心の声を聴き従うとこんなことに!
住所
出身
ハンドル名
虹はねしおりさん
ブログタイトル
心の声を聴き従うとこんなことに!
ブログURL
https://blog.goo.ne.jp/shiori614ange
ブログ紹介文
現在 アメリカ在住。教育/福祉関係の子どもの関する仕事、カウンセラーの仕事を通して、心の声に従ってみたら、フィンドフォーンのクラスを取ったり、アメリカの刑務所で実習したりと、以外な展開に!
自由文
-
更新頻度(1年)

集計中

ブログ村参加:2019/09/06

虹はねしおりさんの人気ランキング

  • IN
  • OUT
  • PV
今日 09/15 09/14 09/13 09/12 09/11 09/10 全参加数
総合ランキング(IN) 41,261位 42,316位 42,434位 37,091位 39,705位 41,399位 41,860位 972,065サイト
INポイント 2 2 2 2 2 2 2 14/週
OUTポイント 2 4 0 2 2 4 0 14/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
哲学・思想ブログ 圏外 圏外 圏外 1,024位 1,019位 1,035位 1,020位 12,924サイト
スピリチュアル・精神世界 圏外 圏外 圏外 205位 199位 203位 196位 2,370サイト
メンタルヘルスブログ 983位 1,014位 1,001位 873位 936位 976位 1,029位 28,211サイト
心理カウンセラー 17位 16位 18位 14位 18位 19位 19位 301サイト
海外生活ブログ 2,030位 2,055位 2,067位 1,871位 1,934位 2,010位 2,065位 34,985サイト
アメリカ情報 88位 86位 87位 81位 83位 84位 86位 1,481サイト
今日 09/15 09/14 09/13 09/12 09/11 09/10 全参加数
総合ランキング(OUT) 74,612位 76,964位 79,113位 67,647位 74,841位 75,576位 77,831位 972,065サイト
INポイント 2 2 2 2 2 2 2 14/週
OUTポイント 2 4 0 2 2 4 0 14/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
哲学・思想ブログ 圏外 圏外 圏外 1,654位 1,669位 1,676位 1,688位 12,924サイト
スピリチュアル・精神世界 圏外 圏外 圏外 354位 365位 361位 359位 2,370サイト
メンタルヘルスブログ 2,187位 2,245位 2,395位 2,059位 2,112位 2,234位 2,421位 28,211サイト
心理カウンセラー 24位 24位 28位 24位 23位 27位 28位 301サイト
海外生活ブログ 4,089位 4,189位 4,377位 3,915位 4,031位 4,157位 4,435位 34,985サイト
アメリカ情報 167位 164位 179位 157位 166位 169位 178位 1,481サイト
今日 09/15 09/14 09/13 09/12 09/11 09/10 全参加数
総合ランキング(PV) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 972,065サイト
INポイント 2 2 2 2 2 2 2 14/週
OUTポイント 2 4 0 2 2 4 0 14/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
哲学・思想ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 12,924サイト
スピリチュアル・精神世界 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 2,370サイト
メンタルヘルスブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 28,211サイト
心理カウンセラー 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 301サイト
海外生活ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 34,985サイト
アメリカ情報 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 1,481サイト

虹はねしおりさんのブログ記事

1件〜30件

  • アメリカに戻り

    ずいぶんご無沙汰してしまいました。私生活で、ジェットコースターのような出来事が続き、ブログに書く気力がありませんでしたフィンドホーンからのアメリカに戻る途中、イギリスで、オーラソーマとフラワーエッセンスのクラスを取ることができました。ものすごく楽しくて楽しくて、もっと学びたいと思ったのですが、アメリカでの学校が始まるので、続けてクラスを取るのは、断念しました。ワシントンに着き、そのまま命の恩人とも言えるお友達と、アラスカ旅行に出かけました。時差が半端なく、しかも白夜のアラスカで、眠気と戦いながらも、楽しいアラスカ旅行でしたそして、アラスカ旅行から戻り、学生ビザが切れたので、一旦日本に戻り、ビザを取り、再びアメリカの学校に無事戻ることができました今日も読んで頂き、ありがとうございます^o^アメリカに戻り

  • フィンドホーンからアメリカへ

    フィンドフォーンでの春のセメスター(学期)が終わる間際で、アメリカの大学院に戻れるかの試験がありました。カウンセリングについての筆記テストと、小論文と、短いインタビューアメリカとスコットランドなので、ネットでのやり取り。もうドキドキで一週間前くらいから、何をやっても手につかない状態。試験当時、クラスメイトと部屋と家をシェアしていたので、その時間、3時間はみんな外出してくれました。最初は、タイプする手もぎこちなくでしたが、あっーーという間に3時間が過ぎてしまいました一週間後、結果は合格力が身体中から抜けました。5月に春セメスターが終わり、夏セメスターは5月末位から開始ですが、夏はクラスをとってもいいし、休みを取って、秋セメスターから始めてもいいので、私は秋から始めることにしました。ですので、7月中旬までフィンドフ...フィンドホーンからアメリカへ

  • フィンドホーンクラス内容(ジャーニー/説明)

    私のシャーマニック・ジャーニーは簡単に言うと、以下のようなものでした。クラスメート5人が手をつなぎグルグル回り、液体のようなエネルギーになり、しばらくすると、ひとつの塊がその回るエネルギーから離れる。5人のプライマリー・アニマルがそれを見守り、カラスが、その離れるエネルギーを夕日に向かって追いかける。次に、今度はカラスが朝日に向かって飛び、その後を、離れたエネルギーが追いかけ、最終的に、両者は北に飛んで行く。というものでした。シャーマンの先生曰く、夢分析と同様、シャーマニック・ジャーニーでも、受けた自分の印象、「こういう意味じゃないかなあ」という感覚が一番大切だそうです。この頃の私は、夢分析もシンボルの解釈も、初心者だったので、『受け取ったメッセージも、自分の素敵な勘違いだろうなあ』と心の中で思っていました。私...フィンドホーンクラス内容(ジャーニー/説明)

  • フィンドホーンクラス内容(シャーマニック・ジャーニー)

    ー前回の続きー自分のプライマリーアニマルと出会うために、前回は以下のようなプロセスまでを、説明しました。①「自分のプライマリーアニマルと出会う」と意図し、イメージの中で、洞窟/大きな木の幹のような、暗所に入って行く。すると、目の前に、ドアがあるので、ドアノブに手をかけ、開ける寸前で目を開ける。②その後、実際にクラスを受けている部屋から外に出て、様々な生きものに出会う。③その中で、自分のプライマリーアニマルらしき生きものに出会えたら、部屋に戻る。私は、何匹かの生きものに出会ったのですが、その中で、カラスが気になったので、「多分、カラスが私のプライマリーアニマルかな」と思い、部屋に戻りました。クラスメート5人全員が揃った後、みんな自分のプライマリーアニマルを伝えました。蟻、リス、蛾、スズメ、カラスが5人のプライマリ...フィンドホーンクラス内容(シャーマニック・ジャーニー)

  • フィンドホーンクラス内容(シャーマニズム)

    今回は、パーク内の建物やお家で受ける、クラスのひとつである、シャーマニズムの内容をお伝えしようと思います。このクラスは、シャーマンの方が先生で、、シャーマニズムとは何かや、シャーマニズム・ジャーニーを実際にやってみたり、シャーマニズム的に見た現実や現実の作り方などを教えてもらいました。まず、シャーマニズムとは、簡単に言うと、変性意識のもと、自然霊、精霊など、霊的存在/多次元の存在と交流し、それらで得た知識を通して、現世/自分自身/世界を理解しようとするもの。シャーマニズムの起源は、はっきりと分からず、人類発祥と同じくらいの歴史だと言われている。シャーマンには、いくつかのタイプがあり、大きく分けると、抜魂型(Ecstacy)と憑依型(Possession)があるそうで、後者の憑依型には、沖縄のユタや、東北のイタコ...フィンドホーンクラス内容(シャーマニズム)

  • フィンドホーンクラス内容(植林/島生活)

    クラス内容は、以前少し書いたように、コミュニティ内のどこかのお家で行うものと、違う場所に行くものがありました。違う場所とは、島民数人の島に行き、一緒に自給自足するものも含まれていました。もちろん、島民の方々もフィンドフォーンの人たちと同様、土地や自然とコンタクトをとりながら、農業をするといったものでした電気も自家発電なので、夜は暗く、ものすごく星空がきれいでした。野生の羊も多く、朝の散歩の時に、よく群れの後をついて歩いてましたある朝、羊の群れについて歩いていたら、海辺のちょっとした岩場のような所にたどり着きました。身体の重そうな羊が、次々にその岩場から、隣の岩場にピョンピョン渡るので、私も~っとジャンプ‼ズルーーーっと、岩場から落ちて、海へバッシャーンと落ちてしまいました幸い、岩場も低くて、海も浅いし、砂だった...フィンドホーンクラス内容(植林/島生活)

  • フィンドホーン 仕事内容

    フィンドホーンは、Cluny・Hill(クルーニー・ヒル)とThePark(パーク)と分かれていて、地理的にも車で約15〜20分です。パークは、創始者の3人が始めた場所で、クルーニーは、その3人が神の啓示により、経営を助け、繁栄に導いたホテルだそうです。私たち、セメスターの学生は、パークで住んでいるので、基本の生活、授業はそのパーク内でした。午前中は、授業で、午後からは、パークでみなさんと一緒に仕事をするというスケジュールで、仕事内容は、ガーデン担当、食事担当、メンテナンス担当など、コミュニティ内で必要な、仕事を分担しているという感じでした。どのお仕事をするかは、クラスメイトで、手をつなぎ、目を閉じ、家をイメージし、その家に入って行き、その中で自分たちが何の仕事をしているかを、イメージの中で見て決めます。その後...フィンドホーン仕事内容

  • フィンドホーンセメスター開始

    ロシアから、フィンドホーンへ戻りいよいよセメスターの開始。学校と言っても校舎はなく、みんなが住み集まるコミュニティで、いろいろ学ぶのです。自分たちの生活する家も、そのコミュニティの中。生徒はこの時は、ラッキーなことに、たったの5人。普通は、10人前後だそうです5人とも女の子。『J』と『T』はお友達。『L』と『D』と私は独りずつで参加でした。その5人で、一軒のお家の中に住むのです。お部屋は、4つ、したがって、3人は独り部屋、残りの2人はルームシェア。私は「独り部屋がいいーー」と心の中で願っていました。この時の部屋割りのやり方も、面白く、自分たちで決めるのではなく、みんなで瞑想をして、心の中である部屋に入って行って、そこに誰が居るかを、イメージで見て、それによって決めるというもの。「絶対に独り部屋でしょっ」と思って...フィンドホーンセメスター開始

  • ロシアで相談

    ロシアで、色々なところに連れて行ってもらい、楽しい時間をすごさせてもらいました。姉の部屋には、姉の部屋で生まれた、生後1〜2ヶ月くらいの子猫たちが所狭しと走り回っていました。かけてある服に駆け上ったり、時計にちょっかいかけたり、お互い戯れ合ったりと、子猫たちが朝目を覚ますと、大騒ぎの毎日でした。そして、それが可愛くて可愛くて!そして、そろそろフィンドフォーンに向かう日が近づいて来て、姉とゆっくり話す時間を持つ事ができ、アメリカの学校のクラスを取る事ができず、フィンドフォーンで過ごすこととなったこと、今後、アメリカに戻れないかもしれないことなどを、話しました。すると、何度も修羅場をくぐり抜けた姉だけあって、「そうなんだ、でも、別に命がなくなる訳じゃないから!」と子猫を笑顔で抱っこしながら、その一匹を手渡してくれま...ロシアで相談

  • ロシアの状況

    ドキドキしながら、ようやく姉の住む町に到着。空港を出ると、姉と姉のロシア人の生徒さんのMさんが迎えに来てくれていました。思わず嬉しくて、抱きついてしまいました。それもつかの間、Mさんが「史織さん、5時前に早くホテルに行きましょ!」と言ったので、慌てて移動しました。なんとそのホテルとは、宿泊するホテルではなく、ビザを発行許可するためのホテルなのです。そのホテルに宿泊代を支払うと、ビザ許可が下りるということらしいのです。それを聞いて、お国が違うと、常識ってこんなに違うのかと心底驚きました。その後、姉のアパートにみんなで行きました。どのアパートも、全て作りも色も同じなので、間違えないように、木などを目印にしているそうです。特に冬に部屋に入れないと、凍え死にする可能性があるので、絶対に鍵を忘れたりしないようにもしている...ロシアの状況