おひとりさまの雑記帳
住所
出身
ハンドル名
ふうさん
ブログタイトル
おひとりさまの雑記帳
ブログURL
http://ohitorisamazakki.com/
ブログ紹介文
ひとりっこおひとりさまの介護記録
自由文
-
更新頻度(1年)

20回 / 21日(平均6.7回/週)

ブログ村参加:2019/07/29

ふうさんの人気ランキング

  • IN
  • OUT
  • PV
今日 08/18 08/17 08/16 08/15 08/14 08/13 全参加数
総合ランキング(IN) 12,800位 12,674位 11,976位 11,914位 11,385位 12,570位 12,650位 969,289サイト
INポイント 20 20 30 20 30 20 10 150/週
OUTポイント 420 570 330 260 310 430 360 2,680/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
介護ブログ 56位 55位 53位 53位 53位 55位 55位 5,413サイト
親の介護 12位 11位 10位 10位 10位 10位 10位 329サイト
今日 08/18 08/17 08/16 08/15 08/14 08/13 全参加数
総合ランキング(OUT) 4,951位 4,832位 5,015位 4,922位 4,693位 4,540位 4,647位 969,289サイト
INポイント 20 20 30 20 30 20 10 150/週
OUTポイント 420 570 330 260 310 430 360 2,680/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
介護ブログ 38位 36位 42位 39位 33位 33位 34位 5,413サイト
親の介護 9位 9位 9位 9位 9位 9位 9位 329サイト
今日 08/18 08/17 08/16 08/15 08/14 08/13 全参加数
総合ランキング(PV) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 969,289サイト
INポイント 20 20 30 20 30 20 10 150/週
OUTポイント 420 570 330 260 310 430 360 2,680/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
介護ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 5,413サイト
親の介護 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 329サイト

ふうさんのブログ記事

  • ケアマネとの距離に悩む

    ケアマネさんとの打ち合わせの際、事務的なことは私が話します。それが終わると、母の独演会が始まります。正直、どうでもいいような話を延々とするのですが、ケアマネTさんは、嫌な顔をすることなく、付き合ってくれます。何度目かにお会いした時、帰り際に、Tさんが私に

  • 介護サービスの他に、助けてくれる人がいた方がいい

    父も母も、きょうだいはたくさんいます。特に父の兄は、うちのすぐ近くに住んでいます。にも関わらず、ほとんど付き合いがありません。そのうえ、数年前、伯母が認知症になり、なぜか元気だった伯父と共に、サ高住に入居したのです。4,5年前だったでしょうか?突然家に来

  • 父の世話で、母は精神的に不安定になっていった

    夜中に父を起こして、トイレに連れて行くようになった母。当然まともな睡眠が取れなくなりました。それでなくとも、母は夜になると血圧が上がったり、めまいがして、眠れないことが多々あります。足や腰にも相当な痛みがあり、母自身が「要介護者」です。ただし、本人は申請

  • 高齢になると、便や尿が自分の意志とは無関係に漏らすようになるらしい

    今年の3月、父はやたら、尿や便を漏らすようになりました。 尿は、管をつけている間は、当然ですがそういうことはありませんでした。管を取った途端、元に戻ってしまったのです。でも、処方された薬で、尿閉になり、何度も通院を余儀なくされたため、新たな薬を処方しても

  • 尿が出なくなった父の不自由な生活

    尿が出なくなって受診尿が全く出なくなったら、大変です。父を、また病院へ行かせました。そして、管を入れて尿を取ったのですが、自力で排尿できず、管を入れたまま帰宅しました。ただでさえ、動きが緩慢になっているのです。尿の入った袋をぶらさげているということは、父

  • 父がおねしょをするようになった

    1月のことでした。父が最初のおねしょをしたのは。びっくりした、なんてものではありませんでした。しかも、それが何度も続いたのです。もともと、父は便漏れをしていました。なぜ漏らすのか、問い詰めても「わからない」と言います。そして、汚した下着を捨てたり、隠した

  • 要介護申請をしてから父はどんどん何もできなくなった

    契約がひととおり終わり、父は2月からデイケアに週1度通うことになりました。昨年12月に申請をした時点では、父はゴミ出しをしていました。朝、新聞を取りにも行っていました。お隣に回覧も持って行っていました。デイケア用の内履きを買いに、近所のドラッグストアにも

  • 要介護申請に関する私の勘違い

    私が要介護申請をしようと思ったのは、両親に何かあった際、すぐに対応できるようにしておきたかったからです。要介護申請をしておくことにより、担当のケアマネージャーができて、相談窓口ができるとも思っていました。担当ケアマネージャーができたのは、事実ですが、かな

  • デイケアと再度打ち合わせ

    新しいケアマネTさんとお会いしてから、数日後、「デイケアの担当者と打ち合わせに行きたいのですが、いつがいいですか?」という電話がありました。そもそも、前任のケアマネから何も聞いていなかったため、何のことかわかりませんでしたが、日時を決めました。当日やって

  • 新しいケアマネさんと居宅事業所契約

    地域包括センターのTさんからは、数日後「新しいケアマネージャーが見つかったので、ご挨拶に行きたい」と連絡をいただいたのですが、こちらの都合がつかず、少し間を開けて2月5日にしていただきました。約束の時間に、地域包括センターのTさんが、ケアマネージャーのT

  • ケアマネージャーの変更

    1月31日の朝、父が新聞を取りに行くと、ポストに郵便物が入っていました。介護保険課からでした。開けてみると、要介護認定通知書で、まさかの要介護2でした。私はてっきり、要支援2か要介護1かと思っていたのです。そして、負担割合は2割でした。さて、急いでケアマ

  • デイケアとの契約

    1月29日、デイケアとの契約を交わしました。最初は若い女性が2人、後からケアマネが来ました。書類を2,3枚ぐらい書けばいいだけだろう、と簡単に考えていたのですが、甘かったです。怒涛のような時間が、私を待ち受けていました。デイケアの職員、2人のうち、1人は

  • 父、デイケアを初体験する

    訪問調査が終了し、30分も経過しない頃、ケアマネから電話がありました。「来週の水曜日にデイケアの体験が決まりましたので。いいですか?」いや、決まりましたのでって、勝手に決めたんですか?とは言わなかったものの、そう思いました。本人に聞くとそれでいいとのこと

  • 介護保険課の訪問調査はこうして行われた

    約束通り、1月の10日過ぎ、市の介護介護保険課から電話がありました。訪問調査を行うので、日時を決めたいとのことでした。1月17日、訪問調査が行われることになりました。予め、地域包括センターのTさんから「訪問調査の時、ケアマネを連れて行きます。どんな人がい

  • 要介護申請の手続き

    要介護申請の手続きは地域包括センターで代行してくれる父の要介護申請をすることが決まったものの、どうすればいいのかわかりませんでした。「地域包括センターで、代行をやってくれるらしい」ということは知っていました。そこで、とりあえず電話をしてみました。「あの~

  • 要介護申請を勧めて激怒される

    父と母の様子を見て不安になった父と母が年老いて、弱っていく姿を目の当たりにして、私は不安になりました。「今はまだしも、これからどうしよう?」相談する人もいません。父も母も兄弟姉妹はたくさんいるのですが、付き合いはほとんどありません。唯一、付き合っていた母

  • 要介護申請をする前の両親のこと④

    父、母と同じ整形外科へ転院父は整形外科へ通院していても、一向によくなる気配が見られませんでした。そこで、母は自分が通院している整形外科に、父を連れて行ったのです。腕は「腱鞘炎」、腰はなにやら難しい病名がついたものの、やはり「老化」と言われました。2人の医

  • 要介護申請をする前の両親のこと③

    ここ2,3年の、両親の衰え方は「この先どうしたらいいのだろう?」と思い悩むようになるほどのものでした。父、免許返納2017年、6月、81歳で父は免許を返納しました。高齢者ドライバーによる、事故が多発しており、何か起きてからでは遅いと、私と母が必死で説得し

  • 要介護申請をする前の両親のこと②

    私が40代になってからのことでした。母が「私は膝が痛いから」と言って、動かなくなったのは。我が家は畳にテーブル、もしくはこたつなので、立ったり座ったりするのが辛くなったのでしょう。何か欲しいものがあると、「あれ取って、これ取って」と言うようになり、動かな

  • 要介護申請をする前の両親のこと①

    母はもともと体が丈夫とは言えない方でした。物心ついた時から、「体調が悪い」とよく言っていたような記憶があります。特に酷くなったのは、重度の更年期障害になってからです。一度は元気になったのですが、年齢と共に、体調不良を訴えることが多くなっていきました。それ

  • プライバシーポリシー

    個人情報の保護について「http://ohitorisamazakki.com/」(以下、当ブログ)を利用される方は、以下に記載する諸条件に同意したものとみなします。個人情報の収集について利用者は匿名のままで、当ブログを自由に閲覧する事ができます。お問合せ等、場合によっては、利用者

  • プロフィール

    はじめまして。ふうと申します。50代前半、独身女性です。(2019年現在)16年の会社勤めの後、酷いうつ病を経験しました。随分時間がかかり、ようやく回復の兆しが見えたと思ったら、こんどは更年期障害です。よって、10年以上の間、私はほとんど寝てばかりいる生