searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール PROFILE

kaisho-tokyoさんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
僕らはまだ、まぐろを知らない
ブログURL
https://kaisho-tokyo.hatenablog.com/
ブログ紹介文
浜松の水産仲卸、海商の東京営業所です。 江東区牡丹は大横川のほとりに事務所を移転しました。 日々の仕事の中で思ったことを書いています。 水産だけでなく、読んだ本とか、聞いた音楽とか。
更新頻度(1年)

2回 / 159日(平均0.1回/週)

ブログ村参加:2019/09/17

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、kaisho-tokyoさんの読者になりませんか?

ハンドル名
kaisho-tokyoさん
ブログタイトル
僕らはまだ、まぐろを知らない
更新頻度
2回 / 159日(平均0.1回/週)
読者になる
僕らはまだ、まぐろを知らない

kaisho-tokyoさんの新着記事

1件〜30件

  • 冷蔵庫の中に

    刺身用、串焼き用のまぐろのいろいろな部位が入っています。解凍方法をあれこれ試しました。下味のあれこれも試しました。ヤマモトはクニヒロに包丁の使い方を習いました。手を使う仕事は泥棒以外、無条件に尊敬しています。まぐろに骨があることを今まで意識したことはありませんでした。魚をさばいたのはこれが初めてです。生き物に刃物を入れるのは多少厳粛な気持ちになります。泳ぐ生き物であるまぐろの皮はなめらかで、ビニールのような肌触りです。企画中のまぐろサロンではお茶とコーヒーをお出しする予定です。まぐろに合うお茶やコーヒーはあるのか。相談相手になってくれそうなお茶屋さんコーヒー屋さんが近くにあるか。江東区の案内サ…

  • まぐろサロン

    まぐろサロン - 僕らはまだ、まぐろを知らない

  • 四階建ての一階部分が

    わたしたちの新しい事務所、1LDK。もとは住居です。部屋数が少ないので広く感じます。ゆったり座れる三人掛けのソファーがあります。キッチンはリビングに向かったオープンスタイルでカウンターがあります。スナックのようです。ママとチーママのかわりにクニヒロとヤマモトがいます。1LDKの「1」には複合機と机とパソコンがあり、買ったまぐろ、売れたまぐろの流れを記録、整理しています。1LDKの「LDK」でなにをするか。お客さんがまぐろのいろいろな部位を試食したり、加熱調理したまぐろの食べ方を体験する「まぐろサロン」です。取引先の方々はもちろん、門前仲町の飲食店さん、地域の皆様も気軽に立ち寄れるサロンにしたい…

  • 大横川というのは

    川だと思っていましたが、運河です。 事務所の行き帰りに大横川をながめています。川は上流から下流に流れるものです。大横川は川ではないので流れません。川の流れに無常観を託すとすれば、流れない大横川には何を託すのか。張りだした枝葉の影が水面でゆれています。船が東から西へ、西から東へいくとき、航跡に沿って波がコンクリートの岸壁をたたきますが、しばらくするとおさまります。大横川の水面は肌のようです。岸壁にはフジツボのような黒いものが1メートルくらいの幅でびっしりと張りついています。朝にそれが見えていると、夕方には潮が満ちて見えなくなります。このあたりの地盤は低いです。台風が来たとき、事務所が浸水するかも…

  • 門前仲町は

    いいところです。 二月に門前仲町駅近くの店でうまいホルモン焼きを食べていたときは、半年後ここに自分たちの事務所が移転するとは思っていませんでした。 その頃はまだ新富の旧事務所で仕事をしていました。もともと七人いましたが、組織再編で二人に減り、それじゃ広すぎるということで、春に物件探しを始めて、梅雨時に門前仲町に決まり(梅雨時は物件の長所短所がわかるとの営業所長の意)、ほろ苦い思い出の残る事務用品のほとんどを売買サイトで売って、パソコンと冷凍庫を社用カローラフィールダーに積み、七月の終わりに引っ越しました。 弊社はまぐろ屋です。七人いたときは市場部と企画部がありました。市場部は豊洲を舞台にしたま…

カテゴリー一覧
商用