レトロ電子工作
住所
出身
ハンドル名
ヤンさん
ブログタイトル
レトロ電子工作
ブログURL
https://blog.goo.ne.jp/elec
ブログ紹介文
電子工作はじめました!
自由文
-
更新頻度(1年)

19回 / 18日(平均7.4回/週)

ブログ村参加:2019/08/03

ヤンさんの人気ランキング

  • IN
  • OUT
  • PV
今日 08/21 08/20 08/19 08/18 08/17 08/16 全参加数
総合ランキング(IN) 19,971位 18,783位 19,878位 19,515位 19,185位 19,064位 20,646位 969,467サイト
INポイント 0 10 10 20 20 20 0 80/週
OUTポイント 0 20 10 0 30 10 10 80/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
猫ブログ 1,518位 1,477位 1,529位 1,523位 1,511位 1,509位 1,540位 28,042サイト
アメショー 45位 44位 45位 45位 43位 42位 42位 1,143サイト
オヤジ日記ブログ 316位 292位 314位 308位 306位 307位 318位 10,951サイト
定年オヤジ 16位 15位 16位 16位 17位 17位 17位 99サイト
IT技術ブログ 33位 28位 30位 29位 29位 27位 33位 7,669サイト
システムエンジニア 3位 3位 3位 3位 3位 3位 3位 49サイト
今日 08/21 08/20 08/19 08/18 08/17 08/16 全参加数
総合ランキング(OUT) 41,500位 44,287位 40,292位 37,056位 33,180位 34,147位 35,228位 969,467サイト
INポイント 0 10 10 20 20 20 0 80/週
OUTポイント 0 20 10 0 30 10 10 80/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
猫ブログ 2,288位 2,373位 2,168位 2,070位 1,975位 2,020位 2,036位 28,042サイト
アメショー 70位 75位 68位 67位 62位 64位 67位 1,143サイト
オヤジ日記ブログ 557位 590位 524位 493位 449位 456位 468位 10,951サイト
定年オヤジ 19位 20位 18位 17位 17位 18位 18位 99サイト
IT技術ブログ 48位 61位 41位 33位 22位 25位 26位 7,669サイト
システムエンジニア 3位 3位 3位 2位 2位 2位 2位 49サイト
今日 08/21 08/20 08/19 08/18 08/17 08/16 全参加数
総合ランキング(PV) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 969,467サイト
INポイント 0 10 10 20 20 20 0 80/週
OUTポイント 0 20 10 0 30 10 10 80/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
猫ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 28,042サイト
アメショー 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 1,143サイト
オヤジ日記ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 10,951サイト
定年オヤジ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 99サイト
IT技術ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 7,669サイト
システムエンジニア 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 49サイト

ヤンさんのブログ記事

  • ユニバーサル基板 (両面スルーホールのすすめ)

    これから信号確認等で超小型の「S1モジュール」などを各種作成して行くにあたって、絶対に必要な部品の1つに「ユニバーサル基板」が、あります。そして、けして安い買い物ではありません。サンハヤト製のもので、基板だけで5000円だの7000円だのするものがたくさんあり、色々作ろうとすると基板の費用だけでもとても払いきれるものではありません。だからといって、できれば「片面スルーホール」の基板は使わない方が良いです。「片面」の方が多少安価だが、銅箔が剥げて失敗しがち・・・特に「ハンダ付け初心者」は「両面スルーホール」を使いましょう。多少高くとも!今回のように超小型のモジュールを作ろうとした場合、小さな基板からさらに切り出して大きさを調整すれば良いので、そんな時良く使うのは,例えば<秋月電子>の95mmx72mmサイズ 板厚...ユニバーサル基板(両面スルーホールのすすめ)

  • パスコン (面実装 部品のすすめ)

    バイパスコンデンサ(通称、パスコン) 使用するICのできるだけ近くに容量の小さなコンデンサを取り付ける事によって、①電源の変動に対して強くなる(回路の動作が安定する)→ICが急に大きな電流を使ってもパスコンから供給される②ICから出るスイッチングノイズを外へ出さないようにするといった働きを期待して取り付ける「おまじない」?または「お守り」のような部品です。使われるコンデンサもいろいろな種類、色々なサイズがありますが、最近では「積層セラミック」コンデンサ↓というのが良く使われます。(安価、容量が大きくても小型、そして壊れない=劣化が少ない)ピン間の幅が↑ 左側2種類は2.54mm(狭い)で、右側2つはその2倍(広い)です。どちらが使いやすいか?は、使ってから自分で判断してください。昔は、大きな↓セラミック・コンデ...パスコン(面実装部品のすすめ)

  • ポリスイッチ (繰り返し使えるヒューズ)

    ユニバーサル基板にデジタル電圧計を付けたので、5V電源の電圧は常時監視できる。これを行った上で、「ポリスイッチ」と呼ばれるヒューズの一種を取りつけてみます。回路を構築して行く上で、何処かで配線をショートしてしまい、電子部品全部を壊してしまわないために!(何しろi8080とかi8085といった骨董品に近い貴重なCPUを動かすのですから、失敗はゆるされません)従来、ヒューズと言えばガラス管に入った30mm長のものが一般的でした。(最近は滅多に見かけなくなったが・・・)少し時代が進むと、もっと小型↑の20mm長のガラス管ヒューズが出て来ました。これ(短い方)は今でもホームセンターで普通に買えます。これを使うには、ヒューズ・ホルダという部品もいっしょに取り付けなくてはいけません。これはBOXやパネルに取り付けて使うもの...ポリスイッチ(繰り返し使えるヒューズ)

  • 超小型デジタル電圧計(S1モジュールの応用)

    超小型の「デジタル電圧計」という商品が安価で売られています。私の場合350円にて(送料を含まず)入手できました。「2線式」というタイプで、電源と電圧を測定する線を兼ねている(=電源電圧を測って表示している)もので、横2.5cmx縦1cm程のかなり小さい7セグメント表示器です。それでも、DC3V~15Vまで(0.01V精度)で測定できる優れモノです。こんなものを購入して使ってしまうのは、すべて手作り:DIYの精神からは外れる事かもしれませんが安さ、手軽さには替えていられません。ここに電源を供給する際にも昨日紹介した「S1モジュール」を応用して使ってみます。要は電源コネクタなのですが、「逆挿し防止」の機構を取り入れています。↓それはこんな簡単なアイデアです。1番ピンに「プラス5V」、2番ピンに「GND」は今まで通り...超小型デジタル電圧計(S1モジュールの応用)

  • S1モジュール(仕様)の基本

    昨日紹介した「ピンソケットによるテストLEDモジュール」のようなシングル・ライン(1列)のソケットを用いたテストモジュールの事を【S1モジュール:エス・ワン・モジュール】と名付けることにしました。(シングル=Singleを1本だけ使用したモジュール)何かしら名前があった方が呼びやすいので。その基本形として1ビットの信号のHi/Lowを1個のLEDで確認するためのモジュールを以下に説明します。回路図は↓こんな感じ。 これまで通り、1番ピン+5V2番ピンGND3番目以降が「信号」。・・・とします。ここでは3番のピンの信号名をD0とし、そこにLEDを付けています。その実物の写真が↓これです。 3ピンソケットに小さな基板ここでも1番ピンが分かるよう1番側の基板を削って目印にしています。もしくは、1番側に赤い印を付けるこ...S1モジュール(仕様)の基本

  • ピンソケットによる テストLEDモジュール

    今回は角型の「ピンヘッダ」と「ピンソケット」を使った提案です。【テストLED】への拡張、確認できる信号のビット数を4ビット→8ビットと増やして行きたいと思います。実はこの「8ビット版のテストLED」は、実際の回路設計・回路の動作テストの際に大変便利に使っています。まずは、4ビットタイプの物↓から見て行きましょう。6ピンのピンヘッダソケットを基板側に半田しそこ↓に挿して使います(奥側)1番ピンは+5V、2番ピンはGNDまでは、前の1個だけのLEDのモジュールと同じです。3~5番ピンが、それぞれ確認したい信号です。1番ピンの5Vから4.7KΩの抵抗を通して、各LEDのカソードにつなぎます。(今回、2番ピンのGNDは使いません)本当なら4素子の集合抵抗を使いと良かったでしょう。(ハンダが汚いのは目をつむってもらって・...ピンソケットによるテストLEDモジュール

  • ピンヘッダ と ピンソケット

    昨日、紹介した部品は、丸ピンヘッダと丸ピンのICソケットでしたが、今回は、角型の「ピンヘッダ」と「ピンソケット」です。そして通常は、ピンソケットを基板側に挿して↓使う事が多いの思いますが、ここでの提案は、ヘッダ(要するに安価なピンを)基板側に挿して使う、使い方です。例えば、前に5V電源をONした際にパイロット・ランプとして赤いLEDが点灯するように付けました↓が毎回、毎回LEDを付けなくとも、ピンヘッダを取り付けておき、確認ランプが必要な時だけそこにLEDモジュールを挿せばいいのでは?というまた「手を抜く」方法のアイデアです。かなり細かな作業となるので最初に作るのは手間がかかりますが、一度出来てしまえば、後々流用が可能になります。ピンヘッダは、こんな感じ↓に必要なピン数でもともと分かれている物を購入した方が、カ...ピンヘッダとピンソケット

  • 丸ピン・ヘッダー (孫基板)

    これから、8085-CPUに必要な①リセット回路だったり②クロック回路をユニバーサル基板上に配置、展開して回路を組んでいくことになるのですが、回路の方式をいくつか変えて試してみたくなることがあります。例えば、リセット回路の場合、(1)C-Rによる簡単な原始的なリセット信号発生回路から(2)電圧検出IC TL7705CPを使った本格的な回路 に変えてみたいとか・・・そんな場合、ICソケット(ピン・ソケット)を付けておき、その上に【孫基板】を挿して回路を構成しておくと、簡単に基板ごと変える事ができます。文章での説明では判りづらいでしょうから・・・①丸ピン・ヘッダーを用意し、②この細い方のピンをICソケットに挿し、↓③その上に小さな基板を(孫基板として)乗せ、④その基板上に目的の回路を組みます。ここでは、例えば「リセ...丸ピン・ヘッダー(孫基板)

  • ICソケット

    今後、ユニバーサル基板に8085-CPUをハンダで取り付けて回路を組んでいく事になるのですが、直接、基板にハンダ付けするのではなく、ICソケットを付けてからそこにCPUを挿す事になります。そうでないと、ショートでもしてCPUが壊れた場合など、せっかく40ピンもの配線を済ませた後では壊れたICを交換するのも一苦労となってしまいます。ただ、コネクタやら、ICソケットやらの接触部分を増やせば増やすほど、接触不良による動作不具合が出やすくなり、いざ不良が発生してもどこが悪いのか見つけるのが非常に困難になります。(できることならソケット等は増やさない方がいいのですが、便利なのでついつい多用してしまいがちです)ICソケットにも種類があって、①平ピンICソケット一昔前までは、「ICソケット」と言えばこれだったのですが・・・安...ICソケット

  • STDバス仕様 : mis 山下システムズ

    STD-bus規格というバス仕様がある。今回の44ピンのエッジ・コネクタに一番近いバス仕様だと思う。S-100バスは、使われているCPUは確かに同じi8080だったり8085だったりするが、あまりに設計がヒド過ぎるし、100ピンと44ピンではピン数が違いすぎる。そこで、できるだけ近い仕様で、参考になるものを見つけて来た。STD-bus(エス・ティー・ディーバス):IEEE-961仕様の詳細は、例のアーカイブから、↓こんなドキュメント(DataBook)をダウンロードし、参考にてみしました。(海外の英語の本)このwinSysrtemsという会社のボード製品カタログのような内容だが、技術的な資料も所々載っていて参考になる。詳細な仕様を調べたければIEEE-961ドキュメントを取り寄せればいいのだが正規の値段だと2万...STDバス仕様:mis山下システムズ

  • S-100バス仕様 : Altair8800

    温故知新:S-100バスの仕様を詳しく見てみる。というのも、今回作ろうとしているマイコンボードにも44ピンのエッジコネクタがあり、ここにつなげる信号の配置をこれから決めていこうと思っているのだが・・・現時点では全くの白紙。せっかく新たに仕様を決めるのであれば、今後使いやすい奇麗な設計にしたい。そのためには過去の制作例を調べて参考にし、良いところは取り入れ、悪いところは同じ過ちを繰り返さないようにしたいと思います。 IntelのCPU8080を使った最初のマイコンの成功例としては、↓Altair8800(アルタイル8800)が、とても有名です。 Microsoft社のビルゲイツとポール・アレンとポール・アレンがこのマシンで使える言語BASICを作ったことで成功し、現在のマイクロソフトが存在していると言ってもいい。...S-100バス仕様:Altair8800

  • 最初の回路・・・パイロット・ランプ(LED)

    基板には44ピンのエッジコネクタを通して、+5V電源を供給します。その際に、基板を逆に挿してしまっても部品が壊れないよう…ちょっとした工夫をしておきます。コネクタの接続表を見ると↓分かりやすいかもしれません。1番・2番ピンに「+5V」、3番・4番ピンに「GND」をつないで電源を基板に供給しますが、その反対側43番・44番ピンは「空き」にしておき何も接続しないようにします。これなら間違って基板を逆に挿しても+5Vが入らないので壊れません(というか動作しません)GNDはできるだけ基板の左右どちらからも供給した方が、接触不良を防げます。ただ、44ピンと数少ない限られたピン数なのでできるだけ効率良くピン配置を使いたい、設計したいと思います。今はこのまま進めます・・・回路を全部完璧に設計し、全部を配線してから一度に試すの...最初の回路・・・パイロット・ランプ(LED)

  • DC5V電源について

    電源を用意しないと、どんなコンピュータでも動かない!ということで、「+5V電源」について考えてみます。昔のマイコン製作の書籍をみると、AC100Vから重いトランスを通して、ダイオードで整流して、ヒューズと電源スイッチも付けて、ケースに入れて・・・と電源BOXを自作する所から説明が始まっていたりします。回路の勉強にはなるでしょうが、大変な話です。もう少し新しくなると、スイッチング電源↓を購入してきて・・・云々もっと最近になると、9V程度のACアダプタをDCプラグを使って基板に挿し、その先に5Vの三端子レギュレータを付けて5Vの安定電源回路を基板上に作って使う・・・みたいな話になっていると思います。中には電池4本を「電池ボックス」に入れて電源として使いましょう・・・みたいな簡単な方法で済ませている本もありますが、長...DC5V電源について

  • ユニバーサル基板 <サンハヤト>

    今回i8085の回路を組むための基板を<サンハヤト製>CPU-7G整理番号:107G 44ピンのエッジコネクタ付き・・・にしてみた。ネット上でとても安価に手に入れる事が出来た(コネクタ込みで1000円程度)こちらが配線面44ピンのエッジ部分から+5V電源を供給すれば、余計なコネクタを板上に設ける事も不要でスッキリすると考えたからです。基板のサイズ的にもこの程度の大きさが手軽かな?っと。昔懐かしい「エッジコネクタ」・・・最近はあまり見かけなくはなりましたが、抜き差ししていると結構接触不良によるトラブルも発生するもの。その主な原因は、基板の「ソリ」や「ゆがみ」なんですが、この基板はゆがみにくい材質らしい↓コネクタ部分はKEL製の44ピン(ピンとピンの間は4mmピッチ)基板上に既に電源ラインが引き回されているので配線...ユニバーサル基板<サンハヤト>

  • i8080A と 8085A の比較

    シングルボート・コンピュータを自作する上で、必ず用意しないといけない物がいくつかあるが、「電源」もその1つ。5V電源が無いとどんな回路でも動かない。逆に言うと「5Vの電源だけ」用意すれば最近の回路は動作するので…楽だ!とも言える。というのも昔のCPUは、とんでもない電源を準備しないと動かなかったのだ。昨日インターネット上で見つけた通販ショップでIntel8080AのCPUを購入する事が出来たので、Bsch3v(回路図CAD)でi8080のCPU部品も作成してみた。特にすぐにこのCPUを使って遊んで見ようとは思わないが、今の内に手に入れておかないと、おそらくますます入手困難になるだろう。ワンボート・マイコンの先駆けと言えばNECのTK-80だろうから、最初はi8080を使ったマイコンを作ってみるのが歴史の流れから...i8080Aと8085Aの比較

  • おもしろい電子部品 通販店 を発見!

    その名もORANGEpico(オレンジ・ピコ)TK-80の互換機だったり、Z80や6809,68008などの懐かしいレトロなワンボード・マイコンを復刻・開発していて、安価に販売している。私がやりたい内容をすでに実現しているところがすごい!そして何より、今ではなかなか入手困難であろうIntel8080CPUまで販売している。早速、通販で買ってしまった!最初は、TK-80風のタクトスイッチを探していたが、ヤフオクでも中々良いのが見つからず、ここ↓でピッタリなのが売られていた。 スイッチの表面に透明のプラスチック・カバーが掛けられるので、自分で印刷した文字を挟んでキートップとして使える。おしからむは、在庫が既に2セット(9個x2set=18個)しか無い(25個欲しかった) しかたなく5x5マトリクスの出来あいの製品を...おもしろい電子部品通販店を発見!

  • 設計(開発)方針

    どんな風に開発を進めて行くかを先に決めておきたい。巷には、Z80の基板、Intel8080そして今回使おうとしている8085-CPUを使った基板やシングルボード・コンピュータは腐るほどある。溢れている。あまりに古いので、最近はそろそろ見かけなくなってはきたが・・・それでも単行本を探せば、枚挙に暇が無いほど。そういった本の出来あがった回路をただそのまま組み立てた所で、動いて当たり前だし、面白くも無い。そして、それらの回路ではプログラムの動作の確認=ステップ実行など出来やせず、デバッグの事などまったく考えていない設計になっている。つまり、プログラム作っては実行し、作っては実行し、という非効率的な開発の仕方をしていて・・・かつ、それで上手く動くようになったプログラムをそのまま真似して何も考えずに使っているだけの両極端...設計(開発)方針

  • 設計(開発)方針

    どんな風に開発を進めて行くかを先に決めておきたい。巷には、Z80の基板、Intel8080そして今回使おうとしている8085-CPUを使った基板やシングルボード・コンピュータは腐るほどある。溢れている。あまりに古いので、最近はそろそろ見かけなくなってはきたが・・・それでも単行本を探せば、枚挙に暇が無いほど。そういった本の出来あがった回路をただそのまま組み立てた所で、動いて当たり前だし、面白くも無い。そして、それらの回路ではプログラムの動作の確認=ステップ実行など出来やせず、デバッグの事などまったく考えていない設計になっている。つまり、プログラム作っては実行し、作っては実行し、という非効率的な開発の仕方をしていて・・・かつ、それで上手く動くようになったプログラムをそのまま真似して何も考えずに使っているだけの両極端...設計(開発)方針

  • 8085A の データシートを手に入れる

    1個500円で8085AのCPUが手に入ったので、その資料を探してみます。英文でよければ、大量に技術資料が集まっているアーカイブを覗くのが一番!URLは、https://archive.org 書籍類なので、本のマークをクリックし、次に次に、"8085A"というキーワードと、今回はメーカーが三菱だったので、”MITSUBISHI”というキーワードで「Searchtextcontens」の中から検索をかける。すると、見覚えのある青い表紙のデーターシート本がヒットした。 これを、PDF形式でダウンロードしておく。確かに三菱の8085Aの型番=M5L8085APの技術資料が詳しく乗っている。これをダウンロード!ついでに”MCS-80”とか”MCS-85”とかで検索すると、Intel社が出している「TheMCS-80/...8085Aのデータシートを手に入れる

  • レトロなCPU ・ 8085を手に入れる

    ヤフオクなら、まだまだ古いCPUが安価で入手できる。8085A<メーカーは三菱>1個500円・・・予備を含めて2個購入。(送料250円)その内にこんな値段では手に入らなくなるんだろう。これで、しばらく遊んでみようと思う。8085Aの技術的な資料は、インターネット上に山の様にあるが、http://www.yamamo10.jp/yamamoto/comp/MM8000/Lesson_7/index.php ここ↑がかなり分かりやすく解説してくれています。(備忘録)日本語のデータシートが欲しい・・・タイトルがMCS-85だったかな?。8085ACookbookJonathanA.Titus,etc. 8085AMicroprocessor,The:Software,ProgrammingandArchitectur...レトロなCPU・8085を手に入れる