うつしるべ
住所
出身
ハンドル名
うつ男さん
ブログタイトル
うつしるべ
ブログURL
http://utu-sirube.com
ブログ紹介文
うつ病をわかりやすく解説する専門サイトです☆ うつ状態から双極性障害Ⅱ型になった30代の体験談をはじめ、精神疾患経験者だからわかる悩みや、類似する病気、適応障害、パニック障害、統合失調症、関連する気質「HSP」なども取り上げるブログ。
自由文
-
更新頻度(1年)

5回 / 5日(平均7.0回/週)

ブログ村参加:2019/08/13

うつ男さんの人気ランキング

  • IN
  • OUT
  • PV
今日 08/18 08/17 08/16 08/15 08/14 08/13 全参加数
総合ランキング(IN) 12,007位 14,747位 17,651位 31,107位 34,549位 40,090位 48,425位 969,274サイト
INポイント 30 30 60 10 10 10 10 160/週
OUTポイント 120 80 80 60 50 40 0 430/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
メンタルヘルスブログ 133位 170位 214位 458位 547位 678位 870位 28,105サイト
うつ病(鬱病) 12位 13位 17位 34位 48位 65位 86位 3,026サイト
今日 08/18 08/17 08/16 08/15 08/14 08/13 全参加数
総合ランキング(OUT) 18,016位 22,527位 26,410位 33,096位 41,865位 56,293位 圏外 969,274サイト
INポイント 30 30 60 10 10 10 10 160/週
OUTポイント 120 80 80 60 50 40 0 430/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
メンタルヘルスブログ 254位 345位 427位 577位 793位 1,158位 圏外 28,105サイト
うつ病(鬱病) 21位 31位 41位 51位 78位 107位 圏外 3,026サイト
今日 08/18 08/17 08/16 08/15 08/14 08/13 全参加数
総合ランキング(PV) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 969,274サイト
INポイント 30 30 60 10 10 10 10 160/週
OUTポイント 120 80 80 60 50 40 0 430/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
メンタルヘルスブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 28,105サイト
うつ病(鬱病) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 3,026サイト

うつ男さんのブログ記事

  • うつ病が治るまでの期間(時間)はどれくらい?半年は嘘!【体験談】

    今回はうつ病(鬱病)を実際に体験した僕が「治るまでの期間(時間)はどれくらい?」と言う疑問にお答えしたいと思います。 インターネットの情報を見ていると「1ヵ月で治った」「3ヵ月で治った」「半年で治った」・・・色々な説がありますよね。 果たしてこれらの話は本当なのか? それとも嘘なのか? 僕の精神疾患の体験談を踏まえて話したいと思います。

  • 双極性障害(躁うつ病)とは?わかりやすく簡単に説明【1型、2型】

    「双極性障害(そうきょくせいしょうがい)とは何?」 昔は「躁うつ病(そううつびょう)」と呼ばれていた精神疾患ですが、うつ病に比べて知名度は低いですよね(;^_^A しかも、メンタル系のサイトを見ても、内容が難しくてイマイチわからない。 今回はそんな僕も現在闘病中の病気について、1型・Ⅱ型の種類も含めてわかりやすく簡単に説明・解説したいと思います。

  • うつ病に「なりやすい人」と「なりにくい人」性格の共通点がコレ!!

    うつ病(鬱病)は、その人の性格によって「なりやすい人(かかりやすい人)」「なりにくい人(かかりにくい人)」が分かれます。 では、どんな共通点があるのか? 当事者である僕が経験を踏まえて調べた結果、驚きの内容でした! あなたや、あなたの大切な人が精神疾患の症状に悩んでいるのなら、自分の性格を分析する良い機会でもあると思うので、是非ご覧下さい。

  • 【うつ病段階チェック】ステージ1~最終まで!治るには早期発見!!

    うつ病(鬱病)になった事が無い人は当然、周囲に精神疾患経験者がいない人は、イマイチ症状がどんなものかわからないと思います。 そこで今回はうつ病の症状における「段階チェック」を作ってみました。 ステージ1~最終ステージ(ステージ5)まであります。 治る為には早期発見が大切なので、ご自身や周囲の人が該当する様なら、なるべく早いウチに「精神科」「心療内科」への受診を勧めて下さい。

  • 【うつ病は繰り返す】高い再発確率と原因、予防期の防止対策!!

    実はうつ病(鬱病)って再発を繰り返す確率が高いんです。 原因はそれぞれ違いますが、多くの場合は仕事や人間関係が絡んでいますね。 そこで、今回は「うつ病の再発率と原因」、そして「うつ病が一度治ったけど再発してしまった・・」、または「再発が怖い・・」と言う方に向けて予防期の防止対策についての記事を書いてみます。 容体が良くなり、「これからまた失った時間を取り戻すぞ!」とやる気を出した人に対して、あまり水を差すような事は言いたくはありませんが、中には再発の不安を感じながら仕事をはじめたりしている人も多いと思います。 今後病気と無縁の生活を続けていってもらう為にも本記事を読み、是非予防策を身に付けていただけたら幸いです。

  • うつ病の雨は気持ちが沈むしつらい・・。鬱症状が悪化する3つの原因

    うつ病(鬱病)の人は雨の日に気持ちが沈む方が多いです。 特に梅雨時期なんかはつらい鬱症状がさらに悪化する事がありますね。 この記事を作成している8月13日は、時期的にはちょうど梅雨が明ける頃なので今更感は否めませんが、今回は「どうして雨はうつ病と相性が悪いのか?」の原因を解説したいと思います。

  • うつ病(鬱病)でロックなどの音楽が聴けない時、絶対にNGな事!!

    僕の体験談なのですが、うつ病(鬱病)になってから昔大好きだった音楽、特にロックが何故か聴けない(聴く気になれない)時期がありました。 精神疾患はあなたの楽しみでもある趣味をも拒み、奪います。 「何故か以前好きだった音楽を聴くとイライラする・・」 「趣味も何も、やる気がおきない・・」 もしかすると、同じ悩みを持つ方がいるかも知れませんが、今回はそんな時絶対に避けた方が良い「NGな事」について話したいと思います。

  • 適応障害とは何?うつ病へ移行や併発は?鬱との鑑別もわかりやすく!

    「適応障害とは何?」 僕は自分の経験した病気「うつ病」や「双極性障害Ⅱ型」ならある程度知識がありますが、実はそれ以外の精神疾患にはそれほど詳しいワケでは無く、「適応障害」はうつ病と同じような病気だと考えていました。 しかし、実際にはかなり違う病気である事が判明!! 精神疾患は当事者や支える側の立場にならないと、中々興味が沸かないものです。 ・・・と言うワケで今回は「適応障害」についてと、うつ病やその他の精神疾患との関係(移行や併発)、鬱病との鑑別に関してもできるだけわかりやすく簡単に解説していきたいと思います。

  • アロマテラピーとは?うつ病(鬱病)に効果的でおすすめされる理由!

    「アロマテラピーはうつ病(鬱病)に効果的なんですよ」 ・・・こんな話を医療に携わる方に聞きました。 正直、僕は実際に試した事が無いのでなんとも言えないのですが、中には興味がある方もいるかも知れません。 そこで今回は「アロマテラピーとは?」についてと、「うつ病にはアロマテラピーが効果的」と言われ、医療関係者がおすすめする根拠を解説したいと思います。

  • 鬱病目線の「ツレがうつになりまして」、あとでの意味【ネタバレ有】

    精神疾患を題材にした映画は意外と多くありますが、その中でも日本で有名なのは「ツレがうつになりまして。」ではないでしょうか? 本が原作ですが、後にテレビドラマ化もされ大ヒットとなった作品です。 また、ネットの検索窓にこの映画のタイトルを打ち込み、スペースを空けると「あとで」「あとでの意味」と言うワードが出現します。 この謎ワードの秘密とは? 今回はうつ病(鬱病)経験者の僕が観たこの作品のあらすじ、そして気になる「あとでの意味」の解明について、その後は結末まで映画を観た感想(ネタバレ有り)を書いてみたいと思います。

  • 当事者だからわかる!うつ病(鬱病)が本を読めない唯一で本当の原因

    僕はうつ病(鬱病)と闘病してから、本を殆ど読めていません。 病気について詳しく知ろうと、いくつか購入はしました。 しかし、実際は本当に読む気にはなれず、結局部屋の中でホコリを被り積み上がってしまったまま。 記事をご覧になっているあなたも同じかも知れません。 今回は「本を読めない理由と原因(理由)」を書いていきます。

  • 【うつ病が教える】精神科や心療内科の選ぶ基準(ポイント)と探し方

    僕が最初にうつ病(鬱病)の症状がではじめた時、結局病院の選び方は適当でした。 結果的に親身に相談してくれる病院だったから良かったものの、本当に運が良かった。 精神科や心療内科の選ぶポイントを間違えてしまうと、通院が続かなくなる事もあります。 そこで今回は精神疾患当事者の僕が、経験から学んだ病院探しの基準やコツと、探し方をお教えしたいと思います。

  • うつ病は精神科と心療内科どっちに行けば良い?神経内科との違いも!

    後日「うつ病だった」とわかるワケですが、僕が自分の心身の異変(不調)に気付いた時、普通の総合病院へ行けば良いのか、はたまた「精神科?」「心療内科?」と、どっちへ行けば良いのか違いがわかりませんでした。 他にも「神経科」「神経内科」「精神神経科」なんて科もありますが、これまたサッパリです(;'∀')ワカラン。 この記事をご覧になっているあなたも同じ理由で迷ったり悩んだりしているかも知れません。 ・・・と言うワケで、今回の記事では「うつ病の際に行くべき病院」と「精神科と心療内科、神経科と神経内科の違い」を解説したいと思います。

  • セロトニンを増やす簡単な方法3選【重度うつ病(鬱病)でも可能!】

    先日の記事で「セロトニンとは?」について、わかりやすく説明しました。 今回はセロトニンを簡単に増やす方法を「食事」「日光浴」「リズム運動」3つのやり方に分けて紹介したいと思います。 尚、重度のうつ病(鬱病)の方でも可能なやり方を記載しているので、セロトニンを増やしたい方は必見です。

  • うつ病(鬱)とはどんな病気?厚生労働省より簡単にわかりやすく説明

    「うつ病(鬱病)とはどんな病気?」 病名はだいぶ世の中に浸透しましたが、うつ病を簡単に説明できる人は少ないのでは無いでしょうか? 厚生労働省のHPで調べても、やや難しい文字や表現がズラッと羅列されていて、正直、心身が疲れ果て、頭が働かない僕は読む気になれませんでした。 今回の記事は過去の僕に教えるイメージで「厚生労働省よりも簡単に」を目指し、うつ病と症状をわかりやすく説明・解説しています。 「精神疾患はわかりにくい・・」と感じている方は、必見の内容を是非ご覧下さい。