searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE

あきらさんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
レス・ウェイスト・ゲーム
ブログURL
https://www.murr-ma.work/
ブログ紹介文
プラスチックごみやごみ全般を減らしたい。なんなら持ち物も減らしたい。 物とごみと省ける手間暇を減らして、身軽に暮らしたいものぐさ人間の備忘録です。
更新頻度(1年)

17回 / 365日(平均0.3回/週)

ブログ村参加:2019/08/11

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、あきらさんの読者になりませんか?

ハンドル名
あきらさん
ブログタイトル
レス・ウェイスト・ゲーム
更新頻度
17回 / 365日(平均0.3回/週)
読者になる
レス・ウェイスト・ゲーム

あきらさんの新着記事

1件〜30件

  • 食卓は世界に繋がっている、という話。【野菜の定期便】

    こんにちは。 陽射しの心地よい日々が続いていますね。 なんだか久しぶりに暮らしのことについて書きたくなったので、今日はのんびり、ごはんのお話でもしようと思います。 どうして食べものの話かというと、ここ最近、野菜の定期配送をしてもらうようになったから。 そしてその、元気で美味しいお野菜たちに心身の栄養を与えてもらいながら、食べることってつくづく、生きることと繋がっているんだなぁ、と深く感じ入ったから。 食べることは生きること。 食べ方や暮らし方は、知らず色濃く、生き方そのものへの思いを映し出していて。 その目線で思い返すと、なるほど、この1年の私の食の変化は、確かに私の中にある知識と考え方の変化…

  • 「量り売りショップ潜在需要調査」中間報告:後篇(記載途中)

    こんにちは。 長らくお待たせしました、「量り売りショップ潜在需要調査」の中間集計、後篇です。 前回分はこちら。 www.murr-ma.work とかいいながらすみません、まだ記載は途中です! 空き時間を探して少しずつ書き進めている現状なので、書きあがりを待っていたらさらにお待たせしてしまう……ということで、ひとまず書けたところから順次共有させて下さい。 それでは今回も、前回同様309名分の集計結果にみていきましょう~ 量り売りでは何を買いたい? 1. 量り売りは購買のきっかけになるか? ドライフルーツ、洗剤 各13票 ナッツ 11票、コーヒー豆 8票、お菓子 8票 調味料 8票、米 7票、豆…

  • 「量り売りショップ潜在需要調査」中間報告:前篇

    www.murr-ma.work 先日、こちらの記事とTwitterでご協力を呼び掛けた、「量り売りショップ潜在需要調査」。 お陰様でたくさんの方にご回答頂きました。ありがとうございます! 本日は、その中間集計のご報告です。 さて、さっそく本題に入る……前に、まずは誤解なきよう一応のご説明を。 上の投稿にもある通り、私はどこにでもいる一消費者です。 仕事はニッチな専門職なので、企業勤めの経験もなく、経済や販売、マーケティングについては素人もド素人。 加えて今年は色々あって、博士論文を書くべく退職して実験系の研究室に入ったのに、社会人としての勤務時間は何なら去年より増えてへん? ……という、よう…

  • 「量り売りショップ潜在需要調査」はじめました。【大人の自由研究】

    こんにちは。 本日の記事は宣伝です!(堂々と) forms.gle ゼロ・ウェイスター憧れの量り売りショップ(バルク・ショップ)。 この潜在的需要について調べてみよう、と突如として思い立ち、ノリと勢いでアンケートを作成しました。 ここではごく簡単に、アンケートを作ろうと思い立った動機と経緯について、ご説明したいと思います。 量り売りショップとは ①パッケージごみが削減できる ➁必要な分だけ購入できる ③良質な商品が手に入る 「量り売りショップが増えてほしなぁ」→需要はある 「バルク・ショップをやりたいなぁ」→供給したい人もいる 小売店の抱えるリスク(素人目線) 声は集まれば力になる 量り売りシ…

  • 勉強熱心なあなたへ【論文は答えじゃないという話】

    ご無沙汰しています。 ブログも随分サボってしまって、ゼロ・ウェイスト的に書きたいあれこれも溜まっている現状なのですが…… 本日は、以前からうっすらと気になっていた「論文」についてのあれこれを、少しまとめてみようと思います。 と言っても、環境問題についての重要な文献をレビューする……といった趣のものではなくて。 「論文」とはそもそもどういうものなのか? どう受け止めて、自分の日々の中にどう落とし込んでいけばいいのか? その辺りについて、一度思うところを話してみたいなぁと考えたのでした。 環境問題に取り組んでいる方は、とても勉強熱心な方が多いと感じます。 本やインターネットで勉強していると「論文で…

  • ふるさと納税を環境問題から考えてみた【国産/産地直送/使徒の見える税金】

    皆さん、ふるさと納税を利用されたことはありますか? 税金を自分が応援したい市町村に寄付した後、所定の手続きをすれば、住民税の控除や所得税の還付が受けられるこの制度。 寄付額の3割程度の価格に相当する「返礼品」が貰えるとあって、節税目的で活用している方も結構いらっしゃるかと思います。 私自身、かれこれ4、5年は利用していますが、改めて振り返ってみると、その間に活用の仕方が随分と変わったことに気づきました。 特に、環境問題に積極的に取り組むようになってからは、自治体や返礼品を選ぶ目線はガラリと変化しました。 誰もがやってみて損はないふるさと納税。 本日は私の、活用法の変遷についてまとめてみます。 …

  • 2代目キエーロをご紹介します【一人暮らしのベランダコンポスト】

    お久しキエーロ。 さて、今春に引っ越しを終えたわが家ですが、一緒にお引っ越し予定だった初代キエーロ(コンポストの一種)を破損してしまった……という残念なトラブルのため、4月は久々にコンポスト・レス生活を送っていました。 それでも、野菜の可食部を食い尽くしたり、ベジブロスを作ったり、 www.murr-ma.work 毎日出るコーヒーかすをあれこれ再利用したり www.murr-ma.work 果てはお茶殻まで食べはじめたり www.murr-ma.work あの手この手でごみ削減を試みた成果もあり、4月期の生ごみ量は400ccのヨーグルトパックに収まる程度。 ちょいちょい振りかけていたコーヒー…

  • 私のゼロ・ウェイスト生理ライフ【プラスチック・フリー】

    こんにちは。 生理が来たぞぼへぇ〜。な今日この頃。 以前は生理(月経ね)というとただただ憂うつだったのですが、最近は体調との折り合いもまずまずつくようになって、比較的穏やかな気分で自分のからだと向き合えている気がします。 月経カップと布ナプキンの併用で、使い捨てナプキンをまったく使わなくなって半年ほど。 その間に、生活習慣や環境も様々に変わってきました。 何のお陰なのか、原因を一つに絞り込むことは難しいですが、心身のバランスは、着実に良い方向に変化しているようです。 そんなわけで本日は、私の月経時期の過ごし方について、整理してみます。 生々しい話はちょっと……という方もいらっしゃると思いますし…

  • お茶を食べ尽くす【生ごみ削減/お茶殻クッキング】

    こんにちは。 最近、引っ越しのバタバタで一時中断していたコンポストを再開しました。 (詳しくはまた別記事でご報告します) コンポストのお世話をしていると、やはり日々の生ごみに対するセンサー感度が一段上がる感じがします。 量とか、内容とかね。 あと、コンポストをお休みしていたときは、少しでもゴミが出ないように無意識に、可食部の多い食品を選んでいたみたいです。 再開してからまず買ったのがジャガイモでしたからね。その後、コンポスト内はあっという間に皮で埋め尽くされました。笑 コンポストの処理能力には限界があるので、わが家のようなミニ・キエーロもどき運用で自転車操業している家庭では、捨てる生ごみの量が…

  • いま私が、ムーミン童話を読む理由。

    こんにちは。 Twitterではちょこちょこお話していましたが、私むるま、この春に引っ越をしました。 居住地が変わったことに加え、離職し学生の身分になったことで、生活のリズムも少なからず変化したかな。 人員の問題もありすぐには現場を退けないのですが、働きはじめてからずっと、365日24時間常に呼び出しに備えるような生活をしていたので、やっと久々に、少しずつ、張り詰めた心をほぐす練習をしているような日々です。 そうして、溜まった膿を吐き出し、擦り減った心身が少しずつ生気を取り戻していく中で、本の選び方や、受け取り方も、少しく変化していることに気づきました。 以前は、感情を揺らすことがしんどくて、…

  • ガーゼケットと過ごす1年【オールシーズン/プラスチックフリーな寝具】

    急に暑くなってきた今日この頃。 掛け布団のしまいどきを思案しながら、そういえば、ガーゼケットを買ってからそろそろ1年近くなるんだなぁ、と思い出しました。 去年の夏。 ずっと使っていたタオルケットがボロボロになって、買い替えを考えていた時、ふと思いついて候補に入れたガーゼケット。 夏から秋冬、そして春と、1年間一緒に過ごして、今ではすっかりなくてはならない存在になりました。 そして代わりに、これまで使っていた古いタオルケットや、冬の化繊毛布は、すっきりと手放すことができました。 本日はそんな、私の相棒をご紹介します。 ガーゼケットとタオルケット ガーゼケットで過ごす夏 ① 感動的な軽さ ② 汗さ…

  • フィンランドでも考えた〜労働と少子化に関するあれこれ

    アイスランドに旅してからはや3ヶ月。 全く旅行記になっていないこの物思いの記は、今回で一旦最終回かな、と考えています。(まだまだ考えごとは尽きませんが、キリがないので) 今までの記事はこちら www.murr-ma.work www.murr-ma.work www.murr-ma.work www.murr-ma.work この記事を書いている現在、日本は5月5日。こどもの日です。 そこで、というわけでもありませんが本日は、少子化問題についてのあれこれを。 小国 アイスランド アイスランドは、ごく小さな国です。 国土は北海道の1.3倍ほどの広さ。 以前にも書いた通り、溶岩土に覆われた不毛の大…

  • アイスランドで考えた③責任と助け合いに関するあれこれ

    ご無沙汰です。 もう随分と時間が経ってしまったけれど、久々にアイスランド旅行の話を。 さて。 アイスランドを訪れる人の多くがそうであるように、今回の私の旅の目的も、その豊かな自然を体感することでした。 空港からレイキャヴィークに向かう途中、ブルーラグーン(人工の巨大な温泉施設)でフライトの疲れを癒し。 翌日から意気込んで参加したのは、南部から東部にかけての氷河地帯を巡る3日間の現地ツアー。 まだ暗い朝方、ソワソワと落ち着きなくピックアップ場所に佇む私を迎えてくれたのは、声も笑顔も体格もダイナミックな、気のいいバイキングでした。 コンパクトなマイクロバスに乗り込んで、荒凉たる溶岩石の島国を巡った…

  • 番外:アイスランド以外でも考えた 〜「思いやり」についてのあれやこれや

    さて。 今回のアイスランド旅行は、私にとってはじめてのアイスランド上陸でした。 と同時に、とっても久しぶりの海外旅行でもありました。 トランジットを含め、7泊9日の長期旅行。 行きはイギリス、帰りはフィンランドを経由して。折角なので、初めて訪れるロンドンとヘルシンキも軽くお散歩してみたり。 摘み食い程度ですが、色んな国の空気を吸えたのは、とてもいい気分転換になりました。 そうやって3つの国をぶらぶらする間、「あれ? 私ってこんなに軽やかな気持ちでいられるの?」と驚くくらい、すごーく身軽な気分で日々を過ごしている自分がいました。 もちろん、仕事やその他もろもろの、日々のしがらみからの開放感、とか…

  • ひとり暮らしのローリングストック【無理なくできる食糧備蓄】

    毎日コロナ、コロナですね。 飛び交う情報に、置きどころのない不安を感じている方も少なくないと思います。 かくいう私も、己は己でできる備えをして後はどんと構えていよう、と思いながらも、浮き足立つ人々を見て「何かできることはないかしら」と、一緒に浮き足立ってみたり。 そこで……という訳でもないですが、今日はわが家の食糧備蓄事情について、まとめてみたいと思います。 元々、東海地震が来るぞ来るぞと脅される地域で育った人間なので、災害時の備えはしている方なのですが。 昨年の千葉の台風やその後の長期的な停電を見てからは、長期戦を見込んだ備えが必要だな、と一層の試行錯誤をしました。 というわけで、今回は20…

  • アイスランドで考えた② 「地球」と人とに関するあれこれ

    アイスランド最終日は荒天に見舞われ、ツアーで一緒になった仲間の中には、飛行機がキャンセルになった人もチラホラ。 幸い私の予約していた便は4時間遅れで飛んでくれるようなので、夜のケプラヴィーク空港で搭乗時間を待ちながら、ぽつりぽつりと書いています。 (そして帰国後にupしています笑) そんな感じでもう帰路に着こうというのに、今日はもう一つだけ、予習(?)で読んだ本を紹介させて下さい。 地底旅行 (岩波文庫) 言わずと知れたSFの父、ジュール・ヴェルヌの冒険小説です。 私は見ていないのですが、『センター・オブ・ジ・アース』のタイトルで、ディズニーが映画化したこともあるそうです。 ヴェルヌと言えば、…

  • アイスランドで考えた① 気候と食とに関するあれこれ

    さてさて、ご無沙汰しています。 相変わらず公私ともに色々なことがあって、色々なことを考える中で、書きかけの記事ばかりが積もっていく今日この頃。 何はともあれ私は今、極北の地、アイスランドに来ています。(もう帰るけどね) 「飛び恥」なんて言葉があるのは承知の上で。 それでもずっと以前から訪れたいと、事あるごとにスケジュールと睨めっこして。 今を逃せばいつ巡ってくるかわからない、千載一遇のチャンスが訪れたのが正に今。 ハイシーズンの夏ではなく冬に、というのも、アイスランドについて知った最初から望んでいたことでした。 時折乾くように、敢えて自然の厳しさにふれるような旅をしたいと思うことがあります。 …

  • どうして甘酒をつくりたかったのか?②【ウォーター・フットプリントの話】

    www.murr-ma.work 先日は、牛乳生産に関わる温室効果ガスの排出が気になって、代替ミルクを探し求めていたんだよね〜。 というあたりのお話をしました。 では、温室効果ガス排出の少ない植物性ミルクを消費していれば、万事解決か? どうも、そうとばかりは言えなさそうだぞ、と感じるに至った経緯を、今日はシェアさせてもらいますね。 アーモンドミルクはエコロジーなのか? 「バーチャル・ウォーター」のこと 「ウォーター・フットプリント」のこと 総括:わが家の甘酒コーヒーをどう考えるか まとめ アーモンドミルクはエコロジーなのか? 牛乳消費を控えられないだろうか、と考えた当初、多くの方が恐らくそうで…

  • どうして甘酒をつくったのか?【カーボン・フットプリントの話】

    www.murr-ma.work 第一回甘酒づくりがまずまずいい感じに成功して、ニヨニヨな今日この頃です。 ライスミルクが牛乳の代替品として機能するなら、コーヒーに甘酒入れても、甘くて美味しいカフェオレ風に仕上がるんちゃう? という目論見が当初からあったのですが、うん、いいよー。 好みは分かれるかもしれませんが、甘酒コーヒー、元気が出るお味で私の中ではアリ寄りのアリです。 ブドウ糖の直線的な甘味はパンチが強いので、個人的にはやっぱり、もう少し発酵時間短くさっぱり仕上げる方が好みかな。 甘さ控えめにしたら料理にも使えそう。 そして、今のところ一番のお気に入りは、甘酒オートミール。 お湯でふやかし…

  • 甘酒つくってみた。【手作りしたい部 for ゼロ・ウェイスト】

    ゼロ・ウェイストに取り組んでいると、手作りしてみたいものが増えてきます。 最近特に気になっているのは、納豆、お味噌、甘酒などの発酵食品。 元々憧れがあったのですが、Twitterで実際に作っている方のシェアを見る機会が増えてから、「やってみたいなぁ」から徐々に「できるかも……?」「やってみない……?」に気持ちがシフトしていっている感があり。 と、いうわけで。 冬支度気分で今回は、はじめての甘酒づくりにチャレンジしてみました! 甘酒づくりの材料 甘酒づくりの道具 糀とお米の甘酒をつくってみた ① 炊き立てのご飯+お湯+糀 ② 8時間後:温め直し+混ぜ混ぜ ③ 16時間後:さっぱり甘酒完成 ④ 2…

  • ラインマーカーも脱プラスチック?【クーピーマーカー使用レビュー】

    つい先日まで、蛍光ペン片手に試験勉強に励んでいました。 蓋の開け閉めをしなくていい、無印良品のノック式蛍光ペンを、以前から好んでリピートしていたのですが、脱プラに取り組み始めてからこっち 「さて、この子が使えなくなったら今後はどうしようかな?」 というのが、地味に悩みの種でした。 そんな折、コワーキングスペースで偶々手に取った日経ウーマン。 「付録はムーミン万年筆か……万年筆なら持ち運ぶ用にもう一本あってもいいし、買っちゃおうかな」などと相変わらずぐずぐずな物欲を溢れさせつつ、パラパラと紙面をめくっていたら、目に飛び込んできたのは文具特集。 そこで、お目当てのものとの出会いがありました。 サク…

  • 散らかったときこそチャンスです【暮らしの見直し】

    ご無沙汰しております。 相変わらず小忙しくしているものの、大きな用事がひとつ片づいてほっと一息。 ブログもまたマイペースに続けていきたいな、と思っていますので、どうぞよろしくお願いします。 生活の中に余計なものは取り込まないようにしているつもりだけれど、何某かのイレギュラーがあるとすぐに散らかってしまう我が家。 ある程度のベースはあるので、リセットするのはすぐなのだけれど、考えてみると、ここでじっくり分析してみるのも大事かも、と気づきました。 家が片づかない理由も、散らかるきっかけも人それぞれ。 なら、久しぶりに家が散らかった時こそ、自分の苦手ポイントを知るいい機会だよね。 なんてことを思った…

  • 【お知らせ】11月半ばまで更新お休みします。

    知らんがな。という感じだと思いますが、宣言しておかないとズルズル気になっちゃうタチなので、お知らせです。 仕事やプライベートで元々あった予定が、いよいよ差し迫ってきてみたら結構やばい気がする……&予定外の予定も何かガンガン入ってきてるんやけど…… 的な事情がありまして(さっぱりわからん)、端的にいって死にそう……もとい、今はエネルギーオフラインに全振りすべきだよね! という状況になっているため、少々こちらはお休みします。 作業用のアプリも一旦アンインストールして、ネットでの接続も一切しないつもりなので、ご連絡とかコメントとか頂いても、off期間過ぎるまで完全に無反応になると思います。 メッセー…

  • 壁に座る【簡単リフレッシュ/眠気覚まし】

    季節の変わり目。 今年は今に至るまで台風が来たりと、いつも以上に不安定な気候に振り回されている気がします。 そんな中で、知らず知らず疲れが溜まっているのか、このところ妙に眠い。 夕方、家に帰ってくると、疲れと眠気でどうにも頭が重くて「うーん、このまま活動続行は無理……」と、ほんの数分の仮眠のつもりで突っ伏して。 うっかりそのまま寝続けて、気付けばとっぷり夜だよ! ということを連日繰り返しておりました。 やろうと思っていたことはできないし、中途半端に寝てしまったせいで夜の眠りは浅くなるし、まったくいいことなし。 トホホ。 そんな中、ふと気まぐれで壁に座ってみたんです。(どゆこと?) そうしたら意…

  • 拓殖の櫛【プラスチック・フリー/つやつや髪】

    乾燥してきましたね。静電気の季節です。 もこもこに重ね着をするようになると、金属に触れるときのバチッ! がこわいですが、まだ比較的薄着で過ごせるこの時期も、個人的には髪の毛や服の張り付きが気になることがあります。 特に髪の毛。 長ければ長いでまとわりつくし、短くても、油断するとサイア人のように髪が逆立っちゃったりするので、中々笑えます。 いや、笑ってもらえたらまだいいんですが、ツッコミ不在の真面目な場面だとつらいんですよね~。(何の話) 私はもともと、実家で使わなくなったセルロイドの櫛をお下がりで使っていたのですが、それが壊れてからは、ビジネスホテルのアメニティで貰った、よくあるプラスチックの…

  • ミニマリズムとリユースの交点【ものを溜め込まずReuseするためのマイルール】

    「ものを減らそう」 と思い立ってから、ものを余計なものを買うこと、ものを溜め込むことをやめました。 「いつか使うかも」と思ったものは、たいていいつまで経っても使わない。 だからその時使っていない、使うあてのないものはすぐに処分する。 ……と、いう感じでここ数年過ごしていたわけですが。 「ごみを減らすぞ!」と思ってからは、新しいものを買わずになるべくリユースしたいなぁ、という気持ちが強くなって、どうしても出てしまう瓶とか缶とかのパッケージごみなどを捨てることを躊躇うようになりました。 それこそ、「そのうち使うかも……?」とか思ってしまう。 余計なものを家の中に入れない、Reduce、Refuse…

  • キッチンシンクに不要だった5アイテム

    ゼロ・ウェイストとか関係なく、管理しなきゃいけないものは極力持ちたくない、ものぐさマンです。 そんなわけで、キッチンのシンク周りも割とシンプル。 「いまの暮らし方でいる限りは、これ以上は減らすもんもないよね」 と思っていたのですがどっこい。 ここ半年足らずでもう一段アイテムが減ったので、日用品の臨界点って案外あっさり突破しちゃうものなんだなぁ、としみじみしております。 目次 わが家のシンク ① 三角コーナー ② シンク内のスポンジラック ③ ごみ受けのふた ④ ごみ受け用の不織布ネット ⑤生ごみを捨てるビニール袋 まとめ わが家のシンク 写真で見ると意外とゴチャッとしてる。 我が家のキッチンは…

  • 生理痛がつらいとき

    生理痛、女性の皆さんいかがですか? 私は時によりけりですが、持病の片頭痛が月経周期に影響を受けるタイプなこともあり、しんどい時は中々しんどいです。 でも、今月は久々にちゃんと予防策を心がけたら、薬も飲まずに過ごせたので、「やっぱり多少なりと効果はあるらしい」と再認識した次第。 という訳で本日は、余計なごみを出さず手近なものでできる、レス・ウェイストな生理痛対策について。 生理痛はなぜ起こる? 生理痛対策 ① 身体を温める ② ストレッチ・体操 ③ スパイス ④ アロマ ⑤ 食生活を気をつける ⑥ 蛇足の超個人的見解:生理用品 まとめ 生理痛はなぜ起こる? 生理前後は、ホルモンやホルモン類似の物…

  • 問われているのは誰なのか【映画『ジョーカー』感想】

    ※ あからさまなネタバレは避けたつもり。 観るか観るまいか迷って迷って、結局観た。 『ダークナイト』がどうしようもなく好きだとか、観た人がほぼ例外なくジョーカーの世界に引きずり込まれたまま戻り切れずにいるだとか(それについては、観ることをためらわせた最たる要因でもある訳だけど)とか、理由は色々あるけれど、最後に思い切ったのは、今更のように読了した『マルドゥック・ヴェロシティ』の読後に巣食った虚無のやり場に困って、「毒をもって毒を制す」とか「絶望感に麻痺した今なら更なる痛手を負ったところで」とか、言うなれば少なからず投げやりとも言えるような心持ちによっていたことは否めない。 そんな前置きはさて置…

  • 落ち込んだとき、からだひとつ、心ひとつでできること。

    台風19号が日本縦断中です。 ありがたいことに、私自身は何事もありませんでしたが、台風15号をも上回る規模と被災状況に、これから更に被害が広がってしまうのではと、そわそわと落ち着かない気分で過ごしています。 被災された方や、今まさに影響の只中にある人は、どれだけ大変なことやら。 何もできずただ時間が過ぎるのを待つしかない。 気分が沈むけれど、普段の生活のようにそれを紛らわす術がない。 慣れない状況やプライバシーの保てない空間で消耗する。 できることや使えるものが限られる避難生活では、物資や体調の問題だけではなく、精神的にもしんどいものがあると思います。 そういったしんどさを和らげるために、どん…

カテゴリー一覧
商用