みなぎる食品
読者になる
住所
出身
ハンドル名
みなぎ鬼夜兵衛さん
ブログタイトル
みなぎる食品
ブログURL
https://minagiru-food.com/
ブログ紹介文
血湧き肉踊る。あとキャベツも踊る。食と健康の情報満載。野菜、果物、穀物、肉、魚介類、海藻、飲料、調味料など様々な食品の栄養素や特徴を解り易く、読み易い文章で解説させていただきます。
自由文
-
更新頻度(1年)

36回 / 43日(平均5.9回/週)

ブログ村参加:2019/09/09

みなぎ鬼夜兵衛さんの人気ランキング

  • IN
  • OUT
  • PV
今日 10/20 10/19 10/18 10/17 10/16 10/15 全参加数
総合ランキング(IN) 22,473位 22,593位 22,379位 22,376位 22,370位 22,299位 22,401位 975,455サイト
INポイント 10 10 10 10 10 10 10 70/週
OUTポイント 10 20 20 20 10 30 30 140/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
お笑いブログ 40位 40位 40位 41位 41位 40位 40位 3,217サイト
ユーモア・ジョーク 12位 12位 12位 13位 13位 12位 12位 663サイト
料理ブログ 607位 605位 602位 604位 609位 616位 617位 33,250サイト
料理レシピ集 28位 28位 29位 31位 31位 33位 34位 2,430サイト
健康ブログ 454位 450位 454位 457位 452位 449位 453位 30,704サイト
食育・食生活 9位 9位 9位 9位 10位 10位 10位 1,098サイト
今日 10/20 10/19 10/18 10/17 10/16 10/15 全参加数
総合ランキング(OUT) 33,016位 29,711位 27,451位 27,634位 28,326位 26,218位 26,856位 975,455サイト
INポイント 10 10 10 10 10 10 10 70/週
OUTポイント 10 20 20 20 10 30 30 140/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
お笑いブログ 34位 34位 31位 31位 32位 30位 34位 3,217サイト
ユーモア・ジョーク 11位 10位 10位 10位 10位 9位 10位 663サイト
料理ブログ 992位 914位 842位 856位 865位 790位 814位 33,250サイト
料理レシピ集 35位 30位 26位 28位 29位 27位 25位 2,430サイト
健康ブログ 462位 374位 337位 338位 358位 297位 323位 30,704サイト
食育・食生活 10位 6位 5位 4位 6位 5位 5位 1,098サイト
今日 10/20 10/19 10/18 10/17 10/16 10/15 全参加数
総合ランキング(PV) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 975,455サイト
INポイント 10 10 10 10 10 10 10 70/週
OUTポイント 10 20 20 20 10 30 30 140/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
お笑いブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 3,217サイト
ユーモア・ジョーク 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 663サイト
料理ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 33,250サイト
料理レシピ集 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 2,430サイト
健康ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 30,704サイト
食育・食生活 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 1,098サイト

みなぎ鬼夜兵衛さんのブログ記事

1件〜30件

新機能の「ブログリーダー」を活用して、みなぎ鬼夜兵衛さんの読者になりませんか?

ハンドル名
みなぎ鬼夜兵衛さん
ブログタイトル
みなぎる食品
更新頻度
36回 / 43日(平均5.9回/週)
読者になる
みなぎる食品
  • 銅 ~鉄だけじゃダメ、貧血予防に必要なミネラル。ヘモグロビン作っています。コラーゲン作ります。青い血も作ります。~

    人体では、血液中のヘモグロビンが全身に酸素を運びますが、イカやタコはヘモグロビンの代わりにヘモシアニンがその役割を果たしています。ヘモグロビンはヘムという色素の影響で赤色になりますが、ヘモシアニンは銅の影響で青色になります。人の血はヘモグロビンで赤く、イカとタコの血はヘモシアニンで青くなっています。赤い血が流れる牛レバーを食べると鉄が摂取できます。青い血が流れるタコやイカを食べると銅が摂取できるという訳です。

  • 【みなぎる健康レシピ0001】腸トレ?腸活?解説付き★腸内スッキリ納豆キムチーズとキノコの薄揚げ包み焼き

    腸内環境が良くなる、つまり善玉菌が増えることによって、腸の働きが活発になり、便秘の解消につながります。また、便秘の解消はダイエットや血行の改善、肌荒れの改善など、特に女性には嬉しい効果をたくさんもたらしてくれます。また、近年の研究で善玉菌には免疫力を高める効果があると注目されています。善玉菌が増えることによって、腸内の免疫細胞が活性化されるからです。腸は栄養を吸収する器官であると同時に、免疫の中心となる器官でもあるのです。このように腸内環境を改善することは、体質の改善だけでなく病気のリスクまでも低下させ、風邪などの病気から身を守ることにもつながるといえますね。

  • 更年期障害とは? ~原因と治療法、漢方は有効、必要な栄養素は?上手く付き合っていくポイントと体験談~

    更年期障害の主な原因は、エストロゲンの減少です。女性ホルモンの一種であるエストロゲンは、卵巣の機能低下により減少します。エストロゲンは40歳を過ぎると徐々に分泌が減っていくため月経周期の変動に影響し、やがて閉経を迎えます。エストロゲンは他にも脳、関節、筋肉、代謝など全身に作用しているため、急激な減少に身体がついていかず、全身にさまざまな変調をきたします。しかしエストロゲンの減少に身体が慣れてくるころには、更年期症状はだんだんと落ち着いてきます。

  • 栗 ~縄文時代には主食。ビタミンC、カルシウム、カリウム豊富で高タンパクな栗は、優れた栄養食品です~

    渋皮部分にはタンニンが含まれています。タンニンはポリフェノールの一種で、抗酸化作用によるガン予防、動脈硬化予防、老化防止などの効果が期待できます。タンニンを無駄にしないように渋皮煮などで積極的に食べることをお勧めします。栗に多く含まれるビタミン類ではビタミンの王様、ビタミンCが目立ちます。コラーゲンの生成を助け、肌の健康を維持し、効酸化作用や効ストレス、免疫力を上げる働きが期待できます。

  • 亜鉛 ~5円玉の材料で栄養素です。味覚だけじゃ無い、細胞も、ホルモンも作るし、傷も治すし、色々働くミラクルミネラル~

    亜鉛は、200種類以上の酵素の補酵素として、エネルギー(糖質)の代謝や、肉体に維持に必要なタンパク質を合成したり、核酸(DNA、RNA)や細胞などを合成して、細胞分裂を支える働きをしています。細胞の代謝には欠かせない重要なミネラルで、子供の発育や怪我の治癒にも消費されます。また、糖質の代謝にも関わっており、多くの代謝には不可欠な栄養素です。

  • カリウム ~金属です。ナトリウムの相棒で、細胞のメンテナンスが主な仕事、塩分摂りすぎによる高血圧を予防~

    目次 1 ■カリウムとは2 ■カリウムの働きと役割2.1 ◎カリウムの働きと役割その1 ナトリウムと一緒に細胞の管理2.2 ◎カリウムの働きと役割その2 ナトリウム過剰摂取によるむくみ、高血圧の解消3 ■カリウムの性質・特徴 ~どんな栄養素

  • ナトリウム ~塩じゃ無いよ金属だよ。でも塩にもなるよ。細胞に居るよ。塩摂り過ぎるとムクむよ~

    ミネラルはビタミンと比べると横の繋がりが強く、自分自身やお互いに作用し合って、濃度の調節を行っています。マグネシウムがカルシウム量を調節するように、ナトリウムにもカリウムという相棒が存在します。細胞内にはカリウムが多く含まれており、細胞の外にはナトリウムが多く存在しています。カリウムとナトリウムはお互いに上手く機能して細胞内の濃度を一定に保っています。

  • マグネシウム ~金属です。筋肉と心臓動かすの頑張ってます。昔はカルシウムと仲良しでした。今はもう………~

    カルシウムとマグネシウムの関係は血圧だけに留まらず、共に筋肉の収縮を調整する働きをしています。”カルシウムと共に筋肉の収縮する”この働きは、心臓にも及びます。とは言っても、筋肉の収縮自体はカルシウムの仕事です。心臓の筋肉をカルシウムが刺激することによって収縮が行われます。マグネシウムがカルシウムをコントロールすることで、収縮と弛緩が交互に行われ、カルシウムとマグネシウムの阿吽の呼吸によって規則正しく心臓が動きます。

  • 具体的に1日あたりどんな食品をどれだけ食べればいいの?一日に必要なビタミン解説【一日の摂取基準表】

    「日本人の食事摂取基準(2015年版)」はあくまでも摂取基準であり、体格や体質など、個人差があるため必ずこの数値がぴったりと当てはまるということはありません。まず先に、「何言っているんだ?このキャベツ」っとならないように、下のほう↓の各栄養素一覧に出てくる。よーわからん単語を解説しておきます。

  • ネギ ~ネギは緑黄色野菜なの?違うの?ノビルはネギなの?違うの?臭み成分アリシンの効果は?~

    ネギ臭い成分兼、辛み成分であるアリシン(硫化アリル)は、一見(一嗅)要らない子に見えますが、全然そんなことはありません。アリシンは、ビタミンB1と合体すると正義の力に目覚めてアリチアミンに変身します。アリチアミンはビタミンB1の吸収を上げる作用があり、ビタミンB1の疲労回復効果、糖の代謝によるぽっちゃり体型撲滅効果が期待できます。

  • イチジク ~花が咲かない果物?カリウムが豊富。最古の記録は新石器時代までタイムスリップ~

    イチジク歴史は古く、旧約聖書に登場する「禁断の果実」はイチジクであるという説もあります。また、実際にイチジクの果実の遺物が新石器時代初期の遺跡から出土しており、古来から私たち人間の生命と深く関わっていたことがわかります。原産地はアラビア半島から西アジアの地域で、ヨーロッパやペルシャ、中国を経て日本に伝わりました。日本に伝わったのは江戸時代で、ポルトガル人によって長崎に持ち込まれたといわれています。当初はイチジクを薬用として栽培していましたが、生産量が増加するにしたがって食用としても普及していったようです。

  • ココア~ビタミン、ミネラル豊富で便秘を改善する水溶性食物繊維が多く含まれています~

    抗酸化作用のあるカカオポリフェノールや、リラックス効果のあるテオブロミンが含まれています。ビタミン類では、皮膚や粘膜の健康維持に働くビタミンA、疲労回復効果のあるビタミンB1、発育ビタミンと呼ばれるビタミンB2、血液を凝固させるビタミンKなど。ミネラル類は、血圧を下げるカリウムや活性酸素を除去する銅が豊富で、そのほかには貧血予防に役立つ鉄分、骨の成分となるカルシウムとマグネシウム、味覚の正常維持には欠かせない亜鉛など。

  • 玄米〜栄養豊富な玄米は毎日食べても良いの?正しい炊き方や保存方法をご紹介〜

    玄米にはビタミン類が多く含まれており、その中でもビタミンB群の種類も豊富です。疲労回復効果のあるビタミンB1、皮膚の健康維持を助けてくれるビタミンB2、女性ホルモンの調整をして、月経前症候群の症状軽減や、妊娠中のつわり軽減に役立つビタミンB6、アルコールの分解と二日酔いの改善効果のあるナイアシンが多く含まれています。ビタミンB群以外では非常に強い抗酸化作用を持ち、ガンの予防や細胞の老化を防いでくれるビタミンEなどがあります。

  • 舞茸 ~「食べると舞い踊るきのこ」?栄養豊富な魅惑の舞茸パワー~

    舞茸は低脂質・低糖質・低カロリーな食材です。食物繊維も豊富で、ダイエット中の方や便秘に悩む方にとっては嬉しい食材です。旨味成分であるアミノ酸も多く、料理のコクと旨味を引き出してくれます。また、舞茸にはビタミンDも豊富です。ビタミンDはカルシウムの吸収を促進してくれるため、骨粗鬆症の予防・改善に役立ちます。18歳以上の人が1日に摂取すべきビタミンDの目安量が5.5μgですから、舞茸100gでその約90%を摂取することができます。

  • リン ~名前は知ってるけど結局何者?カルシウム吸収を阻害。カルシウムと仲が良いんだか悪いんだか~

    農業では肥料として、リンという名前を良く耳にするかと思います。植物にも動物にも欠かせない栄養素です。リンは16種ある必須ミネラルの一種で、多量ミネラルに属しています。農業にも人間の体にも欠かせない重要な栄養素です。人体(ネアンデルタール人も含む)に含まれるミネラルランキングでは、カルシウムに次いで280万年連続第2位の座をキープし続けています。

  • みなぎる食品サイト開設一ヶ月経過………いろいろあった。

    血湧き肉躍る、あとキャベツも踊る。食と健康の基本無料WEBマガジンでお馴染みの『みなぎる食品』所属キャベツ型ライターみなぎ鬼夜兵衛です。誰も気付いていないだろうけど、キャッチコピーを変えました。以前は”食と健康の情報サイト”だったのを→”食と健康のWEBマガジン”に変更。

  • 鉄 ~酸素の運び屋。貧血防止の栄養素、死んでも死なない不死身の栄養素~

    体内に存在する鉄分の約7割が血中のヘモグロビンや、筋肉中のミオグロビンというタンパク質の成分として働いていますが、残りの3割は何をやっているかというと………特に何もやっていません。肝臓、骨髄、脾臓の中に引きこもっています。働き者の7割を”機能鉄”と呼び、引きこもりの3割をそのまま”自室警備員”………とは呼ばずに”貯蔵鉄”と呼びます。

  • ビート ~例のケルト人も食べていた?真っ赤なビートの正体とは…?~

    ビートにはむくみの解消や血圧上昇を抑えてくれるカリウムや、巨赤芽球貧血(※鉄分不足による鉄欠乏性貧血とは別物です。)の予防・改善に役立つ葉酸が豊富に含まれています。その他にも、エネルギーや糖質・アミノ酸・脂質などの代謝を促進して肌荒れも防いでくれるビタミンB群、便秘解消や血中脂質・血糖値の上昇抑制作用がある食物繊維が多く含まれています。

  • 炭水化物 ~糖の性質を知って肥満防止。【糖質&食物繊維=炭水化物】以外と知られていないこの図式~

    糖質と食物繊維をまとめて炭水化物と呼びます。炭水化物は『五大栄養素』であり、その中でもタンパク質、脂質と並んで『三大栄養素』の一人として数えられる程の偉そうな栄養素です。組み体操で例えるなら『五大栄養素』が”ピラミッド”『三大栄養素』が”扇”に当たります

  • 脂質 油です。大事な燃料です。血やDNAの原料になります。オイリーでコッテリ栄養素。

    『え~?単純脂質がなんなのか解らないわ~。うふふ~』………と余裕をぶっこいているアナタ。右手の親指と人差し指をご用意下さい。そして、下っ腹か脇腹、若しくは二の腕の部分を軽くつまんでみて下さい。親指と人差し指の間に、何者かが挟まってコンニチワしていますよね?そう、そのブニッとした物言わぬ塊が他ならぬ単純脂質、別名は中性脂肪、または只の脂肪と呼ばれて世の女性共に恐れられているソレです。

  • パントテン酸 ~誰それ?ある意味でたぬき。ゆるキャラの中の人。腸内で作られるビタミン8種も紹介~

    パントテン酸は、パントイン酸とβアラニンが結合してできた黄色いネバネバした液体状の物質です。(←コレ本当)酸と呼ばれるくらいだから、多分すっぱい味だと思います。(←コレは知らない)以上解説終わり。

  • ビオチン ~いきなり戦力外通告!シビアなビタミンB郡のネーミング事情~

    なぜビタミンB郡の名前は、こうもややこしいのか、名前の頭にBが付くB1、2、6、12、名前にBが付いていないビオチン、ナイアシン、パントテン酸、葉酸。実はビタミンB郡の全てには、ちゃんと打順(番号)が割り振られています。

  • 柿 ~甘い柿と渋い柿。さるかに合戦の柿の品種とは?~

    柿は日本の昔話にも登場するほど、日本では古くから馴染みのある果物です。飛鳥時代の”庭に柿の木がある”といった記録が残っているところを見ると、日本人と柿とのつきあいは相当長い歴史となります。平安時代には既に干し柿がありました。鮮やかなオレンジ色の果実が特徴で、秋、特に10~11月が旬といわれています。

  • ナイアシン ~酔っ払いの味方、人類に残された最後の希望………口内炎の最終防衛ライン~

    8種のビタミンB郡の一員です。ビタミンB郡の中では2番目に説明の面倒くさい困った野郎です。発見当初ビタミンB3と呼ばれていました。なんやかんやあってナイアシンという名前に落ち着きました。(詳細不明)ナイアシンの補酵素としての役割は、エネルギー源三兄弟で毎度お馴染み、三大栄養素のタンパク質、脂質、炭水化物(糖質)の3種全てに及びます。

  • ビタミンE 体のサビ止めスプレー、アダルト栄養素。がんを予防するEパワー。

    ビタミンEには強い抗酸化作用があり、酸化抑制により細胞の老化を防ぐ働きがあります。細胞の組織の中では最も”膜”的な存在であり、細胞の”膜”的な役割を持っていることで知られている”細胞膜”には、不飽和脂肪酸が多く含まれており………っていきなり何の話が始まるんだ?と思われるかも知れませんが、ビタミンEのお話です。

  • ビタミンK ~名前が怪しい、住所はパセリの不審者Kは血を固めてカサブタ造っています~

    ビタミンKとは何か………を簡単に説明しますと、当サイト【みなぎる食品】立ち上げ前に既にビタミンKの記事は完成していたのですが、UPするのを忘れていました。ビタミンKはそんな機能を持った栄養素です。

  • 葉酸(ようさん)~細胞&血液製造コンビの片割れ~

    核酸(DNAやRNA)を合成する重要な働きをしており、細胞分裂やアミノ酸の代謝など、肉体の新陳代謝や成長に欠かせない栄養素です。特に胎児の成長には欠かせない栄養素で、正常な細胞を造るために必要なDNAの合成に関わっています。葉酸は妊婦さんにとっては欠かせない大事なビタミンなんです。

  • ビタミンB12~名前が凄い、名前が強そう、血を造ります。ボケ防止にどうぞ。あと前世は猛獣~

    ビタミンB12は、葉酸と協力してヘモグロビンを合成し赤血球を生成します。ビタミンB郡特有の補酵素として機能しています。詳細は→こちら←この働きにより悪性貧血(鉄分不足の貧血とは別物)の予防に一役買い、他にもタンパク質の合成や中枢神経機能の維持により、認知症の予防にも役立っています。

  • ブログじゃないけどブログランキング2位獲得!

    血湧き肉躍る、あとキャベツも踊る。食と健康の基本無料情報サイトでお馴染みの『みなぎる食品』ですが、早いものでグランドオープン(最初の記事を投稿した日)から今日で19日になります。

  • ブログじゃないけどブログランキング2位獲得!

    血湧き肉躍る、あとキャベツも踊る。食と健康の基本無料情報サイトでお馴染みの『みなぎる食品』ですが、早いものでグランドオープン(最初の記事を投稿した日)から今日で19日になります。

カテゴリー一覧
商用