平熱通信
読者になる
住所
出身
ハンドル名
平川水鳥さん
ブログタイトル
平熱通信
ブログURL
https://hints.hatenablog.com/
ブログ紹介文
日々の生活の役には立たないけれど、ふと思いついた、「あ、ちょっと面白いかも」というようなことを書いています。
自由文
-
更新頻度(1年)

12回 / 51日(平均1.6回/週)

ブログ村参加:2019/08/24

平川水鳥さんの人気ランキング

  • IN
  • OUT
  • PV
今日 10/13 10/12 10/11 10/10 10/09 10/08 全参加数
総合ランキング(IN) 48,041位 48,876位 49,133位 49,048位 49,053位 49,174位 49,315位 974,781サイト
INポイント 10 0 0 0 0 0 0 10/週
OUTポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
小説ブログ 388位 400位 396位 392位 393位 394位 395位 12,002サイト
エッセイ・随筆 40位 42位 43位 42位 42位 42位 42位 737サイト
その他ブログ 109位 114位 116位 116位 116位 119位 123位 7,712サイト
今日 10/13 10/12 10/11 10/10 10/09 10/08 全参加数
総合ランキング(OUT) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 974,781サイト
INポイント 10 0 0 0 0 0 0 10/週
OUTポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
小説ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 12,002サイト
エッセイ・随筆 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 737サイト
その他ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 7,712サイト
今日 10/13 10/12 10/11 10/10 10/09 10/08 全参加数
総合ランキング(PV) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 974,781サイト
INポイント 10 0 0 0 0 0 0 10/週
OUTポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
小説ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 12,002サイト
エッセイ・随筆 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 737サイト
その他ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 7,712サイト

平川水鳥さんのブログ記事

31件〜60件

新機能の「ブログリーダー」を活用して、平川水鳥さんの読者になりませんか?

ハンドル名
平川水鳥さん
ブログタイトル
平熱通信
更新頻度
12回 / 51日(平均1.6回/週)
読者になる
平熱通信
  • 白黒はっきりできない話。

    「フィルム」という言葉から何を連想するかと問われれば、僕などは、写真を撮るためにカメラにセットして使うアレを思い出すのだが、今現在の日本の常識、というか平均値はどのようなことになっているのだろう。 「フィルム……あ、スマートフォンの画面に貼る、保護用の?」 ……みたいな感じだったりするのだろうか。いやいやもしかすると、いまやスマートフォンに貼るもののスタンダードはガラスになってしまっているのかもしれない。まあ、個人的にはどちらでもいい話ではある。 まあともかく。 僕が今ここでいうところの「フィルム」とは、写真を撮る用のフィルムのことなのである。 今どき、という言い方をしてはいけないのかもしれな…

  • よくも悪くもルーティンワーク。

    今日に限って、乗った電車がふたつともまったく遅れたり止まったりしなかった。朝の時間帯は乗降客が多いこともあり、電車の走行に影響するようなアクシデントが起きる確率が高い。なのでいつものように、ちょっとはやめに自宅を出たところ、検査予定時刻よりも20分近く前に病院に到着してしまった。 待合室でぼんやりしていると、これまた今日に限って予定時刻よりもはやく検査をしてくれるという。はやく検査がはじまればはやく検査が終わり、その結果いつもよりはやく帰宅できる可能性もある。これはいわゆる「早起きは三文の徳」というやつなのかもしれない。それはそれとして、三文とは今の金銭感覚でいうといくらくらいなのだろう。 ……

  • タフでハードな一大事。

    会社のトイレで用を足していた時のことである。 僕の立つ位置の背面にある個室から、ずっといびきが聞こえていたのだ。その音量はそれなりに大きく、狭い個室から発せられているからか低く響いていた。 僕は、それについて、「会社のトイレでよく眠れるものだな」とは思わない者だ。 人はけっこうどこででも眠れるものだ。大事な人の葬式の最中とか、走行中のバイクの後部座席とか、看護師から手術の説明を受けている最中とか、「お、そこで寝ちゃうのかい?」というような局面でも、意外と眠れてしまうのが人間という生き物なのである。ちなみに、葬式とバイクは個人的な経験、手術の説明時のやつは、数年前に僕が手術を受けた時に家族がやら…

  • Signage! Signage!! Signage!!!(英単語を3回くり返して書くとカッコよくなると信じている世代)

    通勤途中の乗り換え駅で、突然聞こえてきた若い女性の泣き声は、早朝の構内に響きわたったのであった。 その声は、基本的に知らない人に積極的に声をかけられない僕のような人間ですら心配になってくるような悲しそうなものであった。そう思うのは僕だけではないようで、人影のまばらな構内で、あちこちを見回している人が何人かいた。 結局のところ、その声は構内にある太い柱から発せられたもので、映像や音声が流れる電子的な看板、いわゆるデジタルサイネージというやつが柱に設置されていて、そこで流されていた映画の予告編の中で、ヒロインが泣いていたのだ。 その泣き声に朝からドキドキと心配になってしまったわけで、とりあえずそう…

  • 量販店のリップル・レーザー。

    午前2時に目が覚めて、そのままなんとなく寝付けないまま朝を迎えてしまった。体は重く、頭もハッキリしない。要は心身ともに睡眠を求めている状態のはずなのだがどういうわけか眠れない。 基本的には「できることなら眠りたい」と思い続けているので、その(眠れないでいる)間は、特に何もせずぼんやりとしている。そして朝になって、「なんだかずいぶんと贅沢な時間の使い方をしちまったぜ」などと舌打ちをする。 原因はよくわからないけどそういうことはたまにあり、そういう日は一日ぼんやりと過ごすことになる。つまりは寝不足だからだ。 午後、奥さんに誘われて買い物に付き合うことにする。ヒマなら荷物持ちとして来てくれまいかとい…

  • 雨音と早起きとビスケット。

    夜中と早朝の間くらいの時刻に目が覚めて、もうすこし眠ろうかいっそ起きてしまおうかなどと考えている時に、それまで静かに降っていた雨が本降りになった。 いきなり大きくなる「さあああああ」という雨音。時々、まとわりつく雨ごと走る自動車の走行音が聞こえる。 ベッドの端、僕の足先のあるあたりで犬が仁王立ちをしている。四本足ですっくと立つその姿を「仁王立ち」といっていいのかどうかよくわからないが、窓の外を見つめるそのまなざしがきりりと男前だったので今回は「仁王立ち」でいこうと思う。ちなみに我が愛犬は女の子だ。 仁王立ちをしている彼女は、さきほどからずっと窓の外を見ている。突然大きくなった雨の音と、むわりと…

  • 禁断の果実。

    この春から服用するようになった薬には注意事項があり、なんとこれを服用している間はグレープフルーツを食べてはいけないらしい。 服用する期間は未定っちゃ未定なのだが、最低数か月、長ければ一生規模になるようだ。服用しないと体調が大変なことになるのだからこの薬を拒否するという選択肢はないものの、数か月(もしくは死ぬまで)グレープフルーツが食べられないというのはなんともさみしいことである。僕は、グレープフルーツが好きなのだ。 そもそもなぜグレープフルーツを食べてはいけないのか。 当然、それについては医師に確認しているのだが、その理由は、 「グレープフルーツを食べると、薬が効きすぎちゃうから」 ……という…

  • 裸一貫毛皮一枚。

    この文章を書いているのはいわゆる早朝という時間帯で、どうやら気温は15度くらいらしい。窓を開けると「涼しい」というより「肌寒い」風が入ってくる。 そのくせ予想最高気温は32度だか33度になるようで、アナウンサーは「服装でうまく調節してくださいね」というようなアドバイスをくれるのだが、あいにくそういう細やかなコントロールができるほど様々な装備は持ち合わせていない。せいぜい「たびびとの服」あたりが関の山で、ややかしこまったところに行くような場合に「てつのよろい」を装備するくらいのバリエーションしか所持していないのだ。だから、肌寒い思いをする未来と暑い思いをする未来のどちらかを選んで、せいぜい工夫し…

  • ないないづくしの99ブルース。

    ヒゲを剃る時に使うジェルがなくなってしまった。 これは今日中に買わないといかんなあ、などと思いつつ顔を洗い、化粧水のボトルに手を伸ばしたらこれまた空であった。 実はさきほど、コーヒー豆をきらしていたことに気付き、財布の中に紙幣が一枚もないことも確認済だ。今日はなんだかいろいろとない日のようだ。注意深く用心してやるべきことを忘れずに行動しないと細々と困ったことになりそうだ。まずはどこかでお金を下ろさなければならない。会社に行くコースの途中のどこかにATMはあったはずだ。記憶をたぐり、その場所を思い出す。 ATM立ち寄りの件以外にも、ハガキを投函する用事があったので、いつもより5分ほどはやく自宅を…

  • タブレット未使用世代認定。

    会社で僕の隣に座っている後輩とは、お互いに年齢の公表をしたことはないものの、20歳以上の差があるはずだ。 彼(後輩は男の子なのだ)は最近Androidタブレットを購入したそうで、数年ぶりに買い換えたそれはとてもキビキビと快適に動作して、もう便利で便利でしょうがない、というような話をしてくれた。 それについて僕は「それはいい買い物をしたねえ」というようなコメントをして、会話はつつがなく進行した。新しいタブレット端末がもたらす「便利な感じ」は、僕にも容易に想像できる。 その会話の最後を、彼はこんなセリフで締めくくったのであった。 「タブレット、便利ですよ。機会があったら使ってみるといいですよ」 僕…

  • トイレからごりごりと音がする。

    朝、ぼんやりと考え事をしながらコーヒー豆をミルに入れ、ごりごりと挽いているときに突然トイレに行きたくなり、ふと気づくとミルを持ったまま便座に座りコーヒー豆を挽いている、ということがある。一応書いておくがそうしょっちゅう起きることではない。記録を取っているわけではないから確実なことはいえないが、体感的には半年に一度くらいの頻度ではないだろうか。 早朝にトイレ内でコーヒー豆を挽くという状況を何回か体験して、わかったことがある。 それがどういう原因なのか解明してはいないのだが、コーヒー豆を挽くという活動と、トイレで本来行うべき行動がうまく並行して行える時とそうでもない時があるのである。 そもそも、「…

  • よい迷子になるために。

    先週の金曜日だろうか、朝の情報番組かなんかでアナウンサーの女の人が「10連休中の疲れの出る一週間でした。明日からの週末で体を休めてくださいね」というようなことを言っていた。 なかなか含蓄のあるコメントだなあ、と思う。含蓄という言葉のチョイスがこの場合に適当なのかどうかよくわからないが、ちょっと大人っぽい雰囲気が出るのではないかと思い使用してみた。背伸びをしたいお年頃なのである。背伸びも何も、年齢的には充分に大人ではあるのだが、戸籍上の年齢と実際の成熟度がキレイにシンクロしないタイプの人間というのも少なからず存在するのだ。おそらくあまりいい意味ではないほうで。 過ぎ去った10連休について感想のよ…

カテゴリー一覧
商用