searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール
PROFILE

nanaさんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
明日バイブが届きます
ブログURL
https://nana-sexless2.hatenadiary.com/
ブログ紹介文
セックスレスとそれにまつわる秘密の話
更新頻度(1年)

103回 / 365日(平均2.0回/週)

ブログ村参加:2019/09/04

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、nanaさんの読者になりませんか?

ハンドル名
nanaさん
ブログタイトル
明日バイブが届きます
更新頻度
103回 / 365日(平均2.0回/週)
読者になる
明日バイブが届きます

nanaさんの新着記事

1件〜30件

  • 不倫は辞めない

    不倫をきっと続ける なーんとなく自分の中で見えてきたもの。 本当にぼんやりと。 私はきっとこの先も不倫を続けると思う。自己責任で。バレて慰謝料請求されるかもしれないし、離婚されるかもしれない。 その理由はシンプルにセックス。 やっぱりセックスがしたくて、もちろんそこに愛や感情はモリモリの方がいいし、マンツーマンの相思相愛がいい。 けど全部は望めないって薄々気がついている。そしてセックスが気持ちがいいことを知ってしまった。旦那氏とこれまでしてきたセックスと同じとは思えないようなセックス。 3ヶ月に1回程度の小旅行みたいなセックス。 精一杯考えて、バランスを取った結果。こんな形になった。歪だけど。…

  • 犠牲

    リスクのすり合わせ nana-sexless2.hatenadiary.com 以前こんな記事を書いた。 災害・疫病・事故・冠婚葬祭 そんな時に思い知らされるのだ。 不倫の立場では出る幕はない。 これは少し誤解をうんだけど、最期に立ち会いたいとかお葬式に出たいとかそういうことではなかった。 立場というのは、今ならもしおーちゃんがコロナ感染して意識が朦朧としてそのまま最悪の結果になったとしても、私はそれを知り得る立場にないということ。 本人の意思さえ確かならいい。連絡のひとつはくれるだろう。状況も把握出来る。それがなければある日ぱったりと連絡は途絶える。おかしいなと思っても知りえないし、運良く知…

  • 同意が欲しくて④

    同意の返事がないこと 数時間後に返事は来た。 *** 包み隠さず話してくれてありがとう nanaの言ってることはほんとその通りでごもっともだと思う。俺にはデリカシーが欠如してるんだと思う。 男女の違いとして片づけるのも良くなかった。 ごめんなさい *** その後少しやり取りをして誤解を解きあったつもりだった。タカシさんは私を信じるよ。と言った。 私はやり取りの最後に 「また一緒にニラレバ食べようね」 そう送った。いつもなら『おぅ!』だったり『約束な』だったり必ず返事が来る。同意の返事はもうなかった。 しばらくするとタカシさんは該当の女性をフォローからさり気なく外していた。 そしてもうしばらくし…

  • 同意が欲しくて③

    鋭利になる言葉 数日間我慢してタカシさんのTwitterをみた。私とのやり取りをぼかしつつ投稿していた。 『女性にこれまで何度もこの人とは繋がりを持たないでと言われてきたけど、それは男女の思考の違いで中立性を持つ男性はそう言われても簡単に繋がりを絶たない。』 なーーーーーんにも伝わってない。 女性は中立性を持たない。いや、私は中立性を持たないと宣言された。 中立性を持っているから彼の既読スルーにグッと耐えたつもり。自分にも非があったから。そしてこれ以上言えば糸が完全に切れるから。 打算的に言わなかった「言いたいこと」はその相手どころか何時しか関係ない人に向けた言葉まで鋭利になっていく。そうなっ…

  • 同意が欲しくて②

    執着しない ダイレクトメールの返事は直ぐに来た。 私はひどく不快な気持ちだったからタカシさんからのダイレクトメールの画面を見てメッセージを既読せずに削除した。 ダイレクトメールを既読せずに削除する場合は最後のメッセージしか表示されない。その前に何かメッセージがあったかもしれないしなかったかもしれない。 確認できたメッセージは 『だれのことかな?』 だった・・・。 違うでしょ?そのメッセージは違うと私は感じた。謝罪ではなくタカシさんの保身が丸見え。 少し経って 『〇〇さんかな?』 的外れなアカウント名が書かれていた。既読せずに削除した。 しばらくして返事をした。 「誰かというのは相手に非があって…

  • 同意が欲しくて①

    欲張りな自分 キスやハグやセックスって物凄く分かりやすいコミュニケーションで、何故かって自分と相手だけの“対”なものだからだと思う。 細々と切れそうになりながらタカシさんとはTwitterで繋がっていた。ダイレクトメールはしなくてもお互いにフォローしあっている関係。最後に会ったのは10月末。 それが3回目の逢瀬。その時の行動やその後のやり取りに少しシコリがあって距離を置いていた。 それでもTwitterが陣地である彼にとってはお互いにフォローしあっている相互であることが信頼のしるし。 変な考えなんだけどタカシさんにとってはそうなのだ。 インターネットの世界なんて虚偽とパフォーマンスだらけ。リア…

  • 逢えないけど続く関係

    言葉の魔法をかけられて 気が付けばブログから足が遠のいていた。 なにせお金の為でもなく気まぐれでやっているからこそ継続出来ている、感情吐き出し系ブログなので。 自粛規制はどんどん厳しくなって私の在宅勤務率が増えた。 輪番で週に2回の出勤。 在宅勤務の時に2割のパフォーマンスで仕事をして、出勤時に16割で仕事をする。 平均で8割・・・・・。よく頑張っている。 もちろん医療の最前線で働いている方や自営業の方からみたら平手打ちでもされそうだが、頑張りなんて人と比較するものではない。 通販で少し無駄遣いをしたり、スーパーに寄った時は値引きされたその日が消費期限のものを買っている。花屋では絶対にチョイス…

  • ひっ迫した経済状況

    この期に及んで 本当にこの期に及んでだけどマサさんの経済状況を心配している。 職業:東京のタクシー運転手 奥さんも同じ職業。 夫婦で同業種というのは悩みを共有出来るメリットがあるけど経済面ではデメリットもある。 ポストに固定資産税の引き落としの書面が届いていて、この固定資産税のお知らせに心の底からため息をついている人も多いだろう。私は固定資産税のお知らせを見て真っ先にマサさんを思い出してしまった。 彼は高校を卒業して3年ほど渋谷にある名の知れた企業で働いていた。そこに配達に来ていたトラック運転手に “この仕事は自由だよ” そう言われてトラック運転手に転職した。その後タクシーの運転手にまた転職。…

  • 採算度外視のセックス

    性の値段 数年前、初めて出会い系サイトに出会いを求めて登録をした時にそれは出会い系サイトではなく婚活マッチングアプリだった。 ドキドキしながら自己紹介欄に「既婚者ですが・・・」と正直に書いたら数時間後に運営側に速攻で強制退会。 出会い系と婚活は違うのね。知らなかったぜ。そのくらいの知識で始めた。 仕方がないので “既婚者 出会い系” で検索をかけて目に付いたサイトに登録をしたらそれはパパ活サイトだった。既婚者Welcome!!だったのは男性側だということはやりながら分かったこと。 そこは性に値段がつくことが当たり前の世界。特殊な特殊な世界。 私はそこでしばらくの間、値段のつかない性を真剣に求め…

  • 逢いたい人がいること

    逢いたいにあふれている 今、日本中で“逢いたい”が溢れていると思う。 不倫じゃなくても・・・・。 大学時代の友人と3月に予定していた集まりは延期のまま。 グループLINEで医療現場と教育現場に勤務する友人たちの疲弊は胸が痛いほど。自分への感染と保菌者にならないこと。両方に神経を使う。そして仕事をする為には自分の子供はリスクがあっても預けないといけない。 首都圏でないこの街でそうなら該当地域はもっと大変だろう。 私の生活も彼女たちの頑張りで成り立っている。 そしてこんな時って人柄が出やすい。 有事の時は人間関係が篩いにかけられるかのよう。 自分の気持ちを我慢できない人、少し我慢できる人、すごく我…

  • セックスレスが奪ったもの

    正しく生きること Twitterでセックスレスの女性の投稿を見ていると最初はセックスを求めても“疲れている”とか“そういう気分じゃない”とか拒否されたことへのショックと怒りと自信喪失。そこからどんどんと相手への日常の不満に矛先は変わっていく。 セックスしてくれないのに家事もしない セックスしてくれないのに飲みに行っている セックスしてくれないのに子育てに不参加 Amebaブログはすべて消えてしまったので記憶にないけど、私も不倫する前はそんな風だっただろうか? “EDならセックスレスも納得できる” と投稿している人がいて(いや、いや、いや・・・。それはそれできついよ。)とそっと心の中で呟く。セッ…

  • 健やかさとセックス

    健やかさのその先 閉塞的な雰囲気が続いている。 みんな少しずつ我慢の時。 私はと言うと4月から仕事が6時間の時短勤務から8時間のフルタイムに勤務形態が変更になった。数年ぶりに。 職場の福利厚生は手厚くて子育てと仕事の両立が出来るように子供の一定年齢まで時短勤務が選択できる。 休職を経験した自分にとって、勤務時間の増加は大きな変化で前日あたりから眠れなくなったり不安感が強くなったり苦しかった。 有難いことに在宅勤務を交代制で取れているのでフルタイム再出発にはいいリハビリになっている。助かった。 新年度スタートから3日間を乗り越えて布団に入りながら 「最近泣いてないなぁ」 と思った。金曜日の夜で気…

  • ザオラルメール

    ザオラルメール ザオラルメールとは?意味や由来を解説! ザオラルメールとは、1度連絡が途絶えてしまった相手とLINEを復活させるための、きっかけになるメールのことです。 ドラゴンクエストの呪文で、戦闘不能になった仲間を甦らせる呪文(ザオラル)が由来と言われています。 しかし、ザオラルは、確実に仲間が復活するとは限らない不確定な呪文。相手から返事が来るかどうか分からないという状況も、上手に表現しています。 https://smartlog.jp/149657 出会い系サイトやマッチングアプリをしていた私なので、会ったことはないけど連絡先だけ交換した人もしくは会ったけれど男女の関係にならなかった人…

  • 既婚者と独身者

    嫌悪の原因 セックスレスが原因で始まる不倫の多くが既婚者同士なのは何故だろう。 やっぱり最初は“セックス”だけ余所でして、お互いに秘密を守り抜き、現状の夫婦生活は維持しようという気持ちがあるからではないか? 目指すものが離婚ありきならば相手は独身(バツイチも含む)の方がずっと効率がいい。 最初の不倫相手(セックスをした人)であるタケトは独身。その前のセックスに至らなかった元カレは既婚者だったが子供は居なかった。 それは当時の相手を選ぶ大切なポイントだった。勿論、私の身勝手なポイント。 妻であり母でもある私は子供の居る既婚者のこもを旦那氏と切り離して考えることがどうしても出来なかった。旦那氏と全…

  • 女性ホルモンとの付き合い

    苦痛の繰り返し 先日、生理初日にあまりにも体調が悪くて仕事を午後から休んだ。午前中だけ働いたものの意識もやや朦朧とするくらい。午後から自宅で横になっていたけど冷や汗と動悸と不安感でどうにもならなかった。 鎮痛剤と抗不安薬を飲んで2日間フラフラと過ごしたが希死念慮さえ浮かぶほどの苦痛。 2日後に産婦人科を予約。 更年期障害だと思ったのだ。結果、違った。 症状の重いPMSで上記で言う【C】が該当。 若い頃も生理痛に苦しんでピルを処方してもらったけど副作用の方が酷くて諦めていた。随分年月も経ったのでその話も踏まえて相談すると問診票をみた産婦人科医が 『予兆のある片頭痛の人にはピルはリスクがあるので処…

  • 寂しさのアンハッピーセット

    変身願望 1ヶ月足らずで東京が近くて遠い街になってしまった。 ドラッグストアに朝から行列を成す人はお年寄りが圧倒的に多い。情報に脆弱なことに加えて有り余る時間があるからかな?と勝手に考察。 コロナによるセックス活動(部活か?)が中止になり悪い癖でいろいろ考えてしまう。 不倫を始めた時は持病による2回目の休職中で症状は良くなったり悪くなったりを繰り返して家にひたすら居た。 それを知った同級生が気分転換にと食事に誘ってくれたのだ。そしてキスをした。(だけ) もしも休職せずに忙しい日々を送っていたらセックスレスに寂しさと不満と悲しみを抱えながらもその日々を受け止めていたかな。 考える暇さえなかったか…

  • 夫婦とは

    夫婦とは何なんだろう? A子の旦那の不倫発覚から探偵事務所選び、調査報告書の受け取りまでで1年近くはかかった。 その中で知ったこと。 離婚に至った不貞行為の慰謝料は通常は300万円が限度なこと。 旦那・不倫相手へ請求する慰謝料の分配はケースにより異なること。 その慰謝料の出どころまでは確認出来ないこと。 極端なことを言えば(贈与税のことを抜きに)、不倫相手へ請求した慰謝料を旦那のポケットマネーがあったらそこから払うことも許されるのだ。 *求償権の放棄を取り決めしても裏で工作はいくらでも可能だから つまり慰謝料を請求したからといって不倫相手にダメージを与えられるかといえば100%の効力はない。不…

  • 探偵というプロ⑧

    閉ざされた再構築への道 二人のLINEの内容の写メ及び2回の尾行の結果から不貞行為の証拠は充分だと女性経営者から話があったそうだ。 私は探偵事務所の尾行内容が甘かったと憤慨し、調査費用の減額を求めるように言ったがA子は首を縦に振らなかった。 そして尾行がバレた可能性は探偵事務所も認識していて、本来なら探偵事務所で取り外しをするGPSは出来ることなら自宅から別の場所に行ったときにA子が自分で旦那の車から外して保管してほしい。なるべく早くに・・・。そう指示が。 A子は2回目の尾行翌日に近所のドラックストアへ行くと旦那に伝えて旦那の車で出かけた。いつもなら自分の車で行くドラックストア。A子の口実はひ…

  • 探偵というプロ⑦

    諸刃の剣 旦那の車を追っていた探偵は旦那にまかれた。 それでも旦那の車にはGPSが搭載されている。 GPSで位置確認をすると不倫相手の女性の自宅からも自宅からもまったく関係のない場所を示していた。しかもずっとその場所から動かない。 探偵は近くに待機したまま様子をみることに。 一方もう一人の探偵はラブホテルから不倫相手が出てくるのを待ったが出てくる気配がないので車から降りてラブホテルの駐車場を確認した。女性はいなかったし、駐車されている車に人の気配がないことをチェックして不倫相手の自宅に向かう。 探偵が不倫相手の家の到着すると灯りはともっている。 不倫相手が帰ってきているのか、子どもと誰かがいる…

  • 肉便器

    書きたいことを書きたい時に ブログは1日1投稿と決めている。 探偵の話の続きは既に下書きに認めていて投稿するだけ。 それをしなかったのは書きたいことがあったから。これぞブログの醍醐味。 私がブログを始めた当初はセックスレスの悩みをつらつらと書いていた。大人の玩具であるバイブを買ったのもセックスレス解消のためで、そのことさえもブログに書かないと耐えきれないほど大きなハードルだった。 悩みの中心は旦那氏とセックスできないことで、旦那氏が勃起しないこと。旦那氏とセックスを諦めるかどうかが全て。 ブログを初めて半年後、食事に行った同級生にキスをされて初めて旦那氏以外の男性と性欲を満たすいう選択肢がある…

  • 探偵というプロ⑥

    罠をしかける 女性経営者に言われた通りA子は1ヶ月半先に実姉と子供たちと旅行に行く!という罠をしかけることにした。この時点でA子は実姉と私にしか探偵に依頼したことは知らない。味方からボロが出ることを恐れていたから。 罠なので勿論旅行には行かないで実姉の家で過ごす。 その日はあっという間にやってきて前回と同じように尾行が始まる。 旦那はその日は職場の親睦会で親睦会が終わる時間にそのお店からがスタートだった。車で出かけてお酒を飲んだら代行を使って帰ってくる人だったので車へのGPSも装着。 ラッキーなことに親睦会の後にお酒は飲まずに不倫相手をピックアップしてラブホテルに入室してくれた。入室の写真も撮…

  • フタリンピック

    2人だけのオリンピック 私はミーハーなので東京オリンピックを楽しみにしていた。抽選に外れたけど沢山の種目の観戦に応募していた。 一報、おーちゃんはオリンピックに全く関心はなく寧ろ混雑したり仕事がやりにくいので反対派。 ある日のダイレクトメールでのやり取り オリンピック中止になりそうだな 仕方ないよね。 2人だけの東京オリンピックしようか? 種目は格闘技だな。 トレーニングしよ! トレーニングしないでよ。たまには私に勝たせて。 いつもキスしながらnanaで思いっきり射精するときは負けてる感覚あるよ。 久しぶりにおーちゃんにそんなことを…………言われたので……………恥ずかしくて。 そんな風に思って…

  • 探偵というプロ⑤

    妻というポジション 初めは抵抗があった探偵事務所に来ることにもう慣れてしまっていた。 女性経営者は “結果が出て良かったですね” と嬉しそうに私たちに笑う。 (もう何が良いのか悪いのか訳が分からない) 仮報告を見せてもらった。 さすがプロといった感じ。 追跡日の内容はこと細かに写真付きで不貞らしくまとめられていた。 旦那も不倫相手も全く気がついていないうちにこれが実行されていたのは、不倫を“している”側の私にとっては恐怖でしかなかった。 不倫相手の女性が自宅から勤務先に向かう写真もあった。ゴミ捨ての日だったのだろう。手にゴミ袋を持っていた。 遠隔撮影で文字までは読み取れなかったけれどピンクのポ…

  • 探偵というプロ④

    延長線の未来 初めての追跡日。 A子からは実況中継の如くLINEで連絡が入ってきた。 土曜日の夕方、仕事から帰ってきてシャワーを浴びてA子の旦那は出掛けた。造園関連の自営業なので出掛ける前には着替えてシャワーを浴びるのが習慣。 帰宅したことを探偵事務所へ連絡し、旦那がシャワーを浴びている間に車にGPSが装着された。 その日の逢瀬は不倫相手の自宅アパートだった。少し離れた空き地に車を停めて徒歩でアパートに行き部屋に入ったという。アパートへ入った写真は撮れたと。 不倫相手のアパートが初回で判明したことは大きな成果。 でもここからA子にとってはかなり辛い内容だったと思う。 21時頃、部屋の電気が消え…

  • 探偵というプロ③

    こんくらべ 探偵事務所に正式に依頼したA子。 彼女の旦那の不倫相手はシングルマザーで小学生の息子がいることまではA子がLINEの履歴を写メしていたので分かっていた。 会っているのは土曜日が多いこと。 会うときは不倫相手の自宅で過ごすこともあること。 ラブホテルも利用していること。 恐らく自宅で会っている時に息子は実家もしくは友人に預けているのだろう。会ったとしても早朝には必ず帰ってきている又はラブホテルを利用しているのは息子にまでは旦那がまだ会っていないし紹介もしていない仲であることが推測された。 それはA子と探偵事務所で動きがありそうな日に狙いを定めて決行されることになっていて、探偵は二人一…

  • 依存とセックス

    セックスを失って なんの言い訳にもならないと分かった上で。 セックスレスってセックスを失うことだと私は思っている。 失ったから取り戻そうと思って旦那氏には自分なりに頑張った。けど取り戻せそうで取り戻せなかった。旦那氏から取り戻すことに疲れ、正確に言うと逃げた。 で、余所の人とセックスをした。 セックスをしたら失ったセックスは取り戻せることが分かった。 40歳を迎える少し前の既婚者の私が。 相手との心の関係性を抜きにすれば簡単に・・・本当に簡単に取り戻すことが出来た。 あまりにも簡単だったからセックスは旦那氏から疲れてまで取り戻さなくていいものに変化したし、セックスが失われる日々に戻るのが嫌にな…

  • 探偵というプロ②

    ◇決意と現実感◇ 探偵事務所選びには苦労した。なにせ金額が高い。 金額はいろいろなパターンがあったけれど割合は尾行しそれにかかる人工費用が抜群に高かった。そしてそれは不貞行為の証拠を得ても得られなくても支払わないといけない。 最初に行った探偵事務所は対応してくれたのが男性で 「車内でのフェラチオも証拠になりますよ」 と言葉を選ぶことなく平然と言ったので気持ち悪くなってしまい辞めた。探偵だから?独特の気持ち悪さがあった。 証拠をつかむのが目的だけど、証拠を集めたうえで今後どう動けばいいのかまでを指南してくれるような事務所を探した。運よく2件目で経営者自身(女性)が配偶者に浮気をされた経験から探偵…

  • 探偵というプロ①

    ◇役立たない方がいい知識◇ 自宅の書類箱に「契約書」と「調査報告書」がしばらくの間保管されていた。 高校時代の友人(女性)の所有物。 バレないように見つからないように私の家に保管されていた。 その友人A子の旦那は浮気をしていて、それは旦那がお風呂に入っている間にLINEを勝手にみたことであっさりと発覚。 相手とのLINEのやりとりをA子がカメラで撮ったものが私にも送られてきて、それはもうまっくろくろすけ。白い部分なし! A子はしばらく様子を見た後、その関係が浮気でなく本気だと感じて旦那本人に問いただした。 容疑者は罪を認め、その後に開き直った。 A子のせいだと。 全部A子が悪いからだと。 謝罪…

  • セックスのレシピ

    ◇レシピのない料理◇ どちらかというと・・・いや完全に家事全般が苦手。 特に料理!!! 家族が“今日の夕飯なぁに?”と無邪気に聞いてくれ、聞くのはそれは楽しみだからだと認識しているからなんとかやっている。 結婚した当初料理本を沢山買い込んだ。 COOKPADなんて便利なツールが無かったから。 けど【人参1本】とレシピに書いてあっても5本入りの特価の人参は大きさも不揃いでどの人参1本が適切なのか分からない。 結果、料理はレシピよりも勘やセンスなんだと気が付いた。 5年前、4年前、3年前、2年前、1年前 振り返ってみると自分の望むセックスは形を変えてきた。 きっと1日単位、1回単位で変わるものなの…

  • 浮気の言い訳

    ◇対処の仕方◇ マサさんと会えなくなったのはマサさんの奥さんに私の存在を気が付かれたから。 マサさんは19歳の時に最初の結婚して離婚して、その後に今の奥さんと結婚して離婚して結婚しているwww (めちゃくちゃ波乱万丈) 前の奥さんとの間にも子供がいて成人まで養育費を払った。今の奥さんとは子供が産まれる前に離婚してまた復縁して子供が産まれた。 マサさんは浮気もフラフラと気の向くままにする人だったけど、その相手も何人も男性と交際している人だったようで“遊び”の要素が強かった。 そこに一途に熱を上げ東京まで逢いに行く私が満を持して登場した。 マサさんはどうしようもない人だけど経験値から交際面であらゆ…

カテゴリー一覧
商用