プロフィールPROFILE

IKKANさんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
ikkanblog
ブログURL
https://ikkanblog.com/
ブログ紹介文
アウトドア好きの中年親父が、自転車旅、キャンプ、アウトドア、ドライブ、旅行といった情報を幅広く発信しています。キャンプディレクターの経験から、自転車旅、キャンプ、アウトドアのノウハウも随時、更新中!
更新頻度(1年)

86回 / 174日(平均3.5回/週)

ブログ村参加:2019/08/07

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、IKKANさんの読者になりませんか?

ハンドル名
IKKANさん
ブログタイトル
ikkanblog
更新頻度
86回 / 174日(平均3.5回/週)
読者になる
ikkanblog

IKKANさんの新着記事

1件〜30件

  • 自転車旅にカメラを連れていこう

    自転車旅にカメラを連れていくと旅の楽しみ方が増えます。本格的な撮影がしたい人は一眼レフ、手軽に撮影したい人はコンパクトデジカメやスマートフォンで。さらに、自転車等に取り付けるアクションカメラも大変面白いです。安価なものからチャレンジできますので、是非一度体験を!

  • 自転車旅にとって公園は強い味方

    私は公園を見ると思わず「水」「トイレ」「東屋」をチェックし、「ここなら泊まれるな・・」と考えてしまいます。外灯があれあればなおさらいいですね!公園で寝泊りをするのが禁止されているところもあるのでルールは必ず守るとして、公園泊をする時にもコツがあるので、今回は自転車旅と公園について解説していきます。

  • 自転車旅にネットカフェは相性がいい

    自転車旅とネットカフェ利用は大変効果的です。自転車旅に限らず、貧乏旅の人も活用していることでしょう。ネットカフェ泊のメリットは①雨風をしのげる②横になって休める③空調が効いている④充電ができる⑤シャワー、洗濯ができることがある⑥フリードリンクで体力回復、などなど。これで費用が二千円ぐらいなら十分ですね。

  • 自転車旅にネットカフェは相性がいい

    自転車旅とネットカフェ利用は大変効果的です。自転車旅に限らず、貧乏旅の人も活用していることでしょう。ネットカフェ泊のメリットは①雨風をしのげる②横になって休める③空調が効いている④充電ができる⑤シャワー、洗濯ができることがある⑥フリードリンクで体力回復、などなど。これで費用が二千円ぐらいなら十分ですね。

  • 自転車旅の計画の立て方(コース決めの考え方)

    自転車旅の計画を立てる時に、まず、コースを考えますよね。実は、どのコースを走るか考えることは、自転車旅の楽しさ・目的に直結するだけでなく、リスクマネジメントにも大きく影響します。事故やトラブルが起きたときの対処も想定しながら安全に旅を進めていくためのコースの決め方を解説します。

  • 自転車旅の計画の立て方(コース決めの考え方)

    自転車旅の計画を立てる時に、まず、コースを考えますよね。実は、どのコースを走るか考えることは、自転車旅の楽しさ・目的に直結するだけでなく、リスクマネジメントにも大きく影響します。事故やトラブルが起きたときの対処も想定しながら安全に旅を進めていくためのコースの決め方を解説します。

  • 自転車旅は苦労が多い【それでもあなたは自転車旅をしますか?】

    自転車旅は苦労が多い。例えば、①水・食料・熱源・電気の確保 ②自然からの攻撃をモロに受ける(暑い、寒い、風強い、雨ウザい、雷こわい)③トラブルのリスク(自転車の故障、転倒、交通事故、盗難)④テント張る場所探し、といった感じでまるで修行ですか?と言わんばかりの苦労です。今回は自転車旅の苦労について説明しますので、参考にしてみてください。 <目次>1 自転車旅は苦労だらけ 1ー(1)水・食料・熱源・電

  • 自転車旅に持っていく空気入れは何が良いのか

    できるだけ荷物を少なくしておきたい自転車旅。空気入れを持っていくのはどうしようか、と考えてしまう人もいることでしょう。しかし、結論からいうと、自転車旅に空気入れは絶対必要です。今回はその理由と自転車旅に適した空気入れについて解説していきます。

  • 自転車旅にはどんな靴がおすすめなのか

    自転車旅をするのに、特別な靴が必要というわけではありません。しかし、ロードバイクでガシガシ走りたい方は専用のビンディングシューズが最強だし、観光や街歩き、トレッキングなども織り交ぜる方は、歩き慣れた靴がいいでしょう。今回は自転車旅の靴事情について解説します。

  • 【休日の過ごし方】ドライブ+うまいもの+温泉【鉄板】

    ドライブ+うまいもの+温泉という組み合わせは、家族と一緒に休日の鉄板の過ごし方ですね。先日、福岡県の朝倉・うきは・田主丸方面にドライブに行きました。水害から復旧した三連水車は元気に稼働していました。うまいもの食べて、温泉に入ってまったりした一日でしたよ。

  • 【休日の過ごし方】ドライブ+うまいもの+温泉【鉄板】

    ドライブ+うまいもの+温泉という組み合わせは、家族と一緒に休日の鉄板の過ごし方ですね。先日、福岡県の朝倉・うきは・田主丸方面にドライブに行きました。水害から復旧した三連水車は元気に稼働していました。うまいもの食べて、温泉に入ってまったりした一日でしたよ。

  • 自転車旅に着替えはどうしているの?

    自転車旅に限らず、旅に着替えは必要ですね。自転車旅における着替えのコツとしては、①発汗性の良いもの②できるだけ軽量のもの③体温保持を考えて、といったことが挙げられます。具体的に自分の経験を元に自転車旅の着替えについて解説します。

  • 自転車旅に着替えはどうしているの?

    自転車旅に限らず、旅に着替えは必要ですね。自転車旅における着替えのコツとしては、①発汗性の良いもの②できるだけ軽量のもの③体温保持を考えて、といったことが挙げられます。具体的に自分の経験を元に自転車旅の着替えについて解説します。

  • 自転車旅に駅のある風景

    自転車旅に駅のある風景はよく似合います。都会の駅もいいのですが、地方の駅や無人駅も風情があり、その土地の暮らしを肌で感じる旅もまた楽しいものです。自転車旅と電車・新幹線は相性が良く、自転車旅の行動範囲を広げるだけでなく、自転車で自走できなくなった時に助けてもらえる強い味方です。

  • 自転車旅の一日の走行距離はどう計算したらいいのか

    自転車旅をする時、一日の走行距離はどれぐらいで計算していますか。一日100kmを連日走れるようになったら、自転車旅が随分、楽になります。よく言われているのが「自分の力の70〜80%が自転車旅にはちょうどいい」。私は、一日150kmが限界なので、一日100kmがちょうどいいです。今回はこの件について解説します。

  • 自転車旅を安価に実施する方法

    自転車旅をできるだけ安くしたいとか、お金がないけど自転車旅ができるか、といった声もあることでしょう。私もお金には限りがあるので、安くできれば多くの旅ができるわけでもあります。自転車本体や装備の予算を除いて、旅行中の出費を抑える方法を知っておいても損はないと思います。今回は自転車旅を安価に実施する方法について解説します。

  • 【保存版】自転車旅で雨の時はどうするのか

    自転車旅で雨が降っている時の対処法を整理しました。① 濡らしてはいけないものの確認と防水対策②進むか一時避難するか判断(十分な情報収集)③進む場合は安全第一に(雨天時のリスクを理解した上で)④一時避難の場合は人の迷惑にならない所で。結局、これはアウトドア全般に通じるものですね。詳細について説明します。

  • 【保存版】自転車旅で雨の時はどうするのか

    自転車旅で雨が降っている時の対処法を整理しました。① 濡らしてはいけないものの確認と防水対策②進むか一時避難するか判断(十分な情報収集)③進む場合は安全第一に(雨天時のリスクを理解した上で)④一時避難の場合は人の迷惑にならない所で。結局、これはアウトドア全般に通じるものですね。詳細について説明します。 <目次> 1 自転車旅で雨が降っている時の対処法 1ー(1)濡らしてはいけないものの確認と防水対

  • 自転車旅におすすめのリュックと使い方のコツ

    自転車旅に必要な道具を運ぶバッグとして、リュック(バックパック)を使う方は多いと思います。ところが、問題点として、①自転車は汗をよくかくので、リュックを背負っていると背中が蒸れて暑くなる②長時間乗っていると肩や背中が痛くなる、といった点が挙げられます。今回はそういった悩みを解決します。

  • 自転車旅でテントを張る場所はどこがいいの?

    自転車旅でのテント泊をする場合、テントを張る目的を意識しましょう。テントは風雨など気象環境や動物(生き物)から身を守り、安全に寝泊りをするための道具です。そのため、①床面に小石やゴミなどがなく、できるだけ平らなこと②風が強い場所、水が流れてくる場所、崖の近くは避けること③人に迷惑をかけないを基本に場所を決めます。

  • 自転車旅でテントを張る場所はどこがいいの?

    自転車旅でのテント泊をする場合、テントを張る目的を意識しましょう。テントは風雨など気象環境や動物(生き物)から身を守り、安全に寝泊りをするための道具です。そのため、①床面に小石やゴミなどがなく、できるだけ平らなこと②風が強い場所、水が流れてくる場所、崖の近くは避けること③人に迷惑をかけないを基本に場所を決めます。

  • 自転車旅にあると便利なおすすめの装備・持ち物(個人の好みで)

    テント泊する自転車旅の道具はできるだけ少なくしたいもの。ただし、野宿しながらの自転車旅はある程度の不便さを伴いますので、道具を上手に使って気持ちよく旅したいですね。今回は、あると便利(=絶対必要というわけではない)な装備、持ち物を紹介します。

  • 【保存版】長期間自転車旅に最低限必要なもの

    自転車旅で長期間、野宿しながらの旅に必要なものは、自転車装備の他に、キャンプ道具、生活道具といったものがあります。この長期自転車旅は、自転車ツーリングとキャンプといった二重の楽しみ方ができると同時に、アウトドアスキルが必然的に高まり、衣・食・住の生活そのものの有り難さ、かけがえのなさを感じることができます。

  • 自転車旅に最低限必要なもの(日帰り〜1泊)

    自転車旅に最低限必要なものを考えてみました。今回は、日帰りから1泊ぐらいまでの旅を想定しています。自転車は当たり前として、自転車に装着するもの、持っていくものを厳選してみると、意外と特別なものはありません。つまり、野宿とかしない限りは、手軽な準備ですぐに旅に行けることがわかります。

  • 災害の備えにもなるキャンプ用品・キャンプスキル

    台風等で被災した時、キャンプ用品・キャンプスキルは大変役に立ちます。なぜなら、水、電気が限られている時の生活を支えることができるからです。また、人間の生活の基盤である衣・食・住について、限られた条件の中でも少しでも快適に、安全に、心地よく工夫することもできます。

  • クロスバイクで100kmツーリング(福岡→熊本)

    今年の2月ごろ、クロスバイクで日帰りツーリングをした記録です。福岡→熊本で、だいたい100kmになります。国道3号をずっと南下していくコースです。帰りは輪行したので、一日100kmぐらいなら、自転車初心者でも可能なツーリングだと思います。

  • 自転車キャンプツーリングにマットは必要か?

    自転車にテントや寝袋などのキャンプ道具を積んで、キャンプをしながら旅をするのが自転車キャンプツーリング。車での移動であれば、ある程度の荷物が積めますが、自転車の場合は知恵が必要です。荷物は自分の衣食住に必要なものを厳選し、できるだけ軽量にしなければなりません。そこで、キャンプでよく使う「マット」は本当に必要ですか?

  • 自転車ひとり旅(自転車ソロキャンプツーリング)の醍醐味は「人との出会い」です

    自転車ひとり旅(自転車ソロキャンプツーリング)の醍醐味とは何か?多くの方が語るのは「人との出会い」です。一人で旅をする目的は忘れずとも、偶然の出会い、地域の方とのふれあいは、とても印象深く、忘れられない思い出になります。私も旅をしている時は、1日あたり1人平均ぐらい、素敵な出会いがありました。

  • 自転車ひとり旅(自転車ソロキャンプツーリング)の醍醐味は「人との出会い」です

    自転車ひとり旅(自転車ソロキャンプツーリング)の醍醐味とは何か?多くの方が語るのは「人との出会い」です。一人で旅をする目的は忘れずとも、偶然の出会い、地域の方とのふれあいは、とても印象深く、忘れられない思い出になります。私も旅をしている時は、1日あたり1人平均ぐらい、素敵な出会いがありました。 <目 次> 1.自転車ひとり旅(自転車ソロキャンプツーリング)で出会うもの 1ー(1)自然の風景 1ー(

  • 山梨県道志村の椿荘オートキャンプ場で女児が行方不明になった件で、今後の子どもの安全管理について考えた

    山梨県道志村の椿荘オートキャンプ場で女児が行方不明になった件で、これからの子どもの安全管理をどうすればいいかを考えました。今回提案するのは、①参加者同士のチームワーク②子ども見守りアイテム「ココキッズ」の活用、の2つです。特にココキッズはレンタル代が月額980円(税別)なので、検討する価値ありだと思います。

カテゴリー一覧
商用
読者になる