chevron_left

メインカテゴリーを選択しなおす

cancel
令和の塞翁転進日記 https://ameblo.jp/kureteru2016

47歳で婚活開始、53歳で年の差婚に至る。現在、4人の幼児(そのうちひとりは妻)のお世話に忙殺されながら、片道2時間かけて都心に通勤中。しかし人間万事塞翁が馬、いずれ良いこともあろう。

令和の塞翁
フォロー
住所
未設定
出身
未設定
ブログ村参加

2019/07/03

1件〜100件

  • 令和4年の原爆投下の日

      今年も広島・長崎に原爆が投下された日がやって来た。 77年前の広島原爆投下の日、母は広島県の倉橋島の小学校で代用教員をしていた。 神戸の大空襲で家を焼かれ…

  • 白鳥は哀しからずや

      わが家からまあそう遠くないと言える海岸に、歌人・若山牧水の歌碑が建っている。 刻まれている歌は、有名な「しらとりはかなしからずや そらの青海のあをにも そ…

  • 実は私と歳があまり変わらない義母

    赤い電車の車内 既に何度か言及しているとおり、今、認知症の義母がわが家で生活している。 この義母については、まだ認知症を発症していない頃に少なからず不愉快で「…

  • 恍惚の人

     ある年齢以上の方々なら、「恍惚の人」という言葉が流行したのを記憶しておられることと思う。 この「恍惚の人」という言葉が流行するきっかけとなったのは、言わずと…

  • 「疑問形が混じるが疑問形ではない口調」の蔓延防止を希望する

     一時期流行ったものの、ここ最近はあまり聞かれなくなっていた「疑問形が混じるが疑問形ではない口調」が再びまん延し始めているようだ。 「疑問形が混じるが疑問形で…

  • 子②(小2女児)が描いた紙芝居など

     父さん母さん、子②(小2女児)が夏休み前頃に描いていた紙芝居などです。   「このほしにわたくさんのあいてむやどうぶつがたくさんありますいます。そのなかにい…

  • 小人閑居して不善を為す

    地元小河川の河口部。海のものと思われる魚が泳いでいた。 子④(妻)の母親である認知症の義母がわが家に攻めてきて1か月余りが過ぎた。 義母は既にいくつかの事件を…

  • 令和4年の夏休みが始まりました

    夏のある日の地元小河川 父さん、母さん、変わりありませんか? こちらでは昨日から小学校の夏休みが始まりました。 今年は梅雨明けが記録的に早くて、関東甲信越地方…

  • じゃあキミは昨日の晩ご飯を言えるか?

    今年の春の風景  子④(妻)の母親は認知症が進行しているため、諸般の事情からわが家で預っている。 子どもみたいな部分も多々あるためいろいろ手間がかかるのは確か…

  • なんでアナタがこの家に?

     認知症を抱えている子④(妻)の母親がわが家に来てからそろそろ1か月が経過しようとしている。 子④の母親を引き取るという話は、実を言えば、私への正式な相談や改…

  • 出口調査が選挙速報をつまらなくした

     参議院議員選挙が終わった。 どうでもいい元アイドルみたいな輩が名前だけで当選したりして何となくつまらなかった。 もっと言うと、選挙は年々つまらなくなっている…

  • 怒らない それがまさしく認知症

    ああ、釣りがしてぇ。 先月中旬から子④(妻)の母親がわが家に滞在している。 ひとり暮らしを続けていくことが難しくなってきたからである。 田舎で暮らしていた頃は…

  • 子どもを叱ってしまい反省する

     昨日夜、子①(小4男児)子②(小2女児)が宿題をせず学校の道具を放り投げたままスマホなどに興じていたことから、子①②を厳しく叱責した。 子①子②はさいきん、…

  • 「美しすぎる○○」

     「マスコミは」と十把一絡げにしてしまって申し訳ないのだが、マスコミは近頃好んで「美しすぎる○○」という表現を用いる。 ちょっと前には「美しすぎる市議」という…

  • 恋は遠い日の花火になってしまった

     子①(小4男児)が学校で作ってきたペン立て コロナで中断されていた花火大会も今年の夏は少なからず復活するようだ。 昔、何かのコマーシャルに「恋は遠い日の花火…

  • あれから15年余か・・・

     長男(子①・小4男児)は今年10歳になる。 いろいろ紆余曲折あって、50歳を目前にした頃に婚活会社に登録して婚活を始めた。 それから6年余り婚活市場に身を置…

  • 梅雨は明けたがセミはまだ鳴かない

    片雲の風にさそはれて、漂泊の思ひやまず 私が住む関東地方に梅雨明け宣言があってから数日が経過した。 なんだか日に日に暑くなってきているようで、今日6月30日、…

  • 参議院議員選挙真っ盛り

    子①(小4男児)令和4年4月頃作「友だちAとB」  参議院議員選挙投票日に向けて、選挙活動のあれこれが真っ盛りだ。 テレビでは合間合間に政見放送が放映されてい…

  • 令和4年夏・温水プール

     先週の後半あたりからずっと暑い日が続いている。 気象庁に言われるまでもなく既に真夏は到来していたのだ。  先週末、子どもたちの強い要望で、子①(小4男児)子…

  • 令和4年の梅雨明け

     今日令和4年6月27日、関東地方の梅雨明が気象庁から発表された。 ここ数日は、これを夏本番と言わずして何をもって夏本番というのか、というくらいの猛暑続きだっ…

  • 子が書いた七夕様への願い事

     近所のスーパーに子②(小2女児)と子③(保育園年長女児)を連れて買い物に行った。 このスーパーには文具売り場の横に七夕飾りの笹の枝と短冊および筆記用具が置か…

  • 礼儀正しい米兵3人組

     帰りの電車の中で、礼儀正しくて好感の持てる米兵3人組を見た。 「米兵」と書いたが、米兵だと確認したわけではない。 しかし、3人ともアメリカ海軍第7艦隊の基地…

  • いわゆるラン活

     来年4月に小学校に入学する子③(現在保育園年長女児)のランドセル選定・購入活動のために近くの大手スーパーに赴いた。 子②(小2女児)も参加することになり、子…

  • 「カズワン」社長の主張を非難するマスコミたち

    貝から身を取り出す作業 知床遊覧船の沈没事故に関連して、事故を起こしたカズワン(「KAZU Ⅰ」)を保有・運営する会社の社長が、国の聴聞手続きにおいて「国にも…

  • 今は昔、無携帯時代といふものありけり

    浜に咲いていた花もう遠い昔のことにように感じてしまうのだが、実はそう遠くない昔に携帯電話がない時代というものが存在した。 その時代の人との待ち合わせは、事前に…

  • 浜に漂着していた骨

     先週の土曜日、子①(小4男児)とその友だち及び子②(小2女児)を連れて、近所の浜に散歩に行った。 時間は夕方であったが、潮回りが大潮近くであったこともあり、…

  • 子①(小4男児)を節電担当大臣に任命

     さいきん、子④(妻)が不在のときに、子①~子③と私の4人で家族会議というものをときどき開いている。 表向きは家庭内で気を付けて貰いたいことや注意事項などを話…

  • 小1のときに林で変態男に追いかけられた件

    干しシイタケ製作中 東京都小平市に住んでいた今から55年以上前のこと、クワガタ採りに行った林で、茂みに潜んでいた素っ裸の男に追いかけられてとても怖い思いをした…

  • 名刺の注文枚数に迷う

     名刺が残り数枚になっているのに気付き、慌てて注文した。 コロナ前、「そろそろ注文せんといかんかな。」と考えはしたのだが、そのまま放置していた。 というのも、…

  • 可哀相に、生き地獄だったことだろう

     埼玉県春日部市で、3歳の女の子が虐待をうかがわせる傷痕を残して死亡した事件に関して母親が再逮捕された。 女の子は両足の大腿骨を骨折していたが、病院には連れて…

  • 玉川上水のホタル

    こちらは三浦半島の小河川 今朝の新聞の地域欄に、「蛍が舞い始めた」とのニュースが載っていた。 記事に載っていた場所とは違う場所だが、私にも「あそこはホタルがい…

  • いわゆるシャブ漬け牛丼

     仕事で街を歩いていたら、例のYという牛丼屋が目に入った。 「そういえば最近牛丼食ってねえなあ。というか、最近ほとんど外食してねえなあ。」そんなことが頭をかす…

  • 中北露3国軍事同盟

     昔、日独伊3国軍事同盟というのがあった。 この愚かな軍事同盟によってわが国も戦争にのめり込み、甚大かつ悲惨な人的物的損害を蒙ってようやく終戦を迎えることがで…

  • 朝の電車でノーマスクマンを見た

     昨日の朝、通勤電車の中でノーマスクマンを見た。 鼻出しマスクとか顎掛けマスクとかではなく、正真正銘のノーマスクであった。 ウィズコロナという新しい社会のあり…

  • 令和4年5月下旬のこちらの状況

     父さん、母さん、いかがお過ごしですか?  令和4年5月下旬の今、こちらの世界で連日ニュースになっているのは、国際関係ではロシアのウクライナ侵略、国内関係では…

  • 「留学生のごぼう抜き」に悪魔が囁く

    浜に漂着していたラグビーボール  駅伝で、アフリカからの留学生が襷を受け取ってあっという間に10人くらいをごぼう抜きにし、その後のレース展開を劇的に変えてしま…

  • 保育園でも少しずつ行事が復活

    波に浸食される海岸 子③(5歳女児)が通う保育園では、先週、お買い物大会みたいなものが開かれた。 子③から聴取したところによれば、行事の概要は以下の如きもので…

  • 大日本國策電視台演技発表会

    初夏の小川  いつのニュースの誰と誰との間のやり取りであったかについてはあえて触れないが、またNHKのニュースで思わず興醒めしてしまうような白々しい演技発表会…

  • トイレに行く夢

    子③(5歳女児)が描いたオウムの絵。ネットに紹介されていた描き方をみたという。初めに「2」を4つ並べて描くのがポイントだそうだ。  ほぼ毎日、朝起きると子③(…

  • 前より電車が混んでゐる

     ここのところ明らかに前よりも電車が混んでいる。 「前よりも」と書いたが、「ちょっと前に比べて混んでいる」というよりも、コロナ前の通勤電車以上に混んでいる印象…

  • 「クリックさせた者勝ち」の弊害

    子③(5歳女児)令和4年4月作「女の子」 今、ネット上の言論や映像は、クリックされた数によって広告料が支払われるというシステムの中にあり、これによって内容が相…

  • やっぱ晴れは良い

     私が住む関東地方南部では、この先しばらく梅雨の走りのような雨模様の日が続くとの予報であったが、昨日・今日は割とスッキリ晴れてくれた。 やっぱり晴れの日は良い…

  • 浜名湖のアサリの記録的な不漁

     今朝も報じられていたが、浜名湖のアサリがここのところ記録的な不漁に見舞われているという。 以前は、浜名湖の潮干狩りは季節の話題として普通にニュースで取り上げ…

  • お正月なら箱根駅伝復路半ばあたりの気分

    釣りをする少年。ギンポが2匹釣れていた。 令和4年のゴールデンウイークも終盤に差し掛かった。 残るお休みは明日の土曜日と明後日の日曜日の2日間だけとなってしま…

  • 母と行った明石の旅の思い出

     母が亡くなる2年くらい前、母と一緒に明石市を訪ねたことがあった。 母に末期がんが見つかったことから、生きているうちに弟に会っておきたい、という母の希望を汲ん…

  • コロナと車内化粧様

     最近、車内化粧様をほとんど見かけない。 あるいはニホンオオカミのように絶滅してしまったのか。   以前、車内化粧様激減の原因について考察したことがある。 そ…

  • 遊覧船遭難事故と情報伝達

     今回の知床半島での遊覧船遭難事故に関しては、情報伝達や報道についていくつかの意見がみられた。 確かに、捜索の状況などに関する情報ないし報道には、少なからず違…

  • Aちゃん宅訪問がようやく実現した

      先週末、子②(小2女児)のAちゃん宅訪問が1週間遅れでようやく実現した。 Aちゃんは子②の保育園時代のお友達であるが、2年生になってクラスが別々になってし…

  • 冷たい北の海で

     北海道・知床の冷たい北の海で観光遊覧船が遭難した。 遭難事故発生当初は情報が細切れで事故の全体像がはっきりしていなかったが、ここに来て事故の状況がある程度詳…

  • 服の流行、この不可思議なるもの

    「或る装ひ」(子②(現在小2・女児)令和3年作) 昔、「あのスソは 出すものなのですおっかさん」という川柳が新聞に載っていた。 何のことか判らない方もおられる…

  • 方言を笑いのタネにするアニメ

     子どもたちはときどき「妖怪ウオッチ」というアニメを視聴している。 このアニメには、やたらと「・・・ズラ。」という訛りを使う狛犬の兄弟のようなキャラクターが登…

  • 後ろめたさを感じつつ仕事を休む

     昨日は、後ろめたさを感じつつ仕事を休んだ。 表向きの理由は潮回りである。 昨日は大潮のピークでお昼頃に潮が大きく引くことから、アサリ掘りのまたとないチャンス…

  • Aちゃんは家に居なかった

     週末、子②(小2女児)を連れてAちゃんの家を訪ねた。 子②は2年生になってAちゃんとは別のクラスになってしまったが、1年生の頃はAちゃんの家に何回も遊びに行…

  • 並々と注げばよいというものではないのだが

    子①作「自分の像」。小2か小3のときに学校で作ってきた。 朝の食事のとき、子③(5歳女児)がコップに並々と注がれた牛乳を飲もうとしてこぼした。 「あ、これはこ…

  • 小学校でクラス替え

     父さん、母さん、変わりありませんか? こちらでは、先週、子どもたちが通う小学校で新学期が始まり、子①(小4男児)、子②(小2女児)それぞれについて新しいクラ…

  • NHK夜9時のニュース少し無理がある

    失敗した自作鶏チャーシュー 平日の夜9時は努めてNHKのニュースを見るようにしている。 しかし、どうでも良いことかもしれないが、この4月に入ってメンツに変化が…

  • 転落事故を引き摺る

     先週末、酔って海に転落した。 それからもう2日ほどが経過したのだが、実はまだいろいろ引き摺っている。 それは一つには、あちこちを打ったり擦ったりして腰から下…

  • 週末海に落ちた件

     週末、飲み過ぎて海に落ちた。 この日は、コロナの自粛で久しく飲んでいなかった親友が訪ねて来てくれたので、海岸でたき火をして、ウインナー、シイタケなどを焼いて…

  • 性加害はテレビ業界にもあるはずだが

     映画界における性加害が取り沙汰されているが、同じようなことはテレビ局ないしテレビ番組製作現場にもあるはずである。 テレビの現場でタレントさんや俳優さんの登用…

  • きょうはクラス替え発表の日

    子②(小2女児)令和4年4月作「学校だいすき」 きょう令和4年4月7日は、子どもたちが通う小学校で入学式及び新しいクラス編成の発表がある。 子①(男児)は今日…

  • 桜が好き、を分析してみる

     昨日今日と散り始めた桜の中を通勤している。 咲き始めた桜も良いし、満開の桜も良いが、散り始めた桜もまた風情がある。 特に、お天気が良い日に桜吹雪が舞う風景は…

  • 週末は大潮だったのでアサリ掘りに

    (写真はイメージです) 週末は大潮だったので、縄文人の気持ちになって今年2回目のアサリ掘りに行った。 ずっと昔、まだ年上女性やその子どもたちと暮らしていた頃、…

  • やっぱ始まりは春かな

     きょう令和4年4月1日から新しい年度が始まる。 通勤電車の車内にも、たぶん新入社員だな、と思われるフレッシュな方々が散見された。 新入社員らしき数人で、オフ…

  • もろともに あはれと思へ 山桜

      私が住む関東地方南部でも桜が満開となった。 昨日3月29日は所用で仕事を休んだのだが、午後、少し手が空いたので、桜見物を兼ねてお散歩に出た。 夏から冬にか…

  • JR上野駅公園口

     柳美里の話題作「JR上野駅公園口」を読んだ。 図書館でかなり前にオンライン予約をしていたのだが、予約待ちの人が大勢いて、私は初め250番目くらいだった。 手…

  • 朝の駅で太陽高度の変化に驚く

     朝、いつもの時間にいつもの電車に乗ろうといつもの位置に並んだ。 ちなみに、「いつもの電車」と言っても、2月下旬の「コロナ対応」を隠れ蓑にした減便ダイヤ改正に…

  • お父さんあのときはごめんなさい

    令和4年の自作青のり(もどき) ママのお父さんは、食事のとき、ママやママの妹をいつも口うるさく注意していました。 「ほら、左手でお茶碗を押さえなさい。」「お茶…

  • 素行不良の国に振り回される世界

     高校時代、私の出身中学とは別のやはり荒れていた中学校から進学してきた友人から、以下のような話を聞いたことがある。  あるとき、彼の中学校で授業中にガムを噛ん…

  • 雨の中の保育園送り

    春の花と子②(小1女児)の足 連休明け3月22日の関東地方は、強風を伴う冷たい雨の朝となった。 子③(5歳女児)の保育園の送迎は基本的には子④(妻)が車で行う…

  • ダイヤ改正で通勤電車が減便に

     この春のダイヤ改正で、私が利用する通勤電車も結構な減便となった。 感覚的には、3分の2くらいに減ったような感じである。 その分、ダイヤ改正前に比べて電車は明…

  • 酒の記事 よく見りゃ隅に「広告」と

      上から順に「めかぶ」「アカモク」「茎ワカメ」いずれも1袋百円。  朝、新聞を読んでいたら、健康志向等の追い風でサワー類が大変よく売れている、というような記…

  • 精神の劣化

     ここ何日か、精神の劣化というか精神の脆弱化というものをひしひしと感じている。 何かを考えているとき、思いはついつい亡くなった父や母のことに及びがちであるし、…

  • 追従する者が出なければ良いのだが

     ロシアのウクライナ侵略が日に日に苛烈さを増している。 侵略が始まる前、専門家の一部には「いくらなんでもそれはしないだろう。」という見方もあったと記憶する。 …

  • 裸の王様

     ある国に、新しい服が大好きな、おしゃれな皇帝がいた。 ある日、城下町に、二人組の男が仕立て屋という触れ込みでやってきた。彼らは「自分の地位にふさわしくない者…

  • 戦争のニュースを見るのが辛い

     戦争のニュースを見るが辛い。 今回のロシアによるウクライナ侵略が始まってから、日に日にニュースを見るのが辛くなってきた。 ロシアが核の使用に踏み出して歯止め…

  • 13デイズ

     ロシアのウクライナに対する暴挙に関して、それまで政府は「軍事侵攻」という表現を使っていたが、昨日3月3日からは、岸田総理は明確に「ロシアによるウクライナ侵略…

  • 春弥生 ロシアとコロナで気が滅入り

    子②(小1女児)が描いていた絵(令和4年2月:ロシアのウクライナ侵攻前作) ロシア軍がウクライナに軍事侵攻して1週間が経過した。 冷戦終結後の今の時代、安全保…

  • モデルナアームでツカマエテ!

    子②(小1女児)作「アイスクリーム」(令和4年2月) いわゆる3回目接種を終えた。 ワクチンはモデルナであった。 私は1回目も2回目もファイザーだったので、「…

  • 人生を振り返る記憶の走馬灯

     何日か前、人が亡くなる直前に見る夢・・・走馬灯・・・のことが記事に出ていた。 偶然、亡くなる直前の人の脳波が採れていて、それによると人の脳はなくなる直前に3…

  • 電車のドアをエレベーターの扉のように扱う人

    東京駅1・2番線ホーム 今朝また電車のドアをエレベーターの扉と同じ感覚で扱っている若い男を見た。 山手線の某駅。 私が乗っていた電車の発車サイン音が鳴ってドア…

  • 縄文海進

     新型コロナウイルスがまん延して公共施設の利用が制限されるようになってから、図書館については専らネット予約による貸し出しを利用している。 図書館の楽しみの一つ…

  • 波に漂うウミガメ

     今年のお正月休み、ずっと行こう行こうと思っていた浜まで散歩に行った。 京急線の終着駅・三崎口駅からブラブラ歩いて30分くらいのところだ。 途中、耕作放棄され…

  • 技の名前を唱えるだけの解説

     どの局のいつの中継だったかについては触れないが、先日、北京オリンピックの放送で久し振りに技の名前を唱えるだけの解説に出会った。 この「技の名前を唱えるだけの…

  • 母の寝言

    遠くに霞んでいるのは伊豆半島の山々 母が「おかあさーん、おかあさーん」と寝言で自分の母親(小町のおばあちゃん)を呼んでいるのを何度か聞いたことがある。 その寝…

  • ワカメが出た

     週末、遂にワカメが出た。 これだと何のことか判らないかもしれないので少し補足すると、先週末、例年この時期にワカメ売りのおばちゃんが現れるいつもの辻に遂にワカ…

  • 包丁研ぎのおじさん

    東京湾フェリー 昭和30年代生まれの私が小さかった頃は、物やサービスを徒歩で売り歩く人がたくさんいた。 幼いころ住んでいた東京・小平の官舎にも、そんな商売の人…

  • 息子が同級生だったら友達になれるか?

     大人になってから、よく「もし父の同級生とか職場の同僚だったら、父と友達になったかなあ。」と考えたものだ(「もし父が同級生だったら父と友達になったか?」参照)…

  • 季節は春に向かって確実に動き始めている

     2月10日木曜日は東京都心でも雪が積もるかもしれないという予想だ。 朝晩はまだまだ寒い。 子④(妻)が暖房設定温度を連日汗ばむくらいにまで引き上げているので…

  • 父と同年齢だったら友達になったか

     大人になってから、「もし父の同級生や同僚だったら、父と友達になれたかな。」としばしば考えた。  父は基本的に無口で真面目だった。 大人になるとよく分かるのだ…

  • 所さん!大変ですよ 所さん出演する必要ないですよ!

    子③(5歳女児)が描いた絵。左上と右下の「眼鏡有」の人物は私であり、左下のちびまる子ちゃんみたいなのは子④(妻)とのこと。子①(小3男児)の漢字練習帳を見て、…

  • 令和4年の節分の日

     父さん母さん。 昨日令和4年2月3日は節分の日でした。 予定では、夜、歯磨きをする前に豆まきをする計画だったのですが、子③(5歳女児)が疲れて寝てしまったた…

  • 令和4年の豆まき準備の状況

    三浦海岸の海水浴場が大盛況だった頃の名残のトイレ。今は閉鎖されて廃墟と化している。 父さん、母さん、そちらの生活はいかがですか?  わが家では、何日か前に節分…

  • 人身事故

     しばらく前のことだが、乗っていた通勤電車で人身事故があった。 私は先頭車両に乗っていたのだが、電車がある駅を通過中、突然、車体の下部から何かを巻き込んだよう…

  • 10分床屋さんのお気に入りスタイリスト

     今回、よく行く10分床屋さんで、お気に入りのスタイリストさんに調髪してもらうことができた。 おそらく、回数にして10回ぶりくらい、期間で言うと1年ぶりくらい…

  • 埼玉県ふじみ野市の立てこもり事件

     埼玉県ふじみ野市で、66歳の男が母親の死に直面して立てこもり事件を起こし、医師が猟銃で撃たれて死亡した。 報道によれば、男はこれまでもいくつかの医療機関とト…

  • お父さんの無念、君たちには分かってほしい

     実は先日、とても無念なことがありました。 その日、子④(妻)は、押入れから何かを出そうとして戸が開かなかったため、「この家古くてほんと建てつけが悪いわ。なん…

  • 注意されて逆ギレした男の発生過程

    散歩の途中で見付けた沼 電車内で喫煙していた男を注意した高校生が男に重傷を負わされるという事件があった。 私もときどき義憤に駆られてマナー違反行為を注意するこ…

  • 船頭の顔が見えないオミクロン対策

     年が明けてから、オミクロン株によるとみられる感染の急拡大が起きたが、ご承知のとおり、ここへきて国や関係機関、自治体からのメッセージが少し錯綜しているように感…

  • 赤ちゃん待ちブログに助けられた頃

     昔、「にほんブログ村」の赤ちゃん待ちブログに随分助けられた。 もう何十年も前のことになるが、思春期真っ盛りの2人の子どもを育てていたある年上女性と出会って1…

  • 令和4年の雪だるま

    1月6日の雪で子②(小1女児)と子③(5歳女児)が作った雪だるま。よく見るとちょっと不気味。 年が明けてから、雪山での遭難のニュースが相次いだ。 八ヶ岳の天狗…

ブログリーダー」を活用して、令和の塞翁さんをフォローしませんか?

ハンドル名
令和の塞翁さん
ブログタイトル
令和の塞翁転進日記
フォロー
令和の塞翁転進日記

にほんブログ村 カテゴリー一覧

商用