2811のブログ
住所
出身
ハンドル名
ryuさん
ブログタイトル
2811のブログ
ブログURL
https://2811.muragon.com/
ブログ紹介文
自由文
-
更新頻度(1年)

7回 / 10日(平均4.9回/週)

ブログ村参加:2019/08/13

ryuさんの人気ランキング

  • IN
  • OUT
  • PV
今日 08/22 08/21 08/20 08/19 08/18 08/17 全参加数
総合ランキング(IN) 圏外 圏外 圏外 47,479位 45,849位 45,594位 45,393位 969,562サイト
INポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
OUTポイント 0 10 0 0 0 10 10 30/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
ポエムブログ 圏外 圏外 圏外 195位 187位 192位 190位 5,872サイト
日常詩 圏外 圏外 圏外 5位 4位 4位 4位 224サイト
今日 08/22 08/21 08/20 08/19 08/18 08/17 全参加数
総合ランキング(OUT) 61,125位 58,510位 58,585位 50,370位 44,786位 44,531位 46,924位 969,562サイト
INポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
OUTポイント 0 10 0 0 0 10 10 30/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
ポエムブログ 203位 179位 175位 132位 107位 109位 122位 5,872サイト
日常詩 7位 7位 4位 3位 2位 2位 2位 224サイト
今日 08/22 08/21 08/20 08/19 08/18 08/17 全参加数
総合ランキング(PV) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 969,562サイト
INポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
OUTポイント 0 10 0 0 0 10 10 30/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
ポエムブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 5,872サイト
日常詩 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 224サイト

ryuさんのブログ記事

  • メロディーちゃんへ

    もじゃもじゃした姿の君に花を贈る 愛くるしい瞳の君に花を贈る 僕のベランダに咲いた白い花を贈る 女の子だから白い花が似合うと想うよ 女の子は花が好きだと想ったから 君に僕の詩を贈る 君にはまだ恋犬がいないようだから 僕が書いた詩を君に贈るよ 哀しい時 寂しい時 嬉しく時 そ...

  • 花の咲くあわれより 花の散るあわれより 花の変わる時にこそいとあわれなり その花の可憐さ故の美しさ その花の優しさ故の美しさ その花の儚さ故の美しさ その花の強さ故の美しさ その花の純粋さ故の美しさ 僕は 酒と音楽と詩で その美の神髄を 女の顔に観る

  • 振り向いて

    寂しくて辛くて孤独に耐えきれずに 逃げだしたくて暴走列車に乗った 暴走列車のスピード感に浸っている。 お金を握りしめ 夢を追いかけ 欲望を胸に行き先のわからない暴走列車に乗っている ひとつだけ忘れ物はあなたの心。 後を振り返ってごらん あなたの心があなたを追いかけてくる姿を...

  • 優しい女神

    お互いの名前さえ知らない お互いの顔さえ知らない お互いの過去さえ知らない ここはお互いを何も知ろうとしない世界 ここはお互いに偽りの戯れを求め合う世界 ここはお互いの概念を破壊しようとする世界 ここには愛はない ただ、男と女が肌と肌を重ね合わせる世界 それでも、あなたは ...

  • 私は女優

    私は悦びを演じる女 私は哀しみを演じる女 私は刹那さを演じる女 時には官能の世界も 時には魂の世界も 私の言葉と私の身と私の心で演じきる女。 私は誠実な女 私は嘘つきな女 私は強い女 私は弱い女 女を演じる私も私 愛を演じる私も私。 私は私の真を演じたい 私は私の愛を育みた...

  • あなたと共に生きたい。

    初めまして、私「Ryu」と申します。 今、子供達や若者達は厳しい現実に置かれております。中には身と心のバランスを壊す人、道を踏み外す人、自らの命を絶とうとする人。その様な事を知る度、私は悲しくなります。苦しい環境にあっても「言葉」を通して自分自身を見つめ直して欲しい。自らの...

  • 朝の目覚め

    朝、目覚めたら今日も生きていられる事 食べ物は肉体と魂の生きる糧である事 夜、寝る時は明日も生きられる事 人生はその連続である事 苦しみを苦しみと想いたくない 哀しみを哀しみと想いたくない 生きる事は自分を苦しめる事 そして、人をも傷つけてしまう事 それは、誰も同じ事 時々...