FX手法マニアックぴえーの
住所
出身
ハンドル名
かたーさん
ブログタイトル
FX手法マニアックぴえーの
ブログURL
https://fxpienoshuhou.com/
ブログ紹介文
チャートの完全攻略を目指すサイト
自由文
-
更新頻度(1年)

23回 / 28日(平均5.8回/週)

ブログ村参加:2019/08/19

かたーさんの人気ランキング

  • IN
  • OUT
  • PV
今日 09/14 09/13 09/12 09/11 09/10 09/09 全参加数
総合ランキング(IN) 13,569位 14,632位 14,630位 14,636位 14,665位 14,763位 14,763位 971,995サイト
INポイント 30 20 20 20 20 20 20 150/週
OUTポイント 10 10 10 20 10 20 10 90/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
為替ブログ 228位 236位 241位 243位 239位 242位 237位 16,882サイト
海外FX 22位 23位 24位 22位 22位 22位 22位 352サイト
FX オリジナル手法 9位 9位 9位 9位 9位 9位 9位 169サイト
投資ブログ 137位 140位 140位 138位 141位 139位 136位 4,721サイト
ビットコイン 6位 6位 6位 6位 6位 5位 5位 250サイト
今日 09/14 09/13 09/12 09/11 09/10 09/09 全参加数
総合ランキング(OUT) 40,955位 39,465位 37,981位 36,653位 36,709位 35,500位 34,444位 971,995サイト
INポイント 30 20 20 20 20 20 20 150/週
OUTポイント 10 10 10 20 10 20 10 90/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
為替ブログ 518位 485位 475位 452位 452位 433位 422位 16,882サイト
海外FX 30位 27位 24位 24位 23位 21位 18位 352サイト
FX オリジナル手法 13位 13位 12位 11位 12位 11位 10位 169サイト
投資ブログ 399位 371位 362位 350位 350位 346位 319位 4,721サイト
ビットコイン 8位 8位 7位 7位 7位 7位 6位 250サイト
今日 09/14 09/13 09/12 09/11 09/10 09/09 全参加数
総合ランキング(PV) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 971,995サイト
INポイント 30 20 20 20 20 20 20 150/週
OUTポイント 10 10 10 20 10 20 10 90/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
為替ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 16,882サイト
海外FX 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 352サイト
FX オリジナル手法 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 169サイト
投資ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 4,721サイト
ビットコイン 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 250サイト

かたーさんのブログ記事

1件〜30件

  • RCI  Rank Correlation Index

    RCIとは時間と価格に順位をつけて、それぞれにどれだけ相関関係があるかを算出して、買われすぎ売られすぎを判断するテクニカル指標です。また期間の違うRCIを重ねることによってトレンドの方向、強弱、転換を判断することもできます。多くのオシレーター系テクニカル指標は価格の値幅、高値安値、終値などに着目して算出されますが、RCIは順位によって算出するという個性的なオシレーターです。RCIは-100から100の間を推移して、価格が上昇すれば100に近づいていき高値圏と判断して、下落すれば-100に近づいていき安値圏と判断します。

  • 日足と15分足EMA25のトレンドフォロー

    日足の押し戻りを狙っていきます。日足のEMA25でトレンドを確認した後に15分足でエントリーのタイミングをはかっていきます。やみくもにエントリーしていっては利益は出ないですが、15分足の動きで精度を高めていきます。勢いのある通貨、銘柄を選ぶことができれば、利益を伸ばしやすくなります。

  • ウィリアムズ%R

    Williams %R は買われすぎ、売られすぎを判断するテクニカル指標です。ラリーウィリアムズによって考案されたもので、計算に使う数値や、考え方、動きなどがストキャスティクスの%Kと非常によく似ています。

  • MACD

    MACDは指数平滑移動平均の長期と短期の2本のラインを表示して、トレンドの方向や転換などを判断するテクニカル指標です。トレンド発生時には特に有効ですが、レンジ相場には弱いというデメリットがあります。シグナルがわかりやすいので世界中のトレーダーに人気のあるテクニカル指標です。

  • レンジブレイクをボリバンとケルトナーチャネルで取っていく

    ボリンジャーバンドとケルトナーチャネルの組み合わせのスクイーズでレンジを判断して、エネルギーがたまったあとのブレイクアウトを順張りでエントリーしていきます。たんなるボリバンのスクイーズからのエクスパンションは騙しが多発しますが、ケルトナーチャネルを重ねることによってそれを回避します。

  • レンジブレイクをボリバンとケルトナーチャネルで取っていく

    ボリンジャーバンドとケルトナーチャネルの組み合わせのスクイーズでレンジを判断して、エネルギーがたまったあとのブレイクアウトを順張りでエントリーしていきます。たんなるボリバンのスクイーズからのエクスパンションは騙しが多発しますが、ケルトナーチャネルを重ねることによってそれを回避します。

  • アルーン

    アルーンはトレンドの発生と強弱を判断するテクニカル指標です。過去にどれだけ高値安値が更新されているかをもとに算出され、アルーンアップとアルーンダウンという2本のラインによって示されます。アルーンインジケーターは0~100の間に表示されます。アルーンアップとアルーンダウンが重なり揉み合っている状態は、レンジだと判断します。アルーンが100付近で張り付いていたらトレンドが発生していると判断します。

  • パーフェクトオーダーEMA5分足の押し目順張り手法

    パーフェクトオーダーによって明確なトレンドを確認して、さらに一旦押してからの反発を見てエントリーして精度を上げていきます。ドル円5分足を表示します。EMA10、30、60、100、150を表示します。はっきりとしたパーフェクトオーダーになるのを確認します。

  • パーフェクトオーダーEMA5分足の押し目順張り手法

    パーフェクトオーダーによって明確なトレンドを確認して、さらに一旦押してからの反発を見てエントリーして精度を上げていきます。ドル円5分足を表示します。EMA10、30、60、100、150を表示します。はっきりとしたパーフェクトオーダーになるのを確認します。

  • RVI Relative Vigor Index 相対活力指数

    RVIは相場のボラティリティが拡大しているのか縮小しているのかを測るテクニカル指標です。RVIが0ラインから離れ、角度が急であるほどボラティリティが大きく、0ラインに近づき、横ばいであるほどボラティリティが小さいと判断します。RVIが下げているからといって、ボラティリティが小さくなったとは限らないので注意してください。また、ボラティリティと同時に相場の方向性も見ることができます。

  • RVI Relative Vigor Index 相対活力指数

    RVIは相場のボラティリティが拡大しているのか縮小しているのかを測るテクニカル指標です。RVIが0ラインから離れ、角度が急であるほどボラティリティが大きく、0ラインに近づき、横ばいであるほどボラティリティが小さいと判断します。RVIが下げているからといって、ボラティリティが小さくなったとは限らないので注意してください。また、ボラティリティと同時に相場の方向性も見ることができます。

  • 1分足MACDとRSIで波に乗っていく

    MACDは世界中のトレーダーに大変人気のあるオシレータですが、レンジになるとダマシが頻繁に現れるというデメリットがあります。RSIでフィルターにかけることによって、精度の高いトレードを可能にします。〇トレード準備ドル円5分足チャートを表示します。EMA200を表示して方向を確認します。レートがEMA200より上にあれば買いのみ、EMA200より下にあれば売りのみです。

  • 乖離率(移動平均乖離率)

    乖離(移動平均乖離率)は価格が移動平均線とどれくらい離れているかを示したテクニカル指標です。相場の価格は移動平均から大きく離れることもありますが、やがては修正されるという考えに基づいています。一定の乖離が表れたら逆張りで仕掛けていくのが一般的な使い方です。

  • 三尊反転後をトレンドラインで逆張り

    買われすぎ売られすぎの局面でトレンドラインによってピンポイントで反発を拾っていきます。ヘッドアンドショルダーやダブルトップのネックラインを抜けて、一時的な注文が集まったときに買われすぎ売られすぎの状態が発生して、そこをトレンドラインのタッチによって反発を狙います。

  • 三尊反転後をトレンドラインで逆張り

    買われすぎ売られすぎの局面でトレンドラインによってピンポイントで反発を拾っていきます。ヘッドアンドショルダーやダブルトップのネックラインを抜けて、一時的な注文が集まったときに買われすぎ売られすぎの状態が発生して、そこをトレンドラインのタッチによって反発を狙います。

  • 三尊反転後をトレンドラインで逆張り

    買われすぎ売られすぎの局面でトレンドラインによってピンポイントで反発を拾っていきます。ヘッドアンドショルダーやダブルトップのネックラインを抜けて、一時的な注文が集まったときに買われすぎ売られすぎの状態が発生して、そこをトレンドラインのタッチによって反発を狙います。

  • ケルトナーチャネル

    ケルトナーチャネルは中央の移動平均線の上下に値幅の平均線(ATR)のラインを表示させたテクニカル指標です。値幅の平均線は過去の価格の「高値-安値」を平均したものです。ケルトナーチャネルとよく似ているエンベロープは、単純に中央の移動平均線を上下にずらしたもので、この点が2つの違いとなっています。バンドを抜けた方向に勢いがあると判断して、順張りで使うテクニカル指標です。

  • エルダーレイ ブルズパワーベアーズパワー

    ブルズパワーとベアーズパワーによって買い圧力が強いか、売り圧力が強いかを判断するテクニカル指標で、アレクサンダー・エルダーが考案したものです。ブルは買い圧力、ベアは売り圧力を表します。過去の平均価格と現在の高値安値を比較することで、潜在的な買い圧力と売り圧力を読み取ろうとする狙いがあります。上昇していれば買い圧力が強い、下降していれば売り圧力が強いと判断します。

  • 日足EMAのシンプルトレンドフォロー

    日足のEMA25を見て直近の流れを見ます。流れに沿った方向にブレイクしたところをエントリーしていきますが、タイミングは欧州、アメリカ時間のボラの大きい時間に限ります。東京時間ではレジスタンス、サポートで止まってしまうことも多いですが、欧州、アメリカ時間では意図してブレイクさせるような注文が大量に入ってきます。ブレイクして加速していくところを乗っかっていきます。

  • 平均足とEMAで押し目

    平均足で押し目の初動を拾っていきます。EMAでトレンドを見て、十分引き付けて、だましを回避していきます。利確は損切の3倍にして、トータルで利益が残るようにします。

  • 2つのパラボリックSARでトレンドフォロー

    パラボリックを使ったトレンドフォローの手法です。2つのパラボリックによって、トレンドの強さと反発の強さを同時に見ます。反発をピンポイントで狙って、損失は小さくしますが、利益は目一杯伸ばしていきます。

  • パラボリックSAR

    トレンドの転換点をみる指標です。SARはストップアンドリバースの略です。ストップはポジションを決済すること、リバースはドテンすることです。常にポジションを持ち続け、サインがでたらドテンするのが本来のパラボリックSARの使い方ですが、状況に応じて無理にポジションを取る必要はありません。

  • 1時間足ブレイクの後に1分足ボリバンでエントリー

    1時間足で実体ブレイクして勢いが強まった後に、さらに1分足で勢いのあるところでエントリーしていきます。勢いが続けばそのまま利益を伸ばしていき、反発を見せたら最小の損失ですぐに切ります。

  • 1時間足ブレイクの後に1分足ボリバンでエントリー

    1時間足で実体ブレイクして勢いが強まった後に、さらに1分足で勢いのあるところでエントリーしていきます。勢いが続けばそのまま利益を伸ばしていき、反発を見せたら最小の損失ですぐに切ります。

  • ボリンジャーバンド

    ボリンジャーバンドは相場の勢い、反転、方向の目安を見るテクニカル指標で、標準偏差と正規分布の考え方によって算出されたバンドが表示されます。バンドに張り付いた状態(バンドウォークと言います)になると、勢いがあると判断して順張りのサインです。

  • エルダーレイヒゲの逆張り

    ヒゲになったところの反転を狙って取っていきます。エルダーレイによって買い圧力と売り圧力を読み取り、反転の可能性の高いヒゲを確認してエントリーします。

  • エルダーレイヒゲの逆張り

    ヒゲになったところの反転を狙って取っていきます。エルダーレイによって買い圧力と売り圧力を読み取り、反転の可能性の高いヒゲを確認してエントリーします。

  • フィボナッチのタッチから押し目エントリーで勝つ

    大きく動いた後の押し戻りをフィボナッチによってスキャルピングしていきます。チャンスは少ないですが、手堅く取れるところを逃さずエントリーしていきます。

  • アクセラレーターオシレーター  AC   Accelerator Oscillator

    ACが0ラインより下で緑のラインが2本続いたとき買いサインです。ACが0ラインより上で赤のラインが2本続いたとき売りサインです。ACは移動平均の差から、さらに移動平均の差を取って計算するため、MACDからさらにMACDを算出したようなテクニカル指標です。