searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール
PROFILE

Mr.Nさんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
Ohanashi
ブログURL
https://www.mycanvas.work/
ブログ紹介文
当ブログは【お話の総合商社】を目指します♪ 【面白い話・感動した話・スッキリした話】 など、掲載しています。 詳しくは、【当ブログについて】を、ご覧下さい。 当ブログが少しでも、あなたのお役に立てれば幸いです。
更新頻度(1年)

148回 / 365日(平均2.8回/週)

ブログ村参加:2019/06/30

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、Mr.Nさんの読者になりませんか?

ハンドル名
Mr.Nさん
ブログタイトル
Ohanashi
更新頻度
148回 / 365日(平均2.8回/週)
読者になる
Ohanashi

Mr.Nさんの新着記事

1件〜30件

  • 【面白い話】続・父の少年時代

    ※画像フリー素材PAKUTASO アール さん からの投稿 【面白い話】続・父の少年時代 私には説教ばかりするの父ですが、 そんな父から到底信じられない青春話を聞いてしまいました。 本人にはどれも黒歴史だそうですが、こっそり漏らさせてもらいます。 まず一つ目が自転車で調子に乗り過ぎた時の話です。 中学生の父は高校生の友達が乗っている自転車を、 坂道の下りを追い抜かそうとスピードを出し過ぎたようで、 カーブを曲がりきれずに近所のブロック塀に激突したそうです。 当時のブロック塀は中に鉄筋がなく、これが幸いしたのか、 大怪我をせずにすんだそうです。 ただ、本人のヘルメットとブロック塀は大破したそうで…

  • 【面白い話】父の少年時代

    ※画像フリー素材PAKUTASO 夏の蛍 さん からの投稿 【面白い話】父の少年時代 最近聞いた父の少年の日の思い出の一つに、忘れられない笑い話がありました。 父が小学校の頃、クラスに転校生がやって来た時のことです。 父は年齢の割に体が大きく貫禄があったそうです。 本人には、当時そんな自覚はありませんでした。 ある時、父は担任の先生が教室にいない時に、 教壇の近くにあった先生のパンパンになった鞄を、 同級生の友だちとこっそり持ち上げて力比べをしていました。 『なんで鞄にこんなに詰まってんねん!』と言っていると、 教室に入ってきた転校生がこう言ったそうです。 『はじめまして。僕はフジサワケンジっ…

  • 【やっちゃった】どうしても味わいたかったお名前放送。

    【やっちゃった】どうしても味わいたかったお名前放送。 るこぺとり さん からの投稿 これは私がまだ幼稚園に通っていた頃のお話です。 小さい頃から私は内気で大人しく、幼稚園でも外に出るより室内でお人形遊びをするような子供でした。 両親からも手のかからない子供だったという話をよく聞きます。 そんな聞き分けの良い子供だったからこそ私には憧れていることがありました。 それは「お名前放送をされたい」という願望です。 当時の私には”お名前放送が、とてもかっこいいことだ”と感じられました。 ですが、私は先述のように大人しい子供だったので、待てど暮らせど迷子になる機会がありません。 しかし、そんな私にチャンス…

  • 【絆】アンパンマンの菓子パン

    【絆】アンパンマンの菓子パン にこ さん からの投稿 私の家は幼い頃、あまり裕福な家庭ではありませんでした。 なので、誕生日プレゼントやクリスマスプレゼント、お年玉がもらえないのはもちろんのこと、外食をさせてもらえず、食べたいものを買ってもらえないこともしばしばありました。 例えばマクドナルドやケンタッキー、サーティーワンアイスクリーム。 子どもが大好きなものですよね。 外食できないだけでなく家で食べるものも節約の毎日でした。 そんな中で私が憧れていたのはパン屋さんの菓子パン。 特にアンパンマンなどキャラクターをかたどった菓子パンでした。 本当は食べてみたかったのに、幼心ながら家計がひっ迫して…

  • 【ドキドキ】「年齢=彼氏いない歴」系女子。の恋愛

    【ドキドキ】「年齢=彼氏いない歴」系女子。の恋愛 いち さん からの投稿 生まれてこの方20年。 出会いなし、彼氏なし。 私は年齢=彼氏いない歴に各当する系20代女子。 大学も女子大。 1日に出会う男性は50代60代半ばとかのおじさん、地下鉄で一緒になるサラリーマンのみ。 自分でも何とも言えないほどに理想の男性との出会いをあきらめてた。 そんなこんなで、お金が欲しいばっかりに、バイトを追加しようと急に思いたち、カフェの接客業に加えて塾講師も始めてみた。 ある日、いつもは同じ時間帯にいない1つ年上の男性講師に出会った。 別に格別イケメンっていうわけではないし、性格は初対面だからよくわかんないし、…

  • 【破壊】銭湯でイスを破壊した話。

    【破壊】銭湯でイスを破壊した話。 ハルコ さん からの投稿 私の家のお風呂は狭く、時々広いお風呂に入りたくなるので、近所の銭湯へよく行っていました。 その銭湯で私が体験した恥ずかしいお話です…。 いつもの様に、ゆっくりと湯船につかり、さてそろそろ頭と身体洗おうかな、と椅子に腰かけました。 身体を洗い終わり、髪を洗っていたその時です。 『バキッ!べチャッ!』と音が響きました。 (ん?なんかおしりが痛いし、視界がなんかヘン、目の前の鏡こんなに高い位置だっけ・・・。) ふと、下を見ると…。 なんと!椅子が綺麗に真っ二つに割れていたのです。 タイルにおしりを打ちつけて痛かったけれど、それ以上に恥ずかし…

  •  【撃退】好奇心で『あやしい勧誘』を撃退!

    【撃退】好奇心で『あやしい勧誘』を撃退! にこ さん からの投稿 私が大学生だった頃の話です。 当時、私は派遣のバイトをしていて毎回違う場所で働いていました。 多かったのはライブのグッズ売りと工場でのバイトでした。 その日、私は都心から離れた駅からバスに乗ったところにある工場に派遣されました。 そこは大きい工場で食堂があり、そこでお昼休憩を取りました。 食べているときに話しかけてきたのが、今回の体験記の主役となる人物です。 その人は、だいだい40代くらいで主婦のようでした。 こういうバイトは一人で心細いもの。 他愛のない会話で盛り上がり、私はすっかりリラックスしました。 ちょうど、次の日も同じ…

  • 【爆笑!?】母は爆笑!?私が薄毛の父に言ってしまったキツ~イ一言…。

    【爆笑!?】母は爆笑!?私が薄毛の父に言ってしまったキツ~イ一言…。 あおい さん からの投稿 私自身は覚えていないのですが、これは母から聞いた私が小さかった頃のお話です。 私、父、母の家族3人でお出かけしようと、父が玄関にしゃがんで靴を履いていた時のことです。 父のもとに駆け寄ってきた私が急にびっくりした表情を浮かべて、父にこう言ったそうです。「お父さん…?どうしたの?そのあたま!髪の毛少なぁい!○○ちゃん(私)のおじいちゃんはね、髪の毛もっといっぱーいあるよ!」 いわずもがな、私の父は薄毛。 いつも立ち姿や抱っこしてもらって見上げる姿ばっかりを見ていたので、しゃがんでいる姿を上から見下ろし…

  • 【恋愛】私に今まで彼氏が出来なかったワケ。 

    【恋愛】私に今まで彼氏が出来なかったワケ。 ぷー さん からの投稿 恋だ愛だなんやかんやする学生時代。 まわりが、「彼氏ができた」とか「別れた」とか、そんな会話が主だった時に、私は彼氏がずっといませんでした。 ずっと欲しいと思っていたし、それなりに積極的に男性とコミュニケーションをとって、デートもするのに付き合うには至らない…。 というよりも、いざ付き合おうってなると『あれ?何かが違う』となる。 当時は焦りました💦。 そのくらい周りは恋の話で溢れていたし、彼氏がいることがステータスの1つだと本気で思っていたのです。 高校を無事卒業し、ある程度仕事に慣れてきたころ、今の彼と出会いました。 彼のニ…

  • 【感動した話】一人旅で得たつながり

    ※画像フリー素材PAKUTASO ひろみん さん からの投稿 【感動した話】一人旅で得たつながり 18歳の時、田舎の高校を卒業して東京の会社に就職しました。 初めての上京、初めての一人暮らしであたふたしていた自分でしたが次第に慣れて心に余裕が出てきた頃、初めて取得した有給を使って人生初の一人旅行を敢行しました。 行き先は福岡、ネットで往復航空券の手配と宿泊するホテルの予約は無事済ませ当日も出発30分前に羽田空港に着きました。 今まで電車と新幹線くらいしか乗ったことがない自分にとって初めて目の当たりにする飛行機にワクワクが止まらなかったです。 そこから、二時間くらいで福岡空港に着き、市街地に向か…

  • 【スカッとする話】今年私が一番スカッとした偽セレブママの話

    ※画像フリー素材PAKUTASO B.E さん からの投稿 【スカッとする話】今年私が一番スカッとした偽セレブママの話 私には小学生と中学生の子供がいます。 新学期に合わせ、引っ越しをしたのです。 越してすぐに、くじ引きでPTAの役員になってしまい、PTAの集まりで数人のママ達の前でひとり気取ったママが私に向かって「この町に憧れて引っ越してきたの?家探すの大変だったでしょ、ここは人気の町で、このA小学校もB中学校も学区内だと高級住宅ばかりだものね。私は夫の実家がここだから、夫の両親の土地に家を建てたのよ、どこから来たの?」 私は何この人!と思い「隣の○○市から来ました」と言うと「あー、あそこは…

  • 【面白い話】出産にまでアイドル!?∼ 命を懸けたオタ芸 ∼

    ※画像フリー素材PAKUTASO にこ さん からの投稿 【面白い話】出産にまでアイドル!?∼ 命を懸けたオタ芸 ∼ これは私が聞いた友人の出産の話です。 私の友人は熱心なアイドルオタクです。 長年ある国民的グループのアイドルの男性を応援しています。 アイドルオタクにとって『アイドルの誕生日』は特別なもの。 本人がいないのにアイドルの誕生日パーティーを行ったりします。 そのために本人の顔写真付きのケーキを注文したり、部屋を誕生日パーティー仕様にの飾り付けを行ったりして楽しんでいます。 そんな中、私の友人は一段と気合いが入っていました。 なぜなら、その誕生日が友人の出産予定日だったのです!! つ…

  • 【スカッとする話】違反車が検挙されて本当にスカッとした話

    ※画像フリー素材PAKUTASO マサヤン さん からの投稿 【スカッとする話】違反車が検挙されて本当にスカッとした話 初めまして都内在住のニックネーム:マサヤンです。 最近起きたスカッとした出来事のお話をさせて頂きます。 とある休日に昼間私は知人と街中に買い物に出掛けていて交差点の信号待ちをしていました、日曜日の昼間という事もあり街中を走る自動車も多少多く私と知人は歩行者用信号機が青に変わるのをたわいもない会話をしながら待っていました。 そして、信号機が青になり私達は横断歩道を渡り更に目的地に行く為に、信号機の無い横断歩道にさしかかりました。 その横断歩道には、私達以外に一人のおばあちゃんと…

  • 【スカッとする話】煽られていた車がまさかの!?

    ※画像フリー素材PAKUTASO 令和小僧 さん からの投稿 【スカッとする話】煽られていた車がまさかの!? 私が、連休に知人と旅行に行た時のことです。 私の車で、東京から山梨県にある河口湖まで中央高速道を走っていました。 その道中、ある光景を目撃したのです。 その光景とは…、 追い越し車線を走っていた一台の車を、後ろからピッタリと張りとつき煽っている車が!? 煽られていた車はしばらく車線を変更せずに、そのまま走行していたのですが、あまりのしつこさから車線を変更して道を譲りました。 私は目の前で繰り広げられる光景に「これが話題の煽り運転か…。」などと知人と話していました。 すると、次の瞬間!!…

  • 【面白い話】かみ合わない話

    ※画像フリー素材PAKUTASO ゆで餅は芋餡 さん からの投稿 【面白い話】かみ合わない話 あれは、わたしが町役場で臨時職員をしていた頃のことです。 いつも通り電話が鳴り対応したのですが、どうも相手との会話が噛み合わない。 聞き返してみると、 「あらっ!古賀さん、さっきわたし言ったでしょう!固定資産税の計算のことやけどね、やっぱりあれは数字が」と矢継ぎ早におばちゃんのマシンガントークが数分続いた。 (私は古賀さんではない…。) 息継ぎが止まった瞬間やっと「すいません、こちらS町役場なんですけど、おかけ間違いではないですか?」と言うと意外な返答が。 「いいえ!わたしはね確かに、この電話で古賀さ…

  • 【面白い話】検問とケーキ🍰

    ※画像フリー素材PAKUTASO はんなり営業マン さん からの投稿 【面白い話】検問とケーキ🍰 学生時代、私は飲食店でアルバイトをしていました。 準夜勤だったので午前の2時までバイトし、それから原付に15分程乗って家に帰るという生活をしていました。 そんなある日、アルバイト先でケーキが余ってしまったのでいただくことになりました。 箱に一つ丁寧に包んでくれました。 その後、いつも通り人気のない道を原付で帰っていると、後ろからサイレン音と男性がマイク越しで「止まってください。」と言っているのが聞こえました。 そう、パトカーに乗った警察官だったのです。 私は指示に従いました。 もちろん、なにも怪し…

  • 【面白い話】これは私がラブホテルのバイトに応募した際の話である。

    ※画像フリー素材PAKUTASO ゆーだい さん からの投稿 【面白い話】これは私がラブホテルのバイトに応募した際の話である。 これは私がラブホテルのバイトに応募した際の話である。 その時期は新型コロナウイルスの影響で、バイトの募集をかけている所が少なく、仕方なくラブホテルに応募していた。 そして面接当日、面接とは言ってもラブホテルの正面から1人で入る必要があるため、緊張した面持ちで中に入った。 そこでフロントに面接に来たことを伝えようとした時、事件は起こった。 私「あのー面接…。」 フロントフタッフ「お一人様は受け付けておりません!!」 私が言い切る前に1人できたお客だと判断されたのだ。 い…

  • 【スカッとした話】私がトイレットペーパーでスカッとした話。

    ※画像フリー素材PAKUTASO クロコダイル さん からの投稿 【スカッとした話】私がトイレットペーパーでスカッとした話。 私が嫌いなゴマスリで長い物には巻かれろ主義の同僚Aは、何事にも几帳面できれい好き。 自分を常識の塊みたいに思っている男です。 そんなAですが会社のトイレで大を済ませた後は、必ずトイレットペーパーの端を三角形に折るのを習慣としています。 みなさん、ご存知の方も多いと思いますが、三角形に折る行為は掃除係の方が掃除完了の印として行なっているようなものです。 便器に座ったまま手も洗ってない者がしてはいけない行為なのです。 衛生上。 それを知らずに、ただ見た目がいいから次の人のた…

  • 【面白い話】まるで落語(笑)『しかとら』 ∼ 私のおばあちゃんの話 ∼

    ※画像フリー素材PAKUTASO Amber さん からの投稿 【面白い話】まるで落語(笑)『しかとら』 ∼ 私のおばあちゃんの話 ∼ うちの亡き祖母はとても天然な人でした。 その天然さで家族に笑いを与え、また家族からいじられることで祖母も常に笑っていました。 家族みんな、そんな祖母が大好きでした。 これは、祖母と一緒にテレビを見ていた時のお話です。 テレビ番組の内容は詳しくは覚えていませんが、その番組を真剣に見ていた祖母が「この子はきっと将来しかとらになるな。」と呟きました。 その瞬間、他の家族みんなが頭に?状態になりました。 私は祖母に「しかとら」の意味を訊ねましたが、祖母の返答は「あんた…

  • 【面白い話】旅行先で『だいぶつかった』話。

    ※画像フリー素材PAKUTASO うみの029 さん からの投稿 【面白い話】旅行先で『だいぶつかった』話。 私の学生時代の先輩に旅行が好きな方がいまして、 大学を休学して1年間旅に出てしまうほどの旅行好きでした。 ある日、私は先輩の旅行記を聞いていました。 その中で先輩は「奈良で大仏買ったんだ」と一言…。 え、大仏!?渋すぎないか!? 先輩が特に何かを信仰しているという話は記憶にないですし、旅行の記念に買うとしてもなかなかマニアックな代物です。 修学旅行のお土産に木刀を買うようなものなのでしょうか。 でも、大仏様って安くはなさそうですよね。 なんだか野暮ですがちなみにとお値段を聞くと、 「2…

  • 【感動した話】初めて海外で体験したシュノーケリング ∼パラオ共和国 ジェリーフィッシュレイク∼

    ※画像フリー素材PAKUTASO Amber さん からの投稿 【感動した話】初めて海外で体験したシュノーケリング ∼パラオ共和国 ジェリーフィッシュレイク∼ 初めて友達と海外旅行に行ったのは約10年前です。 行き先を決める時に、「周りの友達が行ってないところにしよう!」と言って決めたのがパラオ共和国でした。 パラオ共和国の場所は疎か海が綺麗ということしか知りませんでした。 全日程ツアーを組んでたので色々な場所に行くことができ、その中でとても感動した場所はジェリーフィッシュレイクでした。 ジェリーフィッシュレイクは世界遺産でもあるロックアイランドを形成する島のひとつのマカラカル島にある湖です。…

  • 【スカッとした話】理不尽な男に下った『スカッとした天罰』の話

    ※画像フリー素材PAKUTASO ガーリックペペロン さん からの投稿 【スカッとした話】理不尽な男に下った『スカッとした天罰』の話 私は友人と東京へ旅行に出かけた時に遭遇した電車内での出来事です。 アニメオタクである私と友人はオタ活動をするため電車で池袋駅に向かっていました。 車内はやや混雑しており座れる席はありません。 仕方なくドア側に立って乗車していたところ次の駅で、小学生くらいの子供を2人連れた母親が乗車してきました。 すでに掴まれるつり革は無く、私たちのすぐ横で母親は子供を支えるように乗っていました。 池袋駅の1つ前の駅に停車するとき、車内はブレーキの反動で大きく揺れ、母親はバランス…

  • 【スカッとした話】最強のパートさん!!

    ※画像フリー素材PAKUTASO カメ さん からの投稿 【スカッとした話】最強のパートさん!! 私が某ファーストフード店のアルバイトとして働いていた時の話です。 人気メニューの一つであるチキンナゲット。 私の勤めていた店舗では毎日200個ほど売れていました。 ある日カウンターから大声が…。 「これはなんだって聞いてるだ!答えろ!」 と、おじさんが新人バイトの女の子に怒鳴り散らかしていました。 忙しい時間帯というのもあり、周りのスタッフもフォローに入るに入れず。 新人の女の子もおびえてうまくしゃべれない状態…。 私は手が空いていたので、フォローに入りました。 「お客様、どうされました?この子は…

  • 【感動した話】タクシードライバーの私が『はじめて乗せたお客様』の話。

    ※画像フリー素材PAKUTASO ナム さん からの投稿 【感動した話】タクシードライバーの私が『はじめて乗せたお客様』の話。 新天地での人生やり直しをかけて、名古屋のとあるタクシー会社に就職。 今どきのタクシーは接客がとても大事です。 ひと昔前のような『運んでやる』的な運ちゃんは論外です。 厳しい研修を経て、初めてお客様をお乗せしての仕事の初日。 勿論、横にベテランの社員さんに指導してもらいながらの運転です。 「手が上がっているよ。」と教えてもらい、初めてご乗車頂いたお客様は20代後半ほどの、落ち着いた美女でした。 某高級ホテルまで、とのことで「ありがとうございます!初めてのお客様で嬉しいで…

  • 【面白い話】よくサボる上司を尾行した結果…。

    ※画像フリー素材PAKUTASO ジーコ さん からの投稿 【面白い話】よくサボる上司を尾行した結果…。 僕が地方の営業所に勤めていた時の話です。 上司である営業所所長は写真撮影が趣味で、毎年県展などの応募していました。 毎朝「営業に行ってくる。」と言って営業所を出て行くのですが、仕事はせず撮影ポイントを探しながら、時には撮影ポイントでシャッターチャンスを狙って長時間その場に滞在するといった動きをしていました。 なぜ、その事がわかるかというと、お得意様からの情報だったり所内の営業社員の尾行の結果得た情報があるからです。 ある日、営業社員が「今日、所長が行く予定にしている営業先はどうも嘘くさい。…

  • 【面白い話】夫と娘の日常。∼ しりかゆい編 ∼

    ※画像フリー素材PAKUTASO ビールマニアのユウ さん からの投稿 【面白い話】夫と娘の日常。∼ しりかゆい編 ∼ 夫と娘の会話です。 娘「最近って、商品の説明がそのまま商品名になっているのって多いね。」 夫「そうだね。トイレその後にとか!」 娘「キズアワワとか。」 夫「商品の説明になっているからわかりやすくて、売れているんだって。」 娘「確かに、なんだかよくわからない名前付けられても、え?ってなっちゃうよね。」 夫「お店で名前思い出せなくなって、タレントのなんとかさんが宣伝しているやつとかって言っちゃったり。で、通じなくて買えなかったりするからね。」 娘「わざと似てる名前にしたりするんで…

  • 【面白い話】一歳半になる娘の面白い日常!!

    ※画像フリー素材PAKUTASO まみ さん からの投稿 【面白い話】一歳半になる娘の面白い日常!! 一歳半になる娘の日常を紹介します。 まずは、朝6時半頃に起床します。 私は家事をしているのですが、寝室からこちらに向かって小走りでやってくる足音が聞こえます。 タッタッタッタッとやってきて、まるで寝起きを隠すかのように意味の分からない言葉を言います。 そして、何故か朝は絶対に目を合わせてくれません。 それからは家事の邪魔が始まります。 台所に来ては色んなものを引き出しから引っ張り出し、洗濯物を干しているとベランダにやってして朝早くから色んなものをなぎ倒し、大きな音を立てます。 そして、お腹がす…

  • 【面白い話】僕のお母さん…。

    ※画像フリー素材PAKUTASO チェリー齋藤 さん からの投稿 【面白い話】僕のお母さん…。 僕のお母さんの話なのですが、少しオタク気質な所がありまして、アイドルグループの嵐が大好きなんですね。 まあ、その事自体は全然悪くないと思いますし、むしろ熱狂できるものがある事って凄く素敵な事だと思うんですよ。 けど、僕が子供の時に少し辞めて欲しいなって事がありまして…. 僕の実家は凄いド田舎で、車がないと生活できないくらいなので、学校の送り迎えだったり、どこか遊びに行くという時も、親の車の運転で友達を乗せて移動する事も多かったんですよ。 ただ、その時でも僕のお母さん、ガンガン、嵐の曲を車内でも流しま…

  • 【面白い話】お客様の値段!?

    ※画像フリー素材PAKUTASO まつこ さん からの投稿 【面白い話】お客様の値段!? 私がスーパーの食品レジで働いていた時の話です。 よく値段やバーコードのシールが、商品から剥がれていることがあります。 たいてい他の商品や買い物カゴに付いていることが多いです。 その日も商品をスキャンしていると、値段シールが取れてしまっているものがありました。 お客様とカゴの中を探しましたが、一向に見つかりません。 私は売り場に値段を確認しに行き、無事に商品登録することができました。 お客様も「シールがないやつを持ってきちゃってごめんなさいね。」なんて言ってくださり、お待たせしながらも和やかにお会計までいき…

  • 【感動した話】5歳の娘から貰った、手作りの母子手帳。

    ※画像フリー素材PAKUTASO ゆめか さん からの投稿 【感動した話】5歳の娘から貰った、手作りの母子手帳。 私には5歳になる娘がいます。 お兄ちゃんがいるものの妹、弟はいないので通園している保育園では自分より小さい子や乳児さんにとっても優しく、面倒見の良い自慢の娘です。 ここ最近、ドラマ『コウノドリ』という作品に出会い、赤ちゃんが好きな5歳の娘がこのドラマに夢中になっているのです。 自然分娩、帝王切開、妊娠中のトラブルや妊婦さんの病気のことなど、様々なことを知る中で、赤ちゃんを生むってとてもすごいことなんだなと感じたようです。 「ママが私を生む時はどうだった?」と質問されたので、娘の母子…

カテゴリー一覧
商用