自然の中でしあわせづくり
住所
出身
ハンドル名
yaseoneさん
ブログタイトル
自然の中でしあわせづくり
ブログURL
https://blog.goo.ne.jp/yaseone
ブログ紹介文
山好き、酒好き、人が好き、そんな想いを綴ります <br>
自由文
-
更新頻度(1年)

4回 / 15日(平均1.9回/週)

ブログ村参加:2019/09/05

yaseoneさんの人気ランキング

  • IN
  • OUT
  • PV
今日 09/20 09/19 09/18 09/17 09/16 09/15 全参加数
総合ランキング(IN) 37,162位 34,162位 34,082位 33,984位 31,337位 31,216位 34,147位 972,582サイト
INポイント 0 0 0 10 0 10 0 20/週
OUTポイント 0 0 20 30 30 60 40 180/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
酒ブログ 278位 236位 240位 244位 228位 233位 246位 7,540サイト
日本酒・地酒 55位 49位 49位 50位 48位 47位 51位 1,056サイト
シニア日記ブログ 518位 492位 497位 487位 439位 439位 477位 3,383サイト
80歳代 21位 21位 21位 19位 20位 20位 20位 78サイト
地域生活(街) 関東ブログ 437位 399位 396位 394位 337位 347位 397位 13,922サイト
ふじみ野情報 1位 1位 圏外 1位 1位 1位 1位 34サイト
今日 09/20 09/19 09/18 09/17 09/16 09/15 全参加数
総合ランキング(OUT) 29,533位 29,530位 26,780位 26,218位 26,166位 26,748位 28,774位 972,582サイト
INポイント 0 0 0 10 0 10 0 20/週
OUTポイント 0 0 20 30 30 60 40 180/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
酒ブログ 243位 248位 217位 215位 207位 214位 233位 7,540サイト
日本酒・地酒 39位 40位 32位 32位 29位 34位 39位 1,056サイト
シニア日記ブログ 505位 499位 479位 475位 466位 472位 492位 3,383サイト
80歳代 21位 19位 19位 20位 21位 19位 22位 78サイト
地域生活(街) 関東ブログ 285位 287位 262位 246位 248位 260位 282位 13,922サイト
ふじみ野情報 1位 1位 1位 1位 1位 1位 1位 34サイト
今日 09/20 09/19 09/18 09/17 09/16 09/15 全参加数
総合ランキング(PV) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 972,582サイト
INポイント 0 0 0 10 0 10 0 20/週
OUTポイント 0 0 20 30 30 60 40 180/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
酒ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 7,540サイト
日本酒・地酒 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 1,056サイト
シニア日記ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 3,383サイト
80歳代 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 78サイト
地域生活(街) 関東ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 13,922サイト
ふじみ野情報 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 34サイト

yaseoneさんのブログ記事

1件〜30件

  • 酒好き人間 70%だそうです

    きのうの朝日新聞朝刊をご覧になりましたか?Reライフ(人生充実)というページに、「お酒、好きですか?」という特集が載っていました。アンケート回答者680人中、473人が「好きです」と回答しています。約70%の方々です。嬉しいですねぇ。こんな投稿記事が載ってます。「日本酒が大好きで毎日飲む。昔は飲んだ酒の瓶を抱いて風呂に入り、はがれたラベルをアルバムに貼って感想を書いていた。多分100枚以上はある」(埼玉県・男性80歳以上)・・・これって私の投稿です。いずれも、私の酒アルバムから。いまでは埼玉・越生の「来陽」も東松山の「敷島盛」も幻の酒となってしまいました。酒好き人間70%だそうです

  • 「富水」というお酒を知っていますか

    「富水」というお酒がありました。山梨県増穂町の酒蔵秋山酒造店のお酒です。といっても、今では「増穂町」は「富士川町」と変わり、秋山酒造店はとうに廃業して存在しません。実は「純米富水一級」酒が我が家の床下にころがっていました。日本酒の級別鑑査が廃止されたのは平成4年ですから、やや30年も前の酒ということになります。呑んでみました。酒はやや黄色に変色して、ひね香を感じましたが、それはそれとして美味かった。お酒には賞味期限というのは無いそうですね。美味い酒はうまいです。「富水」というお酒を知っていますか

  • きょうも片付けしごと

    何も今からあせって片付けしごとなんてしなくとも・・・とせがれは言うけれど、人間いつあっちの世界に旅立つかわかりはしない。というわけで、毎日少しずつ片付けしごとやってます。こんどは妻が長年ためこんだ書道の本を若い書家に全部あげました。妻はわりあいさっぱりした顔していました。沢山ある妻の落款印はどうしたらいいんだろう。これは引き取り手がありません。きょうは写真無しです。きょうも片付けしごと

  • 加賀の菊姫 いい酒ですね

    加賀の白山の麓に鶴来という町があります。ここで日本酒「菊姫」が生まれます。白山に登ったときは生憎の雨で、全身びしょ濡れ。室堂小屋にすし詰めのように寝かされて、高山植物との出会いにも心はうつろ、あまり感激しなかったな。でも、途中で立ち寄った酒蔵「菊姫」は良かった。こちらは感動ものだった。蔵元が語ってくれた菊姫にまつわる伝説、酒造りに込めた熱き思い。それから、ずっと菊姫ファンです。きのう「菊姫山廃純米」呑みきりました。美味かった。きょうから呑むのは「菊姫鶴乃里」。楽しみです。加賀の菊姫いい酒ですね

  • 白駒荘はいい山小屋です。でも、ちょっと贅沢かな・・・。

    北八つの白駒池のほとりに「白駒荘」という山小屋があります。再来年は創業100年という老舗の山小屋です。当主のTさんは4代目。久しぶりに、この白駒荘に泊まりました。白駒荘は一昨年の大晦日に火災で全焼したのですが、見事に復活。設備は充実、山小屋なのにお風呂があって、トイレは水洗。料理が抜群に美味い。お酒は地元佐久と諏訪の地酒。文句の付けようがない立派な山小屋になっちゃって・・・それが文句のタネになっちゃうんだ、私ら昔ものからは。白駒荘の女将さんの実家は我が家の近くだそうで、それだけでも嬉しい。子どもが5人。当主のTさんは「子どもは宝です」と笑っていました。白駒池の傍では若い人たちが楽しそうに記念写真を撮っていました。池はいつもと変わらぬ静けさです。白駒荘はいい山小屋です。でも、ちょっと贅沢かな・・・。

  • 心がやさしくなってくるね

    しばらく以前に北岳に登りました。広河原から大樺沢、八本歯のコルを通って山頂へ。さすが、北岳は雄大です。その夜は肩の小屋に泊まりました。小屋に1枚の張り紙がありました。とても素敵な言葉が書いてあったのですが、山を下りてきたら忘れてしまいました。そこで、地元の役場に電話して、その言葉を教えてくれと頼みました。「折り返し電話します」という返事でしたが、一向に電話がありません。数日たちました。私がそのことを忘れたころ、役場の職員から電話がありました。なんと、その人はわざわざ肩の小屋まで登って、張り紙の言葉を調べてきてくれたのです。「一歩一歩ほら心がやさしくなってくるね、心が澄んでくるね、不思議だね」この言葉は、標高差1,600メートルを足で運んでくれた"やさしい"言葉です。心がやさしくなってくるね

  • お酒を毎晩呑んでいます

    ほとんど毎日、晩酌しています。呑むのは日本酒、純米酒か吟醸酒。大吟醸は高いから呑みません。(プレゼントされたのだったらもちろん頂きます)最近は、県別に地酒を頂いています。7月は奈良県。呑んだのは「春鹿」純米吟醸、「南遷」純米生、「風の森」大吟とAlpha、「山鶴」純米、「百楽門」菩提もと。「菩提酛(ぼだいもと)」というのは、日本酒発祥といわれる奈良県正歴寺で作った酒母で醸した酒です。うまいです。今月は高知県です。「酔鯨」純米吟醸、「土佐しらぎく」純米吟醸、「文佳人」夏吟、「一蕾」純米吟醸と飲んだら、息子が京丹後の「玉川」純米吟醸を持ってきてくれたので、路線変更して呑んじゃいました。「玉川」の杜氏さんはイギリスの方だそうですね。美味い酒です。来月は石川県のお酒にします。石川県鶴来の「菊姫」、あれは実にいい酒です。お酒を毎晩呑んでいます

  • 山とお酒はおともだちです

    少し若い頃、仲間たち10人ほどで陣馬山に登りました。頂上近くの広場で宴会になりました。みんながそれぞれザックからお酒を持ちだしました。720mlの日本酒が10本勢揃い。美味しく全部頂きました。大宴会が終了してまわりをみたら誰もいません。夕闇迫る山道をヨロヨロしながら下りました。みなさん、こんな登山はいけません。山とお酒はおともだちです

  • 山の本を整理

    ヒュッテみさやまの管理人Mさんが、私の卒業した高校の後輩だったことは、先日書きましたが、彼が山と同じくらいに本が好きだっていうことを知って、Mさんの山小屋に私の持っている本を置いてもらうことにしました。ほとんどの本が山関係の本で、雑誌を含めると約400冊。つまり、私の終活作業です。中には昔懐かしい『アルプ』が創刊号から100号まであります。私の本棚から本が消えてしまうのは、少し寂しい気持ちです。で、こんな駄句をひとつ・・・終活や愛書にさらば秋の暮れ主無き書棚に秋の風抜けしみなさん、ヒュッテみさやまに行って、私の本を読んでください。山の本を整理

  • ヒュッテみさやまに泊まりました

    その日は「ヒュッテみさやま」に泊まりました。このヒュッテは霧ヶ峰の八島湿原の一角にある小さなヒュッテです。このヒュッテは八島湿原の木道を歩いて30分。若い管理人夫婦と可愛い赤ちゃんが迎えてくれます。実はこの管理人、私の卒業した高校の後輩でして、先だって送られた同窓会会報でそれを知ったのでした。この日は、同じ高校を今年卒業したという娘さんが訪ねてきて、夕食時が思いがけぬミニ同窓会になりました。食事の献立は質素ですが、心こもった料理で美味しく頂きました。翌朝、夜露に濡れた草原を爽やかな風が吹き抜けます。きょうは、車山肩のころぼっくるヒュッテに寄って、手塚宗求さんの息子さんに会ってきます。ヒュッテみさやまに泊まりました

  • 何年ぶりでしょうか

    ほんとに何年ぶりでしょうか。このブログを書くには・・・。そして、何年ぶりでしょうか。山を歩いたのは。妻が大腿骨を骨折して、私は脊柱管狭窄症で、山は遥か彼方に遠ざかって4年が経ちました。うちにくすぶっていると、ろくなこと無いですね。まず、人と会わなくなります。だから、口をききません。頭が空っぽになります。ブログはすっかりご無沙汰でした。今月、妻とふたりで久しぶりに霧ヶ峰に行きました。八島湿原の平坦な木道をトボトボ歩いただけですから、全く登山とはいえませんが、でも、山の空気っていいですね。心身ともに癒されて・・・。泊まった山小屋がとても素敵で・・・、このことは改めて書くことにします。https://blog.goo.ne.jp/admin/newentry/#何年ぶりでしょうか