住所
出身
ハンドル名
sabaさん
ブログタイトル
ボッドゲム | アナログゲーム紹介ブログ
ブログURL
https://bdgm.hateblo.jp/
ブログ紹介文
色んなボードゲームの紹介します。 ルール忘れがちなのでメモ。
自由文
-
更新頻度(1年)

23回 / 19日(平均8.5回/週)

ブログ村参加:2019/06/27

sabaさんの人気ランキング

  • IN
  • OUT
  • PV
今日 07/16 07/15 07/14 07/13 07/12 07/11 全参加数
総合ランキング(IN) 23,018位 27,025位 26,970位 29,859位 29,856位 32,664位 35,568位 966,596サイト
INポイント 10 10 10 10 10 10 10 70/週
OUTポイント 40 20 10 30 40 30 30 200/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
ゲームブログ 179位 255位 243位 280位 291位 332位 392位 33,651サイト
ゲーム評論・レビュー 37位 41位 42位 43位 45位 50位 56位 1,347サイト
ゲーム感想 34位 35位 34位 40位 38位 45位 48位 1,156サイト
アナログボードゲーム 9位 11位 11位 11位 11位 13位 15位 211サイト
今日 07/16 07/15 07/14 07/13 07/12 07/11 全参加数
総合ランキング(OUT) 29,095位 32,039位 31,146位 31,238位 30,450位 33,328位 34,540位 966,596サイト
INポイント 10 10 10 10 10 10 10 70/週
OUTポイント 40 20 10 30 40 30 30 200/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
ゲームブログ 224位 253位 245位 240位 239位 269位 292位 33,651サイト
ゲーム評論・レビュー 28位 35位 34位 31位 30位 34位 40位 1,347サイト
ゲーム感想 28位 34位 35位 33位 32位 41位 42位 1,156サイト
アナログボードゲーム 9位 11位 10位 11位 11位 12位 12位 211サイト
今日 07/16 07/15 07/14 07/13 07/12 07/11 全参加数
総合ランキング(PV) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 966,596サイト
INポイント 10 10 10 10 10 10 10 70/週
OUTポイント 40 20 10 30 40 30 30 200/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
ゲームブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 33,651サイト
ゲーム評論・レビュー 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 1,347サイト
ゲーム感想 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 1,156サイト
アナログボードゲーム 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 211サイト

sabaさんのブログ記事

  • ザ・フォックス・イン・ザ・フォレスト / The Fox in the Forest

    デザイナー:ヨシュワ・バーゲル(Joshua Buergel) 簡単ルール 13枚配って13トリックする2人用トリックテイキング。 山札から切札を1枚決めてスタート。 勝った側が先手。マストフォロー。 1~11までの3色。 奇数カードが数字ごとに特殊効果持ち。どの色でも同じ効果。 取ったトリック数で点数が変動する。3Rで終わり。 1-3回6点、4回1点→6回3点、7-9回6点、10回以上0点。 初回プレイ 2人しかいないので、2人で13トリックを分け合うことになるトリテ。 取らないプラス6を目指す戦法と そこそこいっぱい取るプラス6を目指す戦法があるけど 目指した両方がプラスになるようなトリッ…

  • カバーミー / Cover Me

    デザイナー:ブラム・ヴェルビースト(Bram Verbiest) ルールまとめ 色んな要素を持ったモデルカードを各自持ち、季節初期モデルとして最初に2枚場の上に置いておく。 各自手札からせーので1枚ずつ出すのを3回繰り返す=1季節。 場のモデルの、服の色(春夏)・スタイル(秋冬)・髪の長さ・髪の色をそれぞれひとり1Pとしてメーターを上げトレンドが決まる。最高値複数いれば両方トレンド。 全てがトレンド通りのカードを出してれば1枚選びそれが得点。2枚は手札に戻す。 3枚全てがトレンドにかすらない人は3枚とも得点+翌年の山からドロー可になる。 どちらでも得点できなければ季節初期モデルに1枚送って2枚…

  • ヤギ戦争 / Ziegen Kriegen

    デザイナー:ギュンター・ブルクハルト(Günter Burkhardt) 人数:3-6人 ルール 記号なしのトリックテイキング。初期手札8枚配る。 大きいの出した人が勝ち。足跡の数が得点。 最小カードで島作る役になれ、島タイルを1枚引く。 島タイルには、2つの島片が書かれていて、どちらを使うか選択する。 4つの島タイルで島完成。最大点数が決まる。 最大点数オーバーでバースト。0点。 初プレイ トリックテイキング会でプレイ。 トリテなのにタイル配置要素もある欲張りセット。 島の大きさ決めてバーストが狙えるので小さな数も重要。 島タイル置くのも楽しいし。 シンプルなゲームなので気軽なプレイ感。 バ…

  • キューバード / CuBirds

    デザイナー:シュテファン・アレクサンダー(Stefan Alexander) 人数:2-5人 どんなルール? 同じ鳥を集めて「群れ」を作るゲーム。 ラウンド開始で8枚配る。 適当に並べた縦3×横4の12枚のカードが最初の場札。 手札から鳥カードを一種「全て」出し、場札の横のどこかにつける。 結果、オセロみたく、その鳥種カードで他鳥種カードが挟めたら、他鳥カードが手札になる。 ※何も挟めなかったら2枚ドローしても良い。 ※1枚になった横列は、1枚ドローして2枚にする。 その後、手番に一回「群れ」の完成宣言できる。 その鳥種を、カードの右上に書かれた数だけ持ってたら「群れ」完成。 「x / y」の…

  • 生活 / Seikatsu

    デザイナー:マット・ルーミス(Matt Loomis) ルールまとめ 手番では2つの鳥タイルから1つをボードに置いていく 。 タイルには各種の鳥と花が書かれていて、それぞれ得点の計算方法が違う。 鳥は置いた時の得点。周りにある同じ鳥タイルだけ得点が入る。 鯉タイルは好きな鳥として置ける。 花はゲーム終了時に、それぞれのプレイヤー方向から見て、直線状に同じ花がいっぱいあるほど得点。 直線にある最大数の花だけを計算。 鯉タイルは好きな花として計算。 初プレイ 変わった名前のボードゲームをプレイさせてもらう。 その名もSeikatsu(生活)。 LIFEを直訳したんだろうネーミングがまず好き。 得点…

  • ガキの使い ボードゲーム特集 全ゲーム&番組内容まとめ

    「ガキの使いやあらへんで 世界のボードゲームを遊び尽くせ!!」シリーズの 全ゲームの簡単な解説と、それぞれのゲームで盛り上がったシーンなどをまとめています。 シリーズ最新放送:2019年6月30日 第一回(2018月3月4日放送) アラジンズフライングカーペット おばけキャッチ(ゴーストブリッツ) そっとおやすみ (シュラーフミッツ) トイレットトラブル なんじゃもんじゃ パイフェイス 第二回前半 (2018年6月10日放送) デジャヴ スピードカップス ウィ・ウィル・ロック・ユー ダンシングエッグ ライトニング・リアクション・リローデッド 第二回後半 (2018年6月17日放送) キャプテン…

  • 袋の中の猫フィロー / Felix: The Cat in the Sack

    子犬が出たので熱くなる場 デザイナー:フリードマン・フリーゼ(Friedemann Friese) 簡単なルール 同じ内容のカードを配り、ランダムに1枚抜く。 皆が1枚ずつ出したカード全て対象に、内容が不透明なまま競りおとす。 カードにはマイナス猫や、最高額の猫を一匹追い出す大犬、マイナス含め最低額猫を一匹追い出す子犬、0点の猫として扱ううさぎなどがいる。 犬が2枚以上で犬同士おいかけっこして犬全員無効。 最初に1枚オープン、競りを1人抜けるごとに左からオープン。 遅く抜けた人ほど高いお金もらえる。 最後に、持ったお金と取ったカードの左上合計が勝利点。 ルールブック読みながらプレイ 闇鍋をみん…

  • 枯山水 / Stone Garden

    桂馬配置x2成功 デザイナー:山田 空太(Koota Yamada) ルールまとめ 1回限りの特殊効果の庭師カードと、目標となる庭園カードを1枚ずつ配る。 毎ターンタイルを1枚取って庭ボードに配置=第一フェイズ。 いらないのは、人にあげる(+2徳) / 捨てる(-1徳) / 保管所に配置(1タイルまで)が出来る。 保管所のタイルはいつでも配置可能。 その後徳(スキルポイント)を貯めたり使ったりする=第二フェイズ。 →座禅(+1徳) / 持ち徳以下の石を買う(徳全消費) / 庭師を1マス移動 / 作庭家カード使用。 石は庭師がいる縦列にだけ配置できる。庭師のとこに石配置で庭師動かせる。 石を隣同…

  • ムーチョ de チョーショ / Mucho de Chosho

    デザイナー:つかぽん(TUKAPON) どんなゲーム? 自己紹介カードを並べる その中に嘘をひとつ以上混ぜ、いくつ嘘があるか宣言。 みんな順番に一つのカードについての質問。嘘カードでは嘘OK。 せーので嘘見破られると得点なし。当てた人は得点。 初プレイ 自己紹介系ゲーム。 このゲームの良い所は自己紹介を自分で並べられること。 カードを選べるので、詳しくないお題が続いたりしないし、 こう思われてそうだから、これ混ぜたら驚くんじゃないか って考えながらカード選ぶのも楽しい。 それで実際に驚いて貰えると嬉しい。 ボドゲカフェ巡りをしてるというお二人に混ぜてもらった。 勝ち負けとか覚えてないけどいいゲ…

  • マメィ / Mamey

    マメィ デザイナー:矢沢 賢太郎(Kentaro Yazawa) マメを集めて役を作る。役は早いもの勝ち。役の点+使ったマメの豆点。 マメ集めは、山Aを表にしていらないなら山Aに1枚追加→〃山B→〃山C→山札1枚。 山のカードが複数あるときはまとめてもらう。 手札が7枚以上になってるとマメ集め禁止。 役成立に不可欠な商人コマは、手番使ってマメ1枚捨てて1個補充 ルールを読みながらプレイ 役が早いもの勝ちなのがぐっとクル。 何がクルかって、手札枚数が7枚ってとこ。 そして、山が溜まって来ると一気に手札を増やせるとこ。 手札はそりゃ多いほうがいいので、溜まった山をもらうわけだけど。 そして9枚にな…

  • カシミールの小さな巨人 / Der Kleine Riese Kasimir (小さな巨人カシミール)

    デザイナー:リュディガー・ドーン(Rüdiger Dorn) 色付きのコマ5個を使って、隣の色へ移動を繰り返しそこのチップをゲット。 ゲットしたチップと同じ色のどこかのチップを裏返す。 使った分のコマを袋から補充。手番とばして好きなだけ入替えも可。 シマシマはどちらの色でもOK扱い。黒い太線は乗り越え不可。 3回目の目覚まし得点が取られたとこで終わり。 カラハンタでプレイさせてもらった マス移動系のゲームなんだけど そのマスがきっちり四角形とかじゃなくて ぐにゃぐにゃの絵なのが面白い!色で移動先を指定してくのも面白い! 色を数えると確かに五色で出来てるこの絵作った人すごい。 同色のチップが裏返…

  • Aコードで行こう / TAKE THE A CHORD

    Aコードで行こう デザイナー:Saashi&Saashi コード(数字)の強さが円環状のトリックテイキング 取ったトリックの点数が山形で、取りすぎるとマイナス。 マストフォロー。勝者親。 同じコードが前にプレイされてたら、色の縛り無視してそのコードをプレイ可能。 同コードプレイで最強コードがそこに変わる。コード変更した人が親。 コード変更複数あったら親に合わせた人優先。 親と最後の子が同じコードプレイで「フリーセッション」。 このトリックのカードが裏返されてトリックがなかったことになる。 最後の子が親でリスタート。次トリック取った人が裏返されたカードのトリックも貰える。 裏返されたカードのトリ…

  • ピラニア・ペドロ / Piranha Pedro

    ピラニアの横で大ピンチのペドロ デザイナー:イェンス・ペーター・シュリーマン(Jens-Peter Schliemann) 簡単ルール ピラニアいっぱいの海と小さな島で、ペドロが冒険するゲーム。 ペドロを動かす方向と歩数を書いたカードを全員が1枚ずつ出す。 順にオープンし、ペドロが海につっこんだら、手持ちの石を陸地として配置。 石が出せなくなったらドボン。ピラニアにつっこんでもドボン。 その時の手持ちのカード=次ラウンドの持ち石。スタピ持ち回り。 ドボンしたらピラニア受け取り、2ピラの人が負け。 初プレイ レアゲーらしいのをやらせてもらう。 石がちゃんと石なので、持つと手が削れ砂で汚れる。 ボ…

  • モンド / Mondo

    画像1・3R目 デザイナー:ミヒャエル・シャハト(Michael Schacht) せーのでタイルを取って自分の島ボードに配置していく。3R。 どこにも繋がってない所には配置できない。 閉じた地形に2点。つながってない辺で-1点。動物で1点。 火山持ちすぎた人トップは火山だけマイナス。 初回プレイ 2人プレイ。 1R・2R目はまともに配置できず10点ぐらい。相手は30点ぐらい。 3R目にこれはいかんと、だいぶ開き直った配置をした(画像1)。 30点到達。 いいタイルを先に取っていくアクションゲームってだけじゃなくて 図形パズル偏差値28ぐらいの自分にも、 ちゃんと戦略立てれば島が形になるのがい…

  • ショコラティエ / Chocolatier

    デザイナー:イサイアス・バレージョ(Isaias Vallejo) どんなルール? 「チョコの詰め合わせタイル」をうまく並べるのが目標。 チョコの種類ごとに縦横つながった塊の大きさ比べで最後勝利点。 以下の4アクションのどれかを行う。 カードを場から2枚もらう→補充。 カードを払って場のチョコセットタイルを買って接続→補充。 予約チップを払って後から買う用のタイルを1枚確保。 予約チップをワイルドチョコとしてタイルのどこかに配置。 同じ種類のカードは3枚でワイルドカード1枚として使える。 空きマスがマイナス1点 誰かが2×3のタイル完成で終了トリガー。 初プレイ 日本には少ないって言う 珍しい…

  • パズル・ザ・大稲埕(ダーダオチェン) / Dadaocheng

    デザイナー:Tsai Huei-Chiang/蔡惠強 どんなゲーム? 「タイルを入れ替え or 裏返し」を1アクションとして2アクション行う。 結果、直線で3枚揃ったらその資源が1つ、4枚だったら2つもらえる。 揃ったのは裏返り、続けて揃っていく連鎖パズルゲーム。 資源をダイスやらで交換するおまけアクションなどもあり。 集めた資源で船=勝利点や、建物=特殊効果を買っていく。 船はより上位の船を買う条件にも。 揃った列の端の倉庫にも資源が入り、その人の倉庫が4つ埋まると資源もらえるボーナス。倉庫オーバーすると流れる。 黒資源はオールマイティ資源であり使うとマイナス点。 2人プレイ。 最初は手探り…

  • フラワーズ・フォー・バルコニー / Flowers for Balcony

    デザイナー:jun1s 各自秘密の色の花を持って、その色の花を伸ばしてバルコニーいっぱいにするのが目的。 誰もいないバルコニーのある高さまで到達すると、バルコニーを占領できる。 じゃらーって出した中から2つ選んで花を伸ばす。 6つ以上出すとバースト。透明の花は高いとこだけ残して瓶に戻すトリガー。 綺麗なゲームね、と言ったらプレイさせてくれた。 秘密の色を隠しすぎても全然伸ばせず負けるし 明らかにしすぎてもしぼられる。 じゃあ自分で伸ばすよとじゃらーってしても 狙った花出すのも意外と難しくてランダム要素強い。 騙し合いとランダム性のバランスが良い感じ。 キラキラしたガラスの花じゃらーってしてるの…

  • マネーフェイカー / Money Faker

    ドラえもんのはずだったものたち デザイナー:シンドウ ヨシヒロ(Yoshihiro Shindo) お札の特徴を考える人1人 お札を作る人1人 2のお札を真似て偽札を作る人それ以外 本物を当てる人=1の人 強いのはさりげない特徴を考えつく人。 特徴を隠すためにお札作る時に入れるフェイクもアイデア。 裏のかき合い騙し合い。 まさにマネーフェイカー。 そんなんありか、が飛び交う楽しいゲーム。 どの役になっても面白い。 画像は、ドラえもん札を僕(右上)が作ってしまったばかりの大惨事である。 bodoge.hoobby.net

  • 時代劇3600秒 / Jidaigeki 3600 byou

    時代劇がブームになった近未来で、テレビ局同士の視聴率の比べあい。 主役ひとり脇役ふたりを持ってスタート。 めくられた敵カードから誰か選んで自分のキャラと戦わせる。 勝負=ダイスの振り合い 倒すと色々もらえる。 負けると使ったキャラはおさらば。 1時間を6つに割った6Rで終わり。 ボドパやさんのダイスゲーム会でプレイ。 時代劇に出てきそうな出てこなそうな色んなキャラが ばーっと並ぶ闇鍋感が爽快すぎるゲーム。 見たことある人物たちに勝手なストーリーをつけるのが楽しい。 イベントで、局の垣根を超えた武蔵VS小次郎→ からの勝った小次郎が武蔵のTV局に買収→ からの小次郎の役者謹慎。がハイライト 笑い…

  • ビッダーズ! / Bidders!

    写真1 / 初回プレイ デザイナー:梶野 桂(Kei Kajino) 黒カード=お金と、白カード=民心を、10個のワーカーで競り落とす 10Rのゲーム終了で民心最下位がドボン、お金持ってたら勝ち 黒カードの競りが白熱すると、白カードにもお金が流れていく 白カードの民心は左右の人どちらかと共有。これも競りで決定。 毎R、右・左・手元の三ヶ所からワーカーがひとつずつ帰ってくる。 初回プレイ 3人。 カラハンタのキックスターター記念イベントに参加。 黒カードに入札した人が白カードに好きなだけお金を流せるのが面白い! 民心を稼いで、黒カードを安値で取りたい人がいると 白カードにどかっとお金が流れる。 …

  • ガッズヒル1874 / Gads Hill 1874

    デザイナー:ステファン・リーデル(Stephan Riedel) 街に建物を建てるゲーム。ただし昔の街を再現して。 カードのプレイで「建物があったかもチップ」を配る。 カードのプレイで、可能性を削りチップを除外すると、チップがもらえる。 置けないチップももらえる。チップはそのまま勝利点。 今までのチップと矛盾するカードはプレイ出来ない。 手札を2枚捨てると、可能性チップを一つ除去出来る。 手元の建物は「私の建物」の部分に好きに当てはめて使える。 チップを払って手元の建物を増やせる。 手番にはアクション1つ+カードを持ってくる。 どこにもチップが置かれてない建物はどこにでも存在できる。 チップが…

  • ヘブン&エール / Heaven & Ale

    画像1 デザイナー:ミヒャエル・キースリング(Michael Kiesling) 交互にぐるぐる回ってタイルを買って自分のボードの置いていく。 その周のゴールまで好きなだけ動ける。 紫のコマ取るとボードに置いた特定の作物や人が働く。 作物は暗い所に置くとお金、明るい所は勝利点を生み出す。 明るい所に置くのは倍のコスト。 人はその周りのタイルを働かせる。人が働かせられると黒い人が動く。 柵の周り全部うめると家が建つ、柵の周りタイルを働かせたり黒い人が動く。 黒い人が勝利点の底上げ係。ほっとくと0点にされる。構おう。 その他、早いもの勝ちの勝利点タルや、紫コマ埋めると使える特殊効果カードなど。 初…

  • ピクテル / IMAGINE

    上手く作れた「ランプの魔人」 デザイナー:藤田 真吾(Shingo Fujita) お題を作る人1人 お題をカードで描く人1人 お題を当てる人それ以外 透明カード綺麗だなーとちょっと気になってたゲームを カラハンタでやらせてもらった。 ボードゲーム初めてって方がいたのだけれど 無理くねと思ったお題をすぐ当ててくれた。 すごい。 その時のお題「地球は青かった(驚いたもの)」で 四角・三角・炎でロケット作ってから ロケットカードそのものあるじゃん、とあたふたしてた。 初心者にもオススメできる素敵ゲーム。 絵のセンスが試されるけど、絵のセンスがなくても楽しい。 すごい。

  • スカルキング / Skul King

    デザイナー:ブレント・ベック(Brent Beck) 自分の勝ち数を予想=ビットしてからのトリックテイキング。 一番得点入る特殊な「0勝予想」は、失敗のマイナスも多く手に汗握る緊迫感。 切札スートが黒に固定。 人物の書かれてるスペシャルカードは最強。 スペシャルカード同士は相性関係。 スペシャルカードで特定の勝ち方した上でビット当てるとボーナス点。 海賊っぽい派手さ。 初プレイ スペシャルカードのボーナスを聞き逃し そこらへんよくわからないままプレイしてたのになまら面白かった。 あとで確認しようとしてたら楽しすぎて忘れる。 でもルール分かってやった方が良いに決まってるから絶賛またやりたいゲーム…

  • スリーマジック / Three Magic

    「カラハンタ」にテストプレイ用として寄贈されていたのをプレイさせてもらいました。 スリーマジック 作者:塚原 慧(Kei Tsukahara) 山札から引いたり、人の捨て札で3枚1セット×3の役を作って上がりを目指すゲーム。 3人麻雀に似てるなと思いながらルールを読むと、初期点数が270点なところで笑う。 手札順を入れ替えられない不自由さは麻雀に慣れた人も新鮮。 鳴く(人の捨て札をもらう)と手札順の縛りを無視できるのですごい有利。 ただ鳴くのに場に払わなきゃいけない点数が高額で、次に上がった人が場の点数をもらえるのだけど、鳴いてあがっても場の点数はもらえない。 鳴きのメリット・デメリット両面が…

  • カドまるスリーブ ~全てのボードゲーマーに必須のスリーブ~

    制作:© R LINE 千葉県茂原のボドゲカフェカラハンタで試供品として置かれていたのを使わせてもらった。 カドまるスリーブとは。 普通のスリーブは四隅が直角になっている。 対してほとんどのゲーム用カードは 四隅が丸く加工されている。 このズレにより、普通のスリーブにカードを入れると カドがピラピラとなる。 このピラピラがこすられ、 なんどもピラピラすることで、スリーブは痛み寿命を迎える。 しかしかどまるスリーブである。 カドが丸いのである。 このスリーブはピラピラしないのだ。 いやするにはするのだろうが圧倒的に少ないのだ! 使ったばかりでもわかるこの耐久性。 ずっと使い続けられる安心感。 長…

  • 好きな色とプレイヤーカラー

    今週のお題「わたしの好きな色」 赤が好きなので赤ばっかり選んでいます。 意外と赤は人気ないので好きに使えるのですが たまに同じ赤選ぶ人とバッティングすると 絶対に負けたくない。 赤取られたりしてたら絶対に許さない。 でも終わったら笑顔で握手。

  • こだわり

    お題「起きて最初にすること」 フルーツ食べる。 軽くブドウ糖摂取と、胃の準備運動。 その後、がっつりご飯食べて血糖値上げて1日に備える。 朝が1日で一番血糖値低い時間帯なので、朝ごはんだけは抜かない。