住所
出身
ハンドル名
よしかわ せんりさん
ブログタイトル
バケツリレー堂
ブログURL
https://baketsu.hateblo.jp/
ブログ紹介文
子どもの頃に何度も触れた児童文学や絵本など、子供向けとされている本にあえて着目し、丹念に思い返して、読み返してブログを書き綴っていきたいと思います。
自由文
-
更新頻度(1年)

4回 / 22日(平均1.3回/週)

ブログ村参加:2019/07/02

よしかわ せんりさんの人気ランキング

  • IN
  • OUT
  • PV
今日 07/23 07/22 07/21 07/20 07/19 07/18 全参加数
総合ランキング(IN) 39,689位 36,531位 30,570位 27,690位 27,615位 25,049位 24,786位 967,242サイト
INポイント 0 0 0 0 0 10 10 20/週
OUTポイント 0 0 0 0 10 0 0 10/週
PVポイント 0 30 0 0 40 30 100 200/週
本ブログ 272位 244位 192位 171位 172位 158位 164位 12,806サイト
絵本・児童書 23位 21位 16位 14位 13位 13位 14位 904サイト
ライフスタイルブログ 2,989位 2,691位 2,326位 2,141位 2,130位 2,033位 2,035位 67,372サイト
地域生活(街) 東北ブログ 376位 376位 342位 327位 328位 310位 307位 6,343サイト
今日 07/23 07/22 07/21 07/20 07/19 07/18 全参加数
総合ランキング(OUT) 78,893位 70,435位 63,605位 51,426位 48,863位 52,006位 48,995位 967,242サイト
INポイント 0 0 0 0 0 10 10 20/週
OUTポイント 0 0 0 0 10 0 0 10/週
PVポイント 0 30 0 0 40 30 100 200/週
本ブログ 518位 389位 338位 231位 229位 242位 231位 12,806サイト
絵本・児童書 40位 32位 28位 24位 24位 25位 24位 904サイト
ライフスタイルブログ 6,165位 5,589位 4,908位 4,038位 3,881位 4,066位 3,897位 67,372サイト
地域生活(街) 東北ブログ 880位 823位 776位 672位 651位 664位 652位 6,343サイト
今日 07/23 07/22 07/21 07/20 07/19 07/18 全参加数
総合ランキング(PV) 15,377位 15,301位 15,534位 13,992位 13,805位 13,114位 12,861位 967,242サイト
INポイント 0 0 0 0 0 10 10 20/週
OUTポイント 0 0 0 0 10 0 0 10/週
PVポイント 0 30 0 0 40 30 100 200/週
本ブログ 148位 143位 147位 131位 130位 122位 120位 12,806サイト
絵本・児童書 7位 6位 7位 6位 6位 5位 5位 904サイト
ライフスタイルブログ 1,267位 1,255位 1,271位 1,175位 1,165位 1,120位 1,107位 67,372サイト
地域生活(街) 東北ブログ 110位 109位 110位 102位 100位 96位 95位 6,343サイト

よしかわ せんりさんのブログ記事

  • 【“友達”という概念に縛られていませんか?】菅野仁『友だち幻想』

    『友だち』はだいじ。『友だち』はたくさんいるほうがいい。つながりを大事にしよう。誰とでも仲よくしよう。もちろんそうです。いまここで間違ったことはひとつも言っていません。だけどみんな本当は気づいているはずです。 その友だちという概念が、なんだか行き過ぎているということに。 もう数か月前のことですが、商業ビルで買い物の最中に中学生ぐらいの女子が数人でソフトドリンクを片手にやけにウンザリとした様子でテーブルを囲んでいました。一人が重々しく口を開いて「あと〇人にいいねしなきゃならない…」とすっかり疲れ果てている様子でスマートフォンを眺めていました。どうやら今では友だち付き合いの一環として毎日SNSにい…

  • 【努力が歓迎されない時代になったけれど】茂市久美子『魔女バジル』シリーズ

    「黒い魔法は、いつか必ず、ひとの力になる」 すこし前に比べれば、努力をしようと声高に言われるということはあんまりなくなりました。もう少し身もふたもない言い方をすると努力というものが『受けが悪くなった』ように思えてなりません。 年々『努力=嫌なもの』ということが概ね事実ではあることには違いはないのですが実情とは少し異なるマイナスイメージが定着しているように思います。 魔女バジルと魔法のつえ (わくわくライブラリー) 作者: 茂市久美子,よしざわけいこ 出版社/メーカー: 講談社 発売日: 2014/12/11 メディア: 単行本 この商品を含むブログを見る >魔女バジルシリーズは「おちばおちば …

  • 意外と知らなかった『くまのパディントン』

    「ぼくは、非常に珍しい種類のクマなんです。ぼくのもといたところにも、ぼくのようなのは、もうあまり残ってないんです」 マイケル・ボンド「くまのパディントン」より パディントンと言えば赤い帽子をかぶり、青いダッフルコートを身にまとった小柄な愛らしいクマ。と、こんなかわいい外見のクマのキャラクターだなぁということ以外は物語の内容等を含めて恥ずかしながら実はあんまり知りませんでした。 ですのでそんなパディントン初心者としても記事を書きたいと思います。 『くまのパディントン』シリーズはイギリスの作家マイケル・ボンドによる児童文学作品。日本でのメインシリーズである短編集は福音館書店(第10作まで)、WAV…

  • あなどりがたし、恐竜ポケット図鑑

    筆者はいわゆる『大きなお友達』と呼ばれるタイプの大人です。本来は子供向けであろう(が、そんなことはまったく意に介さず)昆虫や動植物、科学番組の特集を熱心に視聴しており、いまでこそ『香川照之の昆虫すごいぜ!』や『子ども科学電話相談』などそれぞれの分野において熱中している子供たちのファンだけににとどまらず大人でも熱烈なファンがSNS等で関連情報やゆかりのある先生方の情報発信をしている様子はけっこう見られるようになりました。 かくいう私も、子ども科学電話相談はスマホアプリで放送を聞きながらTwitterから覗いたり、呟いたりと、実況を楽しんでいたりします。(各分野に詳しい方々から参考になる書籍の情報…

  • 児童文学・絵本について書いていくブログを作りました。

    幼い頃から本に親しんで、それから大人になってけっこうな年月が経ちます。 少女時分おそらく人並みには読書に時間を費やしていたと思います。 そうしてものすごく時がたって大人になった今でも暇を見つけては年に100冊ほど本を読みます。もしかすると読書量だけでいうと読書家とは言いがたいかもしれません。 子供の頃読んでいた本として挙げられるのはかいけつゾロリ、はれときどきぶた、かぎばあさん、ズッコケ三人組、あたりでしょうか。この辺りはある程度の年代なら名前だけでも「あ~!知ってる!」と反応が返ってくると思います。 結構な数を読みこなしたにもかかわらず、20年ほどそれらの世界に触れていないと「はて…何度も読…