searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール
PROFILE

どうながさんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

好きな映画監督:ブライアン・デ・パルマ、ダリオ・アルジェント 好きな女優:ジョディ・フォスター、サンドラ・ブロック 好きな男優:ダスティン・ホフマン、ゲイリー・オールドマン ホラーサスペンス系が好きですが、アクション、SF、恋愛割となんでもみます。 ブログをはじめてから1番面白かった映画はフリードキン監督の「恐怖の報酬」です。

ブログタイトル
どうながの映画読書ブログ
ブログURL
https://dounagadachs.hatenablog.com/
ブログ紹介文
好きな洋画作品について語ります。 映画以外にも小説、漫画などについても時々取り上げます。
更新頻度(1年)

102回 / 365日(平均2.0回/週)

ブログ村参加:2019/07/07

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、どうながさんの読者になりませんか?

ハンドル名
どうながさん
ブログタイトル
どうながの映画読書ブログ
更新頻度
102回 / 365日(平均2.0回/週)
読者になる
どうながの映画読書ブログ

どうながさんの新着記事

1件〜30件

  • 「空の大怪獣Q」…モンスターではない、神だ!

    82年公開、ラリー・コーエン監督による怪獣パニックムービー。 空の大怪獣Q 超・特別版 (Blu-ray) 発売日: 2017/05/26 メディア: Blu-ray ハリーハウゼン作品を彷彿させる特撮怪獣が暴れる姿にワクワク、大都会とモンスターの組み合わせは「キングコング」みたいでかっちょいい。 その上オカルトホラーを混ぜ込んだようなごった煮のストーリーもB級映画らしくてイイ。 舞台はニューヨーク。冒頭、高層ビルの窓を清掃しているお兄さんが中のお姉さんの様子を伺ってるとわずか数秒後、ド派手に首チョンパ!! 不可解な変死事件だと警察が捜査するもなぜか犯人の目撃情報が1つも出てこない…。 なんと…

  • 原作小説の方が面白かった「トレインスポッティング」

    90年代を代表する映画作品の1つに入っていそうなダニー・ボイル監督の「トレインスポッティング」。 初めてみたときにはオシャレで演出が面白い映画くらいにしか思わなかったのですが、高校生のときに原作小説を読んだらすごく面白くて、そのあとで映画を再鑑賞するとずいぶん大胆に脚色したんだなーとびっくり。 トレインスポッティング [AmazonDVDコレクション] [Blu-ray] 発売日: 2017/09/06 メディア: Blu-ray ヘロイン中毒の25歳、マーク・レントンは大学を中退後就職せず、失業保険詐欺を行い、ときに窃盗に手を染める…とかなり〝クズ〟な主人公です。 一見グレてるジャンキーにし…

  • 「ミッドサマー」、ディレクターズカット版を鑑賞

    先週レンタルしてみたミッドサマー、好き嫌いがとことん分かれそうな作品ですが、自分的にはもうグイグイ惹かれる作品で、この監督はユニークで面白いなーと夢中になってしまいました。 勢いでセル版Blu-rayを購入、早速ディレクターズカット版を鑑賞することに。 すごく豪華なパッケージ。 怖い絵のポストカードも入ってた(笑)。 ・オリジナル版・・・147分・ディレクターズカット版・・・170分 と追加シーンは23分ほど。 大きく印象が変わる場面はなかったのですが、クリスチャンをはじめ男性陣の印象がよりゲスくみえるような場面が多め、ダニーの依存的な部分もより強調されてる感じがしました。 以下ネタバレで追加…

  • 「クイック&デッド」…スター集合!!サム・ライミの漫画的ウエスタン

    ガンマンの早撃ち決闘トーナメントというまるで天下一武道会なワクワクのストーリーが展開する、サム・ライミ監督の西部劇。 Quick & The Dead [Blu-ray] [Import] メディア: Blu-ray マカロニ・ウエスタンっぽい雰囲気もありつつ、ライミの漫画ちっくな映像が炸裂していて実に楽しい作品。 今振り返ると何とも豪華なキャスティングで驚いてしまうのですが… 主人公はシャロン・ストーン演じる女ガンマン。 当時はセクシー女優路線を払拭しようと必死だったのでしょうか…こんなギラギラした美人は今ではあまり見かけず好きな女優さんですが、それにしても時代劇が似合わない美貌(笑)。 ク…

  • 「殺しが静かにやって来る」…冷酷な個人が支配する無情のウエスタン

    マカロニ・ウエスタンの王道ストーリーを反転させたようなセルジオ・コルブッチ監督の異色作。 なんじゃこりゃーと叫びたくなる展開はホラーのような理不尽さで、好き嫌いがキッパリ分かれそうな作品です。 殺しが静かにやって来る(2K特別版)Blu-ray 発売日: 2020/09/16 メディア: Blu-ray 1898年ユタ州スノーヒル。町は悪徳判事ポリカットと非道な賞金稼ぎによって支配され、罪のない者が法の名の下に処刑されていた。無抵抗の夫を賞金稼ぎロコに殺されたポーリーンは〝サイレンス〟と呼ばれる名高い殺し屋を町に呼び寄せる…。 賞金稼ぎって、こういう世界観では善人とは言わなくても「殺すのは悪人…

  • 「ミッドサマー」…鬱ホラーなのにラストは癒された

    前作「ヘレディタリー」に負けない鬱の嵐で、とんでもない世界に連れて行ってくれました。 ざっくりとした雰囲気は「2000人の狂人」に「赤い影」を足した感じ!? ミッドサマー [DVD] 発売日: 2020/09/09 メディア: DVD カップルが主人公の別れのドラマかと思いきや、前作に引き続き家族ドラマも内包しているように感じました。 ↓↓以下ネタバレで感想を語っています。 ◆一見いい人そうなクズ彼氏 精神疾患を抱えた妹が無理心中をはかり、家族全員を失ってしまった女子大生ダニーは、悲しみに耐えきれずボーイフレンドのクリスチャンに依存した生活を送っていました。 そんな中クリスチャンが友人の故郷で…

  • スターウォーズ エピソード5.5、「帝国の影」が面白い

    コミックに小説と山程ある「スターウォーズ」のスピンオフの中で自分が唯一読んだ作品なのですが…「帝国の逆襲」と「ジェダイの帰還」の空白を描いたノベライズ版が面白かった…! スター・ウォーズシャドウズ・オブ・ジ・エンパイア〈帝国の影〉 (上) (竹書房文庫) 作者:スティーヴ・ペリー メディア: 文庫 ジョージ・ルーカスが書いたわけではないものの、97年の特別編公開の際に公式から認められて出版されています。 「ローグ・ワン」と同じでポジション的においしい位置というのもあるかもしれませんが、昔図書館にあったのを見つけてたまたま読んだらかなりよく出来てるなーと。 お話としては「帝国の逆襲」の半年後ぐら…

  • 「スピナマラダ!」…アイスホッケー漫画の見事な着地に驚嘆…!

    「ゴールデンカムイ」の作者・野田サトルが2011年〜2012年にヤングジャンプで連載していたアイスホッケー漫画。 スピナマラダ! 1 (ヤングジャンプコミックスDIGITAL) 作者:野田サトル 発売日: 2015/09/18 メディア: Kindle版 全6巻完結、打ち切りといっていいエンディングを迎えているのですが、なぜ連載終了したのか不思議なくらいめちゃくちゃ面白かったです。 幼少よりオリンピックを目指していたフィギュアスケーターの白川朗は母を亡くし、東京から親戚のいる北海道苫小牧へ引っ越すことに。 ある日地元のアイスホッケープレーヤーと練習場所の奪い合いになり、思いがけずホッケー対決を…

  • 「デビルスピーク」…犬に手を出すいじめっ子はヤッチマイナー!!

    陸軍士官学校を舞台にした男の子版「キャリー」ともいうべきいじめられっ子の復讐劇ですが、悲壮感なく楽しくみれるB級ホラー。 デビルスピーク -HDリマスター特別版- [Blu-ray] 発売日: 2015/09/02 メディア: Blu-ray 81年公開作品とは思えないほどアイデアに溢れスプラッタ描写も秀逸、個人的には大喝采したくなる傑作です。 学園モノかと思いきや、中世のキリスト教異端審問という意外すぎる場面からスタート。 サタンを信仰する黒衣の男がいけにえの半裸美女の首を跳ねると、いきなり舞台が現代にとんでサッカー試合の場面になるのですが… 吹っ飛ぶ生首→宙をとぶサッカーボール・・・の場面…

  • 「野獣教師」…トム・ベレンジャーの金八先生

    「プラトーン」と「山猫は眠らない」のせいか軍人役のイメージが強いトム・ベレンジャーが教師役に挑戦…!のB級アクションムービー。 プロの傭兵・シェイルは麻薬組織の殲滅ミッションから解雇され次の仕事を探していた。 そんな折、高校教師の恋人が何者かに暴行を受けて休職してしまう。 荒れた学校に疑いの目を向けたシェイルは身分を偽って代理教師として赴任、やがて学校と麻薬組織とのつながりを掴んでいく…。 結局兵士役なんかーい!なトム・べレンジャー。 不良生徒たちとぶつかりあって心を通わせていく感動作への道は険しく、学校の荒れっぷりがなかなかにすさまじいです。 生徒がナイフや銃で襲ってくるというハードモードな…

  • 「メジャーリーグ」…出てくるだけで面白いチャーリー・シーン

    89年に大ヒットした野球コメディ映画。 スポ根モノの感動作とよぶにはドラマが軽すぎるけど、コメディとしてはよく出来ててゲラゲラ笑って楽しめる良作。 メジャーリーグ [DVD] 発売日: 2004/03/05 メディア: エレクトロニクス クリーブランド・インディアンスは34年も優勝から遠ざかっている弱小球団。 亡き夫の後を継いだ新オーナーのレイチェルはなかなかの悪女で、本拠地への移転を叶えるためだけに、わざとチームを負け越しさせようとたくらむ。 そのために集められた選手は問題児ばかりだった…。 寄せ集め集団が一致団結して勝利していくという王道展開ですが、変人だらけのメンバーがおかしくて野球シー…

  • 貴志祐介「黒い家」…”おかしな人”に疲弊するサラリーマンの恐怖

    生命保険会社で働く主人公・若槻はある日顧客の家に呼び出され、子供の死体の第一発見者となってしまう。 ほどなくして両親から保険金が請求されるも、発見時の不可解な点から、若槻は金目当てで継父が殺害したのではと疑い、独自の調査に乗り出す…。 黒い家 (角川ホラー文庫) 作者:貴志 祐介 発売日: 2012/10/01 メディア: Kindle版 〝保険金目当ての殺人〟という胸の悪くなる題材ですが、過去に保険会社に勤めていたという著者ならではのリアリティがあり、引き込まれて読んだサスペンス小説でした。 ◆疲弊するサラリーマンが1番怖い 入社以来5年間外国債権を扱う部署に勤務していた若槻は、人事異動によ…

  • 「学校の怪談」の思い出/夏にみたい良作ジュブナイル・ホラー

    自分が子供の頃、トイレの花子さんや口裂け女といった怪談話が一大ブームとなっていました。 3番目のトイレには花子さんがいる…1番目と2番目にも誰かいるらしい…じゃあどこに入ったらいいんだよって位塞がっていました(笑)。 自分はトイレに1人で行けなくなるようなことはなかったけど、通っていた小学校の校舎がとても古かったので、人気のない校舎の不気味さ…放課後の見回り当番のときなどは怪談話がふと頭をよぎって怖かった憶えがあります。 有名な怪談エピソードの中で自分が1番不気味に思っていたのは「メリーさん」でした。 電話が突然何度もかかってきて、それとともにメリーさんとやらが殺人鬼の如く少しずつ近づいてくる…

  • 「オペラ座 血の喝采」…アルジェントの目玉いたぶり変態プレイ

    「フェノミナ」以降、ジャーロもの路線に回帰するも「サスペリア2」のような伏線を回収する鮮やかなサスペンスはみられず、サイコホラーにファンタジーが混じったような、よー分からん作品が多い気がするアルジェント。 でも撮りたい画ありきで好き放題やってるのが観てて楽しかったりして… オペラ座 血の喝采 完全版 [Blu-ray] 発売日: 2014/07/25 メディア: Blu-ray この「オペラ座血の喝采」はオペラの荘厳な雰囲気に展開するグロシーンがハイセンスにみえてくる、もう映像だけでお腹いっぱいな作品でした。 イタリアのミラノスカラ座で上映されるオペラ「マクベス」の主演女優が事故で負傷。代わり…

  • 「VHSテープを巻き戻せ!」…物理メディア消失への危機感

    80年代生まれの自分は幼少期から自宅にビデオデッキがあったビデオ世代で、親が映画好きだったこともあって子供の頃からレンタルビデオ店に毎週通っていました。 ズラッと並ぶパッケージにワクワク、まるで宝探しのような遊び場でした。 今では見られなくなった等身大の大きなポップ、貸出中のビデオに付けられるゴムバンド、店長のオススメ!と書かれたシール…昔のビデオ屋さんの雰囲気は思い出しただけで愛おしいものがこみ上げてきます。 2000年を過ぎた頃からはTSUTAYAの台頭がめざましく、大好きだった地元のレンタルショップはほぼ全滅。 しかしその後関東に住まいを移した私が夢中になったのは地元とは比べものにならな…

  • 「復讐のガンマン」…ナイフ投げの達人vs凄腕ガンマン

    「怒りの荒野」と同年に公開、リー・ヴァン・クリーフがトーマス・ミリアンという若手俳優と組んだ1作。 復讐のガンマン [DVD] 発売日: 2015/11/04 メディア: DVD リー・ヴァン・クリーフという役者さんは貫禄がありすぎて、若い男性が相棒役をやろうとしても横に並ぶと弟子か擬似親子的な息子に見えてしまうというのがフツーなのですが… 本作はそんなヴァン・クリーフ師匠に食ってかかるようなクチーヨというキャラクターがとにかく面白い作品です。 街のならず者を取り締まる凄腕ガンマンとして人々から慕われているコーベット。 有力者のパーティーに招かれたある日、幼い娘が暴行され殺されるという事件が発…

  • 「怒りの荒野」…まるで少年漫画なガンマン師弟対決

    1968年公開、リー・ヴァン・クリーフvsジュリアーノ・ジェンマという多分このジャンルでのゴジラvsキングギドラみたいな2大スターが激突した傑作。 怒りの荒野 HDリマスター スペシャル・エディション Blu-ray 発売日: 2012/12/05 メディア: Blu-ray マカロニ・ウエスタンの中には「ベテランガンマンと若いガンマンがパートナーを組む」というプロットの作品が幾つかありますが、それが師弟バトルに発展するというのが抜群に面白かったです。 暴力描写も控えめ、アクが強くなくてこのジャンルの中でもとっつきやすい作品ではないかと思いました。 クールな容姿の師匠に甘めのマスクの弟子と好対…

  • 破天荒青春映画として楽しい「タイタニック」

    公開当時家族で観に行ったものの、自分の親世代には「中身がない」「ポセイドン・アドベンチャーと比べ物にならない」と辛辣な評価だった「タイタニック」。 タイタニック(2枚組) [AmazonDVDコレクション] [Blu-ray] 発売日: 2018/07/04 メディア: Blu-ray 自分も「タイタニック」が感動作かというと違うような気がして、好きで何回か観ているのに1度も泣いたことがないなあと思う。 後半の船が沈む場面。ジャックを助けに船底に向かうローズはニュートを助けに戻るリプリーのようにみえてくるし、ジャックの手をとり婚約者から逃げる姿は負傷したカイルを支えながら進むサラ・コナーのよう…

  • 「セイ・エニシング」…オタク男子とお嬢様の青春恋愛模様

    1989年公開、「あの頃ペニー・レインと」のキャメロン・クロウの監督デビュー作。 高校生が主人公の恋愛青春映画なのですが、ほろっと苦味もあって、なかなかいい作品! セイ・エニシング [DVD] 発売日: 2007/01/26 メディア: DVD 主人公ロイド(ジョン・キューザック)は、これといった取り柄もなく将来の計画も持っていない、ちょっと変わり者のオタク感漂う高校生。 そんな彼が学年一の秀才で美人の「高嶺の花」ダイアンに一目惚れ。 一度も言い寄られたことのなかったダイアンは新鮮に思ったのか、ロイドが誘うと案外コロッとOKを出します。 ダイアンは奨学金でイギリスの名門校に進学予定の超優等生。…

  • 「サイレントヒル」…映画ファンもゲームファンもにっこりの出来栄え

    コナミの人気ホラーゲームをハリウッドが実写映画化。2006年公開当時劇場に観に行ったのですが、怖い、グロい、哀しいと3拍子揃った大満足の1本でした。 自分はゲームを全く知らずに映画を観たクチですが、原作ファンの友人も絶賛していて、映画オリジナルのストーリーだけどおおよそゲーム1作目をベースにしているとのこと。 サイレントヒル [Blu-ray] 発売日: 2016/08/17 メディア: Blu-ray ローズ、クリスの夫妻は8年前養女に迎えたシャロンが夢遊病を抱えていることに悩んでいました。娘が呟く「サイレントヒル」という言葉を手掛かりに、母ローズは実際にあるその街をシャロンと共に訪れること…

  • 「フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ」はイヤホンして日本語吹替で観た

    ひどい映画だとボヤきながら結局3作全部みてしまった…。 若き女子大生アナはサディストの性的嗜好を持つ若き大富豪と恋に落ち、SMの世界へと足を踏み入れる…。 【Amazon.co.jp限定】フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ コンプリート・バージョン ブルーレイ+DVD+ボーナスDVD セット [Blu-ray] 発売日: 2015/07/02 メディア: Blu-ray こういう作品、振り切ってエロシーンを思いきりよく見せてくれるならそれはそれで需要があると思うのですが、SMという割にやってることが案外普通!?で、ちょっと手足縛ってるか目隠ししてるか位。 ジャカジャカ洋楽BGMが流れる中カット…

  • 「ヘイトフル・エイト」の嘘に混じった真実が面白かった

    タランティーノ監督作品の中でこれだけ観そびれていたのを今更鑑賞したところ…めっちゃ面白かった!! 個人的にはワンハリよりもずっと好みで、これは劇場で観たかったなーと悔やまれました。 ヘイトフル・エイト [Blu-ray] 発売日: 2018/03/02 メディア: Blu-ray 南北戦争終結後のアメリカ。マーキス・ウォーレン(サミュエル・L・ジャクソン)は大雪で立ち往生していた中、通りがかりの馬車に拾われる。馬客の中には1万ドルもの賞金をかけられた重罪人・ドメルグが乗っていた。迫りくる猛吹雪から逃れるため、近くの洋品店に避難することになる一行だったがそこには先客が。どうにも怪しい男7人、女1…

  • 「山猫は眠らない」…90年代激シブ狙撃手映画をテレ東でみる

    狙撃手映画といえば、これか「ジャッカルの日」というイメージですが、なんと来月14日からシリーズ最新作が劇場公開予定とのこと。 8作も続いているということに驚きですが、しょっ中この作品を放映している気がするテレビ東京が先週からシリーズ7週連続オンエアを開始。 自分は1作目しか観てなかったのですが、録画して久々に鑑賞。 山猫は眠らない (字幕版) 発売日: 2013/11/26 メディア: Prime Video 本作の主人公はアメリカ海軍最高のスナイパーと呼ばれるトーマス・ベケット。 実際にも狙撃手は”撃つ人”と、それをサポートする”観測手”と2人1組で行動するケースが多いようで、ベケットも常に…

  • 「ガバリン」…投げっぱなしホラーだけど実に楽しい

    中学生の頃だったか、テストを終えて帰宅したらサンテレビ(※兵庫県のローカル局)で真っ昼間に放映してたのをなぜか鑑賞。 屋敷に悪霊取り憑いてる系ホラーかと思いきや、家の扉が異空間と繋がってる!?とファンタジー要素あり、登場人物もどこか間が抜けててあんまり怖くない…普通のホラーと異なる雰囲気に引き込まれました。 ホラー・マニアックスシリーズ 第12期 第1弾 ガバリン -日本語吹替音声収録2Kレストア版- [Blu-ray] 発売日: 2020/07/03 メディア: Blu-ray この度ハピネットさんから初Blu-ray化!! 主人公ロジャー(「キャリー」のトミー役、ウィリアム・カット)は人気…

  • 「花嫁はエイリアン」の謎の包容力に癒される

    こんなセクシーな美女が〝キス〟も知らないなんて!? 花嫁はエイリアン [DVD] 発売日: 2010/02/03 メディア: DVD アホかー!!とツッコミたくなる80年代おバカSFコメディ。 科学者のスティーブは、地球外生命体の存在を証明しようと実験を行うが、アクシデントが起きて、92光年離れたある惑星が滅亡の危機に晒されてしまう。そこで惑星の長老たちは、美人エージェント・セレスタを派遣し、スティーブに再度実験を行わせようとするが…。 UFOといえば円盤といういかにもなデザインの宇宙船が出現。 しかし襲来したエイリアンが金髪美女のキム・ベイシンガーだったので、皆ハッピー!! 流行が分からずボ…

  • 「デスレース2000年」…モラルガン無視の超B級映画、なぜかカッコいい…!!

    今だと絶対つくれないであろう、モラルもへったくれもないトンデモ設定のカルトSF。 デス・レース2000年 HDニューマスター/轢殺エディション [Blu-ray] 発売日: 2018/08/08 メディア: Blu-ray 低予算の超B級もいいとこなのですが、1周まわってイカしてみえるというミラクルな1本。 ときは西暦2000年。大衆は大陸横断レースに熱狂していたが、なんとそのレースは走行中に人を轢き殺すことで、ポイントを加算していく死のレースだった…。 大丈夫か、この設定…。 しかも女性、子供、老人はポイントが加算されるという超鬼畜ルール。 アメリカ連邦なるものが世界を統治しているディストピ…

  • 「レベッカ」(原作)…レベッカも怖いけど、主人公夫婦2人も怖い

    ヒッチコックのハリウッド進出第1作目で、ヒッチコック全作品中、アカデミー賞作品賞を唯一受賞している「レベッカ」。 レベッカ [DVD] 発売日: 2011/02/16 メディア: DVD 両親のいない天涯孤独の身の「わたし」は、付添人という仕事に就き、貴夫人にこき使われていたが、大富豪の男性、マキシム・ド・ウインターに見染められ、結婚する。 優雅な邸宅マンダレイに越したものの、そこには美貌の先妻レベッカの存在が色濃く残っていた…。 映画は白黒の映像にて大邸宅が映し出されるのが何ともミステリアスで、ジョーン・フォンテインの儚げな美しさもぴったり…と、よく出来ているのですが、あとから原作を読むと本…

  • 「女相続人」…条件付きの愛で人間不信に陥る女性

    ヘンリー・ジェイムズの原作をウィリアム・ワイラー監督が映画化。 1949年アカデミー賞に8部門ノミネート、「風と共に去りぬ」のメラニー役の印象が強いオリヴィア・デ・ハヴィランドが主演女優賞を受賞しています。 The Heiress (Criterion Collection) [Blu-ray] 発売日: 2019/05/07 メディア: Blu-ray 観終わったあと暗澹たる気持ちが残りますが、心理サスペンスともいえる登場人物のやりとりにドキドキ…すごく面白かった。 展開する父娘の愛憎劇は古さを感じさせず、普遍的な親子のテーマの1つかと思いました。 1800年代半ばのニューヨーク。裕福な医者…

  • 「雨に唄えば」の宝塚歌劇の再現度が素晴らしかった

    「雨に唄えば」といえば…アメリカ映画協会が選んだベストミュージカル映画1位にも輝く1952年の色褪せぬ名作。 元気の出る映画で自分もこれまで何回もみている大好きな作品です。 雨に唄えば 製作60周年記念リマスター版 [Blu-ray] 発売日: 2013/12/04 メディア: Blu-ray こういうミュージカル作品、ストーリーはシンプルであってないようなモノ、って場合もあるけど、「雨に唄えば」はお話もめちゃくちゃ面白いんですよね。 サイレントからトーキーに時代が移るハリウッドのバックグラウンドを知る面白さ、人気俳優がこの変化の中で生き残りをかけるというドラマ。 そして何と言ってもミュージカ…

  • 筒井康隆「七瀬」シリーズ、3作それぞれ異なる面白さ

    人の心を読むテレパスの設定は、映画や漫画でもよくある設定の1つだと思いますが、筒井康隆の「七瀬」シリーズは、人の思考が括弧でくくられた文章で迫ってくるのがまず新鮮で面白くて、夢中になって読みました。 自分が手に取ったのは「七瀬ふたたび」からでしたが、前作を知らずとも楽しめ、その頃観たブライアン・デ・パルマ監督の「フューリー」という映画とイメージが重なって、テレパスがもし自分の周りにいたらどんなだろう、自分に超能力があるならどの能力がいいだろうか…などと厨二的妄想にも耽っていました。 同じ人物を主役に据えた全3作のシリーズ。 ジャンル的には別個といってよい、全く違う切り口でみせてくるところが〝七…

カテゴリー一覧
商用