プロフィールPROFILE

係員さんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
元ニート係員のすこやかな備忘録
ブログURL
https://makirima.com
ブログ紹介文
フリーター・ニートを経て、係員になったアラサー男がすこやかな日々を模索するブログ。
更新頻度(1年)

21回 / 113日(平均1.3回/週)

ブログ村参加:2019/07/27

係員さんのプロフィール
読者になる

係員さんの人気ランキング

  • IN
  • OUT
  • PV
今日 11/16 11/15 11/14 11/13 11/12 11/11 全参加数
総合ランキング(IN) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 978,147サイト
INポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
OUTポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
サラリーマン日記ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 11,511サイト
アラサーサラリーマン 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 555サイト
今日 11/16 11/15 11/14 11/13 11/12 11/11 全参加数
総合ランキング(OUT) 78,231位 圏外 78,231位 78,324位 78,328位 78,214位 78,364位 978,147サイト
INポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
OUTポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
サラリーマン日記ブログ 334位 圏外 334位 330位 336位 335位 333位 11,511サイト
アラサーサラリーマン 11位 圏外 11位 10位 10位 10位 10位 555サイト
今日 11/16 11/15 11/14 11/13 11/12 11/11 全参加数
総合ランキング(PV) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 978,147サイト
INポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
OUTポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
サラリーマン日記ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 11,511サイト
アラサーサラリーマン 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 555サイト

新機能の「ブログリーダー」を活用して、係員さんの読者になりませんか?

ハンドル名
係員さん
ブログタイトル
元ニート係員のすこやかな備忘録
更新頻度
21回 / 113日(平均1.3回/週)
読者になる
元ニート係員のすこやかな備忘録

係員さんの新着記事

1件〜30件

  • クレジットカードをようやく手に入れた係員

    僕はおよそ2年間にわたるニート生活をセミリタイヤし、さぁてこれから納税奴隷かーという転換期に、「楽天カード」というクレジットカードなるものの発行申請をしたことがあるのだけれど、その審査に楽勝で落ちたことがある。 落ちるのはまぁ、当たり前と言えば当たり前で、申請時の職業は「会社員」にすることはできたものの、勤続年数は「1カ月未満」、居住年数は「1カ月未満」となり、またその時は初めての申請で何もわから

  • とある一日のこと。

    とある一日のこと。 朝7時に起床し、顔を洗い、口をゆすぎ、コーヒーとトーストを準備し、朝食を済ませ、食器を洗い、歯を磨き、ひげを剃り、排便を済ませ、手を洗い、コーヒーをタンブラーに注ぎ、スーツに着替え、髪を整え、弁当とタンブラーを鞄に入れ、靴を履き、自転車に跨り、いつも通り会社へゴー。 だんだんと寒くなってきたなー、手袋持ってないから買わんとあかへんのー、なんてささやかな物思いに耽りながら駐輪場へ

  • ついつい買ってしまうもの

    煩悩まみれの凡夫である僕にはついつい買ってしまうものというものがあって、それは本なのだけれど、なぜ本を読むのかというと、それはショーペンハウアーが『読書について』みたいな感じのニュアンス的な著作の中で宣わっているように、僕自身が思考力の欠落した欠陥人間だからなのだけれど、本の他にも必要以上に買ってしまうものというものがあって、それは靴なんですね、これが。 がらんどうの脳髄をフル回転させて記憶を遡っ

  • ちょっと寛容になるには。

    係員としてドブさらえのような事務仕事を淡々とこなしていると、隣の席に座っている暇を持て余した係長が話し掛けてくることがある。 僕はただでさえ腐りかけている脳髄をさらに腐らせないためのささやかな予防措置としてテレビを見ないようにしているため、我らが自称先進国日本に住まう自称先進国民たちが何について騒いでいるのかということ、すなわちニュースなるものに疎く、テレビ中毒・ネット中毒の係長はその僕の疎さに憐

  • とりあえず外に出てみることにする。

    先週の平日は業務の都合上まるまる県外で過ごした。 その間に懇親会が2回もあり、元来初対面の人とのコミュニケーションが苦手な僕にとっては心労極まる一週間となり、帰宅した翌日の土曜日はほとんどを寝て過ごした。 あんなに疲れるのは久しぶりで、熊野古道を歩いた翌日もあれほど疲れてはいなかったはずなのだけれど、まぁ、もう終わったからいいだろう。 ニート生活をセミリタイヤし納税奴隷になってからというもの、平日

  • 『ファイト・クラブ』に貼った付箋集

    先日『ファイト・クラブ』という本を読んで面白かったので紹介しよう。 紹介と言っても、ここに本の感想を長々と書き連ねられるほどに僕の脳髄の中身は充実していない。 脳髄が空っぽであるからこそ、その空虚を埋めようとして本を読んでいるのだから、その点をご理解願いたい。 本を読んでいる最中に、なんとなくぐっときた文章に付箋を貼っておいたので、それらをとりあえず羅列する。 「欲しいものがわからないと」ドアマン

  • 僕は半年間で洗脳されたのか成長したのか。

    働き始めてそろそろ半年になる。 働き始める前は2年間無職で、その間は旅に行っていたり、祖母の介護をしていたり、釣りをしていたり、家でぼさっとしていたりしていた。 そして労働を再開し、半年が経った今現在言えることは、今の自分にとって労働はいい感じの日々のリズムのために必要であるということです。 このように思えたことは今まで一度もなく、自分でも少し戸惑っているのだけれど、かつて僕はとにかく労働を嫌って

  • 10年ぶりに新調した財布はガチガチのカジノ

    僕にとっての人生の大恩人である亡き祖母は、毎日使うものに金は惜しむな、と言っていた。 しかしまぁ、現実というのは残酷で、その現実を直視すれば、僕は一介の底辺係員で、ついつい金を出し惜しんでしまうのだけれど、それではあかへんど、とこの度は祖母の教えに則り、妥協することなく財布を新調することにした。10年振りの新財布である。 購入したのはポーターのカジノという財布で、値段は約3万。楽天で購入したので、

  • 熊野古道を歩きたい係員各位

    貯金や資産運用、それもまぁ大切だとは思うのだけれど、それらに脳内をハックされ、ファックされると、時間を換金するだけの人生になりかねず、自称大人の年齢になってもカネのことしか話せず、下の世代に説得力を纏った言葉を吐くことのできない深みのないペラペラ人間になってしまう恐れがある。 そのような浅薄な人間にならないためには、姪っ子のために楽しい話ができるようになるためには、お金を何らかの経験のために使うこ

  • 係員の資産運用は積み立てNISAくらいがちょうどいい。

    ニート時代にやってみたかったけれどやれなかったことの一つが資産運用だった。 無職無収入状態では文字通り収入が皆無であるため、運用するための元手がないのだから資産運用できるわけがない。 いつの日か何らかの因果が巡りに巡って働くことになった時、余剰資金を使ってささやかな資産運用でもやってみようかしらん、と思い始めて二年、気がつくと僕は係員になっていて、晴れて資産運用を始めることができている。 資産運用

  • Tシャツが臭いのはあなたが臭いのではなく、雑菌のせい。

    ワイドハイターとドライバッグ。 臭いTシャツ 「ヤバイTシャツ屋さん」というバンドがあるらしいのだけれど、僕は彼らの曲を一曲も知らない。 というのはどうでもいいとして、「ヤバイTシャツ」というのはどういうものなのかしらん、と考えてみると、すぐに思いつくのが「臭いTシャツ」である。 今年の夏はとにかく暑く、たくさん汗をかいた。 京都はほんまに暑いどす。 そしてもう夏が終わろうとしている今日この頃、我

  • 年金の前提を知れば、なぜ年金だけでは暮らせないのかがわかる。

    僕の友人に無職のやつがいるのだけれど、きゃつは律儀に年金を払っている! 僕が無職だった時は即刻全額免除申請を出して一円も払っていなかった。 僕は現在係員で、給料から年金を強制徴収されているため、払わないという選択ができない状態なのだけれど、仮に払うか払わないかの選択ができるのならば、楽勝で払わないと思う。 僕が上記の無職の友人に金がもったいないから全額免除の手続きをして払うのをやめちゃいなーと言っ

  • ふと断食をやってみた。

    前日の晩御飯のためにコロッケを揚げたのだけれど、油の温度が十分ではない状態でコロッケを放り込んだものだから、からっと揚がらずに油をグングンに吸い込んだどりどりのコロッケが完成し、底辺係員としての窮乏を鑑みて躊躇なく食べることにした。 しかも五個も。 当然の結果として胃がもたれた状態で寝ることになった。 翌朝の今日は回復していて、何の問題もなかったのだけれど、とりあえず胃を休めようかしらん、というわ

  • ぼんくら、格安SIMをすすめるの巻

    先日、底辺係員の業務の都合上、職場の方(Aさん)と昼食を一緒に食べることになったのだけれど、その時に月々のスマホ料金の話になった。 Aさんは三大キャリアの奴隷顧客で、夫婦での月々の支払額が約16000円で、単純に一人約8000円らしい。 僕は格安SIMを利用しているため、毎月約1600円である。 Aさんの場合は機種代金の分割払いの分も含まれているので、通話・通信料のみの料金は約5000円くらいだろ

  • ナイトランプを赤ちゃんへ

    今年のお盆は父の葬儀と祖母の初盆が重なったため、ほとんどを実家で過ごしたのだけれど、妹もちょうど子供を出産したばかりで実家にしばらく滞在している状態で、よって僕は毎日赤ちゃんと顔を合わせることになった。 赤ちゃんというのは本当に可愛くて、その微笑みはありとあらゆるネガティブな雑念を吹き飛ばし、いい感じの気分を与えてくれる。 この子もいずれはこの国の納税奴隷アンドロイドに矯正されていくんだなー、悲し

  • 1年前の8月は

    1年前の8月、僕は無職で、夭逝した友人の初盆のために地域の行事に参加し、帰宅すると祖母もいて、父も生きていたのだけれど、その1年後、僕は職を得て、家を出て、祖母も父も死んでいるとは。 ガチのムチで想定外の今日だなー、と思う。 同様にこれから1年後、自分がどこで何をしているのか想像がつかない。 仕事を辞めてへらへらしているかもしれない。 ばちばちに労働をかましているのかもしれない。 母が成仏している

  • 赤ちゃんはなぜ可愛いのか

    少し前に姪っ子が生まれて、今年のお盆休みはずっと一緒に過ごすことになりそうなのだけれど、僕は赤ちゃんのあまりの可愛さに、きゃわわわぁ、となっている。 赤ちゃんの可愛さというのは実に別格で、その影響力は絶大で、おかげで財布のヒモがゆるゆるになってしまい、姪っ子のためにと色々買っていると、貯金がまじでアジャパー。 どうして赤ちゃんはこうも可愛いのかしらん、と考えてみるに、それは己の身を守るためなのでは

  • 父の死、無常。

    先日、父が亡くなった。 1ヶ月前に急遽体調を崩して入院。 そして帰らぬ人となった。 まじで諸行無常。 僕は十代の頃に1人、二十代の頃に1人、計二人の友人をすでに亡くしているのだけれど、そういう経験から常々思うことは、まじで諸行無常だなー、ということ。 誰にとっても一寸先はがちで闇で、だからこそ、今から一時間後に死ぬ可能性は本当にわからないという意味でみんな等しいのではないか。 となると、いつ死ぬか

  • 欲が減るという成長

    かつてインドをぶらついていた時に、僕は何らかの因果に巻き込まれ、気が付いたらアシュラムに2週間ほど泊まり込んでヨガを学んでいたのだけれど、そこで暇を持て余していた時はアシュラムの事務所で本を借りてテキトーに読んでいた。 アシュラムに置かれている本は全てヨガ関係の本で、こういうこともあるのかー、おもろいのー、というような感じで面白半分に読んでいたのだけれど、その際に思わずノートに書き留めた一節がある

  • タオルを使い倒す

    係員の朝は早い。 と言っても、起床時間は午前7時なのだけれど、暑さに勢いの増す今日この頃は起きると全身が汗でべっとりで、ただただ参ります。 なので朝食を済ませた後はシャワーで汗を流し、さっぱりした状態で着替えを済ませてから出勤するのだけれど、そうなるとタオルの消費量がえらいことになる。 一日に朝と夜の2回シャワーを浴びるのだからタオルを2枚も消費する。無論タオルは足りなくなり、洗濯時は一本しかない

  • 暇に苦しむ人は奴隷

    暇な時間、つまり何をやってもいいし何もやらなくてもいい時間に直面した時、自分が奴隷かどうかが明らかになる。 暇な時間を充実感に変えることができる人は奴隷ではないし、暇な時間を退屈だとして苦しむようであれば、その人は奴隷である。 自由な時間を楽しむことができない人間にとって、暇は退屈を意味し、苦痛を意味する。 よって、そのような人間にとって自由な時間は極力少ない方がいい。その方が退屈しないで済むとい

  • 二日酔い対策の模索

    僕は普段お酒をほとんど飲まないのだけれど、飲みの席ではきちんと飲む。 飲み始めると飲み過ぎてしまうことがあり、そうなると翌日二日酔いでダンテもびっくりするほどの地獄の時間を過ごすことになる。 その苦痛を味わう度に、もう飲まへんど、と心に誓うものの、刹那的な快楽の波にさらわれて同じ過ちを繰り返してしまう。 先日も会社の諸先輩方と飲む機会があり、まんまと休日の大半を二日酔いで空費してしまった。 底辺係

  • 狩猟免許のために精神科へ

    僕は現在、狩猟免許の取得を目論んでいるのだけれど、狩猟免許試験を受けるためには特定の精神異常がないことを医師に証明してもらわなければならない。 というわけで、近所の精神診療所に行ってきた。 精神科に行くのは今回が初めてだったのだけれど、医師1人の小さな診療所の待合室は常に7~8人の患者が待っている状態で、時代だなー、と思った。 待合室につげ義春の漫画が置かれていて、ここにはぴったりだなー、と思った

  • 元ニート係員(自己紹介)

    社会を舐め腐り、就職活動をすることなく大学を卒業。

カテゴリー一覧
商用