私に似たあなたへ
読者になる
住所
出身
ハンドル名
竜之介さん
ブログタイトル
私に似たあなたへ
ブログURL
https://inumonekomosuki.hatenablog.com/
ブログ紹介文
毎週土曜日の19時投稿を目指します。 2年前、アスペルガー症候群だと診断を受けました。 一時期、欝との併発で精神障害者手帳2級までなってしまった、俗にいう精神障害者が書くブログです。
自由文
-
更新頻度(1年)

8回 / 48日(平均1.2回/週)

ブログ村参加:2019/08/31

竜之介さんの人気ランキング

  • IN
  • OUT
  • PV
今日 10/23 10/22 10/21 10/20 10/19 10/18 全参加数
総合ランキング(IN) 圏外 圏外 圏外 圏外 49,882位 37,637位 33,978位 975,712サイト
INポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
OUTポイント 0 0 0 0 10 10 10 30/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
メンタルヘルスブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 947位 692位 582位 28,345サイト
うつ病(鬱病) 圏外 圏外 圏外 圏外 112位 96位 79位 3,055サイト
アスペルガー症候群 圏外 圏外 圏外 圏外 23位 17位 13位 443サイト
ライフスタイルブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 4,057位 3,742位 3,603位 66,176サイト
こころの風景 圏外 圏外 圏外 圏外 44位 42位 42位 566サイト
今日 10/23 10/22 10/21 10/20 10/19 10/18 全参加数
総合ランキング(OUT) 59,871位 52,824位 49,520位 43,919位 35,131位 30,742位 31,808位 975,712サイト
INポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
OUTポイント 0 0 0 0 10 10 10 30/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
メンタルヘルスブログ 1,327位 1,142位 1,051位 896位 679位 568位 603位 28,345サイト
うつ病(鬱病) 188位 163位 152位 131位 106位 97位 99位 3,055サイト
アスペルガー症候群 32位 27位 26位 22位 19位 15位 16位 443サイト
ライフスタイルブログ 6,446位 5,947位 5,731位 5,366位 4,590位 4,280位 4,346位 66,176サイト
こころの風景 67位 65位 61位 54位 43位 39位 35位 566サイト
今日 10/23 10/22 10/21 10/20 10/19 10/18 全参加数
総合ランキング(PV) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 975,712サイト
INポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
OUTポイント 0 0 0 0 10 10 10 30/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
メンタルヘルスブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 28,345サイト
うつ病(鬱病) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 3,055サイト
アスペルガー症候群 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 443サイト
ライフスタイルブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 66,176サイト
こころの風景 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 566サイト

竜之介さんのブログ記事

1件〜30件

新機能の「ブログリーダー」を活用して、竜之介さんの読者になりませんか?

ハンドル名
竜之介さん
ブログタイトル
私に似たあなたへ
更新頻度
8回 / 48日(平均1.2回/週)
読者になる
私に似たあなたへ
  • 10月19日の更新はお休みします。

    1人暮らしを始めるため バタバタとしています。 そのため 10月19日の更新はお休みします。 ご迷惑をおかけします。

  • 親が嫌いならまずは離れるべきかもしれない

    こんばんは竜之介です。 前回の記事の冒頭を修正しました。 「お味噌汁のおいしさを文章にしたい」 と言うタイトルにも関わらず 親に対する うらみつらみのようなものが 漏れ過ぎていたように感じたからです。 いい歳をした人間が親に対して悪感情を持ち それをネットに吐き出すというのはどうしたものか と思うのですが 私は親に対して苦手意識があります。 嫌いと表現してしまうくらい嫌いなんです。 理性では判っていても 嫌いな感情を抑えきれないのです。 この嫌いまで行ってしまうことに 罪悪感を感じます。 ・・・・・ 今回の記事では この罪悪感を何とかする方法を考えていきたいと思います。 もしこの罪悪感がなけれ…

  • お味噌汁のおいしさを文章にしたい

    下記のように 変わり種の食べ物に魅力を感じる私ですが 昔からどうにも実家での食事が苦手でした。 おかげさまで 食事自体が嫌いになりかけていた私ですが 大学生になって一人暮らしはじめて 自分で好きな食材を好きな味に調理できることは幸せなんだなと初めて実感をしたことを今でも覚えています。 出来立てで耳障りな租借音もなく人目を気にしなくて良くて 実家では食べることができない べちゃべちゃでない野菜炒め好きな具材を入れることができるお味噌汁ケーキやドーナッツ、クッキーなどのお菓子フライドポテトやピザ、グラタン、ドリア等の洋風な料理 とても美味しかったです。 繰り返しになりますが自分で好きな食材を好きな…

  • 人はどうして変わり種の食べ物を求めるのか考える 後編

    前回の記事はこちら 前回は 「人はどうして変わり種の食べ物を求めるのか」と言うテーマについて ①面白さを求めているから②「まずいもの」自体には中毒性はない。と考えを書きだしました。 引き続き考えていきましょう。 ---- 3つ目に思い浮かぶのはコミュニケーションツールとしての側面です。 度胸試し罰ゲーム盛り上がりグッズ話のネタ として変わり種の食べ物というものは有用に感じます。 残念ながら私自身はコミュニケーションツールとしてあまり使うことは少ないですが 10年ほど前に流行った馬のマスクをつけた人物がハイポーションを作るという趣旨の動画や 現在も流行しているYoutuberなる人が激辛や激マズ…

  • 人はどうして変わり種の食べ物を求めるのか考える 前編

    ポンジュース・みかん・もも・パインアメ ショートケーキ・お汁粉・水ようかん味のポテトチップス。 イカスミ・スカルプD・チョコソース ショートケーキ・ハンバーガー・フライドチキン 抹茶・いなり寿司味のカップラーメン。 シチュー・ナポリタン・おっとっと味のアイス。 キュウリ・モンブラン・スイカ・あずき・シソ味の炭酸飲料。 パクチー味のチョコレート。 このような期間限定や美味しくなさそうなもの、 俗にいう変わり種をよく買ってしまいます。 (上記に上げたのは本当に美味しくないです。) 大半が美味しくないを通り越して「まずいもの」だと 何度も経験してわかっているのに、なぜ買ってしまうのか。 美味しそうな…

  • 純文学とは何なのか

    前回の記事を投稿してから 夏目漱石の「こころ」「草枕」「坊ちゃん」芥川龍之介の「羅生門」「藪の中」「蜘蛛の糸」太宰治の「人間失格」「斜陽」「走れメロス」宮沢賢治の「銀河鉄道の夜」梶井 基次 の「檸檬」の他、 芥川賞受賞作家の作品をいくつか読みました。 芥川賞受賞作家と書いたのは現代の芥川賞の作品のほとんどはAmazonUnlimitedで読めなかったからです。 https://www.amazon.co.jp/gp/bestsellers/books/769112/ こちらで受賞作家のAmazonUnlimitedに 該当する作品を調べました。 興味があったらあなたも 読んでみてもいいかもしれ…

  • 「吾輩は猫である」が嫌いだった。

    夏目漱石の作品をはじめて読んだのは、小学校の授業だったと思います。 記憶通りなら国語の教科書に載っていたのは、「吾輩は猫である」と「坊っちゃん」です。 私はこれらの作品が大嫌いでした。 「主人公の気持ちを答えろ」「作者の気持ちを考えろ」という問いに対して、間違っていると言われて嫌いになった気がします。 そんな私ですが、約10年ぶりに「吾輩は猫である」を読み直しました。https://www.amazon.co.jp/ebook/dp/B009IXLHZ2/ こちらで無料で読めます。 読破時間は3時間30分程でした。100ページ程の小説なら20分~40分で読み終わるので、324ページで3時間30…

  • 根拠のある自信をつけるためにしたこと「声と喋り方の改善」

    急にすべてに対してやる気がなくなって、起き上がれなくなるんじゃないか。といった心配が頭から離れないことがあります。 その感覚が怖くて、「自信をつけるためには何をしたらいいのか」を探して実行したことがあります。 その答えの一つは、この言葉で表現できると思います。 「人は根拠がないと自信を持つことができない。」 「これだけのことをしたから、行動する前よりは良くなったはず。 と思えるようなことをしたら、自信を持つことができる。」と言う意味だと私は受け取りました。 今回は、大学生の時に行った、「根拠のある自信をつけるためにしたこと」を書いていきたいと思います。 全て書くといつまで経っても投稿できないの…

  • ヒーローが好きだ。後編

    前回の記事の続きです。 時が流れて、私は大学に通いました。 高校を卒業する時点で全く働ける気がしない。ひいき目に見ても自分は劣っているけれど、絶対に働かないといけない。 どうせ40年働くことになるなら猶予が欲しいと思い、親に無理を言って大学に入り、大学に通うためという建前で、1人暮らしまでさせてもらいました。 挑戦したいと思っていたけれど、周囲の目が気になってできなかったことを、十分にすることができて、とても充実していました。 就職活動の時期。 もうこんなに自由な時間を持つことはできない。これから40年は働き続けないといけない。 そんな当たり前のことが、中々、受け止めることができませんでしたが…

  • ヒーローが好きだ。前編

    「子供の頃好きだったものを思い浮かべ下さい。」と言われたら、 私は『ヒーロー』を思い浮かべます。 人は幼いころから、親や周囲から「正しいこと」を教え込まれます。そして、「正しいこと」をすると、褒められます。 最初は褒められたいだけだったのかもしれません。理由は忘れてしまいましたが、私もわかりやすい勧善懲悪のヒーローが好きになりました。 そして今も、私は『ヒーロー』が好きです。 この記事では、『ヒーロー』に抱いている思い。と言うテーマで書いていきたいと思います。 幼少期の頃の、強く覚えている記憶があります。「家に帰ったら靴を脱ぎ捨て、急いで階段を上がり、兄の部屋で漫画を読んでいる」と言う記憶です…

  • 些細な自己紹介

    はじめまして 竜之介と言います。 元、介護の総合職でした。今は保険会社の事務職をしています。 どこにでもいる、18歳と数百か月のナイスガイです。 外に出たくなかったために、ブログ・アフィリエイト(アソシエイト)・ラジオ・動画制作等を行い、インターネットでお金を稼ぐ手段を18歳からの4年間模索したことがあります。 月に10~20冊程の本を読み、サブカルチャーとネットに浸りきり、時間が許す限りパソコンの前に座る生活をしてきました。 物心ついた頃から、人と向かい合って話すことが苦手過ぎて、よく文章を書いて自分の考えをまとめるようになっていました。 なので、文章を書くことが結構好きです。 そんな私です…

カテゴリー一覧
商用