searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール PROFILE

ぎょうてんさんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
ぎょうてんの仰天日記
ブログURL
https://blog.goo.ne.jp/gyoten
ブログ紹介文
日々起きる仰天するような、ほっとするような出来事のあれこれ。
更新頻度(1年)

33回 / 319日(平均0.7回/週)

ブログ村参加:2019/07/15

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、ぎょうてんさんの読者になりませんか?

ハンドル名
ぎょうてんさん
ブログタイトル
ぎょうてんの仰天日記
更新頻度
33回 / 319日(平均0.7回/週)
読者になる
ぎょうてんの仰天日記

ぎょうてんさんの新着記事

1件〜30件

  • 【読書メモ2】似島大検疫所の大成功は後藤新平ひとりによるものではない

    ~後藤新平が選ばれた理由と体制づくり~相馬事件で獄中にあった後藤新平は無罪放免、出獄後に多くの友人により雪冤会(祝賀会)を催された。石黒忠悳(ただのり)は新平の無罪判決を知るやすぐに電報を打ち広島に招いた。当時広島に(日清戦争時)日本の大本営が置かれていて「日本の中枢神経があったところ」である。石黒は明治10(1877)年の西南戦争に大阪陸軍臨時病院院長だった人物で日清戦争時は野戦衛生長官をしていた。西南戦争時に大阪陸軍臨時病院の試験を受けるように新平へ勧めたことは「読書ノート1似島大検疫所の大成功は後藤新平ひとりによるものではない似島大検疫所の成功は後藤新平ひとりによるものではない」に記した。新平の出獄後については世間の耳目を集め、陸奥宗光にいたっては伊藤博文に「あの男には、早く何らかの椅子を与えてやらなけれ...【読書メモ2】似島大検疫所の大成功は後藤新平ひとりによるものではない

  • 【読書メモ】似島大検疫所の成功は後藤新平ひとりによるものではない

    今ふたたび後藤新平の名が取り上げられている。125年前の日清戦争後に未曽有の帰還兵23万人のコレラ検疫を数か月で成功した後藤。今また取り上げられる理由は明白だ。新型コロナウィルスの影響で「令和の後藤新平はいないのか」という文脈で語られているのだ。後藤新平はいかにして大検疫を成功させたのか。「なぜ後藤新平がなしえて現代に生きる私たちができないのか」、そんな疑問に答えるべく後藤新平を調べることにした。これはその読書ノートで今回は鶴見祐輔著『<決定版>正伝後藤新平1』(藤原書店、2004年)と御厨貴著『<決定版>正伝後藤新平別巻』(藤原書店、2007年)の一部をまとめた。後藤新平は19歳の時に愛知県病院の三等医として愛知県名古屋に赴く。そこで司馬凌海の警察医学(今でいう公衆衛生・法医学に相当)の翻訳を手伝い、オースト...【読書メモ】似島大検疫所の成功は後藤新平ひとりによるものではない

  • 救おう観光バス!

    外出自粛で通販配送は需要急増につき遅延気味。観光バスは需要がなくなり解雇。→観光バスの運転手を宅配配送で雇えばいいのに。🤔どちらも大型車の運転。今だけワークシェアとかないの?救おう観光バス!

  • 耐えられない軽さ

    業務用冷蔵室に閉じ込められた女性がいる。中を確認しなかった人が外からうっかり閉めてしまったのだそうだ。振り返った時はちょうど扉が閉まるところで驚きのあまり声も出なかったという。「で、どうしたの?」「もちろん扉を叩いたり開けようとしたけど扉はかなりの厚さで、叩いてもたぶん聞こえなかったはずだし、真っ暗だったからどこがドアノブかもわからなかったし。」扉が閉まると冷蔵室内は暗闇になり、一瞬の間の後に止まっていた冷気が上からシャーっという音と共に降り注ぐ。それはナチスドイツの強制収容所のガス室を即座に連想させ、外に誰もいないことを知っていたが故に女性の恐怖は増した。冷蔵扉の内側のノブは大変小さいもので扉を開けるには至らなかったそうだが、必死で開けようとする音が一人だけ現場に残っていた人の耳に留まり、開けてもらったそうだ...耐えられない軽さ

  • 言葉の匂い

    中目黒を通りかかったところマイクで警察官らしき人のアナウンスが聞こえてきた。嫌な予感がした。中目黒駅に近づくと予感が的中してしまう。花見客の賑わいである。コロナ騒動で花見はないだろうと高をくくっていたら日本人の桜好きはコロナごときではびくともしなかったらしい。さすがにその数は例年ほどではなかったけれど、それでも警察がマイクでアナウンスをする程度には混みあっていた。ドン・キホーテの前まで来るとトイレットペーパーやティッシュの箱を持った人を何人か見かけた。この騒動で用心して買っているのだろうと妙な納得と共に進んでいたら賑わいの中で乳母車を押した若い夫婦の姿を見て仰天した。家族全員マスクなしである。え?この混み具合の中で?我が目を疑った。他にも小さな子を結構見かける。どうも各国の危機感と日本のそれには差があるようだ。...言葉の匂い

  • サイタ サイタ

    サイタサイタサクラガサイタウマシウマシアンコロモチサイタサイタ

  • ギラギラ

    いつもの美容院に行く暇がなく、通りがかりの六本木の美容院に入った。美容師さんに「この辺りじゃお客さんも色んな人が来るでしょ」ときいたらニコニコしながら「来ますよ〜、男の人でもギラギラ✨した人が来ますよ〜。」と言われた。私もギラギラヘアにされるかと一瞬ときめいたけど仕上がりは至極大人しいオカッパです。#オシャレなオカッパだったけど#六本木#芸能人やITも来るそうな#サービス・トーク?ギラギラ

  • 遅い❗

    不動産屋さんで10分ほど話してから「業界の新年会で屋形船乗ったんですよ。大丈夫ですかねぇ」と言われた。そういうことは早く言って......。。・゜・(ノД`)・゜・。#業務上過失致死罪に問われないのか遅い❗

  • I will be back.

    ご心配おかけしてますが間もなく戻ります。今しばらくお待ち下さい。ぎょうてんIwillbeback.

  • 今すぐお電話を

    突然の手紙で驚いていると思う。何度電話しても留守だったので手紙を書くことにした。どこか旅行にでも行っていたの?この一週間、それとも十日か。陽の射さない事務所にいるから日にちの感覚も鈍っている。世間で何が起きているかもわからない。そんな中で考えることと言ったら昔作ってくれたいなりずしのこと。何でこんな時に思い出すんだろう。気がつくとぽろぽろ涙がこぼれてくる。あれは旨かった。ほんのり甘くて。でも今食べたらきっと塩味だな。それと血の味か。実はつき合っている女性がいて紹介しようと思ってたんだ。福井出身のすごくいい子。だけど彼女の父親が脳脊髄減少症で治療と入院費がとんでもない額になって肩代わりしてた。貯金だけじゃ、どうにもならなくなって。わかるだろ、つい消費者金融、要はサラ金から借りたんだ。一緒に行ってくれた咲ちゃんも「...今すぐお電話を

  • 恭賀新年

    あけましておめでとうございます皆様の御多幸お祈りします本年もよろしくお願い申し上げます恭賀新年

  • 聖夜

    今年もまた12月24日がやってきた。しかも今年は金曜日にあたる。この日女性社員は(実際の予定の有無はともかく)そそくさと会社を後にする。うっかり残業でもしようものなら「お気の毒に」といった同情を受けてしまう。幸い男性社員にそのプレッシャーはほとんどない。「仕事第一です」アピールをさりげなくしていれば良く、数年続けて残業をしなければ何となくやり過ごせるものである。照井達也もその一人で、まったく予定がないクリスマス・イブは当たり前のように仕事を適度にして適当な時間に帰ることを無意識のうちに考えていた。そもそも「クリスマスの予定は?」などと聞いてくれる人がいない。「自分は女子にとって透明人間なのか。」一緒に過ごす誰かがいないことより、むしろその事に照井の心は寒風に吹かれる。「テルさんは今夜どうするんですかぁ?」書類を...聖夜

  • 白髪2

    早いものであっという間にブログ開設から1年になる。1周年に何か書こうと目論んでいたのにこのところの忙しさに紛れてその日は過ぎてしまった。1年間で最も反響があったのが「白髪」だったので改めてこのテーマへの関心の高さを知った。それならば、と続編を書くことにする。前作の「白髪」では白髪への対応の仕方や白髪になった後のあれこれについて書いた。白髪になると人は何かをせずにはいられなくなるのだ。隠す(染める)、一部を強調する(メッシュを入れる)、すべてを白くする等々。それに加えて「頭を丸める」、つまりスキンヘッドという選択肢もある。通常頭を丸めるのは俗世から離れる、俗事を断つ、反省を指す。ところが(お洒落とは別の意味で)そうではない人もいるらしいということがわかった。あれはもう15年以上前だろうか。テレビを観ていた母が急に...白髪2

  • サッポロ黒ラベル

    樹木希林さんかと思った。https://www.sapporobeer.jp/beer/cm/71/?playlistVideoId=6052944384001サッポロ黒ラベル

  • 命懸け  

    皆さん、押さないで下さい。私は逃げも隠れも致しません。皆さんにきちんとお話しします、そのために今日ここにいます。どうしてこちらに来たのかって?それは皆さん、よくご存じでしょう?普通なら私のような年寄りは孫の成長くらいが楽しみのはずだったのに、そうはいかなかったんですよ、私の場合。なまじ一芸に秀でてしまったからでしょう。「一芸」、ちょっと謙遜し過ぎですかね。ええ、その程度のものではありませんね。私がこの仕事に就いたのは31歳の時です。当時はまだ世の中もこうした感じではなくて、もう少し余裕がありましたね。将来には希望が持てるというか。私が大学で演劇を専攻したのも女優になろうと可愛い夢を持ったからです。女優として働くうちに縁があってこの仕事に就くようになった訳ですが、それでも70過ぎたこの年まで働けるとは正直思っても...命懸け

  • エコ ここ コロコロ

    幼かった頃、買い物には買い物かごやバッグを持って行くのが普通だった。レジ袋をくれるのはスーパーくらいで、多くの商店ではレジ袋はなく八百屋などでは紙や新聞紙に包むこともあったように思う。豆腐屋にはボールを持って買いに行った。個人商店はどんどん減っていきスーパーなどの大型店舗、チェーン系の店舗での買い物が日常となるとレジ袋の使用も日常となる。それに並行して買い物袋を常に携帯する、私の母親世代には一般的だった習慣も薄れていった。最近になりそれがエコ、地球にやさしいということで「買い物袋」は「エコバッグ」と名前を変えて再登場する。洒落たデザインのものが多数販売されていることはご存知の通りだ。風呂敷も見直され、そしてそれが「オシャレ」「カッコいい」扱いとなっているのは結構なことである。「義務」では喜ばれない。オシャレ、カ...エコここコロコロ

  • 感謝!

    昨日の朝ブログへのアクセス数激増に気づく。どこかで紹介されてる?でもどこかは不明。(お心当たりの方はお申し出下さい。)とにかくブログ村のコラムで1位に、gooブログでも一時100位以内に入りました。皆様ありがとうございます!感謝!

  • 駆け込み

    増税前の駆け込みで高価な買い物(セール品)を清水の舞台から飛び降りる覚悟でした。しかし夜になって定期券購入もしなければならぬことに気づく。今は清水の舞台から飛び降りたい気分...。orz「駆け込みは危険ですのでお辞め下さい」は本当なのである。駆け込み

  • 南町奉行所跡

    ぞんざいな記念碑だな~。知名度高いしもう少し工夫してもいいのでは?南町奉行所跡

  • 白髪

    (以下はおよそくだらない話なので高尚な話を求める方はご遠慮下さい。あらかじめお断りしておきます。)私には学生時代、大変親しくしていた留学生の友人がいた。その彼が自国の大統領選の時こういった。「自分の国の政治家は選挙の時には髪を黒く染めて、再選を狙う(あるいは引退時だったかもしれない)時には『こんなに苦労をしている』とアピールする。」へえーとその配慮と戦略(?)にいたく感心をしてそれから政治家の髪に注目するようになった。確かにその国の大統領選に立った候補者達は選挙時には黒く染めていたのに後年法廷には白髪頭で立っているのだった。その後日本の政治家の髪についても観察するようになり、色々と面白い発見をしている。芸能人と異なり政治家の髪の染め方は「びっしり黒々根元から」が基本のようだ。50代くらいならそれもまあ良いのだが...白髪

  • 夏の思い出

    空泳ぐ雲に誘われ旅に出た。山へ海へおいしい食事に舌鼓を打つのでありました。夏の思い出

  • チームラボ

    チームラボボーダレスに行ってきました。期待以上に素晴らしかったです。四季を追い変化する華々。桜、紫陽花、ひまわり、曼珠沙華...変化の様子が飽きない。音楽の音量が大き過ぎたのが残念。次は触覚と香りとの融合とか?チームラボ

  • Laingの作り方

    タロイモの葉のコココナッツ・ミルク煮込みの作り方です。私はまだ作っていませんがフィリピンの知人がレシピを送ってくれました。どうやってタロイモの葉を手に入れよう?https://www.kawalingpinoy.com/laing/?fbclid=IwAR0VYneGFDOx1QisI_SjVp1BaD7dnL8dBCXS_ZvCFn-tSQ5okADBHDnWxRs土井善晴さんにも教えてあげたい🎵Laingの作り方

  • おいしいフィリピン料理

    フィリピン料理店がもっとあればいいのにというくらいおいしい!スープにはパイナップルやグァバが入っていて複雑な酸味と味わい。その横はタロイモの葉のココナッツ・ミルク煮込み。味が2種類あって日本のきゃらぶきのような感じ。ご飯に混ぜて食べます。地域によって味が違うようです。おいしいフィリピン料理

  • 私が無口になる理由

    フィリピンに行ってきた。初めてのフィリピンで気づくことが満載だった。東南アジアはこれまでも何か国か行ったけれどなぜか今回は違いとその影響がとても気になった。マニラの街を歩く。着いてすぐ現地の知人から「ながらスマホ歩きはひったくりに遭うから危険」との親切な注意を受けたが、そもそもそんな気が起きない程のデコボコ道。危ないですねと言ったら東南アジアに詳しい同行者から「信号があるだけマシだよ」と言われてしまった。マニラ市内を車で走ればガタガタ揺れて車酔いをしてしまう。すぐ渋滞にはまる。郊外へ行くとマニラから車で2時間程度なのに高速道路を降りてから信号というものがまったくない。「フィリピンが遅れている」ということがいいたいのではない。問題はその先にある。フィリピンの人とサツマイモの輸出の話をした。タロイモがあるフィリピン...私が無口になる理由

  • 何度も使用できます。

    フィリピンのスターバックスで発見。何度も使えるカップとストローです。100ペソ(200円程度)で販売してます。日本でもそのうち販売するかな?4色展開できれいです。何度も使用できます。

  • ボヘミアン・ラプソディ

    遅ればせながら映画『ボヘミアン・ラプソディ』を観た。クィーンの音楽と才能を持つ人間が才能があるがゆえに蝕まれていく様子が描かれていた。クィーンの名前も知っていてその音楽はラジオやテレビCMを通して知っていたけれど、それがクィーンであると認識していない程度なのでとてもコラムにする程の見識はない。書いたらファンに叱られそうだ。そこで何を書くかというとそんな私があの映画を見ていいなと思ったことを2点ほど。映画で紹介された音楽は聞き覚えのある、つまりは大ヒット曲で「ああこれもクィーンなんだ」と今さらながら知った次第で申し訳ないくらいだ。英語の曲を聴いて内容を理解できる程の英語力は私にはないので声やメロディー、テンポ、音の構成などで曲の好き嫌いを判断するしかない。それでももちろんいい曲だとは思っていたけれど映画で字幕付き...ボヘミアン・ラプソディ

  • ここにいます。

    冠水した中を走る走る。ここにいます。

  • 逆効果

    正に無駄遣い。これができた経緯を知りたい。逆効果

  • 逆効果

    これができた経緯を知りたい。逆効果

カテゴリー一覧
商用