searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール
PROFILE

Dr.Kohさんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
毒々症タイム
ブログURL
https://dokudokudoctor.site
ブログ紹介文
医療の闇をぶった切ります
更新頻度(1年)

37回 / 342日(平均0.8回/週)

ブログ村参加:2019/07/28

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、Dr.Kohさんの読者になりませんか?

ハンドル名
Dr.Kohさん
ブログタイトル
毒々症タイム
更新頻度
37回 / 342日(平均0.8回/週)
読者になる
毒々症タイム

Dr.Kohさんの新着記事

1件〜30件

  • カニバリズム

    カニバリズム=食人 についてである。 もちろん、写真は人肉ではない。 食人、もう少し広げると同族殺し及び同族を食べる行為と言うのは、高等生物ではご法度だ。 蟷螂などは、交尾を終了するとメスはオスを食べて栄養をつける。 また、ハムスターなども極度のストレスにさらされたりすると、わが子を食べたりする。 前者は明らかに種の保存の法則にのっとって、理にかなった行為であるし、後者は異常な状況での行為である。

  • 第三者行為の傷病

    健康保険の医療行為についてである。 ときどき、窓口で、 「独鈷も悪いところは無いけど、健康診断がてらに検査をして欲しい」 お大きな声で言う無知で無神経は人間がいる。 そもそも、健康保険は病気について適応されるものであるので、健康な人間の検査には適応されない。 なので、出産にも適応されない。 康診断なんてものは自費や市民健診で受けろといいたい。 交通事故での受傷した場合は、怪我をした被害者も 「今回

  • 布おむつ

    どこかの頭のおかしい保育園では、布おむつを使っているようだ。 記事によると、福岡市の市立保育園は7か所ともすべて布を使用しているそうだ。 すごい、この地域だけ、昭和30年から時間が止まっているのだろう。 布おむつの是非は、議論すべきレベルのことではない。 恐怖すら感じる愚かな行為だ。 個人的な考えで布おむつを使用するのは問題ないが、公共の施設で布おむつを使う行為は保健所の監査の対象になるくらい、愚

  • 添付文章の改定

    ビームゲンというワクチンの添付文章の改定の通知が来た。 笑ってしまった。 インフルエンザのワクチンを例にとると、1V(バイアル)で1ml、正確には1.2mlくらい入っている。大人は0.5mlの接種だから、1Vで大人2人分のワクチンである。 一日に10人だと5V開けて鬱が、13人とか奇数人来ると、半分余るわけである。 ここで、余ったワクチンを翌日まで保管して使用してよいかどうかである。 ワクチンのバ

  • 禁煙治療

    禁煙治療は今まで保険適応の制約があった。 (一日の喫煙本数)×喫煙年数>200 例えば一日10本10年吸っていたら、10×10=100<200 最近(といってももう数年になるだろうか)、年齢が35歳以下は、この制限がなくなった。 厚生労働省の医療の現場を知らないアホ役人の浅はかな考えで 「若いうちから禁煙を推奨した方がよい」 という考えだろう。 実際、禁煙治療を数多くしている町医者としては、喫煙本

  • 診断書 出勤停止と出勤許可

    風邪の診察で、診断書を要求する患者がいる。 全くアホである。 患者のレベルが低いのではなく、職場や学校のレベルが低すぎる そんなの産業医にでも聞け。 ちなみに、文部省管轄の学校に関しては、学校保健法で登校停止と登校許可の基準が明確にされているので、医師の判断も医師の診断書の不要である。 文部省も、医療機関の負担などを考慮して、インフルエンザなどでの診断書の提出を生徒にさせないよう、何度も通達してい

  • タブー

    芸能人が乳癌をカミングアウトするたびに、いろいろな情報が報道される。 癌は不幸なことだが、それを常に美談にしようとするマスコミの姿勢には問題がある。 芸能人の闘病生活は、なんとしても美談に仕立て上げないと、業界としては面子が立たない、正確な報道はタブーなのだ、とさえ思えてしまう そんな中で、こんな記事を見つけた 小林麻央の乳がん10訓【真似、ダメ、絶対!】 結構ストレートに書いている。 そうなんだ

  • 風邪とビタミンC

    ビタミンCに風邪の予防効果も、風邪の病悩期間を短縮する効果も無い 正確に言うと、医学的根拠も統計学的根拠も全く無い。単なる都市伝説、 コーラに辛口と甘口が有る と同レベルの与太話である。 では、何故このような都市伝説が生まれたのか? それは、ノーベル賞を2度受賞したライナス・ポーリング(Linus Carl Pauling、1901年2月28日 - 1994年8月19日)という科学者が、雑誌(論文

  • 治験薬

    薬の開発の段階での、臨床試験について書きます。 先ずは薬の開発の全体的な流れです。 研究開発 動物での実験 ヒトでの確認(臨床試験)①第Ⅰ相試験②第Ⅱ相試験③第Ⅲ相試験 を経て製品として世に送り出されます。 ここで臨床試験の場合、Ⅰ相だけ、Ⅱ相だけと言うふうに行われることは少なく、普通はⅠⅡ相試験として一緒に行われます。 新薬が開発されて製品化されるには10年~15年かかり、研究開発時に候補に上が

  • 医師の応召義務

    医師には応召義務というのがあります。 特別な理由がないかぎり、診察を断ってはいけないのです。 特別な理由とは、 医師の不在又は病気等により事実上診療が不可能な場合 である。 現実的には、医師本人が病気で診察できない状態や、一親等の不幸時も、応召義務を免除されると思います。 ただ、患者自身の緊急性が高い場合には、自分自身の体調との兼ね合いでしょう。 そうなると、診療時間終了が、例えば19時30分、受

  • ハンガリー国立大学医学部

    日本で医療行為を行うには、日本の医師免許が必要だ。 もしくは、日本と同水準の国の医師免許が必要だ。 発展途上国の医師免許では日本で医療行為は出来ない。 では、日本の医師国家試験を受験する場合、日本の医学部を卒業したものか、もしくは、日本国家が指定した国の医学部の卒業試験を有するものしか、受験資格が無い。 指定している国はと アメリカ、イギリス、フランス、ドイツ、韓国~。 韓国を馬鹿にする人も多いが

  • サントリーのグルコサミン

    ここでも書いたがグルコサミンに膝の痛みを治療(軽減)する効果はない。 では早速、ネットの広告を見てみよう こんな人にお勧めらしい さらに同じ意味を繰り返し。意味不明 痛い、痛すぎる。何を言いたいのか?ますます意味不明。 こだわっているのはわかるが、何に効果が有るのだ? なるほど、製品の品質にこだわっているんだな?で、何に効果があるんだ? 顔写真だすの、いやだったろうな、この人も。 だいたい、顔写真

  • ワクチンの効果

    さて、続いてインフルエンザのワクチンは効果があるか無いか。 インフルエンザワクチンには二つの効果が期待される。 ①個別の効果としての重症化の予防 ②集団の効果としての発生率の低下 先ずは ①の個別の効果としての重症化の予防です。 重症化とは死亡率を下げることで、ワクチンを打つと高熱が出ないとかあまりしんどくないとかの問題ではない。 バカ野郎がワクチンが効果があるデータがないとかほざいているが、&q

  • 死亡診断書の死因

    死亡診断書ですが、日本の死亡診断書の大部分は、全くダメです。有名人がなくなると、死因が公表されますが、「急性心不全」、「肝不全」、「呼吸不全」、「腎不全」etc、全部死因としては不適切です。

  • ワクチン、昨年の騒動

    ときどき騒動を起こしているインフルエンザワクチンの供給問題です。 昨年は初期出荷が遅れに遅れて、プチパニックになりました。 医療機関側も情報が来ず、対処のしようがなかったのですが、コレももちろん、間接的にはアホな厚生労働省の仕業です。 ワクチンと言うのは、普通、メーカーの検定(自家検定)と厚生労働省の検定があります。 もちろんメーカーの検定のほうが厳しい基準で行われ、自家検定をパスすれば厚労省の検

  • こぶとり爺さん

    こぶとり爺さんの(私の個人的)診断は、悪性も含めて考えると①脂肪種②Sarcoma③側頸嚢胞④悪性リンパ腫可能性としては、①と③、頻度としては①だろう。ということで、問診だけでいうと、こぶとり爺さんの診断は、脂肪腫です。

  • 権利と義務 / 管理料

    このブログで、妊婦加算について少しふれましたが、この加算とは何かです。 権利と義務とは? 引用:WikiPedia 引用元:WikiPedia 診察の終わりに来て、自分の体調のことについてや、その他のことについていろいろ医学的質問して、アドバイスを求めるおばあさんがいます。 「診察に当たるので、診療時間内に保険証をもって受診してください」 と言うと、怒ってそれ以来、来なくなりました。 そのおばあさ

  • 守秘義務

    医師の守秘義務についてです。 医師には守秘義務があります。 最近出来た法律で、個人情報保護法と言うのがありますが、医師法に定められた守秘義務は、それよりさらに厳格に、厳密に規定されています。 例えば、診察中に患者さんと話をした内容は、もちろん誰にも口外できません。 よくあるのが、癌の告知です。 内科で胃カメラをして癌が見付かった場合、内科の医者は癌の告知もせずに外科医の外来に回してきたりします。

  • 思春期の少女

    思春期の少女、正確には、10代20代の女性の問診表は、本当に笑ってしまう。 まともでない医師の診断は別として、まともな医師の診断のプロセスとしては ①問診表などを見て事前情報を得る ②事前情報からいくつかの診断を予想する ③診察して予想した診断の順序を入れ替える ④必要であれば、検査などをする だ。 しかし、10代20代の女性は、本当に困る。表現が意味不明で、ちょっと古い表現だが、宇宙人と話をして

  • 何も異常ありません

    今回は、みなさんにぜひ読んでいただきたい内容です。 先日、職員が夜から腹痛に見舞われ、悶絶打つくらい痛くて翌朝までどうしても我慢できず、夜中に救急病院を受診しました。 血液検査、腹部CTを取って、3-4年目くらいのスーパーローテート上がりの医師が、CTを上から下まで丁寧に説明してくれて、最後に 「大丈夫です。異常ありません」 翌朝私に報告してくれました。 「で、診断は?」 「異常ないそうです」 「

  • マスクの効果

    インフルエンザの季節にヒステリックのマスクを着用している医療従事者。 そんなアホに限って、ろくに手洗いもしない。 インフルエンザのウイルスは1/10000mmの大きさで、もちろんマスクの目を素通りします。 麻袋に水を入れるようなもので、ダダモレ。 インフルエンザは正確には空気感染ではなく、飛沫感染。 体外に出たウイルスは8時間前後(長くても2日)で死ぬが、逆に言うとそれぐらいは生きている。 なので

  • 花粉予防

    花粉症予防に鼻に塗るものが販売されていますが、効くのかどうか。 医学的な論文では、チョットしょぼいものばかりでした。 プラセボよ優位さが出ないとか、う~ん、結論から言うと 効きません! フマキ△ー アレルシ◎ットを例に取ると 引用元:フマキラーアレルシャット 「手洗いやうがい、マスクの着用等の対策を行うとより効果的」って、それが効果があるんじゃないのか?

  • 皮下注射

    いきなりです。 皮下注射の後は、もみません。 もむのは筋肉注射です。 インフルエンザのワクチンの注射のあと、 「腫れないようにしばらくもんでください」 アホです。皮下注射はもみません。 というか、もんだらだめです。 念のため、某ワクチンメーカーの学術にも確認しました。 「もみませんね。逆にもんだらだめです」 医者も不勉強でいい加減な知識を垂れ流している輩が多いです。

  • 医者の懐事情

    いきなりですが、医者の懐事情です。現在は数十円の薬価のセフェム系の経口抗生物質ですが、数十年前は、1錠100円くらいの薬価が付き、院内処方で納入原価が30%とか40%と言ううわさです。セフゾン58.6円/c、ケフラール53円/c、フロモック

  • デトックス:宿便について

    デトックスに医学的科学的根拠はなく、単なる自己満足的な儀式です。

  • 小保◎晴子

    小保方 晴子(おぼかた はるこ、1983年(昭和58年)9月25日 - )は、独立行政法人理化学研究所の元研究員、文筆家。2014年1月末にSTAP細胞の論文をNature誌に発表し「リケジョの星」として一夜にして時代の寵児となった。しかし

  • 胃が荒れると・・・口内炎について

    口腔粘膜は重層扁平細胞で、胃は腺細胞なので、当たり前のことですが、胃が荒れているかとと口が荒れているかは全く関係ありません。

  • チタンネックレス

    チタンネックレス、磁気ネックレス、全部嘘です。医学的根拠はありません。こんなもの原価は数百円でしょうか?それを数千円~数万円で買うって、人間バカですね~。自動車部品のオカルトオマヌケグッズのSEVが、このエセ医療分野にも参入しているようで、

  • ボー〇レン

    さて、膀胱炎様症状で医療機関を受診する前によく飲んでいるのが、ボーコレンです。結構よい値段がするわりに効かないと皆さん腹を立てています。非常にまれですがましになったという人もいますが、そんな人、水だけを飲んでも同じ効果だったのでしょう。

  • ホメオパシー

    ホメオパシーについてです。別に宗教の領域で布教活動をされる分には構いませんが、ホメオパシーを治療の分野に持ち込むと、もう、社会悪としか言いようがありません。1796年に提唱されたとありますが、13世紀より出現した錬金術の全盛期がこのホメオパ

カテゴリー一覧
商用