プロフィールPROFILE

さやふやさんのプロフィール

住所
川崎市
出身
沖縄県

自由文未設定

ブログタイトル
恥日記 時々 猫
ブログURL
https://sayafuya.hatenablog.com
ブログ紹介文
30代サラリーマンが日々を頑張る雑記
更新頻度(1年)

36回 / 58日(平均4.3回/週)

ブログ村参加:2019/09/20

さやふやさんのプロフィール
読者になる

さやふやさんの人気ランキング

  • IN
  • OUT
  • PV
今日 11/17 11/16 11/15 11/14 11/13 11/12 全参加数
総合ランキング(IN) 26,282位 26,065位 28,472位 34,519位 34,623位 29,249位 29,317位 978,204サイト
INポイント 0 10 30 0 0 0 10 50/週
OUTポイント 0 0 60 0 0 0 10 70/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
料理ブログ 889位 887位 935位 1,098位 1,084位 955位 940位 33,321サイト
男の料理 28位 28位 28位 33位 33位 31位 31位 985サイト
サラリーマン日記ブログ 86位 86位 101位 152位 148位 106位 111位 11,512サイト
30代サラリーマン 18位 18位 24位 29位 28位 20位 23位 2,727サイト
家族ブログ 473位 470位 501位 626位 633位 521位 517位 16,209サイト
夫婦 7位 7位 8位 11位 11位 8位 11位 379サイト
今日 11/17 11/16 11/15 11/14 11/13 11/12 全参加数
総合ランキング(OUT) 41,311位 42,105位 42,081位 63,985位 64,159位 63,654位 63,701位 978,204サイト
INポイント 0 10 30 0 0 0 10 50/週
OUTポイント 0 0 60 0 0 0 10 70/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
料理ブログ 1,741位 1,767位 1,760位 2,447位 2,437位 2,413位 2,384位 33,321サイト
男の料理 44位 43位 44位 66位 64位 62位 64位 985サイト
サラリーマン日記ブログ 127位 137位 131位 303位 300位 288位 286位 11,512サイト
30代サラリーマン 28位 31位 27位 72位 67位 65位 67位 2,727サイト
家族ブログ 960位 976位 975位 1,384位 1,410位 1,416位 1,407位 16,209サイト
夫婦 12位 12位 11位 19位 18位 16位 17位 379サイト
今日 11/17 11/16 11/15 11/14 11/13 11/12 全参加数
総合ランキング(PV) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 978,204サイト
INポイント 0 10 30 0 0 0 10 50/週
OUTポイント 0 0 60 0 0 0 10 70/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
料理ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 33,321サイト
男の料理 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 985サイト
サラリーマン日記ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 11,512サイト
30代サラリーマン 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 2,727サイト
家族ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 16,209サイト
夫婦 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 379サイト

新機能の「ブログリーダー」を活用して、さやふやさんの読者になりませんか?

ハンドル名
さやふやさん
ブログタイトル
恥日記 時々 猫
更新頻度
36回 / 58日(平均4.3回/週)
読者になる
恥日記 時々 猫

さやふやさんの新着記事

1件〜30件

  • 弁当を作って出かけよう。昭和記念公園。

    午前7時、台所にはサンドイッチとおにぎりを作る嫁の姿があった。オヤツのじゃがりことクッキーも昨日買っておいたようだ。張り切ってるな。 今日は立川の昭和記念公園に行ってきた。銀杏がとてもキレイだから行きたい!と言う嫁のリクエストだ。(Zipで特集でもしてたのだろう。)往復の交通費と入場料合わせても1人1,500円か、良し、行きましょう。 今日は天気も良く、絶好の行楽日和だ。僕も嫁も何だか上機嫌になる。 最寄駅から立川までは1時間弱。公園まで徒歩10分。午前10時半頃到着。 思ったより人が多い。中国語が飛び交っているのは、おそらく団体旅行のコースになっているからだろう。海外でも人気なんだな、銀杏。…

  • とめてあげれ。親として。

    会社のクラブ活動でのこと。 (僕は参加していないので、同期から聞いた話。) ある営業部長が中二の娘さんを連れてきたそうだ。その娘さん、ノンアルコールビールをガバガバ飲む娘だったと。周りの人が引く姿が目に浮かんだ。 部長の娘なので誰も何も言えなかったのだと思う。でも部長さ、赤の他人の僕からも頼むから、娘さんを止めてあげれ。 アルコールが入ってないから良いとか、ノンアルでも「ビール」だから駄目とか、そんな低次元の話ではない。彼女は今自らの手によって、せっせと黒歴史を作っているんだ。まさに厨二だよ。 彼女は大人ぶって、そしてちょっと悪ぶって、「ビール」を飲んでいるのだろう。 「中二だけどビール美味い…

  • やさぐれ土曜日、千円札を握りしめて。

    今日は何だかやさぐれ気分。 天気は良いのに気分が晴れない。兄パワハラ上司が僕の心まで削っているのだろう。くそう。 家にいても気が滅入るので、千円札一枚と携帯をポケットに入れ、川崎に出かける。 漫画喫茶のオープン席。90分で500円。弟に勧められた「彼方のアストラ」なる少年漫画を読んだ。「星を継ぐ者」と「15少年漂流記」を足して割った感じだ。5巻で上手くまとめられ、The 少年漫画って感じで、良い意味で深く考えずに読めた。 川崎の漫画喫茶のオープン席はヤバめの人が多くてオススメだ。ゲームしながら怒鳴り続けている人、シャツを胸まで捲り上げ、ボテっと出た腹を出して漫画を読む人。ずっと独り言を言いなが…

  • 兄と飯。

    2つ違いの兄と飯してきた。 兄は沖縄の学校を出た後上京し、何回か転職しながらも大都会で10年以上頑張っている。 男兄弟にはありがちだと思うか、大人になるまで僕と兄とはあまり良い関係では無かった。高校までの兄は、何だか斜に構えた感じのいけ好かない奴で、一方の僕は弱い癖に内弁慶なダサ男だったため、お互いに「何だこいつ」って思ってたと思う。 5年前、僕が上京したとき兄から飯に誘われた。あまり行きたく無かった。だって、何話して良いかわからんもん。冬の錦糸町、居酒屋でテーブルを囲む僕ら。思ったよりも話せたが、僕は居心地の悪さを感じて1時間程で帰った。帰り道、兄に申し訳ない気持ちになり、次回はもっと話そう…

  • 愚痴は上手く無ければいけない。

    他人の不幸は蜜の味。 又は、 他人の幸福は飯がまずい。 よく聞く言葉だが、これは科学的に立証されており、人間は進化の過程でそうなったようだ。 僕はブログ村に参加しているのだが、日常系のランキングトップのブログを2つ読んでいる。その2つとも主婦のブログで、これまた不幸なブログなのだ。 1つは子持ち主婦のブログ。子供会の行事が大変だとか、ママ友付き合いがしんどいとか、夫が最悪だとか。病気が辛いとか。この人は不幸になるために生まれてきたのかってくらい文章から負のオーラが出ている。 もう1つはシニアの主婦の方だが、夫と不仲で貧乏な話。ほぼ夫の愚痴。たまに前向きな事を言うが、やはり暗い日記だ。 なぜ人気…

  • 悩みとか無さそうですよね。

    悩みが多い。 具体的に言うと不幸自慢みたいになるのでやめとくが、結構笑えない問題を抱えている。 最近は「人生なるようにしかならない」と前向きに諦めているが、時々黒い感情に呑まれそうな時もある。 でも、僕より大変な目にあっている人もいるだろうし、ひとまず家と職があるだけでも感謝するべきなのだろう。 そんな感じで日々黒くなったり、頑張ったり、サボったりしているのだが、先日雑談中に後輩に言われた。 「先輩って悩みとか無さそうですよね。」 なに?この悩みだらけの僕が、悩みが無さそうだと?? 僕は思った。 「凄いじゃん、俺。」 それは、毎日悩んでいるのにも関わらず、周りにはそんな顔を見せていないと言う事…

  • カラスも、気持ち良かったのだろう。

    昨日は朝から嫁と川崎ぶらぶら。 天気が良く、気持ちの良い日曜日だ。 ぶらぶらと言っても、UNIQLOでパンツと靴下を買い、図書館で本を借りただけだ。本当は映画でも観たいのだが、ここのところ出費がかさんでいるので我慢。 昼前、腹も空いてきたので帰宅することに。最寄り駅前のマックで昼食を買い歩いていると、4メートルほど先の電柱に一匹のカラスがとまった。僕の歩くコースの真上だ。 何だか嫌な予感。 コースを外すため少し右に寄って歩く。そうすると、手を繋いで僕の左側を歩く嫁が必然的にカラスの真下にくる。 これはいかんと思ったが時すでに遅し。カラスは身を震わせて糞を落とし、嫁のニューバランスの靴を汚した。…

  • 豆苗は滅びぬ、何度でも蘇るさ。

    ~ 一週間前 ~ 豆苗炒め。 まだ酒を飲んでいた頃、安い中華料理屋に行くと必ず頼んでいた酒の肴。豆苗とニンニク、それに鷹の爪。それだけで美味いなんて、中国人は本当に偉大だ。 食べたい。豆苗炒めが無性に食べたい。 渋る理由などない。早速スーパーへ行き購入。100円なり。作って食べた。ノンアルビールと合う。 豆苗は謎の野菜だったが、どうもエンドウの若菜らしい。芽吹いたばかりの小さな命。 こんなんなった。 ~ 今朝 ~ ここまで戻った。 「それでも、生きる。」そんな意思を感じる。 収穫の秋。 今日はもやしとワカメと和えてナムルにした。 しかし凄いな生命力。一週間後は豆苗サラダにしようかな。 以上

  • 屁は、切ない。

    学生時代、付き合っていた女性の家にお泊まりした夜のこと。 シングルベッドに二人並んで寝る。彼女はぐっすりと眠り、僕は何だか眠れずにいた。目を瞑り、寝ようと集中するのだが、そうすればするほどに脳味噌はギンギンに冴えた。 しょうがないので、寝ることを諦めて宙を見ることにした。彼女の寝息が聞こえる。ぐっすりと寝ているなぁ。夢でも見てるのかな。 そんなことを考えていると、 ぶぷ〜〜〜〜〜〜っっ。。ぶっっ! 彼女は屁をこいた。 そして眠ったまま、にこ〜っと笑った。 「ああ、愛おしいなぁ。」僕はそう思った。 その後しばらく付き合いは続いたが、彼女との関係は上手くいかずに別れた。(別れの原因は僕の酒癖の悪さ…

  • とりあえず逃げたい木曜日。

    最高に秋晴れ。 風はひんやりして日陰に入ると少し肌寒いが、日向に出るとがポカポカ暖かい。絶妙なツンデレ具合である。 気持ちが良い天気だ。こんな日に仕事なんかに行って良いのだろうか。僕は海か山に行ってボンヤリするべきなのではないか。 ばっくれたい。 反対の電車に乗ればぴゅーっと熱海まで行ってしまえる。そのまま海を散歩して温泉に入って、秘宝館に行く事も出来る。 ここまで書いたところで上り電車が到着した。残念ながらトラブルも無く、平常運転のようだ。僕は電車に乗った。本当に意気地が無い。 電車の中はいつも通りの混み具合。みんな僕と同じ気持ちのはずだ。 窓からみえる多摩川もいつも通り。半壊のホームレスの…

  • バベルの塔 〜嫁の母ちゃんと僕と猫〜

    旧約聖書の創世記に「バベルの塔」の話がある。 人間がイキって天まで届く高い塔を作ろうとした結果、神が怒り、人間の言葉をバラバラにしたというお話だ。 聖書って中東とかその辺のお話のはずだが、神を試した先人達のおかげで、僕は苦しめられるのだった。遠く離れた極東にて。 —.—.—.—.—.—.—.—.—.—.—.—.—.—.—.—. 韓国から嫁の母ちゃん来日していた。一週間ほどの滞在だった。 嫁母が来ると家がピカピカになる。隅から隅まで掃除してくれるのでとても助かる。ご飯も毎日作ってくれる。美味しくて助かる。一番助かるのは嫁が元気になることだ。 嫁母と僕はわりかし良い関係を築けていると思う。「思う。…

  • ある日の川崎。いつもの川崎。

    僕と嫁は川崎のバーガーキングでワッパーを頬張っていた。外が見える席に座り、街行く人をボケーっと見ていると、川崎という街の色が見えてくる。そんな気がする。 ワッパーを食べ終え、ポテトをつまみながら「皆どこに行くのかなー」と雑談をしていると、外の席に爺さんが座った。僕らに背を向けて座る爺さんは、僕らがボーッと見る人々の1人になった。 爺さんはスマホをいじっている。人のスマホ画面を覗き見る趣味は無いが、目の前で弄るので嫌でも目に入ってくる。不可抗力だ。 爺さんのスマホ画面にはセクシーな下着の女性が写っていた。下にスライドすると、次々に下着女性が現れる。爺さんは風俗情報を閲覧されている。そして、嬢を吟…

  • 会社をサボった日の幸せ。

    今日は会社サボりの日。 サボりといっても前もって周りの人に日程確認し有給申請した上でのサボりだ。果たしてそんなものをサボりと呼んで良いのかはわからないが、「サボる」と言う方が自由を謳歌している気分になるので、とにかく僕は今会社をサボっているのである。 サボるのに理由も要らないのだが、ここ2ヶ月程の間何となく気分が晴れなかった。大きなストレスは無いが、日々の慢性的な疲れに心がジワジワと蝕まれている感じがしていた。僕の場合、些細な事で嫁にイラついたり、独り言が多くなったりするのが疲れのサインで、ここ数日はそれが酷くなっていた。 これはいかん。という事で、特に用事もない金曜日にサボる。 本日のサボり…

  • LGBTの笑いについて。

    学生の頃、海外ドラマのFriendsにハマっていた。94年から始まったシチュエーション・コメディで、ニューヨークに住む6人の男女の物語だ。 その最初のエピソードにデヴィット・シュワイマー演じるロスが奥さんと別れたと凹んでいるシーンがある。原因は奥さんが実はレズビアンで、レズビアンの恋人に寝取られたのだ。海外のコメディでお馴染みの笑い声が上がるシーンなのだが、当時の僕は同性愛者に嫁を取られるなんて、ニューヨークって進んでるなーとただ感心したのだった。 このFriends、Netflixで配信されているので今でも観ることが出来るのだが、仮に2019年にテレビ放送が開始されたとしたら、多くのシーンが…

  • これだからインドってやつは。

    インド贔屓の僕です。 インドってのは僕らの予想を良い意味でも悪い意味でも裏切ってくる。イラつく事も多いが、憎めないのよ。 家の近所にインド料理屋さんがある。(おそらくネパール人だが)今日は休みだった。 愛すべき間違いだな。注目してもらうには警戒色のテープだな。 今度食べに行こう。 インドを感じるオススメの動画チャンネルです。お試しあれ。 https://youtu.be/naSaZdyOylY:title 以上

  • ラム刺の臭い誘惑。

    10月20日(日) 友人2人と蒲田のバーボンロードを歩いていた。決勝リーグに進んだ日本代表を応援するため、ラグビー観戦ができる店を探していたのだ。 数軒当たってみたが、ある店はすでに満員で入場規制をしており、ある店は全席予約済みとのこと。半ば諦めながら探していると一軒の立ち飲み屋を見つけた。ラグビー観戦をしており、幸運にも一席だけ空いていた。店の雰囲気も良いし、お客さんも盛り上がっている。僕らはテレビの真下の席でビールケースの椅子に座り、飲み始めた。(僕はノンアルビール) 何をつまむかメニューを見てみると、「ラムのたたき」なるものが目に入った。僕は以前からヤギ刺しを食べたいと思っていたのだが、…

  • 健康と長生きのジレンマ。からの仏陀。

    人生100年時代という言葉をよく耳にするが、冗談では無いと思っている。1世紀も生きてたまるか。 健康食品のテレビ広告では笑顔のお年寄りがスポーツや趣味を楽しみ、最後に元気の秘訣を教えてくれる。どうせ教えてくれるなら、75くらいでピンピンコロリする方法を教えてほしいし、そういう健康食品を売って欲しい。 僕は今、人生に絶望している。というわけでは無い。同じような毎日にウンザリしている。というわけでも無い。至って普通だ。普通に楽しいことも辛いこともある。(今は金が無くて割と辛い時期だが)。ただ、100歳まで毎日楽しく、明るい気持ちで生きている自分が想像できないのだ。 という事で、長生きせずに75歳く…

  • 怠け者の僕から、努力家のあなたへ。

    ある資格試験に向けて日々勉強する努力家の先輩がいる。昼休みも勉強、帰ってからも勉強。怠け者の僕とは正反対の人間で、すごいなぁ、偉いなぁ、と思う。 その反面、実は辟易している。 僕もその資格試験の1つ下の級に挑戦しているのだが、もう3回落ちて、やる気はほぼ無い。その先輩はそんな僕を見て、勉強してるのか?一日3時間だけで良いのに、勉強しなきゃ受かる訳ないじゃん、などと小言をいうのだ。 ムカつくけど、正論だ。 それだけならまだ良い。飲み会の席でおもむろに試験問題を取り出し、今ここを勉強している、難しい、全然休んでは暇がない、と勝手に話し出す。そして僕に勉強しているのかと聞く。 飲み会の時くらい勉強の…

  • 死んだ友人の嘘。

    はじめに断っておきたいが、これは悲しい話では無い。勿論彼が死んでしまったこと自体は悲しく、残念なことではあるが、彼のついた不可解な嘘が、彼の死後に、僕の中で勝手にスッキリした話である。 彼とは小学生からの付き合いだ。とは言っても、高校までは特に仲が良かったわけではなく、どちらかと言うとあまり得意な方では無かった。高校卒業後、僕は長崎の大学に進学したのだが、彼も一浪して長崎の別の大学に進学してきた。それをきっかけに、一緒に飲み歩くようになった。ラッパー風な外見とは裏腹に繊細な奴だった。 僕の在学中は彼を含めた沖縄人のグループで良く遊んだ。僕らと遊ぶ時以外、彼は家にいることが多かった。一日中家にい…

  • アドレナリンを止めてくれ。

    昨日は台風だった。 風はまあまあだが、雨量が凄く携帯のアラーム鳴りまくり。多摩川も鶴見川も水位がグングン上がり、まだ氾濫してないのに、氾濫したとツイートされまくりで情報が錯綜しまくりまくりだった。 21時頃の最接近時には流石に風も強くなり、嫁にベランダに出るのを禁止された。そんな最中、どさくさに紛れて(?)地震も起きたりして、報道特番の画面は洪水の映像に地震速報とよくわからんことになったりした。 災害も凄かったが、アドレナリンが凄かった。脳ミソがギンギンに爆上がりで、お菓子を爆食いして筋トレを始めるという謎の行動を取ってしまった。 —.—.—.—.—.—.—.—.—.—.—.—.—.—.—.—…

  • 孔雀と天理。思い出の彩華ラーメン。

    以前、宮古島には野良孔雀がいるという雑記を書いたのだが ↓↓ 今日、衝撃のニュースが入ってきた。 なんと、宮古島産孔雀のラーメンを錦糸町で食べることが出来るのだ。 「米とサーカス」宮古島のクジャクを使ったラーメンを提供 - 宮古島経済新聞 お値段衝撃の1,500円。日高屋のラーメン3杯食べてもお釣りがくる。高いわ。 交通費をあわせると2,500円。そこまでの価値があるのだろうか。気になる。気になるぞ孔雀ラーメン。給料入ったら食べに行ったる。 宮古島産孔雀と言うだけで書き出してみたものの、食べてみたいというだけで、なんの広がりもオチも無い雑記になってしまった。 しょうがないので、ラーメンについて…

  • 彼もまた世を憂いてる。それでも、

    今日も寝坊した。 5時に起きるつもりが7時過ぎになってしまう。重いまぶたを何とかこじ開け時計を確認するが、何度見ても7時過ぎである。 足下では猫がタオルを噛みながら喉を鳴らしていた。彼は早朝にわざわざ僕を起こし、タオル踏み踏みしながら噛み噛みする。それは母親の乳を吸う時の仕草で、どうやら甘えているらしい。 とりあえず背中を撫でてやった。 重い体を起こし、支度を始める。シャワーを浴びている間に朝食を用意するのは嫁の仕事だ。 嫁はモンスタークレーマーに心をポッキリ折られ、現在休職中だ。世の中にはイカれた人が沢山いるのだ。 朝の情報番組を見ながら朝食をとる。 ソファーで猫が虚ろな目をしていた。ベルト…

  • 苦手な人には挨拶を。

    会社の役員に1人苦手な人がいる。 いつも般若をドス黒くしたようなしかめっ面をして、負のオーラを放っている。その見た目を裏切らず、性格もかなりキツイ。他部の部長がネチネチと怒られているのをよく見る。 兎に角怖いのである。 数ヶ月前に帰り道ですれ違った時のことだが、僕は役員に気付き、慌てて挨拶した。相手は僕の事を一瞥し、何も言わずに去っていった。 ビビり過ぎて状況が理解できなかったが、もしかしたら気づかなかったのかもしれないと思うことにした。 嫌われている可能性は否めない。 先々週の金曜日、フレックス制度を活用して16時に退社した。「プレミアムフライデーだ!」とルンルン気分で死語を呟きながら会社を…

  • 金が無くても楽しめる事。

    一週間頑張った。土曜は午前中だけだが休日出勤もした。疲れた。ストレスもたまってる。 週末くらい美味いものを食べて、映画でも見て、買い物して、遊ばないと来週から頑張れる気がしない。 だが、金が無い。 金が、無い。 お金の大事さを身をもって知る。金が無いだけでこんなにとネガティブになるなんて、僕もまだまだ人生修行が足りない。 だが、「落ち込むにはまだ早い」自分に言い聞かせる。 幸いにも僕は現代人。無料で楽しめるコンテンツが溢れている。そして幸いにも都市部に住んでいる。お手軽価格で楽しめるイベントで溢れてるぞ。 という事で、今から貧乏する人もいるかもしれないので、節約生活でとても助けたもらっている公…

  • エノコログサをお土産に。

    近所のスーパーへ嫁と晩御飯の材料を買いに行く。消費増税も実施されたし、無駄遣いをしないよう必要なものだけを買った。プリン2個は1週間の疲れを癒すのに必要なので、大目に見て欲しい。安売りだったし。 帰り道に猫じゃらし、正式名称エノコログサが生えていた。 うちの猫はエノコログサが好きだ。何故ならば猫だからだ。オモチャの猫じゃらしも好きだが、エノコログサの方がはしゃぐ。多分草の匂いがそうさせるのだろう。 土産に一本持って帰ろう。 エノコログサを指先でクルクルしながら歩いていると、ふと嫁の口に突っ込んでみたい衝動に駆られた。きっと間抜けな顔をしてフガフガ言うに違いない。 「よーし、突っ込んでやろう」と…

  • 三半規管は今日も働く。

    今朝の東海道線の風景。 いつもと同じように遅めの電車で川崎から新橋へ向かう。 比較的空いている車内。とは言っても、隣の人との距離は20センチ程。右はスマホいじりお姉さん。左は頭ぐわんぐわん青年。 青年は壁に持たれて立ちながら寝ていた。ワイシャツはパンツからはみ出て、袖は中途半端に巻かれている。 疲れが窺える。 膝はガクガクして今にも崩れ落ちそうだ。目を閉じる代わりに口をパカっと開けて上半身を前後に揺らしている。僕はその横で何だか落ち着けない。 青年は疲労困憊の顔面を僕の肩に向けてぐわんと倒し、すんでのところで持ち直す。まるで壊れたメトロノームみたいに、ぐわんぐわんと繰り返し不規則なリズムを刻む…

  • おれい

    だいぶ前に☆を非表示にした。 お知らせが来るたびに一喜一憂する☆キチガイになってしまい仕事に支障が出たからだ。 元々日記がわりにブログを始めたので、星の数を数えずに好きな事を書くことにした。星を無くしてからは(無くす前からだが)気楽にしょうもない雑記ばかりを更新しているのだが、ブックマークを付けて下さる読者さんがいる。 今日付けて頂いたブックマークには先日ブログで紹介した公園に行ったとコメントされていた。しかも車で1時間もかけて。恐縮の極みである。 返信の仕方がわからないので、ここで返信したい。 いつも僕の大して役に立たないブログを読んで頂きありがとうございます。これからも大して役に立たない雑…

  • 崩れかけのポルボロンをもらった。

    スペイン生まれのフィリピン菓子らしいよ。 半年程前に会社の先輩からフィリピンのお土産をもらった。彼女は旦那さんがフィリピン人で、義実家に孫の顔を見せに行ってたとのことだった。 失礼だとは思うが、東南アジアのお菓子の味は大体予想がつく。 甘い。以上。 フィリピンのお土産だと聞いた時も、どうせ甘いだけだろうと思い、机の引き出しに放り込んどいた。 腹が減ると低血糖症になりがちな僕は、17時頃に血糖値を上げるだけの目的でお菓子を食べる。甘ければ何でも良いのだ。その日もとりあえず目に付いたポルボロンを食べた。 すると、予想外に美味しい。 めちゃくちゃ美味しいというわけでは無いが、どこか懐かしい味がする。…

  • 社会にボコられて自信を無くした人に送りたい曲線。

    好きな曲線がある。 「ダニング=クルーガー効果」と言うらしい。 縦が自信。横が経験・知識。 人は知識や経験が乏しいほど自信に溢れている。何故なら、そういう人は自身の能力を客観的に判断出来ないから。 そういう事らしい。 横の軸は年齢にも置き換えれると思う。 この曲線を見て「なるほど」と思ったのは、大学を卒業したばかりの僕は、社会人としての能力や経験、知識が皆無なのにも関わらず根拠の無い自信に満ちていた。 ある意味でそれは、何事に対しても憶する事のない若者の特権だったのかもしれない。 その過大な自己評価を持って社会に出た僕は、当然ながら打ちのめされた。ちょうどその曲線の最初の部分、自信がへし折られ…

  • 夢見がちな動物たちに朝の挨拶を。金欠夫婦のデートスポット。

    待ちに待った土曜日だ。 金のない僕らにも土曜日を楽しむ権利くらいはあるだろう。 何をしようか。 家に籠るのは土曜日に申し訳ないし、街に出てもひもじい思いをして帰ってくるだけだし。 公園にでも行くか。 夢見ヶ崎動物公園。 家から徒歩圏内にある公園だ。 象やサイ、ライオンなどの飼育が難しそうな動物はいないが、猿、鳥、シマウマ、ペンギンなど多くの動物を無料で観ることができる。 川崎市:動物紹介 こんな素晴らしい公園を作るなんて、川崎市様様である。僕はふるさと納税なんてせず、真面目に市税を納めることを誓います。 早速コーヒーとお茶、おやつを作り、鞄に詰め込んで出かける。 午前9時、我々以外ほとんど人が…

カテゴリー一覧
商用