FX、株式投資家のためのゆるゆる経済解説ブログ
読者になる
住所
出身
ハンドル名
シングスピールさん
ブログタイトル
FX、株式投資家のためのゆるゆる経済解説ブログ
ブログURL
https://keizai-kaisetsu.hatenablog.com/
ブログ紹介文
アラサーの投資家です。主にFXのデイトレードで資産を運用しております。 トレードするにあたって様々な情報収集を行うため、日々経済や市況について情報収集した内容をブログに公開していきます。
自由文
-
更新頻度(1年)

20回 / 31日(平均4.5回/週)

ブログ村参加:2019/09/15

シングスピールさんの人気ランキング

  • IN
  • OUT
  • PV
今日 10/15 10/14 10/13 10/12 10/11 10/10 全参加数
総合ランキング(IN) 21,302位 18,814位 16,573位 14,847位 15,820位 15,878位 14,952位 974,927サイト
INポイント 0 10 10 20 10 10 10 70/週
OUTポイント 20 20 10 20 40 70 20 200/週
PVポイント 140 1,150 620 2,700 2,070 940 1,150 8,770/週
為替ブログ 297位 277位 258位 229位 259位 255位 239位 16,952サイト
為替投資情報 17位 15位 12位 9位 11位 10位 9位 1,053サイト
FXの基礎知識 16位 16位 17位 17位 圏外 圏外 圏外 477サイト
今日 10/15 10/14 10/13 10/12 10/11 10/10 全参加数
総合ランキング(OUT) 26,805位 26,189位 26,268位 25,160位 22,089位 22,322位 21,247位 974,927サイト
INポイント 0 10 10 20 10 10 10 70/週
OUTポイント 20 20 10 20 40 70 20 200/週
PVポイント 140 1,150 620 2,700 2,070 940 1,150 8,770/週
為替ブログ 286位 285位 289位 276位 239位 244位 235位 16,952サイト
為替投資情報 14位 13位 13位 10位 8位 8位 9位 1,053サイト
FXの基礎知識 12位 13位 15位 15位 18位 圏外 圏外 477サイト
今日 10/15 10/14 10/13 10/12 10/11 10/10 全参加数
総合ランキング(PV) 2,790位 2,861位 2,986位 2,996位 3,448位 3,944位 3,928位 974,927サイト
INポイント 0 10 10 20 10 10 10 70/週
OUTポイント 20 20 10 20 40 70 20 200/週
PVポイント 140 1,150 620 2,700 2,070 940 1,150 8,770/週
為替ブログ 24位 25位 28位 29位 33位 41位 40位 16,952サイト
為替投資情報 3位 3位 3位 3位 3位 3位 3位 1,053サイト
FXの基礎知識 2位 2位 2位 2位 2位 圏外 圏外 477サイト

シングスピールさんのブログ記事

1件〜30件

新機能の「ブログリーダー」を活用して、シングスピールさんの読者になりませんか?

ハンドル名
シングスピールさん
ブログタイトル
FX、株式投資家のためのゆるゆる経済解説ブログ
更新頻度
20回 / 31日(平均4.5回/週)
読者になる
FX、株式投資家のためのゆるゆる経済解説ブログ
  • トルコのシリア侵攻。米国、EUからは経済制裁も… 

    トルコ軍は9日にシリア北東部のクルド人勢力に軍事侵攻を開始しました。 クルド人とはトルコからの分離、独立を目指す勢力であり、トルコ政府にとっては目の敵となる存在なんですね。 トルコ国内のクルド人と、シリアのクルド人が連携をとると厄介なので、トルコ軍は軍事侵攻を開始しました。 トルコ政府はクルド人を排除したのちに、同地域にトルコ国内のシリア難民を移すことを目指しているようです。 このクルド人は以前にイスラム国の掃討のために、アメリカ軍と同盟して戦った過去があります。 そのため今回のトルコの軍事侵攻にアメリカが軍事的に関与しないことはアメリカが同盟国を見捨てたことになるとの見方もされています。 ト…

  • 今週の相場の注目ポイント(EUサミット、米中の重要な経済指標)

    先週は 米中貿易協議での部分合意 keizai-kaisetsu.hatenablog.com ブレグジット問題でポジティブな報道 keizai-kaisetsu.hatenablog.com これらの材料によってリスクオンムードとなりましたね。 さてさて今週はどうでしょうか。 ①ブレグジット問題 まず、17、18日にはEU首脳会談があり、19日はブレグジットのEU離脱申請期限です。 イギリスとEU側が大分歩み寄りを見せており、なんとか合意にたどり着けるのではないかという見方が強まってきています。 しかし、ジョンソン英首相は離脱延期しないと明言しており、19日までに合意がまとまらなかった場合は…

  • 米中貿易協議 部分合意

    米中貿易協議は部分合意に至りましたね。 トランプ大統領も「重大な第1段階の合意に達した」と発言しております。 成果として見られているのは以下の点です。 中国、米国産農産物の購入拡大 中国、知的財産をめぐる一定の措置に同意 中国、金融サービスと為替に関する譲歩に同意 米国、10月15日に予定されていた追加関税の引き上げを先送り この合意については来月にも署名できる可能性があるとトランプ大統領は述べております。 合意内容が具体的にどの程度のものなのかはまだ明らかではありませんが、アメリカ側が最も重要視しているであろう技術移転の問題や産業補助金の問題などは依然未解決であります。 トランプ大統領は第2…

  • 昨晩はポンド急上昇!引き続きヘッドラインには注意!

    昨晩ポンドを動かした材料は以下です。 ジョンソン英首相はEU離脱問題をめぐってアイルランドのバラッカー首相と会談し、「合意への道筋を想定することができる」という前向きな共同声明を発表 バラッカー首相も会談後、記者団に「10月末までの離脱期限までに英、EUが合意に至ることは可能」と発言 これらを受けて合意の実現の可能性が高まり、また少なくとも離脱期限の延期という形で10月末での合意なき離脱は避けられるのではとの観測からポンド買いの動きにつながったわけですね。 そして来週後半のEUサミットを控えてEUとイギリスの協議はなお継続中です。 本日はEUのバル二エ首席交渉官とイギリスのバークレー離脱担当相…

  • この2日の米中関係のヘッドラインについて

    この2日の米中関係についての主要な報道は以下の通りです。 中国、米国との部分合意に前向き。 中国、米国の農産物100憶ドルの追加購入を検討。 米政権がウイグル族人権問題で中国の28法人をブラックリストに掲載するとの表明を受けて、中国政府は交渉の進展の期待を弱めている。 9.10日に行われた米中次官級協議で主要貿易問題で進展がなかった。 中国代表団は、強制的な技術移転について話すことを拒否しており、これは交渉における米国の主要な不満。 米中閣僚級通商協議は10日のみで11日には劉鶴副首相は帰国する。 米ホワイトハウスが中国との協議は予定通り11日まで続くと発言。 中国側は10日のみ協議を行い、1…

  • 昨晩のパウエル発言 量的緩和再開?

    昨晩パウエル議長はFRBのバランスシートを再び拡大すると表明しました。 米財務省証券の買い入れを再開するようです。 ただこれは量的緩和ではないとパウエル議長は強調しました。 銀行間の短期金利市場を落ち着かせるために技術的目的で行われるものであるとのことです。 少し説明を付け加えますね(^^) 企業や個人への融資を仕事とする民間の銀行は、資金が余剰している銀行から不足している銀行へ資金の貸し借りが日常的に行われています。 この時の貸し借りの金利の市場を銀行間金利市場と言います。 その内の短期銀行間金利市場は普通は政策金利(今だったら1.75-2.00%)の付近で落ち着くのですが、最近はよく乱高下…

  • 米中閣僚級通商協議について

    米中閣僚級通商協議が10、11日に開かれますね。 株式市場やドル円、豪ドルなどに大きな影響を与えるテーマですので、要点は押さえておきたいですね。 交渉されるポイントは貿易不均衡の問題、為替操作の問題、知的財産の問題、産業補助金の問題など多岐にわたるのですが、 直近の報道について下記に記載しておきます。 ポジティブな報道 クドロー米国家経済会議(NEC)委員長発言「米中通商協議は進展する可能性、中国企業の上場廃止は検討していない」 中国側が問題解決のためのタイムスケジュールを準備する用意 中国側が豚肉、大豆など米国産農産物の輸入再開 トランプ米大統領発言「中国との貿易協定の合意の可能性ある」 ネ…

  • ブログ初心者が投資ブログ(金融ブログ、FXブログ)を始めてみたところ1か月後のPV数は?

    9月8日よりこのブログを始めて1か月ほど経過しましたので、PV数を報告させていただきます。 このブログは日々FXトレードを行う過程でニュースや市況などについて収集した情報などをアップしてみようと何とはなしに始めたものです。 私自身これまでブログ経験は全くありませんし、YouTubeなど他の媒体で何かを発信したこともありません。 結果は360PVほどでした。 内訳は以下のようですね。 1週目 1日あたりPV数 5~10 毎日のように記事更新はしていたものの初めはこんなものですね。 2週目 1日あたりPV数 10~20 少しずつ増えてきました。 3週目 1日あたりPV数 0から2 1週間以上記事更…

  • 今週の相場の注目ポイント(雇用統計後のマーケット、米中閣僚級通商協議)

    ①雇用統計後のマーケットの反応について 先週末の雇用統計の結果は 雇用者数 予想14.5万人➡結果13.6万人 失業率 予想3.7%➡結果3.5%(50年ぶりの低水準) 平均時給 予想0.3%上昇➡結果0.0% このように好悪入り混じる内容となりましたね。 失業率50年ぶりの低水準というのは大きな材料出すので、 発表後のNYダウは上昇で反応。 トランプの自画自賛ツイートもありました。 しかし長期金利は低下しました。 これが何を意味しているのかというと リスク資産の株と安全資産の債券が同時に買われるといった矛盾した状況ということです。 株式市場、債券市場どちらの反応を重視すればよいのかは難しいと…

  • 10月は株価暴落する?アノマリーはあるみたいですが…

    ニューヨーク株式市場の過去の1日の暴落率トップ10の内、8回が10月に起きております。 そして第4位までが10月に発生しております。 第1位:1987年10月19日 ▲22.6%第2位:1929年10月28日 ▲13.4%第3位:1929年10月29日 ▲11.7%第4位:1931年10月 5日 ▲10.7% このように10月に株価暴落が起きやすい理由として言われているのは 欧米のヘッジファンドや投資信託の多くが11月が決算期末となっており、ファンド勢は、決算後の今期の運用パフォーマンス報告を意識するため、投資ポートフォリオを整理するための売り注文が出やすいということです。 11月の決算期末が…

  • この2日のドル円の下落要因についてまとめました

    ①ISM製造業景況感指数の悪化 経済活動の拡大収縮の節目とされる50を大きく下回る47.8という数字 これは10年ぶりの低水準です。 米中貿易摩擦の影響でアメリカの製造業がかなり苦しい状況ではないかということを示唆していると言えます。 ②ADP雇用統計 予想14万→結果13.5万人 前月分の数値が19.5万人→15.7万人に下方修正 この結果を受けて、週末のNFP雇用統計も悪いのではないかという思惑も生じました。 ③米欧貿易摩擦 世界貿易機関(WTO)はこの日、欧州連合(EU)が欧州航空機大手エアバスに違法な補助金を拠出していたとして、米国による年間最大75億ドル相当のEU製品に対する報復関税…

  • 年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF) 外債投資拡大へ

    世界最大の年金基金、年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)は、2019年度の運用計画を変更しました。 GPIFは、為替ヘッジを講じた外国債券について、外国債券の資産構成割合ではなく、国内債券の資産構成割合に算入すると発表しました。 6月末の時点の外国債券の運用残高は、29兆30億円でポートフォリオの18.05%となっており、 上限である19%に近づいていたんですね。 ただ為替ヘッジを講じた外国債券を国内債券扱いにすることで、外国債券への投資をもう少し拡大することができるようにしたようです。 国内債券では運用利回りのパフォーマンスを上げるのが難しくなったのでしょうね。 現時点で日本国債の10…

  • RBA政策金利発表(直近のロウ総裁の発言と市場予想について)

    本日は 13時30分にオーストラリアの準備銀行のRBAの政策金利発表ですね。 18時20分からはロウ総裁の発言もあります。 直近のロウ総裁の発言についてまとめると、9月24日のものですが 「さらなる金融緩和が必要である可能性」 「低金利や減税、豪ドル安などを背景にGDP成長率が緩やかに上昇すると予想」「堅調な雇用増加はインフレに関係なく維持できるだろう」 「来月の会合では再び証拠を蓄積するだろう」「世界的な金利の下方シフトを無視できない」 「もし無視すれば豪ドル上昇のリスクが高まる」「我々は量的緩和を検討しているが、実現はないだろう」 「金融政策は限界状態では効果がほとんどない」 このような発…

  • 今週の相場の注目ポイント(重要な米経済指標、RBA理事会、その他)

    ☆重要な米経済指標 10月1日ISM製造業景気指数 10月2日ADP雇用統計 10月3日ISM非製造業景気指数 10月4日NFP雇用統計 このように、重要な米経済指標が続きます。 前回のFOMCの後、年内利下げはないのではないかという見方も強まっている中で、 これらの経済指標の結果はその思惑に大きな影響を与えます。 あまりにも低調な内容だと、強めのドル売りで反応するリスクがありそうです。 前回のISM製造業景気指数は経済活動の拡大収縮判断の節目とされる50という数値を下回り、 約3年ぶりの低調な内容となりドル円も40PIPSほど発表後に変動したので、今回はどうなるか注目です。 前回のNFP雇用…

  • ユーロドル年初来安値更新

    昨晩ユーロドルは年初来安値の1.0926付近を明確に割りましたね。 1.0904付近まで下落しました。 下のチャートはユーロドルの日足チャートです。 9月12日のECB理事会の後はこれ以上の量的緩和は難しいのではないかという見方も浮上したこともあり、 少しユーロが買われる時期もありましたが、結局のところ年初来安値更新となりました。 ECB理事会とその後のユーロドルの値動きについては以下の記事にて解説しておりますので、よろしければご覧くださいませ。 keizai-kaisetsu.hatenablog.com そもそもECB理事会の後のユーロ買いは、ハメコミのような側面もあったように見えます。 …

  • FOMC 日銀を終えて

    昨夜のFOMCのポイント 0.25%の利下げ 量的緩和再開についてはパウエルさん言及 FOMCメンバーに金利据え置きを主張したメンバーが2名いた FOMCメンバーの今後の政策金利見通しでは、2019年と2020年の追加利下げは見込まれていない こんなところですね。 ややタカ派な印象をマーケットは感じとったようで 初動はドル買い、株安で反応 ただ量的緩和再開についての言及もあったので株価はすぐに反発しました。トランプ大統領はTwitter上で 「パウエルとFRBは再び失敗する。根性もセンスもビジョンもない!ひどいコミュニケーターだ。」 と非難しております。 本日の日銀のポイント政策金利、長短金利…

  • 今夜はFOMC!その後のトランプ大統領の反応に注意!

    今夜はFOMCですね。 ポイントは以前の記事で書きましたのでよかったらご覧くださいませ。 keizai-kaisetsu.hatenablog.com 利下げ予想についてはこの数日で大分変動があり、 現時点でCMEグループのサイトを見てみると下のようになっております。 金利据え置きの可能性も大分高まっております。 また、FXトレーダー達が今回のFOMCをどう予想しているのかについて、参考までにある方のツイッター上のアンケートも載せておきますね。 そして警戒したいのが、FOMC通過後のトランプ大統領の反応ですね。 トランプ大統領は貿易に不利なドル高の状況を嫌っておりますので、FOMC後の相場の状…

  • 日米貿易交渉に関して良いニュース  為替条項には注意

    日米貿易交渉は、先月開かれたトランプ大統領と安部総理大臣との首脳会談で、牛肉や豚肉などの農産品や幅広い工業品の関税の引き下げなどで事実上の大枠合意に達しているようです。 その貿易協定について数週間以内に署名する意向をトランプ大統領は議会に通知したとのニュースが今朝入ってまいりました。 農産物や自動車、デジタル分野など焦点となる項目は多々あるのですが、 前進が見込めるのではないかということで、マーケットにとっては好材料となりました。 ただ、日米貿易交渉において一つ気を付けておかなかければならないのが為替条項の問題です。 為替条項とは、各国が輸出競争力を高めるために、為替介入などによって通貨安誘導…

  • 日経平均の売り目線の多さに注意

    少額で日経平均のトレードをしたい人のために便利な金融商品として日経平均と相関するETFがあります。 メジャーなものに日経平均の変動率の2倍の動きをするように設計されている1570日経レバレッジETFや1579日経ブル2倍などの金融商品があります。 それらの金融商品の空売り注文が殺到しており、逆日歩が発生しています。 1570日経レバレッジETFは単元株式あたり70円 1579日経ブル2倍は単元株式あたり40円 ここで逆日歩について解説しておきますね。 制度信用取引という、投資家が証券会社から株やお金を借りて行う取引があります。 そのうちの売り注文のことを空売りといいます。 これは証券会社から株…

  • 今週の相場の注目ポイント(サウジのニュース、FOMC、日銀)

    サウジアラビアの石油施設攻撃のニュース ロイター通信から 14日サウジアラビア東部にある国営石油会社アラコムの石油施設2か所が無人機(ドローン)によって攻撃されたとの報道が飛び込んできました。 これによりサウジの石油生産能力の半分以上が影響を受け、アラコムは石油生産が日量570万バレル減少するとの見方を示しました。 これは世界の石油生産量の5%に相当する規模とのことです。 このニュースによって、原油相場は高騰するでしょう。 マーケット全体がある程度リスクオフに傾くのは予想できそうです。 FOMC 17日、18日の2日間にわたって行われます。前回7月30日、31日のFOMCに続いて連続利下げが見…

  • 中央銀行とか金融政策とかいまいちピンとこない方へ

    中央銀行とか金融政策てワード、投資してるとどうしてもよく登場しますよね。 いまいちピンとこない方も多いと思いますので、ゆるく解説していきます。 中央銀行 日本だと日銀、アメリカだとFRBですね。 ヨーロッパは特殊でEUで一つの中央銀行となっており、ECBです。 主な役割は 政府の銀行であること 銀行の銀行であること 金融政策を行うこと です。 上二つは問題ないですかね? 政府も皆さまから徴収した税金などを、日銀にある預金口座に預けております。 また皆様が口座を開設しているような民間の銀行も、預かった預金の一部を日銀に預けております。 ここまではシンプルです。 金融政策!!! これが厄介者です。…

  • 昨夜のECB ユーロドルはイッテコイ

    今日は金融政策の小難しいワードが多くなってしまいます。 申し訳ありません。。。 ですが、昨夜のECBは重大なイベントでしたので記事にさせていただきます。 昨夜のECBの金融政策の発表についてまとめると まず金利について 中銀預金金利 -0.4%➡ー0.5%へ これが利下げですね。 政策金利 0.00% 据え置き 限界貸出金利 0.25% 据え置き 金利階層化を導入(金利引き下げによる金融機関の収益悪化に配慮しての政策) 次に量的緩和について 月額200億ユーロの買い入れ発表 そしてフォワードガイダンス(今後の政策見通し)の変更もありました。 その後ドラギ総裁の会見において 今後の経済の下振れリ…

  • ボルトン補佐官解任、原油市況に注意

    昨日対外強硬派で知られるボルトン補佐官がトランプ政権から解任されました。 本人は解任ではなく自ら申し出た辞任であると主張しているようですが…。 そして、米ブルームバーグ通信からトランプ政権がイランへの経済制裁の緩和措置について議論したとの報道もありました。強硬派の人材の解任、経済制裁の緩和措置の議論。 この一連のニュースによって、アメリカとイランの対立が和らぐのではないかという思惑が生じ、そこから 中東の地政学リスクの後退 ⇩ 中東産の原油の供給不安が和らぐ ⇩ 原油安 となりました。 下のチャートは9月11日から12日にかけての原油市況のチャートです。 (出所 trading view) 原…

  • 中国、米国の農産物を購入する方針!?

    昨日は「中国は米国の対中制裁関税の延期と通信大手ファーウェイへの制裁緩和を条件に米国の農産物を購入する方針」 との報道を受けてリスクオンムードになりました。ちょっとだけプチ情報つけくわえときますね(^^)アメリカは中国に総額238億ドルの農産物輸出をしております。なかでも輸出ナンバーワンは大豆ですが、ここの中国輸出が滞るとアメリカの農家さんはやっぱり苦しい、、、 この事情がある中で、昨日の報道!10月からの米中貿易協議の前に、少しばかり和解ムードをただよわす報道が続いて ドル円も日経平均も堅調という状況です。 そしてつい先ほど中国の新華社通信の報道で「9月17日付で米製品への関税の適用除外リス…

  • ドイツ財政出動のニュース

    昨日は21時台にドイツ財政出動のニュース報道により、ユーロが買われる時間帯がありましたね。 ドイツは経済規模でみてもEUのリーダー格の国です。 そして、過去のハイパーインフレ(注)の経験などもあり、質素や倹約が美徳とされている国でもあります。 その国が景気対策として財政出動をするというニュースが流れて、ユーロが買われました。 背景としてはドイツの製造業は大部分を中国への輸出に依存しており、 その中国がくだんの米中貿易摩擦で経済が苦しそうなので、 ドイツ経済も苦しくなるよなーというのがあります。 あくまで「財政支出を拡大することを検討」との報道ですので、今後実行されるかはまだなんとも言えませんが…

  • 人民元の基準値てなに?

    8月からちょっと市場のテーマになっている人民元の基準値について 解説していきますよ(^^) 為替相場には固定相場制と変動相場制という制度があります。 FXトレーダーさんは、為替レートは常に動き続けるものと思ってらっしゃる方も多いと思いますが、動かないようにする制度もあるんですね。 ドル円も遠い昔は固定相場制のもと、1ドル360円で固定されておりました。 今はドル円は変動相場制のもと、2019年でしたら1ドル104円台から112円台をウロチョロしてます。 この固定相場制と変動相場制の中間のような制度、管理変動相場制を中国は採用しているのです。 この制度のもとでは、中国の中央銀行である中国人民銀行…

  • 本日の相場状況

    ドル円相場について ドル売り要因 米インフレ率鈍化の可能性 年内複数回の利下げの可能性 米中貿易摩擦の長期化懸念 ドル買い要因 米中対立の早期解消期待 米大幅利下げ観測の後退 預金準備率引き下げなどの中国の金融緩和措置 ユロドル相場について ユーロ買い要因 米長期金利の低下 ドイツの財政出動への期待感 ユーロ圏の失業率は低下傾向 ユーロ売り要因 ユーロ圏経済の減速懸念 英国のEU離脱をめぐる情勢は依然として不透明 欧州中央銀行(ECB)は9月に預金金利引き下げへ フィスコより 材料的にはこんなものですね。 オーダーブックなんか見てると ドル円はロング目線、ユロドルはショート目線が多そうに見えま…

  • 9月12日ECB理事会

    9月12日にEUの中央銀行であるECB理事会が開かれます。 前回の理事会でドラギ総裁は 「長期間、強力な緩和姿勢を示すことが必要」「全ての政策手段を調整する用意がある」と発言しました。 そのため市場は利下げを織り込んでいるようです。 そして重要なのは、 利下げ幅 量的緩和にまで踏み切るか否かという点 フォワードガイダンス(今後の政策見通し)についての変更があるか という点です。 ユーロ相場に大きな影響もたらす点ですので準備していたいですね(^^)

  • 今一度米中貿易戦争を振り返ろう

    引用 時事ドットコム 6月時点では一時休戦合意していたものの 8月再び追加関税の応酬となり米中の対立は激化。 9月の時点では、10月に米中協議の約束が取り付けられ対立は一旦緩和ムードとなり 株式市場、為替市場ともに好感されている次第です。

  • 中国預金準備率引き下げのニュース

    このニュースで株式市場、為替市場ともに若干ですがリスクオンムードになりました。 ところで預金準備率て何? それを下げるとなぜにリスクオン? 解説していきますよ(^^) みなさん銀行に預金預けておりますよね? 銀行はみなさんから預かった預金の一定割合を中央銀行にあずけております。 皆さんの預金をすべて企業への貸し出しに回すのは危険だから、 一定割合を中央銀行のところにおいておけという制度があります。 この制度のことを準備預金制度といいます。 そしてそして、この中央銀行のところに置いておかないといけない部分の割合を減らすこと。 これが預金準備率の引き下げです。 これが行われると、銀行は手元にある資…

カテゴリー一覧
商用