searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE

fuwacoromaruさんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
内向的HSP、子なし専業主婦ブログ
ブログURL
https://plaza.rakuten.co.jp/fuwacoromaru/
ブログ紹介文
人付き合いが苦手で疲れやすく、基本的に家に引きこもっています。読んだ本の感想など書いています。
更新頻度(1年)

49回 / 365日(平均0.9回/週)

ブログ村参加:2019/07/30

本日のランキング(IN)
フォロー

ブログリーダー」を活用して、fuwacoromaruさんをフォローしませんか?

ハンドル名
fuwacoromaruさん
ブログタイトル
内向的HSP、子なし専業主婦ブログ
更新頻度
49回 / 365日(平均0.9回/週)
フォロー
内向的HSP、子なし専業主婦ブログ

fuwacoromaruさんの新着記事

1件〜30件

  • 【本】感想『新装版 ムーミン谷の彗星』彗星衝突の危機と、天文台への旅

    ​​​​​​地球に向かって進んでくる彗星により、地球滅亡の危機が訪れます。その詳細を調べるため、ムーミンはスニフと一緒に、遠い天文台へ旅をするというお話。途中で、スナフキンや、スノークのおじょうさんと出会い

  • 【本】感想『Inu de France 犬・ド・フランス 犬のいる風景と出会う旅』フランスで撮影された犬の写真集

    ​​これも、書店で夫が見つけてくれました。犬もフランスも好きな私にとって、お得な本。 『Inu de France 犬・ド・フランス 犬のいる風景と出会う旅』 田中淳 みらいパブリッシング​ Inu de France 犬・ド・フ

  • 【本】感想『新装版 ムーミン谷の冬』冬眠から目覚めてしまうムーミン

    ​​11月から4月まで冬眠するムーミン一家。しかしムーミンだけが目を覚ましてしまい、眠れなくなってしまう……というお話。 『新装版 ムーミン谷の冬』 ヤンソン 講談社文庫​ 新装版 ムーミン谷の冬 (講談社文庫

  • 【本】感想『犬たちの状態』犬が出てくる小説と、犬の写真が一冊で楽しめる

    ​​書店で、たまたま夫が見つけてくれた本。犬が出てくる小説ということで、猫より犬派の私は、迷うことなく買いました。 『犬たちの状態』 太田靖久 金川晋吾 フィルムアート社​ 犬たちの状態​  小説家の太田靖

  • 【本】感想『ものの見方が変わるシン・読書術』 「自分のため」に読むのがシン・読書術

    ​​日本トップレベルの読書家だという著者による本。 『ものの見方が変わるシン・読書術』 渡邊康弘 サンマーク出版​ ものの見方が変わるシン・読書術 [ 渡邊 康弘 ]​  著者によると、読書は・「著者の意見」を理

  • 日々の気持ちの変化をシールで記録

    ​​手帳にシールを貼って、その日の気持ちを記録しています。 ミドリ 手帳シール 気持ち 顔柄​ ミドリ/手帳シール 気持ち 顔柄 シール (82388006) midori デザインフィル 1ヵ月の体調や気持ちの変化がひとめでわか

  • 【本】感想『新装版 ムーミン谷の仲間たち』9つのお話の短編集

    ​​お話が9話入っている短編集。 『新装版 ムーミン谷の仲間たち』 ヤンソン 講談社文庫​ 新装版 ムーミン谷の仲間たち (講談社文庫) [ トーベ・ヤンソン ]​  読んで感じたことを、以下の3つに分けて書いてみ

  • 【本】感想『作家の人たち』出版業界が舞台の小説(短編集)

    ​​私は好きです。この本。一度読み終わっても、何度も手に取ってしまいます。 本の帯には、「俺の本は全く売れない。」「本格ミステリ作家が本格的に“ふざけた”出版業界内幕小説集。」と書かれています。そういう本

  • 最近買った本5冊

    ​​​​​『新装版 ムーミン谷の仲間たち』 ヤンソン 講談社文庫​​ 新装版 ムーミン谷の仲間たち (講談社文庫) [ トーベ・ヤンソン ]​  お話が9話入っている短編集。その中で「目に見えない子」というタイトルの

  • ブログ2周年を迎えていました。

    ​ブログを始めたのが、2019年7月1日。前回の記事を投稿した後に気づいたのですが、このブログを始めて2年が経っていました。 2周年を迎えて何か書ければよかったのかもしれませんが、去年の投稿を振り返ってみると、

  • ユーキャンのアンガーマネジメントベーシック認定試験に合格しました。

    ​ユーキャンのホームページによると、「アンガーマネジメントを学べば、怒りをコントロールできるようになり、本当に必要な時だけ怒り、あとで後悔してしまうような無駄な怒りを減らすことができます。」とのこと。 

  • アンガーマネジメントと、怒りや感情に関する本

    ​​以前ブログに書いたように、ユーキャンでアンガーマネジメントの勉強をしています。あいかわらず勉強の計画は立てず、あくまで気が向いた時にしか取り組みませんが、あとは2回目の添削課題を出して終わり、という

  • ユーキャンのアンガーマネジメント講座を申し込み

    ​先日ブログに書いたユーキャンですが、チラシに載っていたプレゼントがもらえるうちに、と思って結局申し込みました。 申し込んだのは、アンガーマネジメント ベーシック講座です。 添削課題が2回分あり、そのうち

  • 「展覧会の再開案内→臨時休館の継続」で、一喜一憂。

    ​​​10日のブログに書いた展覧会、再開予定でしたが結局再開せず、休館を継続するそうです。おそらく休館のまま、会期が終了するのではないでしょうか……。  展覧会の準備や収益について、ふと、以前読んだ本『美術展

  • お気に入りのバスソルト

    ​​​最近、お気に入りのバスソルトがあります。強すぎず弱すぎず、ほどよい香りに癒されますし、パッケージのイラストも含めて好きです。 Beauwell(ビューウェル) アンドグッドナイト ゆったりバスソルト スリーピ

  • 近況(4月からの、こまごました出来事)

    ​​4月は1回しかブログを投稿していませんでした。そんな4月からの出来事を、思い出せるものだけ簡単に書いてみようと思います。  ・3回目の緊急事態宣言の影響で、予約したCDが発売日を過ぎても購入できない。 4月28

  • アロマテラピー検定2級に合格しました。

    ​​​​今日は、アロマテラピー検定2級の試験日でした。 試験は、新型コロナウイルスの影響でインターネットでの受験。自宅のパソコンで受験し、試験終了後にその場で結果がわかりました。無事に合格できてよかったです

  • 世界遺産検定3級に合格しました。

    ​​2月末に受験した世界遺産検定3級の試験結果が先日発表され、無事合格していました。 4級の時は、過去問題集を1年分だけ解きましたが、3級は出題範囲が増えて不安だったので2年分解きました。(検定は1年間に4回開

  • 5月の検定に向けて勉強するため、ブログの投稿を控えます。

    ​5月のアロマテラピー検定2級の受験に備えて、そろそろ少しずつ勉強を始めようかと思っています。 検定の合格率が約90%というと簡単なのかなとも思いますが、合格基準は正答率80%と高めです。 今までに受けた・美

  • 手紙や切手の情報誌「レターパーク」

    ​日本郵趣協会に入会して、毎月届く雑誌『郵趣』を楽しみにしていることは、以前ブログに書きました。 それに加えて数ヵ月前に、新たに青少年ペンフレンドクラブ(PFC)に入会しました。(年齢制限なし、無料です。

  • 【本】『いくつもの週末』結婚生活のエッセイ

    ​​パン屋さんに行きたくなりましたし、朝の4時までやっている本屋さんが気になりました。 『いくつもの週末』 江國香織 集英社文庫​​ いくつもの週末 集英社文庫 / 江國香織 エクニカオリ 【文庫】​ 英語では「We

  • 【本】『遺伝子はダメなあなたを愛してる』疑問や悩みに生物学者が回答

    ​​動物特集の雑誌で紹介されていて、気になったので読んでみました。 『遺伝子はダメなあなたを愛してる』 福岡伸一 朝日文庫​ 遺伝子はダメなあなたを愛してる (朝日文庫) [ 福岡伸一 ]​  日常生活で生じる疑

  • まちがいさがしの問題を解く

    ​クロスワードの雑誌の他に、まちがいさがしの雑誌もあることが分かったので買ってみました。 私は知識が乏しいので、言葉を埋めていくクロスワードより、まちがいさがしのほうが好きかもしれません。 とはいえ、い

  • 【本】小説『すべて真夜中の恋人たち』主人公の生きづらさに親近感

    ​​静かで繊細なお話でした。 『すべて真夜中の恋人たち』 川上未映子 講談社文庫​ すべて真夜中の恋人たち (講談社文庫) [ 川上 未映子 ]​  主人公は、自宅で校閲の仕事をしている一人暮らしの34歳の女性。(会

  • 日記の本『そして私は一人になった』『東京日記』

    ​​​日記の本を読みました。1996年、当時33歳の著者が、離婚をして一人暮らしをしている時期の日記をまとめた本です。 『そして私は一人になった』 山本文緒 幻冬舎文庫​ そして私は一人になった【電子書籍】[ 山

  • タイトルに「絶望」がついている本

    ​​​前回のブログに書いた本『絶望名人カフカの人生論』の編訳者である頭木弘樹さんの本に、以下の2冊があります。  『絶望読書』 河出文庫​ 絶望読書 (河出文庫) [ 頭木 弘樹 ]​   ​『絶望図書館―立ち直れそうも

  • 【本】『絶望名人カフカの人生論』ネガティブな言葉を求めている人におすすめ

    ​​好きです。この本。 『絶望名人カフカの人生論』 カフカ 頭木弘樹 新潮文庫​ 絶望名人カフカの人生論 (新潮文庫 新潮文庫) [ フランツ・カフカ ]​  カフカの小説は読んだことがありませんが、本のタイトル

  • 最近読んだ短編集3冊

    ​​​​最近、短編集ばかり読んでいました。 『ファースト・プライオリティー』 山本文緒 角川文庫​ ファースト・プライオリティー (角川文庫) [ 山本 文緒 ]​  内容情報(楽天ブックスからの引用) 「31歳、3

  • 【本】『ミュージアムの女』美術館(監視係)のお仕事4コマ漫画

    ​​美術館で、監視係として働く方が描いた作品です。 『ミュージアムの女』 宇佐江みつこ KADOKAWA​ ミュージアムの女【電子書籍】[ 宇佐江 みつこ ]​   この本は、展示室で座って作品を守る監視係の視点から描か

  • クロスワードを解く

    ​夫がクロスワードを解くのが好きだと分かったので、クロスワードの雑誌を買ってきて、一緒に少しずつ解いています。(夫が、一緒に解いてほしいと言うので……。) 1~9の数字を入れていくナンプレだったら、子供の時

カテゴリー一覧
商用