プロフィールPROFILE

晴太老さんのプロフィール

住所
神奈川県
出身
東京都

人生晴れたり曇ったり、時には嵐の時もあるけれど、雲の上はいつも晴れている! 50半ばにして、やっと、気づくことで、人生が楽しく、幸せになっていくことを知りました。 しくじり先生、あるいは反面教師として、誰かのお役に立てれば幸いです。

ブログタイトル
『俺の道』 ~晴太老伝~ 気づく幸せ
ブログURL
http://orenomichi.cocolog-nifty.com/blog/
ブログ紹介文
波瀾万丈?! ~ 否、しくじりばかりの人生から得られた気づきとは?! しくじり先生、あるいは反面教師として、人様のお役に立つことはできるのか?! これまでの人生で気づいてきたこと&これからの人生に対する考え方を小説風に描いていきます。
更新頻度(1年)

62回 / 65日(平均6.7回/週)

ブログ村参加:2019/09/17

晴太老さんのプロフィール
読者になる

晴太老さんの人気ランキング

  • IN
  • OUT
  • PV
今日 11/21 11/20 11/19 11/18 11/17 11/16 全参加数
総合ランキング(IN) 34,291位 39,150位 39,244位 47,765位 圏外 圏外 圏外 978,611サイト
INポイント 10 0 10 10 0 0 0 30/週
OUTポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
小説ブログ 365位 406位 415位 460位 圏外 圏外 圏外 12,024サイト
ノンフィクション(小説) 5位 5位 6位 8位 圏外 圏外 圏外 245サイト
その他日記ブログ 704位 860位 860位 1,033位 圏外 圏外 圏外 27,361サイト
気づき 4位 5位 5位 6位 圏外 圏外 圏外 51サイト
ライフスタイルブログ 2,868位 3,248位 3,260位 3,637位 圏外 圏外 圏外 66,452サイト
生き方 29位 33位 33位 37位 圏外 圏外 圏外 1,430サイト
今日 11/21 11/20 11/19 11/18 11/17 11/16 全参加数
総合ランキング(OUT) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 84,198位 84,093位 978,611サイト
INポイント 10 0 10 10 0 0 0 30/週
OUTポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
小説ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 740位 723位 12,024サイト
ノンフィクション(小説) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 13位 14位 245サイト
その他日記ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 1,636位 1,635位 27,361サイト
気づき 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 8位 5位 51サイト
ライフスタイルブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 6,493位 6,511位 66,452サイト
生き方 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 65位 63位 1,430サイト
今日 11/21 11/20 11/19 11/18 11/17 11/16 全参加数
総合ランキング(PV) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 978,611サイト
INポイント 10 0 10 10 0 0 0 30/週
OUTポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
小説ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 12,024サイト
ノンフィクション(小説) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 245サイト
その他日記ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 27,361サイト
気づき 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 51サイト
ライフスタイルブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 66,452サイト
生き方 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 1,430サイト

新機能の「ブログリーダー」を活用して、晴太老さんの読者になりませんか?

ハンドル名
晴太老さん
ブログタイトル
『俺の道』 ~晴太老伝~ 気づく幸せ
更新頻度
62回 / 65日(平均6.7回/週)
読者になる
『俺の道』 ~晴太老伝~ 気づく幸せ

晴太老さんの新着記事

1件〜30件

  • 俺の道 ~アラカン編~ 三峯神社の巻 (3)

    西武秩父駅を発車したバスは、一路三峰神社に向って走っていた。俺は車窓からの紅葉を楽しんでいた。そして、バスが終点の『三峯神社』の一つ手前の『秩父湖』を過ぎたところで事件は起こったのだった・・・。

  • 俺の道 ~アラカン編~ 三峯神社の巻 (2)

    西武秩父駅を出た俺は、真っ直ぐに三峯神社行きのバス停に向った。俺は一番乗りだった。一番乗りは良かったのだが、俺以外には誰もいなかった。そして、バス停に貼られた『お知らせ』を見ると、台風19号の影響で・・・。

  • 俺の道 ~アラカン編~ 三峯神社の巻 (1)

    11月16日、この日俺はあるところに向った。年に一度のことで、昨年に続いて2年連続、6年前の初めての時と合わせると3度目の訪問だった・・・。

  • 俺の道 ~中高生編~ (17) <最終回>

    三学期の期末テストが終わった日、俺は職員室に呼び出されたのであった。俺には赤点は1個もなかった。しかし、2年になる為には出席日数が足りなかった。担任から言われた「どうする?」という問いに対する俺の答えは・・・。

  • 俺の道 ~中高生編~ (16)

    二学期が終わった後の冬休み、俺は小学時代から仲の良かったK川の依頼で冬休み中の短期バイトをすることになったのだった。そのバイトは普通のバイトより時給はかなり良かったのだが、その代償もあったのだ。その代償とは・・・。

  • 俺の道 ~中高生編~ (15)

    16歳になった俺は、人生の初体験の連続だった。その経験は、いきなり大人たちの世界に放り込まれた感じだった。その世界とは・・・。

  • 俺の道 ~中高生編~ (14)

    二学期も終りに近づいてきたある日、俺とM沢に予想外の事件が起きたのだった。それはもう一人の仲間のI盛がきっかけだったのだが・・・。

  • 俺の道 ~中高生編~ (13)

    俺のバイトでの仕事覚えは悪くなかった。そして、バイトの仕事だけではなく、大人の世界も・・・。

  • 俺の道 ~中高生編~ (12)

    俺は念願だったアルバイトを始めた。そして、そのバイト先で知り合った先輩との時間つぶしでの遊びで、俺は人生初めての体験をするのであった・・・。

  • 俺の道 ~中高生編~ (11)

    2学期になり、同級生で同じサッカー部だったM沢がアパートでの一人暮らしを始めたのだった。それを知った俺は、ある作戦を思いついたのだ。俺はM沢の協力を得てその作戦を決行したのだった・・・。

  • 俺の道 ~中高生編~ (10)

    二学期が始まる初日、俺は母親から一言注意されたのだった。そして、その注意は現実のものとなり、俺は退学に向けた意志をより強固なものとしたのであった・・・。

  • 俺の道 ~中高生編~ (9)

    入学したばかりの高校を、1年で絶対に辞めてやると決意した俺は、取りあえずサッカーだけは頑張ろうと思ったのだった。しかし、夏休みの校内合宿で、そんな思いは跡形も無く消し飛んだのだった。その理由は・・・。

  • 俺の道 ~中高生編~ (8)

    俺が行った都立高校は、なんと『志村けん』の母校だった。そして、小学校から仲の良かったK川も同じ高校になったのだが、K川から聞いた一言で、俺はある決意を固めたのであった・・・。

  • 俺の道 ~中高生編~ (7)

    サッカー部を引退した俺のツッパリ方は日増しに強くなって行った。ただ、俺自身はグレているつもりは全然無かった。そして、その反動は、高校受験の日に形となって現れてきたのだった・・・。

  • 俺の道 ~中高生編~ (6)

    サッカー部を引退した俺は、徐々に変わって行った。そんな俺を無謀にもタイマン勝負に呼び出した愚かな奴が一人いたのだ。そして、36年振りに会った同窓会で、俺はそいつが当時俺を呼び出した動機に初めて気づいたのだった・・・。

  • 俺の道 ~中高生編~ (5)

    俺たちH中サッカー部は、東京都代表に選ばれた。それは、朝鮮代表との親善試合の代表だった。その友好のための親善試合で俺はやらかしたのであった・・・。

  • 俺の道 ~中高生編~ (4)

    俺は、中2のある時、隣の学区域に引っ越しをした。その引っ越しはその後の俺の生き方に少なからずも影響を与える引っ越しとなったのであった・・・。

  • 俺の道 ~中高生編~ (3)

    俺たちH中サッカー部は、都大会に優勝しての全国大会への夢は叶わなかった。しかし、共に汗を流した仲間の内、二人が帝京高校で全国優勝を果たしたのだ。当時の俺にとっては、それが誇りだった・・・。

  • 俺の道 ~中高生編~ (2)

    サッカー部に入った俺たちの憧れは、公式戦用の伝統のユニフォームだった。そのユニフォームは、普通に見ると単なるボロ雑巾のようなユニフォームだったのだが・・・。

  • 俺の道 ~中高生編~ (1)

    小学校を卒業した俺は、地元の公立中学のH中に入学した。そして、最初に入った部活は科学部だった。しかし・・・。

  • 俺の道 ~ 恋愛編 ❤ 第一部 ~ <番外編(2)>

    ミュージカル『鏡の法則』を観終えた俺たちは駅に向って歩いた。俺は、この後遥ちゃんと別れて横浜でTと飲むつもりだった。しかし、そこには思ってもいなかった展開が待っていたのだった・・・。

  • ドラマ『同期のサクラ』 ~第3話を見て~

    ◆ じいちゃんの言葉 ◆前夜に続き、晩酌をしながら第3話を見ました。今回は、入社3年目、同期...

  • 俺の道 ~ 恋愛編 ❤ 第一部 ~ <番外編(1)>

    遥ちゃんと観に行く予定の『ミュージカル「鏡の法則」』まで、残り一週間となった。俺にはやらなければならない難関が待ち構えていたのだった・・・。

  • ドラマ『同期のサクラ』 ~第2話を見て~

    ◆ サクラの感性 ◆昨夜第2話を見て、私はサクラの感性が凄いと思いました。ストーリーはサクラ...

  • 自己実現塾 (1)

    10月12日、私は野口嘉則先生が主催する『オンライン自己実現塾/自分づくり&自己受容コース』の受講申込を行いました。なぜなら・・・。

  • 俺の道 ~ 恋愛編 ❤ 第一部 ~ (33) <最終回>

    俺自身に多くの気づきを与えてくれたこの小説も遂に最終回を迎えたのだった。果たして俺には、第二部に続く、新たな恋は芽生えて来るのであろうか・・・。

  • 俺の道 ~ 恋愛編 ❤ 第一部 ~ (32)

    30代の子どもが産める年齢の女性との恋愛を望んでいる俺ではあるのだが、年の差婚には物凄い勇気がいるのではないか・・・。そして、その勇気は、どこから湧いて来るのだろうか・・・。

  • 俺の道 ~ 恋愛編 ❤ 第一部 ~ (31)

    たった10日間にもみたない俺の恋は、ここに幕を閉じたのだった。しかし、何故か恋が実るよりも大きな充足感が生まれているのであった。なぜなら・・・。

  • 俺の道 ~ 恋愛編 ❤ 第一部 ~ (30)

    俺は、前話まで書いて9月度の研修に参加した。そして、研修でこの小説を書いて来て気づいたことを実践してみたのだった。その成果は・・・。

  • 俺の道 ~ 恋愛編 ❤ 第一部 ~ (29)

    俺が若い頃から貫いてきて、信念のようになっていた、『来るもの拒まず、去る者追わず』の考え方・・・。この言葉の中には表現されていない、文字には書かれていない大切なことに俺は気づいたのだった・・・。その大切なこととは・・・。

カテゴリー一覧
商用