searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール PROFILE

biz_rimさんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
40代転職ナビゲートblog
ブログURL
https://www.40tenshoku.biz/
ブログ紹介文
転職回数と受けた面接の件数ならかなり豊富です(笑)。40代のビジネスマンが転職活動やキャリアについて考察するブログです。
更新頻度(1年)

50回 / 304日(平均1.2回/週)

ブログ村参加:2019/07/21

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、biz_rimさんの読者になりませんか?

ハンドル名
biz_rimさん
ブログタイトル
40代転職ナビゲートblog
更新頻度
50回 / 304日(平均1.2回/週)
読者になる
40代転職ナビゲートblog

biz_rimさんの新着記事

1件〜30件

  • 新型コロナで加速する日本の転職の転機・好機!

    // 〇雇用対象の変遷 〇過去との決別 〇スカウティング ★おすすめの海外ドラマ 〇これから 日本では、仕事に対する手法が、ゆっくりと動いてきました。かなり時代遅れで、今回のコロナ問題で大きく変わっていく事が予想されています。 特に企業活動において、手法は大きく変わると思います。日本以外の地域では、既に多くの企業や事業者が行って来たテレワークですが、コロナ対策でテレワークを導入した企業も多くあります。 〇雇用対象の変遷 バブル期は、企業には重要な仕事を担わない“窓際族”という“ゆとり”のポジションが存在しました。ところがバブル終焉で、企業は、従業員に対して生産性向上を求めるようになりました。“…

  • 40代で転職できる時代、選択肢はたくさんある。40代転職体験談

    // 40代で転職が可能な時代 「これからの人生」のために 転職前の環境 転職活動の開始 職業訓練校の受験 就職活動の効率UP 採用までの道のり 採用後の状況 いつの時代も情報が大事、策は必ずある 40代での転職が厳しいのは事実です。しかし現在は会社側も「有望な新卒」の他「即戦力」を求めることも増え、必ずしも不可能ではない時代になってきました。 私の初転職は44歳、ここではその体験談を紹介いたします。 40代で転職が可能な時代 「これからの人生」のために 人生100年時代と言われる昨今、40歳では半分にも至りません。定年も65歳になりつつあり、その後さらに働くことになる時代が近づいてきました。…

  • typeエンジニア転職フェアで転職成功体験

    // 転職フェアのメリット 希望条件に合う企業を調べてくれるサービス 企業ブースに行く前に会社紹介パンフレットをチェック 会社紹介パンフレットで給料を推測する 私は『typeエンジニア転職フェア』に参加して、2週間で内定をもらいました。 短い期間で転職先を決められたのは、たくさんの転職情報を一度に見て、その中からある程度絞って転職活動を進めたこと、そして、『転職フェア』はそれができやすい環境だったのが大きかったと思います。 『転職フェア』でいい転職先を見つける方法を私の体験談を交えながら紹介させていただきます。 転職フェアのメリット 私の仕事はSEで、転職先でもSEをしたいと思っていましたので…

  • コロナ渦下の転職への関心について

    少々気になってGoogleTrendで40代転職の検索状況を過去12ヶ月で調べてみたところがこちら。 やはり直近では転職どころではないのか、検索は横ばいから少し下降傾向だと思われます。(上部のグラフ)。 そんな中でも注目したいのが、40代女性の転職のキーワードの増加(右下)詳しい背景がわかっている訳ではないのですが、女性の40代転職が増えつつあるのでしょうか? ※ちょっと調べてみたら、40代女性の転職比率も確実に増えている様子が見て取れますね。 「マイナビ 転職動向調査2020年版」を発表 ちなみに、「転職」というワードで期間を90日に短縮して検索したところ、容易に想定されるとは思うのですが、…

  • 40代で異業種・未経験職種への転職を成功した事例紹介

    一般的に40代での未経験職種への転職は難しいと言われていますが、様々な事情により挑戦される方もいます。私も40代前半で異業種・未経験職種に挑戦することになりましたが無事成功しましたので、参考になればと思いご紹介させていただきます。 1 なぜ異業種・未経験職種に応募しようと思ったのか 2 実際の就職活動について 2-1 転職サイトに登録 2-2 今までの経験をどう活かせるかをアピール 3 まとめ 1 なぜ異業種・未経験職種に応募しようと思ったのか これまで私は病院や高齢者施設で管理栄養士の仕事をしてきましたが、家庭の事情で転居をすることとなり、12年振りに就職活動をすることになりました。 経験を…

  • 私の転職体験 メーカー企業からの内定獲得

    筆者略歴 大学卒業後 生命保険会社入社(総合職) 7年間勤務後、実家家業継承。工業用部品・消耗品を取り扱う卸商(エンドユーザーは一般金属加工工場。いわゆる中小企業) 約8年後、バブル崩壊により廃業 転職活動。上流工程の企業1社と再就職支援会社1社内定 再就職支援会社へ転職。2年間勤務 私立大学キャリアセンターへ転職 NPO法人代表として活動中。現在に至る。 ※今回は下線部の経験について記述します。 転職の契機 1991年にバブルが崩壊し、国内の経済は長期間にわたり縮小をはじめました。その最中の1995年に家業の工業用部品・消耗財の卸業を継承しました。数年間は現状維持できたものの、その後は製造業…

  • 40代管理職(人事総務)の転職成功談をご紹介

    はじめまして。私は40代の会社員です。今まで数回にわたる転職活動を行い、同時に面接官担当も業務として実施し、様々な視点による見解が生まれましたので、是非ご紹介させて頂きたいと思います。 私は、40代後半のサラリーマンです。大学を卒業してから、一貫して人事総務部門でキャリアを重ねてきましたが、45才の時に転職を経験いたしました。 転職を考え始めたとき、やはり転職するからには、これまでのスキルを活かすことと年収アップを実現させたいという気持ちが強かったので、その2点に軸足を置いて、転職活動を行いました。 結果的には、これまでのスキルを活かせる人事総務部門への内定が決まり、年収も約100万円アップし…

  • type転職エージェントを利用した私の成功転職

    はじめに 私は40歳の時、新卒後に入社した大企業で理不尽な転勤にあい、初めて転職をすることとなりました。非常に不安で心細かったのですが、そんな時に大きな支えとなったのが転職エージェントでした。 今回は、私を転職成功に導いてくれたtype転職エージェントを紹介します。 使用したのはtype転職エージェント 展開している地域が東京・千葉・神奈川・埼玉のみであることと、他の大手転職エージェントよりも規模や知名度が低いことがデメリットとしてあげられます。 ただし規模が小さい分、地域密着で良質な求人を扱っていることと、サポートが細やかであることがメリットとしてあります。初めて転職する私にとって、このメリ…

  • #しごとの思い出

    コロナ騒ぎもあり、外出することもできず、なんとなくまとまった時間が取れてしまったので、久しぶりにブログキャンペーンに応募してみたい。 (ちなみにこれを書き始めた日曜は季節外れの雪だった。外は静まり返り、桜のピンクと白のコントラストが非常に素晴らしい。これも滅多にないことだな・・・と考えにふけながら書いてみた。) 複数社経験して40を越えた今、私のしごとの思い出って?とちょっと考えてみた。 正直に書くと、思い当たるのは苦い経験ばかりだった。 新卒の時に入ったネットベンチャー会社でいきなり外部から元ベンチャー社長という人が入ってきて上司になり、右も左も分からない新卒に毛の映えたぐらいの段階で、その…

  • 面接の駆け引き

    はじめまして。私は40代の会社員です。今まで数回にわたる転職活動を行い、同時に面接官担当も業務として実施し、様々な視点による見解が生まれましたので、是非ご紹介させて頂きたいと思います。 面接とは 「面接」というのは非常に奥深いもので、こと転職活動においては大きな意味合いがあります。当然、企業側は「どんな人なのか?」と探りますし、応募者側は「どんな企業なのか?」と探ります。正直短い時間にて「お互い」が納得する、もしくは判断するのですから、その準備や実践(面接)においては非常に重要です。 面接は、要するに「駆け引き」です。自分自身が「この企業に入りたいか(働きたいか)」を判断しなければなりませんし…

  • 人材コンサルタントが見た転職成功体験談もしくは転職失敗体験談

    人材コンサルタント はじめまして。私は現在転職エージェントで人材コンサルタントをしております。特にエグゼクティブ層の40代の方をメインに転職サポートをしております。 面談担当と企業担当の双方を一人で担っております。 年間に350人以上のカウンセリングを行っていると様々な「転職成功体験談」と「失敗体験談」を見ることがあります。 その実例を参考にして頂き、40代で良い転職をするための、参考になればと思います。 【転職成功体験談①】 『広告代理店のWEBディレクターから化粧品メーカーのデジタルマーケティング担当へ』 広告代理店からインハウス(事業会社)への転職を希望される方は多いです。理由としては広…

  • 35歳からの転職成功マニュアル 感想

    とある若者がキャリアに関する甘い考えから転職活動で路頭に迷い、困り切ったその妻が小松さんのところをネットで見つけて転職サポートを申し込んだ(おそらく、小松さんがオールアバウトの転職コンテンツのガイドをやっていたので、それを見たのだと思う。)。 職務経歴書の書き方(書類から面接官はどんな印象を受けるか、など) 面接の受け方について(なぜ数年で転職するのか、といった問いにどう切り返すのか?など) 受かった企業に行くべきかどうか(例えば、社長の一存で採用が決まる企業はワンマンであり、入社後もガバナンス上で苦労するのではないか?など) 大企業(住友商事)出身でヘッドハンターの経験もある筆者が、人事側の…

  • リクルートエージェントを利用した私の成功転職

    はじめに 黒字リストラという言葉があるように、このご時世、終身雇用制度は、いまや崩壊しつつあります。 一昔前は、就職した企業に一生勤め上げるということが美徳とされてきましたが、転職はいまや当たり前。 転職を行う上で、手段としては、ハローワーク、個人応募、ヘッドハンティング等々がありますが、今回は、転職エージェント/転職サービスの利用体験について私の経験をもとに記載していきたいと思います。 私の経験談 私は、これまで、公益法人、上場企業、非上場企業、公務員すべて経験し、今年の1月に転職し、30,000名ほどの上場企業で働いています。 公務員を除き、すべての転職で転職エージェント/転職サービスを利…

  • 採用担当者が考える中途採用の成功について

    2018年からITベンチャー企業の人事採用担当として、主にITエンジニアの採用業務をしています。 前職では、同じくIT企業の企画営業職、ディレクター、フロントエンジニアとして多数のプロジェクトに関わってきました。 1年間で面接を実施した人数は600名以上、採用人数28名 IT業界以外にも異業種の人事業務を副業として行い、採用代行として一次面接代行として、延べ1,000名以上の求職者とお会いして、面接を実施しています。 これまでの経験を通して、どんな方が面接選考を突破し内定を獲得できるのか紹介していきたいと思います。 書類選考が進まない 面接の前に書類選考で落ちてしまう。そんな方もいると思います…

  • 40代の転職 失敗から成功へ その軌跡

    大学を卒業してから17年間働いた大手メーカーを退職、新しい世界を探して転職活動を行いました。まだ40歳前半ということもあり、インターネットなどに掲載されている通り、比較的簡単に複数社から内定を得ることができました。 この複数社というのがミソで転職活動中は自分が選ばれる立場だったのが、今度は選ぶ立場になったのです。その選択でミスしたため、再度転職活動をしなければならなくなってしまった苦い経験を紹介します。 今後転職される際には注意すべき点として頭の片隅においていただけると幸いです。 注意点①就業条件の内容(休日)をきちっと把握しましょう 週休2日といえば、毎週土日がお休みになると思っていませんか…

  • 社会保険労務士が40代転職者に伝えたい、いい「辞め方」

    はじめに 40代での転職も珍しいことではなくなりました。これまでに転職経験がある人もない人も、「辞め方」で改めて注意しておいた方がよい点を社会保険労務士がいくつか紹介します。 辞める日の決め方 辞めることを決めた場合は、まずは自分で何月何日で辞めるのかを決めます。辞める日は従業員が決めるものですので会社が決めることではありません。 この退職希望日の多くは給与の計算期の締日(月の末日とは限らない)又は、月末にすることが多いと思います。 さて、希望する退職日を申出た後、上司(つまり会社)から希望として伝えた退職日の前倒しや月末の前日を提案してくることもよくあります。会社としては、辞める人にコストを…

  • 給与UPを目指して研究開発職から営業職へ転職しようとしたが,面接で全て不採用となり,同じ研究開発職で転職した件

    // 私は現在39歳で電気電子部品の研究開発職に携わっています。物質科学系の大学院修了時は25歳だったので,14年間研究職として働いていることになります。実は,32歳の時に,一度転職を経験しております。 転職しようと思った理由は,一向に給与が上がらない会社への不満と他の職種へ就職した人との差を強く感じたためです。その当時の話について,ご紹介します。 職種について 私が新卒で入社した会社は,同期で入社しているのに,営業職で入社した人達の多くは,入社3年が経過すると,役職がつくのに対して,私達研究開発職は,入社5年が経過しても誰ひとり役職がついていませんでした。 当時の会社は,景気もさほどよくなか…

  • 難関資格に合格して転職活動した結果、一度も書類選考を通過しなかった件

    // 「難関資格に合格しただけでは、“人生の一発逆転”を起こすのは難しい」 それが、当コラムの結論です。 これから書く話はすべて私の実体験に基づくものです。難関といわれる国家試験に合格し、その資格だけを武器に未経験業界への転職を目指したけれど、箸にも棒にも掛からなかった話を書いていきます。 ご興味をお持ちいただいた方は、このまま読み進めていただければ幸いです。 中小企業診断士に合格!すぐに人生が一変すると思っていた 私が合格した資格は、中小企業診断士です。 “経営コンサルタントの国家資格”で、中小企業の経営状況を診断し、成長戦略や経営改善の助言をするのが役割です。 2016年には、日本経済新聞…

  • コピー機メーカーの営業マンが、どうやって全くの未経験分野である鉄道会社に転職できたのか?

    // 私は関東の某鉄道会社に勤めております。 駅係員として勤務しております。正社員です。 前職では某オフィス用複合機メーカーに勤務しておりました。一貫して営業職でした。 複合機のみならず、オフィスに関するものであれば何でも提案しておりました。 なぜ私がオフィス用複合機メーカーから、全く関係のない、未経験分野である 鉄道会社に転職したのか、その経緯についてお話し出来ればと思います。 ①前職について オフィス用複合機は、今やどのオフィスにも存在します。 私が入社した2009年当時は、零細企業~中小企業であってもカラー対応の複合機が設置 されていました。 新卒後、研修を経てからは地域ごとの営業所に配…

  • 中高年の転職必勝法 中谷充宏 感想

    // 職場でちょっとモメ事があり、自分の今後の身の処し方を考えているタイミングで手に取った本。そんなタイミングだったこともあるためか、かなり参考になると思えた。 この本はさらっと読めるが、職務経歴書をどう書くか・面接対策はどうやるかを中心に知っておくべきこと(筆者の言う転職活動を勝ち抜くためのテクニック)が簡潔にまとめらていて参考になった。 ・面接でのネガティブな質問の「Yes-But法」での切り返し方 ・応募時の無駄を省く、若者向け(逆に言うと中高年NG)の求人の見分け方 ・転職エージェントへの登録時に自分の市場価値が分かるという転職エージェント登録の意味(反応があれば、ある程度市場価値があ…

  • 失敗しないための40代の転職活動について

    // 転職が当たり前の時代となった現在だからこそかもしれません。 40代の私は常にこんなことを考えていました。 「今より待遇の良い会社に勤めたい」や「もっと自分に合った会社があるはずだ」等と。 これまでの私の社会人人生には、「転職」という大きな転機が3回あり、自分のスキルアップはもちろんですが、社会人基礎力をはじめたくさんの経験を積むことができました。 この転職により、様々な経験を積めたことは私の財産であり、大きな転機であったといえます。 ただし、いくら様々な経験を積んできても、次に入社する転職先が自分の満足できる会社である保証はありません。 また、このコラムを読んでいる方の中には、「40代だ…

  • 異業種への転職。自身の幅を広げるために。

    // 私は現在、貿易の輸出入を扱う会社で勤務しており、通関業者として日本の会社と海外の会社の間に入り、通関や配送手配などを行っています。 前職では、経営コンサルタントの会社に勤務しており主に中小企業を中心に、飲食店からアパレル、小売り、製造など様々な分野の顧客と仕事をしていました。 以下では、なぜ経営コンサルタントから異なる業界に転職を考えたのか、そして転職の際の工夫や失敗談なども記載できればと思います。 ■転職を考えたきっかけ そもそも経営コンサルタントの会社に入社したきっかけですが、一言で言うと「様々な業界の構造を勉強するため」です。 もちろん、経営コンサルタントがカッコイイ、給料が高い、…

  • 40歳からの必ず成功する転職活動 矢田祐 感想

    役員を務めていた首都圏のとある中小企業が田舎の1部上場企業に買収され、転職を選択した筆者による、40歳からの”絶対内定のためのテクニック紹介”といった内容の本。 ・採用側の視点も踏まえて戦略が立てられていること ・具体的にに役立つノウハウがあること ・人生の大先輩からの熱いエールが書かれていること 以下、本文から印象に残った部分を抜き出してみたい。 ■採用側の視点も踏まえて戦略が立てられていること 今回メモしたのは以下のような記述。 筆者は中小企業で採用を行っていたこともある。 その時痛感したのだが、直接応募してくる人と人材紹介会社経由の人は大きく差がでている。 当たり前だが、人材紹介会社にと…

  • 異業種転職:おはぎ販売員→エンジニアへの道のり

    // 私は現在34歳なのですが、一般的な方とは少し違う変わったキャリアを歩んできました。現職はエンジニアとして、工場で使用される機械の電気設計を行っています。 ですが、元々は文系大学を卒業後、百貨店に入社し、和菓子販売担当に配属されたことがキャリアのスタートでした。 以降、どのような道のりを経て現在の職種にたどり着いたか、また、現在感じていることなどをお話ししていきたいと思います。 和菓子販売 → エンジニアに転職しようと思ったきっかけ 百貨店での仕事内容は、何社かある和菓子メーカーの管理や、季節毎にある催事運営などでした。 3年ほど働いた後、お客様を『待つ』のではなく、『取りにいく』ことがし…

  • Amazon Flexのデリバリーパートナーにちょっと興味を持ったので書いてみる。

    ひょうんなことからアマゾンのデリバリーサービスAmazon Flexのデリバリーパートナー募集という告知を見て、気になってサイトを見てみた。 Amazon Flex とは? Amazon Flex とは、貨トラックや軽バンなどの軽貨物車をお持ちの個人事業主に配達業務を行っていただくサービスです。時間と日時を自由に選べる働き方です。 https://flex.amazon.co.jp/ 月々35-40万は稼げるとあり、YouTubeに上がっている宅配している人の動画を見ていると、40代で、求職中の人なんかは最適とのこと。 それにしてもこういうニッチなものもYouTubeに動画がいくつか出ていてす…

  • 不本意なリストラから3年。私が出会った転職は天職!

    // まさかのリストラ 2012年、夏。 私の人生で最大の転機があった年。一生忘れることができない青天の霹靂がありました。 私は建設関連の業務、地質調査というちょっと珍しい業態の会社で経理兼営業と二足のわらじをこなし、従業員6名という小さな会社ながら役員にも名を連ね、多忙な日々を送っていました。 仕事の内容と言えば年間計画を作成し、企画立案から営業、そして経理部門の予算編成や現場管理などで技術部門の専門分野を別にすればほぼ全体に関わっていました。 そんな私がある日まさかのリストラ対象に! なぜ!? 普段社長はあまり多くを語らず寡黙でこつこつ仕事をこなす人柄でしたが、その時だけは違いました。 「…

  • 40代を対象とした未経験業界への転職成功体験

    // はじめまして私は現職で転職エージェントで紹介担当をしております。かくいう私も未経験業界、業種から転職をしております。 結果からお伝えすると40代から未経験でも成功のチャンスは十分にあります。 この記事では私の経験を踏まえ40代前後の方の転職成功体験を記事にしていき転職成功体験を共有、一人でも多くの方の転職成功へのサポートになれば考えております。 いくつかの章にまとめておりますので読みづらい方は小見出しで気になる箇所だけ見ていただいても十分に参考になるかとおもいます。 40代は激動の時代を生き抜いてきた世代 まず、第一として企業は40代即戦力の人材を求めております。 少しこの20年を紐解き…

  • 一生、同じ会社で働きますか? 山崎元 感想

    // 「12回転職した」のキャッチフレーズで有名な山崎元さんの本「一生、同じ会社で働きますか?」を手に取ってみた。 やはり、 12回の転職経験で酸いも甘いも分かっており、冷静に転職とは?が語られていること (例えばこんな記述) ・転職未経験者に向けて、転職について一番大切なアドバイスを一言にまとめると、「転職の基本は猿の枝渡りだ」 ということだ ・転職は、時には「必要」なのであって、冒頭の問いは、転職が「好きか」・「嫌いか」だけで答えられる問いではない ・転職する際には「テーマを持て」ということだ。 次の転職が「時間」・「お金」・「自由」のどれを目指したものかを明確に意識しよう ・転職しないサ…

  • 経験と自信がアダに!?私の転職失敗体験談

    // この記事をご覧になっている方であれば程度の差こそあれ、転職を考えられている方だと思います。その理由は様々でしょう。 今の会社の業績が危うい、上司や先輩・同僚との人間関係が良くない、給料が低い(上がる見込みがない)、残業や休日出勤が多いetc・・・。 またそれが40代前後の方であれば、休みが少なく家族との時間が取れない、1人ならいいが家族を養うには給与に不安があるなど、家族の為の決断となる場合も多いと思います。 私を例にとってお話しますと、今までに三度ほど転職し、その都度ハローワーク経由やナビサイト経由、人材エージェント経由など様々経験しました。 業種も職種も様々で、アパレル小売の店舗スタ…

  • 転職におけるミスマッチとリスク

    // はじめに 転職はサラリーマンにとって人生の大きな岐路であり、失敗は避けたいものです。転職前には十分な情報収集を行うと思いますが、どうしても成功例に注目しがちです。 今回ご紹介する私の失敗例を反面教師として、転職を検討されている方々の一助になればと思います。 私の転職失敗談 私はこの夏、100名規模の農薬メーカーから40名弱の特許事務所へ転職しました。弁理士らが働く特許事務所の仕事に興味と憧れを持ったからです。 4月の初めに転職エージェントへ相談に行き、2箇所の特許事務所で書類選考、面接へと進み、1週間〜10日前後で転職先が決まりました。 転職の結果は、仕事への意欲や能力不足を理由として契…

カテゴリー一覧
商用