searchカテゴリー選択
chevron_left

メインカテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE

biz_rimさんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
40代転職ナビゲートblog
ブログURL
https://www.40tenshoku.biz/
ブログ紹介文
転職回数と受けた面接の件数ならかなり豊富です(笑)。40代のビジネスマンが転職活動やキャリアについて考察するブログです。
ブログ村参加
2019/07/21
本日のランキング(IN)
フォロー

ブログリーダー」を活用して、biz_rimさんをフォローしませんか?

ハンドル名
biz_rimさん
ブログタイトル
40代転職ナビゲートblog
フォロー
40代転職ナビゲートblog

biz_rimさんの新着記事

1件〜30件

  • アラフォーの中小企業診断士資格取得と転職の現実性

    中小企業診断士資格取得の意味 はじめに 40歳転職のリスク 中小企業診断士は転職に有利に働くか 中小企業診断士と年収の関係 転職の動機は? まとめ はじめに 中小企業診断士を目指し転職活動をしていた経験から、果たしてアラフォーの資格取得と転職についての現実性はどうなのかをお伝えしたいと思います。 また、私は大手企業出身ではなく、これまで中小企業で勤めた経験のみになり、そういった背景の下で、中小企業診断士の資格取得を目指しながら転職活動をした経験者になります。 ミドル層になってからの転職は相当な勇気と覚悟、自信がなければ現実的には難しいと思ってます。 もちろん大手出身で技術や経験に裏付けされた揺…

  • 経験者だから語れるアラフォーの未経験転職成功の秘訣

    ミドルの未経験転職を考える 一般的に年齢が高くなる程、転職が難しくなります。とりわけアラフォーを含めた40代の未経験転職となると簡単に成功するのは難しいでしょう。 そんなアラフォーの未経験転職を成功させるポイントを私、自身の経験談を交えてお伝えしたいと思います。 アラフォーの未経験転職を成功させる2つのポイント やりたい仕事を明確にする 転職のプロである転職エージェントを利用する 最後に アラフォーの未経験転職を成功させる2つのポイント アラフォーでの未経験転職を成功させるには自分の意思をきちんと整理し、これからどのような仕事をやりたいのかを明確に決めることがポイントです。 また、転職エージェ…

  • 行政書士資格の取得と転職活動、そして独立へ

    難関資格を目指そうと思ったきっかけ 資格選びから勉強へ 勉強法&マインド 合格後、転職へ 現在について&アドバイス 難関資格を目指そうと思ったきっかけ 筆者が勉強を志したのは2020年4月。新型コロナウイルスが猛威を振るい「緊急事態宣言」が初めて発令された辺りのことです。 それまでもぼんやりと「転職」を考えていたのですが、実際に行動に移した第一歩目でした。 転職を考えた理由は、現職でのやりがいが完全に喪失していたからです。 ルーティンワークや裁量権がないなど細かい理由はたくさんあります。また、コロナ禍において会社に固執しない働き方を目指そうと思ったのも理由の一つです。 ですが、手に職がない&新…

  • 「攻めの転職、逃げの転職、やむなく転職」 あなたならどうしますか?

    あなたの転職はどのタイプ? はじめに 攻めの転職・・・千代田生命からA損保子会社へ 逃げの転職・・・A損保子会社からAIGへ やむなく転職・・・AIGからM損保へ まとめ はじめに 私はサラリーマン人生で3つの転職「攻めの転職、逃げの転職、やむなく転職」を経験しました。 大学卒業後千代田生命に入社、営業所長職をメインに19年勤務しました。毎日大変な思いで営業所長として頑張って公私ともに充実した日々を過ごしていました。 そして40代に突入した2000年10月10日 体育の日で祝日、朝6時会社経営破綻を新聞朝刊一面で知ることとなりました。 お客様対応が一段落した後でも千代田生命の存続、新会社立ち上…

  • 転職成功の決め手になった、私がやった2つのコト

    悩み多き40代の転職 私はITソフトウェア業界のベンチャー企業にて営業マネージャーとして勤務する43歳/男性です。 昨年実際に行った転職活動の経験から、40代を迎えた私が希望業界の希望職種にて採用された決め手につながったと感じている【転職軸の設定】と【活かせるスキルの棚卸し】についてお話したいと思います。 転職理由と転職活動の開始 転職軸の設定と活かせるスキルの棚卸し 面接→内定、そして入社へ さいごに 転職理由と転職活動の開始 当時の私は人材サービス業界の企業にて課長ポジションに就き、20名程いるメンバーの営業管理業務を行っていました。 その会社ではほとんど毎月平均以上の成績を挙げる拠点を作…

  • 外資主導による3社合併、 ある朝突然、冷徹非情のリストラ勧告?! 着々と進んでいた合併構想が、結局なかったことに!

    合併ご破産の影響が・・・ 黒船到来?新たな合併劇! 勤務先生保から会社合併を理由に問答無用のリストラ宣告! 40ページに及ぶ早期退職者リストに愕然! まとめ 私が勤務していたA生命保険は親会社の意向と経営効率化のため、2009年1月を目標に同じ外資系グループ内のB生命保険と対等合併して新しい会社として生まれ変わる予定でした。 同じグループとはいえ、双方とも元は日本社で中堅生保のライバル会社同士であり、トップの方針も企業風土も違います。 約2年に及ぶ準備期間を設けて人事交流をさかんに行って「和」の醸成を図り、相対組織同士の合同会議、各部門での調整作業が行われていました。 われわれ一般支社勤務の人…

  • 転職時に感じる不安とその解消法

    転職の不安を少なくするには・・・ はじめに 整理プロセスについて 現状の満足、不満点を列挙してみる。 不満と思う部分 満足している部分 転職することで、不満が解消され、満足部分が継続するかを整理する 不満な点は解消するか 満足部分の継続保証があるか 転職活動を行うか、止めるかの判断をする おわりに はじめに 私は現在49歳、大学卒業後の新卒以降、IT業界内で3度の転職をしています。 直近では、今から5年前の45歳の時に転職を決意し、3か月ほどの活動ののち、採用、入社となりました。現在もその会社に在籍しており、転職して良かったと思っています。 転職のきっかけはいろいろあると思います。 正直に言え…

  • 転職難民にならないために本当に理解していて欲しいこと(後編) 

    世の中がこんな感じに見えてしまうほど・・・ 転職難民にならないために本当に理解していて欲しいこと(前編)では、転職スタートから、待っていた現実までの話を書きました。今回はその続きです。 <その後の行動①> 素直に薬のお世話になる <その後の行動②> 転職弱者であることを素直に認め、状況や気持ちすべてを妻に素直に話す <その後の行動③> 妻の稼ぎも踏まえて生活していくためのリアルな計画を組む、目標を持つ <その後の行動④>転職活動すべてを見直し <その後の行動⑤> 転職活動以外の行動 <なんとか内定GET!> <まさかの誤算>転職ブルー <今戦っている方、これから転職をされる方へ> ①離職期間は…

  • 転職難民にならないために本当に理解していて欲しいこと(前編) 

    転職難民にならないための処方箋とは? 始まり 待っていた現実 誤算① 再就職支援サービスが頼りにならない、転職成功の見込みの薄い人には他のエージェントも離れていく 待っていた現実 誤算② 分かっていても、それ以上の現在の転職事情の厳しさ 厳しい現実 誤算③ 自身の市場価値がまったく理解できていなかった 求人の傾向 厳しい現実 誤算④ 想像以上のメンタル面でのつらさ 厳しい現実 誤算⑤ 意欲の低下 厳しい現実 誤算⑥ 企業の選考には意外と時間がかかる 始まり 今年春に前職を希望退職に応募し退社。会社からの待遇への不安や条件の良い退社条件でもあったので迷いはしましたが転職を決意。また再就職支援も受…

  • 突然のリストラ? パソナキャリアコンサルと二人三脚で転職に成功!

    突然のリストラ。窮地を救ってくれたのは? 勤務先生保から会社合併を理由に問答無用のリストラ?! パソナキャリアでの転職活動スタート 苦戦続きの転職活動 まとめ 勤務先生保から会社合併を理由に問答無用のリストラ?! 私は当時A生命保険会社の教育担当職で頑張っていました。 その年の5月にマンションを購入、7月に引越しも済ませ、家族とともに新たな一歩を踏み出していました。家族は、妻と娘2人(社会人・大学3回生)でした。 お盆休み明けの8月末に上司から面談ありました。若手を除く同僚も数人順番に呼ばれました。「他社との合併が正式決定し、次の会社に○○さん(私)の席はありません。12月末で早期退職していた…

  • 体験談「実録アラフォー転職の本音と現実;40代前半転職の三段跳び」

    40代で高く跳んだ事例の紹介 40代で人生最後の転職に挑戦したい。このような考えを持つ中高年が増えています。しかし、残酷なことに、多くの人が転職できずに後悔しています。 40代前半で転職成功するにはどうしたらいいのでしょうか...私の経験に基づいて、40代前半で成功するための大事な秘訣を伝授いたします。 私の40年代転職成功の三段跳び秘策 転職の基軸、転職目的の明確化(ホップ、1段目) 的確な情報収集が可能な転職エージェントA(ステップ、2段目) 転職エージェントBの新しい提案に基づく転職活動(ジャンプ、3段目) おわりに 私の40年代転職成功の三段跳び秘策 年齢を考えると早く転職したいし、長…

  • 40歳前後での転職についての考え方

    職務経歴書が鍵 情報と現実の差異の中にある、チャンスを見逃さない様にしましょう 能動的か受動的かで、転職の次の一歩は変わります 重要なのは、面接よりも書類選考と言う時代の流れ 情報と現実の差異の中にある、チャンスを見逃さない様にしましょう 私が転職したのは、今から3年前の49歳でした。40代と言っても、もう50代直前の事でした。 転職の情報を検索すれば、40代の転職は厳しいと言う情報が殆どだと思います。 大手の転職サイトを覗けば、40代の転職は、年収アップのチャンスなど、ポジティブな言葉が並んでいますが、更に深く検索をして見ると、それはごく一部のマネジメントを経験された方であったり、前職でチー…

  • 千代田生命破綻から20年 今だから語る! 予兆・混乱・その後の人生

    会社の危機の実録 予兆 破綻当日から始まった混乱 転職を決意 まとめ 予兆 その予兆はずいぶん前からありました。 1997年の日産生命の経営以降、生保6社が財務悪化で破綻しました。 その中にあって千代田生命は1996年まで大手8社の一角を占めていましたが、2000年3月期決算において総資産で業界12位の中堅生保に位置していました。 1980年代に積極経営に転換しバブル時代に過剰な不動産投資に走り、その崩壊とともに数千億円に及ぶ不良債権を抱えました。 最後の頼みの綱は、親密銀行と言われた東海銀行に支援要請していたものの、不調に終わったことが私の中では決定打であったと思います。 入社式翌日の研修中…

  • ロストジェネレーション世代の転職事情

    氷河期世代にチャンス到来 ロストジェネレーション世代 「ジョブ型」雇用における企業が求める人材像 ◇ハイブリッド型の特徴 アラフォーは即戦力として期待されている ◇企業が歓迎する能力 転職活動は選択と集中 ロストジェネレーション世代 1971年〜1984年生まれの現在アラフォーに該当する年代は、「就職氷河期世代」「ロストジェネレーション世代」と呼ばれ、バブル崩壊後の景気後退が直撃したことによる就職難を被った世代となります。 業界別・職種別のスペシャリストによる求人紹介 転職はJAC Recruitment バブル崩壊後、企業は事業継続のために新卒求人の減らし、さらに、リストラ(リストラクチャリ…

  • 【体験談】40代の転職でもなんとかなる!面接時にアピールする3つのポイント

    職務経歴書は端的に 40代でも転職は可能です。 経験者の私がその秘訣をお伝えします。 面接時にアピールする3つのポイント 辞める理由と希望の理由を一致させる 自分の得意分野を最大限伝える 企業カラーに合った対応をする 40代転職の現実!苦労した経験3つ なんでもいいから応募するのはダメ 履歴書・職務経歴書作成のポイント 資格はそれほど有利ではない 最後に 業界別・職種別のスペシャリストによる求人紹介 転職はJAC Recruitment 面接時にアピールする3つのポイント 辞める理由と希望の理由を一致させる 面接官が気にするポイント ・前職をなぜ辞めることになったのか? ・なぜこの会社を選んだ…

  • 国内MBA取得は転職市場において有利になるか?【実体験 】

    自己投資が大切 「これからのウィズコロナ時代、企業の求人状況が厳しくなると思うけど、国内MBAを取得すれば転職は有利になるのだろうか?」 会社員にとってこのような疑問を持つ人が中にはいるのではないでしょうか? 国内MBAを取得することで、転職市場でどのような評価が得られるかについてはあまり知られていないかもしれません。 この記事では、「国内MBAを取得することで転職が有利になるか」という点について、私の実体験をお伝えします。 資格で探す求人情報(提供:JAC Recruitment) 国内MBAとは 国内MBAを取得するメリット 体系的な経営知識の習得 人的ネットワークが広がる 国内MBAは転…

  • 会社情報の確認不足で悲惨な流れになった話 〜転職を考えた時に最低でも確認しておくべき5つの確認事項

    転職のきっかけ 入社後の顛末 最悪の状態からかすかに見える希望 転職時に確認したい5つの確認事項 動機 家族の理解 給与 業務の内容 転職先の経営状況 まとめ 転職のきっかけ 私は病院という比較的安定した職場で、福祉関係の仕事をしていました。 実際の仕事内容はソーシャルワークが中心で、やりがいのある仕事でもありました。 収入は公務員に準ずる設定のため大きな不満もありませんでしたが、先が見えている感じになんとなくつまらなさも感じていました。 そんな生活を十数年続け、職種としてのスキルも上がり、ふと周囲を見渡して、思うことがありました。 収入・仕事・老後 これらを並べて考えた時、ほどほどの収入で贅…

  • 40代で外資系企業に転職するには絶対英語が必要なのか

    外資転職とは? 外資系企業に転職するには英語が使えることが必須と思われていますが、実際にはそうでもなかったりします。筆者はほとんど英語が使えませんが、20年以上外資系企業で勤務していました。 英語力がなくても外資系に転職することは可能ですし、逆に英語力がなくて苦労するケースもあります。 今回は外資系に転職するにあたって、筆者が体験した外資系での英語の現実をご紹介していきます。 外資らしい外資系企業に転職したギャップ 英語が話せないのにマネージャーとして採用された上司 有能でも英語力がなくてマネージャーになれなかったケース 筆者が考える外資系と英語力 転職のするためには外資系に強いエージェントに…

  • 副業として佐川急便での配達をやってみた!

    はじめに コロナウイルス 差し迫る現実 仕事内容 仕事開始 クレーム 配達を終えたら 感想 まとめ はじめに 2020年冬・・・ コロナウイルスにより、世界は一変しました。 経済は止まり、 失業・倒産が増えました。 世界中が未曽有の混乱に陥ったころ、 アパレル業を本業としている私にとって 「このまま続くと失業するかも・・」と不安になり、 転職を考えはじめました。 コロナに限らず、 この先も このような新種のウイルスは出てくるでしょうし、 今後の『働き方』を根本から見直さなければならない時期でもあると 考えたのです。 ・転職 ・副業 ・兼業 時代の移り変わりにより これらの働き方が 増えてきた …

  • 製造工場採用担当の体験から、40代50代転職者に求めること

    ~はじめに(この記事でお伝えしたいこと)~ ~従業員確保の背景と現状~ ~採用活動の理想と現実~ ~視点変更~ ~採用活動の結果~ ~終わりに~ ~はじめに(この記事でお伝えしたいこと)~ 一昔前は、1つの会社で定年まで働くのが当たり前で転職は悪いことという考えがあったように思います。しかし、現在は転職するのも当たり前になってきている世の中です。 私が採用担当を務める製造工場では、今でこそ従業員約100名の規模ですが、5年前には60名程度でした。当時の平均年齢は30代中盤~後半、比較的若い部類に入ると思います。 従業員確保のプロジェクトが発足し、その結果として新しく40代や50代の人を中心に採…

  • 転職募集年齢40歳まで、その時あなたは43歳。どうする?

    。 アラフォーだからと転職を諦めていませんか? 転職したい理由は何か? やりたい仕事内容が明確か? エージェントの活用 やりたい仕事と適性は別 採用側の本音を知る スキルや資格取得が必要 転職までの体験談 30~40代・アラフォーでも転職を最後まで諦めない! アラフォーだからと転職を諦めていませんか? 本当は今の仕事を辞めたい、しかしもう40歳を過ぎ家庭もあるし今更転職は無理とあきらめていませんか? 転職を諦め、ただ家族を養うためにサラリーを得るためだけの仕事では人生つまらないと思いませんか? 本当に仕事を辞めたいのなら、真剣に考えてみることです。真剣に考えてどうしても無理だと判断したのであれ…

  • 40代の外資転職はありかなしかについてちょっと考察してみた

    はじめに 40代からの外資転職がありな点 高給を取れる可能性がある 実力勝負のため、比較的年齢不問である 日本の大組織にありがちな人間関係からくるしがらみは比較的少ない 今までの日本企業では作れないキャリアの新しい作り方ができる 40代からの外資転職が厳しい理由 実績が厳密に求められる 雇用が安定していない 考えてみての結論 はじめに 前職の終盤の頃、そろそろ次を考えておかなきゃな、というタイミングにあったのだが(当時アラフォーに差し掛かっていた)、ある人(ある日本の上場企業のそれなりの地位の人から)から、君の場合、そろそろ外資の転職もありなんじゃない?という言葉をかけられた。 その人は高専出…

  • 8度の転職経験ありの40代からの転職未経験者・初心者へのアドバイス

    私はこれまで29歳の時を皮切りに、現在8度転職をしている40代です。 今回、現在転職をお考えの方、転職に不安を感じている方へ、これまで感じたこと、経験してきたことをベースに事実を伝え、今後の転職に向けての設計に少しでも活かしていただければと思いブログを書いています。 内容に入る前に、私のことを少し触れさせていただきます。 冒頭に記したとおり、29歳の時初めて転職をしました。 新卒で入社した会社で順調にキャリア形成し、周囲からは将来が明るいと羨まれていましたが、よくある社内政治に巻き込まれ退職し、転職の道へ踏み入れました。 転職をしていく目的は、自身の業界業務を全てマスターし、自身の価値を高めた…

  • 出版社からベンチャーへの転職 〜リスクとリターンがキーワード〜

    中堅出版社を退職した理由 社員数5人の新天地 転職から3ヶ月の気付き 給与・賞与がアップ! まとめ 中堅出版社を退職した理由 編集職として、中堅出版社で12年間働いてきました。 退職理由はいろいろありますが、もっとも大きな理由は紙媒体の限界によるものです。喫茶店でも電車の中でも、もう紙媒体で雑誌・書籍を読んでいる人はいません。見ているのはスマホの画面ばかりです。出版社で紙媒体の編集者として未来を編むことに限界を感じていたのです。 働いていた出版社は、社員数約200人と超大手ではないものの出版社としてはそれなりの規模の会社でした。しかし、それなりの規模であったがために、会社のフットワークが軽いと…

  • アラフォー資格なしの未経験職種への転職は不可能ではない。自分の市場価値を上げる最後のチャンスを逃すな

    「アラフォーだけど、これから転職できる?」「無資格・未経験だけど、自分の希望する職種で転職できる?」などの悩みを多く抱える、転職予備軍の方が多くいるかと思います。 アラフォーの転職は難しくはないです。ただし希望の職種に対しての何かの資格や経験がある場合になります。もし自分の市場価値がないと感じた場合、資格を取得したり実績を積む必要があります。 私は30代半ばで英語の勉強をし始めて、TOEIC800点を取得し、海外営業として転職しました。その経験を踏まえて30代後半での転職について語っていきたいと思います。 30代半ば積み上げなしの転職活動 自分の市場価値と将来 資格取得の勉強と経験の積み上げ …

  • 仕事で必要な本当のコミュニケーション能力はどう身につければいいのかを読んでみた感想

    仕事で必要な本当のコミュニケーション能力はどう身につければいいのかは、人気ビジネスブログBooks&Appsで書かれた記事をまとめた本だとのこと。 このBooks&Appsはビジネスブログとしては驚異的なページビューを誇っている凄いメディアだ。たまに記事を読ませてもらうのだが、質的にも非常に高くとても参考になっている。 同書は企業の中で活躍するために、ますます必要不可欠になっているコミュニケーション能力をどう身につければ良いのか?というのがテーマになっている。 この40代転職ナビゲートブログのターゲットはアラフォーなのだがアラフォーともなると会社での人間関係の作り方はこなれたものになっているの…

  • 私が転職エージェントを利用した転職で得たこと

    はじめに 転職理由 転職エージェントに登録してから採用まで 登録 案件の紹介 採用決定まで 入社から現在まで 業務内容 条件面 人間関係 最後に はじめに 私は4年前、ジェイエイシーリクルートメント(以下「JAC」)を利用して転職しました。 その転職で、私が得たこと、 それは、「コミュニケーションの大切さ」を再認識できたことです。 私は現在45歳。 今さら、と思われるかもしれませんが、この年でもこんな当たり前のことを言葉の理解だけで、行動に移すことができていません。 私のような非常識なサラリーマンが多くいるとも思えませんが、転職を考えている中高年の方に少しでも参考になれば幸いです。 転職理由 …

  • 40代未経験でも転職を成功できた話!転職までの体験談も紹介!

    40代の転職は厳しいのか? ビルメンテナンスがおすすめの理由 現場によっては40代でも若い部類に入る 手に職がつく 仕事がなくなる心配はない 40代でビルメンテナンス業界に転職できた体験記 40代で転職を成功させるならビル管理 40代の転職は厳しいのか? 転職は35歳までが限界という話も聞きますよね?そうなると40代の転職は厳しいのか? 結論からいうと決して40代の転職は厳しい事はありません。世の中にたくさんある仕事がすべて35歳までしか転職ができないなんてことは考えにくいです。 40代で転職を成功させるためには自分がどの業種を選ぶのかが非常に重要です。 実際に20代と40代では転職の幅は狭く…

  • アラフォー必読! もはや、年代は関係なし! 私の体験したリストラ

    ハイスピードで進む会社の対応 毎日が面談ラッシュ 労働基準監督署へ相談した結果 出向してみてわかったこと 最後に「退職」までにクリアしておきたいポイント それは突然やってきました。 私は外資系企業に正社員として勤務して7年目でした。 3連休を控えたある週末、事業所内全員宛「連休明け朝9時、全員招集」のメールが届きました。 内容は組織変更の説明との事で詳細はありませんでした。 当日、事業所長をはじめ人事部や組織の上層部が顔を揃えており重苦しい雰囲気で人事部からの説明がありました。 「現在事業所で行っているすべての業務を外注し移管する。現在社員として働いている者は外注先への出向扱いとなり、出向期間…

  • 採用担当者から見たアラフォー世代の転職活動における傾向と、転職の成功率を上げるヒント

    【アラフォー世代の転職成功率を上げる3要素】 【とりあえず応募してみた、を絶対に悟られてはならない】 【おわりに】 わたしは外資系金融機関で長年採用に携わってきた者です。 よく、アラフォー世代になると転職は難しい、と一般的に言われます。 その一面は確かにあります。 ですが、結論から申し上げますとアラフォー世代に自社で活躍してもらいたい、と考える採用担当者は、わたしに限らず決して少なくないはずです。 アラフォー世代だからこその経験とスキルに期待するからです。 ではそういった転職に有利な条件を備えておきながら、なぜ若い世代に比べて転職活動に苦戦してしまうことが多いのか。決して「年齢」のせいだけでは…

カテゴリー一覧
商用