searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE

densukeさんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
snap! snap! snap!
ブログURL
https://snap.hatenablog.jp/
ブログ紹介文
人と街、生き物と自然…お散歩カメラマンの気ままな日記帳
更新頻度(1年)

集計中

ブログ村参加:2019/07/19

本日のランキング(IN)
フォロー

ブログリーダー」を活用して、densukeさんをフォローしませんか?

ハンドル名
densukeさん
ブログタイトル
snap! snap! snap!
更新頻度
集計中
フォロー
snap! snap! snap!

densukeさんの新着記事

1件〜30件

  • ネガとポジ

    少し大げさに聞こえるかも知れませんがここ2週間程は私の人生の中で一つの転機でした。 生涯現役でいたいと考え、還暦を前にずっと続けられる仕事にと異業種への転職を準備中、実家の母から毎日のように電話。 長年自宅療養している弟の様子が変だ…もう限界…入院ということになった。 ところが病院に相談し準備を進めている中、母の気持ちが一変してしまった。 今日は元気そうだから入院までさせることないわよ。 私は理解に苦しんだ。 このままでは同じことが繰り返されるだけでいつまでたっても落ち着けない。 案の定次の日さらに事態は悪化した。 一時絶望的になったが我が家のこの問題を一度距離を置いて冷静に考えてみた。 母に…

  • 降臨

    このブログをはじめる前「3photos」という3枚の写真にタイトルをつけてまとめるというスタイルのブログをやっていました。 その時からの習慣でしょうか…撮影の現場でタイトルが浮かんで来ることがあります。 今回は1枚目を撮った時、「降臨」というタイトルが浮かんで来たので日が落ちるまでそのテーマで撮り続けました。 偶然撮れたものと意図して撮ったもの…偶然撮れたものがいちばんマシでしょうか…まだまだですね。

  • 青と黄と

    梅雨の晴れ間 横浜スナップの続きです。 今回は「青と黄」という色に焦点を当ててみました。 たくさん撮った中でテーマを絞って編集するのは楽しい作業ですね。 梅雨のイメージの「青」とその中でたまに見られる晴れ間の「黄」 対照的なものに奥深さが生まれるようです。

  • よこはま梅雨晴れ

    梅雨の晴れ間に横浜の港エリアを散歩してみました。 この日は横浜駅から中央卸売市場を通ってみなとみらいへ…初めてのコースで新鮮でした。 でもやっぱりまだ梅雨。夕方近くになると空がどんよりして来ました。 次回は同じ日に撮ったカラー写真をご紹介させていただきます。

  • 心模様

    以前からそうなのですが私は行き詰まると今までと違ったことを試してみます。 描いては消し…描いては消し… その中で発見することもあります。 今回は少し前進できたかなと思っても傍(はた)からは相変わらずだね…と言われてしまいます。 でもこの繰り返しが大切なんですね!

  • 真昼の蛍

    蛍の季節ですね。近場でヘイケボタルを見ることが出来るのですが今年はタイミングが合いそうもありません。 本物が見れなくても”真昼の蛍”は街中を飛び回っていますね。

  • 公園の紫陽花

    今どこの公園でも紫陽花を目にしますがこの公園はとくに入口付近が見応えがあります。 土が良いのか適度な日陰が良いのか…毎年公園内でひときわ綺麗に咲いています。

  • 小さな漁師町「子安浜」

    NHKの小さな旅で紹介されていたところに行ってみました。 横浜の港の一角にある小さな漁師町 新子安駅から第一京浜沿いに歩いて行くと高層マンションや高速道路に挟まれ時代の流れに取り残されたような風景が見えて来た。 昭和の良き時代を彷彿とさせる光景をスケッチしている人たちもいる。 カメラを持った年配のご主人が近付いて来た。 すいません…この辺でお寿司屋さんってどこですか? 今日初めて来たので分かりません…そうですかとひどくがっかりした様子。 浜通りを歩いている時、のぼりを目にして 思い出した。テレビ番組で紹介してたお店だ。 捕れたての穴子を使った穴子重を寿司職人のご主人が振舞ってくれるという。 そ…

  • あじさいの小径

    北鎌倉駅のそばに築100年以上の建物を展示場にした古民家ミュージアムがあります。 屋内の展示物も良いんですが今回の目的は屋外の「あじさいの小径」 たくさんの珍しいあじさいが所狭しと並んでいます。 これは「パリコレ」…名札が付いているので分かりやすいですね。 私はたくさんの種類の花を撮る時、一つ一つ名前を意識するようにしています。 その方が写真の表現力が付くんです!!これは本当に実感してます。 「彩々(さいさい)」 「ホットニュース」 「アクアマリン」 「ひな祭り」 「宵の星 」 「雪の朝」 「夕景色」 鎌倉のあじさいと言えば明月院や長谷寺が有名ですが 「北鎌倉古民家ミュージアム」も一つの名所で…

  • 30秒の定点観測

    鎌倉の有名な老舗和菓子屋さん。 お店の前で立ち止まってみると人々の動きが少し見えました。 この間30秒。 ほんの少し立ち止まっただけでも見えて来るものがありますね。

  • 夕日に乾杯

    学生時代、キャロルの大ファンの友人に頼まれて似顔絵を書いたことがあります。 私はそのバンドを全く知らなかったので彼から音楽テープと数枚の写真を預かりました。 下手くそな絵なのに彼はすごく喜んでくれました。 矢沢永吉のファンは不良が多いと言われ、彼もリーゼントにボンタン、学ランはリバーシブルで裏側には龍だったか虎だったか ド派手な刺繍がありました。 繊細な感性を持っている彼は…それを隠して突っ張って見せている…本当は友達思いの良い奴でした。 私は特別なファンという訳ではないけれど、”永ちゃん”はいくつになっても多くの人を惹きつける…格好良い生き方してますね。

  • 江ノ島スナップ

    子供の頃から何度も来ている江ノ島。 昔は人物スナップは気楽にできたものですが今は肖像権があるので気を使います。 そこに人がいて初めて成立する写真ってありますね。

  • 魚の行方

    去年初めて新江ノ島水族館の年間パスポートを購入して何度も行きましたが 水族館の大水槽はいつまで見ていても飽きることがありませんね。 泳いでいる魚をアップで撮るのは難しいですが 明るい水槽でゆっくり泳いでいる魚は比較的撮りやすいようです。

  • カワトンボの森

    毎年カワトンボが見られる清流に行ってみると…今年もいました。オレンジ色の羽がよく映えます。 頭上の葉っぱからも出迎えてくれました。 こちらは同じところで見られるハネが透明なタイプ。これも同じカワトンボです。 たくさん撮ったので戻る途中、番(つがい)に出会いました。 これは「タンデム」といってオスがメスの頭の後ろを掴んで連結しているペア成立の姿です。 カワトンボの交尾はちょうどハート型になります。 間もなく新しい命が誕生するでしょう。 今年もこの森で生き物たちそれぞれの営みが繰返されて行くんですね。

  • 円応寺の十王

    今回の鎌倉散策でいちばんの収穫は何と言っても円応寺です。 ここは立派な仏像を間近で見ることができるのが魅力ですがもちろん撮影禁止です。 一通り見て本堂を出た時…あれっ注意書きがない…当たり前だから外してしまったのかな。 念のため受付で聞いてみました。 大丈夫ですよ。今月から撮っても良いことになりましたから… え~っ今月から! 何て運が良いんでしょう。 他の人たちもみんな撮り始めました。 十王とは仏教において死後に出会う王たちのことで、七日ごとに七回、さらに百ヶ日、一周忌、三回忌の 合計十人の王の取り調べを受けるそうです。 まず初七日で会う秦広王(しんこうおう) 三・七日の宋帝王(そうていおう)…

  • 初夏の鎌倉散策

    今回は北鎌倉から鎌倉へ…いくつかお寺に寄りました。収穫もありました。 写真はお寺の窓を外側から撮ったものです。(合成写真ではありません)

  • 初対面なのに

    公園で新しいレンズを試していると一匹の猫が近付いて来ました。 この公園で猫を見たのは初めてですがちょうど良いのでモデルになってもらうことにしました。 近付いて来たのでどこ行くのかと思ったら体を擦りつけてきました。 そして毛繕い… 草をちぎって食べたり… カメラを向けると何?という顔をして来ます。 初対面なのに…頭を撫でたりしてないのに…良いモデルさんでした。

  • レンズと表現

    どのカメラメーカーでもほとんどの人がお薦めするレンズってありますね。 私は数十年振りに写真を再開した時ペンタックスを選びましたがここではFA Limittedの3本がお薦めレンズと言われていました。 でもこれからどんな写真を撮って行くのか決まってないのに人気だからと最初から高価なレンズはどうかと… カメラ本体とセットのキットレンズを選び…それから何万枚撮ったことか。 いろんな被写体でいろんな撮り方をして来たのでそれはそれで無駄ではなかったでしょう。 でも今回多くの人に支持されているFA 31mm F1.8 Limitted を入手し初めて使ってみて考え方が変わりました。 あれを撮りたいからこの…

  • 疾走感

    横浜トライアスロン2019 こういう被写体はなかなか撮る機会がありませんがチャンスがある時はとにかく試してみたくなります。 根っからの写真好きです!

  • 鉄人レース

    トライアスロンという競技をご存知ですか? スイム(水泳)、バイク(自転車)、ラン(マラソン)を連続して行い順位を競うレースです。 毎年横浜で大きな大会が行われているのは知っていましたが 今年は休みをとって初めて行ってみました。 クラスによって違いますが一流選手が参加するコースは1,5km海を泳いでから自転車で40km…さらに10km走ってゴールです。 ランの給水所ではほとんどの選手が水をとって口にしたり頭からかけていました。 この競技を知ったのは若い頃友人が休日の楽しみとしてやっていたからですが 彼のお兄さんは最も距離が長い「アイアンマン・ディスタンス」にも参加していました。 その距離 スイム…

  • 初夏の香り

    このところ天気予報で”明日は夏のような暑さになるところもあります”と聞きます。 ということは今はまだ春? いいえ、今は「初夏」。5月5日頃の「立夏」から概ね「梅雨入り」までを言うようです。 「秋バラ」に対して今咲いているバラを「春バラ」と呼ぶことがありますがは実は「初夏バラ」なんですね。

  • 小さな掌

    久し振りの 鎌倉巡り。お寺の睡蓮鉢では開き始めた葉が前日の雨水を大事そうに抱えていました。

  • 電波塔の落書き

    学生時代、小高い山のてっぺんに立つ電波塔を見つけました。 数十年振りに行ってみるとそこは落書きだらけ。 塗りつぶしてもその上から描き込まれ…いたちごっこのようです。 美観を損ねる落書きですが 不特定多数の青春の記録だと思うとこれもひとつのアートですね。

  • モデルさんの気持ち

    アゲハ蝶をよく見るようになりました。 若い成虫は警戒心が強く一箇所に留まることがほとんどないようです。 昆虫でも野鳥でもそうですが…逃げてしまう前にと夢中で撮り続け… 十分撮ったのでありがとうとそこを離れようとするとどういたしましてとモデルさんも離れて行く… こんなこと経験したことありませんか。 でもよく思い起こしてみると…撮ってる時は生き物を驚かせないようになるべく動かないようにしていたけれど 撮り終わった途端に緊張が解けて「ふ~ぅ。」と動き出す… その動きにびっくりして逃げただけかも知れませんね。

  • 白いシャツ

    4月は随分寒暖差がありましたが最近は過ごしやすくなりましたね。 みなとみらいに行ってみるとショーウィンドウの白いシャツが目に飛び込んできました。 ファッションに疎い私でも爽やかな5月の風を感じることができました。

  • ブログ始めました

    日常の中で目の前の光景を素早く撮ることを「スナップ」と言いますが…いろいろ撮ってみて 「風景やマクロも含めて手持ちでとにかく撮ってみる」というのが私のスタイルのようです。 下見のためにロケハンすることもないし…その場所で目にとまったものは何でも撮ります。 でもこれから進化して行きます。まだまだ未熟ですが時々お立ち寄りいただけると嬉しいです。

カテゴリー一覧
商用