プロフィールPROFILE

もへちゃんさんのプロフィール

住所
福岡県
出身
福岡県

自由文未設定

ブログタイトル
もへちゃん先生の学級通信
ブログURL
https://moheji.hatenadiary.jp/
ブログ紹介文
一日お疲れ様です。もへちゃんクラスの1人になって、ちょっとホッとできる学級通信を読んでみませんか?
更新頻度(1年)

72回 / 75日(平均6.7回/週)

ブログ村参加:2019/09/04

もへちゃんさんのプロフィール
読者になる

もへちゃんさんの人気ランキング

  • IN
  • OUT
  • PV
今日 11/17 11/16 11/15 11/14 11/13 11/12 全参加数
総合ランキング(IN) 21,264位 21,179位 21,160位 24,415位 21,336位 18,282位 18,312位 978,207サイト
INポイント 0 10 20 10 10 10 10 70/週
OUTポイント 0 40 20 0 0 0 0 60/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
教育ブログ 264位 266位 267位 297位 279位 259位 249位 9,332サイト
学級経営・授業実践 3位 3位 3位 3位 3位 3位 3位 41サイト
ライフスタイルブログ 1,208位 1,196位 1,200位 1,334位 1,200位 1,039位 1,041位 66,428サイト
心のやすらぎ 8位 9位 10位 10位 7位 7位 7位 1,060サイト
今日 11/17 11/16 11/15 11/14 11/13 11/12 全参加数
総合ランキング(OUT) 43,553位 46,589位 63,313位 圏外 圏外 63,821位 57,785位 978,207サイト
INポイント 0 10 20 10 10 10 10 70/週
OUTポイント 0 40 20 0 0 0 0 60/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
教育ブログ 478位 514位 780位 圏外 圏外 787位 681位 9,332サイト
学級経営・授業実践 4位 4位 4位 圏外 圏外 6位 4位 41サイト
ライフスタイルブログ 2,757位 2,939位 4,147位 圏外 圏外 4,123位 3,656位 66,428サイト
心のやすらぎ 26位 29位 42位 圏外 圏外 42位 37位 1,060サイト
今日 11/17 11/16 11/15 11/14 11/13 11/12 全参加数
総合ランキング(PV) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 978,207サイト
INポイント 0 10 20 10 10 10 10 70/週
OUTポイント 0 40 20 0 0 0 0 60/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
教育ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 9,332サイト
学級経営・授業実践 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 41サイト
ライフスタイルブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 66,428サイト
心のやすらぎ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 1,060サイト

新機能の「ブログリーダー」を活用して、もへちゃんさんの読者になりませんか?

ハンドル名
もへちゃんさん
ブログタイトル
もへちゃん先生の学級通信
更新頻度
72回 / 75日(平均6.7回/週)
読者になる
もへちゃん先生の学級通信

もへちゃんさんの新着記事

1件〜30件

  • 安室ちゃん引退前のインタビュー「ブレずに生きる」を中3生に伝えたい

    秋も終わり、冬になりつつある頃、中学3年生は自らの進路を決定しなければなりません。 普通科を受けるのか、工業科、商業科、農業科…を受けるのか。それとも仕事に就くのか。 昨年(2018年)の夏、たまたま見たテレビ番組で、タレントのイモトさんが安室奈美恵さんと対談をしていました。 その対談がとてもすてきで、進路決定の時期の中3生にいつか伝えたいと思っていたので、進路希望調査(最終版)を提出する初冬に学年通信に書くことにしました。 では2018年11月9日、中3生に書いた通信を紹介します。 ブレずに生きる 安室奈美恵さんが引退してまもなく2ヶ月。 安室奈美恵さん、2018年9月16日引退 と言っても…

  • ハンセン病ついての授業、どう「感じた」か?

    前回のブログでは、ハンセン病についての人権学習について書いた2018年2月23日の通信を紹介しました。 その授業で子どもたちがどんな感想を持ったのか。それが次の日の通信、すなわち今回紹介する通信です。 ハンセン病問題について、知って、感じて、行動しよう ハンセン病問題を知った君たち。どう感じたろうか? 感想① ハンセン病というのは、治る病気であり、発病しにくいものであるのに、それを知らない人がいる事実があり、とても悲しく、いけないことだと私は思います。 みんな平等に生まれてきたのに、平等な扱いをされていないのは、生きる人として、あまりにつらく、差別した人や国のことを絶対に許しません。 そうなん…

  • ハンセン病について、知る→感じる→行動する

    テレビのニュースで、「ハンセン病家族保障法が成立 最大180万円を保障-国会と政府『深くおわび』」と報道されました。 「ハンセン病」…ご存じでしょうか?かつて「らい病」と呼ばれ、治療をせずに放置すると体の変形を引き起こすことから、恐れられた感染症です。 アニメ「もののけ姫」では、タタラ場(日本の伝統的製鉄場)で働く人たちが描かれます。さらにタタラ場のさらに奥、隔離されているような場所に包帯でグルグル巻きにされた人々が寝かされていました。 「行くあてのない私たちをエボシ様だけが受け入れてくれた。」 「わしらを人として扱ってくださった、たった1人の人だ。わしらの病を恐れず、わしの腐った肉を洗い、布…

  • ドラマティックな生徒会活動

    前々回のブログ「「手を洗え」と指示するのではなく、自発的に洗いたくなる話 - もへちゃん先生の学級通信」で、 「こらぁ、手を洗わんか~」と先生が怒鳴るのではなく、保健委員会等で保健委員長がゼンメルバイスを語りながら「手を洗いましょう」と訴える。そんな学校って素敵と思いませんか? と書きました。 私はこんな学校を作ることは可能だと思っています。 それは、生徒会担当をすることが多く、それ故に素敵な生徒会役員の子たちに出会ってきたからです。 そこで今回は、多くの学校で今でも問題になっているであろう差別発言に対して、真っ向からとりくんだ子どもたちについて書いた通信を紹介します。 ある生徒会の話 以前勤…

  • 紅葉の秋、校庭横の黄色に色づいたイチョウの実「ギンナン」を美味しくいただこう

    私が住む福岡でもそろそろ紅葉シーズンになりつつあります。 佐賀県 環境芸術の森 私が勤務してる学校の校庭横に並んでる10本ほどの銀杏並木も、黄色に色づいています。 そして銀杏並木の中で、1本だけギンナンのなる木があります! さて、以前、学校で収穫したヘチマをタワシにして、子どもにプレゼントした通信を紹介しました。 moheji.hatenadiary.jp 私の次なる狙いはギンナンです(^^) どんな通信になったと思いますか? それは読んでのお楽しみ、紹介するのは2018年1月9日発行の通信です。 ◯中産② 昨日の後期後半の始業式で、校長先生がイチョウ並木の落ち葉をかたづけてくれている方の話を…

  • 「手を洗え」と指示するのではなく、自発的に洗いたくなる話

    前回に引き続き、「これは使える」と感じた「時事ネタ」。 今回は、NHKのよるドラ「決してマネしないでください」を見ていて、こんな由来をさりげなく語れたらと思ったネタです。 www.nhk.or.jp 前回のブログで紹介した通信同様、まだ未発信ですので、使えると思った方、どうぞお使いください(^^) たかが「手洗い」、されど「手洗い」 NHKのドラマ「決してマネしないでください」は、科学好きで恋愛経験ゼロの主人公が、初めての恋に奮闘する愉快なラブコメディです。 その第3話では、科学の力でワインを美味しくしたり、安い肉を高級肉同様の味にしたりして、好きな女性の気を惹くことに成功します。 ふと、小学…

  • 『学び合い』の考え方の授業にとりくむと、「参りました」と感じることが増え、それが嬉しくなります

    最近、深夜アニメやNHKのドラマで「おぉ、これって通信のネタに使える」と感じたことが2つありました。いわゆる「時事ネタ」です。 時事ネタですので、アニメが終わってしまったり、ドラマが終わってしまうと、ネタの持つ力がダウンします。 大事にとっていたのですが、発行する機会がなさそうなので、記録に残すという意味でブログに書いておくことにしました。 ということで今回紹介する通信は、まだ未発行ですので、「これは使える」と感じた方はどうぞお使いください(笑) 参りました 長く先生をしていると、私より教え方が上手な生徒に出会います。『学び合い』の考え方で授業するようになって、そのことにより多く気づくようにな…

  • 意見が分かれる問題に慣れていない私が、真っ二つに分かれたくまモン問題に対して出した結論

    くまモン問題も3度目(^^) あまり長引かせては、読者の興味を保てません。なので実際の通信は3回目で一応終了しました。 英語が苦手な私がふと感じた素朴な疑問なので「正解は◯◯だ」と結論がはっきり出ると思っていた問題でしたが、思いもかけず「in」派と「on」派に意見が分かれました。 私が担当している数学は、どちらかというと白黒はっきりさせる学問です。そんな数学担当の私が、意見の分かれたこの問題をどう決着したと思いますか? それは読んでのお楽しみ(^^) それでは2018年11月19日に中3宛てに発行した通信を紹介します。 三度(みたび) くまモン問題 学年だよりミニ101号で問題提起した、下の画…

  • 「くまモンinくまモン」「くまモンonくまモン」論争

    前回紹介した「くまモン問題」 過去最高の9人の子から返信が来ました。その子たちへのお礼は、いつものように「あなたの名前に込められている意味」です。 この回の通信では「inが正しい」という意見が多かったのですが… この後… 何が起こったか、読んでからのお楽しみです(^^) では、2018年11月7日に出した通信を紹介します。 くまモン問題 学年だよりミニ101号で問題提起した「下の画像①の状態は、『くまモン in くまモン』か『くまモン on くまモン』か」問題。 画像①「下にくまモンTシャツ、上にくまモンエプロン」 英語科の◯◯先生、◯◯先生だけでなく校長先生や塾の先生、他校の校長先生までも巻…

  • 英語クイズ「くまモンinくまモン」それとも「くまモンonくまモン」?

    前回は思いっきり数学の話だったので、苦手な人にはたいくつだったかもしれません<(_ _)> そこで今回は英語の話題です。といっても、私は英語がとても苦手です。大学も志望校の2次試験に英語がなかったのでホッとしました。もしあったら…受けてなかったかもしれません。 そんな私が、清掃時間にふと疑問に感じたことを通信に書いてみました。 すると、英語担当の先生は勿論、勤務していた学校の校長先生(専門は英語)や他校の校長先生(専門は英語)、塾の先生、留学経験のある地域の方等を巻き込んでの大論争に発展しました。 どんな論争か…2018年10月30日に書いた中3生宛ての通信をお読みください。 くまモン in …

  • 受験生へのアドバイス「入試問題の分析のしかた」

    受験前になるとよく話題になる「入試の傾向」。 本屋さんに売ってる問題集にもその手の題がついているものもよくあります。大手の塾では独自で傾向を分析しているようですし、ネットを検索するとたくさん出てきます。 そういうものを利用するのもいいのですが、もしあなたが中学校の先生だったら、一度自分なりに分析しておくと、子どもたちに話す際、言葉に力がこもります。 ただし、「数年分の問題を解いて、なんとなく傾向を感じ取る」というのは「分析」とは言えないと私は思います。以前の私はそうでしたが…(笑) さて、人を納得させられる表現力というのは、最近、文科省が求め始め2020年大学入試改革の目玉の1つ「思考力・判断…

  • 受験生へのアドバイス「雨だれより火薬より強いもの」

    前回、前々回のブログで、受験生への「雨だれ、石を穿つ」=「継続は力なり」を超えるアドバイス「コツコツとりくんで、できた穴に火薬をつめて爆破しよう」を書いた通信を紹介しました。 私が書いた「火薬をつめて爆破する」を一言で表すと、 「『コツコツ勉強する』っていう漠然としているイメージを、『1日6時間、土日はさらに多く勉強して月に200時間、勉強する』というかなり過激だけど具体的なイメージに変えろ」ってことでした。 これは私自身が経験した受験勉強にプラスして、今までのもへちゃん学級の子たちの受験勉強から生まれた経験則です。 しかし、前回の紹介した通信の最後に「火薬をつめて爆破させることなく志望校に楽…

  • 受験生へのアドバイス「『雨だれ、石を穿つ』を越えよう」②

    「雨だれ、石を穿つ」は「継続は力なり」を表す素敵な言葉です。 が、人によって努力の量が違います。 どういうことかというと、それまであまり勉強した経験が無い子にとっては1日1~2時間の勉強を継続できていたら、その子は満足してしまうかもしれません。 でもそれじゃ足りないと私は思っています。だから「雨だれ」とは違うもののイメージを、秋以降くらいからは、受験生には持たせてやりたいのです。 そのことについて中3生に書いた2018年1月11日の通信を紹介します。 雨でないもの 3学年だよりミニ13号で「残りの日々がわずかになった今こそ、雨ではないものが必要だ。」と書いた。では「雨でないもの」、「火薬」に相…

  • 受験生へのアドバイス「『雨だれ、石を穿つ』を越えよう」①

    11月になりました。中3生の担任をしていると、多くの子が自らの進路に真剣に向き合うようになってきます。 通信でも後押しするには、前々回のブログ「読書の秋…私のお勧めは、「ビックマグナム黒岩先生」…よりは、むのたけじさんの「たいまつ」かな(^^) - もへちゃん先生の学級通信」で紹介した「雨だれも続けば、石にだって穴をあける。そんなことで楽観すれば、穴が指一本はいるにすぎない寸法であることに悲観する…」を使います。 「たいまつ」の原文をそのまま紹介するのもいいのですが(前々回のブログで紹介した通信はそうでした)、自分自身の言葉になおして語るのもいいものです。 そこで今回は、2018年1月10日、…

  • ハロウィンに見る「匿名性」と、生徒会活動

    今年(2019年)の渋谷のハロウィンは9人が逮捕されたと報道されていました。 2018年は13人。 「1億円かけて4人しか減らなかったのか」とワイドショーで誰かが言ってましたが、何もしなかったら13人を上回って、来年、再来年とどんどんエスカレートしたんじゃないかなって私は思います。 そんなハロウィンのニュースは、ドンピシャな通信ネタ、いわゆる「時事ネタ」ですね。 ということで、今のところ、過去最高の逮捕者を出した2018年11月1日に発行した学年通信を紹介します。 ハロウィン 朝食を摂りながらテレビを見ていると、渋谷のハロウィンのニュースが流れていました。 10月31日のハロウィンを前にした週…

  • 読書の秋…私のお勧めは、「ビックマグナム黒岩先生」…よりは、むのたけじさんの「たいまつ」かな(^^)

    過去の通信をパラパラめくって、秋には、合唱コンクールについて書いた通信がけっこう多かったことに気づきました。 それ以外は無いのかなぁとさらに探すと…見つけました!「読書の秋」 前回に引き続き、1992年、中学3年生の担任をしていた頃の通信です。 読み直してみて、中3生には難しい内容だったかなぁと感じました。なぜなら今の私(50代)自身が「そのとおりだなぁ」としみじみ感じたからです。 でも時を隔てて今、このブログを通して、読み直してくれているあの頃の子たち(30代後半?…もう「子」ではないですね 笑)が何人かいるので、紹介する意味があるのかな? ということで、1992年10月8日の通信を紹介しま…

  • 「何にもなかった」ことをネタに、通信を書くと…

    合唱コンクールが終わったら、新人戦、地域貢献活動、スマホ安全教室、防災訓練、修学旅行、生徒会改選、実力テスト、定期テスト…学校現場は息つく暇もないほど何かしらの行事に埋め尽くされています。 毎月、似たようなものですね(T_T) それでも年に数回、「今日は何もない日だぁ」ってことがあります。 今回紹介するのは、1992年、中3生を担任していた年の10月29日に発行した通信です。 生活ノートにある子が「今日は何にもなかった」と書いてきました。よくありがちな日記かな?(^^) では「何にもなかった」ことをネタに通信を書くとしたら、あなただったらどうしますか? 何にもなかった平和な日 うわさされていた…

  • 収穫の秋、学校で収穫したサツマイモを◯◯◯イモにしてみよう

    もへちゃん先生のプチDIYシリーズ第3弾は、「サツマイモを◯◯◯イモにする」です。 ◯◯◯には漢字2文字、ひらがな1文字が入ります。何を作るかわかりますか? 今回は簡単かな?(笑) 子どもたちとサツマイモに挑戦したのはわずか2年です。 1年目はベランダで、さつまいもとゴーヤに挑戦しました。プランターや土の袋栽培です。ゴーヤはけっこう収穫できて、帰りの会で欲しい人にお土産として渡しましたが、サツマイモは思い描いた程たくさん収穫はできませんでした(T_T) 昔、家庭訪問で家庭菜園の話になり、「生ゴミを根元に置いておくと大きなイチゴができた」と聞いたことがありました。そのことを思い出した私は、実験用…

  • 収穫の秋、学校で収穫したひょうたんを◯◯にしてみよう

    もへちゃん先生のプチDIYシリーズ第2弾は、「ひょうたんを◯◯にする」です。◯◯には漢字2字が入ります。何を作るかわかりますか? 前回のブログでは、子どもたちに育ててもらったヘチマを、タワシに加工する様子をレポートした通信を紹介しました。 いきもの係の子たちとひょうたん栽培に初めて挑戦したのは2010年。 途中で枯らせてしまいましたが、それまでに実った実を用いて、ひょうたんを「水筒」に加工することにしました。 そうなんです、ひょうたんは水筒になるんです! 私の中の「ひょうたん水筒」のイメージは、若い頃見たジャッキーチェンの映画「ドランクモンキー 酔拳」の中で、お師匠様が呑んでいたお酒の入ったひ…

  • 収穫の秋、学校で収穫したヘチマを◯◯◯にしてみよう

    若い方だと「ヘチマを◯◯◯にする」にピンとこないかもしれません。 ヘチマはタワシになるんですよ! 私が小学校3~4年生の頃、ヘチマを栽培したことがありました。たぶん理科のとりくみだったと思います。 今の子たちに聞くと「ヘチマって何ですか?」と逆に質問されたりします。そして「ゴーヤなら栽培しました」とのこと。 ヘチマより早く収穫できるし、すぐに食べられるゴーヤだからでしょうか?家に持って帰って、おうちの方に喜んでもらえるのもゴーヤかもしれません。 でも私は、子どもの頃、自分で作ったヘチマタワシの「自然が作った造形美」とでも言うのでしょうか、「うわぁ、本当にタワシだぁ」と感じた時の驚きが忘れられま…

  • 行事「合唱コンクール」、終わった後が大事だと思います③「破れた時こそ!」

    合唱コンクールをはじめ、順位をつける行事では金賞(最優秀賞、1位…)を獲れないことはよくあります。というより、金賞を獲れる方が少ないのかもしれません。(私は、「金賞をよく獲る担任」だと自負していますが(^^)) 自負していても、金賞を獲れなかった年はもちろんあります。 私のプロフィールにも書いていますが、座右の銘の1つに「信じればかなう」があります。自分の中ではこの言葉の裏バージョンとして「悔しさはバネになる」って言葉も大切にしています。 目標を達成できなかったときこそ、「悔しさはバネになる」を伝える絶好の機会だと思っています。 今回、紹介するのは2006年10月30日、中学2年生の担任をして…

  • 行事「合唱コンクール」、終わった後が大事だと思います②

    前回のブログに引き続き、合唱コンクール直後の「ふりかえり」について書きます。 このころは手書きで、B4片面の通信を書いていました。でも「ふりかえり」についてたくさん書きたかったので、この日は両面となったわけです。いや、両面ではなく2枚配ったっけ…?2007年のことなので忘れちゃいました<(_ _)> もしあなたが中学校の担任の先生で、あなたのクラスが金賞を獲ったのであれば、「よくやった、君たちはすごい」というメッセージを書いてあげてください。 紹介する通信のクラスは、合唱コンクール前々日に自転車通学が発覚し、前日は合唱練習禁止というペナルティを受けました。それでも金賞を獲ったというドラマを通信…

  • 行事「合唱コンクール」、終わった後が大事だと思います①

    私は何らかの行事に子どもたちがとりくむ時、とりくみの進行に合わせてけっこうたくさん学級通信を出します。パソコンで通信を作るようになってからは、子どもたちの頑張っている姿の画像をペタペタ貼り付けて、隙間に文章をチョコチョコッと書けばできあがりです(^^) もちろん画像ばかりでなく「合唱曲の歌詞の深い意味」だったり、前回のブログで紹介した「仲間を信じて声を出せ」なども書きます。 では行事が終わった後は? 以前、クイズ「3色問題(中3レベル)」 - もへちゃん先生の学級通信で紹介した通信には、 「(博多山笠は)追い山(祭り最大の山場・簡単に言ってしまうと「タイムレース」)が終わって、その日の午前中に…

  • 音楽には疎いけれど、合唱の指導には自信ある私が、合唱コンクール直前に指導する内容(根性論ではありません 笑)

    食欲の秋、スポーツの秋、芸術の秋…、いろんな「◯◯の秋」という言葉があります。 私が今まで勤務してきた学校の全てが、この時期、「文化祭」や「合唱コンクール」といった行事にとりくんでいました。中学校ではまさに芸術の秋なのです。 音楽に疎く、「声、出せ~」とか「口、開けろ~」程度の根性論しか持っていない私ですが、『学び合い』の考え方で授業をするようになって、合唱の指導については自信満々になりました(^^) それについては合唱指導(必勝法) - もへちゃん先生の学級通信で書きましたので、興味ある方はご覧ください。 でも、「必勝法」読んでも、合唱コンクール直前だとしたらもう間に合わないかな(T_T)。…

  • ひめゆり学徒隊・宮城 喜久子さんの証言と島唄

    新天皇の即位礼正殿の儀に、沖縄の高校生・相良倫子さんが招待されたことから、前回、前々回のブログでは、2018年の沖縄慰霊の日前に出した通信を2編(相良倫子さんの「平和の詩 生きる」、THE BOOMの「島唄」)紹介しました。 島唄についての通信を紹介した前回のブログへ「ひめゆり学徒隊の方で、命からがら助かった体験談を直接聞くことができた…」というコメントをいただきました。 そう言えば、25年以上前に組合の学習会で聞いたひめゆり学徒隊・宮城 喜久子さんの講演について書いた通信があったはずだと思って探していたら…ありました! 宮城さんは、つい最近までご活躍していたと思っていましたが、調べてみると2…

  • 「島唄(THE BOOM)」の深い意味と「沖縄慰霊の日」

    前回のブログでは2018年6月23日の沖縄慰霊の日に向けて、先生方に出した通信を紹介しました。 沖縄の相良倫子さん(当時中学生)が朗読した「平和の詩 生きる」を前もって手に入れることができたので、それを担任の先生方からメッセージ発信してもらおうと思ったからです。 では私自身はその日、学年通信は出さなかったのでしょうか? いえいえそんなことはありません(^^)。2018年度に発行した学年通信は172号。毎日とは言いませんが、書ける日のほとんどは発行しました。 どんなことを書いたかというと… THE BOOMの「島唄」に込められた深い意味を書きました。それと沖縄がどうつながるのか? それは読んでの…

  • 即位礼正殿の儀に、沖縄の高校生・相良倫子さん招待

    新天皇の即位のため、祝日でしたね。 朝、見ていたワイドショーもその話題でもちきりでした。 ボーッと見ていたら、その即位礼正殿の儀に、沖縄の高校生・相良倫子さんが招待されているという話題に「えっ!?」とテレビの方に向きなおりました。 昨年の沖縄慰霊の日(2018年6月23日)の沖縄全戦没者追悼式で「平和の詩」を朗読した相良倫子さん(当時、中学生)。すごくすごく素敵な朗読だったので、名前を覚えていたのです。 昨年(2018年)、知り合いの先生が、事前に、インターネットで相良さんが「平和の詩」を朗読してるのを見つけ、その素晴らしさに感動して文字起こしをしました。そのデータを6月21日(木)の夜にくれ…

  • 解答編「3色問題(中3レベル)」

    クイズ「3色問題(中3レベル)」は2018年に出した通信です。 たった1年しか経っていませんが、2019年の夏、県教委や市教委で「思考力・判断力・表現力を養う」だとか「思考力・判断力・表現力を測るテスト問題」だとかの研修がやたらと開催されました。 2020年の教育改革がいよいよスタートするからです。 けれど『学び合い』の考え方を活かした授業をしてきた私にとっては、別段慌てることもありません。普段の授業が思考力・判断力・表現力を養うスタイルだからです。 ちなみに、クイズ「3色問題(中3レベル)」が入試に出るとすれば、正解を求めるだけではなく、「なぜその解答になるのかを説明せよ」なんてのが付け加わ…

  • クイズ「3色問題(中3レベル)」

    通信を発行していると「子どもたちや保護者がどう思ってるのだろう?」というのはやはり気になります。そこで時々クイズなんかを出してみたりして、解答を募集します。お礼はいつも「その子の名前の持つ意味」です。 今回紹介するのは、体育会が終わって出した通信です。体育会の練習期間中にふと思いついて、通信として出す機会をうかがっていました。ですが、クイズというよりは、数学であつかう確率の問題かな? 入試問題レベルにまで発展させましたが、数学の世界で有名な「3色問題」とは別物ですので、そちらを期待してここに来た方、ごめんなさい🙇‍♂️ 山解き 博多山笠の時期がそろそろやってきます。 その山笠のフィナーレは、7…

  • 「子どもたちにすすめたい歌」シリーズ⑨ 「友 ~旅立ちの時~(ゆず)」

    中学校や小学校では、卒業式で合唱することがよくあります。音楽の持つ力が最大限に発揮される時です。 人生の節目に、心に残る曲…一生忘れられない思い出になります。 今回紹介する通信を書いた年の3年生が歌った曲が、「友~旅立ちの時~」です。 友~旅立ちの時~ あと10日で卒業式 式歌「友 ~旅立ちの時~」を歌うことになりますね。 友 ~旅立ちの時~ ゆず 今、君が見上げる空は どんな色に見えていますか? 友、僕たちに出来ることは 限りあるかも知れないけれど 確かな答えなんて何一つ無い旅さ 心揺れて迷う時も ためらう気持ち、 それでも支えてくれる声が 気付けば いつもそばに 友、進むべき道の先に どん…

カテゴリー一覧
商用