おじさん薬剤師の薬情報
住所
出身
ハンドル名
おじさん薬剤師さん
ブログタイトル
おじさん薬剤師の薬情報
ブログURL
https://ojisan-yakuzaishi.blogspot.com/
ブログ紹介文
お薬の具体的な効果を患者様へお伝えする文言や副作用について記したブログです。また、薬剤師が薬歴に記す文言、在庫管理方法など調剤薬局運営に関する内容も記しております。
自由文
-
更新頻度(1年)

20回 / 10日(平均14.0回/週)

ブログ村参加:2019/09/05

おじさん薬剤師さんの人気ランキング

  • IN
  • OUT
  • PV
今日 09/15 09/14 09/13 09/12 09/11 09/10 全参加数
総合ランキング(IN) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 972,040サイト
INポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
OUTポイント 20 50 50 30 30 90 80 350/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
病気ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 21,486サイト
薬・薬剤師 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 450サイト
薬学 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 32サイト
今日 09/15 09/14 09/13 09/12 09/11 09/10 全参加数
総合ランキング(OUT) 19,823位 18,524位 18,130位 18,653位 18,929位 19,248位 22,195位 972,040サイト
INポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
OUTポイント 20 50 50 30 30 90 80 350/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
病気ブログ 760位 703位 682位 707位 716位 724位 836位 21,486サイト
薬・薬剤師 8位 8位 8位 8位 8位 9位 9位 450サイト
薬学 1位 1位 1位 1位 1位 1位 1位 32サイト
今日 09/15 09/14 09/13 09/12 09/11 09/10 全参加数
総合ランキング(PV) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 972,040サイト
INポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
OUTポイント 20 50 50 30 30 90 80 350/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
病気ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 21,486サイト
薬・薬剤師 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 450サイト
薬学 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 32サイト

おじさん薬剤師さんのブログ記事

1件〜30件

  • アルツハイマー型認知症治療薬BACE阻害薬の開発が次々と中止に

    アルツハイマー型認知症治療薬 BACE 阻害薬の開発が次々と中止に 2018 年 6 月~ 2019 年に 9 月にわたり、次世代のアルツハイマー型認知症治療薬として期待され、治験が行われてきた BACE 1阻害薬の開発が次々と中止されておりますので、現状までの中止状...

  • ベシケアとベタニスの併用について/過活動膀胱への相乗効果

    ベシケアとベタニスの併用について/過活動膀胱への相乗効果 過活動膀胱治療薬として使用されるベシケアとベタニスとの併用については、2018年9月3日のベタニス錠の添付文書改訂により 「抗コリン剤との併用は避けることが望ましい」 ↓ 「過活動膀胱の適応を有する抗コ...

  • ゾフルーザ錠を体重80kg以上の方が飲むと自己負担額が3000円を超える

    ゾフルーザ錠を体重80kg以上の方が飲むと自己負担額が3000円を超える インフルエンザのシーズンがやってきました。先日、夫婦でインフルエンザにかかった患者様が薬局にいらっしゃいました。 夫:体重82kg 処方 ゾフルーザ20mg:4錠:すぐに服用する ロキソ...

  • OD錠を舌下錠として使用したらどうなるか

    OD錠を舌下錠として使用したらどうなるか 薬学部・薬剤部・薬局では 「OD錠は舌下錠ではありません。OD錠は普通錠と同様、主に小腸から吸収されるように作られた薬剤です」 「OD錠を舌下投与してはいけません」 と教わります。

  • 3歳児からゾフルーザ錠を飲む方法(はじめての玉の薬“錠剤”を飲む方法)

    3歳児からゾフルーザ錠を飲む方法(はじめての玉の薬“錠剤”を飲む方法) 先日、インフルエンザにかかりました。病院でゾフルーザ錠20mg 2錠が処方されました。せっかくなので、自分が ”はじめて錠剤を飲む子供” になりきったつもりでゾフルーザ錠を飲んでみました。 私...

  • 酸化マグネシウム細粒83.3%製剤の添加物16.7%について

    酸化マグネシウム細粒83.3%製剤の添加物16.7%について 酸化マグネシウム製剤には100%製剤と83.3%製剤があります。 厚生労働省の一般名マスタを確認したところ83.3%製剤は

  • 「インスリン抵抗性」の意味を調べてみました。

    「インスリン抵抗性」の意味を調べてみました。 血液中の糖が多いとき、膵臓はインスリンを分泌することで肝臓などの臓器・筋肉・脂肪への糖の取り込みを促します。「インスリン抵抗性」とは、上記の糖の取り込みが低下している状態のことです。(インスリン抵抗性を有する患者さんが、健常者と...

  • ハイリスク薬一覧リスト2019年9月9日

    ハイリスク薬一覧リスト2019年9月9日 厚生労働省の診療報酬情報提供サービスは2019年9月9日に「特定薬剤管理指導加算等の算定対象となる薬剤一覧(ハイリスク薬一覧)」を更新しました。

  • 整腸剤の効果・使用方法・違いについて(ビオフェルミン・乳酸菌・糖化菌・酪酸菌)

    整腸剤の効果・使用方法・違いについて(ビオフェルミン・乳酸菌・糖化菌・酪酸菌) ヨーグルトや整腸剤に含まれる善玉菌は体によいものという印象があります。しかし炎症性腸疾患などで腸の内側の粘膜(ムチン層)が損傷している場合にはヨーグルトや整腸剤が有害となるケースが報告されまし...

  • 整腸剤に含まれる善玉菌は、服用を中止した後も腸の中に定着する?

    整腸剤に含まれる善玉菌は、服用を中止した後も腸の中に定着するのか ビオフェルンやビオスリー、ミヤBMといった整腸剤を飲んでいる間は腸内に生息している善玉菌が優勢に生息して、悪玉菌の増殖を抑えることが報告されています。一定期間、整腸剤の服用を続けることで腸内細菌のバランスが...

  • 痛風発作時にザイロリック(アロプリノール)を投与した場合の痛みの程度を白血球の動きから推測する

    痛風発作時にザイロリック(アロプリノール)を投与した場合の痛みの程度を白血球の動きから推測する 尿酸値の上昇は遺伝的要因が強く、食事の影響はごくわずか?

  • イリボー錠のはたらきを患者様へお伝えする

    イリボー錠のはたらきを患者様へお伝えする ストレスが原因で生じる下痢症状を軽減・改善する薬に「イリボー錠」があります。イリボー錠の適応名「下痢型過敏性腸症候群」と記されていますが、インタビューフォームには“「ストレスによって誘発されるは排便亢進(トイレに行く回数が増える)...

  • ベルソムラが「癖にならない睡眠薬」と説明される理由について

    ベルソムラが「癖にならない睡眠薬」と説明される理由について 慢性不眠症患者における中等度の筋トレまたはストレッチが睡眠に及ぼす影響について 不眠症患者を対象として中等度の筋トレを行う群(10例)、ストレッチを行う群(10例)、何もしない群(8例)に分けて4か月の治療を...

  • ニフェジピン(アダラート)の効果がでるまで

    ニフェジピン(アダラート)の効果がでるまで ニフェジピン(アダラート)にはCR錠、L錠と2種類の剤形があります。国内の使用量を確認してみるとニフェジピン(アダラート)CR錠の使用量が群を抜いて高い値となっています。今回はニフェジピンCR錠、L錠を服用した後の降圧効果につい...

  • 薬歴を早く書くコツ

    薬歴を早く書くコツ 調剤薬局の収益減少が叫ばれる中、人件費縮小によって効率的な働き方が検求められる時代になっている気がします。その中で「薬歴をいかに素早く書くか」というのも、調剤薬局業務の作業効率をUPさせる一つの要因に思われます。今回は電子薬歴で薬歴を早く書くコツについて考...

  • 片頭痛に対するミグシス錠の効き目を患者様へお伝えする

    片頭痛に対するミグシス錠の効き目を患者様へお伝えする 神経内科の門前で勤務していると、抗うつ剤としてセロトニン関係の薬が数多く処方されます。抗うつ剤の服用により脳内のセロトニンがある程度充足したあとに、セロトニンが代謝されると、一過性に血管の異常拡張して拍動性頭痛が生じるケ...

  • 帯状疱疹の塗り薬は治ったら捨ててください(抗ヘルペスウイルス外用剤の注意点)

    帯状疱疹の塗り薬は治ったら捨ててください(抗ヘルペスウイルス外用剤の注意点) 帯状疱疹の治療は皮疹発症から72時間以内に飲み薬または点滴で治療を行うとガイドラインに記されています。場合によっては、飲み薬または点滴の治療に加えて塗り薬(アラセナA軟膏・ゾビラックス軟膏など)...

  • クレナフィン爪外用液を塗ってから乾くまでの時間について

    クレナフィン爪外用液を塗ってから乾くまでの時間について 先日、「クレナフィンを爪に塗ったらどれくらいで乾きますか?」という質問を受けました。詳しくお話を伺ってみると、クレナフィンを爪に塗った後に靴下を履くために、乾くまでの具体的な時間が知りたいということでした。 2...

  • ロヒプノールとサイレースは同じ薬ですか?

    ロヒプノールとサイレースは同じ薬ですか? ロヒプノールの販売中止が決定して、少しずつロヒプノールを服用していた方がサイレースに移行している時期に感じます。精神科の門前薬局で勤務していると 「ロヒプノールとサイレースは同じ薬ですか?」という質問を受けることが何度かあり...

  • 「レンドルミンのジェネリックは効かない?」という質問に対して

    「レンドルミンのジェネリックは効かない?」という質問に対して 睡眠導入剤“レンドルミン錠”のジェネリック医薬品について、患者様へお伝えすると「効き目は同じなの?」「今まで通りレンドルミン錠を飲むと安心するんだけど・・・」「睡眠剤は先発がいいわ」といった声をよく耳にします。...

  • インフルエンザと下痢について

    インフルエンザと下痢について 先日、私と私の息子がインフルエンザにかかったのですが、その時2人とも発熱から1日半ほど経過した時に下痢症状で苦しんだという経緯がありました。40℃近い発熱状態で、さらに腹痛・下痢となると「はぁー、しんどい。。。喉がカラカラだけど、いっぱい水分...

  • 痛み止めとして小児に対するカロナール(アセトアミノフェン)を使用する場合の量15mg/kgについて

    痛み止めとして小児に対するカロナール(アセトアミノフェン)を使用する場合の量15mg/kgについて カロナール(アセトアミノフェン)は幼児や小児の発熱および軽度~中等度の鎮痛薬として使用されています。今回は解熱剤として使用される量と、痛み止めとして使用される量およびその安...

  • アンヒバ坐剤を入れたのに出てきた/アンヒバ坐剤が溶けて吸収されるまでの時間

    アンヒバ坐剤を入れたのに出てきた/アンヒバ坐剤が溶けて吸収されるまでの時間 先日、小児科の門前で勤務していときに「アンヒバ坐剤を子供につかったら10分ほどで便意があり、アンヒバ坐剤が半分ほどでてきてしいまった。」という親御さんからの電話を受けました。その場は医師に報告をし...

  • 杏林薬品が発売する抗菌剤“ラスビック錠(ラスクフロキサシン)”の肺への移行性について

    杏林薬品が発売する抗菌剤“ラスビック錠(ラスクフロキサシン)”の肺への移行性について 2019 年 8 月 28 日、厚生労働省の食品衛生審議会医薬品第二部会にて杏林製薬の抗菌剤「ラスビック錠(ラスフロキサシン)」が医薬品として承認されました。ラスビック錠は海外での使...

  • モーラステープを子供に貼って大丈夫ですか?

    モーラステープを子供に貼って大丈夫ですか? 小児が整形外科を受診した際に痛み止めとしてモーラステープが処方されることがあります。モーラステープを使用したことがある親御さんからは「子供に貼っても大丈夫ですか?」と質問を受けるケースがあります。今回はモーラステープを子供に貼っ...

  • 新規「うつ病治療薬」トリンテリックス錠10mg/20mg(武田薬品)の効能効果について

    新規「うつ病治療薬」トリンテリックス錠10mg/20mg(武田薬品)の効能効果について 2019年8月29日の厚生労働省・薬食審医薬品第一部会にて武田薬品の抗うつ薬「トリンテリックス錠10mg/20mg」が薬価収載されました。 トリンテリックス錠は各種セロトニン...

  • 強力ポステリザン軟膏に含まれる大腸菌死菌浮遊液のはたらきを患者様へお伝えする

    強力ポステリザン軟膏に含まれる大腸菌死菌浮遊液のはたらきを患者様へお伝えする 痔核や裂肛などのいわゆる“痔”の治療薬しとして使用する強力ポステリザン軟膏に含まれている成分を見てみると“ヒドロコルチゾン”という炎症止めのステロイド成分と“大腸菌死菌浮遊液”という感染を防止・...

  • 抗ヒスタミン剤が小児の“熱性けいれん”や“てんかん”を誘発する可能性について

    抗ヒスタミン剤が小児の“熱性けいれん”や“てんかん”を誘発する可能性について 5歳未満の小児2~5%で発症することがある熱性けいれんですが、抗ヒスタミン剤を使用するとその発作時間や発熱から発症までの時間に影響するという報告がなされています。今回は抗ヒスタミン剤と熱性けいれん...

  • 新規糖尿病治療薬イメグリミン(imeglimin)の効果について

    新規糖尿病治療薬イメグリミン(imeglimin)の効果について フランスの医薬品企業POXEL SAは新規2型糖尿病治療薬イメグリミン(imeglimin)の日本人を対象とした第Ⅲ相試験について患者登録が完了したことを発表しました。イメグリミンは新規作用機序の糖尿病治療...

  • 慢性腰痛に対するミオナール錠とテルネリン錠の効果および副作用の比較

    慢性腰痛に対するミオナール錠とテルネリン錠の効果および副作用の比較 慢性的な腰の痛みに対して、中枢性筋弛緩薬(自分の意思で動かすことができる筋肉をリラックスさせる薬)が処方されることがあります。今回はミオナール錠とテルネリン錠の効き目についての臨床報告および作用の違いにつ...