中学生の息子の話。~個性的な息子の観察日記~
住所
出身
ハンドル名
mikan-iroさん
ブログタイトル
中学生の息子の話。~個性的な息子の観察日記~
ブログURL
https://www.suika.tokyo/
ブログ紹介文
「個性的」な息子の日々と、小さい頃やっておいてよかった事。 親子とも失敗多め。(笑)
自由文
-
更新頻度(1年)

47回 / 49日(平均6.7回/週)

ブログ村参加:2019/07/01

mikan-iroさんの人気ランキング

  • IN
  • OUT
  • PV
今日 08/18 08/17 08/16 08/15 08/14 08/13 全参加数
総合ランキング(IN) 22,588位 22,820位 22,887位 22,820位 23,011位 22,752位 22,874位 969,280サイト
INポイント 10 10 10 10 10 10 10 70/週
OUTポイント 30 30 50 20 50 10 10 200/週
PVポイント 530 480 1,190 590 350 350 1,040 4,530/週
子育てブログ 662位 661位 659位 660位 668位 667位 673位 64,391サイト
2006年4月〜07年3月生まれの子 2位 2位 2位 2位 2位 2位 2位 203サイト
教育ブログ 374位 369位 362位 363位 357位 364位 372位 9,191サイト
体験学習・野外教育 2位 1位 2位 2位 2位 2位 2位 59サイト
家族ブログ 435位 434位 434位 439位 441位 435位 442位 15,984サイト
ドタバタ家族 10位 10位 10位 10位 10位 9位 9位 362サイト
今日 08/18 08/17 08/16 08/15 08/14 08/13 全参加数
総合ランキング(OUT) 28,316位 29,527位 30,147位 32,970位 31,847位 31,631位 31,700位 969,280サイト
INポイント 10 10 10 10 10 10 10 70/週
OUTポイント 30 30 50 20 50 10 10 200/週
PVポイント 530 480 1,190 590 350 350 1,040 4,530/週
子育てブログ 1,200位 1,255位 1,295位 1,420位 1,367位 1,363位 1,367位 64,391サイト
2006年4月〜07年3月生まれの子 1位 2位 2位 2位 2位 2位 2位 203サイト
教育ブログ 419位 452位 455位 491位 475位 471位 470位 9,191サイト
体験学習・野外教育 2位 3位 2位 3位 3位 2位 2位 59サイト
家族ブログ 759位 792位 798位 859位 833位 824位 825位 15,984サイト
ドタバタ家族 13位 15位 17位 19位 18位 15位 17位 362サイト
今日 08/18 08/17 08/16 08/15 08/14 08/13 全参加数
総合ランキング(PV) 4,697位 4,948位 5,139位 5,990位 5,305位 4,609位 4,631位 969,280サイト
INポイント 10 10 10 10 10 10 10 70/週
OUTポイント 30 30 50 20 50 10 10 200/週
PVポイント 530 480 1,190 590 350 350 1,040 4,530/週
子育てブログ 137位 150位 158位 191位 166位 139位 149位 64,391サイト
2006年4月〜07年3月生まれの子 1位 1位 1位 1位 1位 1位 1位 203サイト
教育ブログ 77位 79位 83位 90位 86位 76位 74位 9,191サイト
体験学習・野外教育 1位 1位 1位 1位 1位 1位 1位 59サイト
家族ブログ 79位 84位 87位 98位 85位 75位 73位 15,984サイト
ドタバタ家族 1位 1位 1位 2位 1位 1位 1位 362サイト

mikan-iroさんのブログ記事

  • 旅行から帰ってきたぞ。

    旅行から帰ってきた息子が最初に放った言葉。 釣り三昧に、シュノーケリングと遊び尽くして帰宅した息子。 帰宅早々1番に口にしたセリフがこれ。 「あのさ~、この前ベラ釣ったんだけど、針飲み混んじゃって、それを取り出そうと魚の口の中に指入れてたら、思いっきり噛まれて、鉛筆持てなくなったんだよ。」 出発前、6月に購入した「英単語」の練習テキストを持たせた。 一緒に本屋に行き、「これならできる」と本人が言うので購入して、期末テストまでに終わらせる約束だったものだ。 それが未だに終わっていないので、「1週間で終わらせて来い!」と言ってあった。 それに対しての帰宅後の第一声が 「ベラに噛まれて鉛筆持てなかっ…

  • 息子がいない間にやってた事。

    どうしても「英語」を何とかしたい!! 今となっては手遅れだが、小学生のうちに、ある程度の「英単語」は覚えさせておけばよかった・・・ ここがつまづきの原因。 クラスメイトたちは、当然のように「中1」で出てくるような「英単語」なんか既に覚えている。 息子はどうやら文法は理解している様子。 が、いかんせん「単語」が覚えられない。 恐らく息子には「英単語」がただの「文字の羅列」にしか見えないのだろう。 「英語」に少しでも興味を持たせるために送り出した「オーストラリア」。 掻き消されるかのように、今は釣り三昧の毎日。 息子がいない「のびのびとした日々!」なんて素敵!!なんて事を言ってる場合ではなく、学校…

  • 実はまた出かけている。なので「タコ」の話。

    一切の連絡がこない。 かれこれ息子が出かけて1週間程になる。 全然連絡が来ない。 「LIFE360」というアプリで見ると、元気にしてそうだ。 息子の方はもう母離れしているようだ。 多分、毎日釣り三昧の日々。 そこで、ずっと小さい頃にどうしても捕りたくて、やっとの事で捕まえた「タコ」のお話。 どうしても、どうしても「タコ」を釣りたかった息子。 カニの疑似餌が付いた、仕掛けを持って毎週海に出かけていた。 他にもいろんなエサを試した。 目を凝らし、じっと海の中を見つめる。 ある日、「タコ」がとうとう釣れた!! 大喜びで持ち帰り「飼いたい!!」と言いだした。 ええっ、タコって飼えるの? ↓ 目がおもし…

  • 「囲碁・将棋」はやはりいい。

    高濱先生のオススメは「囲碁」。 息子は「将棋」ができる。 3年生くらいから「将棋」を始めたが、どんどん上達した。 小学校では週末に、クラブ活動のようなものがあり、近所の方が「将棋」を教えてくれていた。 最初は弱かったのだが、メキメキ上達して、学校の中では負けなくなった。 5年生のときには、区の大会に出て、確か3位になったと思う。 と言っても、クラブ活動の中の子どもたちが集まる大会なので、大したことはない。 実は、同じ小学校に、テレビに出るくらいの「将棋名人」がいた。 そういう子たちは出ない大会だ。 それでも、うれしかったらしく、賞状をもらい、上機嫌で帰宅した。 ↓ 「花まる」のイベントで見かけ…

  • 母の悩み。

    私はどこまで考えが甘いのか・・・ 中学に入っても、息子に手こずる毎日。 全く勉強なんかしやしない。 私が頼りにするのは、「花まる」や「FC」の先生たちだ。 だが、意見が分かれるのだ。 悩ましい。 「何としても学校に残れ」という意見と「奴は本気で困らないと動かない。 意識を変えるには退学になろうが、母が離れて自分で解決させることが大事。」というもの。 受け入れやすいのは「何としても学校に残る」方。 でも、 そろそろ子どもの手を離して、自分で解決させねばならないのはわかっている。 先生は・・・ 彼はお母さんを頼りにしすぎ。 何でもお母さんが何とかしてくれると思っている。 自分さえ良ければいいという…

  • オーストラリアに持って行ったものと、買ってきたもの。

    大人が見ると・・・んっ? まずは出発前。 一緒に本屋に行き、「1冊だけ持って行く本を買ってやる。」と言って、息子が選んだのがこれ。 ボロボロになるくらい読み込まれていた。 英語の本、パズルの本も持たせたが、新品同様のまま持ち帰った。 投げ釣りパラダイス 2018 秋冬号 (別冊つり人 Vol. 479) 出版社/メーカー: つり人社 発売日: 2018/09/13 メディア: ムック この商品を含むブログを見る 次は買ってきたもの。 オーストラリアといえば、ベッタベタな「コアラ帽」。 夏に見るとクソ暑い!! 普通の人なら決して被らないが、奴は冬になると実際に被るだろう。 なぜなら、↓ これを今…

  • 果たして、今回のサマースクールで「MVP」は獲れたのか?

    お菓子がいっぱいもらえるので常に狙っているが・・・ 「花まる」の野外体験では、宿ごとに 一番活躍した人がもらえる「MVP」というものがある。 だいたい、高学年のお兄さん、お姉さんが、小さい子のお世話をしたり、他の子に対して「いい事」をしたら選ばれるのだが、息子は、「MVP」が欲しくて欲しくて、ずっと狙っていた。 欲しい理由は簡単で「お菓子がいっぱいもらえるから・・・」なのだが、今まで、1回ももらった事がない。 恐らく、年長から、春夏秋冬の「野外体験」に参加しているので、彼ほど「野外体験」の参加数の多い人物はいないと思われる。 他の人よりチャンスは多いはずなのに、一向に「MVP」に選ばれない。 …

  • 帰ってきたよ。

    今年の夏も「サムライ」に行っていた。 この暑い中、今年のサマースクールも「サムライ合戦」に参加した息子。 オーストラリアから帰って来てから、全て自分で準備した。 出発の日、集合場所に付いてから「あっ、おやつがない!!」と言いだした。 仕方なく、暑い中、私がコンビニに走った。 うちは何があるかわからないので、集合場所に受付前にはいつも到着している。 途中で「うんこ」に行ったり、道に迷ったり・・・ もう8年間「春夏秋冬」全ての野外体験に参加してきたので、さすがに集合場所で道に迷う事はない。 今回の班のリーダーは「花まる」の卒業生で、初めてのサマースクールだったらしく、息子がいろいろ教えてあげたそう…

  • オーストラリア

    結局・・・ オーストラリアの話だが、まだよく聞いていない。 私は仕事もあるし、ずっと親子ゲンカしてるし、なかなか話にならない。 午前中は英会話の授業なのだが、「辛かった・・・」と言っていた。 それがメインだろ!! 午後はアクティビティに行くのだが、それはもう楽しんだようだ。 ↓ こんなん見たり。 ↓ こんな綺麗な景色を楽しんだり・・・ ほんとにうらやましい限りだ。 ご飯はコテコテで、たっぷりのバターとはちみつがのったトーストが出されたり、肉も脂がすごかったそうだ。 「サッパリしたものが何一つない」と言っていた。 一緒のツアーの子は、胃を壊してずっと胃薬を飲んでいたらしい。 息子は平気で「ノーサ…

  • 「花まる」の野外体験。最近は「サムライ」一本。

    年長から1人で参加。 「花まる学習会」には、会員だけが行ける「野外体験」があるのだが、息子は小さい頃から参加し続けている。 我が子ながら、ちょっと難しい子だと分かっていたので、小さい頃から、YMCAや、そらまめキッズ、NPO法人主催のキャンプ、体操教室のキャンプ、いろいろ行かせていた。 本人に聞くと必ず全部「行きたい!!」というので楽々で行かせることができた。 子どもによっては「行きたくない!!」というところを、無理やり行かせる家もあるが、うちは何でも「行きたい!」なので助かった。 いろんな所で、知らない子たちと出会って、「揉まれて来い!」と思っていた。 本音を言えば、育児に疲れ果てていたので…

  • 働かざる者食うべからず?

    秋山先生の講演を聞いて早速実行。 www.mikan-iroblog.com 「習慣化された行動について報酬を支払う」 このお話に基づいて、今月からお小遣いは、報酬制にすることにした。 これまでは「中1」で1ヶ月1000円だった。 これでも小学生の頃からすれば大幅アップだ。 小4で¥400、小5で¥500、小6で¥600だったので、中1で一気に¥400も増えたのだ。 ただ、お菓子はいつも家に常備してあるし、文房具や本も買ってやる。 あとは爺婆の「お年玉」で暮らしていた。 お小遣いの金額が気になったので、若い人たちに「中1でお小遣いっていくらもらってた?」と聞いてみた。 やはり人によって違って、…

  • 大ゲンカの後。

    少しは反省したのか? 夏休みに奴が1日中寝ていて、大ゲンカの後・・・ もう、それはそれはヒドイ争いだった・・・ あのケンカの後なので、さすがに今日はやるだろう・・・と思ったら、がんばっていた。 数学の宿題を仕上げ、英語の単語もやり、感想文も書いている。 お風呂掃除もし、夜は宿題の感想文を書いている。 その感想文も、納得がいくまで、何度も書き直している。 ほぉ~、少しは心を入れ替えたのか? まだ1日なので分からないが、 「サボるとお母さんとトラブルになる」と言う事は理解できたようだ。 ビビらせてやらせる作戦はよくないのはわかっているが、あまりにも酷いので、言わずにはいられない。 ただ、「LIFE…

  • まだまだ帰ってきてくれなくてよかった・・・もう、くじけた・・・

    何一つ約束を守らない。 まだ帰ってこなくてよかったよ・・・ もう胸が苦しくて痛い・・・ 私が仕事に行っている間に「やっておく」と言っていたものが何一つ終わっていない。 海外から帰ってきたんだから、疲れているだろう・・・と今朝は起こさずにいたので、奴は10時間半眠っていた。 それなのに、私が働いている間奴は寝ていた。 まあ、そんな事もあるかもしれない・・・と我慢した。 そして、夕方用事で出かけて、困っている人を助けて、宿題用の「原稿用紙」を買いに行き、2時間して戻ると、更に何一つやっておらず、また寝ていた。 今朝「やる」と自分で言った事を何一つ守らず、平気でいる。 FCの先生に言われた「人の優し…

  • あっという間に静けさが奪われた・・・

    離れていたので落ち着いていただけだった・・・ 飛行機が15分遅れて到着。 またそこから40分程待って、息子が出てきた。 顔中ブツブツになっている・・・何で? どうやら「こってこて」の脂ものを山ほど食べさせられたかららしい。 それはもう、びっくりする程のバターを塗るそうだ。 ホストファミリーは御陽気な感じのご両親と娘さん。 みんな、ポッチャリだ・・・ あまりにもコテコテのものは「オー、ノーセンキュー」と言って断ったようだ。 肝心の英語はというと・・・、蜘蛛を素足で踏みつぶすお母さんに「クモ~、プラス、プラス。」と伝えたと言っていた・・・ 「クモ」は英語じゃないし、益虫だと伝えるのを「プラス、プラ…

  • オーストラリア満喫中!

    英語ができなさ過ぎて行ったのに・・・ 中間、期末とも「英語テスト」が酷過ぎた息子。 「少しでも英語に興味をもってくれ!!」と願いつつ、短期留学へ行かせた。 空港で早速、「帽子」と「羽織りもの」を忘れたので、私のパーカーが奪われ、仕方なく帽子は空港で調達した。 そこでわかったのは、どうやら一緒に行く他の参加者たちは「英語が好き!」で参加しているらしい。 早々にピンチだ・・・ 1人だけ、英語ができなくて送り出されいる。 さて、どうなるのか? 「LIFE360」というアプリを使ったら、飛行機が離陸した後、行方が分からなくなったが、あちらの空港に付いた地点からまた居場所がわかるようになった。 助かる~…

  • 「電車」→「生き物」→「戦国武将」ときて、ここでまさかの「電車がえり」

    高学年になってまさかの「鉄オタ」に逆戻り・・・ 「戦国武将好き」。 これは受験に有利でいいぞ~と思っていた。 しかし、2年も持たず終了。 次にやってきたブームは、またまさかの「電車」だった。 受験生だというのに、勝手に好きな電車に乗ってどこかに行ってしまう・・・ 半日以上、行方不明だった事もある。 キッズ携帯を持たせていたが、電話になんて出やしないし、「イマドコサーチ」だって電池が切れて意味がなかった。 ↓ 今はこのアプリで見張っている。「オーストラリア」にいても居場所がわかり便利だった。 play.google.com 実はね・・・という息子の告白では、県を2つ、3つまたいで出かけていたそう…

  • 息子がまだまだ出かけているので。

    生き物の次は「戦国武将」。 小学校4年生になると、だんだん「生き物」に飽きてきて、急に「戦国武将」に興味を持ちだした。 その頃になってやっと家に置いてあった「まんが日本の歴史」が役に立った!! 置いといてよかった。 だが、未だに「戦国時代」以外はピカピカで残っている。 学習まんが少年少女 日本の歴史 最新24巻セット 作者: 小学館 出版社/メーカー: 小学館 発売日: 2018/10/26 メディア: 大型本 この商品を含むブログを見る 「徳川家康」が大好きで、ずっと本を読んでいた。 歴史に全く興味のない私に、いろいろ話してくれた。 「どこにそんな事書いてあったよ?」というような、家族構成ま…

  • さすがに「こいつスゴイな」と思った話。何故、息子が家にいないのか?どこへ行った?

    「短期留学」に送り出す! 中学に入って始めての「英語テスト」で、とんでもない成績を叩きだした息子。 許せない! どうにかしなければ!! そこでFCの先生たちに相談した。 帰ってきた答えは「海外に出せ!」だった。 スクールFCの大塚先生が「彼はほっといたら6年間このままですよ。何か刺激を与えないと。それには海外に出す事です」とおっしゃった。 そしてもう1人、信頼している先生にも訴えたら同じく「海外に出せ」という言葉が返ってきた。 これは行かせるしかないだろ!と思った。 すぐ行動するのが私のいい所だ。 大塚先生にも褒められた。 早速、パスポートの手配をし、本人と一緒にパスポートを取りに行き、 旅行…

  • 息子がまだ出かけているので。

    小学校に入って興味を持ったもの。 幼稚園の頃は、洋服に水滴が1滴でもかかると「お着替えする~」と泣いていた息子。 ところがなかなかな幼稚園で、そんな事を言っていては生き残れない。 泥の中に投げられたり、口の中の水をブゥーっと吹きかけられたり、荒療治だが、小さい事を気にしない子に育ててもらった。 今では服のまま、「生き物捕獲のため」池の中に入って行く・・・。 ↓ 歴代の息子の草履たち。ボロボロになるまで履き、これを履いて、もの凄い速さで走れる。 ある日、道端でセミの抜け殻を見つけた息子。 それが面白くて、集め始めた。 恐らく50~60個は集めた。 瓶に入れていたがちょっと臭った・・・ そこで中身…

  • 小さい頃からやっていた事で国語が得意に。「花まる」から新しく出た「おでかけカードあそび」を買ってみたが小さい子用だった・・・また失敗した・・・

    男子だけど「国語」が得意になった理由? スクールFCの先生が言うには「お母さんとケンカして、何とかいい負かしてやろうと頭の中でグルグル考えてるから、国語が得意なんですよ。」との事。 常に言い争いが絶えない我が家。 息子は「憎たらしい」の一言に尽きる。 お互いに相手を「論破してやろう」と常に思っている。 が、小さい頃は、習い事に行く際、一緒に歩きながら「しりとり」をしていた。 そのままだと、永遠に続くので、「食べ物」や、「赤い色のもの」等しばりを付けてやっていた。 息子は負けず嫌いなので、必死で喰い下がってくる。 私も言葉で小学生に負ける訳にはいかない いつも「真剣勝負」だった。 3年生でスクー…

  • 息子がでかけているので・・・

    小さい頃のお話。「花まる」のお陰で助かった。 一人っ子なので、息子以外の子どもを育てた事はない。 「子育てってこんなに大変なの・・・」といつもしんどかった。 幼稚園の頃は、電車に夢中で、いつも線路を並べては遊んでいた。 「おでかけ」と言えば、近所の踏切に行き、電車が通る方の側に毎回移動して、ずっと眺めていた。 あとは「鉄っちゃん」お馴染みの「日暮里駅」に行き、橋の上から延々と電車を眺める。 「鉄っちゃん」の行く場所なんて、決まっているので「日暮里」ではよく同じ幼稚園の「電車好きお友だち」と会ったものだ。 排水溝と、コンセントが大好きで、いつも探していた。 排水溝には「笑っている排水溝」と、「笑…

  • 本日の釣果は・・・・

    張り切って早朝から出かけて行ったが。 前日の夜から準備を始め、早朝から「タコ釣り」に出かけて行った。 夕方から予定があるので、「でかけるな!」と言ったのにも関わらず、「すぐ帰ってくるから」と、私を無視して出かけて行った。 そして確かにお昼ごろには帰ってきた。 結果は・・・・ 糸がからまって釣りはできなかったらしい。 1回、何か大きい物が引いたが、何も釣れなかったそうだ・・・ そのまま夕方からの準備をするのかと思いきや、ちょっと目を離したすきにいなくなっていた。 「チッ、またどこかへ行きやがった!!」 どうやら近所の川に「仕掛け」を沈めてきたようだ。 短時間のうちに、何か分からないが、小魚を捕っ…

  • 学校に呼び出された・・・

    成績不振のため呼び出し・・・ 夢も希望も失いかけた・・・ それでも息子が初めて「困ってる」と言ったので、何とかしないと。 今まで「ケンカになるから」と、放置してきたが、問題児を放置してよい訳がない。 スケジュール帳を購入し、毎日やる事を書き込む事にした。 その程度の事をやるのすら文句を言う息子。 「非効率だ!こんなん書かなくてもできるよ。」と。 「そんなこと言ってるから今まで何年も何もできないままなんでしょ。まずはやってみる。これを習慣化できたら、自分でできるようになるから。」と言ってやらせた。 先生との三者面談で「あなたはどうしたいの?」と質問された息子は「1番になりたい!」と言ってのけた。…

  • 呼び出し。

    電話じゃなく、とうとう呼び出し。もちろん母の気力は失われた。 成績不振のため「親」呼び出しの三者面談。 「このままじゃマズいですよ。普通私はこんなには言わないですが、あまりにも酷いので言ってます。」 「私がこんなに電話する事はないですよ。」 「付いて行けなくて途中で学校やクラスが変わる子もいますし、公立に転校する子もいます。」というお話。 その間、ずっとシャーペンやら鉛筆やらをいじりながら彼の口から出てくる言葉は「○○くんだって・・・」だの「だって~だから」等と言い訳ばかり。 担任の先生は、「ここから立て直してもらいたい」という一心で、たくさん厳しい話をしてくださった。 彼には恐らく伝わってい…

  • 怖い夢を見たそうだ。

    興奮気味に話すが・・・ 「お母さん、こっわい夢見たよ!!」 と朝から興奮気味の息子。 「あのね~、みんなで公園に行ったら水の中からおっきなワニが出てきてね~、すっごい追いかけられるの・・・ それでね~、捕まりそうになったんだけど、ワニの中から人が出てきてね~、実は着ぐるみだったの・・・ それを見たお母さんがその中に入ってた人にメッチャ切れて、怒ってる夢。 お母さんメッチャ怒ってたよ。」って。 はいはい、夢の中でもお母さんは怒ってるのね・・・ごめんよ。 確かに、ワニの着ぐるみで脅かされたら、メッチャ怒るな~・・・ ↓ 特にワニが好きな訳ではなく、ただの「生き物」好き。 彼の服にはだいたい「生き物…

  • 相も変わらずの「釣り三昧」。大物が釣れた!!

    「成績」の事は全く気にしていない。 あくまでも「ご陽気」な息子。 まるで「テスト」の事なんてなかったかのようだ・・・ 夏休みに入り、また「釣りに出かけて行った」。 釣ったアジをエサにして、投げ釣りをしていると何やら思いっきり竿が持っていかれ、ヒラメか、クロダイか・・・と期待に胸ふくらませる息子だったが・・・ 釣れたのは「サメ」だった・・・ 近くにいた子どもたちが「サメ」を見に集まってきたが、サメはその子たちを噛もうとしていた。 恐ろしい・・・ それでも、竿に重さを感じながらリールを巻いて行くのはわくわくしたそうだ。 さて、次は何が釣れるのかな? その前に、親呼び出しの「三者面談」が待ってるぞ・…

  • 「恐怖の通知表」。

    とうとう返ってきたて「期末テスト」の結果。 小学校時代は、テストはほぼ満点だった。 まあ、簡単だから・・・(成績はイマイチ。) 中学に入り、中間テストが思わしくなく、「よ~し次は1番取ってやる!!」と意気込んで臨んだ今回の「期末テスト」。 それとともに初めての「成績表」もやってきた。 ほぉ~「1番」ってどっちから? と聞きたくなる結果だった・・・ 「勉強しないとこうなる」という典型だ。 ここからどう盛り返して行く気だろう? いつも彼の口から出てくるのは 「次、がんばるね!!」 もう、何回目の「次」を迎えた事だろう? ついでに言うと、成績表も「見事」なものだった。 あまりにも思い描いていた未来と…

  • 実はまだあった。「失くし物」って返ってこないな・・・

    5枚目のSuicaの話。 「夏休み」に入るので、学校近くの警察署に、落とした「Suica」を取りに行く最後のチャンスだ! 朝から何回も念押しし、「ハンコと生徒手帳もいるんだよ。」と伝え、奴はそれでも忘れるだろうと思い、LINEにも入れておいた。 はあ~、やっと「Suica」戻ってくるんだ・・・・と待ちかまえていた。 結果は、もちろん取りに行っていない! 理由は、「生徒手帳が見当たらない」らしい。 「生徒手帳」ってあと6年使うんだよね? クビにならなければの話だが・・・ これは先生に言えないな・・・黙っていよう。 5枚目の「Suica」、結局、半年経って破棄されるのかな・・・

  • 嘆いてる場合じゃない。すぐ立ち直って考える。

    お母さんは忙しい。 悔しくて泣いていたが、そんな場合ではない。 私たちには助けが必要だ! 嘆いてないで、助けてもらおう!! 思い立ったらすぐ行動だ。 お昼休みに学校に電話した。 「仕事が終わったら相談に伺ってもよろしいでしょうか?」 さすが「私立」だ。 快く受け入れてくれた。 今回は担任の先生ではなく、先日会ったこの学校の元先生に教えてもらった「いい先生」を訪ねた。 まず「困ったら先生を訪ねるように言われてきました。」と言い、どれだけ息子がこの学校に入って、期待していたかを伝えた。 続けて息子の特徴を伝えて「助けてください・・・」と頭を下げた。 具体的に「こうしてください」というのも伝えた。 …

  • いろんな事を諦め受け入れてるのに、更に追い打ちを掛けられる。

    また心がポッキリ折れた・・・ テストが返却されて、バツ解きもせず、「ハゼ釣り」に行く息子も許した。 「もういいから好きなだけ生き物捕ってこい!」と思っていた。 期待しても裏切られて、悲しい思いをするから、「いつか」を信じて待つ事にした。 最近、立て続けに「花まる学習会」の高濱先生の成功者との対談「高濱ナイト」に参加させてもらっているが、成功者の方々にも「生き物」に夢中になった方がいらっしゃるので、もう少し待ってみようと思えたのもあった。 高濱先生に「生き物捕りに行く事しか興味ないんですよ・・・」と言うと「いいじゃないですか!!あの人たちと同じじゃないですか。」とおっしゃったが、あの人たちは小学…

現在の順位 :22,588