chevron_left

メインカテゴリーを選択しなおす

cancel
初実の果 https://firstfruits.hatenablog.com

キリスト教についてまとめるメモブログです。カトリック、正教会、プロテスタントを幅広くまとめています。

ヨッシー
フォロー
住所
未設定
出身
未設定
ブログ村参加

2019/07/24

1件〜100件

  • キリスト教徒と国家第一主義について

    悪魔はイエスを高い山へ連れて行き、またたく間に世界のすべての国々を見せて、こういった。 「この国々の一切の権力と栄華とを与えよう。これらは私にまかせられており、私は好きな者にこれを与えられるからだ。 そこで、もしあなたが私を拝むなら、みなあなたのものになる。」 イエスは彼に答えていわれた 「悪魔よ、私から離れよ、主なる汝の神を拝し、神だけにつかえよとの聖句がある」 (ルカ4:5-8) The Devil’s NationalismAnd the devil took him up, and showed him all the kingdoms of the world in a moment…

  • ”原罪”なきキリスト教?堕落とは何か、キリストの救いとは何か

    "Adam & Eve / creation and fall / XII century /" by jimforest is licensed under CC BY-NC-ND 2.0 イエス・キリストのことをよく「救い主」と言いますよね。 でも、なぜイエスは救い主なのでしょうか。 キリストは、何からわたしたちを救ったのでしょうか。

  • 神から はなれて あてもなく さまよってしまったことが ありますか?

    道に まよっていたことは ありますか? 福音は あてもなく さまよってしまった ある子どもの お話を つたえています。 子どもは 外にでて さっていこうと していました。 家族は そのことを しっています。でも、 子どもを とめるコトは しませんでした。 しばらくして、 子どもは 自分が 道にまよっている ことを さとります。 父親と 共に いたいと ねがいました。 まもられ 愛されたいと ねがいました。 家に かえりたいと ねがいました。 myocn.net この福音は ただ 若者が さまよった だけの 物語 では ありません。 わたしたちが どのようにして 時々 主から まいごに なってし…

  • 「神の善」--シリアのイサクによる

    今日シリアのイサクをよんでいて、こんな言葉をみつけました。イエスのたとえ話である「放蕩(ほうとう)息子」からのはなしです。 シリアのイサクは7世紀(せいき)の主教です。また、東方教会でとても名高い人でした。かれはイラク北部にあるニネベの主教でした。そのあと、孤独(こどく)といのりと執筆(しっぴつ)の人生に身をひきました。かれの著作は今や世界中でしられています。とくに、東方正教会の兄弟たちの間で大切にされています。その本は東方正教会の人だけではなく、ハバひろく たくさんの人々を元気にしています。かれのふかいいのりと聖書の研究、そしてイエス・キリストへの愛からうまれた神のあわれみについての、とこし…

  • 神はなぜ神を愛する者への誘惑を放っておくのか - シリアの聖イサクの説教

    聖徒たちが神の名のためにくるしみをたえて神への愛をあらわしたとき、神はその愛するものたちをみすてません。聖徒たちは心の底から神をみる勇気を得ます。勇気あるいのりは力づよいものです。聖者がたくさんのかなしみから試みをうけることを神がゆるすのは、神のたすけとまもりをおしえるためです。なぜなら、神はくるしみの中からあがないだされる方だからです。聖徒たちは無学だけれども、経験から知識を得ます。それはサタンからあざわらわれないためです。 なぜなら、もしよいことだけで試みをうけたなら、ほかのまなびがないので たたかいにおいてメクラになるでしょうから。

  • シリア語詩編153編をよむ

    シリア語にのこる外典(偽典)詩編です。 ――人々がキュロスから帰国の許可を得たとき。 主よ、わたしはあなたに向かって泣(な)きました𝅝 どうか聞いてください。 わたしはあなたの聖なる住まいに向けて手をのばしました𝅝 わたしに耳をかたむけてください。 わたしの願いを聞きいれてください𝅝 わたしのいのりはとだえません。 わたしのタマシイを壊さず、むしろ築きあげてください𝅝 どうか悪しき者の前にすておかないでください。 よこしまに報いる者が、マコトのさばきをもってわたしから遠ざけられますように。 主よ、わたしの罪にしたがってわたしをさばかないでください。あなたのみ前に罪なき人はいないからです。 主よ…

  • 正教会の伝統における神の恵みと怒り

    エリック=ジョーブによる最近の義認シリーズ(パートI, パートII, パートIII)は、正教会での「神の怒り」のあつかいについて議論をおこしました。 一部の読者は、正教会に「神の怒り」の概念がまったくないとかんがえていたようです。 そういう人たちにとって、救いは「神の怒りからの解放」となんの関係もありません。 わたしは義認シリーズについてはとくにコメントしません。かわりに、義認と関連する「神の恵みと怒り」についての問題に焦点をあてたいとおもいます。 ここでは、正教神学における恵みと怒りの関係についておおまかに探ってみます。この記事ではまだみじかくて不十分かもしれませんが、あまり学術的な議論より…

  • パスハ(復活祭)の説教 ー 聖金口イオアンによる

    By Surgun100 - Own work, Public Domain, Link 敬虔で神を愛する人、あなたは公正で輝かしい勝利の宴を存分にたのしむでしょう。 かしこいしもべよ、あなたは主の喜びの中に迎えられ、喜びあふれるでしょう。 長い斎(断食)を敬虔に過ごした人、あなたはその報酬を今うけとるでしょう。

  • 旧約聖書でも神は愛です - 洪水、疫病、戦争…聖書の神は愛の神?(Part2)

    Part1からの続きです。 第1章 - 旧約聖書でも神は愛です 自由意志の概念 旧約聖書の中に神の愛が表れる場所はあるでしょうか? はい、間違いなく。しかし、聖書を読んでいく前に、本書で調べる議題と、キリスト教全体を理解するために必要な概念を説明させてください。自分と誰かとの関係を考えてみてください。配偶者とか、友人とか、同僚とかです。もしあなたがその人との関係を始めた側だとしたら、関係を始めた頃を思い出してください。おそらくあなたは、彼/彼女が一緒に楽しく過ごせるようにと思い、優しい言葉とか、贈り物とか、親切な態度とかで相手を喜ばせようとしていたでしょう。そうして、二人の関係を深めていったの…

  • クリスマスの道徳――キリスト降誕説教、シリアのイサクによる

    アンドレイ・ルブリョフによるキリスト降誕のイコン このクリスマスの夜は全世界に平和をもたらしました。 ですから、誰も問題を起こさないように。 The Ethics of Christmas – The Nativity Sermon of Isaac the SyrianThis Christmas night bestowed peace on the whole world; So let no one threaten; This is the night of the Most Gentle One – Let no one be cruel; This is the ni…

  • なぜ人間を「神父」と呼ぶの?

    多くのプロテスタントでは、カトリックの人が「神父(father,)」と呼ぶことを、イエスが禁じた非聖書的な習慣であると主張しています。「また、地上の者を『父』と呼んではならない。あなたがたの父は天の父おひとりだけだ。」(マタイ23:9)。 どのように返せばよいのでしょうか。 答え この主張がなぜうまくいっていないのかを理解するためには、まず私たちの父親をさす「父(father)」という言葉の使い方を理解する必要があります。少女が父親に「愛している」と言うことを否定する人はいないでしょう。常識的に考えれば、イエスがこのような意味合いでの「父」という言葉を禁じてはいないことが分かります。 実際、禁…

  • 洪水、疫病、戦争…聖書の神は愛の神?(Part1)

    "頬を打たれたら別の頬を差し出すように命じる神は、どうして罪のために石打ちにされることを許すのでしょうか。私たちを呪う者に祝福するよう求める神は、どうして大切にしていたであろう人々を洪水で滅ぼすことができるのでしょうか。空腹の5000人の男とその家族を憐まれた神と同じ神が、一晩でソドムとゴモラを完全に滅ぼすことがどうしてできるのでしょうか。話の筋が通っておらず、意味が分かりません。"

  • 聖大バシレイオス: 創造主に感謝を捧げる

    食事の時には祈りなさい。 パンを取る時にはその与え主に感謝しなさい。 酒で体を弱らせた時には、この贈り物をあなたに与えた方を思い起こし、心を喜ばせ、弱い自分の慰めとしなさい。 St. Basil the Great: On Giving Thanks to the CreatorAs thou takest thy seat at table, pray. As thou liftest the loaf, offer thanks to the Giver. When thou sustainest thy bodily weakness with wine, remember Him Wh…

  • 人を励ます五つの方法―「励まし」という言語

    五旬節の日が来て、使徒たちがみな一つになって集まっていた。 すると突然、激しい風が吹くように天から音が聞こえ、彼らが座っていた家全体に響き渡った。 そして火のような分かれた舌が現れ、彼ら一人一人の上にとどまった。 すると彼らは皆聖霊に満たされ、霊が語らせるままに他国の言葉で話し始めた。 さて、エルサレムには敬虔なユダヤ人が天下のあらゆる国々から来て住んでいたが、 この音に驚いて集まってきて呆気にとられていた。使徒たちが自分たちの生まれ故郷の言語で話しているのを聞いたからである。 そして驚き怪しんで言った、「見よ、いま話しているこの人たちは皆ガリラヤ人ではないか。 それなのに、わたしたちはめいめ…

  • 聖書の矛盾の指摘について

    聖書の批判者が採用する誤った仮定:

  • コリント人への「第三」の手紙を読む。

    パウロとコリント人の往復書簡としてもしられるこの手紙は、5世紀までシリアの教会で使用されていました(しかしペシッタ訳には入らなかった)。アルメニアでも長らく使われていましたが19世紀には続編に、そして後に除外されました。 この書簡は長らく独立した手紙だと考えられていましたが、現在ではパウロ行伝に組み込まれていると分かっています。また、この手紙をコリント人への第一の手紙の5:9、7:1などに言及されていると考える人もいます。

  • 父への唯一の道

    「わたしがどこに行くのか、その道をあなたがたは知っています。』 トマスはイエスに言った。『主よ、どこへ行かれるのか、私たちには分かりません。どうしたら、その道を知ることができるでしょうか。』 イエスは彼に言われた。『わたしが道であり、真理であり、いのちなのです。わたしを通してでなければ、だれも父のみもとに行くことはできません。」 - ヨハネ 14:4–6

  • 神の愛

    神を愛しなさい。神があなたに「神を愛しなさい」と命じたためです。自己欺瞞の空想家が神を愛せるとは思いません。 強姦を行わず、神経を興奮させず、自分の血(=思い)の火と物質(=この世)の火で身を焼かないようにしなさい。…

  • 父の心を壊すこと

    あなたを生んだ父の言うことを聞け。あなたの母が年老いても蔑んではならない。 真理を買え。それを売ってはならない。知恵と訓戒と分別も。 正しい人の父は心躍らせ、知恵のある子を生んだ人はその子を喜ぶ。 あなたの父と母を喜ばせ、あなたを産んだ人を楽しませよ。 わが子よ、あなたの心をわたしにゆだねよ。あなたの目が、わたしの道を喜ぶようにせよ。 (箴言23:22-26)

  • 【子供向け】よろこんで、ほかのひとを たすける ほうほう

    ほか の みんな の ため に、いいこと を したこと は ある? …でも、やりたくない? たぶん、みんな は おにいちゃん や おねえちゃん、おとうと や いもうと と おやつ を わけて たべたり、あそびたくない人(ひと) と 一(いっ)しょ に あそんだり、てつだいたくない人(ひと) を たすける ことも できたかもね。 でも、たすけた あと に 「やりたくなかった」って 文(もん)く を いっちゃった? 文(もん)く を いうと みんな が やった いいこと は きえちゃうんだよ!

  • 心を尽くしてイエスに従う

    イエスは別の人に、「わたしに従って来なさい」と言われた。しかし、その人は言った。「まず行って、父を葬ることをお許しください。」 イエスは彼に言われた。「死人たちに、彼ら自身の死人たちを葬らせなさい。あなたは出て行って、神の国を言い広めなさい。」 また、別の人が言った。「主よ、あなたに従います。ただ、まず自分の家の者たちに、別れを告げることをお許しください。」 すると、イエスは彼に言われた。「鋤に手をかけてからうしろを見る者はだれも、神の国にふさわしくありません。」 ルカ 9:52-62 ジョン・ハート(John Hart)は米国独立宣言に署名した、56人のうちの1人です。この歴史的な文書に彼が…

  • 知恵について質問

    朗読箇所:バルク3:9-15、32-4:4 なぜ「常識(一般的な知恵)」が時々間違っているのでしょうか。私たちの社会で本当に賢い人とは誰なのでしょうか?

  • ヨナによるニネベへの宣言

    Heiko BehnによるPixabayからの画像 再びヨナに次のような主のことばがあった。「立ってあの大きな都ニネベに行き、わたしがあなたに伝える宣言をせよ。」 ヨナ 3:1-2

  • 天地の造り主

    以下は新著書『使徒信条:偽りの時代における真のキリスト教の発見』からの抜粋です。 なぜ宇宙(universe)は存在するのでしょうか?あなたは宇宙(cosmos)についてを一人一人の存在に至るまで説明できますか?この二つの質問は知的な人であれば避けて通れないものであり、この質問への答えが意味のある他の質問につながっています。

  • 真理の剣―マタイ10:34、聖Nicolai Velimirovichと現代の解説

    私が平和*1を地上に投じるために来たと思ってはならない、私が来たのは平和ではなく剣を投じるためである。(マタイ10:34) *1:和平とも訳せる

  • 神への恐れについて―聖使徒ペテロの第一の手紙の言葉の解説

    Miyako9さんによる写真ACからの写真 敬虔な使徒ペテロはキリスト教徒への手紙の中でこう書いています。 従順な子のようになりなさい、以前の無知のときの欲望に従わず、むしろあなたがたを召された聖なる者にならって、あなたがたもすべての行いにおいて聖なる者となりなさい。なぜならこう記してあるからです「私は聖であるから、あなたがたも聖であるように」(1ペテロ1:14-16)

  • 神の愛とその他の愛―愛の混同について

    イエス様の「難しい」言葉の一つに次のような箇所があります。 私のもとに来て、自分の父、母、妻、子、兄弟、姉妹、また自分の生命(いのち)さえも憎まない者は、私の弟子となることは出来ません。 ルカ14:26

  • はじめまして。

    キリスト教について書くブログを作りました。 同じアカウントで最近開設した Jesus loves me は私のブログではありませんが、諸々の事情によりこのアカウントで運営します。 こちらのブログはNyakki! 2.0の運営者と同一人物です。 → このブログについて - 初実の果

ブログリーダー」を活用して、ヨッシーさんをフォローしませんか?

ハンドル名
ヨッシーさん
ブログタイトル
初実の果
フォロー
初実の果

にほんブログ村 カテゴリー一覧

商用

フォローできる上限に達しました。

新規登録/ログインすることで
フォロー上限を増やすことができます。

フォローしました

リーダーで読む

フォロー