明日バイブが届きます
住所
出身
ハンドル名
nanaさん
ブログタイトル
明日バイブが届きます
ブログURL
https://nana-sexless2.hatenadiary.com/
ブログ紹介文
セックスレスとそれにまつわる秘密の話
自由文
-
更新頻度(1年)

15回 / 17日(平均6.2回/週)

ブログ村参加:2019/09/04

nanaさんの人気ランキング

  • IN
  • OUT
  • PV
今日 09/20 09/19 09/18 09/17 09/16 09/15 全参加数
総合ランキング(IN) 45,243位 45,243位 44,309位 43,838位 43,665位 37,070位 37,125位 972,586サイト
INポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
OUTポイント 20 130 160 140 110 140 70 770/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
恋愛ブログ 595位 595位 581位 579位 595位 452位 457位 24,965サイト
秘密の恋愛 18位 18位 17位 17位 16位 11位 11位 392サイト
今日 09/20 09/19 09/18 09/17 09/16 09/15 全参加数
総合ランキング(OUT) 12,502位 12,626位 13,011位 12,766位 12,073位 10,959位 10,918位 972,586サイト
INポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
OUTポイント 20 130 160 140 110 140 70 770/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
恋愛ブログ 165位 166位 171位 165位 160位 149位 150位 24,965サイト
秘密の恋愛 8位 8位 8位 8位 7位 7位 8位 392サイト
今日 09/20 09/19 09/18 09/17 09/16 09/15 全参加数
総合ランキング(PV) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 972,586サイト
INポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
OUTポイント 20 130 160 140 110 140 70 770/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
恋愛ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 24,965サイト
秘密の恋愛 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 392サイト

nanaさんのブログ記事

1件〜30件

  • セックスコンプレックスのルーツ⑭

    ◇距離になんて負けたくない◇ 私の性格は極端なところがある。ある事には打たれ強く、ある事には打たれ弱い 所謂“思い込みが激しい女” (なんか怖い・・・・とういか凄く怖い・・・・) そのせいで恋愛面では痛い思いもしてきたが、残念ながら今もって治りそうにない Yくんとの中距離恋愛の1年目は上手くいっていた Yくんが2度目の公務員試験に落ちた夏と秋の間の頃に私は言った 「実家に戻って試験に集中した方がいいと思う」 働きながら勉強をするのには限界もあったし、叶えたい夢があるなら叶えてほしかった 中距離恋愛から600キロの遠距離恋愛にはなるが、そこは思い込みの激しさで距離には負けないと自信満々 私自身も…

  • 結論から逃げる女

    ◇文章の有益さについて◇ このブログを読んで下さる方はどんな人だろうと想いを馳せてみる 私のブログは有益な情報は何もない (むしろタブーな情報) クヨクヨ感情垂れ流しブログ しかも結構なお年頃 セックスレスもよくある話だし、セックスレスの末に余所の人と浮気するのも有り触れた話 出会いがSNSなんて今じゃ当たり前だと思う もっと自由奔放に思うがままセックスを堪能して、官能的なセックス描写を綴っている女性の方が潔い 自分では不倫を始めた2年前は純愛気取りで居た 相手を好きだからセックスする。好きな人だからセックスも気持ちがいい セックスしたからもっと好きになって、もっと好きになるからより多くセック…

  • セックスアンマッチ

    ◇世の中のアンマッチ◇ Twitterはブログと違って情報のアウトプット機能よりもインプットの機能が強いと個人的に思う Amebaブログはタケトとの件があって辞めてしまったけど、Amebaブログは同じコミュニティの人の情報が入ってきやすくそれが強み はてなブログは文章の規制が厳しくなく自由度が高いけど他のブロガーさんのブログがどうにも読みにくい 読みたい記事が探しにくい 見逃してしまうこともしばしば (これはジャンルがはっきりしているAmebaブログでは無かった) だからかついついTwitterを暇つぶしの読み物にしてしまいがちなんだけど、この世は本当にセックスレスで溢れている Amebaブロ…

  • セックスコンプレックスのルーツ⑬

    ◇出会った場所を卒業の時◇ みな、それぞれ卒業後の進路に向けて動き始めていた 私の学部は一般学部と違って、企業に就職する人が少ない専門学部 経済学部の人たちはリクルートスーツに身を包み就職氷河期最前線で右往左往していた もちろん私の学部でも専門職は諦めて、一般企業へ進路を変えている人もいた 幼馴染の親友はゆうに200社近く履歴書を送って面接までたどり着いたのが3社だけだったので、私達は運に見放された年だったのだと思う (内定をもらったらリクルートスーツを燃やすと怒っていた) Yくんも私も早々に公務員の採用試験に落ちた 一次試験にも引っ掛からなかったので、夏と秋の間くらいにはこれからどうするか決…

  • 天国に持っていけるものだけを

    ◇天国に持っていけるものだけを◇ 私は根っからの庶民なので身の丈に合っていないお金の使いかを好まない (155万貢ぐ・・・・いや貸しておいてどの口が言うのだ!だけど) nana-sexless2.hatenadiary.com 先日、家族旅行に行った時に免税店で何気なく時計を見ていた 友人たちの多くは20代後半~30歳になる時に一生モノの時計を手にしていた 免税店の陽気な年配の店員さんが買う気もない私につけてくれた 名品と言われるだけあって美しかった 華奢なバングルとフォーマルな場でも邪魔をしないそのフォルムに憧れと言われる理由が分かった気がした 店員さんが『誰と旅行?』というので「夫と娘です…

  • セックスコンプレックスのルーツ⑫

    ◇迫り来る大きな影◇ Yくんがお兄さんと偽って保証人の署名をした時に身分証明書の提示を指示されなかったのか定かではない 高額な金額でなくても身分証明書の提示は必須だと思う。いい加減なものだった 借金をした金融機関はYくんの父親に返済の見込みがないと判断してYくんのお兄さんに連絡を取る (この時期、Yくんの父親は事実から逃げたかったのか連絡不通になっていた) Yくんのお兄さんは『保証人になった覚えはありません』と事実をいう。金融機関はちゃんと証拠があると書類を見せる。では、この保証人は誰なんだ? 当然すぐにYくんであることがわかる Yくんは初めは自分も知らないと誤魔化したけどその時立ち合った人が…

  • Don’t be hurry!

    ◇思考の囚われを解く作業◇ 私は光トポグラフィーの検査結果を受けて“双極性障害”について徹底的に調べた こだわりが強い私の性格は一長一短でこういった時は一短が強く作用する 症状を無理やりあてはめて自分の首を絞めた 私は“自律神経失調症”という病名で休職をしたが、当時の主治医は私のことをよく理解していた 固定の病名をつければ私がそれに固執することを知っていた 大きく捉えられる“自律神経失調症”にしてくれたのだ でも紐解いていくと不安障害の傾向が強い *厚労省ホームページより抜粋 私は転がるように体調を崩し光トポグラフィーの検査結果をもって4月から新しく赴任した通院中の病院へ行った。不安で発狂しそ…

  • セックスコンプレックスのルーツ⑪

    ◇未来を目指すということ◇ 成人した男性が泣くと思わなかった なによりYくんが泣くと思わなかった 私は正直に自分の気持ちをぶつけた ・何度も浮気されて辛かったこと ・疑う自分が嫌だったこと ・それでもずっと好きだということ ・バイト先の社員の人に心が揺らいだこと Yくんは 『全部俺のせいだね。俺、どこかでnanaと自分の母親を重ね合わせていた。母親みたいに見捨てられないか不安でずっとnanaのこと試していた。こうして自分から離れていく感覚を初めて味わって、もう離れたくない人だと分かった』 私たちは20代らしく、素直に胸の内を打ち明けあった それは飾ることもなく、見栄をはることもなく、ありまのま…

  • セックスコンプレックスのルーツ⑩

    ◇初めての嫉妬◇ バイト先の社員の人への感情は今、表現するなら出会い系やマッチングアプリで出会った人と似たような感情だったのだと思う。悪くもなく、良くもなかった。何度か私のひとり暮らしの家にも遊びに来て泊っていった Yくんは私の「距離を置こう」はすぐに音を上げるものだと思っていたらしい それなのに私から一向に連絡を来ないことに不安を覚えたのだろう 私はYくんのことが好きだったしその気持ちは消えることがないと思っていたので ひとり暮らしの部屋の合鍵は渡したままだった Yくんが私の部屋に一人で来たことなどなかったし、合鍵を欲しいと言われた訳でもなかった 私が持っていてほしくてお揃いのキーホルダーを…

  • 病気のこと

    ◇病気という人生の鈍行列車◇ 私はこの5年近くで今の職場を2回休職している。いわゆる精神疾患 “自律神経失調症” 前のAmebaブログでも今回のはてなブログでも匿名のコメント欄を開放していると『頭おかしいから精神科に行けよ』とコメントを頂戴するが、既に通院歴は長い 今はネットに情報が溢れていて細かいことを書くと、それに影響されてしまう人もいるので抽象的に書いていきたい 精神疾患の多くは心の問題ではなく脳の機能にバグがおきたようなものだ 明確な原因がある人もいればない人もいる 私の発症原因は未だに分かっていない それでもここ数ヶ月は気分の浮き沈みがあったり、身体がだるかったり、過去のことを責めた…

  • セックスコンプレックスのルーツ⑨

    ◇人生で2人目のセックス◇ Yくんの繰り返される浮気に彼を好きな気持ちは揺るがなかった とてつもない強いエネルギーだったのだと思う でも好きだからこそ浮気をされるのは辛かったし、私は物わかりのいい女ではないのでどうにかして浮気をしないように浮気をされないように策を練って、浮気の兆候がないか監視するようになった 実は私にとっては浮気そのものよりもこのことが心に重く圧し掛かった まだ機能の少ない携帯も見たし、部屋の引き出しもチェックした 一緒に居ないときは何をしているか確認しないと気が済まなかったし、不安になると大学の授業も友達との約束も平気で破るようになっていた その頃にはみんな卒論の準備に入っ…

  • セックス ゲシュタルト崩壊

    ◇セックスが分からない◇ Tinder#3 - 明日バイブが届きます おーちゃんと東京のビジネスホテルで会ってから1ヶ月半が経っていた。それはセックスを1ヶ月半していないということ 私たちはビジネスホテルで会った後に次の約束をしていてそれはおーちゃんの贔屓のチームの野球観戦を一緒にすること 私もその日を楽しみにしていてナイターのチケットは良い席がとれていた。私は東京まで行くので、あばよくば昼間にイチャコラしてそれからナイターの野球観戦に行きたかった。その日が近づいてくると、おーちゃんの仕事絡みで直接球場で待ち合わせし、私は恐らく野球のゲームセットまで居られない時間の終電で帰ることになりそうだっ…

  • セックスコンプレックスのルーツ⑧

    ◇愛されたいと願うが故に抱えたトラブル◇ 私がひとり暮らしを始めてもYくんの浮気癖は治らなかった 浮気したことを責めると『どうせnanaも俺を見捨てるんだろ・・・・』そう言われた 私はYくんの見捨てる見捨てないという気持ちが理解できなかった そんな理由ではなく、彼のことが単純に好きだった セックスをするのはYくんだけだったし、回数を重ねれば重ねるほど血が混ざりあうみたいにひとつになって別れると思うと胸が張り裂けそうだった。若かったし、ずっとこの日々が続くと信じていた そんな時だった。Yくんが急遽、故郷の北国へ帰ると言う 「なんで?」と理由を聞く私に言葉を濁す どう考えても怪しいので問い詰めると…

  • 女性器

    ◇複雑で神秘的な女性器◇ 初体験の相手であるYくんの事を書き始めたのでお恥ずかしい話だが女性器のことを少し Yくんと初体験の前に付き合った人とキスをしたりおっぱいを触られたり少しだけ手で性器に触れられたことはあった 性についてゆっくりのんびりだった私は初体験も遅かったのでオナニーも知らなかった。モザイクがかかったエッチな映像を少し見た事があっただけで、自分の性器に触ったことも鏡で見たこともなかった 性器は躰の大事なところ だから性器について語るのはタブー そんな風に育った 初体験をした後にセックスをする度、Yくんはクンニしようとしてくれた 私はそれはアダルトビデオの世界だけで、一般的にするもの…

  • セックスコンプレックスのルーツ⑦

    ◇浮気は哀しみの深さ◇ 当時はまだガラケー時代でLINEなんてないし、SNSの普及していないのでSNSでの出会いは少なかった それでもYくんはどこからか女の子を見つけ出してきて浮気を繰り返した (今は不倫をしていて全く説得力がないが) 当時はYくんの浮気も理解できなかったが、付き合うとか彼氏彼女の関係にもなっていないのにセックスをする同年代の女性のことも理解できなかった 当時、Yくんの携帯が繋がらなくて彼のひとり暮らしの家に電話をした。留守電になったので留守電に伝言を残した 大学生2年生だったと思う 留守電に残した内容は連絡の取れないYくんへの愛のメッセージ まさか居留守を使ってその部屋で同じ…

  • セックスコンプレックスのルーツ⑥

    ◇求めても得られなかった愛◇ Yくんは不遇な家庭環境だった 雪国の小さな村の四人兄弟 歳の離れたお姉さんとお兄さん Yくん 歳の離れた妹 彼は幼い頃に両親から虐待を受けていた 運悪く兄弟の中でYくんが年齢的に虐待を受けやすいターゲットだったのだろう 両親の夫婦仲は当然悪く母親がある日出ていった。父親は相変わらず暴力を振るい働かなかった それは田舎町では肩身の狭い環境 歳の離れた兄弟が早くから働き家計を支え、Yくんの父方の祖父母が育ての親だった 私の住んでいる街は製造業が盛んで、上場企業のお膝元だったので周りの友達もみんな恵まれた環境ですくすくと育った人しかいなかった 大人になるまで貧困が人を荒…

  • 逃げてもいい

    ◇逃げて逃げて逃げまくる◇ セックスコンプレックスのルーツから話が逸れてしまっているけど、書きたいことを書きたい時に綴る 徒然なるままに 私は42年生きていて、子育てもしていて、子育てもされてきて随分と世間の考え方も変わったと思う 私が幼い頃は学校に行かないこと、行けないことは悪だった 私が幼い頃は田舎町だったし、離婚を選択した人はずっと枕詞に“あのバツイチの人”と言われた 女性は結婚と出産で仕事を退職するのが暗黙のルールだったし、結婚の適齢期はクリスマスイブとクリスマスに例えられていた 同性を好きだなんて言ったら差別の標的だった 精神科に通うことは弱い人だとレッテルを貼られた けれど今はどう…

  • 勃起

    取り留めのない話 旦那氏が勃起しなくなってから長い時間が経った 挿入だけがセックスじゃないことは充分に理解しているつもりで、イクことだけがセックスじゃないことも理解している でもなぁ 今は射精も挿入も出来なくてもいい せめて私で勃起しないかな?って 欲情して勃起して欲しい 勃起するだけでいい 勃起したおちんちんを触ったり、キスしたり、身体に擦り付けたり、その中のひとつだけでもしてみたい 不倫を責めたあの人はちゃんと勃起する人 不倫を責めたあの人は性欲がちゃんとあってセックスが出来る人 叶うものなら黒魔術でもコックリさんでも使って旦那氏のおちんちんを勃起させたい 旦那氏は私の配偶者だけど所有物で…

  • パフェ

    Twitterで知り合った人に言われた言葉がフラッシュバックしてやや鬱っぽい症状が現れていた 少し薬を増やした そして屁理屈だと分かっていて敢えて言おう 無意味に誰かを傷つけるのは正義なのか? 不倫は日本では許されない でも違う国では純愛だと容認される その国で生まれたかったな(笑) 私はこれからも正論に叩かれ続けなければならない けどさ、けどね・・・・・ その正義の味方は正論を私に叩きつけて、今頃は私に正論を叩きつけたことなど忘れて“ 今ごろパフェとか食ってるよ” 正義の味方は忙しいから パフェを食べるのも大事な仕事 (パフェにも正論を叩きつけてるだろうな)

  • セックスレスコンプレックスのルーツ⑤

    ◇好きを貫くこと◇ 元彼女に何度も何度も何度も問われて、私はその都度「これからも変わらず好き」を貫いた バカみたいだけど本当にYくんのことが好きだった。中絶させてしまったことは私と償っていけばいいと本気で思っていた まだ20歳 安易な考えだったかもしれない 結婚の意味も子育ての意味も1ヶ月後の未来さえも考えられない無鉄砲でエネルギーが溢れている年齢だった 元彼女は好きを貫く私に怒りを募らせていた そして元彼女にある日、私は素直に言った 「私が貴方の親友ならまず貴方を責めると思う。女だからってなんで避妊しなかったの?避妊しなければ妊娠する。妊娠するのは男じゃなくて女よ。ってね。そして貴方を責めた…

  • セックスレスコンプレックスのルーツ④

    ◇私は諦めなくない◇ Yくんのことが好きで好きで仕方なかった その頃の私は彼が人生の全て Yくんと元彼女は元彼女の意志で元彼女のご両親も含めて中絶を選択した 大学2年生 当たり前の選択だったのだろうか 私なら違う選択をしていた ずっとそういう考え方で生きてきたから だからYくんにも「産むという選択肢を選ぶことは出来ない?」と聞いた 好きだけどそう聞いた きっと好きだからそう聞いたのだと思う 元彼女の強い意志で産むという選択肢はなくなった。けれど、いざその選択肢を選んだ元彼女は苦しくなったのだろう なんとなく分かる Yくんが幸せになることを元彼女は許せなくて固執が始まった 『立ち直るまで私の傍に…

  • セックスコンプレックスのルーツ③

    ◇悲しみの底からみた景色◇ 性別によるのだろうか? 好きだからセックスをするのか、セックスをしたら好きになるのか 本能の摂理なんて分からないけど二十歳の私は初めてのセックスで心も躰も全てYくんに奪われた 大人になったら一生に一度の大恋愛をするとトレンディドラマを観て、ずっと信じていた 大恋愛はしている時には気が付かなくて、あとから遅れて気が付くものだと大人になった今想う (正確には6割大人で 4割子ども) Yくんは間違いなく一生に一度の大恋愛の相手だったと断言できる 初体験から1ヶ月ほどは平和だった 普通の大学生の普通の恋愛 一緒にYくんのシングルのパイプベットで過ごし、寝過ごして授業に遅れる…

  • セックスコンプレックスのルーツ②

    ◇かけがえのない大切な命◇ 私には中絶に深く関わったことが人生で3度ある そのうちの2つはブログでも書いた 今回書くのは③大学生の悲しい過去のお話 まずは過去の記事をご参照下さい 高校生の悲しい過去 nana-sexless2.hatenadiary.com 私の悲しい過去 nana-sexless2.hatenadiary.com 初体験 nana-sexless2.hatenadiary.com

  • セックスコンプレックスのルーツ①

    ◇悲しかったから書けなかったことを少しだけ◇ 私はセックスがコンプレックスだ そうなったルーツがいくつかあって、自覚もあるけどブログに書くまでは至らなかった 先日Twitterで知り合った人に罵詈雑言を吐かれてかなりダメージを受けた私 (ダメージは継続中) その人はとても頭が良かったからダメージの与え方を知っていた もう少し仲良くなりたい人だったので残念だったしショックだった ブロックされた画面を何度も見て泣いてしまうことも多い SNSでの出会いは自分との糸が一度途切れてもSNSで繋がり続けるデメリットがある 見ないようにしようとしても気になって見てしまう 見てしまえば心に焼き付いて離れない …

  • 欠けたパズルピース

    □welcome 42th□ ■幸せのパズルのピース■ ある年齢から自分は他の人はピッタリとパズルのピースが揃っていて完成されたパズルであるのに、私はカラダなのかココロなのかピースがひとつ欠けていると思っている それはセックスレスになるずっと前から 楽しいのに寂しい気持ちがしたり 幸せなのにずっと続かないと思っていたり 誰かといるのにひとりだと感じたり 病気になった時はそれがいよいよ表面化したなと“きたきた”感さえあった 遠くからみたら完成された幸せなパズル でもひとつだけ無理にはめ込んだピースが埋め込まれていたり、時々ピースが外れていたり・・・・ そんな風にしながら42歳になりました 贅沢過…

  • タブーを綴ること

    □タブーを綴ることの意味□ ■SNSとリアルの境界線■ ブログを始めて二年近く 途切れ途切れとはいえ続けきた 不倫という言葉はウィルスでありアレルギー アンチや不倫をされた経験のある人に罵詈雑言を何度も吐かれた それでもブログを辞めなかったのはそれがSNSの見えない人だったからだと思う この間Twitterでやり取りをしていた人におーちゃんとの関係を酷くなじられた この人はSNSの見えない人ではなく、個人でやり取りをしていたので会ったことはないけどリアルに近い人 私が自分の主張を繰り返すことにイライラしたのだろう ここに書くのもはばかられる言葉たち 少しの共感も許さない! 法律に違反している!…

  • エンパス

    【エンパスのすべてが分かる】エンパスの特徴から改善法までまとめて紹介 私はこれに該当しているかもしれません 負の感情に引きずられる→エモーショナルになる→眠れない→偏頭痛になる→薬を飲む→お腹が緩くなる→痛いの限界→思考停止 の繰り返しで生きている 痛みを伴う前に早めに思考停止したいのだけど 気持ちの垂れ流しのブログ、ごめんなさいね (辞めませんけど・・・・・(((๑´ㅂ`) ʬʬʬ)

  • 進んでいる道

    □重い心を引きずりながら□ ■心の葛藤■ 昨日のブログでも書いたが不倫は正しいことではない。どんな理由があっても言い訳だし、批判されて然るべき それは分かっているつもりで、なるべく誰かを傷つけないつめりで、責任は取れる範囲で取るつもり 全部“つもり”だから分からない それは私が不倫をしている側でされた側ではないから・・・ 不貞行為という非常識なことをしている自分自身にぶち当たって葛藤する時がある 私も今の相手もこれからの相手もおそらく手にしている人生を手放さない人だと思う 覚悟なんてないから全部“つもり” ■葛藤はそっと閉まって■ その葛藤を相手に伝えるつもりは無い だって相手も葛藤してきっと…

  • 正論

    ◇正論をふりかざすこと◇ ■私はこれからも変われない■ 9日間の夏休みが終わった ガタガタと体調を崩し空白の2日間を経験し、台風と共に過ぎ去っていった 私はTwitterを始めてその人の呟きを尊敬していた人が居た それが例えSNSというバーチャルの上でも筋だと思ったから・・・・ 程なくして 私自身が不愉快だったのか真実は分らないけどその尊敬する人からもブロックされた Twitter上のブロックはよくあることだ 尊敬していた人はカリスマ感がありその人に私がフォローされていることはTwitterで私のフォロワー数を押し上げてくれる要素だったし、そのことに感謝の言葉も言えずに結果としてこんな形になっ…

  • 小生意気な女

    ◇なりたい自分でいるために◇ ■小生意気な女■ 職場でも男友達にも 『nanaは気が強くて困ったもんだ』 とよく言われる メソメソ・クヨクヨ虫も私の一部だけれど、強情でポリシーを絶対に曲げない虫も私の一部なのだ 『タイトスカートにピンヒールが好き』と言われたらデニムにスニーカーでデートに出向きたい。相手が“あれ?”って顔したらアッカンベーして笑い飛ばすような小生意気な女で居たい 好きな人には尽くしたい でも媚びたくはない 時には相手の好みの下着を言われた通りに身につけることだってある (そこは従順♡) でも相手の後ろを3歩下がって着いていくとかは無理だし、するつもりもない (結婚式で新婦さんが…