将棋ブログ〜プロの次の一手〜
住所
出身
ハンドル名
fffukkenさん
ブログタイトル
将棋ブログ〜プロの次の一手〜
ブログURL
https://fffukken.hatenablog.com/
ブログ紹介文
将棋ブログです。 プロの次の一手を紹介していきます。
自由文
-
更新頻度(1年)

71回 / 35日(平均14.2回/週)

ブログ村参加:2019/07/14

fffukkenさんの人気ランキング

  • IN
  • OUT
  • PV
今日 08/17 08/16 08/15 08/14 08/13 08/12 全参加数
総合ランキング(IN) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 969,189サイト
INポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
OUTポイント 0 0 10 10 0 0 0 20/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
その他趣味ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 16,737サイト
将棋 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 327サイト
今日 08/17 08/16 08/15 08/14 08/13 08/12 全参加数
総合ランキング(OUT) 70,210位 71,413位 71,421位 86,135位 圏外 圏外 圏外 969,189サイト
INポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
OUTポイント 0 0 10 10 0 0 0 20/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
その他趣味ブログ 1,074位 1,096位 1,102位 1,368位 圏外 圏外 圏外 16,737サイト
将棋 24位 23位 22位 26位 圏外 圏外 圏外 327サイト
今日 08/17 08/16 08/15 08/14 08/13 08/12 全参加数
総合ランキング(PV) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 969,189サイト
INポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
OUTポイント 0 0 10 10 0 0 0 20/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
その他趣味ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 16,737サイト
将棋 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 327サイト

fffukkenさんのブログ記事

  • 新しく四段になる渡邊和史さんってどんな人?奨励会って?

    新しい四段の誕生です!! その名も「渡邊 和史」さんです。 現在は奨励会の三段 2019年8月15日の三段リーグの対局の結果から、最終局を前に昇段を決めました。10月1日付けで四段昇段となります。 では渡邊和史さんについて詳しく見てみましょう。 1、プロフィール 2、経歴 3、奨励会って? 4、昇段にあたって周りの反応 5、プロ入りを決めた対局を見てみよう! 1、プロフィール(日本将棋連盟公式HPより) 生年月日 1994年10月6日生まれ (24歳) 出身 東京都新宿区 師匠 豊川孝弘七段 奨励会入会 2008年2月 三段リーグ入り 2013年10月(第54回奨励会三段リーグから) 得意戦法…

  • 藤井聡太四段 炎の七番勝負 藤井聡太 四段 対 増田康宏 四段(2017/03/13)

    今回はAbemaTV特別企画を紹介しよう。 藤井四段が実力派プロと7番勝負を行う。 第一局は増田四段が相手だ。 なんと序盤から中盤の入り口まででいきなり優位を築く。 確かに増田四段の攻め駒を攻めて飛車もりこめるのは良いかも ソフトは入玉を確信したのだろうか。 終盤は評価値が振り切れている そして攻め切って勝ち! kif形式↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓ 開始日時:2017/03/13 19:00:00棋戦:藤井聡太四段 炎の七番勝負場所:AbemaTV持ち時間:1時間手合割:平手先手:藤井聡太 四段後手:増田康宏 四段戦型:角交換腰掛銀手数----指手---------消費時…

  • 新人王戦 大橋貴洸 四段 対 藤井聡太 四段(2017/03/10)

    藤井聡太さんと同期でプロ入りした大橋四段。 そして藤井ブームに隠れていましたが、大橋四段もかなりの実力者 勝率は8割近くあります。 そんな両者が新人王戦で激突!! 名局が期待されます。 さて、100手目の局面 プロの対局では100手未満で終わることも多いのですが、さすが両者の対局 押しも押させぬ攻防で100手目でも難しい中盤戦です。 藤井四段がかなり大橋四段の玉を追い詰めているのですが、評価値を見てみると・・・ 実は先手(=大橋四段)優勢! 藤井四段の攻めは簡単には決まらない、ということでしょうか と思いきや あれれ?れれれ??? 評価値がぐんぐん藤井四段の方へ傾いていきます。 確かに藤井四段…

  • 王将戦 有森浩三 七段 対 藤井聡太 四段(2017/03/01

    古豪・有森七段戦 有森七段の向かい飛車となった。 プロでは居飛車のほうが多いが、もちろん振り飛車との対抗形もある。さあ、どう応じるか藤井聡太 中盤の差し掛かり 有森七段は固くて遠い穴熊を選択。 うまくさばかれそうだが、ソフトの評価では後手(藤井聡太)良し 評価値も全般的に藤井聡太良しを示している。 と思っていたらいきなりの投了。 藤井聡太の華麗な攻めに有森七段は受け切ることが困難と判断したようだ。 kif形式↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓ 開始日時:2017/03/01 9:00:00棋戦:王将戦手合割:平手先手:有森浩三 七段後手:藤井聡太 四段戦型:向飛車手数----指手-----…

  • 加古川青流戦 都成竜馬 四段 対 藤井聡太 四段(2017/07/11)

    本局は解説者泣かせの一局であった。 序中盤は都成四段が優勢に進めていたものの、終盤に誰の読みにも無い手を繰り出す。 まさに気が付けば勝っていた、といった一局だ。 解説の棋士 藤森さんと勝又さんが「マジか!」「藤井くん人生2周目だから…」「よい子は真似しちゃダメな手」「都成さんは何が悪かったの?」「相手です」「チャック開けたら大山先生出てくる」「人外な子」と終始驚きと喜びに満ちた楽しい解説でした いやいやいやいや 何が悪かったの?>相手です って解説じゃないやん(笑) さあ、評価値を見てみよう 評価値がピーンとはねあがっている。これは94手目の局面。 中盤も難しいところで、藤井四段が攻め込まれて…

  • NHK杯 藤井聡太四段 対 浦野真彦八段(2017/02/23)

    本局はかなり評価値が揺れ動く展開であった。 最後は藤井聡太が決めきるものの、途中は危うい局面もあった 例えば下の局面だ 終盤も終盤のこの局面、実は評価値がマイナスになっている。 急所の金を攻めているので藤井聡太が優勢のように見えるが、ソフトには難しい手順が見えているようだ。 藤井聡太がその筋を読んでいたかはわからない。 検討にはやねうら王(YaneuraOu 2017 Early KPPT 4.79 64AVX2)およびelmo(WCSC27)を使用しているが、そのソフトが最善を示しているかもわからない。

  • NHK杯 藤井聡太四段 対 北浜健介八段(2017/02/23)

    本局の評価グラフは圧巻というしかないだろう。 一度もマイナスに触れていない。 手数は128手に及ぶにも関わらず。 本局は中盤が長かった。 勢いのある若手は得てして勢いよく攻めたがるところ。 しかし藤井聡太は違った。 じわじわと相手を抑えていく。 一気に息の根を占めるのではなく、傷を与えて出血を重ねさせて体力を奪っていく。 一例としてはこの局面だ 歩を1枚得している。 桂馬が手持ちなのもポイントだ。 そして相手の馬を消しに行く。 銀と馬の交換になった。 かなり大きなポイントで、藤井聡太が優勢に。 その後は前述の通り、慌てずじっくり体力を奪っていった。 kif形式↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓…

  • NHK杯 藤井聡太四段 対 竹内雄悟四段(2017/02/23)

    おかしすぎる強さでしょう。 相手の竹内四段も決して弱くはないです。 むしろ若い分、深い読みができるのですが。 評価値を見ると、完勝です。 安定しています。 しかし実は、中盤はかなり危ない場面もありました。 藤井聡太の玉がかなりむき出しになっています。 この局面の評価値は+266 人間的にはほぼ互角ですし、言って間違えると藤井聡太の負けになります。 しかし上手にいなし切っています。 開始日時:2017/02/23 0:00:00終了日時:2017/02/23 0:00:00棋戦:NHK杯場所:関西将棋会館持ち時間:持ち時間各20分・切れると一手30秒手合割:平手先手:藤井聡太四段後手:竹内雄悟四…

  • 竜王戦 浦野真彦 八段 対 藤井聡太 四段(2017/02/09)

    さあ、藤井聡太のプロ入り後の第三戦。 相手は詰将棋の名手、浦野八段だ。 本局は藤井聡太が積極的に攻める展開となった。 軽く桂跳ね。 しかしこの攻めが実にうるさい。 下に評価値もつけているが、中盤あたりからじわじわじわじわと藤井聡太が優勢を築いていっている。 終盤はソフトの正確な読みがあるので、評価値は触れがちだろう。 それにしても安定した将棋で、たった49手で打ち取っている。 ↓kif形式↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓ 開始日時:2017/02/09 10:00:00棋戦:竜王戦場所:関西将棋会館持ち時間:5時間手合割:平手先手:浦野真彦 八段後手:藤井聡太 四段戦型:角交換その他手数----…

  • 2017-01-26 棋王戦藤井聡太 四段 vs. 豊川孝弘 七段 第43期棋王戦 予選

    藤井聡太、プロ入り後の第二戦 相手はダジャレ王の豊川さん この対局は若さ溢れる勢いのある展開です。 下の局面から、次の手は2二飛車成!! <簡単解説> 歩を1点、桂馬を3点、銀を5点、飛車を8点...などと、将棋の駒に点数をつけることができます。この点数が多いほど有利です。 さて、藤井聡太さんはまず桂馬と歩を好感しています。1-3=-2点と損をしています。 次に、飛車と銀を交換します。 5-8=-3点さらに損します。 ここ数手でー5点も損!! (ちなみにこの計算だと、将棋の駒は全部で55点。約10%の点数を失いました。) では藤井聡太が負けるかというとそういうわけではありません。 下の局面を見…

  • 2016-12-24 竜王戦加藤一二三 vs. 藤井聡太 竜王戦

    藤井聡太さんの対局を振り返っていきましょう。 プロになって初めての対局。 お相手はご存知のとおり、加藤一二三九段です。 加藤九段は持ち味の攻めを繰り出す。 対する藤井聡太は落ち着いて相手の攻めを切らしにいく。 そして加藤九段の攻めが落ち着いた時、藤井聡太の厳しい攻めが火を噴く! 歩頭銀!! <簡単に解説> 将棋は駒の強さ(=価値)が違います。 会社でも、新入社員よりベテランの方が会社にいてほしいですよね。 でも勝負時は違う、と藤井聡太が教えてくれます。 時にはベテランを犠牲にして新入社員を成長させるのが大きい、というのです。 8六の銀を犠牲に8五の歩を一つまえへすすめるのです。 もしやこの局面…

  • どうぶつ将棋勉強3!

    どうぶつ将棋の勉強をしてみましょう。 フルバージョンの動画はこちら↓ https://t.co/L47k4TG0LX?amp=1どうぶつ将棋の符号はこの画像参照 さて、問題の局面は下記の局面です。 じつはこれはどうぶつ将棋では有名な局面(かも)さて、考えてみましょう。 少し手が広いです。難しいです。①まずはA3のゾウが取られそうだから逃げたいですね。 逃げるならB4ゾウ。しかし勢いがないですね~ B3ヒヨコと打たれてまずそうでしょうか②逃げるんじゃなくて攻めろ!としてみると B2ヒヨコを考えてみますか。B2ヒヨコに同キリンはいまいちでしょう。 C1ライオンと逃げますね。これはいい勝負っぽいです…

  • A級順位戦(佐藤天彦九段vs渡辺三冠)

    最近プロの将棋を見てきて再認識する どっひゃあああああああああーーーーーーーー!!!!!!!!!!!! と叫びたくなるような手が出るのだ。 鋭い読みに裏付けされた一着。 トッププロの将棋は特にそれが多い。 では、A級順位戦、言わずと知れたトッププロ二人の対局を見てみよう。 さあ、局面 難解だ 何を指せばいいのかわからない そんな難しい局面から一筋のこたえを紡いでいくのがプロの将棋だ どこまで攻めを受け止めてどこからカウンターを食らわせるのか 永遠の難題だろう。 さて、次の局面。 どっひぇええ!といった局面だ。 なぜなら7六の銀がぼろりと取られるからだ。 確かにこの局面で銀を見捨てるのはしょうが…

  • 叡王戦(稲葉八段vs山崎八段)

    独創性vs王道、と言えるだろう二人の中堅同士の対局だ 本局は終盤で形勢が振り子のように揺れ動いている。 すべてを紹介することはかなわないので、注目個所のみをお届けしよう 中盤の難所だ ここからいかに厳しい攻めを繰り出せるか、稲葉八段 みなさんはぱっと見でどこに手が行く? やはり急所は、玉のコビンだ 4四歩! 序盤から苦しい時間が多かった稲葉八段 コビン攻めで活路を見出す。 そして最終盤 詰むやつまざるやの局面 稲葉八段はうまく山崎八段の玉を包囲した さあ、山崎八段、どう応じる? ばっさり7七香成 なんとも見事に詰ませ切った 山崎八段の勝利

  • C級1組順位戦(金井六段vs藤井七段)

    新進気鋭の若手の対局。 一人は言わずと知れた藤井(聡)七段。対するは叡王戦の番勝負まで進んだ金井六段 若手同士の軽快な将棋を楽しんでいただきたい 将棋の序盤~中盤にかけては勢いに波がある。はじめはじりじりとした展開なのに、ある点を過ぎると一気に激しくなるその点がここだ 藤井七段が金井六段に、激しくいきましょうよと誘っている手だ しかし金井六段ももちろん読み筋 激しい流れに乗っていく。 あっという間に局面は進み、互いに飛車角を持ちあった。 そして金井六段の左右の桂馬はぴょんぴょん飛んでいく。 これぞ若手らしい軽快な手だろう しかし軽快なのが良いとは限らない 軽く受け止められるかもしれないし、もっ…

  • 棋王戦挑戦者決定トーナメント(杉本八段vs羽生九段)

    相穴熊の将棋ではいかに細い攻めを繋げていくかが一つポイントであろう。 それを教えてくれるベテラン二人の対局だ 互いにガチガチに囲いあう展開に。 杉本八段の穴熊が今一つ完成していないタイミングで仕掛けたのは羽生九段の狙いだろう 飛車と角だけで軽くさばいていく。 6,7筋の勝負かと思いきや、軽く8六歩アマの私に善悪は判らないが、羽生九段の懐の広さを知る一着だ しかもこの歩がと金となって活躍するのだから素晴らしい 先に龍を作った杉本八段 しかし羽生九段は飛車で上手に桂馬を守る 小駒を入手して穴熊を攻略したい杉本八段は軽く歩を使っていく こんな歩には構わず攻めあうのだろうと思っていた。 または、桂馬を…

  • 第60期王位戦第3局(豊島王位vs木村九段)

    2連勝と波に乗る豊島王位 前局は木村九段優先だったものの、僅かなほころびをついて豊島王位が一気に攻めきったさあ、注目の第3局を見ていこう予想されていた戦型とは違い、矢倉の出だしとなった。 将棋の純文学だが、タイトル戦に登場するのは久しぶりな気がする。局面は豊島王位が木村九段が囲いきる前に積極的に攻め始めたところ 近年タイトルを獲得している豊島王位の棋風は積極的果敢に攻め込む棋風だそして駒損をものともしない銀上がり 駒を前に前に進めていく 木村九段は駒得のチャンスだが、豊島王位の駒がどんどん攻め込んできては受け止められない難しいやりとりがあったが、一度局面を落ち着ける。 こうなると木村九段も十分…

  • どうぶつ将棋ウォーズ!勉強3

    どうぶつ将棋の初心者向けの勉強ページです。さて、局面。 どこにキリンを打てば相手のライオンが捕まりますか? さすがにかんたん?B1キリンですね。次の問題 ゾウで王手しました。 相手がどこに逃げるかも考えて詰ませてください といっても逃げるのは1箇所だけですね B1ライオンと逃げて、こちらはC2ゾウ(またはA1キリン)とすれば相手のライオンは詰んでいますね。 では、最後の問題 少し発展しましたが考え方は一緒です かっこよく詰ましましょう まずは最初に思い浮かぶC1ヒヨコ成と相手のゾウを取りましょう。気持ちいいですねヒヨコがニワトリになるので、王手です。 相手はニワトリを取るしかありません。そこで…

  • 王将戦(三浦九段vs斎藤王座)

    トッププロ同士の対局 期待に裏切らず大熱戦となった。本局、ぜひ並べて頂きたい。 熱戦すぎて、一手だけの紹介とする予定が三手も気になる手が出来た互いに均衡のとれた局面 大駒を捌き合う展開なので、上手く敵陣を突破していきたいが 自陣飛車!! なんとも視野が広い 馬を消されたくない斎藤王座 2八桂馬と持ち駒を使うがいかにも辛い(実践はいい勝負だが)次の局面! 先程よりも激しくなってきた 終盤戦の入口だろうか。 「終盤は駒の損得よりも速度」という格言はよく使われるが 9二香車!! 香車を取られないため(取っても9二の働きが悪いところにするため)にふわりと香車を浮く

  • youtubeの将棋/どうぶつ将棋実況

    https://www.youtube.com/channel/UCbhWXiy0RUrkPbqKR6KlItQ 最近のYoutubeに上がっている将棋とどうぶつ将棋の実況です。 音声がないものも多いですが。 どうぶつ将棋で実況者No1の実力を目指します。 まだまだ先は長いですが。 コメントあればお願いします。

  • 竜王戦(木村九段vs永瀬叡王)

    木村九段強すぎか!!! 別の棋戦では挑戦してるわ、竜王戦では準決勝まで来るわで絶好調ですか! 衰えませんね対する永瀬叡王も好調なので、名局が期待されますさて、相居飛車の出だしから永瀬叡王が強襲している しかし歩が少なく少し苦しい攻めそして木村九段の攻めを潰しにかかる一手 こういう、相手が無理して攻めている時は自分は無理をせずに相手の手の流れに沿って指すといいですねさあ、急かされている永瀬叡王 無理やり端から拾った一歩でなんとか龍を作ったしかし徹底している木村九段 永瀬叡王の攻め駒を攻め続ける 龍を作れてもその龍が仕事をしなければ意味が無い 龍を使わせていないので木村九段が優勢だそして攻めに転じ…

  • 竜王戦(豊島名人vs渡辺三冠)

    もはや棋界のツートップ。今期だけで6局も対局がある。 実力は互角だいきなり豊島名人が仕掛ける よくある展開だが、桂馬を捨てるのはやはりハッとする 豊島名人が攻め、渡辺三冠は力を溜めてカウンター狙いだ じっと桂馬を打つ渡辺三冠 飛車を周り攻めを厚くする豊島名人 1箇所だけでは攻めは決まらない 小洒落た一手がでた! 読みの入った鋭い手だ。7二歩! 実は恐ろしい狙いを秘めている そして一気呵成の攻め!! さあ終盤戦、どちらの攻めが厳しいのか 金を犠牲に豊島名人の玉頭に手をつける渡辺三冠 じっと腰を据えて読み切る豊島名人 複雑な変化があるが勝ちを読み切ったか!? 最後の決め手だ もはや攻防に望みのない…

  • 竜王戦(豊島名人vs渡辺三冠)

    もはや棋界のツートップ。今期だけで6局も対局がある。 実力は互角だいきなり豊島名人が仕掛ける よくある展開だが、桂馬を捨てるのはやはりハッとする 豊島名人が攻め、渡辺三冠は力を溜めてカウンター狙いだ じっと桂馬を打つ渡辺三冠 飛車を周り攻めを厚くする豊島名人 1箇所だけでは攻めは決まらない 小洒落た一手がでた! 読みの入った鋭い手だ。7二歩! 実は恐ろしい狙いを秘めている そして一気呵成の攻め!! さあ終盤戦、どちらの攻めが厳しいのか 金を犠牲に豊島名人の玉頭に手をつける渡辺三冠 じっと腰を据えて読み切る豊島名人 複雑な変化があるが勝ちを読み切ったか!? 最後の決め手だ もはや攻防に望みのない…

  • 朝日杯将棋オープン(長岡五段vs室岡七段)

    手筋満載だった両者の対局から勉強してみよう室岡七段だけ飛車が捌けている格好 上手く飛車を使いたい長岡五段この歩を合わせるのが手筋だ! 同歩なら同飛車から右辺へ飛車を展開できる室岡七段としてはこの歩を取ることはできない。 しかしこの歩が最後に詰みに利いてくるのだから将棋は恐ろしいものださて、局面はすすみ5八金とただで捨てる! これが手筋の一着だ 長岡五段は同金と取るしかない。 そこで3九銀と打ち1八玉と追い込んでから6九龍!!! 次に5八金を取ると詰めろになる長岡五段は上部脱出にかけるしかない。 そして一閃はるか昔に打った7四歩を成り捨ててから さらに飛車切り! 華麗に詰ましきった!!

  • 第45期棋王戦挑戦者決定トーナメント(松尾八段vs都成五段)

    挑戦者決定トーナメントまで上がってきた両者常に好成績を残しつつもあと一歩が届かない松尾八段 と 苦しい奨励会を上がって着実に勝ち星を重ねる都成五段の対局だ。よくある出だしから仕掛けの局面互いに相手の急所を攻める 松尾八段の実直な指し手は大好きです この一手はぜひ覚えておきたい 飛車を近づけて受けることで桂馬を打つスペースを無くしている松尾八段が上手く攻めていたが決め手を与えない都成五段と金攻めをまにあわせる。 なんとも手がない松尾八段。 悔しい投了となった。

  • 竜王戦2組昇級者決定戦(斎藤王座vs澤田六段)

    じっくりした対局になりました。100手目の局面で中盤あたりです。互いに固く囲い合い、飛車と角を取り合っている ひと目は穴熊が固く、飛車も持っていて斎藤王座が模様良しに見えますしかし澤田六段からの端攻めも厳しく見えるのでまだむずかしい勝負かしかし上手く攻めていく斎藤王座あっという間に寄せきってしまった…強い…

  • 王位戦第2局(豊島王位vs木村挑戦者)

    第2局ですね! 豊島王位が攻め込むが、さすがの受けの名手木村挑戦者。 序盤の豊島王位の攻めを手厚く受けて優位を築くただでは負けられない豊島王位はなんとか攻めの手を繰り出していくそして豊島王位の攻めが繋がり始めた 2日目の午後のことだ。 1日半かけて築いた優位が、豊島王位のこの一手で崩されたこの手はノータイムで指された。確かに直前の木村挑戦者の6六銀は危険な手だった。 その手に対してノータイム「読み筋ですよ。ここからは私が優位ですよ」 と言わんばかりの指し手だ。1度バラバラになった陣形を戻すのは至難の業。あっという間に差をつけられ無念の投了となった

  • 第67期王座戦挑戦者決定戦(永瀬叡王vs豊島名人)

    斎藤王座へ挑戦するのはどちらか!豊島名人と永瀬叡王の注目の一局だ!! さて、矢倉の出だしから。 永瀬叡王が攻めだす 銀交換になってから、豊島名人の力強い金あがり!!3三金! これは予想外だろう 2二銀と打って確実な駒得を目指す永瀬叡王 かまわず攻める豊島名人。6五歩! 豊島名人は玉を遠ざけ、1段飛車で1一にいた成銀を攻める。 じっと引く永瀬叡王 このままでは駒損が残る豊島名人 盤上の駒を活用していく。 しかし駒損は確実な差となっている。 苦しくなってきた豊島名人。 角の活用を図るが、じっと3七歩と受けられる。 そして得した今日で玉頭を制圧していく 普通の手では勝てない豊島名人 異筋の銀打ちで打…

  • 将棋の勉強

    将棋の次の一手を考えてみましょう。下の人の手番です。 一気に攻め込みたいが駒が少ないです。華麗な捨て駒から必至に追い込みましょう。(もしくは相手の応手を考えて必至にならない逃げ方を考えてみましょう)ヒント… 角を打ちます 答えは……9一角!!同玉ととりますよね。 すると8三銀成が詰めろ。同銀と取ると同飛車成で後手の持ち駒に金がないです。 すると8二銀と9二銀のどちらもは受かりません。 第2問!! かなり攻め込んでいて優勢ですが、一気に決めましょう。 金で守ってきたところですが、ひるまずに。玉頭から金か銀を打っていきたいですが、それでは逃がしてしまいます。ヒント 銀を使いましょう答えは…… 3二…

  • どうぶつ将棋!勉強3

    今日もどうぶつ将棋を勉強していきましょ〜第1問! まずは下の局面。手番は下の人です。 持ち駒にキリンが2匹います簡単ですね、詰ましましょう。B2キリンと打つと上の人はA1ライオンと逃げるしかありません。そこでA2キリン打としましょう。それでライオンさんが捕まってますね。 B1キリン打とすると、ゾウに取られるので気をつけてください。第2問!! 上の人の手番です。 下の人は私で、A3ヒヨコと打ちました。 はい、ただです。それ以外に指す手がありませんでした。 さあ、上の人はどう応じますか??キリンで取りますか? A3キリン(上でも下でも)で取ったらA3同ゾウ、A3同キリンと進みます。 すると下の人は…