searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール
PROFILE

うみづきさんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
海の底から司法試験
ブログURL
https://housousibou-bttf.hatenablog.com/
ブログ紹介文
都内大学生が司法試験予備試験の合格を目指して勉強をする備忘録。再現答案のアップ等もします。
更新頻度(1年)

46回 / 339日(平均0.9回/週)

ブログ村参加:2019/09/11

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、うみづきさんの読者になりませんか?

ハンドル名
うみづきさん
ブログタイトル
海の底から司法試験
更新頻度
46回 / 339日(平均0.9回/週)
読者になる
海の底から司法試験

うみづきさんの新着記事

1件〜30件

  • 第2回伊藤塾模試 結果②

    本日、在宅・梅田校、東京B日程も合わせた模試の結果が出ました。母数は606人まで増えていました。 Ⅰ.結果を受けての所感 総合 46/606(上位7.6%) 短答 196/593 論文 42/596 公法系 42位 A 憲法 71位 B 行政法 85位 B民事系 132位 B 民法 182位 C 商法 200位 C 民訴 125位 B刑事系 22位 A 刑法 86位 B 刑訴 25位 A労働法 409位 D 東京A日程の会場受験のみの結果と比べて、相対的な位置が上昇しました。(総合順位でも、上位14.3%→上位7.6%にあがった) やはり東京A日程の会場受験は優秀な人が多かったということでしょ…

  • 第2回伊藤塾模試の結果&今後の予定

    先日受けた伊藤塾模試の結果が返ってきました。現段階では母数が84人ということでかなり少ないですし、受けなかった人もいると思うので相対的な位置付けは参考までにとどめておきたいと考えています。 以下、素点や調整後の点数、順位、反省を科目ごとに確認していきます。 Ⅰ.総合 今回の模試では上位10%以内に入りたいとは考えていたのですが叶いませんでした。母集団のレベルが高いとは推測もされていますが、今回の模試は受験している人も少ないので一概にそうとは言えないと思います。短答は平均点が高かったですね。私は、平均とは反対に、憲法の出来がよく、その他が平均を下回るという結果になりました。でも、138点で28位…

  • 予備論文当日のおもひで

    1年前の7/14,15は予備試験論文式試験でした。私は、1年目は短答式試験に落ちていたので、去年の論文試験が初めてでした。 今年は予備論文が10月くらいにあるので、まだ時間がありますが、私と同じように初めて受ける人が参考になればと思いその日に思ったことを覚えている範囲で記録しておきます。 Ⅰ.服装 私はエアコンが肌に直接あたるとダメな人間でしたので、上着を用意しようと考えていました。ですが、去年の予備論文の日は2日間とも天気が悪かったので、長袖にしていくくらいで十分でした。1日目は曇りだったので、半そでTシャツの上にカーディガンを着て、2日目は雨だったこともあり、厚めの長袖Yシャツを着ていきま…

  • 反省−伊藤塾模試

    模試受験と復習により判明した反省点をまとめます。模試の論点には触れませんが、内容・難易度に若干触れていますのでネタバレ気にする方はオススメしません。 Ⅰ.短答について 自己採点の結果としては、 民法58/75 憲法44/50 刑法36/50 計138/175今回の模試には短答の勉強がそこまで不十分な状態で臨んだわけではなかったのですが、そこまで点数は伸びませんでした。私は間違えやすい知識や覚えにくい知識をルーズリーフにまとめて何回も見直せるようにしているのですが、まとめた部分は結構覚えてきて模試でも間違えた箇所はなかったように思います。ですが、民法の知識はまだやりこみが足りていないため曖昧な部…

  • 模試で意識すること

    明日から模試が始まるので、成績以外で個人として意識したいことをメモしておきます。 ①答案構成のデッドライン労働法:45分 公法・民事法:40分 刑事法:30分これを過ぎたら否が応でも答案作成に移り、死ぬ気で書く。 ②分量労働法:3.5頁 公法・民事法:5.5頁 刑事法:6.5頁これを最低ラインにする。できたら+0.5〜1頁書きたい。 ③問題提起で一言問題意識を付ける民事法と刑事法は特に意識。 ④文言解釈(模試ではあまりなさそうだけど)現場思考も文言解釈してみる。価値判断で終わらせない。楽をしない。 ⑤始めの2頁は本当に急ぐ尻切れにならないように。 ⑥民事の当てはめ前回雑だった。 以上。 ランキ…

  • 予備試験短答についての所感

    お久しぶりです。 先日(といってもだいぶ前ですが)、司法試験委員会から予備試験短答・司法試験の実施日程が発表されましたね。短答式試験まで1か月半ほどですし、短答全振り期に突入する人もいるのではないかと思います。 だからというわけではないですが、私が短答試験のためにやってた勉強を残しておきます。まあ勉強したことがある人ならわかると思いますが、勉強の仕方は人それぞれですので自分に合った勉強の仕方を見つける一助となれば幸いです。先に言っておくと、私は一般教養科目の対策をしておらず点数も30点前後しか取れなかったので、一般教養には触れません。他のブロガーさんで一般教養について触れている方がいますのでそ…

  • 第2回司法試験模試

    お久しぶりです。 先日、伊藤塾から「司法試験 全国統一模試 第2回」を行うとの発表がありましたね。解説講義はないとのことですが、採点付きで¥9,900は安い!ということで、私も申込みが開始してすぐに会場受験を申し込みました。 2回目の模試は伊藤塾よりも先に辰巳が発表しており、値段は確か採点付きで5万円を超えていた気がします。辰巳は伊藤塾のクソ採点とは違って基本的な出題と懇切丁寧な採点が評判ですよね。私も2回目の模試を受けたかったのですが、値段が高いということで躊躇していました。 そんななかで狙ったかのように安い模試を同じ日程でぶつけてきた伊藤塾。正直なところ、伊藤塾の模試の問題は本試験とはかな…

  • 司法試験延期を受けて

    本日、正式に法務省から司法試験・予備試験を延期するとの発表がありました。 私は幸いなことに実家で無職のまま勉強をさせてもらえるのでそこまでの負担はありません。(延期期間がそこまで長くない前提)ですが、受験生によって事情は様々でしょうし、SNS等で言われているように決行でも延期でも文句が出るのは仕方のないことです。せめて最大公約数的な実施日が決定され、早急に発表されることを願います。 ところで勉強の計画に狂いが出てくるわけですが、せっかくなので過去問を平成18年度の分まで遡ってみようと思います。もちろん答案構成(すこし丁寧ver)で。また、時間があったらやりたいと思っていた、商法の短答(論文に関…

  • TKC模試 結果②

    TKC模試の調整後の点数と現時点での順位が発表されました。 公法系 B 憲法 D 行政 A 民事系 B 民法 B 商法 B 民訴 B 刑事系 A 刑法 A 刑訴 C 労働法 B第1問 D第2問 A 論文 A(上位9.5%)短答 C(上位34.3%)総合 B(上位10.1%) あと2つ順位が上なら総合でもA判定がもらえたのでそこは残念です。やはり短答はもっとやらなければなりませんね。ですが、こっそり目標にしていた上位10%目前まで来られたのは嬉しいです。 論文は全体的にもう少し点を取る意識、具体的には、基本的な部分を丁寧に示していくことを強く意識して数点でも底上げしていく必要がありそうです。憲法…

  • TKC模試 結果①

    TKCの司法試験模試の添削済み答案が返却されました。まだ調整前なのでこれから点が変化する可能性がありますが、とりあえず素点を載せておきます。 憲法 52点憲法は形式面がしっかりできました。反論は妥当なものが書けましたし、議論の噛み合わせも意識できました。そのため、形式点も満点がもらえていたのは満足です。(三者間よりも二者間の方が圧倒的に書きやすい…)ただ、内容がそれほど難しくなかったので本番で同じくらいの答案を書けるのかは怪しいので、もう少し訓練が必要です。 行政法 62点行政法は苦手でして、処理が追いつきません。会議録に書いてあることに終始沿って書いていきました。採点実感を見る限りこんな感じ…

  • ありがたき出題趣旨・採点実感

    本試験まであと約60日しかないということで、最近も過去問演習・研究を続けています。ペースメーカー論文答練も次々と家に送られてくるのですが、優先すべきは過去問演習ですのでペー論はしばらく放置です。 ところで、予備試験になくて司法試験にあるものの一つとして採点実感というものがあります。出題趣旨は近年では予備試験にはあるにはあるものの、司法試験に比べるとかなり簡素ですよね。ただ、令和元年のやつは丁寧めでしたが。 で、この採点実感というものが非常にeducationalなものになっておりまして、理論面・事実認定の両面に関して、こういう記述がクソでした、とか、こういう風に書いてくださいねとか指定してくれ…

  • 令和元年口述刑事 再現

    質 問(主査・副査の動向) 回 答 内心の動き 今から事案を読み上げますのでよく聞いてください。甲と乙は飲食店で働いていますが、ある日客のAの態度が悪かったことに腹を立て外に出たAに対して、意思を通じた上で、甲はAの腹部に暴行を加え、乙はAの頭部に暴行を加えました。Aはこれにより硬膜下血腫の傷害を負いました。甲と乙はどのような罪責を負いますか。 乙には傷害罪が成立し、暴行罪の限度で共同正犯となり、甲には暴行罪が成立します。 財産犯じゃないの!?Aの障害は乙の暴行から生じたわけね…。 ん…?(答えを繰り返される) あ、甲は暴行罪の共同正犯です。 え、間違えてるか。 意思を通じてるんだよ? すみま…

  • TKC司法試験模試

    昨日、TKCの司法試験対応模試を受験し終わりました。 模試までは答案を一日に2枚以上書いたことがなかったため、目標としては書きたいことを時間内に書ききることを目標にしていました。また、短答に関してはあまり学習が進んでいなかったのと、そこまで苦手意識はないことから特に目標は設けていませんでした。できてもできなくてもどっちでもいいやって感じですね。 短答の自己採点は済んでいますが、点数は 民法 52/75 憲法 28/50 刑法 30/50 計 110/175 となり、まあ足切り寸前ですね。やばいやばい。 でも、模試に向けて短答は少しずつ進められているのでこの調子で詰めていこうと思ってます。 問題…

  • 最近のこと

    おはこんばんにちは。うみづきです。お久しぶりの更新になります。 ここのところ、どこもかしこもコロナウイルスの話題でいっぱいですが、あまりヤバさを認識できていません。ほぼ毎日(マスクをつけて)近所や大学の図書館、カフェに行ってるけど大丈夫なのかな。周りの人もマスク別につけてないし…。 最近の勉強はといいますと、あまり進捗が芳しくありません。というのも、年明けまでは大学の授業やらいわゆる冬クラが忙しく、年明けはゼミ論執筆に追われていましたので勉強時間が取れていませんでした。 過去問は六法+行政法は2013〜2018年度分、労働法は2015〜2018年度を解き終えました。とりあえずこの状態で模試に挑…

  • 令和元年口述民事 再現

    質 問 回 答 内心の動き あなたは弁護士Pの立場に立って回答してください。なお、Xからの金銭請求については考えないものとします。私が事案を読みますので、パネルを見ながら聞いてください。XはYと平成29年8月25日に賃料1か月30万円、敷金180万円、期間を同日から10年として本件建物を貸すという賃貸借契約(本件賃貸借契約)を結びました。しかし、Xは本件建物をZが使用していることに気づきました。Zによると、Yから平成30年10月15日に賃料1か月35万円で本件建物を借りたとのことだった。XはYからZへの本件建物の賃貸を承諾はしておらず、本件賃貸借契約の期間は満了していない。 (パネルを見て)賃…

  • 予備試験最終結果

    お久しぶりです。 昨日の16時に予備試験の最終結果が発表されました。10分ほど結果が出ず、法務省って仕事できないんだなと思ってしまいました。 そして、結果ですが、令和元年司法試験予備試験に最終合格しました! 大学2年のころから勉強を開始し、去年は短答落ちに終わるなど辛くなることも多かったですが、ここまで続けてこられてよかったです。司法試験まであと190日を切っていますし、昨日5大事務所のインターンに申し込み、これにも時間が取られそうなので勉強時間を今のうちに稼いでおきたいところです。 選択科目は労働法にしようと考えています。特に強い理由はありませんが、強いて挙げれば就職後の志望分野に関連してい…

  • 口述試験まであと3日

    口述試験まで今日をいれて残り3日となりました。 不思議なことにそこまで緊張はしておらず、落ち着いて淡々と勉強を進めることができています。 まあそれも再現の合格者のコメントを読んで、民事では要件事実、刑事では各論の罪名の部分をしっかり答えられれば合格にかなり近づくのだと思えているからです。もちろん重要な手続や倫理も詰めています。 今日までのところで予定していた口述模試は受け終わりました。私は伊藤塾と資格スクエアを受験しましたが、その結果は、 資格スクエア 民事60 刑事60 伊藤塾 民事62 刑事60 でした。 資格スクエアは合格発表後すぐに受けたのに対し、伊藤塾は今週受けたので、点数が上がって…

  • 成績発表!

    成績通知が来ました。結果は以下の通りです。 予想は 憲法F 行政B 民法D 商法C 民訴C 刑法B 刑訴A 実務A 教養C でしたので、 行政法と民訴は自己分析と大きく異なる結果となりました。それぞれの感想は口述後に書きたいと思っています。

  • 令和元年予備試験一般教養 再現答案

    1. 設問1 政府の元来の任務はどのようなものであるか。それにつき、明確な観念を得るためには、問題を抽象的に考慮し、社会をその原初的条件において想像し、そこからおのずと生ずるであろう状況と要請とをみなければならない。人々はいかなる法律も認めることなしに生活すると、弱者が強者に抑圧されることとなる。そして、万人は何らかの共通の絆に入ることになり、その共同体の要請から自然に発生する政府を持つことになる。しかし、社会の中には、自己調整原理が存在し、共同体の行動のすべてを立法によって規制しようとする試みは、苦しみと混乱以外にははとんど何ももたらさない。そうすると、政府の元来の任務は、人身や財産という人…

  • 令和元年予備試験刑実 再現答案

    1. 設問1 (1) 「罪証を隠滅すると疑うに足りる相当な理由がある」かどうかは、罪証隠滅の客観的可能性と主観的可能性から判断すべきと考える。 (2) そして、Aは接見したものに頼んで、V,W,Bに圧力を加えて証言を変えさせることが考えられる。しかし、AはV,Wと面識がないため、V,Wの居所を特定することが困難であるから、罪証隠滅の客観的可能性が認められない。他方で、Bは勾留されているから、Aは接見した者をBと接見させて、圧力を加えたり口裏合わせをしたりすることによって、罪証隠滅をする客観的可能性が認められる。 また、Aは被疑事実を否認している(証拠⑧)。さらに、Aは執行猶予中であるから、有罪…

  • 届かない受験票

    成績通知が…………届きません。。 多くの人は昨日届いたそうなのですが、都内にもかかわらず届きませんでした。 速達とかでない限り日曜は配達がないので、成績通知は明日以降になりそうです。 成績も気になるところですが、口述の受験票が来ないことには民事と刑事どちらが先なのかとか午前か午後なのかとかがわからないので、やや不安です。

  • 令和元年予備試験民実 再現答案

    1. 設問1 (1) 小問(1) AY間の保証契約に基づく保証債務履行請求権。 (2) 小問(2) 被告は、原告に対し、200万円及び平成30年6月16日から支払済みまでの年1割の割合による金員を支払え。 (3) 小問(3) ①上記貸金債務を保証する旨の合意をした②意思表示③本件借用証書④9日に、AはXに対し、本件貸付にかかる債権を200万円で売った (4) 小問(4) 本件訴訟における確定判決を債務名義(民事執行法22条1号)として、この債務名義に執行文を付与することを申し立て(同26条1項)、かかる債務名義に基づいて強制執行をすることができる。そして、甲土地の所在地を管轄する地方裁判所を執…

  • 令和元年予備試験刑訴法 再現答案

    1. 勾留をするためには逮捕が前置されている必要がある(「前三条の規定による」、207条1項参照)が、かかる規定の趣旨は身体拘束に二重の司法審査を保障し、もって不当な身体拘束を可及的に防止することにある。したがって、原則として前置される逮捕は適法である必要がある。 2. 本問において、Pらは令状(199条1項)がないのに無理やり甲を連行しているところ、かかる同行は違法ではないか。任意同行と実質的逮捕の区別が問題となる。 (1) 実質的逮捕にあたるかは、強制手段にあたるか、すなわち被疑者の意思を制圧しているかにより判断すべきであると考える。具体的には、同行を求めた時間・場所、同行の方法・態様、同…

  • 令和元年予備試験刑法 再現答案

    1. 甲が売買代金の一部を自己の借金返済に充てる目的で本件土地の売買契約を結んだ行為に背任罪(247条)が成立しないか。 (1) 同罪は財産犯であることから「事務」とは財産的事務を指すと考える。そして、甲はVから1500万円を借りるために本件土地に抵当権を設定する代理権を授与されているから、甲はVという「他人のためにその事務を処理する者」にあたる。 (2) 次に、「その任務に背く行為」とは信任関係に背き他人に損害を与えるべき行為をいう。そして、甲は本件土地に抵当権を設定するという代理権を授与されているにもかかわらず、本件土地を売却しているところ、無権代理行為をしているといえる。そのため、甲はV…

  • 令和元年予備試験民訴法 再現答案

    設問1 1. まず、Yの主張は認められるか。Yは、本件訴えが当事者の実在という訴訟要件を欠いているため却下されるべきであると主張していると考えられるところ、当事者の実在を欠くかが問題となる。 (1) 本件訴えの原告は誰か。当事者の判断基準が問題となる。 ア 当事者は人的裁判籍(4条)等の判断基準となるため、訴えの提起後直ちに、かつ明確に決められる必要がある。そして、訴えの提起直後においては訴状の記載が最も基準として明確である。そこで、訴状を基準に当事者を決するべきであると考える。 イ そして、本件訴えではX1とX2がともにYを相手取って訴えを提起している上、請求原因たる売買契約もX1及びX2が…

  • 良質な勉強環境って?

    こんにちは。 引き続き口述の対策をしています。どの分野も大まかには頭に入っていて爆死することはないのかなと考えているのですが、それでも不安が残る分野があります。 要件事実ですね。。。 もともと事案の把握が得意ではなく、請求の趣旨や訴訟物を勘違いしてしまうことや焦って要件事実を落としてしまうことがあります。これは致命的ですよね。 口述の民事は要件事実の初めの部分がスラスラこたえられると合格推定が働くといわれています。そうだとすると、ここで間違えるのは避けたいです。そのため、残りの時間では要件事実を反射的に言えるように反論等も一緒に押さえつつ勉強していきたいです。~~~~~~~~~~~~~~~~~…

  • 令和元年予備試験商法 再現答案

    第1 設問1 1. 会社法は、取締役会につき、株主総会とは異なり、特別な規制を施していないので一般原則に従い瑕疵ある決議は無効となるのが原則である。以下、本件取締役会決議の瑕疵の有無を検討する。 2. 本件取締役会決議におけるD解任決議は事前に通知されていなかったものであるところ、かかる決議は無効ではないか。取締役会における決議事項の通知の要否が問題となる。 (1) 取締役は経営者として会社経営の知識が豊富であるため、経営の素人である株主に決議事項の通知を要する(会社法(以下、法名省略)299条4項)のとは異なり、決議事項をあらかじめ通知することを要しない。また、取締役会は会社経営に関わる諸般…

  • 合格発表からもうすぐ1週間

    こんにちは。うみづきです。 先週の木曜日に予備論文の合格をいただき、今日はもう水曜日になってしまいました。合格発表当日は勉強仲間たちと祝杯を掲げていたため、勉強できませんでしたが、それ以降はそこそこ勉強できています。 やはりここまで来て来年短答からやり直しというのは怖すぎますし、口述の再現を見ていても自分でも詰まってしまうような問題が出されているので、そこに緊張が加わったらどうしようと考えてしまいます。 まあでも緊張しないためにもとにかく勉強、勉強、勉強、ですからね。しっかり、穴の内容に勉強していきたいと考えています。 具体的な口述対策としては、択一問題集は使わないまでも短答知識を中心に、条文…

  • 令和元年予備試験民法 再現答案

    1. 設問1 DはCに対して所有権(206条)に基づく本件建物収去本件土地明渡請求をすることができないか。 (1) まず、Dは本件土地の抵当権を実行して、本件土地の所有権を取得している(民事執行法79条)。次に、本件土地にはCが所有する本件建物が存在する。 (2) これに対して、CはAから本件土地の贈与(549条)を受け、その所有権を取得(176条)していると反論することが考えられる。 もっとも、Dは以下のように再反論できないか。 ア まず、Dは自らの前主Bは177条の「第三者」にあたり、登記を具備しているため、Cの所有権取得は認められないと再反論できないか。「第三者」の意義が問題となる。 同…

  • 令和元年予備試験行政法 再現答案

    1. 設問1 Cは「法律上の利益を有する者」(行政事件訴訟法(以下、「行訴訟」という)9条1項)にあたるか。Cは本件許可処分の直接の名あて人ではないところ、同項2項に従って検討する。 (1) 「法律上の利益を有する者」とは、当該処分により自己の権利若しくは法律上保護された利益が侵害され又は必然的に侵害されるおそれがあるものをいう。そして、当該処分を定めた行政法規が、不特定多数人の具体的利益が専ら一般的公益の中に吸収解消させるにとどめず、それが帰属する個々人の個別的利益としてもこれを保護すべきものとする趣旨を含むと解される場合には、このような利益もここにいう法律上保護された利益にあたると解する。…

カテゴリー一覧
商用