searchカテゴリー選択
chevron_left

メインカテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE

塾なし受験応援母さんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
塾なし中学受験(2019・2022)
ブログURL
http://kansai2019.seesaa.net/
ブログ紹介文
中三の長女が、塾に通わず、新四年生から自宅で中学受験勉強を始め、無事合格をいただけました。今度は塾なしで大学受験を狙います。小六の次女も、同じく塾なしで中学受験を狙います。二人の塾なし受験で使用した教材について、それぞれ記録していきます。
更新頻度(1年)

207回 / 365日(平均4.0回/週)

ブログ村参加:2019/07/12

本日のランキング(IN)
フォロー

ブログリーダー」を活用して、塾なし受験応援母さんをフォローしませんか?

ハンドル名
塾なし受験応援母さん
ブログタイトル
塾なし中学受験(2019・2022)
更新頻度
207回 / 365日(平均4.0回/週)
フォロー
塾なし中学受験(2019・2022)

塾なし受験応援母さんの新着記事

1件〜30件

  • 過去問

    そろそろ過去問にも手を付ける時期になりました。 まだ受験校は決まっていないので、いくつか候補を決め、ようやく赤本を数冊購入しました。 関西では赤本は英俊社のもののほうが

  • 引き続き社会も勉強

    久々の更新となってしまいましたが、元気にやっています。 コロナワクチンも無事二回目から一週間ちょっとが経ちました。 この土日で下の子は過去問を解いてみました。 まだ第一志望は決まっていないので、難問を出さない学校を選びました。 赤本は購入していないため、上の子の時に買ったものを使用しました。 そのため今回挑戦したのは2018年の入試問題です。 一日一校ずつ解きましたが、それだけで土日が潰れてしまい…

  • コロナワクチン

    コロナ感染者が増えてきています。 私自身もワクチンを受けるかどうか迷った時期はありましたが、急激な増加とともに、早いうちにワクチンを接種しなければと思い、今月初旬に一回目を受け、そして今週二回目を受ける予定です。 今は子供のワクチン接種をどうしようかと考えているところです。 子供に対する安全性はまだ確立されておらず、やはり不安はつきまといます。 ただこれだけ増えてきており、ワクチンの有効性も明…

  • 情報のアップデートの必要性

    上の子の受験が終わって、その後にコロナ禍となったため、上の子と下の子の受験では違う面も出てきています。 受ける予定のある学校に関してはもちろん、他の学校の状況なども、常にアップデートしておく必要性があります。 受験日が変わる学校があれば、それが他の学校にも影響してきますし、流れも変わってくる場面も出てきます。 また上の子の時は受験日に保護者の控室があるところがほとんどでしたが、コロナ禍で控室が…

  • 最新版の社会メモリーチェックを買いました

    ようやく社会メモリーチェックを購入しました。 社会メモリーチェック 2021年資料増補版 (日能研ブックス)

  • 2022年予想R4

    関東と関西の2022年予想R4の最新版が出てますね。 https://www.nichinoken.co.jp/np5/schoolinfo/r4/expectr4.html これからじっくり見てみます。 ↓中学受験を目指す他のブログはこちら ↓

  • 塾なし中学受験について質問ありますか?

    中学受験のサポートも残り半年弱となりました。 そのためこのブログの今後についてもいろいろ考えます。 現在中三の上の子ですが、中高一貫校で頑張ってます。 中学受験勉強とは違って、学校での勉強の延長上に大学受験はありますから、学校から与えられた課題や問題集をきちんと仕上げていけば、基礎はきちんと固められます。 そのため、それぞれの学校に応じて、中高での勉強方法は違ってくると思っています。 課題や小…

  • 演習量が足りないと思ったら

    今回は四年、五年生向けの演習のおすすめについて書いていきます。 夏休み、塾の夏期講習に通う子達は、そう余裕はないかもしれませんが、もし塾なしで時間的余裕があるのであれば、いろいろな塾の過去の公開テストを解くことをおすすめします。 これからの月のものではなく、2月から7月までの同じ学年のものが良いかと思います。 もし予習シリーズで勉強をすすめてきているのであれば、日能研が取り組みやすいかもしれませ…

  • このブログについて

    このブログももう始めてから五年以上になります。 当初は中学受験するかもわからない、中学受験が素人すぎて悪戦苦闘していたわけですが、もう中学受験母となって五年も経つと、この世界での流れがだいぶわかってきています。 一時は幼児期からきちんと勉強させたほうがよかったと後悔したこともありましたが、今となってみては幼く勉強に全く興味のなかった上の子に無理強いしなくてよかったと思っていますから、記事を書いて…

  • 夏休みの教材に迷ったら(親塾)

    塾なし組の中には、夏期講習等の季節講習のみ参加される子も多いかもしれません。 上の子の時には、日能研で夏期講習を受けさせたいなと思っていて、夏前には公開テストを受け、上のクラスで受けられるように準備していました。(公開テストを受けていない場合は一番下のクラスになることが多いと思います。) 上の子の場合は、日能研が一番合いそうだったので、日能研にしぼっています。 下の子に関しては、日能研以外の方が…

  • 夏休みの算数に追加したいもの

    久々の記事となってしまいました。 夏休みはもう直前ですね。 以前の記事で、夏休みにやりたいことを、科目ごとに列挙したのですが、算数で良さそうな教材を見つけたので追加することにしました。 以前立てた計画は「夏休みの計画 算数編」の記事を参照ください。 ネットでいろいろ検索していて知った日能研の夏期講習…

  • ネットリテラシー

    私が上の子に中学受験させたほうがいいかなと考え始めた頃は、全く中学受験界のことがわかっていませんでしたから、とにかくいろいろな情報に触れました。 例えばインターエデュとかですね。 いろんなスレを読むうちに、少しずつ娘の実体験とも重なり、塾の実態や偏差値のイメージや、中学受験に対する客観的な感覚がわかるようになりました。 それでも半信半疑で、これって本当の情報かな?と疑問を持った場合は、参考程度に…

  • メモリーチェック社会の最新版

    メモリーチェック社会の最新版は8/1発売のようです。 ちょっと以前より販売時期が遅くなったような気がします。(例年7月中だったような?) 最新版を購入予定です。 社会メモリーチェック 2021年資料…

  • 生まれ持った力は、やはり無視できない

    高校受験や大学受験に関して言えば、学校で学んだことの延長ですから、やはり努力が一番結果につながると思います。 逆に小学受験に関して言えば、生まれ月や早熟さも大切ですが、親の力が一番大事かと思います。 中学受験はどうでしょうか? 私は、いろいろなものが絡んでいるとは思いますが、中学受験こそ生まれ持ったものが大きいのではないかと思っています。 生まれつきの地頭の良さ、早熟さ、体力、根気強さなどの影…

  • 考える力を養う

    子供達には自分で考える力を養ってほしいと思って接しています。 何か選択しなければならなくなった場面で、自分の意志で決めるべきだと思っていますから、小さなことも自分で決めさせています。 勉強に関しても、わからなければすぐに教えてあげるということはせず、まずは解説を読んで理解してみる、それでも駄目なら一緒に考えるスタンスでやっています。 自分で一から考える癖をつけていかなければ、途中で考えるのをやめ…

  • 下の子は手薄になっちゃうなぁ・・・

    上の子と下の子、性格もタイプも成績も違います。 上の子が中学受験をしようと思ったとき、全くのド素人な母である私は、どんなことをするのかすら知りませんでしたから、最初は一緒にテキストを見て、読み進めていきました。 上の子にはちょっと荷が重い内容でしたね。 それも当然、低学年の時は一切先取りもせず、大した勉強やっていませんでしたから。 娘も難しい内容に楽しさやワクワクを感じることは全くなく、難しく…

  • 繰り返しの意義?

    上の子の受験の時、塾外生も参加可能な塾の保護者向け説明会のようなものに参加しました。 その時に「テキストを7周する」という話を聞きました。 もう何年も前の話なので、詳しいことは覚えていませんが、いつも成績の良い真面目な女の子がいて、その子に勉強法を聞くと、テキストを7周しているという話でした。 7周?そんな時間よくあるなぁと思いました。 うちは予習シリーズを使っていましたから、その塾(確かH学園だ…

  • 個性に合った育て方 ③

    ②からの続きです。 逆に下の子は通塾しても頑張って乗り越える力はあるかもしれません。 しかし送迎やお弁当作りのフォローを考えると、やはり私が乗り気になれない部分は多く、今は通塾なしで乗り切る予定です。 ただ下の子は塾でガンガンに鍛えてもらえれば、もっと成績が伸びるかもしれないので、上の子よりは行かせるメリットは大きいだろうなとは感じています。 成績では上の子の時より偏差値でおそらく10くらいは…

  • 個性に合った育て方 ②

    ①からの続きです。 上の子の受験時は、本当に塾に行かなくても大丈夫かな?と不安になりながらも、物理的に無理だったり大変だったりしたため、最終的には通塾はしない選択をしました。 受験が終わった頃、とりあえず全落ちしなくてよかったと思ったことと、もし塾に行ってたらもう少し楽に合格出来てたのではないかと思うこともありましたが、娘の学年が上がるうちに、上の子は通塾しなくて正解だったなと確信できるように…

  • 個性に合った育て方 ①

    子供を育てていきながら、いろいろ私も育ててもらっているように思います。 育てながら思うのは、やはり子供の個性や生まれつきの性格やタイプは、親が客観的に見る眼が必要だと言うことです。 誰かと比べながらと言うのはあまり好きな考え方ではないのですが、客観的に判断するには何かと比べていかなければわかりません。 うちの場合は姉妹二人いますから自然と比較してしまいますが、自分が子供だった頃のことを思い出し…

  • 面倒見 ②

    昨日の記事を書いた後、地域によって「面倒見」のレベルが違うかも?と思いました。 概して関西は面倒見が良い私立中高が多いように思います。 中学受験塾がそもそも面倒見が良く、授業数も多いです。 例えば希学園ですね。 授業が終わった後、自習時間が設けられていて、その時間で宿題をやったり、わからない問題を質問できたりするようです。(そのため帰宅も夜遅いようですが・・・) 宿題も先生チェックがあるようで…

  • 面倒見

    面倒見のいい学校とよく言われたりしますが、そもそも面倒見って何でしょう? 私個人的には、先生方のフォローが手厚いことを指すのかなと思います。 例えば小テストで漢字や英単語をやったり、成績の悪い子向けの補習授業があったり、学習する習慣を先生の働きかけをきっかけに伸ばしていくようなイメージがあります。 自分で何でもコツコツできる子は面倒見が良くなくてもいいかもしれませんが、やはりごく一部の指示をさ…

  • 勉強に関しては子供に命令しない

    特に親塾で気をつけなければならないことは、親が子供に命令しないこと、だと思います。 家庭内で「親>子供」という力関係にしないことです。 小学生低学年までは、子供はまだ親が逐一面倒を見て、フォローしてあげなければ、自分一人ではできないことがたくさんあります。 でも高学年になってくると、少しずつできることも増えてきますし、自立させていかなければならない面も増えてきます。 そうした中で、親がいつまでも…

  • 庶民の中学受験 ④

    ③からの続きです。 今回で一旦終わりにします。 上の子が中学受験で合格できたために、結果オーライではありますが、これで全落ちしていたら、やはり通塾しなかったことに後悔したと思います。 ただ費用面では無駄はなかったということを考えると、全落ちしていたら、公立中に通いながら、高校受験ではきちんと通塾して、万全の体制で受験に挑もうと頑張ったとは思います。 そうなると、結局、私立中三年分の学費と、高校…

  • 庶民の中学受験 ③

    ②からの続きです。 上の子の六年の夏休み前には、日能研で公開テストを受け、受講資格はきちんと取得して準備万端でした。 しかし結局、六年夏休みも夏期講習は取らないことになりました。 六年生の夏期講習が、あまりにもハードスケジュールだったのです。 ほぼ休みなく、朝から晩まで塾で授業と演習、娘に耐えられるだろうか?不安になりました。 そうこうしているうちに秋となり、もう今更塾へ通うとなっても、更に…

  • 庶民の中学受験 ②

    ①からの続きです。 当初は五年か、遅くても六年では通塾しようと思っていました。 一年間遅らせて塾へ通わせたらいいかなと思っていたので。 でも五年になり、塾では授業数が増え帰宅時間が遅くなること、塾の送迎が大変なことを考えると、だいぶ家での勉強にも慣れてきたし、五年の一年も家でやっていこうかな、無理そうならば五年の夏休みくらいから入塾しようかなと思い、とりあえずは五年前半は家でやってい…

  • 庶民の中学受験 ①

    時代の流れで、中学受験は特権階級(言い過ぎ?)の人達だけでなく、庶民も目指せるようになりました。 おかげで、うちのようなサラリーマン家庭でも、二人の子達を中学受験させようと挑戦しています。 特に首都圏や関西圏では共働きが増えることで、収入の増加、放課後の子供の習い事の延長と言った理由から、子供の数は減っていますが、受験生は増えてきています。 数年前までは新四年生からが一般的なスタートだった受験勉…

  • 伊沢さん、上田さん

    久々にTHE名門校を見ました。 今回は東大クイズ王の伊沢拓司さんと、東大ミスコングランプリの上田彩瑛さんが出演されています。 次回もその続きのようですね。 クイズ王・伊沢!天才がやったことSP https://tver.jp/corner/f0076605 (見逃し配信 6/21 22:54まで) 伊沢さんは開成、上田さんは四天王寺出身です。 お二人共、中学受験をし、東大に合格しています。 上田さんは理Ⅲですから、特に優秀な方です。 し…

  • 国語の勉強方法

    国語ってどう勉強していけばいいのか、全くわからないまま下の子が受験生になってしまいました。 上の子はずっと国語が苦手で、国語がいつも足を引っ張っていました。 予習シリーズは早々に四谷大塚のスケジュールから外れてしまっていました。 まず四年上の予習シリーズがあまりにも難しすぎて、四年前半は

  • そろそろ最新版の赤本を!

    店頭に続々と最新版の赤本が並び始めています。 関西では英俊社が主流ですね。

カテゴリー一覧
商用