ったのでセーフでしたが、これが数日続いてしまうと食材をすべて捨てなけ…

  • 一人暮らしって大変だ!

    今日は、星がきれいです。家の外に出てイスに座ってコーラを飲みながら、たまにぼんやり星を眺めつつブログを書いています。控えめに言っても、最高です。笑家の中は熱がこもるので、夜は外のほうが涼しくて快適です。 実は僕は今まで、ちゃんとした一人暮らしをしたことがありませんでした。本当は社会人になってからすぐ一人暮らしをしたかったのですが、 世界一周のときに親に借りた借金があり、 それを返すために実家に住まわせてもらっていました。 (借金は去年完済しました。)世界一周のときもずっと一人だったので似たようなものでしたが、 ひとつの場所に住んで生活するのは初めてです。初めての一人暮らしをする場所がボツワナっ…

  • ハンチの町をぶーらぶら

    僕は散歩が大好きです。趣味は散歩と言っても良いくらい。散歩を通してその町や、人や、自然の様子を知ると、ワクワクしてきます。今日はハンチでの散歩の様子をお伝えしたいと思います。 実は今日、学校の同僚がボツワナのお葬式に連れて行ってくれるはずでした。しかし、むこうが言い間違えたのか僕が聞き間違えたのかわかりませんが、7時半に間に合うように準備をしていたら7時に迎えに来てしまいました。「え、"Half past 7" って言わなかった!?」 「いや、"Quarter to 7"って言ったよ。」"Half past 7" は7時30分、 "Quarter to 7" は6時45分のことです。ほんと、英…

  • ボツワナにも授業観察ってあるんだ!

    びっくりしたことがありました。なんと、ボツワナにも授業観察を通して授業改善を行う仕組みがあるそうです! 今日、いつものようにマーティのクラスに行って、何時から算数の授業をすれば良いか聞くと、いつもより遅い時間を言われました。なんでだろうなーと思っていましたが、そのうちにLearning difficulties 担当のモラポン先生がやってきました。この先生は日本でいう、特別支援担当の先生って感じです。特別支援教室はないので、それぞれのクラスの先生たちの相談役といった感じです。が、今までどのようにその役目を果たしているのかは知りませんでした。この先生自身も自分のクラスを持っているので、普段ほとん…

  • 学年末の最終試験に向けて

    きのうの所長さんの話を踏まえ、まずは11月に行われる最終試験のスコアを伸ばすことを目標に活動しようと決めました。 現在主に受け持っているのは、カウンターパートのマーティ先生が担任している5年生のC組です。 ひとまず「九九を全員が言えるようにする」という目標は来年度から本格的に取り組むことにし、11月中旬までに5年生の振り返りをしっかりと行い、スコアを伸ばしていこうと思います。 そこで今日、前学期の末に行われたテストのスコアをあらためて確認しました。先生たちは「マークブック」と呼ばれるノートを持っており、そこに子供たちのすべての点数が記録されています。 こちらが2学期の結果。 名前のところにはモ…

  • JICAの所長さんとディナーへ

    ボツワナのJICA事務所の所長である山田さんが、ハンチに立ち寄ってくださいました。 ナミビアとの国境付近での調査のため出張にいらしており、ハンチが近かったため立ち寄ってくださったとのこと。 18時半ごろ連絡があり、「一緒にごはんでもどうですか。」と誘っていただきました。所長さんとお話できる機会はめったにないので、喜んでご一緒させていただきました。 ハンチの唯一のレストラン、カラハリアームズへ。僕はフィレステーキを注文。 めちゃめちゃ美味しかったです。 JICAのことやボランティア活動のことまで、いろいろお話することができ、とても楽しい時間を過ごすことができました。 そこで印象に残った、活動につ…

  • ファッション好きなボツワナ人

    ボツワナの人たちは、かなりのファッション好き。ハンチ小学校の先生たちも、特に若い先生たちは毎日気合いを入れておしゃれしてきています。 ボツワナでは、服はかなり高価です。 日本と同じか、それ以上の値段がします。それでも、みんなどんだけ服持ってるのってくらい、毎日違う格好をしてファッションを楽しんでいます。 僕がワイシャツにアイロンをかけていなかったり、靴を磨いていなかったりすると、先生たちに指摘されます。笑 そして、おしゃれをするのと同じくらい、おしゃれした自分の写真を撮るのも大好きです。「カジュアルフライデー」といって、金曜日には自由な格好をして良いことになっているので、 その日はだいたい朝に…

  • ボツワナのWi-Fi事情

    本日、家にWi-Fiを導入しました。今まではスマホのデータプランでやりくりしていました。なくても良いかなと思っていたのですが、・大量の写真や動画をGoogleフォトにアップロードすること・音楽や電子書籍をダウンロードすること・勉強や息抜きのために動画を見ることなどを考えると、スマホのデータプランを使うよりはWi-Fiを使ったほうが安いため、導入することを決めました。 今回は、「btc」と「mascom」という、2つの会社を比較して決めました。「orange」という会社もあるのですが、データの使用量に制限があると聞いていたので、選択肢から除外しました。 まず向かったのはbtcショップ。女性の店員…

  • ボツワナ総選挙

    10月24日に、ボツワナで総選挙が行われました。 他のアフリカやその他の地域の途上国では、選挙があるとかなり街が荒れ、暴動などが起こる可能性があります。そのため、青年海外協力隊に自宅待機などが義務付けられる場合があります。 しかし、そこはさすが平和を愛する国であるボツワナ、今回の選挙も何事もなく無事に終えることができたようです。青年海外協力隊の自宅待機等もありませんでした。 ただ、選挙期間中に行われる選挙のための集会などには行かないようにと、JICAから注意喚起がありました。僕の家の近くの空き地でも行われていたのですが、行って見てみたい気持ちをぐっと堪えて、近づかないようにしていました。 だっ…

  • マウンの街の大きさにびっくり

    ナタからハンチに戻る途中、環境教育隊員であるりなさんの任地、マウンを訪れました。せいぜいハンチよりちょっと大きいだけだろうな、と思っていたのですが、大きな間違いでした。マウンの街に着いた瞬間、「で、でかい…。」僕の任地であるハンチが、いかに小さい田舎町であるかが分かりました。 たくさんの建物があり、何より飲食店がたくさん軒を連ねています。ハンチにはバーはありますが、外食ができるお店はほとんどありません。唯一、「カラハリアームズホテル」というホテルの中にレストランがあるのみです。 マウンにあるおしゃれなレストランに、りなさんに連れて行ってもらいました。おしゃれすぎる…!マウンは「オカバンゴデルタ…

  • レクブシュキャンプ Day2

    朝5時に起きて、マックによるガイドウォークに出発!とてもきれいな朝焼けを見ることができました。 みんなでジャンプ!! レクブアイランドは塩湖の真ん中にある島で、このような地形になっています。ガイドのマックによると、大昔に噴火したマグマが、まわりにあった水によって急激に冷やされ、このような小島になったそう。 石器時代には、ここで人が暮らしていたそうです。歴史に思いを馳せます。 島の上から眺める朝日も、また格別です。 キャンプサイトに戻って朝ごはん。ベーコンを久しぶりに食べて美味しかったです。 車に乗り込み、帰路に着きます。 どこまでも草原が広がっています。 順調に帰れるかと思いましたが、途中で車…

  • レクブシュキャンプ Day1

    朝7時に受付に集合し、キャンプサイトに向けて出発!キャンプ場まで、約6時間の道のりです。 ここからオフロードに入っていきます。看板の手作り感。笑 途中で止まって休憩。 車はこんな感じです。トヨタの4WD。 念願だった、バオバブの木も見れました! でかい…! かなりの砂埃と車の揺れで大変でしたが、なんとかキャンプサイトに到着。今日はここに泊まります。 時間があったので、みんなでキャンプサイトのまわりを散策。今回のメインスポット、「マカディカディパン」です。「パン」とは、「塩湖」という意味です。ただひたすら、真っ白な世界が広がっています。 みんなで地面の塩をテイスティング。笑しょっぱかったです。 …

  • ハンチからナタへ!

    5連休を利用して、ボツワナの隊員たちと小旅行に来ています。8時に、ハンチからのバスに乗り込みます。連休初日とあって、ふだんは空いているバスも今日は満員。 3時間バスに乗り、マウンという町で環境教育隊員のりなさんと合流。マウンのバスランクでは、11時半に乗るはずのバスが出ない、 次のバスは13時半だと言われ、2人で絶望していたんですが、 結局次のバスが早めに来て12時に出発してくれました。ラッキーなんだかアンラッキーなんだか…。笑 途中で同期隊員のかねぴーと合流し、4時間かかってナタという町にある「ペリカンロッジ」という宿にたどり着きました。ここで今回のメンバー全員集合。 とても素敵なロッジです…

  • 防犯アラームを設置!

    セキュリティ会社の人たちに、防犯アラームを設置してもらいました。すごくフレンドリーな人たちで、逆に「この人たち大丈夫かな?」って思うくらい愉快な仲間たちって感じでした。笑 来てくれた4人のうち2人が家に残り、アラームを設置してくれました。他の2人はどこへ行ったんだろう…? ていうか、なんで来たんだろう…?笑 作業が始まる前に、おやつタイム。 ビスケットとオレンジジュースを出してあげたら、喜ばれました。今後お世話になりますし、こうやって仲良くしておくこともきっと大切。 食べ終わったら、作業開始。ドリルで壁に穴を開けて、電線や機械を設置していきます。借りてる家なので、あまりにもボコボコ穴を開けてい…

  • 日本からのビデオレター

    日本の小学校の子供たちが作った動画を、ハンチ小学校の子供たちに見せてあげました。出国前に日本の小学校で、6年生の子供たちと担任の先生方にご協力いただき、日本の紹介ビデオを作ってもらっていました。担任の先生方には、今年度1年間、「総合的な学習の時間」のカリキュラムの一部に、ボツワナの子供たちと交流しよう!」という単元を組んでいただいています。子供たちと先生方には、本当に感謝しています。 現在日本の小学校の6年生は3クラスあり、それぞれ別々のテーマで動画を作ってくれていました。1組は「日本の遊び」について。 2組は「日本の食べ物」について。 3組は「日本の学校」について。それぞれ、実際にやってみた…

  • 第1号報告書が完成!

    JICAに提出する第1号報告書が完成しました! 今日は思えば朝から晩までずっと、家に引きこもってこの報告書を書いていました。午前中で終わらせるつもりだったのに、どんだけ要領悪いんだ…。笑書いてるうちに考え込んじゃったり、 途中ラグビーの南アフリカ戦に気を取られたりしてたら、 結局一日かかっちゃいました。笑でも時間をかけた分、良い報告書ができたのではないかと思います…!自分のこれまでの活動を振り返り、今後の展望を考える良い機会にもなりました。 青年海外協力隊は、定期的に報告書を提出することが義務付けられています。そのことは、「JICAボランティア・ハンドブック」という本に書いてあります。このハン…

  • 全員が九九を言える学校に

    ここ最近、ずっと自分の活動をどう進めていくか悩んでいました。ですがこの度、僕の帰国までの目標の一つとして、「かけ算の九九を3年生以上の子供たち全員が言えるようになる」ということを掲げて活動していくことに決めました。 ハンチ小学校の子供たちは、ほぼ全員と言っていいほど、九九を覚えていません。 ですが正直、九九なんて言えなくても人は生きていけます。 かけ算はたし算の繰り返しなので、5×4が分からなくても、5+5+5+5をすれば答えが出ます。「ゴシニジュウだから答えは20」 という思考より、「5×4は『5が4つ分』だから5+5+5+5=20」 という思考のほうがよっぽど算数的に価値があります。九九が…

  • 「ありがとう」と「どういたしまして」

    「ありがとう」と「どういたしまして」って、素敵な言葉ですよね。今日はこの「ありがとう」という言葉について、日本語とツワナ語を比較してみたいと思います。 みなさんご存知の通り、日本語の「ありがとう」は、「有難う」、つまり「滅多にない」という意味から来ています。もともとは、神様が何か自分を助けてくれたような「あり得ない」ことが起こったとき、その奇跡に対していう言葉が「有難う」だったそうです。「ありがとう」と「有難う」なぜ2つある?その意味と語源 | すぐやればすぐできるふだん気軽に使っていますが、本来神様に言う言葉を人に対して使っていると考えると、超スーパー感謝しているような言葉ですね。笑 それに…

  • プライズ・ギビング

    学校で、「プライズ・ギビング」というイベントがありました。どういうイベントかと言うと、成績が優秀だった子供たちに学校からご褒美のプレゼント(プライズ)が贈られる、というイベントです。 朝学校に行くと、キッチンのおばちゃんたちだけでなく、先生たちも忙しそうに料理していました。保護者の人たちに振る舞われるお昼ごはんを作っているそうです。学校からごちそうが振る舞われるって、日本でのイベントではないことですよね。まあお金は保護者の人たちに出してもらっているのですが。 校長先生のお話のあとに、イベントがスタート。 最初は、ペアダンスの発表です。 次に、伝統的なダンスの発表がありました。周りで座っている子…

  • 牛一頭を受け取りに

    一頭分のお肉を受け取りに行く仕事を頼まれたので、同僚のマーティ先生と、レウェ先生と一緒に行ってきました。明日学校で行われる、「プライズギビング」というイベントのためのお肉です。 ※牛が解体された画像が続くので、苦手な人は見ないでください。 ドライバーさんを1人雇い、荷台に乗って出発。ハンチの街から少し離れ、ブッシュの中に入っていきます。かなりのガタガタ道。 学校から20分くらいで、お肉の解体場に着きました。 少し時間があったので、中を見せてもらいました。 す、すごい…。解体された牛さんの体が、たくさんぶら下がっています。 僕は大学時代に、叙々苑や地元の焼肉さんでバイトしていたので、ある程度お肉…

  • 日本の小学校へのお便り

    日本の小学校に掲示してもらう、「ボツワナ通信」の第2号が完成しました! 僕はこの青年海外協力隊に、「現職教員特別参加制度」という制度を利用して参加しています。これは、日本の小学校に籍を置いたまま、「派遣」という形で送り出してもらう制度です。 ブログのタイトルにもあるように、いま自分は「日本の小学校の先生」 と 「ボツワナで活動する青年海外協力隊」という2つの顔を持っていると思っています。 協力隊として現地へ貢献することはもちろんですが、日本の一教員として、快く送り出してくれた学校への恩返しの意味も込めて、日本の小学校への還元も、積極的に行っていこうと思っています。 その一つが、この「ボツワナ通…

  • ボツワナにもPTAがある

    今日は放課後に、保護者会がありました。ボツワナの先生たちは、「PTA」と呼んでいます。 「PTA」とは、みなさんもご存知の通り、「Parent-Teacher Association」の略です。「保護者と教職員の組織」って感じですね。 ボツワナでも同じように「PTA」と呼ぶとは、ちょっと驚き。 今回は、40人くらいの保護者が出席していました。保護者全体の代表として来てるのか、それとも来れる人が来てるのかはちょっと不明。 今度聞いてみようと思います。 今回の議題はこんな感じ。黒板に貼ってあったものを持ち帰らせてもらいました。笑訳すと、【議題】 ・お祈りー保護者(Mr. Tshetlhane) ・…

  • 自宅を大公開!!

    引っ越しもようやく落ち着き、掃除もだいたい終わってきたので、これから一年半ほど住むことになるボツワナの自宅を大公開したいと思います! 外観 まずは外観から!かわいいお家でしょ?笑門の外から見るとこんな感じです。広ーい砂の庭に、ポツンと建っている感じが気に入っています。 ですがなんと、家のすぐ裏には刑務所があります。檻に囲まれています。ちょっとこわいですね。 受刑者が脱獄してこないことを祈ります…。 ここに洗濯物を干します。 家の裏です。 タンクに水道水がたまっていて、お湯を作ってくれます。 家の中 それでは、家の中に入ってみましょう!ドアをあけるとすぐ、リビングがあります。 キッチンです。棚に…

  • サン族の研究者

    今日は家にお客さんが来ていました。 ボツワナの先住民族であるサン族の研究をしている、杉山由里子さん(ゆりちゃん)です!ゆりちゃんは現在、ボツワナ大学院で修士課程をとっています。今回、ニューカデというサン族の多く住む村での調査を終え、一番近くの街であるハンチに立ち寄ってくれました。 サン族は、ツワナ語では「バサルワ」と言います。かつては、「ブッシュマン」と呼ばれていました。(現在は蔑称とされています。)サン族は、南部アフリカのカラハリ砂漠に住む民族です。 「地球最古の人類」とも言われています。以前は狩猟・採集によって暮らしていましたが、現在では近代化によって、農耕・牧畜など定住生活を行なっている…

カテゴリー一覧
商用