プロフィールPROFILE

F.Harryさんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
アテナイの午睡
ブログURL
https://atenai.net/
ブログ紹介文
本や映画を中心に哲学的に語っていきます。 ギリシア哲学と政治哲学を専攻したので、ややそちらに片寄るかも(笑) プラトンから神林長平まで! ソビエト映画からシン・ゴジラまで! 大人の社会科見学や、ゾイド、夜のキャバレーまで!
更新頻度(1年)

11回 / 54日(平均1.4回/週)

ブログ村参加:2019/09/21

F.Harryさんのプロフィール
読者になる

F.Harryさんの人気ランキング

  • IN
  • OUT
  • PV
今日 11/13 11/12 11/11 11/10 11/09 11/08 全参加数
総合ランキング(IN) 23,036位 26,375位 20,960位 20,903位 23,571位 19,270位 19,291位 977,873サイト
INポイント 20 0 10 10 10 20 0 70/週
OUTポイント 20 10 10 20 10 20 0 90/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
本ブログ 181位 213位 174位 173位 182位 161位 165位 12,717サイト
書評・レビュー 55位 64位 50位 51位 53位 47位 46位 3,319サイト
映画ブログ 105位 110位 94位 95位 107位 82位 79位 10,643サイト
映画評論・レビュー 52位 53位 46位 47位 49位 39位 38位 3,676サイト
今日 11/13 11/12 11/11 11/10 11/09 11/08 全参加数
総合ランキング(OUT) 39,460位 41,947位 39,700位 38,085位 41,897位 38,025位 39,698位 977,873サイト
INポイント 20 0 10 10 10 20 0 70/週
OUTポイント 20 10 10 20 10 20 0 90/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
本ブログ 232位 248位 227位 211位 250位 220位 239位 12,717サイト
書評・レビュー 62位 66位 62位 57位 64位 57位 57位 3,319サイト
映画ブログ 124位 136位 121位 111位 136位 113位 120位 10,643サイト
映画評論・レビュー 51位 58位 52位 47位 55位 45位 47位 3,676サイト
今日 11/13 11/12 11/11 11/10 11/09 11/08 全参加数
総合ランキング(PV) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 977,873サイト
INポイント 20 0 10 10 10 20 0 70/週
OUTポイント 20 10 10 20 10 20 0 90/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
本ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 12,717サイト
書評・レビュー 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 3,319サイト
映画ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 10,643サイト
映画評論・レビュー 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 3,676サイト

新機能の「ブログリーダー」を活用して、F.Harryさんの読者になりませんか?

ハンドル名
F.Harryさん
ブログタイトル
アテナイの午睡
更新頻度
11回 / 54日(平均1.4回/週)
読者になる
アテナイの午睡

F.Harryさんの新着記事

1件〜30件

  • 細谷功『具体と抽象』~哲学は簡単なことを難しく考えているのか?~

    哲学をやっていると(実は、この言い方自体がかなり嫌なのだが・・・)、かなりの確率で言われることがあります。(面と向かってでも、そうじゃなくても)それは、「哲学は、簡単なことを難しく考えている」という趣旨の感想というか、ご批判です。これ、もう耳にたこができる位、言われたり、見かけたりするので、もはや反論する気も起きなくなってしまいました。しかし、これではいかんと!と一念発起。で、ご紹介したいのがこちらの本です。

  • 優秀な本屋アルバイトは本好きとは限らない理由~書店の理想と現実~

    あなたは、書店員にどんなイメージを持っていますか?みんな本好きで、教養があって・・・etc.これ、現実は結構違います。元書店勤務の私に言わせると・・・

  • 自衛隊論争あるある~論理の飛躍の戦後史~

    この国で、軍隊=自衛隊を語るのは、とても大変ですね。右から左、上も下も、大激論です。ただ、基本的に論点が整理されていなかったり、論理が交錯していたりで、最後には、感情論です。きちっと整理しましょう。

  • ドラマ「相棒」シリーズ:政治描写の違和感~右京さんの正義とは?~

    ドラマ「相棒」を見ている方、多いですよね。刑事ドラマの中でも、特に根強い人気ドラマではないでしょうか。でも、政治描写については、いつも違和感が残る・・・。今回は、その理由について語ってみたいと思います。

  • 警察小説やドラマを10倍楽しむための,警察を学ぶ入門書おすすめ5選

    皆さん、警察小説や刑事ドラマは好きですか?今回は、警察の実態を知りたい方向けの入門書をご紹介します。読むと、警察モノがもっと楽しく観れること間違いなし!

  • 軍事学の入門書,おすすめ5選

    軍事や戦争といったことを学ぼうとすると、その類書の多さに圧倒され、さて、どうしたものかと途方にくれます。今回は独断と偏見で、初学者向けの本を5冊選んでみました。軍事なき政治も、政治なき軍事も共に現実を見ていません。即ち、軍事学(戦争論、安全保障論等)は政治学の一分野ということです。

  • 哲学の入門書、おすすめ5選(初心者向け)

    「哲学ってなんだろう?」と、誰でも一度は思うことがあるんじゃないでしょうか?そこで一念発起、書店の本棚で、『●分でわかる哲学』とか『●●の哲学が誰でもわかる』みたいな本を手に取り、ページを開けば、専門用語の解説だったりで、なにも面白くはない・・・。そんな光景を山のように見てきた私が、哲学を学びたいアナタのために、哲学入門書のおススメをご紹介しちゃいます!

  • 神田古本まつり(神保町)2019年日程&必勝法!

    毎年10月末から11月初旬にかけて1週間以上行われる「東京名物 神田古本まつり」。本好きの、本好きによる、本好きの為の祭典です!今回は、この神田古本祭りに初めて行く方のために書いてみました。いざ、冒険の旅へ!(ドラクエの音楽が鳴っています)

  • 神田古本まつり(神保町)2019年日程&必勝法!

    毎年10月末から11月初旬にかけて1週間以上行われる「東京名物 神田古本まつり」。本好きの、本好きによる、本好きの為の祭典です!今回は、この神田古本祭りに初めて行く方のために書いてみました。いざ、冒険の旅へ!(ドラクエの音楽が鳴っています)

  • 陸上自衛隊の秘密作戦をスクープ!

    この度、陸上自衛隊が進めている秘密作戦をスクープしてしまった。麻生幾ではないが、これをここに書いてしまって身の危険はないのだろうか?震える指で今、キーボードを打っている。

  • 「道徳」の科目化を嗤う~教育の目的とは何か~

    「道徳」が科目となることで喧々諤々の大論争が続いています。おそらく「道徳」が教科になることで、社会道徳とか愛国心とか、そういった「政治」的な匂いがするからの拒否反応ではないでしょうか。

  • 機動警察パトレイバー2 the Movie 連載② ~「戦後」を終わらせる為の、たったひとつの冴えたやりかた~

    押井は、パトレイバー2によって、「戦後」を終わらせた。と、同時に押井にもパトレイバーの続編を製作することを不可能にした。なぜなら、自衛隊の出動(戒厳令の発動)を描いた以上、「戦後」日本は終わってしまい、その翌日から、まったく違った「日本」が始まるからだ。

  • 保守主義とは何か?5分でわかる解説

    「保守」や「保守主義」という言葉をよく目に耳にするようになりましたね。でも、その使い方、正しいですか?保守の反対は、「革新」。「革新」は進歩主義です。両派の違いは、「理性」を信ずるか信じないかに尽きます。

  • ジャッカルの日~まるで実話?ド・ゴールという巨人故に成立した映画~

    ただ単に、「フランス第五共和国大統領」という職位ではなく、その職にあるのがド・ゴールという個人である事が重要。他のフランス大統領や架空のフランス大統領では、この映画の魅力は半減してしまうでしょう。そんな歴史的個人である実在の人物ド・ゴール暗殺を映画にしてしまうのだから、その緊張感たるや、言わずもがな。

  • 警察国家化?する日本

    街を歩いていると、公共機関から委託された警備の人が増えましたねー。駐車違反監視員は言うに及ばず、違法駐輪の監視員やたばこのポイ捨て監視員etc.こんなに警備員を配置しなければならないというのはどういうことか?

  • 神保町カレー戦争!おすすめ3店「ガヴィアル」「ボンディ」「共栄堂」をご紹介

    神保町古書店街。 まあ、神田古書店街ともいいますが、JR神田駅とは全然違う場所にあるので、初めて行くときは要注意です! さて、そんな古本の街、神保町はカレーライスの街でもあります。 有名店が街のあちこちに古書店に混じって軒を構えています。

  • シン・ゴジラの考察~怪獣映画の「政治」の描き方~連載③最終回 【「シン・ゴジラ」、正しい「国難」の描き方】

    前置きが長くなりましたが、いよいよ本連載の主題、「シン・ゴジラ」における「政治」の描き方を見ていきましょう。ゴジラ誕生以来、半世紀以上を経て、ようやく、怪獣映画で真正面から「政治」を描けた作品が完成したことになります。

  • ゾイドはどこで道を誤ったか?~「ゾイドバトルストーリー」一覧で振り返る~

    「ゾイド」(ZOIDS)ほどリバイバルを繰り返しているシリーズものも珍しいですね。でも、毎回、なんか、いつの間にか終息して、また消えて行ってしまう。今や伝説となった「ゾイドバトルストーリー」。ちょっとその内容を振り返ってみましょう。

  • ブックカフェはインテリアショップ?~乱立の行きつく先、あるいは“読書の敵”~

    ブックカフェで起こっていることは、本のインテリア化を進めているだけで、それは詰まるところ「知」のファッション化ではないか?本を「読む」という価値が下落し続けている文化の中で、単に本を「飾り」として提示してしまう行為は、「本が読まれる」ことには貢献しない。

カテゴリー一覧
商用