searchカテゴリー選択
chevron_left

メインカテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE

つーさんさんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
日韓問題を考える
ブログURL
https://blog.goo.ne.jp/n_syoyasann
ブログ紹介文
日本と韓国の関係が、冷え込んでます。その原因と打開策について考えていきたいと思います。<br>
更新頻度(1年)

16回 / 365日(平均0.3回/週)

ブログ村参加:2019/08/07

本日のランキング(IN)
フォロー

ブログリーダー」を活用して、つーさんさんをフォローしませんか?

ハンドル名
つーさんさん
ブログタイトル
日韓問題を考える
更新頻度
16回 / 365日(平均0.3回/週)
フォロー
日韓問題を考える

つーさんさんの新着記事

1件〜30件

  • キャロットクラブの母優先権利馬

    今年は、母優先枠があるのは、ビットレートの20とエールデュレーヴの20の2頭です。ビットレートの20は、ヘニューヒューズの牝馬なので、そう盛っては来ないだろう。予想は、1400万~1600万。問題はエールデュレーヴの20だ。エピファネイア産駒の牡なので、かなり価格を盛られそうだ。ハービンジャー産駒の牡スプレッドアウトが、3000万なので、それ以下はあり得ないだろう、今年はエピファネイア産駒結構盛ってきているので、3600万辺りか?問題は、ディープインパクト肌のエピファネイア産駒の牡が、外れが多い事。3歳、4歳2世代で、20頭中5頭しか勝ち上がっていない。確かに、アリストテレスとオーソクレースは大物っぽいが両馬とも母がSadler'sWells持ちだ。残念ながらエールデュレーヴは、Sadler'sWells持ちで...キャロットクラブの母優先権利馬

  • キャロットクラブの1歳馬募集

    3歳のキャロットクラブの出資馬は、ブッシュフェルト(プラチナブロンドの18)1頭のみでしたが、ブッシュフェルト君は故障でデビューできずに、ファンド解散となってしまいました。その半弟プラチナブロンドの20には興味があります。キャロットクラブの会報誌『ECLIPSE』に望田潤氏のコラムがありますが、そこで、サトノダイヤモンドのブルードメアサイヤーOrpenの母BonitaFrancistaの半姉(3/4血統構成同じ)CoupdeFolieのクロスを狙うのは有効ではないかとの記事がありました。ご存じかも知れませんが、BonitaFrancistaとCoupdeFolie姉妹の祖母は、Natalmaそうです、NothernDancerの母です。Machiavellianの母は、CoupdeFolieですから、Nothe...キャロットクラブの1歳馬募集

  • ヴァリアメンテは放牧中

    放牧後の馬体チェックで右トモに少し張りがあったため、ショックウェーブでケアを施しました。疲れは癒えており、今週より騎乗調教を再開しています。現在のメニューは、周回コースでハッキングキャンターを3000mと坂路コースをハロン17秒ペースで1本という内容です。(G1TCレポートより)目標は、6月の東京かな、一度東京コースを使いたいとの事だったので、推測です。そうすると、6月27日の八ヶ岳特別あたりかなと予想します。https://www.youtube.com/watch?v=8_AelfNLtH0ヴァリアメンテは放牧中

  • エミーズスマイルの20

    社台グループで、クラブ向けに募集されるマインドユアビスケッツ産駒は、社台TCが牡馬3頭牝馬3頭、サンデーTCが牡馬1頭、G1TCが牡馬1頭牝馬1頭と言うラインナップになっております。ダート馬狙いなら牡だろうと言う事で、牡馬5頭の血統表を確認しました。結果、狙うなら、エミーズスマイルの20かな?但し社台TCで他に狙いたい馬がいるので、最終、マインドユアビスケッツ産駒は断念する可能性は結構あります。エミーズスマイルの20

  • 2022年に産駒デビューのマインドユアビスケッツ

    2022年つまり来年ですが、来年初年度産駒がデビュー予定です。他社台スタリオンで供用される、2020年産駒が日本での初年度産駒になるのは、サトノクラウン、リアルスティール、サトノダイヤモンドかな?今回は、マインドユアビスケッツについての感想をば、血統表は・・・父Posseは、SilverDeputyを経たDeputyMinister系ですね。既に、フレンチデピュティ、クロフネが日本での実績を積み重ねています。1200m~1400mベストのストレッチランナーとの紹介があります。BlushingGroomのクロスがあるし、ポッセのBMSが、Rahyなので、サンデーサイレンスを持った繁殖牝馬(Haloの血を増幅する配合になると言う意味です)と相性が良いのではないか?と予想。社台グループの中でも、照哉代表が導入したよう...2022年に産駒デビューのマインドユアビスケッツ

  • エースが、天に召されてしまいました。

    マーチステークスに出走した、つーさん軍団のエースベストタッチダウンは、ゴール前の直線で急性心不全を発症して、天に召されてしましました。自分のペースで逃げると実力以上の能力を発揮できる馬でしたので、条件さえ合えば、重賞制覇のチャンスはあったと思います、残念でなりません。今週は、つーさん軍団3歳期待の星(ヴァリアメンテじゃなかったのか?など思わないようにね)ステラリアが、オークス出走を掛けて、忘れな草賞に出走します。2着では、ダメです。条件は、1着のみです。去年のリリーピュアハートは、忘れな草賞で3着でしたが、2勝馬だったので、抽選でオークスに出走できましたが、ステラリアは、現在1勝馬なので、オークス出走条件は、勝利のみになります。エースが、天に召されてしまいました。

  • リリーピュアハートとベストタッチダウンが出走します。

    日曜日の阪神10Rと中山のメインレースに、社台TCで出資している馬が走ります。この日は、中京で、高松宮記念があります。阪神も中山も裏開催となるので、トップクラスのジョッキーは、中京での騎乗です。と言う事でリリーピュアハートは、岩田望来騎手でベストタッチダウンは北村宏司騎手の騎乗になりました。リリーピュアハートは、14頭立のレースです。心配は、強い雨ではありませんが、8時くらいから雨が降り続く模様。馬場状態にどれくらい影響がでるかですね。1枠なので、内に押し込められるとまずいよな。岩田望来騎手がどう乗るか?ですね。一方ベストタッチダウンは、ダートが湿って早い決着希望です。中山競馬場も昼過ぎには、雨になりそうですが、雨量は少なそうです。リリーピュアハートとベストタッチダウンが出走します。

  • グリーンファームに、出資して会員復帰です。

    ディープインパクト肌のモーリス3歳牝馬は、9頭いて、現時点で7頭デビュー済みの内4頭勝ち上がりなので、結構優秀です。只、勝ち上がっている4頭中3頭は、ノーザンファーム生産馬ですけどね。ちなみに、ベアトリッツの19は、社台ファーム生産馬です。母ベアトリッツは、桜花賞馬ジュエラーの半姉、ワンカラットの半妹です。血統的特徴は、ベアトリッツの母バルトウィナが、完全異系(ノーザンダンサーもミスプロもナスルーラも持たない、ついでにヘイルトゥリーズンもない)である事。ジュエラーには、なれないと思うが、芝マイルで、2勝くらいしてくれないかとの期待はあります。厩舎は、シェアザモーメントがお世話になった石坂公一厩舎です。石坂正厩舎から移動してくる馬も多いので、追い出されないように頑張ってね。グリーンファームに、出資して会員復帰です。

  • ジェットモーションが、小倉で連勝です。

    3月6日の小倉のメインレース(2勝クラスだけどね)に出走した、ジェットモーションが、4番人気の支持でしたが、勝ち切りました。脱腸になって不本意な、去勢手術を行わざるを得なかったジェットモーションですが、災い転じて福となったのか?単にハーツクライ産駒の成長力が、ここにきて発揮されたのか?相乗効果か?よくわかりませんが、とにかく2連勝で、準オープン馬になりました。何と言っても特長は、Hyperionの6.45%Nasullah4.3%RoyalCharger3.13%ですから、ナスペリオンの継続クロスです。脚元さえ無事なら今後も楽しみです。ジェットモーションが、小倉で連勝です。

  • ベストタッチダウンは、仁川ステークスで、人気を裏切る

    今迄、ダートは、1800m戦ばかりに出走していて、阪神ダート2000mは、初めての挑戦だったのですが、直線の勝負所で、脚が鈍りました。もともと、京都のダート巧者で、阪神ダートの成績は、もう一歩でしたので、不安的中です。金曜日の雨も少量で、タフなダートになったのも、ベストタッチダウンには、向かなかったようです。ひとまず、ダメな条件は、はっきりしてきたので、今後は、ベストタッチダウンが気持ちよく走れるであろう条件のレースを見つけて、ローテーションを組むしかないですね。条件さえ、嵌れば、オープン特別なら、やれるはずです。厳しい結果の中、残り200mくらい迄は、いい感じで走っていたので、適距離なら、逃げずに、差し戦略でもやれる見通しが、たったのは、収穫だと思う。(逃げ以外では、結果が出ていないので、東京のマイルや、中京...ベストタッチダウンは、仁川ステークスで、人気を裏切る

  • 仁川ステークス

    京都では、無双なのだが、残念ながら、改修工事中の為京都開催は、当分の間なしです。阪神では、直線の坂の為か、最後が甘くなる傾向がある。メンバーから見て、先行勢で、対抗できそうな馬はいないので、金曜日の雨を味方に、勝利を掴めないものか?逃げようと思えば逃げれるメンバー構成だが、どうするのか?タイサイ、ダイシンインディーあたりが、逃げを主張したら、番手に控える作戦か?仁川ステークス

  • アスペンアベニューの2019

    アスペンアベニュー自身は、未勝利でした。芝とダートの1000mから1200mを走り3戦未勝利で、繁殖入りしました。名牝FallAspenのひ孫です。血統から、Ribotのクロスを持っている為か、気性に問題ありです。競争馬になった牡駒4頭中2頭が、去勢してます。産駒で、唯一勝ち星がない3歳マクフィ産駒コートリーアスペンも、去勢するかもです。牡駒ばかりで牝馬は、2頭目ですが、果たしてどうか?募集価格は、牝馬と言う事もあり、比較的弱気の価格設定ですね。一口35万ですから、目を瞑って、『えいやぁ』と出資する手もありです。一時両前脚の炎症を発生して、一頓挫ありましたが、今は、坂路16秒ペースで乗っています。預かってもらえる調教師は、清水久詞先生ですから、文句はない。アスペンアベニューの2019

  • ジェットモーションがほぼ2年ぶりの復帰戦で勝利

    脱腸とか、裂蹄とかのトラブルがあって、ほぼ2年間出走できなかったジェットモーションが、なんと、小倉の1勝クラスで勝ちました。競馬は、本当にわかりません。「ありがとうございました。かなりの長期休養明けでしたし、少しでも上位にというのが本音でしたが、跨ると非常に具合が良かったです。道中の手応えも十分だったので、強気に仕掛けていって勝負しました。最後までよく頑張ってくれましたね。いきなりで結果を出せましたし、力のある馬だと思います」(藤岡康太騎手)(G1TCレポートより、藤岡騎手コメント)ジェットモーションがほぼ2年ぶりの復帰戦で勝利

  • リリーピュアハートは、辛うじて2着を確保

    目標にされて、ルメール騎手のパルティアーモに、完敗でした。救いは、かろうじて、ゼーゲンの追い込みを鼻差凌いだ事。まだ、実力不足ですね。秋までに、成長してくれる事を願います。今週の期待は、ステラリアですが、クイーンカップは、登録頭数多くて、除外の可能性あります。リリーピュアハートは、辛うじて2着を確保

  • 今週の出走予定です

    2月6日(土)東京11R・早春S(芝2400m・ハンデ)に特別登録をおこないました。なんと、3月27日(土)メイダン・ドバイシーマクラシック(G1・芝2410m)に予備登録をおこなっています。準オープン馬の身の上では、選出される可能性は、0%でしょうけど、ひとまず、準オープンを快勝して、オープン馬になれば、選出される可能性も無きにしもあらずです。福永騎手は、この日中京で騎乗予定かな?今回は、三浦皇成騎手で挑みます。今週の出走予定です

  • ウェルカムゴールドが、オープン馬へ・・・

    いやぁ、ゴール前は、手に汗握る展開でしたね。幸騎手と、私の出資馬は相性があまりよくないし、ずぶい、ウェルカムゴールドには、コーナーのキツイ中京競馬場は、向かないと思っていたのですが、ブリンカー効果で、掛かるぐらいの勢いで先行しました。最後は、首の上げ下げで見事鼻差先着です。幸騎手、ありがとうございました。2月は、つーさん軍団の主力社台組3頭が出走を予定してます。この勢いで行きましょう。ウェルカムゴールドが、オープン馬へ・・・

  • 40口クラブの2次募集での候補馬

    社台TCで、2次募集迄残っている馬が、46頭(その内満口近し表示が16頭)1.5次で、8頭から10頭は、満口になるかも?今のところの第一候補ジャスタウェイの牡で、和田正一郎厩舎になる予定40口クラブの2次募集での候補馬

  • サンデー・社台及びG1の2020年申し込み結果

    まず、G1TCの結果から・・過去最高の実績を持って応募したのですが、あえなく落選です。抽選に頼らず、実績で取ろうと思えば、多分4年実績が、800万以上は、必要だったと推測しております。社台・サンデーについては?ヴィンテージドールの19は、実績があまり必要でなかッたようで、出資できました。サンデー・社台及びG1の2020年申し込み結果

  • ステラリアが、中央最初の新馬戦デビューに向けて準備中

    しばらく、ブログの更新をサボっておりましたが、6月の新馬戦が、始まるという事で、我がステラ姫事ステラリアが、6月6日の阪神競馬の1600m新馬戦でデビューに向けて準備を進めています。ザクっと、ライバル馬を抽出してみました。リッケンバッカー、ステラヴェローチェ、ドナウエレンといったところでしょうか?調教についても、5月27日にCWでの追い切りの時計を見ると、勝ち負けできそうな気配です。81.7-66.1-51.7-38.2-12.1アルサトワ(三歳1勝)直強めの外0.7秒先行0.1秒先着下記が、ステラリアの父母相似配合の9代内クロスリストです。ステラリアが、中央最初の新馬戦デビューに向けて準備中

  • BlueBiradとStormCat

    パーフェクト種牡馬辞典2020-2021(馬券・POG攻略は万全!血統で競馬に勝つ!)栗山求自由国民社BlueBiradとStormCat

  • 春季・北海道牧場見学ツアー

    血統のトリセツ(サラブレBOOK)坂上明大KADOKAWA一口馬主&POG攻略読本愛馬選びはここを見よ!(カドカワエンタメムック)サラブレ編集部KADOKAWA<sectionid="main"><sectionclass="content"><articleclass="clearfix"></article><articleclass="clearfix">2020年04月01日春季・北海道牧場見学ツアーにつきまして新型コロナウイルスの影響による今後の状況を踏まえまして、4月8日より予定しておりました北海道牧場見学ツアーの申込日を延期とさせていただきます。また、例年実施しておりました1泊2日コースにつきましては、本年度は中止とさせて頂き、下記のとおりのツアー日程での実施を予定しています。500人規模での牧場...春季・北海道牧場見学ツアー

  • G1出資馬大苦戦

    下記が、G1TC期待のロードカナロアの2017産(今年の3歳)だったはずが、まだデビューの見通しが立っておりません。困った事です。下記が血統表InRealityの継続クロスに惚れて出資したのですが、どうもうまくいきません。(フジキセキもリアルシャダイもInReality持ちです。)WarRelicの支配下にあるので、ダートでも走れるはずなので、最悪、地方からの出戻りを目指してもらいましょう。最新のレポートは、以下の通り右トモの状態は安定しており、歩様も問題ないことから、この中間より騎乗調教を再開しました。現在のメニューは、周回コースをキャンターペースで2000m駆け抜けるという内容です。お休みしていた期間が長かったため、背腰の使い方やハミ受けをいまひとつ理解できていません。もう一度丁寧に教え込むとともに、疲れを...G1出資馬大苦戦

  • ブログの内容を従来の血統ブログに回帰

    しばらく、日韓関係を考えるという事をテーマに(実際は、慰安婦問題をテーマにした映画についての私の意見を述べたものがメインでした)ブログを書いておりましたが、詐欺映画「主戦場」の上映も日本では一段落したようです。相変わらず、米国の大学では、上映会を開催しています。(資金の供給元は何処だ)又、裁判の決着もまだのようですから、その話題については、休止して、元の血統ブログに戻したいと思います。一口クラブの1歳馬募集時期は、まだ先ですが、今回は、1歳馬が初年度になるドレフォン産駒で、G1TCで募集されそうな、ヨナグッチの2018に注目。ヨナグッチは、追分ファーム期待の繁殖のはずですが、まだ産駒の中央勝利はなし。ウェストエッジ(2017生まれのオルフェーヴル牡)が、もう少しで、勝ち上がれるというところで、屈腱炎を発症して引...ブログの内容を従来の血統ブログに回帰

  • 明けまして、おめでとうございます。

    昨年末に、ビッグニュースが飛び込んできました。レバノン公安「ゴーン被告は合法的に入国」フランス旅券利用か年末の慌ただしい時期を狙っての逃亡でしょうね。日本も舐められたものです。やはり、こんな風に、外国に舐められるのも、日本の平和憲法で、外国が、守られているせいでしょうね。憲法第9条は、外国を守る為の憲法です。決して日本を守る為ではありません。我が国は、侵略の為の軍隊を持ちません。従ってどんな舐められた仕打ちを受けても我慢しますと言う事ですから。日本のマスコミは、中国共産党や、北朝鮮の工作員に乗っ取られていますから、自分の国に都合の悪い憲法9条の改正には、断固として反対するのは、よくわかります。日本の将来を憂いましょう。明けまして、おめでとうございます。

  • 「主戦場」鑑賞してきました(於 十三 セブンシアター)

    十三シアターセブンの席数は、36席で1日1回の上映ですが、毎日の上映ではない。12月24日の上映会の鑑賞者は、11名から12名ほとんどは、定年退職して、時間がたっぷりある方とお見受けしました。えっ・・今まで散々映画「主戦場」をブログで批判していたのに、映画を見ずに批判していたのか?などとは、突っ込まないように・・・今は情報社会なので、ネットでネタバレの映画批評が見れるし、まして裁判沙汰になっているので、映画のどういう構成が批判の的になっているかは?私の理解力を持ってすれば、一目瞭然です。(ちなみに、自慢入ってます。)事実ほぼ想定した通りの構成になっていました。只、若干想定と違っていたな?という事を以下に述べます。①保守派に対する「レッテル貼り」はあったが、想像していた程頻繁ではなかった。②思ってたより、性奴隷否...「主戦場」鑑賞してきました(於十三セブンシアター)

  • 言論人の言論弾圧(映画主戦場の裁判)

    HKennedyの見た世界言論人による言論弾圧少し前のブログ記事ですが、映画「主戦場」に出演されていた、Kennedy日砂恵さんが、主戦場に出演させられていた、保守派5名が、主戦場の上映中止を訴えた裁判は、言論弾圧だと述べられているようなので、その記事に対しての、私なりの意見を述べさせていただこうと思います。多分HKennedy女史のブログも、あまり一般には存在を知られていないようなので、影響力はそれ程ないでしょうし、このブログで、私が女史の意見に対して意見を述べても、私のブログ自体があまり影響力がないので、この件を取り上げる意味があるかな?とも思いますが、出崎幹根氏側に沿った報道が多いようなので、少しでも事実関係を把握していただける方が増えればと思い、果たして、「裁判は言論弾圧か?」という事でKennedy女...言論人の言論弾圧(映画主戦場の裁判)

  • 出崎・ノーマン・エム氏の合意書に関する主張の問題点

    主戦場が、保守の論客8名と裁判になっていますが、出崎・ノーマン・エム氏が同意書を取っているので、問題ないと主張している件で、その主張の問題点を、もう一度、私なりに検証していきましょう。できるだけ、解りやすく説明したつもりです。出崎氏が、詐取しているのは、同意書と承諾書で、内容が大きく違います。同意書は、契約の要件を満たしていますが、承諾書については、出崎氏の一方的な権利を記載したものになっております。承諾書については、以前のブログで、問題点を指摘していますので、今回は、藤岡氏と藤木氏が出崎氏と取り交わした同意書について出崎氏の主張の何が問題か?を述べていきます。私は、弁護士ではありませんが、現在契約書を取り交わす業務には、携わっておりますので、契約に関しては、まったくの素人ではありません。問題点1本映画に使用さ...出崎・ノーマン・エム氏の合意書に関する主張の問題点

  • 出崎幹根氏のどうゆう性格が『日本人を貶める反日プロパガンダ映画』を、製作させたか?

    彼の両親は70年代にアメリカに移民としてやってきて以来、ずっとアメリカで暮らしている。彼はアメリカで生まれ育ち、男ばかりの兄弟3人の様子だが、ほかの二人は全然日本に興味もなく日本語もほとんどできないという話を、以下のブログで知りました。彼は、2007年にJETプログラムの外国人英語等教育補助員として来日し、山梨県と沖縄県の中高等学校で5年間、教鞭を執る。同時にYouTuber「MedamaSensei」として、コメディビデオや日本、アメリカの差別問題をテーマに映像作品を数多く制作、公開。とも以下のブログで、紹介されておりました。『主戦場』ベルリン上映会2019彼は、流暢な日本語の使い手ですが、日本語の微妙なニュアンスは、理解できていないのではないか?私が知っている彼の作品は、「Racisminjapan」「Sh...出崎幹根氏のどうゆう性格が『日本人を貶める反日プロパガンダ映画』を、製作させたか?

  • 日本軍慰安婦問題の解決は、日韓関係を左右する。

    私のブログでも、ほぼすべてを、日本軍慰安婦問題に関する記事に割いておりますが、なぜこの問題にこだわるか?と言うと、『逆説の日本史』の著者である、井沢元彦氏も述べているように、『日本軍性奴隷制問題解決のための正義記憶連帯』(略称正義連)が、日韓離反の為に世界中に慰安婦像(平和の少女像)を拡散しようとしているからです。この問題の解決なしに、日韓関係の改善は見込めません。まぁ中には、日韓関係の改善なんか必要ないよと主張される方もいらっしゃると思いますが、日本が、平和の少女像の拡散と共に貶められるのは、大問題です。『日本軍性奴隷制問題解決のための正義記憶連帯』(略称正義連)の活動をバックアップしているのが、北朝鮮と中国共産党だと思われます。正義連(正式名称が長すぎるので、略称を使います)は、北朝鮮と関係が深いですし、世...日本軍慰安婦問題の解決は、日韓関係を左右する。

  • 主戦場のベルリン上映会についてのブログ記事についての感想

    『主戦場』ベルリン上映会2019ベルリン在住のジャーナリストで、ベルリン女の会の永井潤子女史が、企画したベルリンでの「主戦場」の上映会をSayonaraNukesBerlin(SNB)の有志で新たに立ち上げた平和を考える会が後を引き継いで、ベルリンでの主戦場の上映会が実現したようです。詳しくは、上記のブログで確認下さい。主戦場により、ドイツでも、偽の慰安婦の歴史認識が高まるのは、残念です。出崎幹根氏が、いろいろと発言されているようなので、私なりの反論を試みてみましょう。私の反論が正しいかどうか?は、皆さまの判断にお任せします。①『ただ訴訟が起きているということが理由となって検閲されてしまうことは恐ろしいことではないか。』検閲の定義も理解されていない方にそう説明されて納得する方もどうか?と思います。川崎市長が、裁...主戦場のベルリン上映会についてのブログ記事についての感想

カテゴリー一覧
商用