searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール
PROFILE

たかみつさんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
オヤジの一目惚れ片想い
ブログURL
https://xboder-oyaji.muragon.com/
ブログ紹介文
還暦目前に人生初の一目惚れをした人妻を仮想世界の中まで追いかけてるオヤジの片想いブログ
更新頻度(1年)

14回 / 334日(平均0.3回/週)

ブログ村参加:2019/09/16

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、たかみつさんの読者になりませんか?

ハンドル名
たかみつさん
ブログタイトル
オヤジの一目惚れ片想い
更新頻度
14回 / 334日(平均0.3回/週)
読者になる
オヤジの一目惚れ片想い

たかみつさんの新着記事

1件〜30件

  • 週イチデート確定!

    私が在籍する会社(以下、「我が社」という。)は控えめに言っても大きいと言える。 目安としては国内IT予算の数十パーセントは流れてくる「大手」ではあろう。 だからと言って、業務プロセスやプロジェクトマネジメント、品質管理、品質保証のプロセス標準化、最適化が十分に出来ているわけ...

  • 予想はできたが・・・件の合コン

    昨日、彼女が片想いオヤジ(私)に気を遣ってセッティングしてくれた件の「フォローの飲み会という名の合コン」が行われた。 彼女が同伴してきたのは彼女セレクションとの名に恥じない高品質アラサー20代女性三名、全員が直属ではないが彼女が統括する部門配下に属する社員。 彼女が「セレク...

  • 活路断たれる!?

    このブログを始めたお陰で、彼女のSIMの常連さんでこれまで言葉を交わしたことの無い方々からも声を掛けられることが多くなった。 多くが彼女のリアルを知りたがるものだったりするが(もちろんそこは言えることと言えないことがある)、最近は私に対する「同情」や「心配」が増えている。 ...

  • そうか、鈴木愛理か!

    昨日、小さいプロジェクトがひとつ終わり、社内での打ち上げからほぼ全員(50人強)で街場の居酒屋に流れた。 このメンバーは全員、私が彼女と出会うきっかけとなった件のプロジェクトにアサインされていたメンバーだった。 社内の打ち上げの時も、プロジェクトの苦労話そっちのけで、皆の話...

  • 欠点!? それもチャームポイント?

    たまに考える。 彼女の欠点って・・・なんだ? 彼女をして未だに「彼」と呼ばしめる旦那様に並びようはないが、5ヶ月弱、毎日のように昼、夜と食事を共にし(とは言え毎回10名以上の集団ではあったが)、幾度となく酒を飲み(とは言え…以下略)、何と言っても彼女の采配の下で業務を遂行し...

  • 自分のこと(最終話)・活路はアナザーワールド

    25時近くのエントランスに着く。 5、6台のタクシーが客待ちで並んでいる。 「今日はご馳走様でした! 楽しかったです!」 男を骨抜きにするその笑顔は嘘や社交辞令を微塵も感じさせない。 「お付き合い頂き、本当にありがとうございました」 あああ、ここで別れたらもう二人の時間を感...

  • 自分のこと(第四話)・秘宝

    思考停止に陥ると人間は感情、特に欲情を野放図に口走り始めるのだろう。 気がつくと、女神に対してとんでもない言葉を口にしていた。 「あなたの腋の下の汗をください」 プロジェクト進行中の暑い盛り、若い連中がハンカチやハンドタオルを差し出し頭を下げて彼女に「おねだり」しているシー...

  • 自分のこと(第三話)・テリトリー

    ホテルのスカイバーに着く。 大切な営業先やクライアントのために何度か使ったことのあるバーだ。 しかし、案内された席に向かう途中、私は違和感を感じていた。 バーテンダーのほとんどが彼女に親しげな笑みを含んだ会釈をしている。 まぁこれほどの美人だしな。 誇らしげな思いで納得した...

  • 自分のこと(第二話)・極上デート

    一度だけ彼女が食事の招待を受けてくれたことがある。 昨年の夏の事だ。 普段上級接待で使うところより更にランクを上げた、一人では二度と行かないだろうと確信できるところを予約した。 社内の自分のオフィスにクローゼットを持つ彼女は、おそらくいつもより少し早めに仕事を片付けてカクテ...

  • 自分のこと

    これまで女性と交際したことがないわけではないし、女性経験もそれなりにはある。 しかし、添い遂げようとまでは言わないにしても、ずっと一緒にいたいと思える存在がいなかった。 同期入社の女子ともそこそこ付き合った。 役職がついてからは部下の女子から告白されて深い付き合いをしたこと...

  • アバターに無いもの

    体格、骨格、プロポーションの再現性はほぼ完全。 顔は雰囲気が相当近いが実物の方がもっと美人。 彼女に骨を抜かれた、今も余韻から抜け出せずにいるわが社の若い連中やオヤジどもに彼女のアバターのスクリーンショットを見せた時のリアクションだ。 だが、これは私に言わせれば表面的なもの...

  • ギャップの宝庫

    …なのに、アニメオタク …なのに、オヤジギャグ …なのに、たまに飛び出すおかしな関西弁 …なのに、GT-Rを駆る走り屋 …なのに、実戦空手の黒帯 …なのに、男より男前 そして、『人』が大好きな寂しがり屋 キープする酒は必ずハーパー12年 旦那以外の山盛りの男は完全に視界の外...

  • 美人秘書に違いない

    プロジェクトは「炎上」と言われる最悪の状態だった。 経営層の、株主の期待を完膚無きまでに踏みにじること必至と誰もが確信している状態だった。 そこに、あるコンサルタントの参入が決まったのが昨年の春だった。 OS(オペレーティングシステム)の設計、プロジェクトマネジメント、業務...

  • かすり傷でも嬉しい

    昨年の春過ぎから一年ほどビジネスで関わったひとりの女性に恋をしている。 私の半分ほどの年齢の彼女は、しかしながら人妻だ。 とても割り込めないことがわかる程度にはこちらも色々経験はしている。 彼女がリアルライフのものとは別にネット世界での彼女の日々ネタを綴るブログを始めてくれ...

カテゴリー一覧
商用